アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

SDガンダムフォース 第52話 帰り道(最終話)

SDガンダムフォース 第52話 帰り道(最終話)

SDガンダムフォース 第52話 帰り道(最終話)

 

SDガンダムフォース 第52話 帰り道(最終話)


シュウト:「帰り道」


シュウト:うわあ!
チョビレロ:パパレロ~!
シュウト:アアッ!
キャプテンガンダム:ウッ!
ザクレロゲート:レロー!
ベルウッド:ザクレロゲートが……消えちまったー!
キャプテン:ザクレロゲートの……本体だと?
チョビレロ:パパレロ~!
キャプテン:オッ!
シュウト:ンッ!
チョビレロ:ガンバルレロ~!
ザクレロゲート:レロ!……よし!レロー!
シュウト:エエッ!
シュウト:ウワッ!
爆心丸:オオーッ
ジェネラルジオング:(咆吼)
シュウト:ダークアクシズの要塞が!
デストロイヤードム:おいてかないでー!
グラップラーグフ:ジェネラル様ー!
ザッパーザク:逃ぃがすかぁ!三位一体必殺技!
ザッパー・グフ・ドム:ダークストリームファイナル!
ヘルカタストロフー!
ゼロ:デエイッ!
キャプテン:フッ!
爆心丸:おりゃあ!
ザッパー・グフ・ドム:くらえーッ!
シュウト:やったあー!ン?
ザコソルジャーたち:ヒィー!ザコザコザコザコ……
グフ:しまったあ!ついいつもの調子で!
ドム:ううう撃っちゃったドム!
ザッパー:いいんだよお!
俺たちみたいな下のモンの面倒をキチンと見ねー奴ぁ、偉くもなんともねーんだぁ!
グフ・ドム:オオー!
ザコソルジャーたち:感動ザコ!
ドム:え?
ザコたち:あれぇ?S.D.G.マークがないザコ
ザッパー:ヘーン、ハハー!こーんなもん!
清掃隊員なんて嘘っぱちー!
だまされたふりして、俺たちを捨て駒にしやがったジェネラルたちに、復讐するチャンスを狙っていたんだよ!
ザコたち:ザコー!
キャプテン:そうだったのか
爆心丸:やれやれ……
シュウト:ああ……
ザッパー:さあー今からまたガンガン悪いコトするぞ!
あらあ?
金鶴:悪いことだと?
ザッパー:エエーッ!?やだなー、空耳ですよ
アおっそうじおそうじランララン♪……
グフ:ったく……
元気丸:あっ、ムム……見ろよ!
虚武羅丸:オオ!
シュウト:うわあー!
けい子:ああ……!アッハハ!ウッフフ!
セーラ:ウワー!アハ!
ナナ:ダァー!アアー!アアー!
完全善大将軍:一同!天晴れ!
ライミ:「ダークアクシズ要塞の反応、完全に消失しました」
野武士たち:ワー!やったー!ワー!
元気丸:キャハハハハ!やったあ!やったあ!
野武士たち:ワー!やったー!……
武里天丸・ガンパンツァー:ウム!
マーガレット市長:「ご苦労様!ネオトピアも救われました!」
ハロ長官:はい!
ジュリ:ハイ!
シュウト:ガンダムフォース!サイコー!
キャプテン・ゼロ・爆心丸・リリ姫:サイコー!
シュウト:みんな!サイコー!
キャプテン・ゼロ・爆心丸・リリ姫:サイコー!
武里天丸:ウウン!
ガンパンツァー:オウ!
フェザードラゴン:(咆吼)
ゼロ:そうか、お前も帰るのだな
澄み渡る風の世界へ
フェザードラゴン:(咆吼)
ゼロ:ありがとう!フェン!
リリ姫:ありがとう!
爆心丸:ハガーッ!熱ぃッ!アチィッ!あっちいの!
爆熱丸:ダァッ!はら、アアッ!気が抜けたら、あっという間に抜けてしまった!
元気丸:ああ……
虚武羅丸:ウム……さすがは爆心の鎧
元気丸:正直な鎧だな!
爆熱丸:ぬおおお、俺の元のヨロイ!
ヨロイはどこだー!ヨロイー!
どこだよう……炎天ー!
チョビレロ:何度も助けてくれてありがとうレロ~!
シュウト:チョビレロー?
ザクレロゲート:これでやっと、解放されるレロー!
シュウト:ああっ!
チョビレロ:さよならレロー!
通信:ベルウッド:「ザクレロゲートが消えただとー!」
ハロ長官:んんー、まずい!
シュウト:どういうこと?
ハロ長官:ああ……次元転送装置は未だ不完全で、ザクレロゲートがないと、我々はネオトピアへ帰ることができないんだ!
シュウト:ええー!……あ!
キャプテン・シュウト:そうだ!
野武士たち:ソーレ!ソーレ!ソーレ!ソーレ!……
野武士たち:ソーレ!ソーレ!ソーレ!
ガンイーグル:ンン!ンンンッ!
野武士たち:ソーレ!ソーレ!ソーレ!ソーレ!
ガンパンツァー:ほれどうした!根性見せてみろー!
爆熱丸:ど根性ー!
シュウト:リリ姫ー!ハァッ、ハァッ……
シュウト:「ぼくたちは、リリ姫に聞いてみた
魔法でゼロをネオトピアへ送ったように、ぼくたちも送れるかどうか
リリ姫は、それは可能だと言ってくれた
もちろん、ラクロアの石化を……大勢の人たちの石化を、完全に解いてからだけどね
武里天丸は天宮(アーク)のことは任せろって言うし、ぼくたちS.D.G.のメンバーと、リリ姫とゼロは、早くもラクロアへ向かうことになった
そうそう、騎馬王丸も一緒だよ!力だけがすべてではない国の姿を学んでみないかって、リリ姫が誘ったんだ
じゃあ、元気丸は?って言うと……元気モリモリ軍団を率いて、天宮をまわることになった!
天宮各地の混乱を防ぐための使者として、騎馬王丸の息子でありながら、武里天丸の印(しるし)を掲げた元気丸はピッタリなんだ!
それを補佐するのは、騎馬王衆と虚武羅丸!
ザッパーザクたちも行くからちょっと心配だけど、爆熱丸もついているから大丈夫!
きっと天宮を統一してくれるはずだ!……そしていよいよ、出発の時がきた」
野武士たち:(歓声)
ゼロ:さらばー!天宮よ!
ハロ長官:さよーならー!
シュウト:みんなー!がんばってねー!
元気丸:ぷにぷにシュウトー!また会おうなー!
シュウト:元気丸ー!また来るからねー!
元気丸:絶対だぞー!
ザッパー:クッソー!騎馬王衆さえいなきゃ大暴れしてやるのによー!
虚武羅丸:なんだと?
ザッパー:イヤ何でも……
ザッパー・グフ・ドム:ヒィー!
元気丸:元気モリモリ軍団!発進!
元気丸:騎馬王丸!いつか、母上の墓参りに行くぞ!
騎馬王丸:いつかな!
元気丸:忘れるな!
シュウト:爆熱丸、どうしたのかな?
ゼロ:まったく……世話の焼ける!
シュウト:ああ……
ゼロ:この、バカ武者がぁ!
爆熱丸:くっ、バ……何だと!……おおっ!!
ゼロ:別れの時くらい、礼儀をわきまえろ
爆悦丸:は……ゼ、ゼロ……
ゼロ:お前のような者にも、一応感謝してやっているのだ、光栄に思え!
爆熱丸:お前は……お前という奴は……ウッ……やっぱり美しくないゾ!?
ゼロ:なにィ!?この私が美しくないだと?……オオッ!
爆熱丸:その教育ハリセン、お前にやる!
騎馬王丸が問題を起こしたら、そいつ張り飛ばせ!……お前になら、それを頼める!
ゼロ:……承知した!ありがたく使わせてもらうぞ!
爆熱丸:でもいつか返せよ!?
ゼロ:やっぱり返すのか!?
炎天號:火ヒーン!
爆熱丸:シュウトー!キャプテーン!ゼロー!一緒に戦ったこと、一生忘れんぞー!!
ザコソルジャーたち:さよならザコー!
元気丸:じゃあなー!元気でなー!
ゼロ:さらばだ!大泣き武者!
シュウト:みんなー!元気でねー!
ハロ長官:さよーならー!
全員:さよーならー!
武里天丸:ウム!ガンダムフォース!サイコ~!!

 

シュウト:ワー……
リリ姫:ウフフッ……
ガンチョッパーズ:ワアー!
シュウト:うわー!
リリ姫:アハッ……
ゼロ:姫!精霊の樹が元の姿に!
リリ姫:ええ……
リリ姫:七曜万象に宿りしマナよ、精霊の泉の封印を解き……ッ……聖なる命の水をここに!
リリ姫:あ……
シュウト:水だ……ウワアー……
リリ姫:聖なる泉の復活です
シュウト:あれ?精霊の、卵?
ゼロ:あれは、マナクリスタル……
ラクロア各地へ流れ着き、それぞれが、魂を得て生まれる……
ある者は、騎士(ナイト)ガンダムとして……
またある者は、精霊として……
ラクロア市民たち:オオッ、アア……
ラクロア市民たち:ア、アア……
ラクロア市民たち:オオ……
ラクロア女性:まあ……
ラクロア男性:やったあ!
ラクロア女性:アアッ!
ラクロア市民たち:(歓声)
人間の騎士たち:オオッ……
ラクロア王:これは……
リリ姫:「お父様!」
ラクロア王:ムムッ……
リリ姫:お父様ー!
ラクロア王:リリ!
リリ姫:ッ……
人間の騎士たち:姫さま!
リリ姫:……お父様……
ラクロア王:よくやった、リリ!
リリ姫:あ……ウッ、ウッ……ワァーアァーッ……ワァーアァーアァー!
ゼロ:……
人間の騎士1:ゼロ!
キャプテン・シュウト:ア……
人間の騎士1:ゼロではないか!
ゼロ:……天駆ける翼の騎士ゼロ、使命を果たし、ただ今戻りました……!
ラクロア市民たち:歓声
シュウト:……
リリ姫:……
シュウト:ン……
リリ姫:あ……
シュウト:ア……あれ?いつ来たの?
リリ姫:ウフッ!フフフ……
シュウト:眠ってたよ……ごめん!
リリ姫:私(わたくし)も今来たところです疲れたでしょう?大変でしたからね
シュウト:リリ姫の大変さにくらべたら全然だよ!
リリ姫:さ、そのプリンセスローズを……
シュウト:……ウン!
シュウト:ウワア……
リリ姫:これでもう大丈夫です
シュウト:よかったね、ここなら安心だよ……ありがとう!リリ姫
リリ姫:あ……ン…………わかりました!
シュウト:え?なにが?
リリ姫:シュウト、あなたはこのラクロアで、……ン……私と……一緒に……
シュウト:……あ!
リリ姫:あ!
シュウト:出発の時間だ!行かなきゃ!
リリ姫:あ……!
シュウト:魔法よろしく!元気でね!
リリ姫:あの……!
リリ姫:あ……あ……シュウト……フフッ……
リリ姫:お元気で……
シュウト:ゼロー!リリ姫ー!またいつかねー!
ゼロ:また会おう!この恩は忘れない!
リリ姫:皆さんの前に、輝きの道があることを祈っています
シュウト:帰ってきたね
キャプテン:ああ、帰ってきた
シュウト:いろいろあったなあ!キャプテンもソウルドライブを自分で発動できるようになったしね
キャプテン:シュウトや仲間がいるからこそ、自分でも発動できる
シュウト:そうか……なんだかわかるよ、離れていてもゼロや爆熱丸、元気丸やリリ姫が、今何をしているか……
キャプテン:私にもわかる、それが、仲間というものだな……君のおかげで、ここまで来られた
ありがとう
シュウト:なんだよ、水くさいよ!
キャプテン:シュウトは、少し背が伸びたな
シュウト:え?あ……ああー?そう?
キャプテン:初めて会ったときから、3.15cm伸びた
シュウト:キャプテンだって、少し背が伸びたよ
キャプテン:……そうか?
シュウト:そうだよ!……また、会えるよね
キャプテン:もちろんだ、私はずっと、シュウトと一緒だ
シュウト:うん
キャプテン:どこまでも一緒だ
シュウト:うん!
シュウト:じゃ、キャプテン……また、明日
キャプテン:ああ、また、明日
シュウト:……
キャプテン:……
シュウト:ハッ、ハッ、ハッ……ああ!
ハッ、ハッハッ……
シュウト:ハッ、ハッ、ハッ……ただいまー!
けい子:「まあ!シュウト!」
ナナ:「ダァ!キャッキャ……」
マーク:「おかえり!」
シュウト:「ママ、ナナ、パパ!ただいまー!!アッハハハハ!」
けい子:「ウフフフフ!」
マーク:「ハッハッハッハハ!」
セーラ:おかえりなさい、シュウトくん!
セーラ:はい、どうぞ!
シュウト:うわあー!ついにセーラちゃんのケーキが!……あ、えー?
セーラ:あ?
キャプテン:緊急事態だ!シュウト
シュウト:キャプ……テン?
シュウト:ちょ、ちょっと待ってよ!セーラちゃんのケーキ……ああッ!!
リリ姫:来ちゃいました
ゼロ:これだから姫は……
爆熱丸:元気丸は、ちゃんとやっているからな!
ハロ長官:シュウト君、我々はこのたび、『次元パトロール』という立場になった
シュウト:みんなどうして……次元パトロールって?
アアッ!あれは……
完全善大将軍:困っている次元世界がある、すぐにでも行ってくれぬか!
シュウト:大将軍ー!?
ハロ長官:ママさんには私から説明しておく
どうかな、シュウト君!
キャプテン:シュウト!
キャプテン・シュウト:……ウン!
シュウト:行くに決まってるよ!
完全善大将軍:それでは頼んだぞ!若武者たちよ!
シュウト:よーし!ガンダムフォース、出動だー!
キャプテン・ゼロ・爆熱丸・リリ姫:オー!

シュウト:みんなー!最後まで見てくれて!
キャプテン・ゼロ・爆熱丸・シュウト:ありがとうございました!!
グフ:オレたちは!
ドム:永遠にー!
ザッパー:不滅なんだよォ!
元気丸:ヤッホー!
嵐の騎士トールギス:ハッハッハ!

闇の騎士デスサイズ:ハッ!
嵐の騎士トールギスグリフォントールギス):また会おう!トオッ!
マドナッグまたはプロフェッサーガーベラ:フン!ハッ!

完全善大将軍:さらばだー!
ハロ長官:私は実はー!
キャプテン・ゼロ・爆心丸・シュウト・リリ姫:ガンダムフォース、サイコーッ!!
ザクレロゲート:レーロー!
チョビレロ:レ~ロ~!
ザコソルジャーたち:さよならザコー!
エルメチューたち:エルメチュエルメチュー!


END

 

SDガンダムフォース 第51話 大決戦!ジェネラルvsみんな

SDガンダムフォース 第51話 大決戦!ジェネラルvsみんな

SDガンダムフォース 第51話 大決戦!ジェネラルvsみんな

 

SDガンダムフォース 第51話 大決戦!ジェネラルvsみんな

 

シュウト:「大決戦!ジェネラルvsみんな」


シュウト:あ…ウソだ…ウソだ…ウッ!ウソだウソだウソだ!…こんなの信じないぞ!キャプテン!ぼくの作業小屋に行けば、何か役に立つ物があるはずなんだ!…待ってて…僕が直してあげる…ッ!すぐ戻るからね!
シュウト:ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ…ハッ、ハッ、ハッ、ハッ…
シュウト:アアーッ!!…ウッ…あ…ああっ!!
シュウト:ああっ!!
シュウト:アアッ…ア…キャプテン…キャプテーンッ!?
シュウト:ウウ…ウ、ウウ…ハァッ…ッ…
シュウト:ああっ!…ウウッ…これは、幻だ…ぼくは、大丈夫!ずっとみんなと一緒にがんばってきたんだ…負けるもんか…こんなことに負けるもんかァー!!
シュウト:ウワアアアアアアアアアー!!
ジェネラルジオング:咆吼
シュウト:「ウワアアアアアアアアアー!!ウワアアアアアアアア!!ウワアアアアアアア!!」
キャプテンガンダム:シュウト!…ウウッ!
キャプテン:オプションZのパワーが上がらない!
キャプテン:グッ!…ウオオオ!!
シュウト!今助けるぞ!
ノブッシたち:ウワアー!!
元気丸:オイこら!逃げんな!
虚武羅丸:ムッ!
元気丸:わ!
虚武羅丸:フッ!ン…
元気丸:クソー、キャプテンの奴!何やってんだ!お…!
ジェネラルジオング:咆吼
映像:シュウト:「ウワアアアアアアー…」
キャプテン:ウッ!フッ!フッ!アアッ!エイッ!…エエイッ!…ドワアアアアーッ!!
キャプテン:グワッ!!アアッ!
グゥッ…クゥッ…!
映像:シュウト:「ウワアアアアアアア!」
ジェネラルジオング:咆吼
映像:シュウト:「ウワアアアアアアア!」
翼の騎士ゼロ:なんて事だ!
爆心丸:クッソオ!これでは近づけん!
リリジマーナ姫:マナよ!…ハァッ!!
リリ姫:ジェネラル!!
ジェネラルジオング:咆吼
映像:シュウト:「ウワアアアアアアア!」
リリ姫:ああ…ウッ!私(わたくし)にできることは、もうないの…ウッ…
ガンパンツァー:あきらめるな、来るぞ!
リリ姫:ウッ!
リリ姫:あ…
ガンイーグル:フン!
リリ姫:あ…
ガンイーグル:お待たせしました!…キャプテン!
キャプテン:ガンイーグル…!
爆心丸:あれは!
ゼロ:ガンダイバーズ!
ガンチョッパー01:カオリン主任に、飛行ユニットを取り付けてもらってきました
ガンチョッパーズ:ガンチョッパーズとお呼び下さい!
爆心丸:おおー!
ハロ長官:「遅れてすまん!」
爆心丸・ゼロ:ウッ!?
ハロ長官:みんな、勝負はこれからだ!
キャプテン:ハロ長官!
ガンチョッパーズ:待てー!
ガンパンツァー:ワシのことも、忘れるなー!
ゼロ:…私に…剣さえあれば…
爆心丸:ゼロ!
ゼロ:ウッ!
爆心丸:これを使え!
ゼロ:…これは!お前の大事な!
爆心丸:構わん!…お前になら
ゼロ:あ…恩に着る!
ゼロ:ムゥ!ダアッ!
爆心丸:デエエエヤッ!!
爆心丸:俺の五聖剣、いい刀だろう?
ゼロ:フッ…まあまあだな!行こう!
爆心丸:おお!
キャプテン:よし!
ジュリ:大丈夫ですか?リリジマーナ姫!
リリ姫:私よりも、早くシュウトを!!それに、あの光を止めないと!
ジュリ:アアッ
リリ姫:アアッ!
ハロ長官:フッ!…私がやる
持っていてくれるか!
ジュリ:…長官!
ハロ長官:フッ…チョオオーッ!トオッ!!
ハロ長官:フッ!…ゥウエエーイッ!!テヤアッ!!
ハロ長官:ットオッ!フッ…タアッ!
ハロ長官:タァッ!ヘアッ!…オオッ!!
許さんぞ!ダークアクシズ!!
ヅオッ!…ムーン!許さあーん!!
セヤッ!!
リリ姫:ア…
ジュリ:ハロ長官が…怒っている…
シュウト:キャプテン…ゼロ…ッ、爆熱丸…!
リリ姫!…ッ、みんな…ウッ…
黒いソウルドライブ:「そんなものはいない」
シュウト:ウウ…
シュウト:お前は…誰だ
黒いシュウト:フフ…
シュウト:誰だ!!
黒いシュウト:ウッフフフ…
シュウト:…お前だな、お前なんだな!お前があんなウソの未来を!
黒いシュウト:ウソ?ウソなどない
シュウト:ッ!正しい未来に戻せよ!
黒いシュウト:未来はない
シュウト:ウウッ…ぼくを元に戻せよ!!
黒いシュウト:ぼくは、いない…フフッ…!
シュウト:アアッ…
ジェネラルジオング:(咆吼)
黒いシュウト:フフッ!フフフ…
シュウト:あ、あ…ううう…
黒いシュウト:消えろ…お前は消えて僕は残る
アッハハハ、ハハハハハ…!
シュウト:アアアアアアアーッ!!
ジェネラルジオング:(咆吼)
ゼロ:エエイッ!…シュウト!頑張れ!
爆心丸:ウウッ!エイッ!…頑張れ!必ず助ける!
炎天號:ブ火ヒーン!
ガンパンツァー:頑張れー!
ガンイーグル:負けるなよ!
ガンチョッパーズ:頑張ってシュウト君!
元気丸:頑張れ!ぷにぷに!
虚武羅丸:…
武里天丸軍野武士:オー!
武里天丸:突撃ー!
騎馬王丸:我らもいくぞ!
騎馬王衆・野武士:ハッ!
ジュリ:シュウト君!
リリ姫:シュウト!
チョビレロ:がんばるレロ!
ハロ長官:ハァッ!頑張るんだ、シュウト!
ベルウッド:…
アリシア:ああっ…
カオリン主任:オアターッ!シュウトー!頑張るネ!
マーガレット市長:…
ナナ:ダア!ダア!
セーラ:シュウトくん…
けい子:…シュウト…
キャプテン:シュウト、君は一人じゃない
頑張れ!頑張れ!!

 

キャプテン:ウオーッ!
キャプテン:ウッ、フッ!ウウッ…ウ!
爆心丸:おおぅ!ライミさん!
炎天號:火ヒーン!
ライミ:「ご心配をおかけしました」
ライミ:「ガンダムサイ修理完了!
作戦に復帰します!」
エルメチュたち:エルメルメルメルエルメチュー!
シュウト:「うわあああああああ!」
ジェネラルジオング:(咆吼)
キャプテン:ウッ…ウッ…
ウッ!ウッ!ダァッ!ガッガッ…ガッ…
ダァーッ…!…グッ…
キャプテン:ウッ…ウウッ…
シュウト:「うわあああああああ!」
キャプテン:クッ…
キャプテン:シュウト…
元気丸:「こらデクノボー!なにやってんだよ!」
虚武羅丸:フッ!
元気丸:エイッ…何やってんだオマエ!
本気出してねーだろ!
キャプテン:本気…どういう事だ
元気丸:ったく、自分でわかってねーのか!?
虚武羅丸:ジェネラルを破壊したら、シュウトも無事ではすまない…
それがお前の迷いになっているのだ
キャプテン:可能性は、50.25%だ
元気丸:自分のやってること信じろよ!
キャプテン:ッ…自分を、信じる…
元気丸:今までシュウトといっしょに頑張ってきたんだろ?お前のその胸の中にあるのはなんだよ!
前にオイラに言ったじゃねーか、進むべき道は、ソウルドライブが導いてくれるんだって!
キャプテン:ッ!
元気丸:思い出したか、このトーヘンボク!
キャプテン:私は忘れてはいない、だが、シュウトがいないとソウルドライブが…
元気丸:やってみたのかよ!?やってみろよ!!
シュウト:「うわあああああああ!」
キャプテン:やってみよう!
キャプテン:信じてみる…自分の力を
シュウト、これまで君は、ずっと私達を信じて、いつも、いつもいつも応援してくれた
シュウト、君は私達が必ず守る!
ジェネラルを倒し、未来を守る、全ての世界を守る!
それが私達のゆく道だ!
シュウト:ハッ!キャプテン…
キャプテン:シュウト!頑張れ!一緒にいくぞ!
キャプテン:輝け…輝いてくれ…
元気丸:自分を信じろ!キャプテン!
ゼロ:キャプテン!
爆心丸:キャプテン!
キャプテン:輝け…輝け!
キャプテン:輝け!ソウルドライブ!
ゼロ・爆心丸:おお…
元気丸:ほら見ろ!できたじゃねーか!
ジュリ:ソウルドライブのパワー、急上昇!
計測範囲を超えていきます!
キャプテン:ウン!
元気丸:フッ…フッ…がんばれー!キャプテーン!
ガンパンツァー:おお!キャプテン!
ジュリ:頑張って!キャプテン!
リリ姫:ンッ…
ガンパチョッパーズ:がんばれキャプテン!
ガンイーグル:…
野武士たち:オー!
武里天丸:ガンバレ!ガンバレ!
騎馬王丸:…頑張れ!
虚武羅丸:頑張れ!
ハロ長官:頑張れ!
ザッパー・グフ:ガンバレよー!
ドム:頑張れドム!
ザコたち:ガンバレザコー!
ザコブッシたち:頑張れブッシ!
ガンバイカー・グフ・ガンチョッパー01・ドム・ザコ・ガンイーグル・元気丸・虚武羅丸・ジュリ・ハロ長官・リリ姫・ザッパー・武里天丸・ガンダムサイ(ライミ)・騎馬王丸・野武士:がんばれ!
キャプテン:ン…ンンーッ!
キャプテン:いくぞ!シュウト!!
シュウト:あっ…
黒いシュウト:なんだと!…ウッ!アッ…アアッ!
みんな:「がんばれー!がんばれー!」
シュウト:キャプテン…みんな…聞こえる…聞こえるよ…
野武士たち:オオー!
ガンイーグル:フッ!ウウッ!ウッ!ウウ…フワーッ!!
ガンチョッパーズ:…
ゼロ:デエッ!!
爆心丸:うおおおーっ!!
元気丸:エイッ…エイッ!ッ!ハッ!
虚武羅丸:フゥッ!ハァッ、ハッ!エイッ!
リリ姫:…ッ!ああっ…
シュウト:ぼくたちは…負けない!
黒いシュウト:ハッ!…ウッ!
シュウト:ぼくたちは、負けない!
シュウト:ぼくたちは負けない…お前なんかに…
お前なんかに…絶対に…絶対に!
絶対負けない!!
黒いシュウト:アッ…ウワアーッ!!
黒いソウルドライブ:アアーッ…無駄だ…もう遅い…全ては終わりだ!
シュウト:ハッ!ここは…
ジェネラルジオング:(咆吼)
元気丸:ああっ!何だ?
ゼロ:オオッ…力が戻ってきた!これならば!
爆心丸:攻撃がやんだ!?
…オオッ!おおお…爆心の鎧が!
ゼロ:爆心丸!
爆心丸:お!
ゼロ:もうこれは返せる!感謝する!
爆心丸:ンンッ!ンッ、オオ…オオオオアアッ!!
ゼロ:来たれ!ツインバスターソード!
キャプテン:シュウトを見つけた!
ゼロ:キャプテン!
爆心丸:キャプテン!
キャプテン:ゼロ!
ゼロ:ああ!
キャプテン:爆心丸!
爆心丸:うん!
ジェネラルジオング:咆吼
キャプテン・ゼロ・爆心丸:覚悟しろ!ジェネラル!!
キャプテン・ゼロ・爆心丸:ウオオオオッ!!
シュウト:ンンンンン…ウワアアアアーッ!!!
ジェネラルジオング:咆吼
キャプテン・ゼロ・爆心丸・シュウト:ガンダムフォース、がんばれアターック!!
リリ姫:あれは!あの光は!
キャプテン・ゼロ・爆心丸:ウオオオオオオオーッ!
キャプテン:エエイッ!
ゼロ:エイッ!
爆心丸:テヤアッ!
ジェネラルジオング:咆吼
シュウト:ウッ…ああ!
シュウト:ああ!
シュウト:ああ…
ジェネラルジオング:咆吼
元気丸:ああ!
武里天丸:やったぞーぃ!
騎馬王丸:やった!
ハロ長官:やったぁ!
元気丸:キャハハハ!やった!やったー!やったぁ!キャハハ!
虚武羅丸:ウム!
野武士たち:オー!
シュウト:みんなー!ありがとうー!
リリ姫:シュウト!
リリ姫:大丈夫ですか?
シュウト:平気だよ、このくらい!…ワ!
リリ姫:アッ!
キャプテン:シュウト!
シュウト:…ヘヘッ!アハハ…
リリ姫:シュウト…
チョビレロ:レロ~!
キャプテン:ウウ!
爆心丸:オッ!
ゼロ:ウウ…!
キャプテン:何!
シュウト:うわああー!

 

シュウト:ジェネラルが生きていた!?ぼくたちはダークアクシズを倒せるのか?天宮やラクロア、ネオトピアの未来は?
次回、SDガンダムフォース、最終回「帰り道」

 

 

SDガンダムフォース 第50話 世界消失!?ジェネラルの脅威

SDガンダムフォース 第50話 世界消失!?ジェネラルの脅威

SDガンダムフォース 第50話 世界消失!?ジェネラルの脅威

 

SDガンダムフォース 第50話 世界消失!?ジェネラルの脅威

 

シュウト:ぼくはシュウト!
戦いが終わった天宮(アーク)に、ガーベラが攻めてきた
ジェネラルを復活させて、世界を破滅させようっていうんだ!
そんなことはさせないぞ!
立ち向かったぼくたちに、ガーベラは、自分が未来から来たモビルシチズンであることを明かした
その正体は、GP-04マドナッグ
キャプテンに追い詰められたマドナッグは、自分から溶鉱炉に飛び込んで……


シュウト:「世界消失!?ジェネラルの脅威」


ジェネラルジオング:耳障りな咆吼
シュウト:あれが……ジェネラル!?
ジェネラルジオング:咆吼
ザッパーザク:おおーっ!あれがジェネラル様かイヤァ立派なモンじゃねえか!
グラップラーグフ:フッフッフ、勝てる!勝てるぞ!ジェネラル様さえいれば、俺たちの勝利だー!
デストロイヤードム:ウオオー!勝利ー!
爆心丸:な、なんだ!?
キャプテンガンダム:地中で何かが動いている
シュウト:エエッ?あ……ウワアッ!!
キャプテン:ウッ!
元気丸:アア!……ウワ!
武里天丸:ウワア!
機獣丸:ウオッ!
猛禽丸:な、なんだこれは……
ネオトピア市民たち:アアッ……なんだあれは
セーラ:あらあ~?
けい子:うっふふ!ヨーシヨーシ……え?
ナナ:ダァ!ダァ!
けい子:え?
シュウト:ウワ……アアアア!ット、ウウン、ン……
ガンパンツァー:オオ!
元気丸:ウワアー!
リリジマーナ姫:キャアー!
シュウト:姫ー!元気丸ー!……グゥーッ!アッ!
元気丸:アアアアー!
シュウト:ああっ!……ッ、ああ!
リリ姫:アッ!
シュウト:ああっ……ああ!虚武羅丸!
元気丸:オマエ……ワッ!
虚武羅丸:握り飯の借り……返しに来たぞ
元気丸:アア……!
キャプテン:ウッ……!
爆心丸:なんだあれは!
ジェネラルジオング:(耳障りな咆吼)
シュウト:降りてくる……
キャプテン:オオッ……アッ、ウッ……
爆心丸:ウワッ!クッ……グワーッ!
ゼロ:ウッ……ウウ……
機獣丸:ウワ!
猛禽丸:オオ!
爆覇丸:ウウ、グ……
シュウト:どうしたの!
ゼロ:大地から……エネルギーを吸収している!
キャプテン:我々のガンダミウムからもだ……
シュウト:エエッ!?……ッ!
爆心丸:まずいぞ!
シュウト:さっきのは、本来の力じゃないって言ってたよね!?
ゼロ:エネルギーを集めて、もう一度撃つつもりだ!
100%の力で!
爆心丸:……もし……もしそうなれば……
キャプテン:世界は終わる
爆心丸:ウッ!
シュウト:ウ……
キャプテン:みんないくぞ!本体を叩く!
ゼロ・爆心丸・シュウト:オウ!
ゼロ:シュウト、姫を頼む!
シュウト:ウン、わかった!
リリ姫:マナよ……マナよ……マナよ……
爆心丸:いくぞ!炎天號ー!
炎天號:火ヒーン!
武里天丸:ハッ!突撃ィー!
武里天丸軍野武士
ノブッシ:オー!
騎馬王丸:ジェネラルを……倒せ!
騎馬王衆・
騎馬王丸軍野武士:オー!
キャプテン・ゼロ・爆心丸:ウオオオー!
シュウト:どんなピンチも乗り越えて、みんなここまで来たんだ……ぜったい負けるもんか!
……がんばれぇ!!
ジェネラルジオング:(唸り声)
シュウト:「がんばれぇー!」
マーガレット市長:ツノが生えた地域の住民の避難を急いで!
S.D.G.と協力し、迅速にお願い!
女性:「わかりました」
市長:次元を越えてツノが生えてくるなんて……これまでとは桁が違う!
レオナルド:恐ろしい敵です
市長:頼みましたよ、ガンダムフォース
完全善大将軍:ヌーン!フーン!フーン!ハッ、ハッ……
さすがにこいつは効かんか……
ム!ならば!
大鳳統刀(ダイホウトウトウ)!
完全善大将軍:……世界の未来はお前たちにかかっている!
負けるなよ!若武者たち!
キャプテン:ウオーッ!
爆心丸:デェエエイヤアッ!
ザッパー:ウエーッ!ななななんで!?
グフ:味方です!味方ですから!ジェネラル様ー!
ドム:うええ、逃げるドム!
ザコソルジャーたち:ザコザコザコザコザコ!
ゼロ:オアーッ!エエイッ!
キャプテン:ウッ!
ゼロ:フッ!エイッ!エイッ!エイッ!
キャプテン:……効かない!?
ゼロ:エッ!フッ!エイッ!ハァッ!
エエイッ、エイッ……
なんて頑丈なんだこの手は!……アッ
武里天丸:お……
金鶴・銀鶴:ウワー!
武里天丸:ヒャアー……
金鶴:殿ー!
銀鶴:殿ー!
ゼロ:エエイッ!ウッ……アアッ……
武里天丸:ウウウ……
ゼロ:……ウウッ!……あ……
爆心丸:アッ!いかん!
キャプテン:オオッ!
リリ姫:来た!
シュウト:フェン!
フェザードラゴン:(咆吼)
シュウト:……ゼロ!
爆心丸:おお!
キャプテン:ウン!
リリ姫:よかった……
ゼロ(ゼロカスタム):ありがとうございます、姫!
リリ姫:あとはよしなに!
金鶴・銀鶴:殿ー!
武里天丸:感謝する!
ゼロ:いえいえ、当然のことをしたまでです
さあ!お待たせした!
私の美しき技をご覧に入れよう!
いくぞ諸君!
ゼロ:超精霊魔法!インフィニティ・ウィーンズ!
爆心丸:オオオオオーッ!!ンウォオオオ……
デェエエイヤアッ!
爆界天昇……発火アーッ!!
キャプテン:Vアタック!始動!
……発射準備……Vアタック、起動ー!
シュウト:やったあー!

 

キャプテン:まずい、どんどんエネルギーが貯まっていく
キャプテン:フッ!
爆心丸:ドリャドリャドリャドリャーッ!!
ゼロ:アアアーッ!フッ!フッ!……ああっ!
爆覇丸:おりゃおりゃおりゃおりゃあ!
騎馬王丸:フン!オリャ!オリャ!
元気丸:エイッ!ウッ!ウウッ!
シュウト:ウウッ!みんなー!がんばれー!アッ!
がんばれええー!
ジェネラルジオング:(唸り声)
シュウト:あっ……ウワア!
リリ姫:マナよ!
キャプテン:シュウト!アッ!グハッ……
ガンパンツァー:なんの!これしきー!
シュウト:ぼくを……狙ってる?
リリ姫:キャア!
シュウト:ああっ!
チョビレロ:レロー!
シュウト:エエイッ!……姫ー!
リリ姫:アアッ……
チョビレロ:ありがとレロー
シュウト:「アアッ!」
リリ姫:エッ……
シュウト:アアッ!アアッ!アアッ!アアーアアーッ!!
リリ姫:シュウトーッ!
キャプテン:アッ
ゼロ:オオッ!
爆心丸:ウッ!
武里天丸:ウ!
元気丸:アア!
シュウト:ウワアアアアー!!
キャプテン:シュウト!
シュウト:キャプテン!キャプテン!キャプテーン!!
キャプテン:シュウトオーッ!!
シュウト:あ……
シュウト:ンン!ヘ!?
あ……ここは……ぼくのうちだ!
シュウト:どうして?
シュウト:でも……なんかちがう
シュウト:パパ!?
シュウト:あ!……だれ?
少女(大人ナナ):……え?お兄ちゃーん!誰か知らない子がいるよ!
男性(大人シュウト):「何だよナナ!」
シュウト:え?ナナ?あ……
男性(大人シュウト):何?どうしたって?……ああっ
シュウト:あ!
男性(大人シュウト):キミは!
大人ナナ:シュウトお兄ちゃん、この子誰だか知ってる?
シュウト:シュウトお兄ちゃん!?
大人シュウト:ま、まさか……どうして子供のときの俺がここにいるんだ!?
シュウト:エエー!じゃあ、大人のぼく?妹の、ナナ!?
大人ナナ:エエー?
シュウト:あ……ぼくは未来に飛ばされたのか!
大人シュウト:そうか、思い出したよ!
シュウト:あ……
大人シュウト:俺は確か、ジェネラルとの戦いの最中に、1度こういう事があった!
シュウト:未来があるってことは……じゃあ、ぼくたちはジェネラルを倒したんだね!?天宮もラクロアも助かったんだ!
大人シュウト:それは違う
シュウト:え……ちがう?
大人ナナ:知らないんだね
大人シュウト:ン……
大人シュウト:ラクロアも天宮も、もう無いんだ、消滅したんだ
シュウト:消滅した……?
大人シュウト:そうだよ、消滅したんだ、あの時のジェネラルの攻撃でね
そして、かろうじて残ったネオトピアも、破壊されてしまった
シュウト:そんな……だって、ネオトピアは丘の向こうに、ちゃんとあるよ!
大人シュウト:よく見てみろ
シュウト:……ンンッ!ハッ、ハッ、ハッ……
シュウト:あ……そんな、バカな!
……キャプテンたちがいるんだ!負けるはずないよ!
大人ナナ:そのモビルシチズンたちが、反乱を起こしたのよ
シュウト:反乱?
大人シュウト:全てのモビルシチズンが、人間を滅ぼそうと攻撃を始めて、大きな戦争になったんだ
まだあちこちで戦いは続いている
今じゃあらゆるロボットは……人間の敵だ
シュウト:ッ……ウソだ、そんなことあるもんか!
大人シュウト:全てのモビルシチズンが、全てのロボットが……ジェネラルの側(がわ)に寝返ったんだ
キャプテンも、ゼロも、爆心丸もみんなね
みんな……
シュウト:……そんなのウソだ!!……アアッ……
大人シュウト:ロボットを信じちゃいけない、信じたら裏切られる、信じちゃいけない
大人ナナ:信じたら終わりよ
シュウト:ウソだ!これは間違ってる!間違ってる未来だ!
大人シュウト:「ロボットなんかとは所詮、分かり合えないんだよ」
大人ナナ:「ロボットは敵よ、敵なのよ」
シュウト:ぼくはこんな事にだまされないぞ……
絶対だまされないぞ!!
シュウト:ハァッ、ハァッ、ハァッ、ハァッ……
ハァッ、ハァッ、ヒッ、ハァッ……ッ!
ハァ、ハァ、ハァ……
シュウト:これは……
シュウト:まさか……
シュウト:キャプテン!キャプテン!!
半壊したキャプテン:……ダレ?
シュウト:キャプテン、どうしたの!ぼくだよ!シュウトだよ!
半壊したキャプテン:敵ダ……シュウトモ、敵ダ
シュウト:キャプテン!ぼくだよ!ガンダムフォースの、仲間のキミの!大親友のシュウトだよ!!
半壊したキャプテン:敵、人間ハ……人間ハ……敵ダ
シュウト:アアッ!
半壊したキャプテン:敵……タオス……
シュウト:……キャプテン……
こんなの……信じないぞ……
これはウソだ……ウソだ……絶対ウソだ……
ひどいよ……誰がこんなウソを……
アアッ、ウッ……ウッ……アアッ!
シュウト:ウッ!
シュウト:ああっ!ぼくの家が!
シュウト:……こんなの!ウソだ!ウソだアアーッ!!
シュウト:……ウソだ……ウソだ……
ジェネラルジオング:咆吼
ガンパンツァー:笑っておる、あやつは破壊を楽しんでおるのだ
世界の破壊を!
そして、シュウトの心を破壊しようとしておる!
リリ姫:絶対に許しません、そんなこと!
爆心丸:クッソオオオー!!
ゼロ:待ってろよ!
キャプテン:必ず助けるぞ!シュウトーッ!!
キャプテン・ゼロ・爆心丸:ウワーッ!
キャプテン:グッ、ガァッ!
爆心丸:ウワア!
キャプテン・ゼロ・爆心丸:ワアー!!
リリ姫:アアッ!
ガンパンツァー:踏ん張れー!パワーが落ちておるぞー!
ジュリ:キャプテンの各機能低下!危険な状態です!
ベルウッド:こっちもマズイぜ!次元のゆがみがどんどん大きくなってる!
ハロ長官:ああ……発進準備を急いでくれ!
S.D.G.隊員:慌てないでください!落ち着いて!
隊員ジムたち:慌てないで!落ち着いて!
S.D.G.隊員:落ち着いて避難を!アアッ……
S.D.G.隊員:アア……
女性1:「宇宙港地区に、空間のゆがみが発生!」
女性2:「西工場地区、ツノの周囲半径50mにわたって消失!消失域は、徐々に広がりつつあります!」
市長:至急、応援部隊を送ります、市民の安全を第一に!いいですね
女性1:「はい!」
完全善大将軍:フン!いかん!これは……いかんぞ!
野武士たち:アアッ、アア、オオ……
ジェネラルジオング:咆吼
騎馬王丸:アアッ!
武里天丸:ウウ、オオ……
元気丸:……エイッ!……ああっ!
ンッギ……あれ、クソー!なんでだ!
肝心な時に力が出ないなんて!
なんでだ!なんで力が出ないんだ!
虚武羅丸:オッ!危ない!
元気丸:アアーッ!
リリ姫:キャア!!
ゼロ:姫ーッ!!アアッ!
リリ姫:ゼロー!!
ゼロ:ウワアッ!ア………ン……ウウッ……剣が!
爆心丸:うおっ、ウヌ……爆心の鎧が!
リリ姫:力が上がっていく、このままでは……
キャプテン:ン……シュウト……!
映像:シュウト:「あ……ウソだ……ウソだ……」
ジェネラルジオング:咆吼

 

シュウト:いよいよ最後の大決戦が始まった!デスレインを撃たせちゃダメだ!みんなでジェネラルを倒すんだ……ぼくたちは、負けない!
次回、SDガンダムフォース「大決戦!ジェネラルvs(バーサス)みんな」

 

 

SDガンダムフォース 第49話 破滅への序曲、ガーベラの正体

SDガンダムフォース 第49話 破滅への序曲、ガーベラの正体

SDガンダムフォース 第49話 破滅への序曲、ガーベラの正体

 

SDガンダムフォース 第49話 破滅への序曲、ガーベラの正体

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ついに始まった天宮(アーク)の運命をかけた大決戦、激しい戦いだったけど、爆心丸は一騎打ちで、騎馬王丸を圧倒した
でも、自分の親である騎馬王丸の命をずっと狙ってきた元気丸は、最後にとどめを刺さなかったんだ、よかったー!
そして、大神将が天地城をひっくり返して、天宮の戦いは、ついに終わったんだ


シュウト:「破滅への序曲、ガーベラの正体」


猛禽丸:騎馬王丸様が敗れた……
機獣丸:すぐにも、各地に伝わるだろう
破餓音丸:殿がいてこその我が軍……終わりだな
爆覇丸:我ら騎馬王衆、ここで潔く幕を閉じようぞ
猛禽丸・機獣丸・破餓音丸:おう
銀鶴:待て待てい!
銀鶴:貴公らの処遇は、我が殿、武里天丸様が決める!
爆覇丸:うぬらには関係ない!
銀鶴:殿は申された、元気丸は騎馬王丸の子!それを知っているかと!
騎馬王衆:なんと!
銀鶴:貴公らには、その元気丸を盛り立て、一生仕える身になれとのことだ!
爆覇丸:うぬ……
シュウト:騎馬王丸!
シュウト:んー、アアッ!
元気丸:お、オイ、やめろってばこら!
シュウト:ン……
元気丸:とどめを刺さなかったのは武者の情けだ
オイラ、そいつのことなんか……
シュウト:いいから!さ、元気丸!
元気丸:ンッ、ン……フン!
シュウト:騎馬王丸も!
元気丸:……ン
騎馬王丸:……
騎馬王丸:元気丸、……ム?
元気丸:……オ?オオ……?
シュウト:な、なんだ?じ、地震?……ンン!
リリジマーナ姫:あ……ああ!
キャプテンガンダム:ア……
翼の騎士ゼロ:こ、これは!
騎馬王丸:いかん、逃げろ、ジェネラルが来る!
シュウト:ジェネラル?
リリ姫:見てください!あ……
シュウト:ああっ!
キャプテン:あれは……!
シュウト:ダークアクシズ要塞!
ザッパーザク:あー!来た来たやった!やったー!
グラップラーグフ:ウー!ついに帰れる!帰れるぞ!
デストロイヤードム:ぶっきー!
虚武羅丸:……
シュウト:あ……
ジェネラル:(唸り声)
プロフェッサー
ガーベラ:「ジェネラルに近づくな!無礼な人間め!」
シュウト:騎馬王丸、ジェネラルっていったい何?
騎馬王丸:俺にもわからん、だが、ガーベラが仕えるダークアクシズの魔神、奴はすべての世界を破滅させると言っていた
シュウト:世界の、破滅……
騎馬王丸:そうだ、そしてそのために
ガーベラ:貴様たちの体を頂きに来た
騎馬王丸:うっ!
キャプテン:ガーベラ!
ガーベラ:フン、キャプテン、やはりその姿になったか
キャプテン:なんだと?
シュウト:いったい何をするつもりなんだ!
ガーベラ:フフフハハハハ、教えてやろう!
偉大なるジェネラルジオングを復活させ、すべての次元世界を破滅させる!
そのために各地を侵略してきたのだ
ジェネラルの復活には大量のガンダミウムが必要、まずラクロアの騎士(ナイト)ガンダムたちを生贄にした
そして次はここ、天宮にいる頑駄無(がんだむ)たちというわけだ
ザッパー:ハメツ?
グフ:聞いたことないぞ
ザッパー:ないない
ザコソルジャー:ザッコザッコザッコ……破滅っていったい……何ザコ?
ガーベラ:あとわずかで全てが終わる、貴様たちを捧げ、ジェネラルを復活させる!
そして世界は終わりを迎えるのだ!
見よ!ジェネラルが放つ破滅の光!デスレインの威力を!
ジェネラル:(咆吼、放たれるデスレイン
リリ姫:キャアッ!
シュウト:ウウッ!
キャプテン:……
元気丸:アアッ!
ハロ長官:何事だ!
ジュリ:異次元で、強力なエネルギー波が発生!
その影響で、ネオトピア各地にも、異常が起きています!
ハロ長官:ウン……
リリ姫:こ……これは……
ゼロ:姫!
リリ姫:あなたとガンダムフォースの事とともに、もう1つ、得た予言がありました
『世界を滅ぼす破滅の光』
……それがいつ、どのように起こるのかわかりませんでした、しかし……!
ゼロ:まさか、これが……
シュウト:ウッ……
リリ姫:この光を止めなければ、世界は……
シュウト:……ウッ!
キャプテン:ア……
ガーベラ:今のは本来の0.01%の力にすぎない……
ジェネラルが完全なる復活を遂げれば、天宮はおろか、全ての次元が消滅するのだ!
シュウト:グ……ああっ!
騎馬王衆:ウワアッ!……アア!
シュウト:ああっ!
ジェネラル:(咆吼)
猛禽丸:な、なんだこれは!
騎馬王衆:ウオッ!
機獣丸・破餓音丸:オオッ!
爆覇丸・猛禽丸:ウウッ!
ジェネラル:(咆吼)
機獣丸・破餓音丸:アアッ!
爆覇丸:破餓音丸
破餓音丸:ダ熱ッちィ!!
爆覇丸:ウヌッ!
ジュネラル:(咆吼)
爆覇丸:品定めでもしているのか!
猛禽丸:クソォ、なめやがって!
ジェネラル:(唸り声)
キャプテン:フッ!
ガーベラ:抗(あらが)うな!貴様たちは偉大なる者の一部となるのだ!
ゼロ:ッ!
シュウト:ああっ!
爆心丸:ウッ!
ガーベラ:フフハハハハハ……
野武士たち:ワー!
ガーベラ:ハハハハハハハ!
武里天丸:ヒィヤアッ!
金鶴:と、殿ー!
シュウト:キャプテン!
キャプテン:うむ!
シュウト:ゼロ!爆心丸!
爆心丸:よし、行こう!逃げ回るのは性に合わん!
ハァッ!
炎天號:火ヒーン!
ガーベラ:ほう、面白い、相手をしてやれ!
キャプテン:……アッ
ガーベラ:貴様の相手は私がしよう、ンンッ……!
キャプテン:アアッ……
ガーベラ(黒いガンダム):覚悟はいいか!
キャプテン:ンッ……フッ!
爆心丸:クソッ……
ザッパー:なななんでー!
グフ:だから味方ですッつうのに!
ザッパー:ダダダダダダ!
元気丸:そんなヘナチョコ光線に捕まるかよ!
ガンパンツァー:乗れ!
シュウト:ウン!
キャプテン:シュウト!
ガーベラ(黒いガンダム):目を逸らしてる場合か!
ガンパンツァー:やられはせーん!
キャプテン:教官!
ガーベラ(黒いガンダム):よそ見するなと言っただろう!
キャプテン:ウワッ!
シュウト:キャプテーン!がんば……ウワッ!
ガーベラ(黒いガンダム):あやつとシンクロしなければ力は発揮できまい……フハハハハハ……
キャプテン:クッ!
キャプテン:ハイパーモード、始動!
キャプテン:ダッ!グワッ!アアアアーッ!
元気丸:ヘッヘーン!こっちこっち!わ!
元気丸:ウウェッ!ハッ!
騎馬王丸:……
元気丸:騎馬王丸?……騎馬王丸ー!!
ゼロ:ッ!
シュウト:元気丸、大丈夫か
元気丸:騎馬王丸が!
シュウト:ウッ……
リリ姫:たぶん、ジェネラルのいる場所へ連れて行かれたのでしょう
元気丸:クソッ……
リリ姫:できるかどうかわからないけど……七曜万象に宿りし、大いなるマナよ……
ガーベラ(黒いガンダム):……
ガーベラ(黒いガンダム):フン!
キャプテン:グッ!アッ、アアーッ!グゥッ!……ウウッ!
このォーッ!
ガーベラ(黒いガンダム):フッ!
キャプテン:ダァッ!……グッ
……私の動きが読まれている!
シュウト:あいつ……キャプテンに似てる
キャプテン:ガーベラ、お前は一体……
マドナッグ:フン、聞きたいか
我が名はGP-04、
マドナッグ!
キャプテン:GP!04だと……!

 

マドナッグ:GP-01、ハイパーキャプテン!
貴様のデータを元に、今より先の時代に作られた、未来のモビルシチズン
シュウト:未来のモビルシチズン
マドナッグ:お前たちの時代から数年後のネオトピアで生まれた……
マドナッグ:「あの日私は生み出され、人間によってある使命を与えられた……」
マドナッグ:「宇宙空間におけるワープ航法の実験、その、テストパイロットとして……」
マドナッグ:「そして私は、そこで会ったのだ……」
マドナッグ:ン?あ……
マドナッグ:「ネオトピアの英雄、全てのモビルシチズンの憧れ!」
マドナッグ:キャプテンガンダム……
キャプテン:頼むぞ
マドナッグ:了解しました!
マドナッグ:「準備は進み、実験は開始された……」
マドナッグ:どうしたんだ!?
マドナッグ:ウ……ウ……ウワーッ!
マドナッグ:「……気がつくとそこにいた
何も見えない、何も聞こえない孤独な世界
何故、こんな事に……
疑問は尽きず、長い長い間そこを漂った……
そしてついに私は、それと出会ったのだ」
キャプテン:「それとは何だ」
マドナッグ:……
黒いマドナッグ:……
マドナッグ:ウッ……ウウ……オワッ……ググッ……
グアアーッ……アアアアアア……
マドナッグ:「そして私は全てを知った
全てを知り生まれ変わったのだ!」
マドナッグ:見よ!
暗黒の世界で生まれし我が真の姿を!
キャプテン:アアッ!
マドナッグ:いいか!人間どもはあの実験が失敗するとわかっていたのだ、わかっていて、データ欲しさに私を犠牲にした!
キャプテン、貴様も私を見捨てた1人だ
私を捨てた世界を!私は破壊してやる!
キャプテン:お前が本当に未来から来たのか、私にはわからない
だが、もしそのような事態が起こったとしても、お前を見捨てたりはしない!
我々も人々も、全力でお前を救おうとしたはずだ!
マドナッグ:ほざけーッ!
貴様らの存在が、私には許せぬ!
キャプテン:ダッ!お前は間違った情報を植え付けられているんだ!
マドナッグ:貴様に何がわかる!
キャプテン:アアッ……アアッ!
マドナッグ:あの暗い世界で感じた恐怖を!見捨てられた孤独が!
貴様にわかるかあーッ!!
キャプテン:アアッ!グゥッ……ア……アア……
ウウッウウウ……
マドナッグ:苦しいかキャプテン、苦しめ、苦しむがいい!
誰もお前を助けられぬ、お前も見捨てられるのだ!
キャプテン:そんなことはない!
シュウト:ウウ……キャプテーン!がんば……アアッ!
ガンパンツァー:しっかりつかまっておれよ!
シュウト:クッ……これじゃ応援できないよ!
リリ姫:……マナよ、七曜万象に宿りしマナよ、マナよ、マナよ……
ハロ長官:「聞こえるか!シュウト君!」
シュウト:ハロ長官!
ハロ長官:「今からオプションZを送る!救援部隊がつくまで頑張ってくれ!」
シュウト:オプションZ?
マドナッグ:セエエエイヤァッ!!
キャプテン:アアッ!ダッ、グアッ!
チョビレロ:パパレロー!
シュウト:ああっ……
元気丸:すげえ……
シュウト:あれがオプションZ……
キャプテン:オプションZ!?
キャプテン:オプションZ、合体完了!
マドナッグ:オプションZだと?
マドナッグ:それがどうしたァッ!!
シュウト:キャプテン!がんばれーッ!!
キャプテン:…………ンッ!
マドナッグ:ウッ、オッ……
シュウト:がんばれ、負けるなーッ!!
キャプテン:オオーッ!!
マドナッグ:よせ、よせェ!貴様たちのその心が!
私を……私を……!!
シュウト:いけえ!キャプテン!
マドアッ具:おのれぇ……人間めーッ!!
シュウト:あああああっ!
マドナッグ:イヤアッ!!
キャプテン:シュウトオーッ!!
シュウト:アアーアアア!
マドナッグ:ウオーッ……
キャプテン:ウオオオーッ!!
キャプテン:わかるか!!これが!!
シュウト:オオーッ……アアッ!
元気丸:あっ……
マドナッグ:ウッ……ッ、ウッ……ア……
キャプテン:目を覚ませ!!
マドナッグ:アア……ウオオッ!
シュウト:アアッ……
シュウト:アッ、キャプテン!!
元気丸:シュウト!行くぞ!それっ!
シュウト:リリ姫は、ここで待ってて!
リリ姫:はい
シュウト:すぐ、帰るから!エイッ!
ジェネラル:咆吼
キャプテン:クッ!マドナッグ!!
マドナッグ:ウッ……
ジェネラル:咆吼
キャプテン:早まるな!
シュウト:キャプテーン!
元気丸:よっと!
武里天丸:オオッ!
シュウト:ッ!
武里天丸:アッパレ!
シュウト:みんな!
マドナッグ:私は負けた訳ではない……
私は負けん!人の心などに、貴様たちの心などに私は負けん!!
……私の勝ちだ……私の!勝ちだーッ!!
シュウト:アアーッ!
キャプテン:ウウッ!!
マドナッグ:ウッ!?
マドナッグ:……
キャプテン:……
ジェネラル:(唸り声)
マドナッグ:……嘘だ……嘘だァッ!!
キャプテン:ッ!
マドナッグ:嘘だあああーッ!!
キャプテン:ア……ア……ア……アア……
シュウト:ああ……あああ……
ジェネラル:咆吼
キャプテン:……ウッ!
ジェネラル:(高まる咆吼)
騎馬王丸:ジェネラル!ジェネラルが復活する!
元気丸:エイッ!
シュウト:キャプテン!みんな!
機獣丸・破餓音丸:アー!ウワー……
武里天丸:セヤッ!
元気丸:グッ……!
騎馬王丸:……
元気丸:早くしろ!
騎馬王丸:……うむ!
ジェネラル:(高まる咆吼)
リリ姫:七曜万象に宿りしマナよ、マナよ、マナよ……
武里天丸:タアッ!
シュウト:エイッ!……ハッ!あれは!

 

シュウト:ついに復活したジェネラルジオング、その力に天宮ばかりか、ラクロアや、ネオトピアまでもが破滅の危機に!
次回、SDガンダムフォース「世界消失!?ジェネラルの脅威」

 

 

SDガンダムフォース 第48話 炎の天地城、元気丸の叫び!

SDガンダムフォース 第48話 炎の天地城、元気丸の叫び!

SDガンダムフォース 第48話 炎の天地城、元気丸の叫び!

 

SDガンダムフォース 第48話 炎の天地城、元気丸の叫び!

 

シュウト:ぼくはシュウト!
騎馬王丸の天地城が、武里天丸の本陣に迫ってきた
ここを破られたら、天宮(アーク)は騎馬王丸のものになっちゃう
そのうえ、大神将まで起動してしまった!
でも、その力を手にしたのは、元気丸だったんだ
ぼくと爆熱丸は、武里天丸やキャプテンたちの力を借りて、天地城に乗り込んだ
いよいよ、天宮の運命がきまる時がきた!


シュウト:「炎の天地城、元気丸の叫び!」


武者大神将:唸り声
元気丸(大神将):「ンン……ウワアアアアーッ!!」
大神将:咆吼
シュウト:アアッ!
武里天丸:大両……国技剣(だいりょうこくぎけん)!
武里天丸軍野武士ノブッシたち:(ウワー!)
大神将:(唸り声)
元気丸(大神将):「効かねえ……
効かねえって、言ってンだろおー!!」
大神将:(唸り声)
元気丸:騎馬王丸!今、そこへ行くからな!!
騎馬王丸:おのれ……小わっぱが!
爆熱丸:テェヤアッ!!
騎馬王丸:ヌ!?……フン!
爆熱丸:騎馬王丸!
貴様のせいで、我が友孔雀丸は道を誤った!他にもそういう者達が多くいるはず……
俺はそれに腹が立つんだ!!
規模王丸:道など俺の後ろにできるもの……言いたいことがあったら、勝ってからほざくがいい!
爆熱丸:ウワアアアアッ!!受けてみろ!天驚剣!!
騎馬王丸:猛雷天波斬(もうらいてんぱざん)!!
騎馬王丸:クッ!
爆熱丸:デヤッ……
爆熱丸:ダァッ!ウッ……
騎馬王丸:フン!……それで終わりか?
金鶴:「包囲ヨシ!仰角ヨシ!」
武里天丸:ンンッムムムム……ヨシ!
……ムゥ?ウウー?
機獣丸:機獣!大乱射!フン!
ガンバイカー:オオーッ!なんのこれしき!
キャプテンガンダム:ウッ!
爆覇丸:酔舞!爆覇槌撃!
キャプテン:フッ、フッ!ドワーッアアアッ!
猛禽丸:ハッハッハッハッハハ!
翼の騎士ゼロ:ウッ!ウッ!
猛禽丸:とどめだぁーッ!!オッ!
うう……これは、また魔法か!
リリジマーナ姫:今です、ゼローッ!
ゼロ:ありがとうございます!姫!
破餓音丸:破餓音!大突進!
ゼロ:ワアアアーッ!!
リリ姫:ゼロ!
シュウト:爆熱丸ーッ!!……大丈夫?
爆熱丸:シュウト!下がっていろ!
騎馬王丸:ハッハッハハハ……とどめだぁーッ!!
シュウト:ああーっ!
爆熱丸:ムー……ウアッ!
大神将:(唸り声)
武里天丸:ム!見えた!発射あ!
金鶴・銀鶴:ウオアアッ!
騎馬王丸:ヌンッ!……ドオッ!ぬかったわ!
爆熱丸・シュウト:アアアッ……
爆熱丸:ドワッ……ドワーッ!
爆覇丸:アアッ……
機獣丸:まさか……
猛禽丸:騎馬王丸様!
ガンバイカー:オオッ!
キャプテン:シュウト……!
シュウト:爆熱丸ゥーッ!!
騎馬王丸:おのれ武里天丸!太音ヶ士磨大短丁を使いおったか!
……だが俺の命を奪うことはできなんだぞ!
爆熱丸:ヌオアアアーッ!!
騎馬王丸:ムゥッ!……こやつまだ生きているのか!
爆熱丸:感じる……感じるぞ!
この炎は!!天宮の怒り!!
大神将:(唸り声)
元気丸:あれは……!
騎馬王丸:ウオッ……
爆熱丸:デヤアアーッ!!
騎馬王丸:爆心の鎧!
爆熱丸改め爆心丸:ウオオオオオアッ!!ハッ!ダァッ!
……強火剣乱、爆心丸!炎上ーッ!!
シュウト:爆、心丸……すごいやッ!!
爆心丸:俺は死なぬ!天宮に平和が訪れるまで!
騎馬王丸:よくぞ言った!大言(たいげん)にふさわしき技を、見せてみろ!
爆心丸:クッ、ウウ!
騎馬王丸:オリャアーッ!!
爆心丸:ヌオオアアーッ!!
騎馬王丸:ムンッ!グッ、グッ!
爆心丸:ハッ!
騎馬王丸:ムムムム……!
爆心丸:ヌウウーッ!
大神将:(唸り声)
元気丸(大神将):「騎馬王丸!」
元気丸:……オイラは確かにお前の血を引いている!
だからこそ、このオイラがお前を倒して!
元気丸(大神将):「天宮の戦乱を、終わりにするんだ!」
元気丸(大神将):「デエヤアーッ!」
大神将:(唸り声)
元気丸(大神将):「その顔!断ち切ってやるぅーッ!」
騎馬王丸:ヌヌヌ……ムムッ!ウンッ!
爆心丸:ン!
騎馬王丸:ウオッ!
爆覇丸:ウオッ!
爆覇丸・機獣丸・破餓音丸:アア、アー!アアーッ!!
猛禽丸:オオッ……止まる……?
騎馬王丸軍野武士1:こらあ!逃げるな!戻ってこんかいー!
シュウト:す……すごい!
騎馬王丸:グッ……大神将か!
爆心丸:騎馬王丸!
騎馬王丸:ヌ!
爆心丸:覚悟ーッ!!
騎馬王丸:フンッ!
爆心丸:ウオオーッ!!
騎馬王丸:ムン!
爆心丸:デエヤアアアアアーッ!
騎馬王丸:ウオオーッ!!
元気丸:アアッ!

 

騎馬王丸:ヤアアッ!フンッ!フンッ、フンッ、フンッ、フンッ、フンッ!!
爆心丸:デヤアッ!ヤッ!エイッ!ヤアアアッ!!
騎馬王丸:ウヌヌヌ……ッ!
爆心丸:ウオッ!
騎馬王丸:ウウッ!……
爆心丸:ハッ!デッ……ウッ……
ハァッ、ハァッ、ハァッ……
騎馬王丸:ハッハッハッハハ……
爆心丸:……ムゥッ!
騎馬王丸:大神将……太音ヶ士磨……爆心の鎧……!
そして天地城までも失われたか……
爆心丸:それでも……まだ戦うのか!
騎馬王丸:むろん!俺の覇道は、この刀一本とともに始まった!野望潰えても!またこの刀とともに始めるだけの事よ!ウワーッ!
爆心丸:その心意気!正しきことに使えーっ!!
騎馬王丸:俺の正義は、俺が決める!
爆心丸:ッ……ウッ!オオオーアアーッ!!
騎馬王丸:ウッ!なんと!
爆心丸:ダリャアーッ!!騎馬王丸ーッ!!
騎馬王丸:ウッ!フンッフンッフンッフンッ!
爆心丸:フンッ!フッ!フッ!フッ!ウアーッ!
ならば俺もまた、俺の信じる正義を貫く!
フッ!フッ!フッ!
騎馬王丸:フンッフンッフンッ!
爆心丸:この爆心の鎧に込められた、みんなの信頼に応えて!ヤアーッ!!
騎馬王丸:ウッ……
爆心丸:ウオオーッ……爆界天昇……発火ァーッ!!
騎馬王丸:ウオオッ……
爆心丸:ム!
騎馬王丸:ウワアアアアアッ!!
爆心丸:フンッ!
騎馬王丸:ダァッ!
爆心丸:フンッ……!
騎馬王丸:……
爆心丸:……
シュウト:爆心丸ーッ!!
騎馬王丸:ウッ……
シュウト:大丈夫?
爆心丸:ああ……
シュウト:騎馬王丸は……
騎馬王丸:ウッ……
シュウト:ああっ……
騎馬王丸:シュウトといったな……
貴様との将棋、もうできそうもない、残念だ……
シュウト:なに言ってるんだよ!これからは、元気丸と指せばいいじゃないか!何度でも……ああっ!
大神将:(唸り声)
シュウト:武者……大神将!?
大神将:(唸り声)
シュウト:やめてよ元気丸!騎馬王丸は、キミのお父さんなんだよ!
元気丸(大神将):「どけ!シュウト!」
元気丸:そいつは天宮を裏切った、そいつはオイラを裏切った!そいつは母上を裏切った!絶対に許せない奴なんだ!
シュウト:ダメだよ元気丸!アアアッ!
騎馬王丸:……
シュウト:ウワッ……
爆心丸:シュウト!
シュウト:……騎馬王丸?
大神将:(唸り声)
元気丸:ッ……ウウーッ……
シュウト:やめてよ!
爆心丸:シュウト
シュウト:アアッ?
爆心丸:今は戦乱の世、親子とはいえ、相容れぬなら……それも天命
シュウト:そんな!
騎馬王丸:とどめを刺せ!
シュウト:あ……
騎馬王丸:……最後の一局、それで……詰みだ
元気丸:ンンッ!
シュウト:……そんな……
元気丸:ウウッ……ウウッ……!ウウッ……
シュウト:ああ……
元気丸:ウウッ!!ウアアアアアアーッ!!
シュウト:アアッ!
大神将:(咆吼)
シュウト:あ……ああ……アアッ……
爆心丸:ム……アアッ!
シュウト:ああ……!
元気丸:クッ……ヒッ!ウワアアア!!
元気丸(大神将):「ウワアアアアアン!!ウワアアアアッ!!ワアッアアッ……アアアーアアンッ!!」
シュウト:元気丸……
爆心丸:うん、それもよかろう
元気丸(大神将):「アア……ワアアーンッ!アアア……」
騎馬王丸:敗者として命長らえる、か……
元気丸(大神将):「ウワアッ!ワアアアアーッ!」
元気丸:ウワーッ!ウウウ……ウウウーッ……ア……?
武里天丸軍野武士1:大神将がいれば、勝利は我らのものぞ!
武里天丸軍野武士2:このまま騎馬王軍を、蹴散らせい!
騎馬王丸軍野武士2:ええい、奴らを倒せば、天宮統一は目の前だ!いけい!
野武士たち:(トリャ!トリャッ!オー!ウワーッ!……)
野武士たち:(セイッ!ウワーッ!)
元気丸:……グッ……!
武里天丸軍野武士3:アアッ……
野武士たち:(ヤアッ!グッ!オオッ!)
騎馬王丸軍野武士:オオッ……
元気丸:ウウッ!
シュウト:元気丸!
ザコブッシたち:ブッシー!
ザコブッシ1:ブッシ!ブッシー!
元気丸:オマエら……ンッ……
ザコブッシー2:ザコブッシー!
猛禽丸:大神将!?
大神将:(唸り声)
元気丸:オマエら……いつまでも戦乱の世じゃ……
ダメなんだよおーッ!!
元気丸(大神将):「ウウウーッ!!ウワアアーッ!!」
シュウト:天地城が!
爆熱丸:ウッ
ゼロ:オオ……
元気丸:エエイッ……ウウウ……天地城返しーッ!!
大神将:(唸り声)
爆覇丸・機獣丸:アアッ!ウウッ……!
猛禽丸:オオッ!
破餓音丸:オオーッ!
ザッパーザク・グラップラーグフ・デストロイヤードム・
ザコソルジャーたち:ウワーッ!なんだー!?
ザッパー:浮いてる!
野武士たち:ああ……
武里天丸:プルッ!プルッ!プルルルル!
ンー?……オオー!
ザコブッシたち:ザコ?ザコ?ザコ?ザコ?……ブッシ?
元気丸:ハァッ、ハァッ、ハァッ、ハァッ……
ア、ハハ……ああ?
シュウト:ああっ!
爆心丸:ウッ!
シュウト:大神将が!
元気丸:な、何だこれ……オ?エ?あっ、ああ……
シュウト:あれってまさか……
爆心丸:ああ!大将軍の宝船(たからぶね)だ!
騎馬王丸:オオ……
元気丸:オ……
虚武羅丸:……
シュウト:元気丸ー!大丈夫ー!?
元気丸:オ……みんな……無事だったのか!
シュウト:アハッ……元気丸こそ!
爆心丸:フッハッハッハハ!
ゼロ:オオ!元気丸ー!
キャプテン:ハハハハ!ハハハハ!
爆心丸:あっぱれ!元気丸ー!でかしたぞー!
フッハッハッハッハ!
リリ姫:良かった
元気丸:アハ!アハハハハハ!キャハハハ!ウハハハ!キャハハハハハ!……
騎馬王丸:天宮を正しく導く者……
未来の大将軍が、俺の子か……
元気丸:イエイッ!アハハハ!アハハハ……
キャプテン・ゼロ・爆熱丸・シュウト・リリ姫:ハッハッハッハッハハ!アハハハ……

 

シュウト:戦いが終わった天宮に、ダークアクシズの要塞が現れた!みんなで力を合わせて、本当の敵を倒すんだ!
次回、SDガンダムフォース「破滅への序曲、ガーベラの正体」

 

 

SDガンダムフォース 第47話 起動!武者大神将

SDガンダムフォース 第47話 起動!武者大神将

SDガンダムフォース 第47話 起動!武者大神将

 

SDガンダムフォース 第47話 起動!武者大神将

 

シュウト:ぼくはシュウト!
天宮(アーク)でついに集結した、ぼくたちガンダムフォース
そこに、黒の鎧を身につけた虚武羅丸が、武里天丸をねらって捨て身の戦いを挑んできた!
ハイパーキャプテンパンチでそれを撃退したんだけど、ぼくとリリ姫が逃げ出したことを知らない元気丸は、天地城に捕まったままだ!
このままじゃ、武者大神将が、騎馬王丸の物になっちゃう!


シュウト:「起動!武者大神将」


武里天丸軍野武士
ノブッシ1:始まった!
ザコブッシ1:ブッシー!
ザコブッシ2:ブッシー!
ザコブッシ1:ブッシー!……ザコブッシ!
ザコブッシ2:ザコ!
ザコブッシ3:ブッシ!
ザコブッシ3人:ブッシー!
武里天丸軍野武士2:最後の防御柵が越えられた!援軍を!
武里天丸軍野武士3:援軍をー!
爆熱丸:フーッ……爆心の鎧に……フーッ……気が貯まってさえいれば……フーッ……
武里天丸:トーリャア!トリャー!
ガンパンツァー:根性が足りんのだ、根性が!
武里天丸:ウーン、そのとおりじゃ!
キャプテンガンダム:やはり天地城は難攻不落の城だ、潜入部隊を送り込んで、敵の指揮官を討つ作戦しかない
シュウト:成功の、確率は?
キャプテン:55.25%だ
シュウト:……よおし、やろう!
武里天丸:頼りにしておるぞー!
キャプテン・シュウト:ン?
武里天丸:ガンダムフォ-ス!
爆熱丸:殿ー!
武里天丸:ンー?
爆熱丸:ありがたき信頼!必ずや我らがガンダムフォースが、正面から乗り込み!騎馬王丸を叩っ斬って参ります!ヤァッ!フン!ウヌ!
翼の騎士ゼロ:正面から乗り込んでどうする!
爆熱丸:ヌ!何?
ゼロ:我々は一度失敗したではないか
同じ過ちを犯すのは美しくはない!
武里天丸:これへー参れ!
金鶴:我が軍が敵の注意を引きつける
銀鶴:リリ姫殿、総攻撃をかける我が軍の陣中に、ガンダムフォース一行の幻を、映し出すことは可能でありましょうか
リリジマーナ姫:……こうでしょうか……エイッ!
ゼロ・爆熱丸・シュウト:オオーッ!
爆熱丸:ハッ、はぁ……
リリ姫:こういう魔法も有効ですよ、エエイッ!
ゼロ・爆熱丸・シュウト:アアッ……
リリ姫:エイ!
ゼロ・シュウト:アアッ
爆熱丸:ウワッ!な、なんだ!どうした!?俺の体どこ行った!?あれ?
武里天丸:オオー!
ゼロ:これなら天地城に潜入できる!
キャプテン:よし、すぐ出発しよう
リリ姫:はい
爆熱丸:……消えた?消えた?ウウ!ウウ!
ゼロ:姫はここに残っていてください
リリ姫:何を言うのです、私(わたくし)もガンダムフォースの仲間です
ゼロ:え、ですが……
リリ姫:ゼロ、できることは惜しまないと誓ったはずです
ゼロ:……わかりました
この翼の騎士(ナイト)、仲間の背中、守って見せます!
リリ姫:……
爆熱丸:よっしゃあ!天地城落としじゃあ!フン!フン!ホッ!フン!
シュウト:うーん……
キャプテン:どうしたんだ、シュウト
シュウト:うーん、将棋の達人って、相手の手を読むのが得意なんだ
爆熱丸:なんの話だ?
シュウト:騎馬王丸の裏をかいて潜入するには、きっとまだ一手足りない、あと一手!
ガンパンツァー:それならワシにまかせい
シュウト:ン?
ガンバンツァー:ついに、ついにワシの真の力を見せるときが来たようだな!
武里天丸:オオー!ウム!
元気丸:ハググ……
騎馬王丸:小わっぱ!まだ腹ごしらえはできんのか!
元気丸:ムグ……あわてんじゃねえよ!フン!
騎馬王丸:いつまでも待ってはおれんぞ、さっさと食え
元気丸:グ……ウエッ……くっそお、本物のシュウト達がどこにいるのか分かれば、連れて逃げられるのに……ムググ……茶ー!ンン?
元気丸:なんだって!?
元気丸:ウ?あれは……虚武羅丸のシッポ?
虚武羅丸:フー……
元気丸:ア……ありがとよ、虚武羅丸
ン!これで心配事はなくなった
武里天丸軍野武士たち:(ウオッ……アアッ!)
武里天丸軍野武士4:殿ーっ!最後の防御柵が、破られました!
武里天丸:タアッ!
金鶴:とうとう天宮の命運をかけた正念場がやってきた
銀鶴:全軍、出撃ー!
武里天丸軍野武士たち:オオーッ!
武里天丸軍野武士たち:オオーッ!
武里天丸軍野武士たち:タァーッ!ヤーッ!
通信:爆覇丸:「騎馬王丸様ァ!武里天丸軍は全軍をこの城、正面にぶつけてきたようです
我ら騎馬王衆も、これより奴らを迎撃いたします!」
騎馬王丸:待て
通信:爆覇丸:「ハァ!」
騎馬王丸:武里天丸軍の中に、ガンダムフォースはいるか
通信:爆覇丸:「敵軍中央部に確認済みです」
騎馬王丸:やはりな……爆覇丸よ!
おぬしら騎馬王衆は、後方の守りを固めよ!
通信:爆覇丸:「何故(なにゆえ)でございますか?」
騎馬王丸:奴らは影だ、本物なら必ず、先陣を切って来るであろうよ
通信:爆覇丸:「……では」
騎馬王丸:必ず死角を突く手を指してくる、あのガンダムフォースどもはな……ゆけ!
騎馬王丸:さて……ン?
元気丸:もうダメ……もうイラナイ……もうお腹いっぱい……フッ!
騎馬王丸:なっ……食い終わったらさっさとゆかんか!
元気丸:まあまあ
騎馬王丸:いい加減にせぬか!
元気丸:あわてんなって……とりあえず、食後の休憩をね……
騎馬王丸:もう待てん!
元気丸:まあまあ……うわっぷ!
こらあ!何すんだよこの野郎!離せよコラ!離せ離せ!離せ!もっと丁寧にあつかえー!
騎馬王丸軍野武士:……ア?
ゼロ:このまま潜入できそうだな
キャプテン:うむ、そうだと良いのだが
ゼロ:上手くいくさ
爆覇丸:……姿は見えぬが気の流れが乱れている
やはり騎馬王様の言われたとおりか!
猛禽丸:トオ!
機獣丸:フン!
猛禽丸:うなれ!天の矢!(文字:猛禽絶刀波)
機獣丸:機獣!大乱射!
ゼロ:超魔法!アイフィールド!
リリ姫:キャア!
爆覇丸:ハハハハハ!騎馬王丸様の看破されたとおりであったわ!
ガンパンツァー:ドワーッハッハ!
勝ったつもりなど100万年早いわ!
見よ、ワシの真の力を
ザコブッシ3人:なんと!人型に!変形したブッシ!
ガンパンツァー:イヨッと!ファイアー!
ザコブッシたち:ブッシー!
爆覇丸:……何ィ!
キャプテン:ここは突破させてもらおう!
ゼロ:いくぞーッ!エイッ!
猛禽丸:トオッ!……ウヌッ!エイッ!
ゼロ:ウウッ!
猛禽丸:エエイッ!
ゼロ:フッ!
猛禽丸:オオッ……
ゼロ:……テイッ!
猛禽丸:ドワァハァッ!
キャプテン:ウッ!……フッ!
ガンパンツァー:ドワーッハッハッハ!
さー、かかってこんかあ!
ザコブッシたち:ブッシー!
爆覇丸:貴様らもここでぇ、終わりだーッ!
リリ姫:シュウト……信じています……
爆熱丸:作戦、うまくいっているようだな
シュウト:まだわからないよ、相手は騎馬王丸だ
……親子が殺し合うなんて間違ってる、元気丸が自分の子供だって知ったら、騎馬王丸だって!
爆熱丸:それはどうかな……ここは天宮、そして今は戦乱の時代だ
シュウト:そんな……でもぼくは何とかしたいんだ!
爆熱丸:突っ込むぞ!
炎天號:火ヒーン!
シュウト:ウワア!
騎馬王丸:さあ……道を開いてもらおう
俺の覇道を!大神将への道を!
元気丸:ああー忘れてた!これじゃ道は開けねえ
騎馬王丸:どうした!
元気丸:茶ぁ飲んでねーよ、茶ぁ!食後の茶がまだだった!
騎馬王丸:……
元気丸:んー?いーのかよ?オイラを斬ったら大神将は動かねーぞ?
……おーいシュウト!ひーめー!腹減ってねーかー?オーイ!
オーイ!フフ……オーイ!
騎馬王丸:今すぐ道を開かねば、あの2人、どうなっても知らんぞ!
元気丸:……ヘン!人質を盾に脅すなんて、騎馬王丸もセコいなー!セコいセコい!
騎馬王丸:何ぃ?
元気丸:やってやるよ、今すぐな!
騎馬王丸:手こずらせおって
元気丸:わ!!
騎馬王丸:どうした
元気丸:ム……ちょっと
騎馬王丸:今度は何だ!
元気丸:ヘヘン……プ!
騎馬王丸:ウオッ!
元気丸:ヘン、しっつれー!イヒヒ……
騎馬王丸:おのれぇ、小わっぱー!!
元気丸:ほら!
騎馬王丸:ム……
元気丸:やるぞ
騎馬王丸:オオ……!これが大神将への道か!
元気丸:……
騎馬王丸:フッハッハハハハハ!来い!
元気丸:ウワア!離せよ!このぉ、離せったら!
何すんだ、離せよ!
炎天號:火ヒーン!
爆熱丸:待て!騎馬王丸!
シュウト:元気丸ー!
元気丸:ングー!離せよー!
シュウト:元気丸ー!
爆熱丸:遅かったか!

 

騎馬王丸:……ここは?
元気丸:ンッ……
爆熱丸・シュウト:ウワッ!
騎馬王丸:は……おお!
元気丸:アアッ
騎馬王丸:見える……見えるぞ!
ウッハッハッハハハ!ウッハッハハハハハ!ウッフフフフ……
元気丸:ン……
騎馬王丸:さあ、目覚めよ!大神将!
武者大神将:(唸り声)
シュウト:ああ……
爆熱丸:ウウッ……
シュウト:ああっ……大神将が!騎馬王丸が動かしてるの?
爆熱丸:そうだとしても、城からは簡単に出られないはずだ!
爆熱丸:まさか……あれは!
金鶴:何だ……この地鳴りは
武里天丸:……目覚めた!
野武士:あ……あれは
元気丸:オイラの力を使ってる……
騎馬王丸:そうよ……このためにもお前が必要だったのだ、俺の思っていたとおりだった!
ザコブッシ:ウッ!
キャプテン:この振動は!
爆覇丸:ついに目覚めたぁッ!!
キャプテン:ッ!
爆覇丸:武者大神将がぁ!!
キャプテン:ッ!ッ!ッ!フンッ!
爆覇丸:フハハハハ!
大神将:(唸り声)
金鶴:いかん……刀を渡すな!
武里天丸軍野武士たち:(オオー!ワー!)
武里天丸:間にあわなんだか!
武里天丸軍野武士5:(大神将がー!ワー!)
爆熱丸:まだだ!ガンダムフォースは、決してあきらめない!
シュウト:ウン!
武里天丸軍野武士たち:ワー!
武里天丸軍野武士6:大神将といえど、一斉攻撃をかければ!
金鶴:殿!
銀鶴:太音ヶ士磨大丹頂((たねがしまだいたんちょう)で!
武里天丸:ウム!太音ヶ士磨……大丹頂弾、装填!
武里天丸:……よおし!狙えーい!上!下!
騎馬王丸:アッハハハ!ヌッハハハハハハ!
これが、これが大神将か、俺の新しい力か!
勝てるぞ……勝てる!
武里天丸にも、ガンダムフォースにも!
俺は、俺は!勝てる!
元気丸:もらったーッ!!
騎馬王丸:ム!?
元気丸:デエーッヤアーッウアアアーッ!!
騎馬王丸:ウム!
元気丸:ッ……ウウッ……クッソォ……浅い……!
騎馬王丸:おのれ……狙っていたのか
元気丸:ウウッ、お前が大神将の力に酔いしれる……この瞬間を狙っていたのに……
騎馬王丸:見上げたものよ……小わっぱ
いや!元気丸!ふん!……オオ!?
騎馬王丸:この家紋は……
元気丸:エイッ!
騎馬王丸:お前!その刀を、何処で!
……ン……これは
元気丸:ア……何だ?
いったい、どうなっちまったんだ?オ?ヘェ?な、何だ?アア?アアッ?ウウッ……
武里天丸:ムムムムム……ムムムー!
元気丸(大神将):「ウウワアー!!オイラは元気丸!天下一等!元気丸だあ!!」
武里天丸:なんとぉ!
元気丸:動くぞ!
こいつ、オイラの思うとおりに動いてくれる!
……騎馬王丸!!
この武者大神将の力で、お前を倒す!!
騎馬王丸:……元気丸か!
武里天丸軍野武士たち:オー!
シュウト:元気丸が大神将を?
爆熱丸:すごいぞ!
元気丸(大神将):「ウーン……ウワア……ウワアアアアー!!」
騎馬王丸:ええい、機関停止!全砲門展開!全出力を集中しろ!
目標!……敵、大神将!ウン?
大神将:(唸り声)
騎馬王丸:……一斉砲撃、撃てー!!
大神将:(唸り声)
騎馬王丸:何故だ……
何故俺を拒み、元気丸を受け入れるう!?
ヌウンヌウウッ!!
大神将:(唸り声)
騎馬王丸:撃て撃てえッ!!俺の物にならぬ力なら、撃ち倒すのみ!
野武士・ザコブッシたち:ウワー!
爆熱丸:……何故おのれが大神将に拒まれたのか、お前は一生理解できないだろう!
騎馬王丸:貴様にはわかるというのか
爆熱丸:元気丸が持っていた資格を、お前は持っていなかったということだ!
炎天號:火ヒン!
騎馬王丸:小賢しいことを言う
爆熱丸:フン!
シュウト:待って!元気丸が誰だか知ってるの?
野武士たち:(ウワー!)
騎馬王丸:どういう意味だ?
シュウト:元気丸は……あなたの子供なんだよ!
大神将:(唸り声)
元気丸(大神将):「ウウーッ!」
騎馬王丸:馬鹿なことを、俺に子なぞ……ハッ!
回想:元気丸:「ウアアアーッ!!」
騎馬王丸:……元気丸が俺の子……!
大神将:(唸り声)
元気丸(大神将):「ウウウー!」
シュウト:もう戦う必要なんてないんだ!
騎馬王丸:アア……ッ、だから、あの女に残してきた小刀を持っていたというのか……
シュウト:みんなで天宮の未来を考えようよ!
ハァッ、ハァッ……
武里天丸軍野武士たち:(大神将!……)
元気丸(大神将):「ウウウアアー!」
騎馬王丸:俺の息子か……それがどうした!
シュウト:ウッ!……あ……
騎馬王丸:大神将という力を手に入れた以上、元気丸もまた倒すべき敵の1人!
シュウト:敵?自分の子供と将棋を指すのが夢だったんでしょう?
騎馬王丸:夢か……夢など野望の前にはちっぽけなものよ!
シュウト:そんな……そんなの……そんなの間違ってるよ!
爆熱丸:下がっていろシュウト、これが戦乱の世だ
シュウト:でも!
爆熱丸:だからこそ終わらさねばならんのだ!
奴との決着は俺がつける!
炎の武人、爆熱丸!参る!
騎馬王丸:天宮が覇者!天下掌握!騎馬王丸!
……受けてたつ!
爆熱丸・騎馬王丸:ウオオオオッ!!
爆熱丸:グッ……グ……
騎馬王丸:……ムムム……!
元気丸(大神将):「ウワアッ!!」
元気丸(大神将):「……ウワアアッ!!」
元気丸:ハァ、ハァ、ハァ、ハァ……
ンン……ウワアアアアーッ!!
大神将:(唸り声)

 

シュウト:大神将に乗った元気丸が、騎馬王丸と対決!天宮の運命をかけた戦いが、今、始まった!
次回、SDガンダムフォース「炎の天地城、元気丸の叫び!」

 

 

SDガンダムフォース 第46話 虚武羅丸の涙

SDガンダムフォース 第46話 虚武羅丸の涙

SDガンダムフォース 第46話 虚武羅丸の涙

 

SDガンダムフォース 第46話 虚武羅丸の涙

 

シュウト:ぼくはシュウト!
ついにみんなと合流できた!しかもキャプテンは、ハイパーキャプテンにパワーアップしていたんだ!すごいや!
騎馬王衆と対決したぼくたちガンダムフォースは、爆覇丸に土をつけて、天地城から脱出した
そして、新たにリリ姫もガンダムフォースに仲間入り!
でも……あれ?元気丸はどこに行っちゃったの!?


シュウト:「虚武羅丸の涙」


回想:大映像:騎馬王丸:「元気丸に告ぐ
この者達は我が方にて預かっている
助けてやりたくば大人しく姿を現せ!
繰り返す……」
元気丸:おいらは元気丸!呼び出しに応じて来てやったぞ!
騎馬王丸軍野武士
ノブッシ1:元気丸!
騎馬王丸軍野武士2:ってー、騎馬王丸様が探していた奴ではないか?
爆覇丸:確かに元気丸だ
元気丸:騎馬王丸に取り次げ!
シュウトと姫を解放しろ!
騎馬王丸軍野武士2:騎馬王丸様はお留守だ
騎馬王丸軍野武士1:どうする?
騎馬王丸:俺ならいるぞ!
騎馬王丸軍野武士3:騎馬王丸様のご帰還だ!
爆覇丸:騎馬王丸様……
元気丸:ク……!
騎馬王丸:良く来たな、小わっぱ
元気丸:来てやったぞ、今すぐ、シュウトとリリ姫を解放しろ!
騎馬王丸:フン!相変わらず威勢がいい奴よ
まずは城内に入ってからだ、来い
虚武羅丸:虚武羅丸、ただ今戻りました
元気丸:虚武羅丸……
虚武羅丸:此度はそれなる者、この虚武羅丸の力で連れ戻すことができず、申し訳ございません
騎馬王丸:下がれい!
虚武羅丸:ハ!
騎馬王丸:どの面下げて戻ってきた!
虚武羅丸:騎馬王丸様……次なるご命令を!此度の失態、必ずや償って見せまする!
騎馬王丸:小わっぱ1人捕らえられんようでは役にたたん
使えぬ駒になりおって
騎馬の家紋は俺の配下である証
元気丸:アァ!
騎馬王丸:もうお前には与えておけん!
虚武羅丸:ああ……もうひと働き、もうひと働きご命令を!必ずや!お役に立って見せまする!
騎馬王丸:帰るがいい、虚武羅の里へでもな!ハァッ!
虚武羅丸:アア!
元気丸:おい!ひでえ事すんじゃねえよ!
騎馬王丸:うるさいぞ小わっぱ、乗れ!
元気丸:ム……
虚武羅丸:いま一度、働きを!なにとぞ、なにとぞ!
騎馬王丸様ァー!!……クッ……
爆覇丸:騎馬王丸様が一番の懐刀と呼ばれたお前が、地に落ちたものよ!
虚武羅丸:……
猛禽丸:信用を失ったお前など、もはやどこにも行き場はない、いいざまよのう!
虚武羅丸:……
騎馬王丸軍野武士たち:(あー××××……)
虚武羅丸:やらねば!
……騎馬王丸様に、お見せせねばならぬ
俺の働きを……俺の強さを!!
シュウト:エエーッ!元気丸が、天地城に?
銀鶴:物見から報告があった、間違いない
金鶴:敵に内通しておったのだ
リリジマーナ姫:違います
おそらく元気丸は、責任を感じていたのでしょう……騎馬王丸の呼び出しを聞き、私(わたくし)たちを助けるために天地城へ……
シュウト:元気丸を助けないと、大神将が!
爆熱丸:大神将?どういうことだ
爆熱丸:何ぃ!元気丸が、武者大神将のカギー?
シュウト:……元気丸が、騎馬王丸の息子って、本当?
翼の騎士ゼロ:ああ、自分で認めたよ
シュウト:じゃあ、あいつ相手が自分の父親だってわかってて戦ってたの?
キャプテンガンダム:そういうことになる
シュウト:自分の父親を……でも、それって騎馬王丸は知らなかったよね?
リリ姫:ええ、知らない様子でしたね
シュウト:元気丸……
ぼくたちが脱出したってわかれば……
すぐ逃げ出してくれるかな……
武者大神将:(唸り声)
騎馬王丸:わかるか
元気丸:こいつが大神将……
大神将:(唸り声)
騎馬王丸:おお、反応しておるのか!
元気丸:シュウト!姫!
オーイ!大丈夫か!オーイ!
騎馬王丸軍野武士:(ヒソ、ヒソヒソ……)
騎馬王丸:何!……ワシの留守中にそんなことが……
元気丸:オーイってば!オーイ!エエイ……
なんなんだ?あんなモンに熱中してよ……
ったく……
ウッ!アアア……
騎馬王丸:さあ、今すぐ俺に協力してもらうぞ?
元気丸:協力?何をさせようってんだー!?
騎馬王丸:知っているか、こいつは歴代の大将軍達が天宮(アーク)を統一したとき、その鎧となったとも、その傍らで力を貸したとも伝えられる、天下無双の力
元気丸:ヘン!大神将は暴れ神だろ!
だからこんな風に封印されて、大将軍以外は使いこなすことのできない力だ!
騎馬王丸:それが出来るのだ、あの額の宝玉に入り、操ればよい
元気丸:宝玉に?
騎馬王丸:入口も何もない宝玉にどうやって入るのかわかるか?
元気丸:……オイラの技か
騎馬王丸:そうだ!
俺が欲しかったのは空間を飛び越える技!
それを持っていたのが、たまさかお前だったということよ
さあ!お前の技、使ってみせよ!
この俺を、大神将の中へ連れて行け!
元気丸:先にシュウトたちを解放しろ!
騎馬王丸:技を使う方が先だ!
元気丸:大神将がお前のものになったら、天宮は手に入ったも同然!だったら先に解放したっていいだろ!
騎馬王丸:解放した瞬間、お前に逃げられては堪らんな、技を使うのが先だ
元気丸:……グッ……ちっきしょう、こうなったら……
よし!おにぎり100個だ
騎馬王丸:何ィ!?
元気丸:実はな、腹が減ってちゃああの技は使えねえんだよ、ウウウ、腹ヘッタ……
騎馬王丸:小わっぱめ、よかろう……
握り飯の用意をせい!
虚武羅丸:……来い、黒の鎧
虚武羅丸:これならば、必ず……
機獣丸:盗っ人に落ちたか
虚武羅丸:何!……これは俺に伝えられた、虚武羅忍群最終奥義伝承者の鎧!
俺が俺の武具を使って何が悪い!
機獣丸:いったん殿にお預けした武具を、城を追い出された者が勝手に使って良いものかあ?
のう、猛禽丸
猛禽丸:まずかろうなぁ!捨てられて、ヤケクソか?
機獣丸:忍びなど、所詮殿にとって使い捨ての駒にすぎんということよ
虚武羅丸:例え……駒であろうと……駒には駒の誇りがある
虚武羅丸:敵将の首、取って参る!
俺の働きを見れば、騎馬王丸様はきっと許してくださるはずだ!
騎馬王丸:まだ満腹せんのか!
元気丸:ング……ぜーんぜん!
爆覇丸:騎馬王丸様!虚武羅丸が敵陣へ正面攻撃を仕掛けております!
騎馬王丸:なんだと!
元気丸:虚武羅丸が正面攻撃……ウソだろ
武里天丸軍野武士:(オー!)
虚武羅丸:ヤアヤア!遠からん者は音に聞け!近くば寄って目にも見よ!
我こそは虚武羅丸!城落としの虚武羅丸!騎馬王丸様の一番の懐刀!
最強の忍び頭、虚武羅丸なりーッ!!
騎馬王丸:痴れ者が!追放された分際で勝手に俺の名を使いおって!
爆覇丸:しかも!黒の鎧を盗み出しております
破餓音丸:裏攻めの忍びが、堂々と表攻めをするとは!
爆覇丸:あやつとことん馬鹿武者に成り下がりましたな
騎馬王丸:爆覇丸、己の失態を棚に上げて何を言っとるか、大事な人質をみすみす逃がしおって……あとで厳罰を覚悟せい
爆覇丸:御意……
元気丸:今がチャンスか……
元気丸:あれ?まさか……
元気丸:エイッ!
元気丸:アァ……虚像か?
それに、一瞬だけど魔法陣が見えた
どういう事だ……

 

虚武羅丸:奥義!虚武羅神速!
武里天丸軍野武士たち:ワー!
武里天丸軍野武士1:敵、第三陣突破!
シュウト:虚武羅丸!
爆熱丸:真っ正面から来るとは、いつもと違うぞ!
武里天丸軍野武士たち:ワー!
武里天丸軍野武士2:第二本陣、突破されました!
シュウト:行こう!
キャプテン:ウン!
武里天丸:負けーん!
虚武羅丸:ヌウ!
シュウト:虚武羅丸!元気丸はどうなったんだ!
虚武羅丸:シュウトと姫が何故ここに……そうか、城にいるのは虚像か!
そんな事はどうでもよい!貴様らが全滅するか、俺が死ぬかだ!覚悟せい!
キャプテン:虚武羅丸、武装を解除して、速やかに投降せよ!
キャプテン・ゼロ・爆熱丸:ムン!
虚武羅丸:フッフッフ……多勢に無勢と思うか?
爆熱丸:よおし、一騎打ちだ!
虚武羅丸:見よ!最終奥義!鏡転同血ー!!
爆熱丸:ウワッ!
爆熱丸:何ッ!
虚武羅丸:フッフッフッフ……ハッハッハッハ!
シュウト:虚武羅丸が爆熱丸になった!
虚武羅丸:ハッハッハッハ……
爆熱丸:……偽者めッ!テヤアーッ!
虚武羅丸:ハッ!フンッ!
爆熱丸:カァッ!
虚武羅丸:ヌンッ!
爆熱丸:テヤアッ!
虚武羅丸:フンッ!ハァッ!フンッ!
爆熱丸:フンッ!ウッ!フンッ!カアッ!!
シュウト:どっちがどっちだかわからないよ!
キャプテン:これでは援護が難しい
爆熱丸:姿は同じでも、必殺技までは使えまい!
火焔熱風奥義!天驚剣!!
虚武羅丸:フン!火焔熱風奥義!鏡天驚剣!
爆熱丸:ウオッ!馬鹿な……
シュウト:必殺技も使えるなんて!
虚武羅丸:貴様の弱点!俺は知り尽くしているぞ!直線武者め!
爆熱丸:ダアーッッ!!
シュウト:爆熱丸ーッ!!……あ、だよね?
キャプテン:99.98%の確率で、そのとおりだ
ゼロ:おのれ貴様ァッ!……アア!?
虚武羅丸は?
シュウト:う……うう……
虚武羅丸:ここだよゼロ
ゼロ・シュウト:アアッ!
虚武羅丸:どうだ、美しいかな
ゼロ:私の美しい姿を真似るとは……許せん!
七曜万象に宿りし……
ゼロ・虚武羅丸:大いなるマナよ!
ゼロ:ウッ!……お前のような偽者に、精霊が力を貸すわけがない!
虚武羅丸:甘く見るなよ、黒の鎧を
ゼロ:……魔法も使えるというのか
シュウト:そんなこと……
ゼロ・虚武羅丸:翼の騎士(ナイト)との盟約の元、精霊達よ、今こそその力を我に与えよ!
ゼロ:超魔法!
虚武羅丸:鏡ヴァイオレット!
ゼロ:ヴァイオレット!
ゼロ・虚武羅丸:トルネード!
ゼロ:オオッ……ウッ!ウウッ!
虚武羅丸:フッフッフ、さらに俺は忍びの者!
ゼロ:ウッ!ウウッ、ウウ!ウワッ!アアーッ!!
シュウト:アアッ!
リリ姫:ゼロ!
虚武羅丸:ハッハッハッハ!
シュウト・リリ姫:アアッ!
虚武羅丸:武里天丸!素っ首頂戴!
武里天丸:来るかーッ!?
虚武羅丸:虚武羅神速!
キャプテン:ウッ!……ダッ!
シュウト:キャプテン!
キャプテン:ウッ……ウッ……
虚武羅丸:飛べない貴様など、俺の敵ではない!
キャプテン:アッ!
虚武羅丸:ハッハッハッハ!我勝てり!
キャプテン:ウッ……ウウウ……
虚武羅丸:武里天丸、覚悟ーッ!
武里天丸:負けーん!
シュウト:やめろーッ!!
武里天丸:クゥーッ!!
虚武羅丸:ウオーッ!……な……なんだこれは……
炎天號:「火ヒーン!」
シュウト:アッ!
炎天號:火ヒーン!
シュウト:炎天號!?
キャプテン:ガンパンツァー!
チョビレロ:チョビレロレロ
キャプテン:オプションF、換装願います
虚武羅丸:おのれ……
次から次へと仲間が現れおって……
覚悟ォーッ!!
武里天丸:来やッ!
爆熱丸:させん!
炎天號:火ヒン!
虚武羅丸:ウッ……
キャプテン:虚武羅丸、私が相手だ
虚武羅丸:新装備か!鏡転同血!
キャプテン:……
虚武羅丸:フッフッフ……
キャプテン:Vアタック!起動!
虚武羅丸:起動!
キャプテン:Vアタックまで使用可能とは……
虚武羅丸:フッフッフッフ……お前らの技など、すべて通用せん!
シュウト:キャプテーン!がんばれー!
キャプテン:シュウト……
キャプテン:ハイパー……キャプテン!パーンチ!!
シュウト:アアッ……
虚武羅丸:フン!
鏡ハイパー!キャプテーン……パーンチ!
キャプテン:ウオオオオオッ!!
虚武羅丸:オオオオオオッ!!
キャプテン:フンッ!!
虚武羅丸:オオッ!!
爆熱丸:オッ!
虚武羅丸:ウオオアッ!!
キャプテン:ンッ!
シュウト:キャプテン……
虚武羅丸:オッ……ウッ……ウウッ……
騎馬王丸:この恥さらしが!
虚武羅丸:ウウッ!
騎馬王丸:追放の身でありながら、我が家臣を名乗り、
あまつさえむざむざと負けるとは!
恥さらしが!
虚武羅丸:ハッ……アアッ……腹かっ捌いて、お詫び申し上げます!
騎馬王丸:お前はもう俺の配下ではない、天地城の門前を穢すなど許さん!
虚武羅丸:き、騎馬王丸様!
せめて……せめて名誉ある最期を!
……クッ、騎馬王丸様!
騎馬王丸:去れ!
虚武羅丸:ウッ……グッ……ッ!ンッ、ウッ!
元気丸:馬鹿野郎!何をする!
虚武羅丸:アアッ……
元気丸:ッ……勝手に散るな!
虚武羅丸:居場所をなくした俺には、もはや腹を切るしか道はない……道はないのだ……
元気丸:……
虚武羅丸:ン?アア……
元気丸:お前は元気モリモリ軍団だ!
勝手に死ぬのは許さねぇ!
虚武羅丸:……
元気丸:とにかく、これ食えよ
お前の道は、オイラが作ってやる!
騎馬王丸軍野武士:元気丸!逃げるつもりならそうはいかんぞ!
元気丸:……逃げやしねーよ
虚武羅丸、食ったら一休みしろ、オイラが許す!
ガンパンツァー:ワシにはわかる!ワシ無しではガンダムフォースを名乗るのは、百万年早いわ!
シュウト:ああ……
キャプテン、ガンパンツァーってもしかして……
金鶴・銀鶴:殿!オオッ……アアッ……
武里天丸:ウッキィウッキィ、ウッキャア、クァ!
キャプテン:ああ、私の教官、ガンバイカーだ
シュウト:やっぱり……
爆熱丸:……いやあー、ずいぶんー大きく育ったものだなー!
ガンパンツァ:やかましい!
全員:ワアーッ!
ガンパンツァー:ワシにはわかる!武里天丸殿の深い作戦!緻密な戦略!部下を思う、熱い気持ちが!
武里天丸:オ?オ?オ?
……気に入ったァ!気に入ったァ!
ガンパンツァー:ワシも気に入りました!
キャプテン:意気投合している
シュウト:よおーし!みんなが力を合わせれば、元気丸を助け出して、天宮の戦いも、終わりだー!
アハハ!
ガンパンツァー:ウム!
虚武羅丸:……
……クッ……アグッ、ム……
ウッ……ウウッ……ハァッ……
ザコブッシ3人:「ザコブッシアワーブッシ!」
ザコブッシ赤:皆の衆、こんにちはブッシ!
ザコブッシ青:ブッシ
ザコブッシ黄:どーもデース
ブッシ赤:本日の会議はー
ブッシ3人:虚武羅丸の秘密を探れブッシ!
観客ザコブッシ:ブッシーブッシーザコブッシ!ブッシーブッシーザコブッシ!ブッシーブッシーザコブッシ!
ブッシ赤:それにはまず、虚武羅忍群を説明せねばなるまい
これが、虚武羅忍群ブッシ
ブッシ青・黄:おおーっ!
ブッシ赤:実はこの他にもいっぱいいるらしいブッシ
ブッシ青・黄:エ!怖いブッシ!
ブッシ赤:聞いたところによるとー……
誰も知らない山奥のさらにまた山奥に、『虚武羅の里』という場所があってー、そこでは全員が忍者としての修行をして、いろんな技を覚えるらしいブッシー
ブッシ青・黄:それって!
ブッシ青:あの技とかー?
ブッシ黄:この技とか!
ブッシ青・黄:ブッシ達もそこで修行するブッシ!
ブッシ赤:いや、その修行というのはー
何日もずーっと木の上でじっとしていたりー
何日もずーっと土の中でじっとしていたりー
何日もずっと食べなかったり
何日もずっと眠らなかったり、すごーく辛いらしいブッシ!
ブッシ青・黄:ヒエー!ブッシー達には絶対無理ブッシ!
ブッシ赤:そういう修行を積むと、ようやく『虚武羅の鎧』をもらえるようになるブッシ!
ブッシ黄:オオー……
ブッシ青:オオ!
ブッシ赤:同じ鎧は1つもなくて、強い人はいろいろー、いくつももらえるらしいブッシ!そして鎧の中で、一番強いと言われていたのがーコレ!『黒の鎧』ブッシ!
ブッシ青・黄:欲しいー!
ブッシ青:必殺!鏡転同血ー!
ブッシ黄:鏡転同血!
ブッシ青・黄:できたー!
ブッシ赤:アン?ちっがうだろ!?この馬鹿ザコがー!
ブッシ青・黄:ウ!じょ、冗談ブッシ
ブッシ赤:ウワサではこの鎧、ナノスキンでできていて、大きさがいろいろ変わるらしいブッシ
ブッシ青・黄:ヘェ!?
ブッシ青:じゃあ、こーんなにでっかくなったりー!ウワアー!!
ブッシ黄:こぉんなに小さくなったりできるブッシー?
ブッシ赤:ウワサではそうブッシ
ブッシ青・黄:ほ、ほ、欲しいーブッシ!
ブッシ赤:でも、黒の鎧は破壊されてしまったブッシー
ブッシ青・黄:な、何ー
ブッシ青:あれ?これは?
ブッシ赤:エ?
ブッシ黄:黒の鎧の、シッポブッシ!
ブッシ赤:アン?
ブッシ青:アア!
ブッシ赤:ア?なんでこんな所にー?捕まえる?
ブッシ青:ウン
ブッシ黄:ヨシ
ブッシ3人:ブッシー!
ブッシ黄:ウ
ブッシ青:ヘ!
ブッシ赤:小さくなったブッシ!
ブッシ青:あ、逃げた
ブッシ黄:へ、どこ
ブッシ赤:どこ!
ブッシ3人:どこ!?どこにいるブッシ!
どこにいるブッシ!
ブッシ赤:待て待てブッシ!
ブッシ青:待て待てブッシ!待ってー!
ブッシ黄:え?もう終わりブッシ?
虚武羅丸:黒の鎧……シッポだけは生き残ったか……
よく帰ってきてくれた……

 

シュウト:ついに元気丸の技を使って、騎馬王丸が大神将に乗り込んでしまった!なんとか止めないと、天宮最大のピンチだ!
次回、SDガンダムフォース「起動!武者大神将」