アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第3話「勇の戦い」全セリフ

ブレンパワード 第3話「勇の戦い」全セリフ

ブレンパワード 第3話「勇の戦い」全セリフ



 

ブレンパワード 第3話「勇の戦い」全セリフ


前回のあらすじ
伊佐美勇という子と出会った時、彼は一人じゃなかった。
同じブレンパワードといったって、私のとも違っていた。
オルファンから逃げ出してきた男の子なんて、あうわけないって…それが実感。


アイリーン
「消耗していないのは、流石ね」
比瑪
「分かります?」
アイリーン
「芯に疲れが残っているわ。いいわよ」
比瑪
「はい」
アイリーン
「無駄な力を抜く事を覚えないとね」
比瑪
「そうですね」
通信先
「分かってるな? 実戦になるかもしれないんだぞ。ブレンに何かあったら逃げりゃいい」
アイリーン
「ナンガとラッセなら大丈夫よ」
比瑪
「分かってます」
アイリーン
「なら、何考えていたの?」
比瑪
「他のブレンパワードと会ったんですよ」
アイリーン
「オルファンに居た機体なんでしょ?」
比瑪
「そうみたいです。でも、一緒に戦ったんです」
アイリーン
「一つ仕事が終わったんだから、今は何も考えずにお休みなさい」
ユキオ
「比瑪姉ちゃん」
アカリ
「ご飯だよ」
クマゾー
「ご飯」
アイリーン
「ご苦労様」
比瑪
「有難う」
ラッセ
ラッセ、着席」
「ナンガ、急げよ」
ナンガ
「急がせると、ご機嫌が悪くなるんだよ」
「よ~しよし、怖くなんかないぞ」
ラッセ
「オール・セット」
ノヴィス・クルー
「オーガニック・エンジン、係数、熱量出ています」
アノーア
「ナンガ機、ラッセ機、発進」
ノヴィス副官
地震感知。高波が来ます」
アノーア
震源地はオルファンか?」
ノヴィス副官
「はい」
アノーア
「ナンガ、ラッセは予定通りに」
ノヴィス・クルー
「よ~し!」
ナンガ
「ほ~ら、お前は俺の手と足になってくれてんだろ? カカシのラッセに負けたら恥ずかしいぞ?」
「ナンガ・ブレン、俺の兄弟」
「おっ……」
ラッセ
「そっちじゃないぜ、ナンガ」
桑原
「何言ってんです、あのブレンパワード?」
三尾
原子力発電の方の電力も回せって言ってるんでしょ?」
「駄目駄目、発振器はそのまま」
研究員
「え、山の上に運ばないんですか?」
三尾
「アンチ・ボディが一人でやるわよ」
楓先生
「今日はトラックが一台だけなんですって」
「だから今日は、お体が痛い痛いの人だけね?」
子供
「あいつ、知らん顔してる」
桑原
「この辺りの市町村の電力を全部寄越せなど、無茶な話よ」
三尾
「あの子は……」
桑原
「本当に、伊佐美翠さんの子供なのか?」
三尾
「悔しいんですか?」
桑原
「何でだよ」
三尾
「『研作博士は若い時からブ男だ』って言ってたじゃないですか」
桑原
「そんな事、言う訳ないじゃないか」

「グランチャーってのは、ブレンパワードに比べて抗体反応って奴が強いんだ」
「オーガニック・エンジンがあれば……」
桑原
「そんなの、ある訳がないだろ。電力だって君が言うほどには回せない」

「オルファンはもう浮上を始めている。海上に出たら人類の手に負えなくなる」
桑原
「だから国連は……人類は、ノヴィス・ノアを建造したんだろ」

「ノヴィス・ノアはサバイバルの為の船だ。地球の海を漂うだけ……」
「けどねおじさん。オルファンって、銀河旅行をする凄い船なんだよ」
「電力だけは回してください」
比瑪
「ご馳走様でした」
アカリ
「後片付けは私達がやる」
クマゾー
「後片付け」
比瑪
「気を付け……」
クマゾー
「わっ!」
ユキオ
「泣くな」
アカリ
「どうしたのよ?」
ユキオ
「平気平気」
直子
「……針をやった後に直ぐ食事が出来るなんて、若いのね」
比瑪
「アイリーンさんの腕がいいんです」
直子
「これ、孫の勇の写真よ。七年前だけど」
比瑪
「間違いありません。ブレンパワードに乗っていた子です」
直子
「元気なのよね?」
比瑪
「私、この子連れ戻してきます」

「勇が行った所には、オーガニック・エンジンを開発した連中も居ます」
「ビー・プレートがあるとも考えられます」
依衣子
「ドクターの昔からの研究仲間が居るんだろ? そいつらがビー・プレートを捕獲しているのか?」
研作
「そんな訳ないだろ」
依衣子
「分かるもんか。勇がビー・プレートを使えるようになったら……」
ジョナサン
「ビー・プレートは、グランチャー以上のアンチ・ボディをリバイバルさせる可能性があるんでしょ?」

「そんな……」
ジョナサン
「ビー・プレートが西東京方面にある事など、我々グランチャー乗りには教えて下さいませんでしたな」
研作
「今日まで、プレート探しは貴公らに任せてきただろう」
ジョナサン
「そうですか。ならクインシィ・イッサー、私が確認させてもらって宜しいですな?」
依衣子
「行くがいい。伊佐美ファミリーがオルファンを私物化していない事を証明する為だ」
ジョナサン
「はっ、嬉しく思います。ジョナサン・グレーン、クインシィ・イッサーには全身全霊を以て従います」
カナン
「勇が脱出する時に、私に何の相談もなかった。クインシィは許さないだろうし、私だって……」
「許さないよ」
兵士
「カナンの出撃は中止だ」
カナン
「何て言ったの?」
兵士
「ジョナサンが出る。カナン機は待機だ」
カナン
「シラーも連れてくの?」
ジョナサン
「シラー、ノヴィス・ノアのブレンパワードが動いている。覚悟が要るぞ」
シラー
「了解です、ジョナサン・グレーン」
「カナンは勇と行動をし過ぎたから、お留守番ね」
依衣子
「カナン・ギモス、聞こえるか?」
「カナンにはプレート収集に行ってもらう。ケイディと組め」
カナン
「ケイディと?」
「5機で出るのか、ジョナサン……」
ジョナサン
「注水してくれ」
カナン
「ジョナサンは勇を殺すつもりだ。クインシィもそう決めたか」
ケイディ
「待てよ、カナン」
カナン
「何だ?」
ケイディ
「俺達はプレート集めだ。ブレンパワードはジョナサン部隊に任せておけ」
カナン
「分かっている」
ケイディ
伊佐美博士からの特命もある」
カナン
「ドクターからの特命?」
ナンガ
「……で、彼は何処で?」
三尾
「あっち」
ナンガ
「触らないでくださいよ?」
ラッセ
ブレンパワードに触っちゃいけませんぜ」
三尾
「この子達に私は好かれていないから、乗る気はないわ」
ナンガ
「事情は聞いたが……オルファンの事、何で一人で戦う気になったか教えてもらいたいな」

「教える事なんてないよ」
ラッセ
「俺達だってブレンパワードで来てるんだ。手助け出来る」

「手伝える訳がない」
ナンガ
「ミスター・ユウ。比瑪の話では、君のブレンはまだコックピットの改装は完璧じゃないって……」

「俺はオルファンで六年間、グランチャーに乗っていた」
アノーア
「比瑪のブレンは追尾しているのだな?」
ノヴィス副官
「はっ、真西へ向かっています」
比瑪
「私ん家の方に来るなんて、嫌だな」
「楓先生、居るかな?」
「あれ、足跡じゃない。あっ……」
「屋根壊したっていうの? あいつがやったんだ」
「みんなは畑仕事に行っちゃったのか」
「何処へ行ったの?」
ナンガ
「オルファンと戦おうというなら、ノヴィス・ノアで一緒に戦おうじゃないか」

「遠慮するよ。あんたら素人と一緒じゃ、何が起こるかさ」
ラッセ
「俺達だって訓練してる。ブレンに取り付けた装備は……」

「装備に頼ってちゃ駄目だな」
「宇都宮比瑪か?」
比瑪
「ああ、そうだ」

「俺は一人で戦って、ノヴィス・ノアが世界中の税金を無駄遣いにしてるって証明してやる」
ナンガ
「オーガニック・エンジンの実用テストをしている船なんだぞ?」

「十年前、親父達が開発した奴だろ? そんなんで……」
比瑪
「だから! みんなでグランチャーを叩いて、オルファンを止めなくちゃならないんでしょ?」
リバイバルしたまんまで、碌な調整をしていない……」
「今、何した!」

「ペラペラ、ペラペラ……敵を連れてきただけの女が!」
比瑪
「敵?」
三尾
「グランチャーが?」
ラッセ
「乗ろうとしたでしょ」
三尾
「研究者として、ブレンのマッスルは気になりますでしょ?」
ラッセ
「ドクター、敵は我々を狙ってます」
三尾
「あらあら」
ラッセ
「ブレン、上げてくれ」

「源野さん、変電所に近寄らないでください」
比瑪
「あんな物で止められるの?」

「メーカーが違うと、はまらないのか」
「迂闊に上昇するんじゃない。狙われるぞ」
「ブレン、はめてくれよ。電力をみんな貰わないとな」
「はまった。偉いぞ」
「頼むから前に出るなよ。マイクロ・ウェーブのショックで、パイロットにダメージぐらいは与えられる筈なんだ」
「そうしたらやってくれ。分かってるよな、嬢ちゃん?」
比瑪
「あんな事で……」
ナンガ
「グランチャーが撃破出来るのか?」
ラッセ
「アンチ・ボディには……」
ジョナサン
「アンチ・ボディの反応は四つだというのか? そんな機能不全のブレンパワードで!」

「ジョナサン!」
ジョナサン
「敵は殲滅して!」
シラー
「裏切り者を倒すのに、ジョナサンが出る事はない!」
「くっ、ぁっ……!」
ジョナサン
「頭痛か……!」

「今叩くんでしょ! ブレン・バーを使って!」
比瑪
「そ、そっか……!」
ラッセ
「確かに」
「うっ……!」
ジョナサン
「シラー、右の方を任せる」
シラー
「は、はい!」
ジョナサン
「マイクロ・ウェーブでアンチ・ボディを落とそうなんて……勇、甘いぞ!」
「勇、何処だ……?」
ブレンパワードがこんなに使えるのか?」

「あっ、くっ……!」
ジョナサン
伊佐美勇……こういう事なら機体は手に入れられるし」
「シラー、頼むぞ」
「勇の小僧は……!」

「ジョナサン! 俺達が戦ったって、何にもならないんだぞ!」
ジョナサン
「オルファンがやろうとしている事を邪魔する奴は、全て排除する!」
「貴様の任務も同じだった筈だ!」

「今は違う。グランチャーの任務も、オルファンの目的……!」
「オルファンの目的だって、可笑しいんだ!」
ジョナサン
「可笑しくはない!」

「奴は……!」
「ジョナサン!」
「グランチャー部隊の任務なんて、嘘っぱちだ!」
ジョナサン
「オルファンの永遠は、人類の永遠である!」

「その前に、人間が滅ぼされちまう!」
ジョナサン
「人類の遺伝子は、オルファンとグランチャーに残るんだよ!」

「ジョナサン!」
「あっ……!」
ジョナサン
「大体、そんな不完全なアンチ・ボディで、私のグランチャーに勝てる訳がない!」
「死ねよや!」
「な、何だと? ブレンパワードの奴が、ソード・エクステンションを使えるというのか?」
「勇、貴様は私の手を斬った! 勇が……!」

「行ってくれた……」
「あいつ達、大丈夫なのか?」
「アンチ・ボディの空中戦」
比瑪
「はっ……!」
シラー
「こ、これがブレンパワードの反発力? 話が違う……!」
子供
「わっ、落ちたぞ!」
 〃
「ジェット戦闘機が落ちたぞ」
 〃
「爆発したんだ、爆発」
 〃
「先生、大丈夫ですか?」
比瑪
「楓先生は何やってんです? 寄りによってこんな時に戻ってくるなんて」
シラー
「勇の機体は体力を付けているのか」
「ジョナサン・グレーンは?」
子供
「アンチ・ボディだ。グランチャーじゃないぞ?」
楓先生
「比瑪ちゃん? 宇都宮さんね?」
比瑪
「楓先生! 津波も来ます。グランチャーは何をするか分かりません」
楓先生
「クマゾーも、アカリ、ユキオも……!」
子供
「また来た」
楓先生
「え?」

「何やってんだ? お前の仲間が……」
比瑪
「ここは私のお家なのよ。兄弟達に逃げてもらえなけりゃ戦えないでしょ?」

「あいつの家……?」
楓先生
「大根は置いて。バスに乗りましょう」

「直撃される!」
比瑪
「させないわよ」
「邪魔するの?」

「ターゲットが動かなかったら、お前ん家がやられる」
比瑪
「そうか」

「アンチ・ボディ同士の戦いに、みんな慣れていない」
「あいつとなら……」
比瑪
「どうするの、伊佐美勇?」

「避けろ」
比瑪
「え?」

「そういう使い方ではない筈だ。比瑪ちゃん、引っ付けよ」
比瑪
「引っ付く? くっ付くの?」
「狙えないよ」

「狙う事はない。1・2……3!」
「チャクラ・エクステンション!」
比瑪
「シュート!」
ナンガ
「な、何が起こったんだ?」
シラー
「な、何? このオーガニック・ウェーブは……!」
ラッセ
「やれたのは俺の力じゃない……何の光だった?」
比瑪
「何だったの、今の? 伊佐美勇、君……」

「オーガニック・ウェーブ……アンチ・ボディのチャクラ・ウェイブ・モーションって奴かもしれないけど……」
「高波はどうした?」
比瑪
「あっ!」
楓先生
「オーライ、オーライ」
比瑪
「駄目ですよ! ひだまりの館より低い所へ行ったら危険でしょ?」
楓先生
「で、でも、波の高さが……」

「バス二台ぐらいなら、ブレンパワードで運べばいいだろ」
比瑪
「お家はどうするのよ? 波に呑まれちゃう!」

「お前の仲間にも手伝わせて、バスをすぐ運べ」
「波が高い……!」
「チャクラ・シールドは、グランチャーを跳ね除けられたんだ」
「逃げられるよな? ……来い!」
「頼むぜ、ブレン!」
子供
「お家は助かるの……?」
楓先生
「ええ、大丈夫よ。あれなら大丈夫」
比瑪
「これがブレンパワードの威力よね! こういう風に使えばいいんだ!」
ナンガ
ラッセ、見てるか? グランチャーに六年乗ってたという奴の話は、本当のようだ」
ラッセ
「ああ……となれば、奴が何でオルファンから出て来たんだ?」
「しかも、オルファンではグランチャー・タイプしか使ってなかった……」
ナンガ
「締め上げて吐かせるか」
「な、比瑪ちゃん?」
比瑪
「それは、あいつ次第」

「ふぅ、お疲れさん、ブレン……俺達、何やってるんだろうな?」

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第2話「運命の再会」全セリフ

ブレンパワード 第2話「運命の再会」全セリフ

ブレンパワード 第2話「運命の再会」全セリフ



 

ブレンパワード 第2話「運命の再会」全セリフ

 

前回のあらすじ
突然プレートというものが現れて、その中からブレンパワードが生まれた。
優しい目をしたその子に誘われて乗った時、グランチャーっていうのが襲ってきた。
どうしてブレンを目の敵にするの? 貴方は誰?

 

ヒギンズ
「上がってくるのは、4機から5機です」
キメリエス・クルー
「コンガイールより受信。キメリエスよりノヴィス・ノアへ送信します」
レイト
光通信へ接続。ノヴィス・ノアへは届くな?」
キメリエス・クルー
「一分後に島影から現れます」
レイト
「継続中継。ノヴィス・ノアへ」
ノヴィス・クルー
「コンガイールに通信、キメリエス中継。アンチ・ボディ確認」
アノーア
「数を聞いています」
ノヴィス・クルー
「六機です」
ノヴィス副官
「イランド隊、聞こえるな? 海上に上がってくるアンチ・ボディは六機。確認次第、攻撃していい」
アノーア
「比瑪の機体は?」
ノヴィス・クルー
「デッキに出ました」
クマゾー
「ストップ」
ノヴィス・クルー
「何やってんの! 掃除道具はさっさと片付けんの!」
ユキオ
ブレンパワードは擦ってやると喜ぶんだぞ、な?」
アカリ、クマゾー
「うん」
ユキオ
「オーガニック・エンジンのテスト艦だなんて言ったって、ここの船の連中、何も分かってないんだから」
アカリ
「比瑪姉ちゃん、動かすよ」
クマゾー
「動く」
比瑪
「オール・セット」
アノーア
「メルメットは被らないのか?」
比瑪
「この子が嫌がるんですよ。髪の毛の動きからも、何かを感じるみたいなんです」
アノーア
「行かせろ」
ノヴィス副官
「宇都宮比瑪、出ろ」
比瑪
「はい」
ユキオ
「本当の戦争に行くんだ」
クマゾー
「歩いた」
アカリ
「比瑪姉ちゃんが?」
艦内アナウンス
「前方空域、障害物なし。オーガニック・エンジン(?)」
ラッセ
「比瑪が出るんだって?」
ノヴィス副官
「対空対戦、戦闘配置を発令します」
アノーア
「そうしろ。アンチ・ボディは、オルファンから出て来たグランチャーだ」
ユキオ
「調子いい!」
アカリ
「比瑪姉ちゃん!」
ナンガ
「流石だが、実戦になるんだろ?」
ラッセ
「そうなりゃ、俺達にお呼びが掛かる」
ノヴィス・クルー
「みんながみんな、アンチ・ボディになる訳はないだろ」
コモド
「来たのね。全く……」
「この辺りよ」
比瑪
「了解。ナンガとラッセ機はどうなんです?」
コモド
「発進準備が整えば応援に来てくれます」
比瑪
「それまでは一人か……」
コモド
「偵察だよ、余り力まないで」
比瑪
「という事だよ、ブレン」
「そうだよ、怖くなんかない。いつも練習して上手だったんだよ、君は」
コモド
「いつも見事だけど……アンチ・ボディの性能なら、私の方が手早くやってみせるのにさ」
比瑪
「これ、ちょっと乱暴でしょ」

「やった。追ってくるのは3機か……4機?」
シラー
「オルファンから脱出しようっていうのかい、勇?」
「カナン、私の援護だ。分かってるな?」
カナン
「了解」
「シラー・グラス、勇を沈めるつもり……?」
「逃げ切れない。沈められるわよ」

「このブレンパワードは俺に合っている。親父達の言っていた事は間違っていた」
「カナンも追っ掛けてくんのか?」
「ブレン!」
「カナン、付いて来てくれないか? 俺の気持ちは話してきた筈だ」
カナン
「地球は再生させない方がいいから、オルファンを浮上させるんだと言っていたのは、勇でしょ」

「――アンチ・ボディの反応?」
「向こうのブレンパワードか」
ヒギンズ
「オーガニック・レーダーは働いてくれてるけど、本当なの? 機数が分からない……」
比瑪
「やった、掴まえたよ」
「確認出来るかな?」
「4機のグランチャー?」
ヒギンズ
「五百メートルを超えてるんだろ?」
ノヴィス・クルー
「比瑪機、七百メートル突破」
「オーガニック・センサー不調です」
ゲイブリッジ
「順調のようだな」
アノーア
「はい。宇都宮比瑪、いいパイロットです」
ゲイブリッジ
「そうだろう、信じていたよ」
ラッセとナンガのブレンパワードは?」
アノーア
「出す覚悟はさせていますが、そういうレベルです」
ゲイブリッジ
「そうか」
依衣子
「生まれたばかりのブレンパワードに、グランチャーは何を梃子摺っているんだ」
研作
「ブレンには、オルファンの拒否反応が出ていたんだろう」

「その程度の事で、ブレンを捨てる事はなかったんです」
「シラー達には、勇を連れ戻すように命令したわね?」
依衣子
「脱走者は撃破のみ」

「軽率です。ブレンパワードをグランチャーと同じように使える勇なら、調べる事は山ほどあります」
依衣子
「……カナン! シラーとゲイルの攻撃を支援しろ! 動きが甘いぞ!」

「クインシィ……!」
依衣子
「グランチャー部隊としての実力を見せなければ……!」
研作
「依衣子、軽率だぞ」
依衣子
「私はクインシィだ!」
研作
「我々は、ブレンパワードに対する認識を変えなければならないと話していた」
依衣子
「研究は続行すればよい。現在、ノヴィス・ノアが動き出したのだ。それに対して……」

「だからこそ、お父様の意見も聞いて……!」
ジョナサン
「……オルファンは伊佐美ファミリーの物じゃない……」
研作
「オーガニック・マシンというのはな……!」
ジョナサン
「いいではないですか。勇一人が使うゴミのようなブレンパワードなど、使い道はありませんよ」
研作
「オルファンに勇は必要なスタッフだ。ブレンパワードが上手く使えるのなら……」
ジョナサン
「『ブレンパワードは、オルファンにとっては突然変異が生んだ異物である』そう仰いましたな?」
「望まれて生まれてきた物ではない。体力もない」
カナン
「攻撃しろったって、シラーが勇と絡んでいたら攻撃出来ない!」
「はっ……!」
「降りてくるのがアンチ・ボディ……ブレンパワードなの?」
「あれは一年前だった」

「カナンか?」
カナン
「何で相談してくれなかったの?」

「相談したよ。けどカナンは、いつも自分の事ばかり喋っていただろ?」
カナン
「私が?」

「東京でブレンパワードに会ってから、ずっとだよ」
カナン
「そうだったの……」
シラー
「よくやった。撃破しないでオルファンに連れ帰れれば上等だよ」

「シラー・グラス! 放せ、カナン! シラー!」
ブレンパワードだ」
比瑪
「そのブレンパワードを放しなさいよ!」
カナン
「何だ? ブレンパワード?」
比瑪
「同じブレンパワード同士なら……!」

「その声、宇都宮比瑪か」
比瑪
「え、私の名前、何で知ってんの?」

「一年前、グランチャーで会った」
比瑪
「ああ、伊佐美勇か、勇君か」
シラー
「勇!」
カナン
「駄目!」
比瑪
「来るんじゃない!」

「シラー!」
シラー
「な、何だ?」
カナン
「勇!」
ヒギンズ
ブレンパワードが浮上!」

「お、おい」
比瑪
「浮上した。……行け!」

「お、おい、宇都宮比瑪」
比瑪
「あんた逃げたいんでしょ?」
比瑪
「ちょっと、何すんのよ? せっかく助けてやったのに、私から逃げてどうするつもりなのさ?」

「やっぱりお前だったんだ」
比瑪
「今、何をやったの!」

「何って……俺達二人でグランチャーを撃退したんだろ?」
「お前、宇都宮比瑪だろ。お前のブレンパワードの扱い方、イエスだね」
比瑪
「ああ、そうか! そうなんだ! 私達でやったのよね!」

「ちょ、ちょっと、撃破はしてないんだぞ」
比瑪
「そ、そりゃ分かってるわ」

「これが東京湾か」
比瑪
「船の半分は難民キャンプになってるって……」

「どうしてノヴィス・ノアに行かないんだ?」
比瑪
「撃破してなけりゃ追い掛けられるでしょ? 敵を撒くためよ」
「ねね、貴方、去年グランチャーに乗っていたでしょ?」
「なのに、こんな新しいブレンパワードに乗っちゃってさ。どうしたの?」

「色々事情があるんだよ」
比瑪
「オルファンに居たのなら、貴方だってリクレイマーかもしれないし、そんなら貴方、私の敵よ?」

「よく喋る女だな」
比瑪
「助けてあげたのに、何て言い方?」

「誰がお前なんかに頼んだ?」
比瑪
「この辺りはね、ちょっと前までは、夜の空の星以上の輝きに満ちていた都会があったのよ?」
「でもさ、オルファンが動いたお陰で、みんな沈んじゃったのよ」

「順序が逆だ。地殻変動のお陰でオルファンが海底から出たんだ」
「それに呼ばれて、オルファンの体を掃除した連中が居た」
比瑪
「そういう人がグランチャーを使い出して、地球の文明を破壊しようとしている」

「話はそう。けど、そうはさせないよ」
「そうする前にあいつらを潰す。そうしなけりゃ……」
比瑪
「ちょっと、待ちなさ……わっ!」
「有難う、ブレン」
「あいつ……!」
アノーア
「リクレイマーの伊佐美勇が、ブレンパワードに居たというの?」
比瑪
「はい」
ゲイブリッジ
「直子さんが予想していた通りでした。勇君の生存は確認出来ましたよ」
直子
「勇が、両親と依衣子の言う事を聞かないで、一人でオルファンを出て来たというのですか?」
比瑪
「だって、一人で脱走してきたみたいな事を言ってました」
ゲイブリッジ
「オルファンも一枚岩ではないという事ですよ」
「マコーミック艦長。オルファンに対して、我々だって戦いようはあるという事です」
アノーア
伊佐美勇のブレンパワードは、ナンガとラッセに追い掛けさせます」
ナンガ
「了解」
ラッセ
「行きますわ」
ナンガ
「ターゲットは捕捉出来てるんでしょうね?」
アノーア
「本艦のオーガニック・レーダーは、まだまだ大雑把でね」
ナンガ
「だとさ」
ラッセ
「承知の覚悟ね」
三尾
「はぁ、全く……よく降るよ、また……」
「三千二百飛び三番地のM部分に……」

「……情報通りだ。この大学ではプレートの研究をやってる」
「こういう所に、例のビー・プレートが保管されている可能性は、十分にあるよな」
「ぶち破るか」
三尾
「ん?」

「窓を壊すしかないか」
三尾
「はっ……!」
「こ、これ、もしかして……」
「アンチ・ボディじゃない。しかも新しいタイプの」
「こいつ……剥がれた?」
「あ、貴方は、私の研究を奪いに来たのね?」

「プレートの研究者なら、ビー・プレートの存在を知っている筈だ」
「このキャンパスに、二枚のプレートが保管されてるのは分かってる。見せろ」
三尾
「マイクロ・ウェーブの発振器が目当てじゃないの?」

「プレートの保管場所は?」
三尾
「貴方、リクレイマーじゃないの?」

「案内しろ」
三尾
「は、はい。付いてらっしゃい」

「マイクロ・ウェーブ発振器って、オーガニック・エンジン用の奴か?」
三尾
「当たり前じゃないの。ここはオーガニック研究所よ」

「だから来たんだ」
三尾
「残念ながら、そのエンジンは伊佐美式の物しかないけどね」

「十七・八年前の、玩具みたいな奴だろ」
三尾
「やはりリクレイマーね。とうとうオルファンから来た……」

「開けろよ」
「聴診器はないの?」
三尾
「何それ?」

「医者が使う奴だろ」
三尾
「そんなのある訳ないでしょ?」

「メガホンみたいのでもいいよ」
三尾
「このプレートさ、ただの」

リバイバルしないプレートかな」
三尾
「硬化始まってるもの」

「ビー・プレートとかいうのとは違うのか……」
「あいつ、くっ……!」
警備員
「こ、こいつ……!」

「あいつ、冗談やってるのか?」
「俺のブレンをどうするつもりだ?」
三尾
「オーガニック・エナジーを研究していれば、触りたくなります」

「アンチ・ボディは、パイロットとの……」
三尾
「研究員です。調べさせてもらいます」

「ふざけるな、この……降りろ!」
三尾
「やめなさい!」

「アンチ・ボディは人を選ぶんだ」
三尾
「私が乗ろうとした時、このブレンパワードは優しい顔をしていたのよ」

「え、こいつが?」
「くっ、うぅっ……!」
「止めろ! 貴方ね……!」
三尾
「私と相性がいいのよ、この子。これなら飛んでくれるわよね、これ」

「え?」
「あっ、あぁっ……!」
三尾
「動いた! 飛んだ!」
「私にも動かせるんだわ、アンチ・ボディを!」

「パワー・ビルトを安定に。興奮させるんじゃない」
三尾
「この子はね、このブレンパワードは私の言うままよ。オーガニック・マシンてこういう物なのよ」
「オーガニック・エナジーを使う物はね、人間の生体の力に感応して動いている物なんだから、当然の事じゃなくて?」

「こいつ、お袋と同じだ」

「私達は、お父様がオーガニック・エンジンの研究をしていたお陰で、オルファンに選ばれたのよ」
「これはとっても名誉な事だわ」

「俺、直婆ちゃんとここに居るよ」
依衣子
「オーガニック・マシン、グランチャーってんだけど、格好良いよ?」

「いいですね、母さん?」
直子
「いいも悪いもないんだろ? お前と研作さんのやる事は、いつもこうだね」

「くっ、貴方ね……!」
三尾
「ほら、ご覧よ」

「やめないか!」
三尾
「私は……!」

「こいつ……!」
三尾
「私は、オーガニック・マシンの研究者なんですよ!」
勇、三尾
「あっ……!」

「ハッチに足を引っ掛けるんだ」
三尾
「お、落ちるのは嫌よ!」

「ブレン、何とかしろ」
三尾
「あっ、ぁっ……!」

「やめろ、ブレン。俺がシートに座ったんだぞ」
「こ、こら」
三尾
「お、落ちるわ! と、止めて……!」

「頑張るんだ。すぐ止めます」
「ブレン、着陸してくれ。頼む」
「喧嘩なんかしないからさ」
避難民
「何なの?」
地震?」
「変じゃない? 地震じゃないもの」
「どうしたんだよ」
「な、難民の子供を収容してる所に、来ないでくれ」

「ブレン、お前は俺の命の恩人だ。有難う」
三尾
「お、降ろしてよ……降ろせるんでしょ?」
ジョナサン
「弟さんを撃墜しろという命令、きつくありませんか?」
依衣子
「既に弟ではない」
ジョナサン
「ふんっ……」
依衣子
「私達パイロットは、グランチャーと共にオルファンの抗体になると選ばれた人間です」
「となれば、オルファンにこの身を捧げなければならない」
ジョナサン
「はっ……」

 

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第1話「深海を発して」 全セリフ

ブレンパワード 第1話「深海を発して」 全セリフ

ブレンパワード 第1話「深海を発して」 全セリフ



 

ブレンパワード 第1話「深海を発して」

研究員
「あっ……逃げろ、倒れるぞ!」
「噴火も始まったのか」
カナン
「大丈夫、勇?」

「大丈夫だ。カナンこそどうなんだ?」
カナン
「勇のような無茶はしないわ」

「プレートか……」
ノヴィス・クルー
「カーテン発生まで、後100秒」
「カーテン発生します。80秒前」
「ん、どうなってるの……」
ノヴィス副官
「ノーマル・エンジン、停止」
「オーガニック・エンジンの始動テストだよ。カーテン出たらやって見る。電波障害が出なけりゃいいんだ」
アノーア
「オーガニック・エンジンか……」
「はっ……」
ノヴィス・クルー
「カーテン来ます。2・1……」
ノヴィス副官
「オーガニック・エンジン、始動」
ノヴィス・クルー
「電波障害は出てます」
ノヴィス副官
「オーガニック・エンジン、動きました」
「またこれだ……ノーマル・エンジンに切り替えろ」
「こんなので現代の方舟っていうんですか、ノヴィス・ノアは」
アノーア
「艤装中なのに十秒は動いたのだ。順調ですよ」
ノヴィス・クルー
地震キャッチ」
アノーア
「イランドを発進。周辺のプレート、チェック」
研究員
「よし」
「アンチ・ボディだな……グランチャー・タイプだ」
「あんなのが本当に、海の中から出て来たのか」

「これもビー・プレートとは違うな」
カナン
「どちらにしても、プレートは全て回収でしょ?」

「真面目だな。そんなにオルファンに認められたいのか?」
カナン
「私はグランチャーのパイロットになれた事を誇りに思っているのよ?」
「それに、オルファンのリーダーが御両親の勇とは、身分が違うでしょ」

「そんなの関係ないだろ」
「また地震?」
カナン
「東の方に新しいプレート? クインシィ・イッサーに照会するわ」

「『プレートは全て回収せよ』だろ?」
研究員
「あいつら、プレートを運んでいるぜ」
「何て連中だ」
ユキオ
「また余震だ」
アカリ
「今度は近かったんじゃない?」
比瑪
「アカリ、登る道を見付けて」
アカリ
「うん」
ユキオ
「よ~し」
比瑪
「せっかくみんなの食料も見付かったんだし……」
アカリ
「こっちが道になってる」
比瑪
「最終のバスに乗らないとね」
「あ、あれ……」
ユキオ
「あっ!」
アカリ
「何?」
比瑪
「走りなさい!」
避難民
「プレートだ!」
「こんな所にプレートが出るのか?」
「走ってるぞ!」
比瑪
「右に逃げて!」
アカリ
「比瑪姉ちゃん!」
比瑪
「これ以上来て、どうするつもりなの!」
「逃げて!」
「泣かないでよ、クマゾー」
「プレートからアンチ・ボディが生まれる……テレビで言ってたリバイバルって、この事?」
「あっ……!」
ユキオ
「グランチャーっていう奴が出来たんだ」
アカリ
「嘘だ~」
「あ、あれさ、悪い奴じゃないの?」
比瑪
「そういうのって分かってないみたい。グランチャーっていうのと違うわ」
「この子……この子って……」
クマゾー
「比瑪姉ちゃん」
ユキオ
「駄目だよ」
比瑪
「この子、優しい目をしてるよ」
「ほらね、見ててご覧」
ユキオ
「でもさ」
「駄目だよ、比瑪姉ちゃん」
比瑪
「この子、生まれたばかりの赤ちゃんなのよ」
アカリ
「これで赤ちゃん?」
消防士
「そのアンチ・ボディから離れなさい」
比瑪
「この子は誰かに、面倒見てもらいたがってんでしょ?」
「あれ、ここに入れるの?」
消防士
「何がどうなるか分かっていないんだ」
比瑪
「調べもしないで……!」
「ポカポカしてる。スベスベしてるのに柔らかいなんて……」
「外が見える?」
「色んな言葉があった」
「貴方はどうしたいの? 生まれたのなら、貴方、何かしたいんでしょ?」
「立てば? 立ってから考えましょう」
「た、立てるのね?」
「た、立てたのよ、貴方。落ち着いて。貴方はちゃんと歩けるわ」
「さあ、自信を持って」
消防士
「踏み潰されてもいいのか?」
アカリ
「姉ちゃんが乗ってんだぞ!」
消防士
「何言ってるんだ!」
ユキオ
「何すんだよ!」
比瑪
「ウチの子をどうするんです!」
「あっ、何があったの? 貴方……君?」
「別のアンチ・ボディ? あれはテレビで見てるのみたい。あれ、君の仲間なの?」
「動く時はゆっくりよ。物を壊したら嫌われるのよ、君?」

「プレートからリバイバルしてる。カナン、グランチャーじゃないぞ」
カナン
「あのブレンパワードにアジャストした人が居るんだ。誰なの?」
比瑪
「そうよ……」
「そうなのよ、上手じゃない」
「そうやってゆっくり。落ちると壊れちゃうんだから」
ユキオ
「わっ……!」
比瑪
「まだ二人居るのよ? ほら、君……!」
「アカリはクマゾーに手を貸して。急いで」
「そうよ、君上手だね。上手よ」
アカリ、クマゾー
「わっ……!」

ブレンパワードを動かしてる?」
カナン
「破壊するよ、勇。ブレンパワードリバイバルしたら、撃破するのが規則だ」
「はっ……!」
比瑪
「貴方……君、どうしたの?」
「落ちてないわね?」
ユキオ
「あ、あぁ……」
アカリ
「比瑪姉ちゃん……」
比瑪
「貴方ね! この子達落としたら、承知しないから!」
「そうよ、そのまま私達の家の方まで行くの」
避難民
「来たぞ!」
「声に出すなって!」
比瑪
「大丈夫ね?あれがテレビで言ってたグランチャーなら……」

ブレンパワードに乗っている奴!」
比瑪
「誰の声? 何処に居るの?」

ブレンパワードの事を知らないのに、乗るんじゃない!」
カナン
「直ぐに降りなさい!不完全なアンチ・ボディは危険なんです!」
比瑪
「この子、言う事聞いてくれてるわ。お節介はいいわ」

「マスコミの言う事なんか聞いてどうする! ブレンパワードは使っちゃいけないんだ!」
カナン
「押さえて、勇!」
「はっ……!」
「勇、待ちなさい!」

ブレンパワード!」
比瑪
「な、何よ?」
カナン
「あのブレンパワード、力がある。一体どういう事? オルファンのブレンは、魂のない人形でしかないのに……」
「勇……!」

「貴様!」
「はっ……!」
アカリ
「な、何か光った」
比瑪
「生まれた子が立ち上がって飛びたがってたのよ。それなのに、貴方達が来たお陰でビックリして怖がってるわ!」

「怖がってる、だって……?」
比瑪
「貴方達こそ、一体何なの?」

「グランチャーでオルファンの意思を表すものだ」
比瑪
「オルファンって、海の中にある遺跡でしょ?」
「あっ、君は……!」

「あいつ……」
比瑪
「プレートをちゃんと掴んで!人間は落ちたら死んじゃうのよ?」
「オルファンなんて……!」
「大丈夫ね?」
ユキオ
「大丈夫みたいだけど」
アカリ
「早く降りようよ」
比瑪
「オルファンなんて、世界中に地震を起こしてる変な遺跡なんでしょ?」
「女の顔をしてるとか、地球を壊すとかってさ!」

「ペラペラ煩い女が、いい加減な事を言うな!」
比瑪
「私は“女”じゃないわ! 宇都宮比瑪っていうのよ!」
「そっちこそ、変な物を使ってプレート集めしてるらしいけど、何でさ!」

「オルファンが必要としてるからだ!」
カナン
「勇、下がりましょう」

ブレンパワードは、不完全なアンチ・ボディなんだろ?」
カナン
「それに、子供を盾にしているのよ」
比瑪
「盾?誰が弟や妹達を盾にするもんですか!」
「あっ……!」
ユキオ
「何だ?」
アカリ
「どうしたの?」
比瑪
「あ、何……?」
比瑪
「好きにさせると好きに飛んでさ」
「降りるの?」
アカリ
「着いた……」
比瑪
「降りられるわね?」
ユキオ
「アカリ、クマゾーに手を貸してやれ」
アカリ
「ほら、我慢よ」
直子
「……勇とか、依衣子ではないの?」
「グランチャーではないわ」
比瑪
「か、勝手に降りちゃったんです」
直子
「柔らかくもなく、硬くもなし……でも、重い……」
比瑪
「御存知なんですか? プレート……」
直子
「ああ、オルファンにいらっしゃる方?」
比瑪
「オルファンって、あの太平洋の海溝で発見された遺跡とかって事ですか?」
直子
「あっ、いいのよ。いいんですよ……」
「倒れたトマトは集めないとね。食べるでしょ、皆さん?」
比瑪
「え?」
クマゾー
「トマト……」
直子
「ウチのは美味しいのよ?」

「俺の誕生日なんて、誰も覚えてないだろうな……」
「宇都宮比瑪……確かそう言ってたよな」
「あれ一年前だぞ。どういう子なんだろう」
「俺、17歳になってしまった」
「カナン、悪いけど……」

「グランチャー部隊の、伊佐未勇」
研作
「個人差のある抗体反応を、統一したデータにするんだろ?」
「おう」

「あら、丁度良かった。もう一度貴方のデータを取りたいの。準備してくれる?」
「なっ……!」
研作
「勇……!」

「おやめなさい……!」

「オルファンが海の中から浮上したら、人類はみんな死ぬんだろ? そういうのを手伝う仕事なんか、もう嫌だ!」

「貴方もリクレイマーになって七年……オルファン浮上の為に……!」

「精神も肉体もグランチャーに合わせて、アンチ・ボディになる事は辛いんだぞ」
研作
「勇、冷静に……!」

「親父の研究のお陰で子供が実験台にされたんだ」
「お袋だって姉さんだって、ここに来てからは、まるでオルファンのアンチ・ボディじゃないか」
「姉さん!」
依衣子
「裏切り者は!」
研作
「待て、依衣子」
依衣子
「私はクインシィ・イッサー、伊佐未依衣子ではない」

「くっ……!」
依衣子
「逃がすか!」
研作
「依衣子!」

「これが、オルファンの意思だというのですか」
研作
「そうなのか」

「おい、付き合ってくれるな?」
「お前だって、光っていうのを見たいだろ?」
「そうだ、お前はオルファンに居るような奴じゃない」
依衣子
「――本当なのか?」
隊員
「シートが捲れてました」

「急げよ……こんなブレンパワードのゴミ箱で、金属の塊にはなりたくないだろ」
依衣子
「何をボヤボヤしてた!」
隊員
「はっ!」
依衣子
ブレンパワードを動かしたのか」
「勇、動かして……!」

「姉さんが可笑しいんだ!」
隊員
「クインシィ・イッサー!」

「いいぞ……そうだ、正面に丸い物が見えるよな?」
隊員
「ランチャーかバズーカを使いますか?」
依衣子
「オルファンの中だぞ。グランチャー部隊に発進を用意させろ。追撃させる」
「外に出たからって!」

「海水が来たぞ。耐圧掛けられるな?」
「よ~し、いい子だ」
「深海七千メートルだ。大丈夫だよ、お前は潰れていない。強い子だからね」
「さあ、行こうか!」
「出来るじゃないか。けど、ゆっくりは出来ない。……頼むぞ!」

 

 

 

 

 

 

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話 全セリフ

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

 

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

 


ストーカー:さてみなさん。いよいよお別れの時がやって参りました。私には、もう何も説明するべき事は残されていません。そう!これが最後のガンダムファイト!みなさんご一緒にぃぃーっ! みなさん:レディィィィィィーッ、ゴォォー!!


Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!


ドモン:待っていろ、レイン!今俺がぁぁぁっ、ゆくっ!

レイン:ううっ…

サイ:うっ…な、なぁに!?

ジョルジュ:再生!?

チボデー:バカな…こんなスクラップになってまで!

アルゴ:化け物めぇぇっ!

ジョルジュ:うわあああああっ!

アルゴ:うおおおおっ!

サイ:ああああああああっ!

瑞山:な、なんだ突然!

恵雲:おおおっ!

カラト:おおっ…地球が…

ライゾウ:ドモン!容易ならぬ事態だ!動力炉が再生しているらしい!

ドモン:なんだって!?

ライゾウ:お前の仲間が再び戦いを開始した!どうやらデビルガンダムは、我々の想像以上の能力を備えてしまったようだ!

ドモン:わかった父さん!レインを救い、必ずデビルガンダムを止めてみせる!ああっ…うおおおっ!ぐっ!うおおおおおおおっ!

ライゾウ:いかん!相手の注意を分散させて、ドモンへの攻撃を緩めさせてください!

ナスターシャ:了解した!全艦、攻撃よおーいっ!

瑞山:はいわかった!

恵雲:ここは我らに任されよ!

レイモンド:では、左は我々ネオフランスが!

マリアルイゼ:照準、セットいたします!

瑞山:瑞山ビーム!

恵雲:恵雲レーザー!

恵雲&瑞山:発射あっ!

マリアルイゼ:後方から、敵が接近して参ります!

バニー:ガンダムヘッド接近!

ナスターシャ:全速後たぁいっ!

ジャネット:ダメだわ、間に合わない!

キラル:とぅああああああっ!

アレンビー:らあああああああっ!こいつらは私たちに任せてっ!

キラル:皆はドモンの応援を!

恵雲&瑞山:アレンビー殿、キラル殿。かたじけない!

キラル:なんのぉ!ガンダム連合第一部隊は私に続けぇっ!デビルガンダムの脚、一本たりとも地球へ近づけるではないぞぉっ!全員構えぇっ!最大出力!仕掛けるぞぉっ!キラル殺法!曼陀羅、円陣っ!極楽往生ぉーぅ!南無阿弥陀仏!ふーっはっはっはっは、見たか、我らの力!な、何!?うおおおおおおっ!

アレンビー:キラルーッ!

ライゾウ:デビルガンダムめ…地球を飲み込むつもりかっ!

ナスターシャ:全世界へ警告!地球が危なぁいっ!

ホイ:おじいちゃぁーん!

ミン:大丈夫よ、ドモン達が地球を守ってくれるわ!

ホイ&ミン&ハン:うわあああっ!

ハン:そうだ、信じるんじゃ!ワシらのガンダム達を!

チボデー:マシンガァァンッパァァァァンチッ!

サイ:真、流星っ胡蝶けぇぇぇんっ!

ジョルジュ:ローゼスハリケェェェェンッ!

アルゴ:グラビトン、ハンマァァァァッ!

サイ:やったぜぇ!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:うわああああああっあああああっ!

チボデー:うおっ!

ジョルジュ:うあっ!

サイ:うっ!

アルゴ:ううっ!くそおっ…これじゃラチがあかないっ!

アレンビー:ドモン!ドモンはどうしたの!急いで!みんなもたないわ!

男:こちらはネーデルガンダム編隊!Mr-Ⅲ、Mr-Ⅴ、Mr-Ⅸ、大破ぁっ!

パイロット:これより地球はMr-サーティーンが…うおおおっ!

ドモン:うおおおおおおっ!

シャリー:前部甲板!後部左舷!損傷!

ライゾウ&カラト&ナスターシャ:デビルガンダムッ!

ナスターシャ:進路右!さけろぉぉっ!

ドモン:うあっ…ガンダァァァァァァァァムッ!

ライゾウ:おおっ、ドモン!無事だったか…

ドモン:今、俺が真っ赤に燃えるこの手で戦う!だからみんな、持ちこたえてくれぇぇぇぇっ!ゴッドォォッ!フィンガァァァァァァッ!ここが中枢…レイン…レインどこだぁぁっ!んっ!?こ、これはぁぁっ…

カラト:カッシュ博士!このガンダムは一体!

ライゾウ:ま、まさか…信じられん!だが、もしこれがデビルガンダムの最終形態ならば、とんでもない事になっている!

ドモン:なっ…馬鹿なっ!自分の体内で、武器を使うなんてっ!自殺行為だぞぉっ!うっ!ならば、レインを探す前に!ばぁぁぁぁぁぁぁくねつっ!ゴッドォォッ!フィンガァァァァァァァッ!ああっ!レイン!まさかっ!ぐうううっ…ううっ…今のは、レイン…レ、レイン…レ、レイン…なぜ…

 

 

ドモン:レイン!どういう事なんだ!そんな所で何をしているんだ!そうか…一人じゃ出られないんだな…ならばっ!こいつを叩いてやるぅぅぅっ!

ライゾウ:やめろドモン!

ドモン:うっ!ぐわぁっ!ぐっ!な、なぜなの父さぁぁん!

ライゾウ:よく見ろ!

ドモン:ええっ!?

ライゾウ:そのガンダムこそ、レイン自身なんだ!

ドモン:え?

ライゾウ:考えてみろ。デビルガンダムはお前がレインに近づくほど、攻撃を強めその成長を早めた。

ドモン:でもなぜぇぇっ!

ライゾウ:いいか、ドモン!レインはなぁっ、お前を避けているんだ!

ドモン:なんだってっ!?

レイン:あなたを苦しめてきたのは私の父。そして父の罪は私の罪。ごめんなさい、ドモン。もう2度と会う事は無いわ。 ドモン:そんな馬鹿なぁぁぁっ!

レイン:うあああああああああっ!

ドモン:すまないレイン!大丈夫か?

レイン:いやああっ!こっちへ来ないでぇっ!

ドモン:うああっ!ううっ…そんなぁ…

ライゾウ:これで分かったろう!このガンダムこそ、人間の感情を、心理をエネルギーにした、究極の最終形態!そしてレインそのものなんだ!

ドモン:そんなぁ…ここまで来て、最後の敵が、レイン、お前だなんて!勝てるわけなんて無いよぉっ…勝てるわけなんて無い…

アレンビー:あきらめちゃダメ!

ドモン:え?

アレンビー:どうしてレインの気持ちをわかってあげないの?いい?自分の愛する人を、自分の父親が不幸な目にあわせてしまった。レインの心の奥は、そんなあなたへの罪の意識でいっぱい。それであんなガンダムで、心を閉ざしちゃったのよ!だから!レインの心の扉を開くのに、絶対に効く呪文を教えてあげる。それは、「好きだ。」って一言。ねぇ、今までレインに好きだって言ってあげたことある?

ドモン:ああ…

アレンビー:じゃあ、ドモンこそ自分の気持ちに素直になればいいだけじゃない。

ドモン:え…でも…

チボデー:だったら話は早いぜ!

アルゴ:言ってしまえばいいだけだ!

ジョルジュ:そう、誰にも遠慮はいりません!

サイ:アニキのありったけの気持ちを!

チボデー:ぶちかましちまいなよぉ!

アレンビー:ファイトッ!出ないと私、ドモン以外の人、好きになれないよ。

ドモン:アレンビー…

アレンビー:えっへへっ…あっ!うるさいわねぇいっ!さあ早く!

ドモン:ありがとう…ううっ…レイィィィィィィィィィィィンッ!!

キラル:おおおっ…

ライゾウ:止まった!

瑞山:攻撃が…

恵雲:止まった…

チボデー:さあ…これからだ…

ドモン:レイン。聞こえるか、レイン。返事はしなくてもいい。ただ、聞いていてくれればいい。ミカムラのおじさんは、逝ってしまったよ。「全て自分が悪かった。」って、言い残してね。っでもっ!そんな事はもういいんだ!いいんだよ…それとも、その事で俺がお前を責めるって、思ってるのか?なあ、俺たちはこの一年間、一体何をしてきたんだ?俺たちのこの1年間は、一体なんだったんだ?まだ何も答えなんか出てないじゃないか!覚えてるか?あの時、母さんの墓前で、10年ぶりにあった俺たちは、上の連中に、無理矢理ガンダムファイトを押し付けられて、何もわからないまま、地球というリングに放り出された!俺は!無我夢中で闘った!でも、終わってみれば、周りはそしらぬ顔で、後の事しか考えちゃいない。でもそれで、俺たちの1年が終わってしまっていいわけないだろう?確かに、俺はガンダムファイトに勝った。でもそれは全て、お前が一緒に居てくれたおかげなんだ!そうだよ…お前と俺とで闘ってきた勝利なんだ。だから、これからも一緒でなくちゃ、意味が無くなるんだ!

バニー:見て!

シャリー:シーッ!

バニー:ん…

チボデー:はっ!

アルゴ:ぬっ!

ドモン:なあレイン。決勝の朝、俺は言ったよな。優勝したら、お前に聞いて欲しい事があるって。俺は、闘う事しかできない不器用な男だ。だから、こんな風にしかいえない。俺は、お前が…お前が…お前が好きだっ!!お前が欲しいっ!!レイィィィィィィィィィィィィィィィィンッ!!

レイン:ドモォォォォォォォォォンッ!

ドモン:レイィィィンッ!

レイン:ドモォォォォォォォォォォォォンッ!

ドモン:レインッ!

レイン:ドモンッ!ごめんなさい、でも、私もう離れない!

ドモン:放しはしないっ…

レイン:ずうっと、ずうっと一緒よ!

ドモン:ずうっと、ずうっと一緒だ!

ドモン:さああっ…最後の仕上げだっ!

レイン:ええっ!

ドモン&レイン:二人のこの手が真っ赤に燃えるぅっ!

ドモン:幸せ掴めと!

レイン:轟き叫ぶっ!

ドモン&レイン:ばぁぁぁぁぁぁくねぇつっ!!ゴッドォッ!!フィンガァァァァァァァッ!!

ドモン:石っ!

レイン:破っ!

ドモン&レイン:ラァァァァァァラブゥゥッ!てんっきょおおおおおおおっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇんっ!!!

レイン:はっ…

ドモン:さあっ…これが俺たちの門出だ!

レイン:うんっ!

バニー&シャリー&ジャネット:ああああっ…

ライゾウ:おおおおおっ…

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:ドモン・カッシュ!!

アレンビー:ああっ…あっあっ…

ドモン:うんっ…風雲再起ぃっ!

風雲再起:ヒーッヒヒヒヒヒン!

ドモン:行くぞぉっ!

バニー&シャリー&ジャネット:見てっ!地球がっ!

恵雲&瑞山:おおおっ!

ハン:おおおおおっ!

ミン:わあああっ!

カラト:おおっ!市民は無事だぞ!

ライゾウ:そして、どうやら宇宙の覇権なども一緒に消えたようだな…

カラト:はぁぁっ…なあカッシュ博士。これからガンダムファイトはどうなるのかのぉ…

ライゾウ:ふっふっふっふっふ。恐らくは続いていくでしょう。

カラト:ええっ?

ライゾウ:確かに、ガンダムファイトには様々な問題があったようです…ですがそれがわかっているならば、間違いを正す事も可能なはず。

カラト:所詮我々人類は、闘わずにはいられぬ生き物。

ライゾウ:そして、希望の未来を勝ち取っていく。あの若者達のようにね…

バニー&シャリー&ジャネット:うっふっふっふ!

チボデー:おおう!

バニー&シャリー&ジャネット:チボデェーッ!

チボデー:はっはっはっは!

ジョルジュ:うっ…なっ…

サイ:うーっ!

ドモン:さあレイン、帰ろう!兄さんとシュバルツと、師匠たちの愛した地球へ!

レイン:ええっ!

ドモン:ふっ…ガンダムファイトォォッ!!レディィィィィッ!

一同:ゴォォォォォォォォォォォォッ!!

テロップ:さようならみなさん、またガンダムファイト14回大会でお会いいたしましょう…

 


END

 

 

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

 

 

ベルリ:低軌道でモビルスーツ戦などをやれば、みんなで大気圏突入などをやることになる。僕はG-セルフの高性能を使って、ギアナ高地の大地を見ることができた。

 

ベルリ:大地に立つ

 

ベルリ:こんな高性能機をもらっているのに、僕は何をやってるんだ!
ベルリ:あっ メガファウナはどうなっている?!
ベルリ:みんなはどうやって大気圏を突破したんだ?!
ベルリ:ええっ!?
ベルリ:何でこうなるの!?
マスク:ビーナス・グロゥブの技術には感動しているぞ…ベルリ!
マスク:マニィを傷つけた礼はさてもらう!マニィは出るな!
マニィ:G-セルフの上空にも2機、あります!
ミック:大丈夫なんですか?ダーマから出たばかりのダハックで?
クリム:手間は手間だったが…
クリム:移動ポッドのダーマで、このダハックを運んで
クリム:プランダーと4本のビームサーベルを使って見せれば
クリム:天才は、天才だろう。ミック!後ろに新手が2機だ!
ミック:新手の2機!?
クン:センターのアンノウン以外は、すべてジット団で建造したマシンが集結している
チッカラ:ダハックとトリニティはクレッセント・シップに持っていかれたんだから、敵方に回ったってことですかあ?
クン:あれを使って古典的な大気圏突破をした地球人なら
クン:キア隊長の肝いりのビーム・ウイップの威力を見せてやれる!
ドニエル:ミノフスキー・フライトはまだだぁっ!
ステア:イエッサー!
ドニエル:戦闘空域が…
ギゼラ:よろしくー!
ドニエル:ギゼラ!?何で出したんだ!?
ギゼラ:姫様がベルリを助けるって
ドニエル(あちゃ~):あちゃ~ベルリは心配ないのに…!
ステア:G-セルフ ハズ ア パーフェクトバックパック
アイーダ:ああっ!?
ラライヤ:乗ってください!
ノレド:アイーダ、減速が遅い!
ラライヤ:今は第1ナットからのキャピタル・アーミィの艦(ふね)と
ノレド:アメリアの艦隊の方が問題でしょ!
アイーダアメリアの艦隊は全滅しました
ノレド:違うって!北側の下!ギアナ高地の!
ラライヤ:機体、回します!
アイーダ:北側の下に艦隊って…そういえば、父が地球に頻繁に行き来をしていたのは、このことでだったの?
ノレド:こういう機会にアメリアは、キャピタル・テリトリィを占領しに来るって!
ラライヤ:それはあるでしょうね
アイーダ:! あのズッキーニ大統領ならやることよね!
ラライヤ:光信号、使います!
ギゼラ:G-ルシファーの光信号…!?
副長:光信号の下!艦隊らしいものをキャッチ!
ギゼラ:冗談でしょう?ラトルパイソンとクロコダイル級4隻!
ドニエル:ズッキーニ大統領はどれだけ税金を無駄にしているんだぁ…
副長:ギゼラ!第1ナットから出たブルジンはどうなった!?
ギゼラ:ミノフスキー粒子をまいた方向からすれば、ここに降りてきます!
副長:何でそんなことができるんだ!?
ドニエル:トワサンガから流れてきて、キャピタルの黒幕になったクンパ大佐なら仕掛けられるだろ。ステア!面舵!
ステア:ハード トゥ スターボード!ディセンド!
ドニエル:地上画像をまわせ!
ギゼラ:ラジャー!
CA兵:間違いなく艦隊です
ジュガン:そんなインスタント艦隊など、このブルジンのウーシア部隊でたたき潰せる!
CA兵:マスク大尉だって戦ってるんだろ!
CA兵:地上戦みたいな動きですけど…
ジュガン:モビルスーツ宇宙艦隊が地上戦かよ
マニィ:ジーラッハの!センチピードなら!
ベルリ:でかいからってぇぇっ!
ベルリ:あれも宇宙から帰還して…!何かみんなが降りてきて…!
ベルリ:ジーラッハは!?望遠モニターは!?
ベルリ:地上すれすれに艦隊が飛んでるの?
ガランデン艦長:モビルスーツ戦が2カ所ぉ!?
CA兵:いえ!4カ所…のようです!
ガランデン艦長:アメリアの艦隊というのは何だ!?こんな話は聞いていない!
操舵手&ガランデン副長&ガランデン艦長:うわっ!
ガランデン副長:バリアー!ビーム、回避!
ガランデン艦長:マスク大尉は何やってんだ!?
ガランデン副長:巴戦をやってるんですって言ったでしょう!
ガランデン艦長:他人の戦争で死ぬ気などはない。艦隊を突き抜けてカリブ海に出るぞぉ!
ローゼンタール:なんでこうなるまで混戦をやるんですぅ!?地球人は戦争オタクですかぁ!?
ウィルミット:着陸しろって言ったって…
クンパ:ガランデンの働きは、見たいのですが
ウィルミット:そ、そんな!
クンパ:はぁ…
マスク:マニィは!ガランデンに合流しろ!
マニィ:それではルインを助けられない!
マスク:この状況ならヤツだって混乱してくれているだろうし、生まれた大陸に帰ってこられたのだ
マニィ:ええっ?
マスク:引導を渡してやるにはいい機会だと思わないか?
マニィ:ああ~!
マスク:飛び級生は何を考えているんだ!?
ベルリ:艦隊の戦いはやめさせるっ!
マスク:将来、独裁者になるような!血筋の者はぁっ!
ベルリ:あっ!
マスク:この世を、去れぇぇっ!
ベルリ:ヨーヨーだってぇ!?
ベルリ:金縛りなど…!全方位レーザー!
マスク:G-セルフは悪魔かっ!
マスク:マニィは?!
ベルリ:出力が続かない…っていうより、ビーナス・グロゥブのマシンが強力なんだ
マニィ:ルイン!コイツら…!
クリム:ミックは上だ!
ミック:わかってますよっ!
クン:チッカラ!そっちも!
チッカラ:わかってるって!
クリム:ミック、うかつだ!我々のマシンは、彼らが建造した物なんだぞ!
ミック:そうでした…!しかし、彼らの戦い方の手の内もわかったんですよ!
クリム:そうだな。ビーナス・グロゥブのジット・ラボの正体の想像もついたというものだ
クン:何だ、あの編隊は!?
ジュガン:ガランデンを狙うアメリアの艦隊に集中攻撃をかけろ!
ガランデン艦長:ああ…何だコイツら!?
チッカラ:あれがマスク大尉の敵になる艦隊というのならたたく!あっ
クン:こういう場合は下からの攻撃が有効なんだろ
アイーダ:放しなさい!
ラライヤ&ノレド:もう遅い!
ノレド:今からアメリアの艦隊を止めに行ったって、やられるだけしょ!
アイーダ:ラライヤ!父が仕掛けた作戦はやめさせるんです!
ウィルミット:ふぅ~
ウィルミット:ふう…はっ!
クンパ:ん?
クンパ:うわっ!
クンパ:ん?
クンパ:南へ移動しているようです
ウィルミット:ベルの軍艦は…!?あの軍艦の向こう!
クンパ:長官!
ウィルミット:まさかあの戦場の中にベルが!?
クンパ:大地の下のジャングルでも戦いはやっているんですよ!
ウィルミット:えっ?ああっ!
クンパ:うわっ!
ウィルミット:ああっ!
クンパ:長官!
クン:キア隊長!
チッカラ:あれは…!ダハックだろう!
クリム:7機…!いや!9機目ぇっ!
ミック:わたしは4機!あっ大尉!
クン:トリニティとダハックは、アメリアにつくのか!
チッカラ:ジット団は1つ!
ラライヤ:あの大きい軍艦の正体はわかりました!
ノレド:正体?
ノベル:ナンダ?ナンダ?
ラライヤ:あの軍艦に乗っている大人って、大きなおもちゃをもらってはしゃいでるんです!くっ!
ノレド:うわっ!
ノレド:下から攻撃だろう!?
ラライヤ:あそこにいる大人たちが!
ラライヤ:あなたたちは、そういうものを使う意味がわかっていません!
アイーダ:ラライヤ、ノレド!よくやってくれました
ベルリ:パーフェクトバックパックは伊達ではなかったけど、今になって…!クッ!こうも立て続けでは!
マスク:地上をはいずっていたとは
マスク:似合わんぞ
マスク:飛び級生!
ベルリ:シールド!
マスク:貴様には死んでもらわんとクンタラとしては情けないのだぁっ!
ベルリ:アサルト!
ベルリ:何っ…!?
マスク:バッテリー切れだなぁ、ベルリ・ゼナム君!
ベルリ:トリッキーモード!
マスク:クッ…!ベルリ!
ベルリ:な、何だ?
ベルリ:ここは…陥没した穴だ。あっ
ベルリ:ミノフスキー粒子がなくったって…無線はだめか
ベルリ:みんなはどうなっちゃってるんだ?
ベルリ:あっ
クリム:何がビーナス・グロゥブのジット団だぁっ!
ミック:しょせん、懐古趣味の歴史オタクとわかったんだよ!
ミック:あっ
ミック:クリム、ごめん!
ミック:うわぁぁっ!
ミック:ア、アタシは甘かった…!
ミック:ぐわっ!
クリム:はあぁっ!
クリム:諸君らはビーナス・グロゥブから、わたしにやられに来たんだよなぁ!?
クン:キア隊長、ダハックのビームってこんなに強力だったんですか…!?
チッカラ:ダハックめぇぇぇっ!
クリム:プランダーとして使っている暇はないが、バリアーにはなるぞ!
チッカラ:そんなこけおどし!
チッカラ:エネルギーが吸われる!?
クリム:ぬうっ!はぁっ!
チッカラ:キア隊長ーー!
クン:あっ!チッカラぁっ!
クン:うっ!
ミック:アタシの前でよそ見をするからだろぉっ!?
ミック:うっ、クリム…!
クリム:ミックはもう十分に戦った。さがれ
ミック:嫌ですよ!クリムのダハックだって、左腕は使えなくなっているんでしょ!?
クリム:ミックをいじめてくれた黒いヤツな…
ミック:はい?
クリム:あれを潰すには
クリム:ミックは足手まといなんだよ
クンパ:別艦隊を用意していたグシオンは褒めてやれるが、まるで戦いになっていないな
ウィルミット:どこにいるの… メガファウナにブルジン…!?
ウィルミット:ベルなんだから、ベルを鳴らしてちょうだい…!
ウィルミット:まさかね…
クンパ:ふむ…
ベルリ:わかったよ
ベルリ:フォトンサーチャー
ベルリ:パワーの高いところを黙らせれば、人を死なせないで戦いを終わらせられるんだ!
ベルリ:G-セルフフォトンサーチャー!
ベルリ:データ取得。落ちるな!ジャンプ!
ベルリ:もっともフォトンパワーの強い者を!
ベルリ:こういう道具を使えないようにすればいいだけ!うっ!
ベルリ:どこまでもつか…!ジャンプ! あれ?
マスク:マニィ!ガランデンはもっと東だ!
マニィ:G-セルフです!
マスク:何っ!
マニィ:ベルリ!ルインのために
マニィ:いなくなって!
マニィ:G-セルフに逃げられて…!その下の洞窟です!
マスク:マニィはガランデン
マスク:合流しろ!ビットも使うなよ!
マニィ:ルイン先輩…!
マニィ:ごめんなさい…!何の手伝いも…できなくて…!クッ…
マスク:宇宙世紀時代の遺跡かい
マスク:わかったぞ、G-セルフの居場所!
マスク:それと、あのジャンプで貴様はバッテリー切れとみた!
マスク:勝負、かけた!
マスク:そこかいっ!
ベルリ:武装だけを破壊するなんて、できそうにない…!
ベルリ:(姉さん、どうしたらいいんだよ…!)
ベルリ:クッ!
ジュガン:な、何とかならんの!
CA兵:脱出を!
ジュガン:!
リンゴ:生意気に爆撃機のまねをするからでしょ!
リンゴ:見つかりましたか!
ベルリ:リンゴさんにケルベス教官
ベルリ:あっ!大気圏グライダー!?
クンパ:G-セルフが…
ウィルミット:ベルなのね!
ウィルミット:ベルが…うっ!
ベルリ:撃つ!
クンパ:うっ!?
クンパ:うわぁぁぁっ!
ベルリ:まだー!
クン:ならばっ!
クン:なっ、何だこの縛りは!?
クン:何でわたしを縛る!?
ベルリ:縛ったんじゃなくて、つながっているんです!あなたのビーム・ウィップとは違うんです!
ベルリ:もう僕は攻撃はしません。その意味はわかりますよね?
クン:子どもじゃないんだ。わかっている…!
マスク:Gかぁっ!
ベルリ:トラックフィン!
マスク:うっ!おわっ!
マスク:まだぁっ!
ベルリ:何っ!?
アイーダ:あっ!
ラライヤ:ああっ!
ノレド:いっ!?
ウィルミット:う、うう…!
クン:あっ…!
マスク:ク、ハッ!
ベルリ:何でぇ!
ベルリ:銃口!?
マスク:うわっ!
ベルリ:レイハントン! ぐっ!
マスク:ベルリぃぃっ!
ベルリ:動いているなら…
アイーダ:生存者は遭難者の救助です!キャピタル・アーミィのブルジンも不時着しています!すべての遭難者を救出することを
アイーダアメリアの、アイーダ・スルガンの名前を持って命令します!
ウィルミット:ベルー!ベルーぅ!
ベルリ:走らないでよ!
クン:キア隊長、地球にはああいうヤツもいるんですよ
クン:ここで…会わせたかったな
フラミニア:ん~!いいですねぇ!
アイーダ:よく走りましたね。1km以上ありますよ?
フラミニア:トワサンガでもよく人の目を忍んで走っていました
アイーダ:ミラジさんやロルッカさんにもないしょで?
フラミニア:スパイみたいなものでしたから…
ノレド:1人でできるんですか?
フラミニア:腰を下ろせば着られます
アイーダ:時間のようですよ
ノレド:本当なんですか?
フラミニア:トワサンガへ帰ってから考えます
ベルリ:すごいなぁ、女の人って
クルー:そうです。それで擬似フルムーン、セットです
ステア:イエス
クルー:そっちと
ステア:イエス
ステア:オッケー キャプテン!
クレッセント・シップ副長:…
エル:うっ。アメリアまでですからね
ステア:♪
ウィルミット:時間通り発車です
ウィルミット:何です!ああっ!出発しちゃった!
チアたち:フレー!フレー!クレッセント・シップ!フレー!フレー!クレッセント・シップ!世界巡航~イエ~イ!
ルイン:ついに世界一周飛行かい
マニィ:ルイン、コーンスープ
ルイン:おう。すまない
マニィ:きれいねぇ…
ルイン:ああ
ズッキーニ:今次宇宙戦争に命を捧げてくれた
ズッキーニ:勇敢な兵士、士官たちは、祖国アメリアへの義務を立派に果したのであります。わたしの息子、クリムトン・ニッキーニも、この祖国のために命を捧げ…!
男:月が割れた!
ズッキーニ:ん?
男:おい
女:月が
ズッキーニ:つ、月が…!
男:月じゃない!何か…!
女:冗談でしょ!?
クリム:クレッセント・シップで大統領をたたきつぶせ、ステア
ステア:了解!
エル:それはダメです!
クリム:止めないでください!
ベルリ&ノレド&クン&ラライヤ&アイーダ:!
クリム:自分の子どもを戦死させてまで利用する大統領などは潰してもいい!
エル:そうでしょうが…
男:おい!
男:降りてくるぞ!
男:トワサンガの人を怒らせたんだ!
ズッキーニ;バ、バカな…
男:来ます!
ズッキーニ:来るなぁっ!
男:うわっ!
ズッキーニ;ぐわっ!
ミック:キア・ムベッキJr.?
クン:おかしい?
ミック:いいけど…
クン:フフ
クリム:ミック
ミック:ありがとう!
クン:お気をつけて!
ミック:お待たせ
ノレド:うわぁ~!
ローゼンタール&ミラジ:?
ケルベス:何だ?
ノレド:いない!
ラライヤ:今いそがしいのよ
リンゴ:何だ?
ノレド:はっ!はっ!ベルがいない!
ノベル:ベルハドコダ!
ステア:さっき降りたよ
ドニエル:日本で~止まったろ?
ノレド:ええっ!?
アイーダ:ノレドさん、預かり物
ノレド:わっ、あっ
アイーダ:チュチュミィの世話は頼むって
アイーダ:伝言でした
ノレド:えええっ!?
ノレド:うわぁ~ん!
ベルリ:あれ、富士山っていうんですか?
おかみさん:うちとらは三つ富士って言ってけどさ
ベルリ:シャンクで登れるんですか?
おかみさん:山道はあるよ
お父さん:15分だなぁ
ベルリ:ええっ!
おかみさん:あははははっ!
おかみさん:下山するとき、須走りを使うと15分だってこと
ベルリ:は~っ、ふ~っ
ベルリ:そうか!後ろが太平洋で、前が日本海
ベルリ:海を渡って、大陸へ入るぞお!
ベルリ:ん?そうか!飛べ~!
ベルリ:はぁっと!
ベルリ:僕はこれで!
ベルリ:世界一周するぞお!

 


END

 

 

 

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて

 

 

ベルリ:死線を越えて

 

ジュガン:ごほっ!ごほっ!
ジュガン:あんなビラビラしたビームを見たことがあるか?ごほっ、ごほほっ
CA兵:はぁ?撤退?!帰れってことですか!?
ジュガン:ごほっ!ごほっ!
CA兵:もう!
ジュガン:何だって?ごほっごほっごほっ
CA兵:クンパ大佐が帰って来いって
ジュガン:戦術的後退ってことか?うっ…
クノッソス級艦長:あ~もうこんな状態で、ノウトゥ将軍の夢をかなえる戦いなど、できるわけないでしょ!
マッシュナー:それができるんだ。フルムーン・シップ乗っ取りを仕掛ければ
マッシュナー:我々はガランデンの下を潜り抜けなければならないが
クノッソス級艦長:あ~たねぇ…
マッシュナー:我々を追っているサラマンドラが、ガランデンとやり合ってくれる
クノッソス級艦長:…
マッシュナー:そうなれば勝ちにいける!
クノッソス級艦長:そんなにうまくいくか!
マッシュナー:うまくいくって!ロックパイがいってるんだよお!
クノッソス級艦長:それじゃ地球に引っ張られるんだぞ!
マッシュナー:やれるって!
クノッソス級艦長:ええっ…
ドレット兵:投降しましょうよ
マッシュナー:ノーマルアフターバーナーで加速
クノッソス級艦長:!
ドレット兵:し、司令!
マッシュナー:引っ張られないよーに加速っ!
ケルベス:クレッセント・シップから運び込んだコンテナの中に
ケルベス:ルシファーのフィンのスペアはあるから、荷解きさせておきます
ラライヤ:頼みます
ベルリ:それから、バッテリーと水の玉もお願いします
ケルベス:アダムさんとハッパにはどやされるぞ
ラライヤ:戦ったんですよ…?!
ケルベス:言っとくよ
ベルリ:あっ
ベルリ:一番近いクノッソスは…まあ大丈夫か。あっ
ノレド:このウエットシート使いな
ベルリ:ありがとう
ベルリ:大丈夫?
アイーダ:このインナー乾かしてくれてありがとう
ラライヤ:ここのヒーター、効くんですよ
ベルリ:じゃあ僕も
ラライヤ:お父様のこと、ご愁傷様でした…
アイーダ:ありがとう
アイーダ:…父は、軽率だったんです。時代に迎合しようとし過ぎて
アイーダ:組織の持つ力関係に負けた人なんです
ベルリ:……
アイーダ:地球にはいつくばっていたようなアメリア人が、ヘルメスの薔薇の設計図に踊らされて、『イノベーションだ』、『宇宙の革新だ』なんて…!
アイーダ:うっ…
ベルリ:(それで、宇宙海賊まで突っ走ったってこと?)
ラライヤ:ガランデンサラマンドラにクノッソスって、イノベーションですよ
ノレド:どういう意味なの?
ラライヤ:フルムーン争奪戦かも!
ベルリ:そうか…!僕らも急がないと!
アイーダ:そ、そうしましょう!
マニィ:バララに手柄を取られっぱなしでは、このジーラッハがかわいそうです!
フラミニア:戦場を見てきたからって、ここは宇宙ですよ…!?
マニィ:ユグドラシルが心配じゃないんですか?
フラミニア:それはそうですけど
マニィ:(バララに手柄を取られたら、ルインを…)
マニィ:とられちゃうじゃない!
マスク:ビーナス・グロゥブの方々には、軌道が低くなっておりますので、くれぐれも…
クン:だからアタシたちに観戦しろっていうんだろ?マスク
チッカラ:リジットの戦闘小隊もいるんだから、その話は聞けないな
クン:地球人やトワサンガ人には
クン:指一本、フルムーン・シップには触らせない!
マスク:そのためには、この低軌道から侵入するものを撃破する必要がありますが…
マスク:クノッソス!?
クン:トワサンガの?
チッカラ:さっきから追いかけてる?
クリム:クノッソスが低軌道から突っ込んで行ったのは、ガランデンをよけるつもりだな
ミック:マスクのヤツは、フルムーン・シップを抱き込み
ミック:クノッソスは敵(かたき)討ちに出てきたんですね
クリム:あの女司令が生き残っているのか。ならば!
ミック:何でここから加速かけるんです?
クリム:メガファウナが遅れているすきに
クリム:勝利を我が手にするんだろ!
アイーダ:(このメガファウナだって、父が残してくれたもの…)
ルアン:ご苦労様です。お父上のこと、お悔やみ申し上げます
アイーダ:ありがとう。今は、G-ルシファー武装の補充を急ぎます
ドニエル:旗艦の指揮を執るのは姫様です
アイーダ:そんな…!
アイーダ:……
ドニエル:そのために、ビーナス・グロゥブにまでいらっしゃったのでしょう?
アイーダ:そんなの無理です!
ドニエル:姫様の義務なんですよ…?!
アイーダ:!
ドニエル:そのために、我々はできる限りのお助けをいたします
ステア:…
アイーダ:うっ、ううっ…
アイーダ:わたしにはできないよ、ステア…!
ステア:アンタにはできるんだよ!
ハッパ:遅いんだよみんなは!ラライヤは格納庫に入って!
ラライヤ&ノレド:怖い~!
ノベル:ヒェ~!
ラライヤ:は、入ります!
ハッパ:G-セルフG-アルケインのバッテリー交換も同時にやるんでしょ!
ガランデン艦長:バカ!何で出てきたんだ!ジーラッハにだって慣れてないのに!
マニィ:ビーナス・グロゥブで特訓しました!
マニィ:あの火球の数…!マスクと敵も互角の数ってこと…!?
クノッソス級艦長:ガランデンの部隊だ!もう攻撃薄いっ!
マッシュナー:何でマスクは、いつもいつも邪魔をするんだ!ビームシールドを張るんだよ!
ドレット兵:!
クノッソス級艦長:出力は分散できませんっ!それもロックパイの指示だってのかぁ!?
マッシュナー:そぉりゃ、そうでしょう♪
マニィ:ルイン先輩!お手伝いしますっ!
チッカラ:ミノフスキー粒子があっても、フォトン・アイ付きミサイルには意味ないっての!
チッカラ:クン・スーンはどうなの?
クン:お互いに戦力になってるってのにねぇ
クン:ん?
クン:ビーナス・グロゥブの技術に土下座させてやるっ!
マスク:さすがビーナス・グロゥブの技術はすごい…が!死に物狂いの人間は怖いぞ!
マスク:トワサンガ人は!月を見てりゃいいのだぁっ!
ドレット兵:ああっ!
クノッソス級艦長:撃ち落せって言ってんでしょっ!
マッシュナー:……
マッシュナー:そうだよロックパイ!加速をかければいいんだよ!
クノッソス級艦長:うひゃひゃひゃぁ~!
マッシュナー:一緒だねぇ~!
マッシュナー:!
チッカラ:これが戦争かぁ
クン:戦争が文化を進歩させるとは、キア・ムベッキ隊長のお言葉でした
クン:何か?マスク大尉
マスク:高度が低くなり過ぎました。それに…それと、フルムーン所属機の信号!
マスク:援軍!?
マスク:ジーラッハ!?
マスク:マニィの光?
ウィルミット:わたしはここで降りますが
ウィルミット:法皇様はここのまま地球へお帰りください
法皇キャピタル・アーミィの軍艦がここまで降りて…
ウィルミット:クンパ大佐もここに降りたのです。怖がっている職員を励ましてやらないと
法皇:ああ…
ウィルミット:ごきげんよう
法皇:あ、ああ…
職員:23便、発車です!
職員:クンパ大佐の作戦なんですって!
ウィルミット:地球での決戦に持ち込むなんてナンセンスでしょ!
クンパ:ドレット艦隊が全滅したのは司令もご覧になってのでしょ?
ジュガン:だから!あとはサラマンドラをたたけば済むことだったのだ
クンパ:メガファウナクレッセント・シップから補給を受けたということをお忘れだ
クンパ:ん?
ウィルミット:メガファウナにまだわたしの息子がいるんじゃないんですか?
ジュガン:現在はその件を考慮している状況ではない!大佐!カシーバ・ミコシから運び出した耐熱フィルムのコーティングで、ブルジンは、前世紀レベルの大気圏突入ができるのだな?
クンパ:できますよ。ビーナス・グロゥブの技術ですから
ジュガン:よぉし!
ウィルミット:(やはり地球で戦争…)
アメリア兵:まったく知らないモビルスーツモドキです!
サラマンドラ艦長:落せばいいんですよ!
クリム:低軌道だから、上空から攻めてくるのはわかるが
ミック:大型機1機って、正気じゃないですよ!
チッカラ:マスク大尉の見込んだ彼女だ!
クン:突破口を開いてくれたが、ヤツら、ダーマとトリニティを持ち出した?!
マスク:マニィ!よくやってくれた!
マスク:接近戦に大型は振りだ。後退していいぞ!
マニィ:はい!
ミック:あの4機はビーナス・グロゥブのもの!
クリム:ならば互角かっ!
ミック:ビーナス・グロゥブの新兵器!?
サラマンドラ艦長:艦(ふね)は降下させなさいよ!
サラマンドラ副長:ガランデンは降下しています!
サラマンドラ副長:が、降下したら重力に引かれて…
クリム:追うんだよ!
サラマンドラ副長:!
クリム:ついて来い!
ミック:出稼ぎ部隊など沈めぇぇっ!
チッカラ:有線式ファンネル!?
クン:小ざかしいっ!
チッカラ:マスク大尉が見えないよ
クン:足元に降りたろ
チッカラ:足元って下だろ?
チッカラ:ジーラッハも下だ!
クン:マニィってヤツもか?
チッカラ:アイツら、重力は気にならないのかい?股がスースーするのに
クン:チッカラ、何怖気づいてんだ!
チッカラ:おしっこ出そう!
クン:! き、気合を入れよう! せーの!
クン&チッカラ:んっ!
チッカラ:あっ、G-セルフG-アルケインは間違いない!
クン:アメリア軍としてフルムーン・シップを乗っ取る気か!?
ノレド:索敵モニター、真下から2機
ラライヤ:了解!
ノレド:ベルは真っ直ぐ前方の、ガランデンに行って!
アイーダ:出撃前の命令通り!ベルはガランデンを説得する!
ベルリ:ジット団のモビルスーツかもしれないのに…!
ベルリ:うわっ!
アイーダ:姉貴の!
アイーダ:わたしの命令でしょ!
アイーダ:あっ!
クン:マズラスターのビーム・ウィップを破るだとお!?
チッカラ:我々の開発したルシファーだって、褒められない!
ラライヤ:アイーダさん、援護!
ノレド:うえ~ぇ~!
ノベル:ビェー!
#対艦ビーム・ライフルを放ち、フルドレスを展開してビームを放つG-アルケイン
アイーダビーナス・グロゥブの人は!武器は使わないっ!
ベルリ:ガランデンが戦艦同士で
ベルリ:砲撃戦ができる距離に来た!
マニィ:ベルリ、お願いだからルインのために負けてやって…!
マスク:ベルリ…!マニィのためにやられてやってくれっ!
マスク:なっ!?何だ!?この出力のなさは!?
ベルリ:トラクタービームです!こっちへ引っ張れる!
マスク:な、何だとお!?ベルリのG-セルフっ!
マニィ:あっ!ベルリはいっぱいいい目にあってきたんだから
マニィ:残りの運は、わたしたちにちょうだいよ!
ベルリ:もう残っている艦(ふね)は2隻だけなんだから、戦うのはやめられるでしょ!
ガンデン艦長:サラマンドラが射程距離に入ったのなら一斉射だろ!
ガランデン副長:そりゃダメです
ガランデン艦長:アメリア艦隊を全滅させられるのだ!8門!斉射ぁっ!
ガランデン副長:ああっ!
ガンデン艦長:射撃結果を
ガランデン副長:ひっ!お、落ちるぅ!
マスク:貴様はいつも圧倒的な力をもらって
マスク:ぬくぬくとしてクンタラを見下す!
ベルリ:殺しあってうらみだけを生んだって!
ベルリ:あれマニィだろ…?!
サラマンドラ艦長:モビルスーツ戻せぇー!
サラマンドラ艦長:改修しなければ全機全滅するぞ!
アメリア兵:しかし、クレッセント・シップがくれた耐熱フィルムって、ホント大丈夫なんですか?
サラマンドラ艦長:大丈夫だから本艦にも塗ったんでしょっ!
ステア:キャプテン!エマージェンシーをかけてください!
ドニエル:ギゼラ!どうなの!?
ギゼラ:そろそろ限界!
ミック:大尉!サラマンドラへ戻ります!
クリム:おじけづいたのか?
ミック:この高度!地球に引っ張られてるんですよ!
クリム:何ぃっ!?
ラライヤ:もう落ちてます!
アイーダ:落ちてるって…地球に引っ張られているってこと!?
ラライヤ:メガファウナに合流しないと
ノレド:燃えちゃうかも!
クン:やめなって
チッカラ:相手のクセがわかったんだ。今度こそたたき斬ってやる!
クン:アタシたちも、ガランデンで大気圏突入に備えるんだ
マスク:ぶ、武器が使えない!
ベルリ:大気圏突入に備えろ!
マスク:大気圏突入だと?マニィは?!
マスク:マニィ!コントロールができていないぞ!
マニィ:大気圏突入のための耐熱マニュアルがないんです
マスク:後ろ向きになって!
クン:チッ
クン:降下速度が速いな。チッカラ!行け!
CA兵:クン・スーンマズラスター収容!
CA兵:3機、未帰還!
ガランデン艦長:マスクのカバカーリーはどうしたんだ!?
CA兵:マスク機、画像出ます!
ガランデン艦長:これか!
ガランデン艦長:よくわからん!
ノレド:さすがベル!
ラライヤ:メガファウナです!
ベルリ:こういう使い方もあるんだ…!
クン:マスク大尉のカバカーリーが戻っていないって?
ガランデン艦長:ジーラッハとかいうのと一緒に落ちているぞ!
チッカラ:カバカーリーには耐熱フィルムはあるし、ひざ当ては2000度にも耐えられる物だ!
クン:マスク大尉に知らせてやれ
CA兵:プラズマ障害が起こってんです!
クン:それに対応できるアンテナもある!
クリム:こうか。ミック、どうだ?
ミック:ダーマはいい角度です。サラマンドラは何で
ミック:逆噴射をかけないんだ!
サラマンドラ艦長:本艦はクレッセント・シップでコーティングした耐熱フィルムで守られているし
サラマンドラ艦長:メガファウナより改良されておるのですぞお?
ミック:船体に傷はないな?
サラマンドラ艦長:へっ?
ミック:形が複雑なのは気にならないか?
サラマンドラ艦長:形が複雑過ぎるって…!?
ミック:問題なんだよ…!大尉!あっ…
クリム:冷却システムがわかったぞ
クリム:ミック!来いっ!
ミック:クリム大尉!
マスク:マニィ!よくやった。わたしがよしと言ったら逆噴射をかけろ!
マニィ:は、はいっ!
マスク:耐熱フィルムはあったのだが…
ルイン:うまくいくかどうかは、やってみなければわからん!
マニィ:はい!
ルイン:俺とマニィが一緒に助かるためには
ルイン:この方法しかないと思った
マニィ:はい…!
ルイン:失敗したら一緒に死ぬことになる…!
マニィ:いいわよ、ルイン
ルイン:じゃあやるぞ!耐熱フィルムを開いたら、マニィの方で逆噴射全開だ!
マニィ:はい!ルイン!
ルイン:行くぞ…!マニィ!
ルイン:逆噴射!ブレーキっ!
マニィ:行きます!
リンゴ:ラライヤ!足を抱くぞ!
ラライヤ:おお!
アイーダ:ベルリ!ベルリ!
ケルベス:アイーダさん!ベルリのG-セルフはどうしたんだよ?
アイーダ:今見たでしょ!ベルリはサラマンドラガランデンモビルスーツの動きが怪しいからって、警戒に出たんです!
ドニエル:大気圏突入中にだぞ!?
ステア:ベルリ、クレイジー
ベルリ:やっぱりだ。G-セルフのパーフェクトパックの力は…!
ベルリ:うぐっ!ブレーキのアサルト…!コピペ!
ベルリ:これなら敵を追える!
ウィルミット:これで
ウィルミット:ギアナ高地方面でよろしいのですね?
クンパ:ありがたいですな
ウィルミット:ジュガン司令とご一緒なら
ウィルミット:あのブルジンに乗れましたのに
クンパ:わたしはただ、物事を観察するだけの傍観者ですから
ウィルミット:(ブルジンを呼び戻したのは、大佐でしょうに)
ジュガン:ババアめ、また大気圏グライダーかよ
ジュガン:現在、アメリア軍のメガファウナサラマンドラ
ジュガン:ギアナ高地方面に降下中である!諸君のウーシア部隊は、ランゲバインの機動力をもって、追撃中のガランデンをよく助け、アメリア軍を撃破していただく!
ジュガン:なお、本艦は耐熱フィルムと同時に、バッテリーも十分にあるから、音速超えはしない!
サラマンドラ艦長:損傷カ所には風船を使いなさいよ!
アメリア兵:モビルスーツは脱出させましょう!
クリム:何をやってるんだ!
ミック:もう少し減速すれば…!
CA兵:やった!大気圏先頭の用意を!
ガランデン艦長:ちょっと待て!方向転換する前に、前方のメガファウナのケツの穴へ砲撃する!モビルスーツは出撃用ー意!
士官:動けば体が重力に慣れていく!
士官:出撃用意だろ!
チッカラ:くぅっ!何て重力ってぇ!
クン:メガファウナモビルスーツの動きを知らせろって言ってるんだ
ガンランデン艦長:総員!砲撃の衝撃に備えろ!
クン:え?
ガランデン艦長:一連射のあとに、本艦は大気圏飛行へ移る!てぇぇっ!
ベルリ:しまった!メガファウナ!当たるな!
マニィ:ガランデンメガファウナを見つけたんだ!
マスク:そそっかしい艦長だ
ミック:ガランデン、撃ちましたよ!
クリム:当たるわけがなかろう
ギゼラ:後方!熱源!
ステア:イエス!副長!
副長:上げ…下げだ!
ステア:メイン、カット!降下!
ステア&ギゼラ:う、あ~あ~!
ドニエル:こらえろ!
副長:よ~し!ステア!ブレーキかけぇ!
副長:う~わっ!
ステア:メインノズル、ファイア!
ドニエル:よ~し、ステア、よくやった!
ベルリ:減速して大気圏に入るのが精一杯!
ベルリ:こんな高性能機をもらって、僕は何をやってんだ!
クリム:空気抵抗だ。ダーマは放出する!
ミック:はい!
ミック:いきなり実戦でダハックですよ?
クリム:だ~れが操縦していると思っているんだ?
ミック:ダッハハッ!
マスク:右手首以外、問題はない
マニィ:G-セルフ、キャッチ。先行してました
マスク:よし、一撃でしとめてみせる
マスク:それが友人であった者への礼儀だと思っている
マニィ:そうしてやってください
マニィ:そのための手伝いはします
マスク:単独で大気圏突入を成し遂げたG-セルフの高性能…そんなものをベルリのような選ばれた者に持たせておくのは、危険なのだよ…!
クン:マスク
チッカラ:大尉
マスク:ご苦労であります
チッカラ:クン!地球ってさ!あったかいね!
クン:キア隊長、これが本物の土の色ですよ
クン:緑も見える…!

 

 


次回予告
武器を持つパイロットは、地球に帰っても戦う衝動は激しかった。それは…
次回、Gのレコンギスタ「大地に立つ」
見てくれる君へ感謝!


次回予告2
何のための戦いなのか…と考えているひまはなかった。武器を持つパイロットは地球に帰っても、戦う衝動は激しかった。それは僕もだ。しかし、アイーダ姉さんは冷静に戦場を見ていて、一瞬にして僕をなだめてくれた。
次回、Gのレコンギスタ「大地に立つ」
見てくれる君に、感謝の心を

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」

 

 

ベルリ:宇宙のカレイドスコープ

 

バララ:ジット団からいただいたユグドラシルを実戦に投入できれば、アメリアの残存戦力などは、簡単に全滅させられるでしょう
バララ:これができるのも、マニィ・アンバサダ、みんな貴様の活躍があったからだ
マニィ:あっ…
マニィ:そう言っていただいて光栄です
バララ:アタシはいっぱいいい思いをさせてもらったから、大事にすんだよ?
マニィ:えっ?
バララ:では!
マニィ:……
ヤーン:カバカーリーって、クンタラの守護神の名前なんですか?
マスク:いや、クンタラの魂の安住の地、カーバの守護神、カーリーというのが正しいですね
マニィ:この機体にはお似合いですけど
マスク:…
マニィ:ジット団はいろいろ作ったんですね
ローゼンタール:クンやチッカラが運び込んだおかげで、地球に車で大変だったのよ?
マニィ:整備で?
ローゼンタール:組み立てからよ
マニィ:あ~
フラミニア:ユグドラシルが出ます
ルッカ:シンプルな形ですねぇ
フラミニア:大尉、本当にビフロンは壊していいのですね?
マスク:あれはもう限界ですから、本人に始末をつけさせるのです
フラミニア:よくわかりました
マニィ:ここの人たちって、軍人にあこがれているみたいですね
マスク:ビーナス・グロゥブを見てきたのだろう?平和過ぎるとあのような人たちが出てくるのさ
マニィ:大尉はマスクをしていると、軍人って…
マスク:俺は、マニィがこうしていてくれるから、戦う勇気をもらえるのだ
マニィ:……
マスク:今回、マニィがいなくなってつくづく思い知った
マニィ:だったら…アタシの願いを聞いてくれます?
マスク:ああ、聞くぞ。何だ?
マニィ:ベルリと友達になってください!
マスク:それはだめだ。アイツは母親の家系の力で、将来の長官の座を約束されているようなヤツだからな…!
マニィ:それ、誤解です
マスク:アメリア軍の総監の娘とも手を組んだものだから、独裁者のようなものになる!
マニィ:アイーダとベルリは姉弟(きょうだい)なんですよ!
マスク:!? ふざけているのか?
マニィ:トワサンガのレイハントン家の子どもで、赤ん坊のときに地球に亡命させられたんだって…!
マスク:バカな…!
マニィ:G-セルフを操縦できたことで、姉弟だってわかって
マスク:それが本当なら!ますます権力者になる血筋じゃないか!人に食われる過去を持つクンタラなどを、虫けら以下に扱うヤツらなんだよ!
CA兵:リフレクター・バリアー、よし!
CA兵:ビフロンはどう来るんだ
バララ:そんなこと知るか
CA兵たち:ええっ!?
マスク:さすがバララだ。言い出したことはやってみせるな。破片を?
マスク:バララ
マスク:ん?バララ!あら
マスク:バララ!?あっ
マスク:バララ!うっ バララ!
マスク:また!どういうつもりだ!?
バララ:ふざけたんじゃありません
バララ:機動テストです。こんなに速く動くだなんて思わなかったでしょ?
マスク:確かに今の動きは、形からは想像ができないな
バララ:では、ユグドラシルは当初の予定通り、出撃します
CA兵たち:はっ!どうぞ!
ラライヤ:わたしたちが行った場所は、ロザリオ・テンとオーシャン・デスクだけですから
ラライヤ:ビーナス・グロゥブの1%も見ていません
法皇ビーナス・グロゥブラ・グーという方は?
ノレド:とても面白いファッションで、いつも『ごめん、ごめん』って。ねっ
ラライヤ:謙虚な方でした
法皇:200歳…
ベルリ:第2ナットのハイヤーンでは、母とクンパ大佐がお待ちしておりますので
法皇:ありがとう。アメリアの艦隊はいつ出て行ったのです?
アイーダ:父は、ドレット艦隊からの停戦協定の返事が遅いので、急がせたいと出かけました
ベルリ:ザンクト・ポルトから、この低軌道まで戦ってきた艦隊同士が、停戦するなんてこと、あるんですか?
法皇:あのカシーバ・ミコシを返すというのであれば、可能でしょう
アイーダ:失礼
法皇カシーバ・ミコシには、そういう力があるのです
アイーダ:そのような存在を無視する時代になったと、ラ・グー総裁はおっしゃっていました
法皇スコード教やタブーの成り立ちが忘れられるようになったことを、お二人のご両親はおそれていました
アイーダ:ご存知でしたか
法皇:いや、ザンクト・ポルトでおうわさを聞いていたということです
ベルリ:姉さん
ベルリ:失礼いたします、法皇
法皇:ご苦労でした
アイーダ:わたくし、育てられた運命があると思っています。では
法皇:うむ…
ラライヤ:よい旅を
ノレド:ごきげんよう
ノベル:ゴキゲンヨー!
法皇ごきげんよう
ミック:法皇のランチです
クリム:ハイヤーンに行くか
ミック:我々も、行きますよ
クリム:行けよ
ルッカ:拾い物だと思いますよぉ~このダーマとダハック
クリム:ダーマとダハック
ルッカ:ほら、あれです
クリム:ダーマを装甲にしたモビルスーツということですか?
ルッカ:ジット団の連中の自信作です
ミック:ヘッヘヘ
クリム:っ、何だ…?!
ミック:あのトリニティていうの
ミック:邪魔な手足も武装させたって代物で、アタシに使わせてくれるって!フッ!アハハハッ!
クリム:すぐに試し乗りしたいが
スタッフ:なれるのは早い方がいいです
ミック:あっ、姫様!
スタッフ:支度しておきます
クリム:頼みます
ミック:法皇様をお迎えくださったとか
アイーダ:クリム、感謝します
クリム:姫様に喜んでもらえるのはうれしい…!
アイーダ:昨日のサラマンドラの動きがあったから、わたしたちが法皇様をキャピタル・タワーにお戻しすることができたんです
ベルリ:ご無沙汰です!
ベルリ:すごいっすね!これ!
クリム:ジャハナムヘカテーも、戦い続きでかなり痛んでいたから
ミック:こういう物を持って来てくれなかったら、一生恨みましたよ?
アイーダ:本当にごめんなさい、ミック・ジャック
アイーダクリム・ニックにも、わたしのわがままで迷惑をかけました
アイーダ:ごめんなさい…
クリム:クレッセント・シップの手土産は
ミック:そぉりゃ、感動しますよ
ベルリ:……
ベルリ:(姉さん、すごいな)
ノウトゥ:われわれとアメリアの艦隊が、上と下からキャピタル・アーミィを挟み込んでたたこうという作戦は、半分は停戦の申し入れだ
ターボ:アメリアのズッキーニ大統領が、我々のキャピタル・テリトリィへの移住も認めているのですから
マッシュナー:これは和平交渉だろ!
ターボ:体裁はそうなのだが、アメリアはカシーバ・ミコシを押えたのです。交渉は不利になります
マッシュナー:ロックパイの敵(かたき)を討たせてもらってからなら、戦争はやめましょうよ
ノウトゥ:またそれか
クリム:ではラトルパイソンへ直行する
ミック:はい!
クリム:こちらとしては、クレッセント・シップカシーバ・ミコシを保護しているのですから、絶対的に有利だというのに!なぜ停戦協定なのです!?
グシオン:ドレット艦隊とは、連合してだな、キャピタル・アーミィをたたくためだ
クリム:宇宙世紀戦争のトラウマを引きずっている連中などは、信用できません!
ミック:サラマンドラには、耐熱フィルムのコーティングをしてもらいましたから
クリム:地球に降りても勝てるんですよ?
グシオン:あのな…ドレット艦隊だって疲れているのだから、地球に降ろさせてからと、考えるのだ
ミック:えっ?地球に降ろしてから?
クリム:ドレット艦隊のことを考えるって?
グシオン:そのあとのことは、自分の頭で考えるんだな、少年
司祭:ああっ
CA兵:軍事基地になったんだから!
クンパ:申し訳ありません。こちらのお部屋でお待ちください
法皇:第2ナットのハイヤーンまで軍事基地にするなどとは…
クンパ:ご容赦を。ここを最後の防衛線にするためです
ウィルミット:このたびは、カシーバ・ミコシで人質になったりして、ご苦労様でした…
法皇:なに、わたしはいつも同じ部屋に座っていただけですからな
士官:遅い!ジュガン司令を守れるのか!あっ、大佐!
クンパ:ああ、いや、つい見とれてしまいました
士官:司令部に持ち込むんじゃない
CA兵:じゃあどこでやれってんだ!
士官:技術部は別室だよ
ジュガン:んっ?大佐。法皇はご到着ですな?
クンパ:何で司令自ら出撃なさるのです?
ジュガン:ドレットとグシオンの艦隊が合流するというのなら、確かめたい
クンパ:我々には、アメリアの大統領を狙い撃ちできるミサイルがあり、マスク大尉はフルムーン・シップの協力をとりつけたのですジュガン:あのな、戦争の臨場感を知らなくては、指揮は執れん
クンパ:(ドレット艦隊は絶対にキャピタル・タワーを破壊はしない。なのに、戦争をしたがる地球人というのは、腐りきっている…!)
ジュガン:ドレットとアメリアの艦隊が合流している空域に向かうが、アメリアにはカシーバ・ミコシもクレッセントもついているのだから
ジュガン:グシオンがドレットと手を結ぶとは思えんのだ
CA兵:フルムーン・シップと合流したマスク大尉からはまだ何も
ジュガン:面白いことになるから行くんだよ
ジュガン:ごほっ!ごほっ!
CA兵:ブルジン!行くぞ!
ジュガン:!
ドニエル:第2ナットのハイヤーンから、キャピタル・アーミィの戦艦が出てきたっていうのか!?
ドニエル:そういうことって、あり得るんですか!?姫様、ベルリ君?
アイーダ:ブルジンとかいう艦(ふね)が出撃準備していましたよね?
ノレド:なんでお母さんが止めてくれなかったの?
ベルリ:クラウンの時刻表のことしか頭になけりゃ、アーミィに何かなんか言ってくれませんよ
ハッパ:アイーダさん、フルドレス、テストです
アイーダ:あっ、はい
ハッパ:どうぞ
ハッパ:レーザーのレンズ調整はやってくださいよ!
アイーダ:はい
ハッパ:ベルリは、アサルトを引っ張っていけるな?
ベルリ:使うつもりはありませんよ
ハッパ:何で?
ベルリ:長距離からの狙撃なんて、パイロットを殺すだけですから
アイーダ:ベルリ、ありがとう
ベルリ:えっ?
アイーダ:戦い次第で、有効な武器を使い分けましょう
ベルリ:は、はい…
アイーダ:カーヒル大尉のことは、もう、あなたは忘れていいわ
ベルリ:!
ベルリ:ありがとう、姉さん
ケルベス:しかしなぁ、ベルリ生徒、純粋なけん制攻撃ってのにも、アサルとは有効なんだぜぇ?
リンゴ:要するに、みんなを守ってほしいんだよ
リンゴ:G-セルフの力で!
リンゴ:どうしたんだ?
ベルリ:ブリッジのモニター、敵の艦隊チェック!
リンゴ:まめなことで
ラライヤ:わたしも
ノレド:行く!
リンゴ:艦(ふね)からはみ出たら死ぬぞ!
アイーダ:フッ、元気になってくれた
アイーダ:ありがとう
アイーダ:フッ
ベルリ:フッ
ギゼラ:レーダーが殺されましたから、そっちはCGに切り替えました
ドニエル:艦隊が出会う空域にミノフスキー粒子か?
アイーダ:ドレットとアメリアの艦隊って、停戦協定を結ぶとか言ってましたよね?
ドニエル:それを期待してたんだが
ベルリ:カメラのデータをCG化しているにしても
ノレド:艦隊同士の艦(ふね)の動き、すごく変だよ?
ラライヤ:これって、話し合いのための動きじゃありませんよ
ドニエル:ステア!エンジン臨界!
ドレット:無線が使えないということは!
ノウトゥ:この近距離で、艦隊戦をやれということだ!
ドレット:撃てよ!撃たせろ!
ターボ:今砲撃戦をやったら
ターボ:味方のモビルスーツを撃ち落すことになります。アメリア艦隊も迷っているということは、このミノフスキー粒子は第3者がまいたものです
ノウトゥ:第3者だと!?第3者というのは?!
グシオン:フルムーン・シップの方位なのか?
ラトルパイソン艦長:いや、遠過ぎます
グシオン:艦隊戦になる!モビルスーツは後退させろ!
ミック:フルムーンシップから、何か出ましたね
クリム:マスクのことだ、ミックはサラマンドラまでさがれ!
ミック:はい!
クリム:(天才クリム、どう読むこの事態)
クリム:観戦させてもらうか!
ドニエル:ブルジンがモビルスーツ部隊を放出しただと?
ギゼラ:最大望遠です
ドニエル:キャピタル・アーミィめ!面白がってぇ
ドニエル:総員!第1戦闘配置で待機!
ドニエル:ぼやぼやしていたらモビルスーツ戦になるぞ!
バララ:テンダービーム、照射用意。第1戦闘距離に入った。アイドリングスタート!
CA兵:スタートします
バララ:ユグドラシル、目を開けよう
バララ:(あの小娘をなぐり飛ばして、マスクに嫌われるのも嫌だが、何もできない女だと思われるのはもっと嫌だ!ユグドラシル、アタシの運勢を占え!)
バララ:フッフフ!ドレットとアメリアの艦隊が勢ぞろいなんてさ、おバカさん!
バララ:気づかれたって!
ターボ:どこからだ!?
ノウトゥ:何ぃっ!?
マッシュナー:フルムーンからのマシンだ!
グシオン:回避運動!
ラトルパイソン艦長:ターゲットに撃てぇ!
ラトルパイソン艦長:曲がるビームに惑わされるな!左舷上だ!上!
クリム:ビームのねじれが尋常ではない…!
ミック:消える瞬間、大きな木のように見えました
クリム:フルムーンシップから持ち出した兵器だ!
マスク:テンダービームの威力、ここからでもわかります
クン:もっと威力はありますよ
チッカラ:マスク大尉の部下、バララ・ペオール、やるじゃないですか
マスク:はい。優れたパイロットです
マスク:ふむ…
マスク:(バララ、戦場に嫉妬(しっと)を持ち出すと死ぬぞ…!)
マニィ:見えないんですか?
フラミニア:ガランデンも大気層越しになっているんですから、無理です
マニィ:そうですよね…
フラミニア:ユグドラシルの威力とか、キア隊長とクンタラの志が一緒になれば、ビーナス・グロゥブに住む必要などない、世の中がつくれるんです。フルムーンといいますけれど、これってただの輸送船なんですよ
バララ:何だこの振動!?
CA兵:い、位相が!
CA兵:反転しました!
バララ:これがテンダービームの欠点だろうが!
グシオン:後退だ艦長!
ラトルパイソン艦長:弾幕が薄い!
ノウトゥ:敵が見えているのになぜ反撃しない!?
ベルリ:アサルトを乱れビームの震源地に撃ち込みます!それまでは前に出ない!
アイーダ:了解!
ケルベス:よく狙え!
ラライヤ:そうです!
ノレド:アタしがついてる!
リンゴ:ビンゴだろ!
CG兵たち:おーす!
ポリスたち:はいです!
バララ:フフッ!マスク!アタシはパイロットとしては完ぺきだ!
バララ:あんな小娘と比べるのなら!
バララ:こうしてやるよ!
マッシュナー:もっと急角度だ!
クノッソス級艦長:逃げ出すのかぁっ!?
マッシュナー:不意打ちの上にあのビームです!
クノッソス級艦長:ノウトゥ将軍のギニアビザウは!?
マッシュナー:ここは逃げろってロックパイが言ってきたんです!
クノッソス級艦長:えっ?!こんなときにも?
CA兵:地球側から強力!
バララ:ビームとミサイル!?
CA兵:バリアが破られます!
バララ:テンダービーム!
CA兵:ダメです!
バララ:これ…!
バララ:ヤツが来ているんだ…
バララ:振動を止めろ!バリアだ!テンダーも!
ベルリ:姉さん、フルドレスにしたレーザーは、バリアーになります
アイーダ:使い方は、わかっています
アイーダ:ルシファーが!?
ラライヤ:突破口は、ルシファーが開きます!
ノレド:そのつもりだよ!
リンゴ:ラライヤさん!ルシファーのその格好、やめて…ああっ!
ノレド:来たっ!
ラライヤ:発振放出!
ノベル:ホーシュツ!
アイーダ:懐に飛び込めば!
CA兵:来ました!
バララ:テンダー!
アイーダ:フルドレスって、まぶしいんだから!
バララ:テンダービームが流されているだって!?
ノウトゥ:使えるランチ、ビーグルで、脱出できる者はキャピタル・タワーにもぐりこませろ!
ターボ:それでは敵前逃亡です!
ノウトゥ:艦隊の本来の目的はレコンギスタである!1人でも多くの者をキャピタル・タワーから地球に潜入させて、将来化けさせるのだ!
ギニアビザウ艦長:化ける…とおっしゃいましたか?
ノウトゥ:地球に降りれば願いは化けるっ!
ギニアビザウ艦長:総員…うわっ!
ノウトゥ:うわっ!キャピタル…うわぁっ!
ラトルパイソン艦長:ギニアビザウ撃沈…だな
グシオン:見ているよ
ベルリ:姉さんはラトルパイソンのお父上を!
アイーダ:はい!
ベルリ:アサルトモード!
CA兵たち:被弾しました!
ラライヤ:バカな!?G-セルフってか!?
ベルリ:ビームがはね返される!
バララ:G-セルフなら!ユグドラシル
ベルリ:コピペシールド!行けるよね?!
ベルリ:寒帯を丸ごと破壊することがどういうことかわかれ!
バララ:ベルリか!
ベルリ:バララ・ペオール
アイーダ:お父様!
アイーダ:宇宙服を着てください!
グシオン:ピラミッドの敵はどうした?
アイーダ:制圧しつつあります。あれ?
アイーダ:あっ、何?お父様!?
アイーダ:えっ?
アイーダ:お父様?うっ!
アイーダ:な、何これ?これって…何?うっ!
ベルリ:姉さん!この空域から脱出します!
ラライヤ:ガレキが多い。ドレットとアメリアの生き残りもいますから危険です!
ノレド:この空域全体が、フルムーン・シップにも近づいているし!
ノベル:チカヅク!チカヅク!
ノレド:ねっ!アイーダさん!
アイーダ:は…はい…
ベルリ:姉さん、泣くのは…あとにしましょう
アイーダ:うっうっ、お父様は本当に停戦を信じていた…
ベルリ:あんなものを再生させたビーナス・グロゥブなんて
ベルリ:そんなフルムーン・シップに、マスクは合流してあれを持ち出したんだ

 

 


次回予告
お父さんに戦死された姉さんを慰める間もなく、大気圏突入をすることになる
次回、Gのレコンギスタ死線を越えて
バッテリーは切れない!

 

次回予告2
生き残り戦艦クノッソスがフルムーン・シップを乗っ取ろうとすれば、戦場はビーナス・グロゥブの新型機が乱舞することになる。僕は、お父さんに戦死された姉さんを慰める間もなく、マニィとマスクに襲われて、大気圏突入をすることになった!
次回、Gのレコンギスタ死線を越えて
目を離せるものなら離してみろ!