アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第04話「星屑の戦場」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第04話「星屑の戦場」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第04話「星屑の戦場」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第04話「星屑の戦場」

 

ナレーション:C.E.(コズミック・イラ)72。一年半に渡った地球、プラント間の戦いは、ヤキン・ドゥーエ宙域戦を以てようやくの集結をみた。やがて双方の合意の下、かつての悲劇の地、ユニウスセブンにおいて締結された条約は、今後の相互理解努力と平和とを誓い、世界は再び安定を取り戻そうと歩み始めていた。
カガリ:そもそも何故必要なのだ!そんなものが今更!
シン:…
カガリ:我々は誓ったはずだ!もう悲劇は繰り返さない!互いに手を取って歩む道を選ぶと!
シン:さすが綺麗事はアスハの御家芸だな!
カガリ&アスラン:ぁ?
ヴィーノ:シン!?
シン:…
カガリ:…
バート:ボギーワン、捕捉しました。
タリア:ん?
バート:オレンジ55、マーク90アルファ!
ネオ:ここで一気に叩くぞ!
総員戦闘配備。パイロットはブリーフィングルームへ。
デュランダル:ボギーワンか。本当の名前は何というのだろうね。あの艦(ふね)の。
アスラン:はあ?
メイリンガナーザクウォーリア、カタパルトエンゲージ。
ルナマリアルナマリア・ホーク、ザク、出るわよ!
メイリン:続いてインパルス、どうぞ。
シン:シン・アスカ、コアスプレイダー、行きます!
デュランダル:名はその存在を示すものだ。ならばもし、それが偽りだったとしたら…
それはその存在そのものも偽り、ということになるのかな?
アレックス、いや、アスラン・ザラ君。
アスラン:…

ルナマリア・ホーク:あんまり成績良くないんだけどね、デブリ戦。
シン・アスカ:向こうだってもうこっちを捉えてるはずだ。油断するな!
ルナマリア:解ってる。レイみたいな口きかないでよ、調子狂うわ。
アーサー・トライン:敵艦に変化は?
バート・ハイム:ありません。針路、速度そのまま。
アーサー:よし。ランチャーワン、ランチャーシックス、1番から4番、エスパール装填。シウス、トリスタン起動。今度こそ仕留めるぞ!
アスラン・ザラ:…
カガリ・ユラ・アスハ:議長!それは…
タリア・グラディス:はぁ…
ギルバート・デュランダル:御心配には及びませんよ、アスハ代表。私は何も彼を咎めようと言うのじゃない。全ては私も承知済みです。カナーバ前議長が彼等に執った措置のこともね。ただどうせ話すなら、本当の君と話しがしたいのだよ、アスラン君。
アスラン:…
デュランダル:それだけのことだ。
シン:(何でだ。何でまだ何も。)
バート:インパルス、ボギーワンまで1400。
アーサー:未だ針路も変えないのか?どういうことだ?
チェン・ジェン・イー:何か作戦でも!?
タリア:はッしまった!
アスラン:デコイだ!
タリア:…
アスラン&カガリ:…
デュランダル:…
スティング・オークレー:よーし、行くぜ!
アウル・ニーダ:オーケー!
ステラ・ルーシェ:ん!
シン&ルナマリア:あぁ!
ルナマリア:ショーン!!うッ!
シン:散開して各個に応戦!
くっそー!待ち伏せか!ん?ボギーワンが…
バート:ボギーワン、ロスト!
アーサー:何ぃ!?
アスラン:くッ…
タリア:…
メイリン・ホーク:ショーン機もシグナルロストです!
イエロー62ベータに熱紋3!これは…カオス、ガイア、アビスです!
タリア:索敵急いで。ボギーワンを早く!
イアン・リーダガー隊発進、機関始動!ミサイル発射管、5番から8番発射!主砲照準、敵戦艦!
バート:ブルー18、マーク9チャーリーに熱紋!ボギーワンです!距離500!
アーサー:ええッ!
バート:更にモビルスーツ2!
タリア:後ろ?
ミネルバオペレータ:そくせき(?)レーザー照射、感あり!
タリア:アンチビーム爆雷発射、面舵30、トリスタン照準。
バート:駄目です!オレンジ22デルタにモビルスーツ
タリア:くッ!
カガリ:ぁ!
タリア:機関最大!右舷の小惑星を盾に回り込んで!
マリク・ヤードバーズ:う…ぅぅ…
ミネルバブリッジ一同:うわぁぁ!
タリア:メイリン!シン達を戻して。残りの機体も発進準備を!
メイリン:はい!
タリア:マリク!小惑星表面のりゅうけい(?)を上手く使って直撃を回避!
マリク:はい!
アスラン:ぅぅ…
タリア:アーサー、迎撃!
カガリ:うッ!
アーサー:ランチャーファイブ、ランチャーテン、エスパール、てぇ!
アウル:もらい!
シン:あ!
ルナマリア:ゲイル!
シン:くッ!
ルナマリア:あっと言う間に二機も…
シン:ん?
ルナマリアミネルバが!?あたし達まんまとハマったってわけ!?
シン:ああ、そういうことだね。けどこれじゃあ戻れったって…
アーサー:ナイトハルト、てぇ!
タリア:後ろを取られたままじゃどうにも出来ないわ!回り込めないの?
マリク:無理です!回避だけで今は…!
アーサー:レイのザクを!
タリア:これでは発進針路も取れないわ!
アーサー:はあ…
ルナマリア:うッ!
何よあんた達は!
この泥棒がぁッ!
ステラ:落とす。
ルナマリア:ぁッ!
スティング:回り込めアウル!今度こそ首貰おうぜ!
アウル:僕は別に要らないけど!
シン:くッ!こっちの位置が…
ルナマリア:シン!
シン:あッ!
ステラ:何なのよ!あんたはまた!
ミネルバブリッジ一同:うわぁ!
タリア:これではこちらの火器の半分も…!
チェイ・ジェン・イー:浮遊した岩に邪魔されてこちらの砲も届きません!
イアン:粘りますな。
ネオ・ロアノーク:だが、艦(ふね)は足を止められたら終わりさ。奴がへばり付いている小惑星にミサイルをぶち込め!砕いた岩のシャワーをたっぷりとお見舞いしてやるんだ!船体が埋まるほどにな!
ガーティー・ルーオペレータ:はッ!
ネオ:出て仕上げてくる。あとを頼むぞ。
イアン:はッ!
バート:ミサイル接近!数6!
アスラン:うぅ…
タリア:迎撃!
バート:でもこれは…
アスラン:(直撃コースじゃない?はッ!)
まずい!艦(ふね)を小惑星から離して下さい!
タリア:ぇ?
ミネルバブリッジ一同:うわぁぁ!
アーサー:右舷が!艦長!
タリア:離脱する!上げ舵15!
バート:更に第二派接近!
タリア:減速(?)20!
ネオ:さて、進水式もまだと言うのに、お気の毒だがな。
仕留めさせてもらう!
アーサー:4番、6番スラスター破損!艦長!これでは身動きが!
マリク:針路塞がれます!
メイリン:更にモビルアーマーモビルスーツ接近!
カガリ:ぁぁッ!
アスラン:くッ!
タリア:エイブス!レイを出して!
マッド・エイブス:はッ!しかしカタパルトが…
タリア:歩いてでも何でもいいから急いで!シン達は?
メイリン:インパルス、ザクが依然カオス、ガイア、アビスと交戦中です!
デュランダル:この艦(ふね)にもうモビルスーツは無いのか!
タリア:パイロットが居ません!
アスラン:あッ…!
カガリ:…
アーサー:艦長、タンホイザーで前方の岩塊を…
タリア:吹き飛ばしても、それで岩肌にぬって(?)同じ量の岩塊を撒き散らすだけよ!
アーサー:あ…あぁ…

レイ・ザ・バレル:(ミネルバにはギルが乗っているんだ。絶対にやらせるものか!)
ネオ:あッ!
シン:くっそーミネルバが!
ルナマリア:戻らないとやられちゃうわよ!
シン:解ってる!
アウル:なにッ!
アスラン:右舷のスラスターは幾つ生きてるんです!?
タリア:え?
6基よ。でもそんなのでノコノコ出てっても、またいい的にされるだけだわ。
アスラン:同時に、右舷の砲を一斉に撃つんです!小惑星に向けて。
タリア:…
アーサー:ええッ!
アスラン:爆発で一気に船体を押し出すんですよ。周りの岩も一緒に。
タリア:ぁ…
アーサー:馬鹿言うな!そんなことをしたらミネルバの船体だって…
タリア:今は状況回避が先です!このままここに居たって、ただ的になるだけだ!
アーサー:うッぅぅ…
アスラン:んッん…
デュランダル:タリア…
アスラン:確かにね。いいわ、やってみましょう。
アーサー:艦長!
タリア:この件はあとで話しましょう、アーサー。
右舷側の火砲を全て発射準備。右舷スラスター、全開と同時に一斉射。タイミング合わせてよ!
チェン:右舷側火砲、一斉射準備。
マリク:合図と当時に右舷スラスター全開。
レイ:…!
ネオ:何なんだ君は一体!白い坊主君!
レイ:邪魔だ!
ミラー:ジョーン!
ネオ:下がれ、ミラー!こいつは手強い!お前は艦(ふね)を!
ミラー:はッ!
レイ:させるか!
ネオ:おおっと!
レイ:チィ!
ミラー:うわぁぁ!!
レイ:(くッ…)
ネオ:ふん。
ルナマリア:えぇい!
シン:くッ…
スティング&ステラ:あッ!
ステラ:あいつ…あいつ!
スティング:くっそー!何で落とせないんだよアレは!これじゃまた…
イアン:さて、とどめだ。
ガーティー・ルーオペレータ:岩塊に邪魔されて直撃は期待できませんが…
イアン:追撃不能にまでに追い込めばいい。大佐は面白くないかもしれんが、こちらのモビルスーツもそろそろパワーが辛いだろうからなあ。
バート:ボギーワン、距離150。
タリア:総員、衝撃に備えよ。行くわよ!
右舷スラスター全開!
アーサー:右舷全砲塔、てぇ!
ミネルバブリッジ一同:うわぁ!
整備兵:うッ!
ザフト兵男女:うわぁ!
レイ&ネオ&イアン:ん?
レイ:ミネルバ
タリア:回頭30!ボギーワンを討つ!
アーサー:タンホイザー照準、ボギーワン!
イアン:回避ーッ!取り舵いっぱい!
タリア:てぇ!!
ガーティー・ルーブリッジ一同:うわぁ!
整備兵達:うわぁ!
ネオ:ええい!あの状況からよもや生き返るとは!
うッ!
レイ:くッ!
ネオ:くッ!
イアン:オークレー達に帰還信号を。宙域を離脱する!
ネオ:またいつの日か、出会えることを楽しみにしているよ。白い坊主君。そしてザフトの諸君。
レイ:はッ!
スティング:うッ!
アウル:えッ!
ステラ:はッ!
シン&ルナマリア:あッ!
アスラン&タリア:あぁ…
アウル:ちッ、二点勝ちで終了か。
ステラ:あぁ…
スティング:仕方ない。ステラ、ネオが呼んでるぜ。帰って来いってさ。
ステラ:…うん。
バート:ボギーワン、離脱します。
メイリン:インパルス、ザク、ルナマリア機、パワー危険域です。
アーサー:艦長、さっきの爆発で更に第二エンジンと左舷熱センサーが!
デュランダル:グラディス艦長。もういい。あとは別の策を講じる。
タリア:…
デュランダル:私もアスハ代表をこれ以上振り回すわけにはいかん。
タリア:申し訳ありません。
ルナマリア:ハァハァ…
シン:ハァハァ…
デュランダル:本当に申し訳ありませんでした。アスハ代表。
カガリ:こちらのことなどいい。ただ、このような結果に終わったこと、私も残念に思う。早期の解決を心よりお祈りする。
デュランダル:ありがとうございます。
メイリン:あ!
シン、お姉ちゃん、レイ!お疲れ様。大丈夫?
デュランダル:本国ともようやく連絡が取れました。
シン:アスラン・ザラ?あいつが?
ルナマリア:…
タリア:既にアーモリーワンへの救援、調査隊が出ているとのことですので、うち一隻をこちらへ皆様のお迎えとして回すよう要請してあります。
カガリ:ありがとう。
デュランダル:しかし先ほどは彼のおかげで助かったな、艦長。
タリア:ぇ…はぁ…
デュランダル:さすがだね、数多の激戦を潜り抜けてきた者の力は。
アスラン:いえ……出過ぎたことをして申し訳ありませんでした。
タリア:判断は正しかったわ。ありがとう。
アスラン:…
デュランダル:…
タリア:では。
デュランダル(回想):この艦(ふね)にもうモビルスーツは無いのか!
タリア(回想):パイロットがいません!
メイリン(回想):ショーン機もシグナルロストです!
デュランダル(回想):ならばもしそれが偽りだとしたら、それはその存在そのものも偽り、ということになるのかな?
アスラン:くッ!
メイリン:でもぉ、ほんとに名前まで変えなきゃなんないもんなのぉ?
だってあの人前は…
ルナマリア:何言ってのよあんたは。いくら昔…
メイリン:ぁ!ぅぅ…
シン:…
ルナマリア:へぇー、ちょうど貴方の話をしていたところでした、アスラン・ザラ。まさかと言うかやっぱりと言うか、伝説のエースにこんなところでお会いできるなんて光栄です。
アスラン:…そんなものじゃない。俺はアレックスだよ。
ルナマリア:だからもうモビルスーツにも乗らない?
アスラン:…
シン:よせよルナ。オーブなんかに居るヤツに…何も解ってないんだから。
アスラン:ん?
レイ:失礼します。
ルナマリア:でも、艦(ふね)の危機は救って下さったそうで。ありがとうございました。
メイリン:あ、待ってよ、お姉ちゃん!
ザフト監視衛星職員A:え!?そんなはずないだろ。
ザフト監視衛星職員B:いや何度も確認した。見てくれ。こっちが2時間前のだ。今も少しずつだが間違いなく動いてる。
ザフト監視衛星職員A:そんな馬鹿な。ユニウス7は安定軌道にあるはずだぞ。
マユの携帯電話:はい、マユで~す。でもごめんなさい。今マユはお話できません。あとで連絡しますので、お名前を発信音のあとに…

 


次回予告
動き出した墓標。凍り付いたのは失われた者達の記憶か。
それとも失った者達の涙か。
嘆きの声は今またアスランの胸をも突き刺す。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「癒えぬ傷痕」
切なる想い、叩き付けろ!ジン!

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第03話「予兆の砲火」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第03話「予兆の砲火」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第03話「予兆の砲火」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第03話「予兆の砲火」

 

ナレーション:C.E.(コズミック・イラ)72。一年半に渡った地球、プラント間の戦いは、ヤキン・ドゥーエ宙域戦を以てようやくの集結をみた。やがて双方の合意の下、かつての悲劇の地、ユニウスセブンにおいて締結された条約は、今後の相互理解努力と平和とを誓い、世界は再び安定を取り戻そうと歩み始めていた。
タリア:機関始動。ミネルバ発進する。
アスラン:戦闘に出るのか!?この艦(ふね)は!
カガリアスラン
ルナマリア:ぁ!アスラン!?
シン:くっ…どこから?
ネオ:さあ、その機体も頂こうか!

シン・アスカ:くッ…くッ…
ネオ・ロアノーク:うッ!
シン:レイ!
レイ・ザ・バレル:何をしている!ボーっとしていたらただの的だ!この敵は普通とは違う!
ネオ:なんだ…これは…
レイ:くッ…
シン:くッ…
アーサー・トライン:気密正常、FCSコンタクト、ミネルバ全ステーション異常なし。
タリア・グラディス:索敵急いで。インパルス、ザクの位置は?
バート・ハイム:インディゴ53、マーク22ブラボーに不明艦1、距離150。
ギルバート・デュランダル:それが母艦か?
タリア:初見をデータベースに登録、以降対象をボギーワンとする。
メイリン・ホーク:同157、マーク80アルファにインパルスとザク、交戦中の模様。
タリア:呼び出せる?
メイリン:駄目です。電波障害激しく通信不能
タリア:敵の数は!?
メイリン:1機です。でもこれは…モビルアーマーです!
レイ:くッ…
ネオ:チィ…
シン:レイ!
くッ…
タリア:ボギーワンを討つ!ブリッジ遮蔽、進路インディゴデルタ、加速20%、信号弾及びアンチビーム爆雷、発射用意!
アーサー!何してるの!
アーサー:あ!ぁぁはい!
ランチャーエイト、1番から4番、ナイトハルト装填。トリスタン、1番2番、イゾルデ起動!照準ボギーワン!
デュランダル:彼等を助けるのが先じゃないのか?艦長。
タリア:そうですよ。だから母艦を討つんです。敵を引き離すのが一番早いですから。この場合は。
ガーティー・ルーオペレータ:戦艦と思しき熱源接近。類別不明、レッド53、マーク80デルタ!
イアン・リー:例の新型艦か?面舵15、加速30%、イーゲルシュテルン起動。エグザスは?
ネオ:艦(ふね)?
レイ:くッ…
ネオ:チッ…欲張りすぎは元も子もなくすか。
レイ:…
ミネルバ
シン:帰還信号?なんで!
レイ:命令だ。
アーサー:ナイトハルト、てぇ!
イアン:回避ーッ!
ステラ・ルーシェ:ぅぅ…ぅ…
スティング・オークレー&アウル・ニーダ:ハァハァ…
タリア:エンジンを狙って!足を止めるのよ!
ガーティー・ルーオペレータ:エグザス着艦!
ネオ:撤収するぞ!リー!
バート:ボギーワン、離脱します!イエロー71アルファ!
タリア:インパルス、ザクは?
メイリン:帰投、収容中です。
タリア:急がせて。このまま一気にボギーワンを叩きます。進路イエローアルファ!
ガーティー・ルーオペレータA:大佐!
ネオ:すまん、遊びすぎたな。
ガーティー・ルーオペレータB:敵艦、尚も接近!ブルー0、距離110!
イアン:かなり足の速い艦(ふね)のようです。厄介ですぞ。
ガーティー・ルーオペレータC:ミサイル接近!
イアン:取り舵!かわせぇ!
ネオ:ぇぇぃ、両舷の推進剤予備タンクを分離後爆破!アームごとでいい!鼻っ面に喰らわせてやれ!
同時に上げ舵35、取り舵10、機関最大!
レイ:…
ヴィーノ・デュプレ:シン!
ヨウラン・ケント:おい、大丈夫か?
バート:ボギーワン、船体の一部を分離!
デュランダル:ん!?
タリア:撃ち方待て!面舵10、機関最大!
メイリン:きゃぁぁぁ!
タリア:うッ!
デュランダル:ぇぇぃ…
アスラン:うッ!
ルナマリア・ホーク:何ッ!
整備員A:何だ!
整備員B:被弾したぁ!?
レイ:ブリッジ、どうした!?…チッ!
シン:くっそぉぉ!
ミネルバオペレータ:各ステーション、状況を報告せよ!
タリア:バート!敵艦の位置は!?
バート:待って下さい、まだ…
タリア:シウス起動、アンチビーム爆雷発射!次は撃って来るわよ。
バート:見つけました。レッド88、マーク6チャーリー、距離500。
アーサー:逃げたのか?
レイ:議長…
タリア:やってくれるわ、こんな手で逃げようとは。
デュランダル:だいぶ手強い部隊のようだな。
タリア:ならば尚の事このまま逃がすわけにはいきません。そんな連中にあの機体が渡れば…。
デュランダル:ああ。
タリア:今からでは下船いただくこともできませんが、私は本艦はこのままあれを追うべきと思います。議長の御判断は?
デュランダル:私のことは気にしないでくれたまえ、艦長。私だってこの火種、放置したらどれほどの大火になって戻ってくるか…それを考えるのは怖い。あれの奪還、もしくは破壊は現時点での最優先責務だよ。
タリア:ありがとうございます。トレースは?
バート:まだ追えます。
タリア:では本艦は此より更なるボギーワンの追撃戦を開始する。進路イエローアルファ、機関最大。
マリク・ヤードバーズ:進路イエローアルファ、機関最大。
アーサー:全艦に通達する。本艦は此より更なるボギーワンの追撃戦を開始する。突然の状況から思いもかけぬ初陣となったが、これは非常に重大な任務である。
アスラン:なんだとッ!
アーサー:各員、日頃の訓練の成果を存分に発揮できるよう努めよ。
タリア:ブリッジ遮蔽解除。状況発生までコンディションをイエローに移行。
アーサー:ブリッジ遮蔽解除!
メイリン:コンディションイエローに移行。
タリア:議長も少し艦長室でお休み下さい。ミネルバも足自慢でありますが、敵もかなりの高速艦です。すぐにどうということはないでしょう。レイ、御案内して。
レイ:はッ!
ルナマリア:艦長!
タリア:どうしたの?
ルナマリア:戦闘中のこともありご報告が遅れました。本艦発進時に格納庫にてザクに搭乗した2名の民間人を発見。
タリア:え?
ルナマリア:これを拘束したところ2名は…オーブ連合首長国代表カガリ・ユラ・アスハとその随員と名乗り、傷の手当てとデュランダル議長への面会を希望致しました。
タリア:オーブの…
デュランダル:彼女が…何故この艦(ふね)に?
ルナマリア:僭越ながら独断で傷の手当てをし、今士官室でお休みいただいておりますが…
デュランダル&タリア:んー…

イアン:どうやら成功、というところですかな?
ネオ:ポイントBまでの時間は?
ガーティー・ルーオペレータ:2時間ほどです。
イアン:まだ追撃があるとお考えですか?
ネオ:判らんね。判らんから、そう考えて予定通りの針路をとる。予測は常に悪い方へしておくもんだろう?特に戦場では。
イアン:ふ。
彼等の最適化は?
ネオ:概ね問題はないようだ。みんな気持ち良さ気に眠っているよ。ただ、アウルがステラにブロックワードを使ってしまったようでね。それがちょっと厄介ということだが。
イアン:何かあるたび、ゆりかごに戻さねばならぬパイロットなど、ラボは本気で使えると思っているんでしょうかね?
ネオ:それでも、前のよりはだいぶましだろう?こっちの言うことや仕事をちゃんと理解してやれるだけ。
イアン:ふん。
ネオ:仕方ないさ。今はまだ何もかもが試作段階みたいなもんさ。艦(ふね)もモビルスーツパイロットも。世界もな。
イアン:ええ、解っています。
ネオ:やがて全てが本当に始まる日が来る。我等の名の下にね。
整備員A:何やってるそこッ!ザクのフィールドストリッピングなんざぁプログラムで何度もやったろうが!その通りやればいいんだぞ!/td>
整備員B:は、はい!
ヴィーノ:しっかしまだ信じられない。実戦なんてマジ嘘みてえ。
ヨウラン:ああ。
ヴィーノ:なんでいきなりこんなことになるんだろう?
でもまさかこれでこのまま、また戦争になっちゃったりはしないよね?
ヨウラン:と思うけどね。
デュランダル:本当にお詫びの言葉もない。姫までこのような事態に巻き込んでしまうとは。ですがどうか御理解いただきたい。
カガリ:あの部隊についてはまだ全く何も解っていないのか?
デュランダル:ええまぁ、そうですね。艦(ふね)などにもはっきりと何かを示すようなものは何も。
しかし、だからこそ我々は一刻も早く、この事態を収拾しなくてはならないのです。取り返しのつかないことになる前に。
カガリ:ああ、解ってる。それは当然だ、議長。今は何であれ世界を刺激するようなことはあってはならないんだ。絶対に。
デュランダル:ありがとうございます。姫ならばそう仰って下さると信じておりました。
アスラン:…
デュランダル:よろしければ、まだ時間のあるうちに少し艦内を御覧になって下さい。
タリア:議長…
デュランダル:一時的とは言え、いわば命をお預けいただくことになるのです。それが盟友としての我が国の相応の誠意かと。
ステラ:はぁ…
シン:オーブのアスハ!?
ルナマリア:うん、あたしもびっくりした。こんなところで大戦の英雄に会うとはね。でも何?あのザクがどうかしたの?
シン:ああいや…ミネルバ配備の機体じゃないから誰が乗ってたのかなって。
ルナマリア:操縦してたのは護衛の人みたいよ。アレックスって言ってたけど、でも、アスランかも。
シン:え?
ルナマリア:代表がそう呼んだのよ、咄嗟に。その人のことをアスランって。
アスラン・ザラ。今はオーブに居るらしいって噂でしょ?
シン:アスラン…ザラ…
デュランダル:しかし、この艦(ふね)もとんだことになったものですよ。進水式の前日にいきなりの実戦を経験せねばならない事態になるとはね。
レイ:ここからモビルスーツデッキへ上がります。
アスラン:(ぇぇ!)
デュランダル:艦のほぼ中心に位置するとお考え下さい。搭載可能数は無論申し上げられませんし、現在その数量が乗っているわけでもありません。
カガリ:ぁ…
アスラン&カガリ:ぁぁ…
デュランダルZGMF-1000。ザクはもう既に御存知でしょう。現在のザフト軍の主力の機体です。
そしてこのミネルバ最大の特徴とも言える、この発進システムを使うインパルス。工廠で御覧になったそうですが。
アスラン:あ…はい。
デュランダル:技術者に言わせると、これは全く新しい効率のいいモビルスーツシステムなんだそうですよ。私にはあまり専門的なことは解りませんがね。
カガリ:(う…)
デュランダル:しかし、やはり姫にはお気に召しませんか?
カガリ:議長は嬉しそうだな。
デュランダル:嬉しい、というわけではありませんがね。あの混乱の中からみんなで懸命に頑張り、ようやくここまでの力を持つことが出来たというのは、やはり…
カガリ:力か。争いが無くならぬから力が必要だと仰ったな、議長は。
デュランダル:ええ。
カガリ:だが!ではこのたびの事はどうお考えになる!
アスラン:ぁぁ…
カガリ:あのたった3機の新型モビルスーツのために、貴国が被ったあの被害のことは!
アスラン:代表…
デュランダル:だから、力など持つべきではないのだと?
カガリ:そもそも何故必要なのだ!そんなものが今更!
シン:…
カガリ:我々は誓ったはずだ!もう悲劇は繰り返さない!互いに手を取って歩む道を選ぶと!
デュランダル:それは…しかし姫…
シン:さすが綺麗事はアスハの御家芸だな!
カガリ&アスラン:ぁ?
ヴィーノ:シン!?
レイ:シン!
シン:…
カガリ:…
バート:ボギーワン、捕捉しました。
タリア:ん?
バート:オレンジ55、マーク90アルファ!
ガーティー・ルーオペレータ:イエロー50、マーク82チャーリーに大型の熱源。距離8000!
メイリン:敵艦捕捉、距離8000、コンディションレッド発令。パイロットは搭乗機にて待機せよ。
アスラン&カガリ:ぁぁ…
マッド・エイブス:最終チェック急げ!始まるぞ!
ヴィーノ:だぁやべぇッ!
シン:ぅ…ぇぃ…
レイ:シン!
申し訳ありません議長!この処分は後ほど必ず!
カガリ:…
デュランダル:本当に申し訳ない姫。
カガリ:ん?
デュランダル:彼はオーブからの移住者なので
カガリ:えぇ…!
デュランダル:よもやあんなことを言うとは思いもしなかったのですが。
カガリ:ぁ…
イアン:やはり来ましたか。
ネオ:ああ。まっザフトもそう寝ぼけてはいないということだ。ここで一気に叩くぞ!
総員戦闘配備。パイロットはブリーフィングルームへ。
タリア:むこうも、よもやデブリの中に入ろうとはしないでしょうけど。危険な宙域での先頭になるわ。操艦頼むわよ。
マリク:はッ!
タリア:シンとルナマリアで先制します。終わってるわね?
メイリン:はい!
バート:目標まで6500。
タリア:議長…
デュランダル:いいかな?艦長。私はオーブの方々にもブリッジに入っていただきたいと思うのだが。
タリア:ぇ!ぁ…いえそれは…
デュランダル:君も知っての通り、代表は先の大戦で艦の指揮も執り、数多くの戦闘を経験されてきた方だ。そうした視点からこの艦(ふね)の戦いを見ていただこうと思ってね。
タリア:解りました。議長がそうお望みなのでしたら。
デュランダル:ありがとう、タリア。
バート:目標まで6000。
タリア:ブリッジ遮蔽!対艦対モビルスーツ戦闘用意。
アスラン&カガリ:…!
アウル:あの新型艦だって?
スティング:ああ。来るのはあの合体野郎かな?
アウル:なら、今度こそバラバラか、生け捕るか。
スティング:どっちにしろまた楽しいことになりそうだな、ステラ。
ステラ:ぁぁ…
スティング&アウル:あん?
ネオ:アンカー撃て!同時に機関停止。デコイ発射!タイミングを誤るなよ。
メイリンルナマリア・ホークザクウォーリア発進スタンバイ。全システムオンライン。発進シークエンスを開始します。
インパルス発進スタンバイ。モジュールはブラストをセット。シルエットハンガー3号を開放します。プラットホームのセットを完了。中央カタパルトオンライン。気密シャッターを閉鎖します。コアスプレイダー全システムオンライン。発進シークエンスを開始します。ハッチ開放。射出システムのエンゲージを確認。
バート:目標、針路そのまま、距離4700。
タリア:ザク、インパルス発進!
シン(回想):さすが綺麗事はアスハの御家芸だな!
デュランダル(回想):彼はオーブからの移住者なので…
メイリンガナーザクウォーリア、カタパルトエンゲージ。
ルナマリアルナマリア・ホーク、ザク、出るわよ!
デュランダル:ボギーワンか。本当の名前は何というのだろうね。あの艦(ふね)の。
アスラン:はあ?
メイリン:続いてインパルス、どうぞ。
シン:シン・アスカ、コアスプレイダー、行きます!
デュランダル:名はその存在を示すものだ。ならばもし、それが偽りだったとしたら…
それが偽りだとしたら、それはその存在そのものも偽り、ということになるのかな?
アレックス、いや、アスラン・ザラ君。
アスラン:…

 


次回予告
力があるからか、争いがあるからか。
連綿と続く時の中、それは未だに出ぬ答え。
だが今、向き合う事態が望むものは。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「星屑の戦場」
その力見せ付けろ!ザク!

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第02話「戦いを呼ぶもの」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第02話「戦いを呼ぶもの」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第02話「戦いを呼ぶもの」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第02話「戦いを呼ぶもの」

 

ナレーション:C.E.(コズミック・イラ)72。一年半に渡った地球、プラント間の戦いは、ヤキン・ドゥーエ宙域戦を以てようやくの集結をみた。やがて双方の合意の下、かつての悲劇の地、ユニウスセブンにおいて締結された条約は、今後の相互理解努力と平和とを誓い、世界は再び安定を取り戻そうと歩み始めていた。
カガリ:だが!強すぎる力はまた争いを呼ぶ!
デュランダル:いいえ姫。争いが無くならぬから、力が必要なのです。
アスラン:来い!
カガリ:ぇ!ぁぁ…
アスラン:こんなところで君を死なせるわけにいくか!
ステラ:こいつ!
カガリ:うわ…
アスラン:くっ!もう一機!
カガリ&アスラン:ぁぁ…
シン:なんでこんなこと…また戦争がしたいのか!あんた達は!!

シン・アスカ:ハアァァ!
ステラ・ルーシェ:…なんだこれは!?
カガリ・ユラ・アスハ&アスラン・ザラ:ぁぁ…
スティング・オークレー:あれも新型か?ガンダム?どういうことだ…あんな機体の情報は…アウル!
シン:くっ!
ステラ:なにっ!
こいつっ!
アーサー・トライン:シン!命令は捕獲だぞ!解ってるんだろうな!あれは我が軍の…
シン:解ってます!でも出来るかどうか分かりませんよ。大体何でこんなことになったんです!
ステラ:でぇぇっ!
シン:なんだってこんな簡単に!敵にっ!
タリア・グラディス:今はそんなお喋りしてる時じゃないでしょ!演習でもないのよ!気を引き締めなさい!
強奪部隊ならば外に母艦が居るはずです。そちらは?
アーモリーワン管制官:グラディス等にも言われなくても解っている!余計な口を出すなと言ってやれ!
ネオ・ロアノーク:よーし行こう!慎ましくな。
ガーティー・ルーオペレータA:ゴットフリート1番2番起動。
ガーティー・ルーオペレータB:ミサイル発射管、1番から8番、コリントス装填。
ガーティー・ルーオペレータC:イザワ機、ハラダ機、カタパルトへ。
ネオ:主砲照準、左舷前方ナスカ級。発射と同時にミラージュコロイドを解除。機関最大。!さーて、ようやくちょっとは面白くなるぞ、諸君。
イアン・リー:ゴットフリート、てぇ!
ハーセルブリッジ一同:うわっうわぁぁ!
フーリエブリッジ一同:ぁぁ……
アーモリーワンオペレータA:ハーセル被弾!
アーモリーワンオペレータB:フーリエにミサイル接近、数18。
アーモリーワンオペレータC:不明艦捕捉!数1、オレンジ25、マーク8ブラボー、距離2300!
将校A:そんな位置に!
将校B:ミラージュコロイド
将校C:地球軍なのか!?
アーモリーワンオペレータD:熱紋ライブラリ照合、該当艦なし!
アーモリーワンオペレータE:迎撃!艦(ふね)を出せ!モビルスーツもだ!
ガーティー・ルーオペレータ:ナスカ級接近、距離1900。
ネオ:モビルスーツ発進後回頭20、主砲照準インディゴ、ナスカ級。あちらの砲に当たるなよ!
ローラシア級ブリッジ一同:うわっうわぁ!
アーモリーワン管制室一同:ぁああ!…うわぁぁ!
タリア:何なの?
ギルバート・デュランダル:ん?
シン:ぁ?
スティング:ぁ?
アウル・ニーダ:ぁ…
カガリアスラン
アスラン:外からの攻撃だ。港か?
く…
ステラ:こいつーッ!
シン:くっそ!演習ではこんなっ!
アウル:スティング!さっきの!
スティング:分かってる。お迎えの時間だろ?
アウル:遅れてる。バス行っちゃうぜ?
スティング:分かってると言ったろうが!ぇぇぃ!
アウル:大体あれなんだよ!新型は3機のはずだろ!
スティング:俺が知るか!
アウル:どうすんの?あんなの予定にないぜ…くそ、ネオのやつ…
スティング:けど放ってはおけないだろ!追撃されても面倒だ。ん!
アウル:ハッ!首でも土産にしようっての?カッコ悪いってんじゃねえそういうの!
シン:うわぁぁ!
ステラ:うっぅ!
スティング:ステラ!
ステラ:!
シン:ぁ…!
く…あ!えぇくっ…あ!
ステラ:でえぇあぁ!
シン:うわぁ!!
アスラン:あっ!
カガリアスラン!?
アスラン:掴まっていろ!
カガリ:うっ!
アウル:もらった!
シン:あぁ!
アスラン:うおぉぉ!くっ!
アウル:なにっ!
このぉッ!
アスラン:うう…
カガリ:ううッ!
アスラン:ぁ!…カガリ!…ぁ!
アウル:くっそー!ん?
シン:そんな好き勝手っ!
ステラ:このぉッ!
シン:させるもんか!
ルナマリア・ホーク:早く!入れるだけ開けばいい!
整備兵:レイ!中の損傷は分からん。いつも通り動けると思うなよ!無理だと思ったら直ぐ下がれ!
レイ・ザ・バレル:どけ、ルナマリア
ルナマリア:ぁ!
ぁぁ!
整備兵達:ぁぁ!
民間人A:港が使えんとはどういうことだ!
兵:衛生兵!衛生兵!
民間人B:違う!この…
デュランダル:誰がここの指揮を執ってる!
子供:パパ!
?:一体どういうことだね!何故こんな…
デュランダル:あの3機はどうした?状況を説明してくれ。
兵:お急ぎ下さい。
SP:議長!
将校:ここはまだ危険です!有毒ガスも発生しています。議長もシェルターへお入り下さい。
デュランダル:そんなことが出来るか!事態すらまだよく解らぬ。
将校:しかし…ならばせめてミネルバへ。
デュランダル:ええい!
フーリエブリッジ一同:うわぁ!
スティング:くっそーこの新型!
シン:カオスもガイアもアビスも!ん!
ステラ:こいつ!何故落ちない!
シン:何でこんなことになるんだ!
アウル:ええい!このッ!
シン:ぁ…ん!
アウル:もういっちょ!うわっ!
スティング:アウル!ぅ…
ルナマリア:このぉッ!よくも舐めた真似をっ!
アウル:スティング、きりがない!こいつだってパワーが…
スティング:ええい!離脱するぞ!ステラ、そいつを振り切れるか?
ステラ:すぐに沈める!
こんな…私は…私はっ!
うっ!
シン:ぇぃッ!
レイ:シン!
スティング:離脱だ!やめろステラ!
ステラ:私がこんなぁーッ!!
スティング:ステラ!
アウル:じゃあお前はここで死ねよ!
ステラ:はッうッ…!
スティング:アウル!
アウル:ネオには僕が言っといてやる。さよならってな!
ステラ:……………
…死ぬ?ぁぁぁ…あたし…はぁはぁ…そんな…あ…あぁぁーーっ!
スティング:アウル!お前…
アウル:止まんないじゃん、しょうがないだろう?
スティング:黙れバカ!余計なことを!
チィ!
アウル:結果オーライだろ?
ルナマリア:あっ!
シン:逃がすかっ!
ルナマリア:ぁええっ!?

兵士A:医療チームD班は第七工区へ!
将校A:45号ストレージの弾薬庫に注水しろ!
将校B:Eブロックも駄目だ!動ける機体はミネルバのドックへ行ってくれ!そう、負傷者もだよ!
兵士B:解りました!
カガリ:ぁ…ぅ…
アスラン:ぁ!
カガリ:ア…スラン…
アスラン:大丈夫か?
カガリ:ああ…大丈夫…うーん…
アスラン:すまなかった…つい…直ぐに安全に降りられる場所を探すから。
カガリ:…いや…
だけど…
ガーティー・ルーオペレータA:ナスカ級撃沈。
ガーティー・ルーオペレータB:左舷後方よりゲイツ、新たに3!
イアン:アンチビーム爆雷発射と同時に加速20%、10秒。1番から4番、スレッジハマー装填、モビルスーツ呼び戻せ!
ネオ:彼等は?
ガーティー・ルーオペレータC:まだです。
ネオ:ふむ…
イアン:失敗ですかね?
港を潰したといってもあれは軍事工廠です。長引けばこっちが保ちませんよ?
ネオ:解ってるよ。だが失敗するような連中なら、俺だってこんな作戦最初っからやらせはせんしな。
イアン:…
ネオ:出て時間を稼ぐ。艦(ふね)を頼むぞ。
イアン:はっ!格納庫!エグザス出るぞ!いいか!
シン:なんて奴等だ、奪った機体でこうまで!
ステラ:ぅぅ…ぅぅ…
レイ:脱出されたらお終いだ!その前に何としても捕らえる!
シン:解ってるけど…!
バート・ハイム:駄目です!司令部応答ありません!
メイリン・ホーク:工廠内ガス発生。エスパスからロナウル地区までレベル4の退避勧告発令。
タリア:(ハァ…)
アーサー:艦長…これまずいですよね?もしこのまま逃げられでもしたら…
タリア:そんなことされてたまるもんですか。
それにしても、どこの部隊かしらね。こんな大胆な作戦…
ネオ:ふ。
レイ:はっ!(ん?なんだ?)
アーサー:ぁぁ!
メイリン:ぁ!
タリア:議長!
デュランダル:状況は!どうなっている!
ステラ:うぇーーい!!
シン:くっそー!!
くっ!ミネルバフォースシルエットを!
アーサー:艦長!
タリア:許可します!射出して!
アーサー:うッあ…
タリア:もう機密も何もありませんでしょ?
デュランダル:…ああ。
メイリンフォースシルエット、射出スタンバイ。
シン:くっ!
レイ:くっ!
アウル:いい加減!
スティング:しつこい!
メイリンフォースシルエット射出シークエンスを開始します。オールシステムズゴー。シルエットフライヤーをプラットホームにセットします。中央カタパルトオンライン。非常要員は待機して下さい。
カガリ&アスラン:ん?
レイ:くぅッ!
ステラ:やめてぇ!
シン:くっそーあいつっ!あっ!
スティング:やらせるかよ!
シン:うぅ…
レイ:シン!
スティング:あ!
アウル:あ!
ステラ:あ!
シン:ふわあぁぁ!!
スティング:こいつは…
アウル:装備を換装する!?
うッ!
ステラ:はぁぁ…ぁ…
スティング:けどだからってぇッ!
アウル:えあぁー!
ステラ:やめて!あっち行って!!
シン:落ちろーッ!
シン&レイ:あ!
シン:くっそー!
レイ:シン!くッ!
アーサー:艦長!あいつら何を勝手に!外の敵艦はまだ!
メイリン:インパルスのパワー危険域です。最大であと300!
アーサー:ええっ!
タリア:インパルスまで失うわけにはいきません。ミネルバ発進させます!
アーサー&メイリン:えっぇぇ…
デュランダル:…頼む、タリア。
ルナマリア:ぁ!
なにあの子達!
貸して!
そこの二人!動くな!
カガリ:ん?
ミネルバオペレータ:ミネルバ、発進シークエンススタート。
アーサー:本艦はこれより戦闘ステータスに移行する。
メイリン:SCSコンタクト、兵装要員は全ての即応砲弾群をグレードワン(?)へ設定。
タリア:議長は早く下船を。
デュランダル:タリア、とても残って報告を待っていられる状況ではないよ。
タリア:しかし…
デュランダル:私には権限もあれば義務もある。私も行く。許可してくれ。
メイリン:本艦は此より発進します。各員所定の作業に就いて下さい。繰り返します、本艦は此より発進します。各員所定の作業に就いて下さい。
ルナマリア:動くな!何だお前達は。軍の者ではないな!何故その機体に乗っている!
カガリ:あぁ…
アスラン:銃を下ろせ。こちらはオーブ連合首長国代表カガリ・ユラ・アスハ氏だ。俺は随員のアレックス・ディノ
ミネルバ整備員:モビルスーツ……装備のロック、忘れるなよ!
ルナマリア:ぁ…
アスランデュランダル議長との会見中騒ぎに巻き込まれ、避難もままならないままこの機体を借りた。
ルナマリア:オーブのアスハ…
アスラン:代表は怪我もされている。議長はこちらに入られたのだろ?お目にかかりたい。
シン:くっそー…どこだ!
レイ:シン!一旦退くんだ!闇雲に出ても…!
ネオ:なるほどねぇ。これは確かに俺のミスかな。
ステラ:死んでない…あぁ…あたし大丈夫…大丈夫よねステラ…
ガーティー・ルーオペレータ:ロア・ボーク大佐より入電。
イアン:ん?
ガーティー・ルーオペレータ:ガーティー・ルーはブルー18、マーク3アルファに進行せよ、とのことです。
レイ:ん!?
アーモリーワン管制員:システムコントロール、全要員に伝達。現時点を以て、LHM-BB01、ミネルバの識別コードは有効となった。ミネルバ緊急発進シークエンス進行中。A55デフロック警報発令。*1コントロール、全チームスタンバイ。第2、第5チームは突発的*2破壊に備えよ。ゲートコントロールオンライン。ミネルバリフトダウン継続中。モニターBチームは減圧フェイズを監視せよ。
カガリ:避難するのか?この艦(ふね)。プラントの損傷はそんなに酷いのか…
ミネルバオペレータ:発進ゲート内減圧完了。いつでも行けます!
タリア:機関始動。ミネルバ発進する。コンディションレッド。
メイリンミネルバ発進。コンディションレッド発令、コンディションレッド発令。
ルナマリア&アスラン:え!?
メイリンパイロットは直ちにブリーフィングルームへ集合して下さい。
アスラン:戦闘に出るのか!?この艦(ふね)は!
ルナマリア:ぇ?
カガリアスラン
アスラン:ぁ…
ルナマリア:ぁ!アスラン!?
カガリ:ぁ…
アスラン:…
シン:くっ…どこから?
ネオ:さあ、その機体も頂こうか!
レイ:シン!
うッ!

 


次回予告
宇宙を染め上げる炎。轟く砲声。
それは何かの目覚めの合図か。
出会う若き戦士が瞳の奥に隠すものは。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「予兆の砲火」
機関最大、発進せよ!ミネルバ

 

*1:?

*2:?

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第01話「怒れる瞳」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第01話「怒れる瞳」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第01話「怒れる瞳」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第01話「怒れる瞳」

 

アスカ一家:ハァハァハァ…
シンの両親:ハァハァ…
シン・マユ(妹):ハァハァ…
シン・アスカ:ハァハァ…あっ!うっく!
オーブ軍兵士:慌てないで!乗船は二列でお願いします!船には充分全員を収容することが出来ます!
アスカ一家:ハァハァハァ…
シン:ハァハァ…
マユ&両親:ぁ…!
シン:父さん!
母:あなた…
父:大丈夫だ、目標は軍の施設だろ。急げシン。
アスカ一家:ハァハァハァ…
ハァハァハァ…
キャー!うわっ!
シン:あ!
マユ:キャー!
アスカ一家:ハァハァハァ…
父:かあさん!
母:ハァハァ…マユ!頑張って!!
マユ:ぁ!あー!マユの携帯!
母:そんなのいいから!!
マユ:いやー!ん!うーん!
シン:ふっ!
うわぁぁ!うっ!ぅぅ…
[父、母、マユ死亡]
オーブ軍兵士:負傷者を早く!
シン:ぅ…
オーブ軍兵士:大丈夫か!?
こっちだ、早く…
シン:ぁ!父さん…母さん…マユは!?
オーブ軍兵士:ぁ…
シン:ん?…ぁ!マユ!
オーブ軍兵士:…おい!
シン:ぁ………あ!!!!
……ぅ…ぅぅ…ぅぅ……
オーブ軍兵士:うわ!…君…
シン:ぅぅ……う゛わあ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁ!!!

ナレーション:C.E.(コズミック・イラ)72。一年半に渡った地球、プラント間の戦いは、ヤキン・ドゥーエ宙域戦を以てようやくの集結をみた。やがて双方の合意の下、かつての悲劇の地、ユニウスセブンにおいて締結された条約は、今後の相互理解努力と平和とを誓い、世界は再び安定を取り戻そうと歩み始めていた。
アーモリーワン管制官:ORL-010、ローカライズ、オンライン。
ORL-010パイロット:こちらORL-010、ナブコムリンクを確認。
アーマリーワン管制官:101、進入ベクトル良好。減速そのまま。三号デッキは受け入れステータスBで待機。
軍アナウンス:軍楽隊最終リハーサルは、一四〇〇より第三ヘリポートにて行う。
整備員A:違う違う!(?)隊のジンは全て式典用装備だ!(?)!
整備員B:マッケランのガズウートか!早く移動させろ!
整備員C:ライフルの整備、しっかりやっとけよ!明日になってからじゃ遅いんだからな!
軍アナウンス:ガトー*1隊第二整備班は第六ハンガーへ集合せよ。
ヴィーノ・デュプレ:うわっ!
ルナマリア・ホーク:あっ!
はぁ…なんかもうごっちゃごちゃね。
ヴィーノ:仕方ないよ。こんなの久しぶりってか、初めての奴も多いんだし。俺達みたいに。
でもこれで、ミネルバもいよいよ就役だ。配備は噂通り月軌道なのかな?
ギルバート・デュランダル:彼の言うことも解るがね…だがブルーコスモスは組織というより主義者だろう。
いくら条約を強化したところでテロは防ぎきれんよ。
秘書官:議長…オーブの姫が御到着です。
デュランダル:やれやれ、忙しいことだな。
アスラン・ザラ:服はそれでいいのか?ドレスも一応は持ってきているよな?
カガリ・ユラ・アスハ:な、なんだっていいよ。いいだろう?このままで。
アスラン:…必要なんだよ、演出みたいなことも。
カガリ:ん…
アスラン:解ってるだろ?バカみたいに気取ることもないが、軽く見られても駄目なんだ。
今回は非公式とはいえ、君は今はオーブの国家元首なんだからな。
カガリ:…
男の子:パパ!船は?
女の子:軍艦なの?空母?
母:やっぱり必要ですものね。
父:ああ、ナチュラル共に見せつけてやるともさ。
アスラン:ん?
カガリ:明日は戦後初の新型艦の進水式ということだったな。こちらの用件は既に御存知だろうに。そんな日にこんなところでとは、恐れ入る。
アスラン:内々、且つ緊急にと会見をお願いしたのはこちらなのです、アスハ代表。プラント本国へ赴かれるよりは目立たぬだろういう、デュランダル議長の御配慮もあってのことと思われますが。
カガリ:あぁ…
デュランダル:やぁ、これは姫、遠路お越し頂き申し訳ありません。
カガリ:やぁ。議長にもご多忙の所お時間を頂き、有り難く思う。
デュランダル:御国の方は如何ですか?
姫が代表となられてからは実に多くの問題も解決されて、私も盟友として大変嬉しく、また羨ましく思っておりますが。
カガリ:まだまだ至らぬことばかりだ。
デュランダル:で、この情勢下、代表はお忍びでそれも火急な御用件とは?一体どうしたことでしょうか?
我が方の大使の伝えるところでは、だいぶ複雑な案件の御相談、ということすが…
カガリ:…私にはそう複雑とも思えぬのだがな。だが、未だにこの案件に対する貴国の明確な御返答が得られない、ということは、やはり複雑な問題なのか?我が国は再三再四、彼のオーブ戦の折に流出した我が国の技術と人的資源の、そちらでの軍事利用を即座に止めて頂きたいと申し入れている。
ステラ・ルーシェ:ん?
アウル・ニーダ:何やってんだ、あれ。
スティング・オークレー:浮かれてるバカの演出…
アウル:ん?
スティング:じゃねえの?お前もバカをやれよ、バカをさ。
アウル:ふん!
ステラ:うふ。
カガリ:なのに何故、未だに何らかの御回答さえ頂けない?
ステラ:うふふ、あはは、うふふ…
シン・アスカ:ああっ…
ステラ:うっ!
シン:ぅぅ…大丈夫?
ステラ:ぁぁ…誰?…くっ!
ヨウラン・ケント:胸掴んだな?お前。
シン:え!?
ヨウラン:このラッキースケベ
シン:違う…おいこら…ヨウラン!

デュランダル:姫は先の戦争でも自らモビルスーツに乗って戦われた勇敢な御方だ。
カガリ:…
デュランダル:また最後まで圧力に屈せず、自国の理念を貫かれたオーブの獅子、ウズミ様の後継者でもいらっしゃる。
ならば今のこの世界情勢の中、我々はどうあるべきか…
アスラン:ぁ…!
デュランダル:よくお解りのことと思いますが?
カガリ:我等は自国の理念を守り抜く。それだけだ。
デュランダル:他国を侵略せず、他国の侵略を許さず、他国の争いに介入しない?
カガリ:そうだ。
デュランダル:それは我々も無論同じです。そうであれたら一番良い。だが、力無くばそれは叶わない。それは姫とて、いや姫の方がよくお解りでしょう?
カガリ:…
デュランダル:だからこそオーブも軍備は整えていらっしゃるのでしょう?
カガリ:…その姫というのは止めて頂けないか?
デュランダル:これは失礼しました、アスハ代表。
しかしならば何故、何を怖がってらっしゃるのです?あなたは。
カガリ:…!
デュランダル大西洋連邦の圧力ですか?オーブが我々に条約違反の軍事供与をしていると?
だがそんな事実は無論ない。彼のオーブ防衛戦の折、難民となったオーブの同胞達を我等が温かく迎え入れたことはありましたが。
その彼らが、此処で暮らしていくためにその持てる技術を活かそうとするのは仕方のないことではありませんか?
カガリ:だが!強すぎる力はまた争いを呼ぶ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
ザフト警備兵:なんだ!?
ザフト警備兵達:うわぁ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
ステラ:はああぁっ!!
ザフト警備兵達:うわぁ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
スティング:アウル!上だ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
デュランダル:いいえ姫。争いが無くならぬから、力が必要なのです。
スティング:ハッ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
アウル:スティング!
スティング:よし!いくぞ!
どうだ?
アウル:OK、情報通り。
ステラ:いいよ。
スティング:(?)反応スタート。パワーフロー良好。
アウル:全兵装アクティブ。オールウェポンズ、フリー。
ステラ:システム、戦闘ステータスで起動。
スティング:ふっ。
アウル:ふふふ。
ザフト警備兵:ぅぅ…くっ!
レイ・ザ・バレル&ルナマリア&ヴィーノ:!?
ヨウラン&シン:!?
カガリ&デュランダル:!?
ザフト警備兵A:警報?
ザフト警備兵B:どうした?
ザフト警備兵C:閉めろ!早く!
ザフト警備兵D:六番ハンガー?
デュランダル:なんだ!?
ザフト兵達:うわぁ!
カガリ:ぁ!
アスランカガリ
SP:議長!
カガリ:なに…うぅ…
ザフト兵:どうした?
ザフト技術スタッフ:カオス!ガイア!アビス!
スティング:まずハンガーを潰す。モビルスーツが出てくるぞ!
アウル:ステラ!お前は左。
ステラ:解った。
ザフト技術スタッフ達:うわぁ!
ザフト警備兵達:うわぁ!
ザフト兵A:発進急げ!
ザフト兵B:六番ハンガーの新型だ!何者かに強奪された!
ザフト兵C:モビルスーツを出せ!取り押さえるんだ!
デュランダル:なんだと!?
カガリ:新型?
カガリ&アスラン:ああ…
アスラン:あれは!
カガリガンダム
ルナマリア:ぅ…うっ!
レイ:うっ!
レイ&ルナマリア:ぅ…あ!
レイ:くっ!
デュランダル:姫をシェルターへ。エヴァンスは!?
カガリ:ぁぁ…
ザフト兵:こちらへ。
カガリ:ぁ…
アスランカガリ
デュランダル:なんとしても抑えるんだ!ミネルバにも応援を頼め!
タリア・グラディス:アーサー!彼を!
アスラン&カガリ:ハァハァハァ…
アスラン:ぐっ!
カガリ:うっ!
ザフト兵:うわぁ!
カガリ:ぁぁ…
アスラン:こっちだ!
アスラン&カガリ:ハァハァハァ…
アスラン:うっ!
カガリ:あっ!
アスラン&カガリ:ぁぁ…
アスラン:!
くっそー!
カガリ:なんで…なんでこんな…
アスラン&カガリ:うぅ…
カガリアスラン
アスラン:大丈夫だ…
アスラン:くっ…
来い!
カガリ:ぇ!ぁぁ…
メイリン・ホーク:インパルス、発進スタンバイ。パイロットはコアスプレンダーへ。モジュールはソードを選択。シルエットハンガー2号を解放します。シルエットフライヤー射出スタンバイ。プラットホームのセットを完了。中央カタパルトオンライン。気密シャッターを閉鎖します。発進区画、非常要員は待機して下さい。中央カタパルト発進位置にリフトオフします。コアスプレイダー全システムオンライン。発進シークエンスを開始します。ハッチ開放。射出システムのエンゲージを確認。カタパルト推力正常。進路クリアー。コアスプレイダー、発進、どうぞ!
カタパルトエンゲージ。シルエットフライヤー、射出、どうぞ!
続いてチェストフライヤー射出、どうぞ!
レッグフライヤー射出、どうぞ!
アスラン:乗るんだ!
カガリ:え?
アスラン:ぇぇぃ!
カガリ:うわ!
お前…
アスラン:こんなところで君を死なせるわけにいくか!
ステラ:ん?
カガリ:ぁ!
アスラン:くっ!
ステラ:なんなの?
アスラン:くぅっ!
ステラ:!…なに?
うぅ…
ステラ:こいつ!
カガリ:あ…!
アスラン:くっ!
ステラ:うぇぇい!
アスラン:ぇぇぃ!
スティング:ステラ!
カガリ:うわ…
アスラン:くっ!もう一機!
スティング:ぅ…ぇぇぃ!
ステラ:ぁ!
スティング:なにぃ!?
ステラ:ぁぁ…
カガリ&アスラン:ぁぁ…
シン:なんでこんなこと…また戦争がしたいのか!あんた達は!!
デュランダル(回想):いいえ姫。争いが無くならぬから力が必要なのです。

 


次回予告
平和。どうか安らかに穏やかに。
失われた魂に誓い、また自らも心から望んだ言葉。
偽りだったわけではない。だがそれは追えば逃げていく幻か。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「戦いを呼ぶもの」
新たな道から、翔べ、インパルス!

 

*1:?

機動戦士ガンダムSEED 第50話「終わらない明日へ」最終話

機動戦士ガンダムSEED 第50話「終わらない明日へ」最終話

機動戦士ガンダムSEED 第50話「終わらない明日へ」最終話

 

機動戦士ガンダムSEED 第50話「終わらない明日へ」

 

ラクス:ザフトは直ちにジェネシスを停止しなさい。
バルトフェルド:ぇぇぃ!取り舵20!
ラクス:核を撃たれ、その痛みと悲しみを知る私達は、それでも同じことをしようというのですか?討てば癒されるのですか?
クロト:うはっあは!あははは!
ラクス:同じように罪無き人々や子供を。これが正義と?互いに放つ砲火は何を生んでいくのか、まだ解らないのですか!?
マリュー:帰って…帰って…来るって言ったのに…
キラ:は!なんだ?
カガリ:キラ!
キラ:カガリを頼む!何かが!
アスラン:ぇ?…解った。
カガリ:キラ!
ラクス:まだ犠牲が欲しいのですか?

マードック:急げー!こっちが先だ!バカやろう!
サイ:125から144ブロックまで閉鎖!
ノイマン:推力50%に低下!
ミリアリア:センサーの33%にダメージ!
脱出艇乗員:近くに友軍艦は!?
フレイ:アークエンジェルに!
クルーゼ:アズラエルめ、案外と不甲斐ない。
ミリアリアモビルスーツ接近!
マリュー:ぇ!
サイ&ノイマン:くっ!
ディアッカ:うっ!
イザーク:友軍機?あんな機体…
ディアッカ:くっそー!こんな時に!
うっ?
キラ:ぇぇぃ!
クルーゼ:は!
ディアッカ:なにっ!うわぁ!
キラ:くっ!
マリュー&サイ&ミリアリア:あ!
イザークディアッカ
フレイ:キラ!
キラ:!
クルーゼ:また君か!
厄介な奴だよ!君は!
キラ:あなたは!
サイ:キラ!
マリュー:援護できる?
サイ:この状況では…
マリュー:…
クルーゼ:在ってはならない存在だというのに。
キラ:なにを!
ディアッカ:うっ…くっそー!
イザーク:う!
クロト:うーははははは!!
イザーク:くっ!
ディアッカイザーク
クルーゼ:知れば誰もが望むだろう、君のようになりたいと!
キラ:ぇぇぃ!
クルーゼ:君のようでありたいと!
キラ:そんなこと!
サイ&ミリアリア:ぁぁ…
クルーゼ:故に許されない、君という存在も!
キラ:うぅ…
クロト:うはは!僕は!僕はね!!
イザーク:ぇぃ!そいつをよこせ!
ディアッカイザーク
クロト:うわぁ!
イザーク:こんな奴にぃ!!
クロト:はぁ…
[クロト・ブエル死亡]
イザーク&ディアッカ:ハァハァ…
キラ:僕は…それでも僕は!力だけが僕の全てじゃない!!
クルーゼ:それが誰に解る?
何が解る!
キラ:くっ!
クルーゼ:解らぬさ!
誰にも!
キラ:ぅぅ…
ぁ!
フレイ:キラ!
キラ:ぁ!フレイ!
クルーゼ:ふっふ。
フレイ:キラ…
キラ:ぁ…
脱出艇一同:うわぁぁ!!
[フレイ・アルスター死亡]
キラ:フレーーーーーイ!!!!!
サイ&マリュー&ミリアリア:…
サイ:フレイ…
ディアッカ&イザーク:…
キラ:フレーーーーーイ!!!!!
キラ:ぁ…ぁ…
フレイ(幻影):キラ…
キラ:そんな…フレイこんな…
フレイ(幻影):ありがとう。ごめんね。
キラ:どうして…
フレイ(幻影):ずっと、謝りたかった。
キラ:…どうして君が…フレイ!
フレイ(幻影):苦しかった。怖くて、ずっと、知らなかったから。私、何も解ってなかったから。
キラ:フレイ!
フレイ(幻影):でも今、やっと自由だわ。とても素直に、あなたが見える。
キラ:僕は…
フレイ(幻影):だから、泣かないで。
キラ:畜生!僕は!
フレイ(幻影):あなたはもう泣かないで。
キラ:君に何も…
フレイ(幻影):護るから。本当の私の想いが。あなたを護るから。
キラ:ぅ…ぅ…くっ!
キラ種割れ
エターナルオペレータ:ジェネシス、射程距離に入ります!
バルトフェルド:フェイズシフトとて無限じゃないんだ!
キサカ:ローエングリン!てぇ!
くっ!
ラクス:あっ!
バルトフェルド:くっそー!厄介なもんを!
ヤキン・ドゥーエオペレータ:ジェネシス外装70、相転移変動率…
パトリック・ザラ:あんな小娘やナチュラル共の艦(ふね)、さっさと叩き落とさんか!
側近A:ラクス様…
パトリック・ザラ:急げ!照準入力開始、目標、北米大陸東岸地区!
側近A:議長!

アスラン:ヤキンに突入してコントロールを潰す!
バルトフェルド:ん?
ラクス:アスラン
アスラン:時間がない!行くぞ!
カガリ:うん!
ラクス:アスランカガリさん!
カガリ:大丈夫だ、任せろ。
キサカ:M1、キクチ機、*1機、カガリ様の援護を!
クルーゼ:チィ!
エターナルオペレータ:モビルスーツ接近!ブルー52、チャーリー!
ラクス:ぁ!
バルトフェルド:ん?
クルーゼ:君の歌は好きだったがね。
バルトフェルド:回避!取り舵!
ラクス:あれは…
クルーゼ:だが世界は歌のように優しくはない!
ラクス:ぅぅ…
バルトフェルド:ぅ…くっそー!
キラ:はぁぁぁっ!!
クルーゼ:!
キラ:あなたは!あなただけは!!
クルーゼ:いくら叫ぼうが今更!
キラ:ええい!!
ヤキン・ドゥーエオペレータ:ジェネシス照準、目標、地球大西洋連邦首都、ワシントン!
アスラン:止めろ!もう止めるんだ!こんな戦い!
本当に滅ぼしたいのか!?君達も!全てを!
ザフトパイロットA:奴等が先に撃ったのだ!
ザフトパイロットB:ボアズには弟も居た!
アスラン:くっそー…
クルーゼ:これが定めさ!知りながらも突き進んだ道だろう!
キラ:なにを!
クルーゼ:正義と信じ、解らぬと逃げ、知らず!聞かず!
キラ:く…
クルーゼ:その果ての終局だ!もはや止める術などない!
そして滅ぶ、人は!滅ぶべくしてな!
キラ:そんなこと!
ヤキン・ドゥーエオペレータ:第四分隊モビルスーツの発進…
ヤキン内のザフト兵:*2!おーいしっかりしろ!
ヤキン内のザフト兵達:うわぁ!
アスラン:くっ…
カガリ:くっ…
パトリック・ザラ:何をしている!急げ!これで全てが終わるのだぞ!
側近A:議長!この戦闘、既に我等の勝利です。撃てば、地球上の生物の半数が死滅します。もうこれ以上の犠牲は…
うっ!
マリュー:フリーダムは?
ミリアリア:解りません!エターナルもクサナギも!
サイ:キラ…
キラ:そんな、あなたの理屈!
クルーゼ:それが人だよ!キラ君!
キラ:違う!!
人は…人はそんなものじゃない!
クルーゼ:っは!何が違う!何故違う!
キラ:く…
側近B:議長…
クルーゼ:この憎しみの目と心と、引き金を引く指しか持たぬ者達の世界で!
キラ:…
クルーゼ:何を信じ、何故信じる!?
キラ:それしか知らないあなたが!
クルーゼ:知らぬさ!所詮人は己の知ることしか知らぬ!
フラガ(回想):君、コーディネーターなんだろ?
アスラン(回想):お前が何故地球軍にいる!?
キラ(回想):戦争なんて嫌だって、君だって言ってたじゃないか!
ガルシア(回想):君は裏切り者のコーディネーターだ…
フレイ(回想):あんた…自分もコーディネーターだからって…
サイ(回想):やっぱそれも遺伝子弄って…
キラ:ぅぅ…
クルーゼ:まだ苦しみたいか!いつか!やがていつかはと!
そんな甘い毒に踊らされ一体どれほどの時を戦い続けてきた!?
アスラン:えい!
ヤキン内の武装兵達:う、うわぁ!
パトリック・ザラ:はぁ…奴等が敵はまだそこにいるのに、何故それを討つなと言う?討たねばならんのだ!討たれる前に!敵は滅ぼさねばならん。何故それが解らん!!
側近B:あ!議長!射線上にはまだ我が軍の部隊が!
パトリック・ザラ:勝つために戦っているのだ!皆!覚悟はあろう!
側近A:ぅぅ…
側近B:議長!
側近A:この…
ヤキン・ドゥーエオペレータ達:ぁぁ…
アスラン&カガリ:あ!
アスラン:ぁぁ…
ヤキン・ドゥーエオペレータ達:[ザワザワ]
ヤキン・ドゥーエオペレータ:第36ゲート…
ヤキン・ドゥーエオペレータ達:あぁ…
ヤキン・ドゥーエオペレータ達:あぁ…
ヤキン・ドゥーエオペレータ:…31番通路爆破!敵の侵入を阻止せよ!
ヤキン・ドゥーエオペレータ:え!議長が!?
ヤキン・ドゥーエオペレータ:おい!何でだ!
ヤキン・ドゥーエオペレータ:…前線を支え切れません!
ヤキン・ドゥーエオペレータ達:[ガヤガヤ]
アスラン:…
パトリック・ザラ:撃て…ジェネシ…我等の…世界を奪っ…報い…
ぐふっ!
[パトリック・ザラ死亡]
アスラン:ああ!
カガリ:ぁぁ!
アスラン:父上!…く…ぅぅ…
ザフト兵A:撤退なのか?
ザフト兵B:隊長!
ザフト兵C:本部!命令は!
バルトフェルドアークエンジェル
マリュー:キラ君達は?
ラクス:ヤキン・ドゥーエは放棄されたのですか?ジェネシスは!?
アスラン&カガリ:?
ヤキン・ドゥーエCOMP:総員速やかに施設内より退去して下さい。
アスラン:ぁ!
カガリアスラン
アスラン:ヤキンの自爆シークエンスに、ジェネシスの発射が連動している?
カガリ:ええ!!
アスラン:くっそー!
ええい!こんなことをしても戻るものなど何もないのに。
プラント司令部:[ガヤガヤ]
プラント首脳:…どういうことだ…
プラント司令部:ああ…
クルーゼ:ふ…ふっふっふ、はっはっはっは…
キラ:ん?
クルーゼ:どのみち私の勝ちだ!
ヤキンが自爆すればジェネシスは発射される!
キラ:!!
カガリ:くっそー!
クルーゼ:もはや止める術はない!地は焼かれ、涙と悲鳴は新たなる争いの狼煙となる!
キラ:そんな…
カガリ:どうするつもりだ!
アスラン:…内部でジャスティスを核爆発させる…
カガリ:ええ!?
キラ:アスランカガリ!ぁ!
クルーゼ:人が数多持つ予言の日だ!
キラ:そんなこと!
クルーゼ:それだけの業!重ねてきたのは誰だ!!
カガリ:そんなことをしたらお前は…!
アスラン:それしか方法はない!お前は戻れ!
カガリアスラン
アスラン:駄目だ!
カガリアスラン
クルーゼ:君とてその一つだろうが!
キラ:それでも!
カガリ:アスラーン!!
アスラン:ん?
か…カガリ
カガリ:駄目だ!お前!
逃げるな!生きる方が戦いだ!
アスラン:!…
キラ:守りたい世界があるんだ!
クルーゼ:くっ!
キラ:でやぁぁ!!
あ゛あ゛ぁぁ!!
くっ……
[ラウ・ル・クルーゼ死亡]
マリュー&サイ&ミリアリア&ディアッカ:ぁぁ…
キサカ:カガリ
アイリーン・カナーバ:宙域のザフト全軍、ならびに地球軍に告げます。
現在プラントは地球軍、およびプラント理事国家との停戦協議に向け、準備を始めています。それに伴い、プラント臨時最高評議会は現宙域に於ける全ての戦闘行為の停止を地球軍に申し入れます。
カガリ:うぅ…うう…
アスラン:うぅ…うう…
トリィ:トリィ!
サイ:キラ…
マリュー:キラ君は!?
アスラン:ぁ!キラは!?
カガリ:キラは?
キラ:僕達は…どうして…こんなところへ…来てしまったんだろう…
カガリ:あは…
アスラン:…
キラ:…僕達の…世界は…

 

END

 

*1:?

*2:?

機動戦士ガンダムSEED 第49話「終末の光」

機動戦士ガンダムSEED 第49話「終末の光」

機動戦士ガンダムSEED 第49話「終末の光」

 

機動戦士ガンダムSEED 第49話「終末の光」

 

地球軍オペレータ:定刻です、全艦発進準備完了。
司令官:発進!
ミリアリア:地球軍艦隊、進撃を開始します。
バルトフェルド:核を持った別働隊がいるはずだ!そいつを探せ!
パトリック・ザラ:目標点入力。月面プトレマイオスクレーター、地球軍基地。
ミリアリア:オレンジ25、マーク12、アルファにドミニオンです!
ラクス:モビルスーツ、発進して下さい。
バルトフェルド:全艦、モビルスーツ発進!
フラガ:ムウ・ラ・フラガ、ストライク、出るぞ!
ディアッカディアッカ・エルスマン、バスター、発進する!
カガリストライクルージュ、いくぞ!うっ!
アスランアスラン・ザラジャスティス、出る!
キラ:キラ・ヤマト、フリーダム、行きます!
ヤキン・ドゥーエオペレータA:カウントダウン開始。射線上の全軍に退避勧告
クルーゼ:使ってみせるさ。あの男に出来て私に出来ないはずはない。
ヤキン・ドゥーエオペレータB:Nジャマー・キャンセラー起動、ニュークリアカートリッジに接続、全システム接続オールグリーン。

キラ:ぁ!
アスラン:ぁ!
ラクス:ぁ!
マリュー:ぁ!
カガリ:ぁ!
フラガ:ぁ!
ディアッカ:ぁ!
ナタル:あれは!
アズラエル:ぁ…
ナタル:まさか…推定される目標は!
ドミニオンオペレータ:照準は月!プトレマイオスクレーターと思われます!
ナタル:ぅ!
アズラエル:…
地球軍増援艦オペレータ:艦長!前方より巨大なエネルギー!
地球軍増援艦艦橋:うわぁ!
月基地オペレータ達:ぎゃぁ!!
月基地上級士官達:うわぁ!!
ナタル:ぁぁ…
アズラエル:ぁぁ…
マリュー:月基地が…
クルーゼ:っふ。
プラントオペレータ:ジェネシスは目標を撃破。
パトリック・ザラ:ミラーブロック換装急げ。
ヤキン・ドゥーエオペレータ:二号ユニットは廃棄軌道へ。三号スタンバイ。
[マユラ・ラバッツ死亡]
ドミニオンオペレータ:支援隊より入電…
ナタル&アズラエル:…!
ドミニオンオペレータ:先の攻撃により、我艦隊の半数を喪失。
ナタル&フレイ:!!
アズラエル:なに…!
ナタル:それをも狙っての照準か…
マリュー:月基地を失っては地球軍はもう退くしかないわ!ナタル
ラクス:これ以上あれを撃たせてはなりません!
バルトフェルド:矛先が地球に向いたら終わりだぞ!
アスラン:くっ!これではっ!
カガリ:ええい!
ディアッカ:待てよ!こっちだって今はジェネシスを!
あーもう!
サザーランド:アズラエル様。
アズラエル:核攻撃隊を出せ!
フレイ:ぇ!
アズラエル:目標はプラント軍だ!
ナタルアズラエル理事!
アズラエル:あの忌々しい砂時計!一基残らず叩き落とすんだ!
シャニ:はぁぁぁ!
オルガ:オラオラオラ!
クロト:そりゃぁ!滅殺!!
アズラエル:奴等を呼び戻して道を開かせろ!
サザーランド:了解しました。
ナタル:しかし!それでは地球に対する脅威の排除にはなりません!我々はあの兵器を…
アズラエル:あーもう…どうしてそういちいち五月蠅いんだ!あんたは!
ナタル:ぁ!
フレイ:ぁぁ…
ドゥーリットルオペレータ:ピースメーカー隊発進準備、各員は速やかに作業を終了せよ。繰り返す…
サイ:インディゴ43、マーク2チャーリーにローラシア級!
マリュー:回頭30、艦首上げ、ピッチ角15、ヘルダートてぇ!
ミリアリアドミニオン、他数隻転進します!
マリューナタル
キラ&アスラン&ディアッカ:え!
バルトフェルド:くっそー!プラントか!?
マリュー:追います!エターナルとクサナギはジェネシスを!
バルトフェルド:解った!
ナタル:そんな物を持ち出して、どうされるおつもりです。艦(ふね)を乗っとろうとでも言うんですか!
アズラエル:乗っ取るも何も!命令してるのは最初から僕だ!
ナタル:…
アズラエル:君達はそれに従うのが仕事だろ!なのに何でいちいちあんたは逆らうんだよ!
ナタル:…
ドミニオンオペレータ:ドゥーリットルより入電!
ナタル:!
ドミニオンオペレータ:ピースメーカー隊、発進準備完了とのことですが…
アズラエル:発進させろ!フォビドゥン、レイダー、カラミティは!
ドミニオンオペレータ:は…はい!
ナタル:くっ…
アズラエル:いくらあんなもの振り翳そうがプラントを落とせば戦いは終わる。大体コーディネーター全てが地球に対する脅威なんだぞ!僕等はそれを討ちに来てるんだ!
ナタル:しかし…!
アズラエル:自分の損失は最小限、そして敵には最大の損害。戦争ってのはそうやるもんだろう?
マリュー(回想):アラスカのことだけではないの。私達は地球軍そのものに対して疑念があるのよ。
ナタル(回想):軍には厳しく統制され、上官の命令を速やかに実行できる兵と、それに広い視野で情勢を見据え、的確な判断を下すことの出来る指揮官が必要です。でなければ隊や艦は勝つことも、生き残ることも出来ません。
マリュー(回想):あなたならきっといい艦長になるわね。
キラ:あの部隊は!
アスラン:やらせるか!
カガリ&ディアッカ:ん!
オルガ:またこいつらのおもりかよ。
プラントオペレータ:敵モビルアーマー部隊接近。距離450!
エザリア・ジュール:ぁぁ…
イザーク:来るぞ!散開!
プラントへ放たれる砲火、一つたりとも通すんじゃない!
ジュール隊員達:はっ!
ドミニオンオペレータ:ブルー117、マーク52アルファにアークエンジェル。接近してきます。
マリュー:アンチビーム爆雷発射!スレッジハマー装填!
ドミニオンオペレータ:アークエンジェル接近中!距離9000。
アズラエル:さあ!解ったらあんたもちゃんと自分の仕事しろよ。あの裏切り者の艦(ふね)を今度こそ沈めるんだ!
キラ:何故そんなことを!平然と出来る!
キラ種割れ
イザーク:あ!
アスラン種割れ
イザーク:ぇぇ!うっ!
クロト:これで!必殺!うっ!
イザーク:あ!
ディアッカ
アスラン:くっ…ん?
シャニ:おまえー今日こそは!
アスラン:くっ!
カガリ:ええい!
マリュー:ゴットフリート、バリアント照準、目標地球軍アガメムノン級!
アズラエル:ドゥーリットルを討たせるな!前へ出ろ!何をやってる!
ドミニオンオペレータ:艦長…
ナタル:くっ…
アズラエル:撃て!撃たなければ討たれるぞ!
ナタル:くっ…
推力最大、回頭20、アンチビーム爆雷発射!ゴットフリート照準!
マリュー&ナタル:てぇ!!
アークエンジェルブリッジ一同:うっ!
ナタル:うっぅ…
フレイ:ぅ…うっ!
ドミニオンクルー:うわぁ!
マリューナタル
ナタル:ぅ…(地球を攻撃させるわけにはいかない)
マリュー(回想):大丈夫よ、解ってるわ、ナタル
フラガ:来たか!?クルーゼ!
マリュー:てぇ!
ドミニオンクルー:うわぁ!
ナタル:(終わる…確かにそれで全て…)
アズラエル:へっへっへ…
ナタル:(プラントを討てば…)
マリュー(回想):いろいろあったけど、あなたにはほんと、感謝してる。
パトリック・ザラ:照準ミラーブロック換装まだか?
ヤキン・ドゥーエオペレータA:光軸偏差の修正値を転送。
ヤキン・ドゥーエオペレータB:三号ユニットは最終撃発座標へ。
クルーゼ:ふふふ、はっはっはっは!あーっはっはっはっは!

バルトフェルド*1*2ローエングリン、てぇ!
ジュリ:あぁぁ!!
[ジュリ・ウー・ニェン死亡]
アサギ:ジュリー!!
[アサギ・コードウェル死亡]
カガリ:くっそー!お前ら!!
カガリ種割れ
クロト:あ゛あ゛あ゛ぁ!!
キラ:アスラン
ドゥーリットルオペレータA:核魚雷、残弾数8。
ドゥーリットルオペレータB:ピースメーカー隊2、交信途絶。
サザーランド:あの2機を落とせ!砲火を集中させろ!
クロト:なんなんだよ!お前達は!
なに必死にやってんだ!
アスラン:お前達こそ何だ!一体何のために戦っている!
クロト:そんなこと俺は知らないね!やらなきゃやられる、そんだけだろうが!!
アスラン:なに…
クロト:やられないけどね。
アスラン:くっ!
シャニ:えぇーー!
カガリ:あっ!
シャニ:あ!
カガリ:え?
イザーク:…
でやぁぁ!!
シャニ:ふ。
カガリ&ディアッカ:ぁ!
シャニ:ぁ!
イザーク:イヤァァァーー!!
シャニ:うわぁぁ!!
[シャニ・アンドラス死亡]
カガリ&ディアッカ:ぁぁ…
オルガ:シャニ!!チィ!
マリュー:ヘルダートてぇ!
ナタルローエングリン2番てぇ!
フラガ:クルーゼ!
くっ!
クルーゼ:っは!
フラガ:これが望みか!貴様の!
クルーゼ:私のではない!
これが人の夢!人の望み!人の業!
フラガ:チィ!
クルーゼ:他者より強く、他者より先へ、他者より上へ!
フラガ:巫山戯るな!
クルーゼ:競い、妬む、憎んでその身を喰い合う!
オルガ:ぐわぁぁ!!
[オルガ・サブナック死亡]
サザーランド:ん?ぁ!
イザーク:くっ!
ドゥーリットルブリッジ一同:うわぁぁ!
[ウイリアム・サザーランド死亡]
アズラエル:あっぁぁ…
ナタル:…
フラガ:貴様の理屈だ!思い通りになど!
クルーゼ:既に遅いさ、ムウ。私は結果だよ。だから知る!!
マリュー:てぇ!
クルーゼ:自ら育てた闇に喰われて人は滅ぶとな!!
フラガ:!
うわぁぁ!
ラクス:私達人は…おそらくは…戦わなくとも良かったはずの存在。
なのに…戦ってしまった者達。何のために?守るために?何を?…自らを!未来を!
誰かを討たねば守れぬ未来、自分を、それは何?何故?
そして、討たれた者にはない未来。では…討った者達は…
キラ&カガリ&アスラン&ディアッカ&イザーク:ハァハァハァ…
アズラエル:ぁ…ぁ…
フレイ:ぁぁ…
ドミニオンブリッジ一同:ぁぁ…
キラ:マリューさん!
マリュー:必要な機体は補給を!ドミニオンは抑える!ジェネシスへ!!
アスラン&キラ&カガリ:…うん。
ラクス:その手に掴む、この果ての未来が、幸福?
フラガ:ぁぁ…
ラク種割れ
ラクス:本当に?
サイ:第8閉鎖バンク閉鎖!サブ回線オンライン!弾薬ノッシュ進行中。
ミリアリア:ストライク帰投します!被弾あり!
マリュー:えぇ!
フラガ:くっそー…クルーゼの新型…も、もう一度…
マリュー:報告はあとです!整備班!緊急着艦用ネットを!医療班待機!
フラガ:わりぃ…
アズラエル:今だ!撃て!
ナタル:!
アズラエル:早くあいつを沈めろ!ローエングリン照準!
ナタル:ぁ!
ドミニオンオペレータ:…
ナタル:くっ!
フレイ:駄目!もう止めて!アークエンジェル逃げて!
アズラエル:お前!
フレイ:あ!
アズラエル:こら!なにを!!
ナタル:あぁ!うっ!
アズラエル:!
ナタル:何をやっている!
アズラエル:貴様こそ何のつもりだ!
ナタル:うっ!
アズラエル:くっ!
ナタル:総員!退艦しろ!
アズラエル:バジルール!!
ドミニオンブリッジ一同:…
アズラエル:貴様等!
ナタル:くっ!
アズラエル:うわっ!
ナタル:急げ!アークエンジェルへ行け!
フレイ:ぇ…!
アズラエル:くっそー!お前ぇ!!
ナタル:指揮官だと!?命令する立場だというのなら…う…
アズラエル:ええい!
ナタル:うっ!
アズラエル:僕にこんなことをして!どうなるか解ってるんだろうな!!
ナタル:う!
あなたはここで死すべき人だ。私と共に!
アズラエル:なんだと…!
ナタル:うわっ!
サイ:ドミニオンより脱出艇!艦を放棄するようです!
マリュー:え?
アズラエル:巫山戯るんじゃないよ、ドアを開けろ!!
ナタル:…
アズラエル:く…
ナタル:うわぁぁ!!うぅぅ…
アズラエル:くっそー!こんなところで!!
ナタルアズラエル!何を!
アズラエル:僕は勝つんだ。
そうさ、いつだって…
ナタル:貴様ぁ!!
サイ:艦長!
マリュー:回避!
ノイマン:駄目です!間に合いません!
マリュー:あ…
フラガ:へっへっへ…やっぱ俺って…不可能を可能に…
[ムウ・ラ・フラガ死亡]
マリュー:ぁぁ…
ミリアリア:ぁぁ…
マリュー:ぅぅぅ……ムウぅぅ!!!
アズラエル:ぁ…
ナタル:…あなたの負けです。
アズラエル:お前ぇぇ!!!
ナタル:うわ!
アズラエル:く…ハァハァ…
サイ:ドミニオン尚も接近!
マリューローエングリン照準…
アズラエル:くっそー!!
ナタル:うわ!
撃てぇ!!マリュー・ラミアス!!!!
アズラエル:う゛わぁぁぁぁ!!!!!
[ムルタ・アズラエル死亡]
[ナタル・バジルール死亡]
マリュー:…
サイ:…
ミリアリア:…
トノムラ:…

 


次回予告
散ってゆく光、届かぬ指先、悪夢空に弾ける時、あとに残るものは。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「終わらない明日へ」
新たな世紀へ、翔べ!ガンダム

 

*1:?

*2:?

機動戦士ガンダムAGE 第10話「激戦の日」

機動戦士ガンダムAGE 第10話「激戦の日」

機動戦士ガンダムAGE 第10話「激戦の日」

 

機動戦士ガンダムAGE 第10話「激戦の日」

 

ドン・ボヤージ(NS):わかっているなお前ら
UEのヤツラを何としてもこの宙域で食い止める!
ザラム兵たち:イエス!ドンの言う通りです!
ラクト・エルファメリ(NS):エウバの名にかけて、コロニーに近づけさせるな!
全員気合を入れろ!
エウバ兵たち:はっ!
ミレース・アロイ:艦長、ザラム、エウバ、両軍とも戦闘隊形に就きました
グルーデック・エイノア:よし、ではこちらの部隊も所定の位置へ移動させろ
モビルスーツ発進急げ!全戦力を投入する!
ラーガン・ドレイス(NS):ラーガン・ドレイス、ジェノアス、発進します!
ううっ…!
ミレース・アロイ(艦内放送):続いて、Gエグゼス、発進カタパルトへ
ウルフ・エニアクル(NS):へいへい
ミレース・アロイ(通信):中尉
ウルフ・エニアクル(NS):お?何だ?
ミレース・アロイ(通信):あの…気をけてください
ウルフ・エニアクル(NS):おおっ
ウルフ・エニアクル(NS)(笑顔):了ぉ解っ
ウルフ・エニアクル(NS):ウルフ、Gエグゼス、出る!
ミレース・アロイ(通信):続いてガンダム、発進カタパルトへ!
フリット・アスノ(NS):はいっ!
フリット・アスノ(NS):行こう、ガンダム
フリット・アスノガンダム、行きます!
くっ
バルガス・ダイソン:間に合うじゃろうか……

ナレーション:スペースコロニーへの移民が始まって数百年がすぎた宇宙時代…
地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり、平和な時代が到来するかに思われた
しかし、その平和は、はかなくも崩れ去った…
突如出現した正体不明の敵によって、1つのコロニーが崩壊したのだ
これが、100年の長きにわたる新たなる戦いの幕開けとなる

ミレース・アロイ:索敵システムが敵を捕捉
敵前衛、モビルスーツ型約30
後方に大型艦艇
グルーデック・エイノア:以前、ウルフの報告にあった大型艦か
ミレース・アロイ:敵部隊、間もなく本艦主砲の有効射程内に入ります
グルーデック・エイノア:よし、対ビーム拡散弾、発射!
ミレース・アロイ:砲撃!来ます!
ミレース・アロイ:敵モビルスーツ型、接近!
グルーデック・エイノア:ザラム、エウバ、両軍迎撃開始!
ドン・ボヤージ(NS):やっと来たかぁ!
ラクト・エルファメリ(NS):さあ!異星人どもを蹴散らすぞ!
第一戦列、テーッ!
ドン・ボヤージ(NS):チッ!第一戦列、体系を維持しつつ後退!
第ニ戦列、支援のために前進しろ!
撃ちまくれーっ!
ウルフ・エニアクル(NS):お前らの相手は、ザラムとエウバだけじゃないぜ!
フリット・アスノ(NS):すごい!ザラムもエウバもあんなに息が合って
ウルフ・エニアクル(NS)(通信):戦いには慣れているのかもなぁ
ウルフ・エニアクル(NS):最初、俺たちが前に出るなんて言われたときには頭を抱えたが
意外や意外、適材適所
ウルフ・エニアクル(NS):ヤツラが隊形を組んで敵を引きつけ、俺たちが機動力を活かして撃破する
こんな戦術を駆使するグルーデック艦長は
ウルフ・エニアクル(NS)(通信):もしかするとスゲェ男なのかもしれねぇなぁ
フリット・アスノ(NS):はいっ
ラーガン・ドレイス(NS):よぉし、俺も負けてはいられない!
ウルフ・エニアクル(NS):俺たちも行くぞ!
フリット・アスノ(NS):はいっ!
エドワード・オタワ:俺たち押してる…?
ウォルト・ベット:ああ、もしかしたらこのまま勝てるかも
グルーデック・エイノア:油断するな
エドワード・オタワ:うっ
ウォルト・ベット:あっ
グルーデック・エイノア:敵はモビルスーツ型だけではない、後ろにはあの巨大艦もいる
エドワード、ウォルト:はいっ!
オネット・コーリー:艦長!
グルーデック・エイノア:何だ?
オネット・コーリー:地球連邦軍司令部、ビッグリングからの通信です
オペレーターたち:!
グルーデック・エイノア:内容は?
オネット・コーリー:増援要請は受領した。しかし、現在、地球連邦軍にはファーデーン方面に即時投入できる戦力はない
善戦を期待する
グルーデック・エイノア:……
オネット・コーリー:以上です
ミレース・アロイ:増援要請?一体誰がそんなものを?
アダムス・ティネル:わたしです
ミレース・アロイ:アダムス?!
アダムス・ティネル:軍人の本分は民間人を守ることです
コロニーに危機が迫っているとなれば、増援を要請するのは当然のこととわたしは考えます
ミレース・アロイ:それは、そうだけど…
でも…
アダムス・ティネル:家族の仇を討ちたいという艦長の気持ちは理解できます
ですが、今は軍人として最善の策をとるべきです
わたしも最善を尽くします
グルーデック・エイノア:……
オペレーターたち:……
グルーデック・エイノア:君たち、仕事に戻れ、戦闘中だ
オペレーターたち:!
はいっ!
フリット・アスノ(NS):いける!このまま少しずつでも数を減らしていけばUEに!
えっ?
あ……
何だ?何かが…来る!
フリット・アスノ(NS):何だ!?
ザラム兵:うっ、何なんだコイツは!?
エウバ兵:うっ!
な、なにしやがる!?
エウバ兵:うえっ!?
ザラム兵:何をしやがる!?
エウバ兵:そっちこそぉっ!
ザラム兵(通信):てめえが敵の前に出てくるからだろうがぁっ!
エウバ兵:なんだよてめえは、コラァ!(通信)
フリット・アスノ(NS):何が起こっているんだ?
イーノ・レジン:これってもしかして…
オネット・コーリー:同士討ち?
アダムス・ティネル:しょせんはならず者か
ミレース・アロイ:いえ、UEはわざとこちら側に同士討ちをさせようと動いているみたい
アダムス・ティネル:まさか…?!UEがそんなこと
ミレース・アロイ:でも、そうとしか考えられない
グルーデック・エイノア:……
ドン・ボヤージ(NS):何をしている!?お前ら!
ラクト・エルファメリ(NS):落ち着け!敵の動きに惑わされるな!
ザラム兵:よくもやりやがったな!
エウバ兵:そっちが先だろうが!
ザラム兵:クソッ
UEごとお前らを倒しちまえばっ!
ザラム兵:いいんだろっ!
フリット・アスノ(NS):!
エウバ兵:もお許せねぇ!
フリット・アスノ(NS):やめてください!
フリット・アスノ(NS):協力し合うって決めたじゃないですか!
!?
フリット・アスノ(NS):ぐぅぅぅっ!
くぅぅっ!
はっ!?
……
(何だ?今、デシルの顔が)
フリット・アスノ(NS):クッ、早い
フリット・アスノ(NS):こいつのスピードにはタイタスでは不利だ
このままの形態で戦う方がまだ…
フリット・アスノ(NS):ハッ!?
うわぁぁっ!
フリット・アスノ(NS):!
シールドが!
デシル(気配):……
フリット・アスノ(NS):!
(また…)
(まさか、あれに乗っているのは)
(デシル?!)
ゼダス:……
フリット・アスノ(NS):ぐあぁぁっ!
ザラム兵(通信):や、やめろおっ!
フリット・アスノ(NS):?
ザラム兵:俺にはもう武器がない!戦えないんだっ!
バクト:……
ザラム兵:ヒッ、ヒッ!やめろぉーっ!
フリット・アスノ(NS):……
ああ……
アダムス・ティネル:!
ミレース・アロイ:!
グルーデック・エイノア:!
ドン・ボヤージ(NS):てめぇぇっ!
ワシの部下に何しやがるぅぅっ!
ドン・ボヤージ(NS):ぬおっ!?
ドン・ボヤージ(NS):クッ

ドン・ボヤージ(NS):このヤロウッ…!
ドン・ボヤージ(NS)(閃光):ぬぐぅっ…!?
……
フリット・アスノ(NS):ボヤージさぁぁぁんっ!!
CM
ザラム兵:ち、ちくしょおっ
強すぎるんだよ、くそっ!
エウバ兵:ドン・ボヤージもやられちまった
このままじゃ俺たちも1人残らず…!
うぅぅ……うわぁあああっ!
ミレース・アロイ:ザラム、エウバ、両軍とも隊形が乱れ始めました!
このままでは敵に突破されますっ!
グルーデック・エイノア:ディーヴァのもビスルーツ部隊で食い止めろ
本艦主砲も弾幕射撃で両軍を支援!
態勢を立て直す!
フリット・アスノ(NS):待って!あきらめちゃだめだ!
まだ僕たちは負けていな…!
フリット・アスノ(NS):!
フリット・アスノ:クッ!
男の声(通信):うわぁっ!
男の声(通信):だめだ、俺たちゃUEに勝てないんだっ!
男の声(通信):まだ、死にたくない…まだ…!
ドン・ボヤージ(NS):う、うぅ……
男の声(通信):助けてくれぇぇぇっ!
ドン・ボヤージ(NS):なんてざまだ……
ドン・ボヤージ(NS)(流血):うっ、ワシも人のことは言えんがな……
フフ…うっ
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(笑い):フッ
(流血)
ドン・ボヤージ(NS)(流血):もはや飛ぶことぐらいしかできんか…
だが…!
ドン・ボヤージ(NS)(流血):よぉく聞けぇ!ザラムとエウバの者どもよ!
ラクト・エルファメリ(NS):?
フリット・アスノ(NS):!
その声は…!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):目の前にいるのは、コロニーを破壊し、人類全てを脅かす我々共通の敵だぁっ!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(集中線):これは喧嘩ではないっ!戦争なのだぁっ!!
フリット・アスノ(NS):ボヤージさん!?
ラクト・エルファメリ(NS)(通信):何をするつもりだ?!やめろボヤージ!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(笑い):へッ
ドン・ボヤージ(NS)(流血):?
ドン・ボヤージ(NS)(流血):クソッ
ザラム兵:ドン、行ってください!
ザラム兵:うわあぁぁっ!
ドン・ボヤージ(NS)(流血):……クッ…!

ドン・ボヤージ(NS)(流血):バカヤロウ!!お前ら何をしている!?
さっさと戻って1機でも多く敵を倒せぇっ!!
ボヤージの部下(ヒゲ面)(NS):ノーですドン。それは聞けません
ボヤージの部下(ふとっちょ)(NS):ドンがなさろうとしていることを手伝うのが俺たちの役目
それに、俺たちの機体も、もう満足に武器がありゃしません
ドン・ボヤージ(NS)(流血):ッ、本当に…バカヤロウどもがぁっ……!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(集中線):よぉし、行くぞお前らぁっ!
今こそ、男の花道を飾るときだぁっ!!
ラクト・エルファメリ(NS):ボヤージ!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):ラクトよ
ラクト・エルファメリ(NS):ボヤージ
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):派閥争いのない平和な時代など、ありえると思うか?
ラクト・エルファメリ(NS):今はそんな場合か!?
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):答えろ!
ラクト・エルファメリ(NS):!
…さあな
だが、きてほしいと考えるようになった
ボヤージの部下(ふとっちょ)(NS):ぐあぁぁっ!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):どうやらワシらはあの坊主に教えられてしまったようだな……
ラクト・エルファメリ(NS):……
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):ラクト、我が軍はお前に預けるぞ
あとを頼む
ラクト・エルファメリ(NS):ボヤージ!?
ボヤージの部下(ヒゲ面)(NS):うおぉぉっ!
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):坊主
フリット・アスノ(NS):ボヤージさん!うっ!
フリット・アスノ(NS):うわあああっ
クッ
!?
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(通信):……
フリット・アスノ(NS):……
フリット・アスノ(NS):……

フリット・アスノ(NS):ボヤージさんっ!!
ドン・ボヤージ(NS)(流血):よく見ておけ異星人どもぉっ!
これがザラムの……いや
ドン・ボヤージ(NS)(流血)(集中線):人間の意地だあぁぁっ!!
ドン・ボヤージ(NS)(流血):ぅぅぅあぁぁああっ!!
フリット・アスノ(NS):!!
ラクト・エルファメリ(NS):クッ!
ウルフ・エニアクル(NS):!?
グルーデック・エイノア:!
ミレース・アロイ:ボヤージ機、敵巨大艦と衝突…
敵巨大艦、無傷です!!
フリット・アスノ(NS):う、ううっ……!
フリット・アスノ(NS)(涙):……!
ドン・ボヤージ(NS)(回想):坊主、お前なら世界を変えられるかもしれんな
フリット・アスノ(NS):うぅぅぅあああぁぁぁっ!!
フリット・アスノ(NS)(集中線):うあぁっ!
フリット・アスノ(NS):ぅうっ
バルガス・ダイソン(通信):フリット
フリット・アスノ(NS):!!
バルガス・ダイソン(通信):やっと完成したぞ!
バルガス・ダイソン:ガンダムの新しいウエア、その名もスパローじゃ!!
フリット・アスノ(NS):出して!
バルガス・ダイソン(通信):何っ?!
フリット・アスノ(NS):いいから出して!!
時間がないんだ!新しいウエアは、このまま戦場で換装するっ!
バルガス・ダイソン:何ぃぃっ!?
ディケ・ガンヘイル:ええっ…!?
ミレース・アロイ:艦長!?
グルーデック・エイノア:フリットの言う通りにやらせろ
バルガス・ダイソン:どうなっても知らんぞ!
フリット・アスノ(NS):来た…!
ウルフ・エニアクル(NS):フリットが換装を終えるまでぇ、お前の相手は俺だぁっ!
ウルフ・エニアクル(NS):クソッ、ちょこまかと
フリット・アスノ(NS)(通信):ウルフさん!
ウルフ・エニアクル(NS):!
フリット・アスノ:ここは僕が!
ウルフさんはザラムとエウバの方を!
ウルフ・エニアクル(NS):わかった!
気をつけろよ!
エミリー・アモンド:おじいちゃん、あのスパローって?
バルガス・ダイソン:うむ
タイタスがパワー重視のタイプなら、スパローはスピード重視のタイプなんじゃ
バルガス・ダイソン:装備しているシグルブレイドの切れ味は抜群!
どんなモビルスーツも一刀両断じゃ!
フリット・アスノ:ッ、ハァッ、ハァッ!
ラクト・エルファメリ(NS):ひるむなぁ!
ボヤージの死と誇りを汚してはならん!
撃て撃てぇっ!
ザラム・エウバ兵たち:おおおっ!
ミレース・アロイ:EUの巨大艦、後方に移動しています
モビルスーツ型もこれに追随…!
ウォルト、エドワード:おお…
ミレース・アロイ:戦闘宙域から撤退しているもよう!
エドワード・オタワ:勝った…俺たち勝ったんだ!
ウォルト・ベット:ああ!
エドワード・オタワ:やったぞぉっ!ハハハッ!
アダムス・ティネル(安堵):……
イーノ・レジン:ハハ
オネット・コーリー:フッ
ウォルト・ベット:ハハハッ!
エドワード・オタワ:アハハハ!
グルーデック・エイノア:……
ラクト・エルファメリ(通信):我々、ザラム・エウバ連合は、正式に、君たちが行おうとしているアンバット攻略作戦に参加することを表明しよう
グルーデック・エイノア:そうか…!
ラクト・エルファメリ(通信):ボヤージの葬儀を済ませたあと、ほかのコロニーに駐留している艦艇を率いて合流地点であるコロニー・ミンスリーへと向かう
では、後日の再会を期して
グルーデック・エイノア:……聞いた通りだ
無謀だと思う者もいるだろう
共に行くかどうか、自分の意志で決めてほしい
ミレース・アロイ:……
ウルフ・エニアクル:……
ラーガン・ドレイス:……
ウォルト・ベット:……
オネット・コーリー:……
グルーデック・エイノア:アダムス、君はどうする?
アダムス・ティネル:……
UEの戦い方を見ました
UEを叩くことが、人間の尊厳を守ることになるのなら、わたしも行きます
いや、行かせてください…!
ミレース・アロイ:各部署、全クルー、同じ気持ちです
グルーデック・エイノア:…そうか
では全員、このアンバット攻略作戦に付き合ってもらうぞ
フリット・アスノ:はい
ここで戦わなければ、ノーラのようにコロニーは破壊されていく
このファーデーンだって危なかったんだ
だから戦う…!UEを倒すんだ!
エミリー・アモンド:わたしも、何ができるかわからないけど、一緒に戦います!
ディケ・ガンヘイル:俺も…!
グルーデック・エイノア:わかった
では2時間後に、ミンスリーに向けて出港する!
各部署、準備を急げ!
ブリッジクルー:はい!
フリット・アスノ:グルーデックさん
グルーデック・エイノア:何だ?
グルーデック・エイノア:なるほど、ファーデーンで会った子どもの顔が…
フリット・アスノ:はい
戦っているとき、デシルの顔が見えました
おそらく、あの黒いモビルスーツパイロットはデシル…そう感じるんです
グルーデック・エイノア:だとすると、異星人はすくなくとも我々と同じ人の姿をしている…ということだな
フリット・アスノ:!
UEは…人間…?!
グルーデック・エイノア:ヤツラはどんな姿をしていたとしても、人間ではない…!
フリット・アスノ:そうです…人間だったら、あんなにむごいことができるはずがない
フリット・アスノ:それに、ボヤージさんだって…
グルーデック・エイノア:……

 


美しきコロニーへの入港
そこに待つ運命の再会が、再び少年の心を揺らす
次回、機動戦士ガンダムAGEミンスリーの再会』
三つの運命が、歴史になる

 

 

 

 

【フィギュア検索ならここから】

 

 

ガンプラ検索ならここから】