アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

ブレンパワード 第10話「プレートの誘惑」全セリフ

ブレンパワード 第10話「プレートの誘惑」全セリフ

ブレンパワード 第10話「プレートの誘惑」全セリフ



ブレンパワード 第10話「プレートの誘惑」全セリフ

 

前回のあらすじ
ジョナサン・グレーンさんって、お母さんに会いにきたんだって、絶対に思うな。
クマゾーは何も説明してくれないから、あの人に感化されていなければいいって思うんだけど、分からないな。
心配しても仕方のない事だから、良かった良かったって言ってるけど……。


ノヴィス・クルー
「艦長のせいで大掃除なんて、堪ったもんじゃねぇな」
 〃
「全くよ……」
比瑪
「アイリーンさんは、艦長さんの息子さんがリクレイマーだったという事、どう思ってるんです?」
アイリーン
「裏切られたという気分はあるわね」
比瑪
「そうですよね?」
アイリーン
「でも、具体的な被害はなかったのだから、問題はないわ」
比瑪
「そうですか?」

「そうだよ。艦長本人には関係のない話だ」
比瑪
「でも艦長って、勇とカナンさんとは立場が違うわ」

「だからって、艦長を疑うような口振りは良くないな」
比瑪
「疑うんじゃなくて……」

「他人が信じられないようじゃ、ここもオルファンと同じになったな」
比瑪
「ノヴィス・ノアはいい所よ?」

「いい所で陰口叩くのか?」
比瑪
「殴るわよ?」

「キスするぞ」
比瑪
「汚らわしい奴!」
アイリーン
「……仲良くなったのね」

「まさか」
ノヴィス・クルー
「駄目ですね。プレート置き場のプレートが死んでいるとしか思えません」
ゲイブリッジ
「しかし、オルファン封じ込み作戦は、急ぐ必要が出て来た」
ノヴィス副長
「ですが現状では、オーガニック・エンジンが臨界に達しません」
ゲイブリッジ
「エンジンは佐世保で修理させる。プレートは各国に協力を要請している」
ノヴィス副長
「バイタル・グロウブとプレートの関係だって、まだよく分かってないんですよ?」
ゲイブリッジ
「アンチ・ボディを飛行させるエネルギー・ネットが、バイタル・グロウブなのだ」
「そのエネルギーを集約……」
ノヴィス・クルー
「キメリエス、レイト艦長より入電」
ゲイブリッジ
「こちらに出してくれ」
ノヴィス・クルー
「はっ!」
レイト
「機動潜航艇からの索敵報告はありません」
ゲイブリッジ
「そうか」
レイト
「アノーア艦長は如何です?」
ゲイブリッジ
「彼女だって、一人になりたい時はあるさ」
民間人
「何だ、あの光? 朝ぱらから不知火か?」
「うっ……!」

「何してんだ?」
直子
「アノーア艦長の様子を見ようと思ってきたんだけど……」

「八方美人をやってんだな?」
ユキオ
「は~い、宅配便で~す」
「あ~あ、また食べてない」
アカリ
「艦長さん、お食事」
クマゾー
「まんま、食べよう」
直子
「アカリちゃん、今は……」
アカリ
「ん、水の音だよね……?」

「シャワーじゃない」
「ロックされてる」
直子
「お声を聞かせてくださいませんか?」
アカリ
「私、ブリッジに知らせてくる」
クマゾー
「クマゾーも」

「えっと……これか」
「居ない」
「はっ……」
ユキオ
「な、何……?」

「アイリーンさんを呼んでこい」
ユキオ
「う、うん」

「急いで」
直子
「どうしたの?」
「アノーアさん……!」
アノーア
「出て行きなさい。リクレイマーと話す事など、私にはない」
ジョナサン
「ノヴィス・ノアは、ビー・プレートの存在も知りませんでした。恐れる事はありませんよ」

「判定は私達がします」
依衣子
「何、そんなに偉ぶってるの?」
ジョナサン
「連中が確保しているプレートの数は大した事ありません」
「何か企んでいたとしても、効果は期待出来ないでしょう」
「オルファンが浮上した後は、死滅した地球の海を漂うだけです」
研作
「それは……」
ジョナサン
「皆さん方がいらっしゃるんです。勇君はまともに戦える訳がない」
研作
「勇は、アンチ・ボディである事を忘れていない」

「それに、ノヴィス・ノアの情報でも持って戻ってくれば……」
依衣子
「あんた達ドクターは、まだそんな甘い事を期待しているのか。それでは母親丸出しではないか」

「私は、あの子のアンチ・ボディとしての適正に期待しているだけです」
研作
「……女達は何を考えているのか」
「女は、モロにオルファンのアンチ・ボディになってしまうのか」
ジョナサン
「あの女は益々、抗体化が進んでいる」
「心底俺の物にしたら、伊佐美夫妻を抹殺させて、オルファンは俺の物だ」

「昨日、貴方が見たあれが、貴方のジョナサンなんです」
「オルファンに居る時も、あいつはあんなものだった」
「ああいうジョナサンにしたのは、貴方だった」
アノーア
「オルファンで洗脳されたのよ……」
「悪いのは全てリクレイマーです! そういう所だったんでしょ、オルファンって……!」

「あんたがあいつを捨てたから、あんたへの憎しみを人類にぶつけようとしてんだ」
アノーア
「私は捨てた憶えはありません! 私が憎いなら、何故あの子は、私に引鉄を引かなかったの!」

「親を撃ち殺したくなった子供の気持ちが、あんたには分からないのか?」
直子
「アノーアさん……!」
アノーア
「寄るな! 腕を折るぞ!」

「聞けよ艦長……選ばれた人間以外は死んでもいいなんて、間違ってる」
「そう言いたくても聞いてくれなかった親は、殺すしかないだろ」
アノーア
「ドクター伊佐美はそうだろうが、私は愛し続けてるから銃を向けられなかった!」

「ジョナサンはママンを欲しがってた! ママンは居なかった!」
アノーア
「ママンは、私……!」

「お袋が居れば、ジョナサンはああはならなかった」
アノーア
「あぁっ……!」
直子
「アノーア・マコーミックさん」

「婆ちゃん」
直子
「ま、待ちなさい」
アイリーン
「艦長……!」
ゲイブリッジ
「アノーア君……!」
アイリーン
「勇君、ここには誰も入れないように」

「あ、あぁ……」
ユキオ
「な、何で……何でさ?」

「いいから」
比瑪
「何があったの?」

「知らない方がいい」
カナン
「何があったの?」

「アイリーンさんとゲイブリッジ司令に任せてある」
カナン
「どうしたの?」

「子供達は入れない方がいい」
「何でああなるんだ、女って……!」
キメリエス・クルー
「機動潜航艇がオーガニック・ウェーブを捉えました」
レイト
「アンチ・ボディか」
キメリエス・クルー
「プレートのようですが、動きが上下に振れています」
レイト
「非常警戒だ」
「ノヴィス・ノアへ伝達、ブレンパワードが必要かもしれん」
コモド
「オグンの導きは、自分でも気付かない役割を示してくれたわ」
「イランドの使い方次第では、ブレンパワードの応援も出来るようになる筈だし、あんたも見ていてくれるしね」
「行くわ」
アカリ
「比瑪姉ちゃんは?」
比瑪
「勇が雲隠れ……一緒にプレート探しに行かないとなんないからね」
ユキオ
「何処でサボってるのかな」
クマゾー
「サボってる」
ラッセ
「よ、大将。プレートの捜索に行く筈じゃないの?」

「あんたが行ってよ」
ラッセ
「相棒が杖を付いてりゃ、護衛に回るさ」

「いい身分だな」
ラッセ
「何、拗ねてるんだ?」

「この船は、オルファン封じ込め作戦なんて考えてるようだけど……」
「ビー・プレートの事も知らない司令の作戦なんて、たかが知れてる」
ラッセ
「リクレイマーだって、ビー・プレートを探してるってレベルなら、分かってないのは同じじゃないか?」

「そうさ。だからオルファンを潰す為には、まずビー・プレートを……」
ラッセ
「何言ってんの? 勇は結局、カナンや比瑪も当てにしていて、一人で戦っているというんじゃない」
「現に、ノヴィス・ノアで飯食って……」

「んっ……」
ラッセ
「怒るなよ」
ゲイブリッジ
「事実ではあるね」

「何?」
ゲイブリッジ
「チーム・ワークだって捨てたものではないと、分かってくれている筈だ」

「無駄な事はしてる暇ないんだ」
直子
「やってみなくては分からない事は、世の中には一杯あるでしょ」

「それで、年甲斐のない恋をしてんだ」
ゲイブリッジ
ラッセ君、放っておけ」

「チッ……!」
研作
「本当に、ノヴィス・ノア側の作戦に、可能性はないのか……?」
「オルファンが動く、プレートが共鳴する……以前、この事を考えた事があったな」
「ノヴィス・ノアに、ビー・プレートがあれば……」
ヒギンズ
「出現位置はこの辺りだけど」
カナン
「気紛れなプレートみたいね」
ヒギンズ
「無駄足か……。散歩でもしてこっか、ブレン」
カナン
「機嫌いいのね、どうしたの?」
ヒギンズ
「貴方さっき、ラッセと一緒に居たでしょ」
カナン
「え、えぇ」
ヒギンズ
「ああいう貴方なら信頼出来るわ。孤独じゃない女は強いもの」
カナン
「ヒギンズ……」
アイリーン
「ノヴィス・ノアのパイロットが一つに統合されていく、気のようなものがあります」
アノーア
「艦長が不甲斐ないのに……?」
アイリーン
「船は一人が動かしていくものではありません。子供達も自分の役割はちゃんと……」
アノーア
「親にも役割があるんだろうがね」
アイリーン
「やり直せますわ、どんな事でも」
アノーア
「……言うのは容易いが……」
キメリエス・クルー
「オーガニック・プレート探知! ノヴィス・ノアを追尾するコース!」
レイト
「ん、いつ回り込まれたんだ?」
「ノヴィス・ノアへ緊急連絡!」
ノヴィス副官
「プレートが本艦を追尾している?」
ノヴィス・クルー
「イルカが船を追うような感じだと……」
アノーア
「状況はどうなっている?」
ゲイブリッジ
「アノーア君、気分はいいのだね?」
アノーア
「迷惑をお掛け致しました」
ゲイブリッジ
「声を聞いて安心した」
アノーア
「有難う御座いました」
コモド
灯台下暗しって諺があったね」
ノヴィス・クルー
「何ですか?」
コモド
「比瑪に聞いたんだよ。船に戻るよ」
レイト
「コースのデータを送ります。プレートの現在位置はノヴィス・ノアの後方、約百キロです」
アノーア
「双子とイランドを出したのか?」
ノヴィス副官
「呼び戻しています。ラッセと勇を出します」
アノーア
「任せる」
レイト
「艦長、お体もう宜しいんですか?」
アノーア
「ああ、心配掛けたな」
ラッセ
「よよ、今度は付いて来るのか? どういう訳だ?」

「飯代ぐらい働くさ。勝手に覗くな」
ラッセ
「分かったよ」

「何故、ノヴィス・ノアを追ってるんだ? そういう動きをするのがビー・プレートなのか?」
「ったく、データないもんな……」
「あれか?」
ラッセ
「プレートを捕捉しました。映像を送ります」
アノーア
「海中を走る不知火か……」
ノヴィス副官
「何だって?」
アノーア
「どうした?」
ノヴィス副官
「グランチャーの影があるようだと?」
「艦長」
アノーア
「ブレンにはグランチャーを牽制させる。プレート回収にはウェッジを出す」
比瑪
「プレートを回収する? 無理じゃないんですか?」
ノヴィス・クルー
「あっ……」
アノーア
「名誉挽回の為に、プレートの回収ぐらいはしてみせる」
比瑪
「お前も何か感じる? 何かが起こるのね?」
「でも今は、グランチャーの相手が先なのよ」
ゲイブリッジ
「アノーア君が元気になって良かったが、グランチャーの影か……」
ノヴィス副官
「プレート周辺からは反応が消えました」
ゲイブリッジ
「しかし、プレートはまだ近くに居る……。我々の動きを読もうとしているプレートかもしれん」
ノヴィス・クルー
「帰還中のヒギンズ機より入電、グランチャー発見」
カナン
「このグランチャー達、プレートを捕まえるつもりなのね?」
「という事は、特別なプレートなの?」
ヒギンズ
「上からの攻撃では……」
カナン
「誘い出します。いいわね?」
ヒギンズ
「来た……!」

「グランチャーが3機も?」
ラッセ
「カナンとヒギンズだけなら、援護に行く」

「一人で行ってくれ。俺はプレートが気になる」
ラッセ
「どういう事だ?」

「あれがビー・プレートだったら、ウェッジで捕えられる訳はない。頼む」
ラッセ
「分かった」
アノーア
「この光、ノヴィス・ノアを追っているという事……」
「オーガニック・エンジンと共振しようとしているのか」
ノヴィス副官
「艦長、ブレンチャイルド・チームがグランチャーと戦闘に入りました。船に戻っ……」
アノーア
「ウェッジ部隊はプレートを捕獲します」

「ノヴィス・ノアはウェッジに何やらしてんです? 司令の命令ですか?」
「え、冗談! 艦長がウェッジを操縦してる?」
アノーア
「ネット射出!」
「よし、行けるぞ!」

「こんな事で捕獲出来るのか? ビー・プレートが……!」
「ワイヤーを切れ!」
アノーア
「ノヴィス・ノアに引っ張っていってやる!」
「誰がプレート如きに引きずり込まれるか!」
構成員
「移動プレートを追跡中の部隊が、ノヴィス・ノアのアンチ・ボディと交戦中」
依衣子
「ジョナサン、もう一度出撃しろ。この動きはオルファン浮上の邪魔になる」
シラー
「クインシィ・イッサー、ノヴィス・ノアのブレンパワードは、カナンや勇も使いこなしていました」
「という事は、あれは我々の物に出来る筈ですから、私が行きます」
依衣子
「ジョナサン、急げ」
シラー
「クインシィ……!」
依衣子
「私の命令が聞こえていなかったのか?」
カナン
ラッセ、プレートはどうしたの?」
ラッセ
「勇に任せている」
カナン
「勇一人に?」
ヒギンズ
「カナン、前に牽制を」
比瑪
「勇一人で大丈夫なんですか?」
アノーア
「あぁ、あの光はジョナサンも見た光……」
「なら、同じ光に包まれた私なら、ジョナサンに本当の母親の愛を見せてあげられるわ」

「艦長! こんな所で死ぬつもりなのか? あのプレート、普通じゃない」
「艦長、ワイヤーを切れ!」
アノーア
「呼んでる……私を呼んでる! ジョナサン!」

「艦長、無茶するな!」
アノーア
「あぁっ!」

「わっ……!」
「プレートのオーガニック・パワーが強過ぎるのか?」
「どうした、ブレン? やってみるっていうのか?」
ヒギンズ
「この子の力じゃ、まだグランチャーに太刀打ち出来ない」
「え、何? 潜るの?」
「潜れ!」
レイト
「撃て! ヒギンズ、聞こえたぞ!」
ヒギンズ
「お利口さん、ヒギンズ・ブレン」

「やれるな、ブレン!」
「おっ……!」
アノーア
「ジョナサン……ジョナサンの温もりを一杯に感じる……私はママンよ!」
「ジョナサンが呼んでいるのよ!」

「母親ごっこはやめろ!」
「あっ……!」
アノーア
「あぁっ……!」

「プレートの奴、何故行っちまうんだ?」
シラー
「リクレイマーの真の統括者であるガバナーの事を、クインシィ・イッサーは考えた事がありますか?」
依衣子
「お前がそんな事を言うのか?」
シラー
「私は我侭だったので、失敗を繰り返したと反省しています」
「ですから、ガバナーの意思に従う事で、自分をより良いグランチャー乗り……」
「つまり、アンチ・ボディにしたいと考えました。そうしたら……」
依衣子
「ガバナーからグランチャーの指揮を任されているのは、私なんだ」
シラー
「嘘でしょ? 親の七光りでやってるだけ」
依衣子
「シラー!」
シラー
「ジョナサン、私と一緒に作戦に出てくれないか?」
依衣子
「シラー・グラス!」
構成員
「クインシィ・イッサー!」
依衣子
「煩い! 何だ?」
構成員
「追跡隊二機、大破。プレートの反応も消えました」
依衣子
「何っ……?」
ジョナサン
「何て追跡部隊だ」
依衣子
「くっ、もういい……次の作戦は私が出る」
ジョナサン
「ふふっ……」

「プレートの共振をオーガニック・エンジンで増幅して」
「バイタル・グロウブとのネットでオルファンを止める……」
研作
「となると、ノヴィス・ノアはプレートを随伴艦に分散するだろう」
「アイデアを出したのは桑原だろうな」

「桑原君って、オーガニック・エンジン開発の時には、いいアイデアを出したわね」
研作
「奴がノヴィス・ノア建造に関与している事は間違いない」
「連中は、オルファン封じ込め作戦を考えている。その実態は確かめないとな」

「いいの? 恋敵だったんでしょ?」
研作
「殴られるのは覚悟しているさ」
コモド
「他のクルーは?」
比瑪
「勇、艦長さんは? 見付からないの?」

「上から見付からなかったら、こっちで分かるものか」
「あのプレート、迎えに来たんじゃないのかな……」

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ



 

ブレンパワード 第9話「ジョナサンの刃」全セリフ


前回のあらすじ
寄港地の偉い人は、ノヴィス・ノアやブレンパワードを見ても、何が起こるか想像する事は出来なかった。
でも、私達はリクレイマーのスパイを追い出したりしながら、ブレンパワード達が仲良くなっていくと感じた。



「こういう事にブレンを使うの、何でOKしちまったんだろ、俺?」
比瑪
「もっと丁寧にやってよ」

「分かってます」
比瑪
「あれ……?」

「何ていう光り方をしてんだ?」
比瑪
「正気かしらね」
アノーア
「何て色……!」
ノヴィス・クルー
「船舶ナンバーによれば、ミスター・モハマドです」
アノーア
「若いのに理事長になった……?」
ノヴィス・クルー
「ビジネスの話をしたいらしいですね」
アノーア
「ビジネス?」
アノーア
「冗談ではない!」
モハマド
「はい、本気です。黄金は、この五十倍をトラックに用意してあります」
「これで、ノヴィス・ノアを買います」
「いやいや……買うといっても、究極の指揮権を譲渡して頂きたいのですよ」
アノーア
「ミスター・モハマド……貴方が、アラブ経済界の重鎮である事は存じております」
モハマド
「オルファンが動き出す危機を、我々は、深刻に受け止めているのです」
「中東各国も、この未曾有の危機を乗り越える為に、もう一隻建造させ……」
アノーア
「ノヴィス・ノアは、国連軍所属の軍艦です。民間人がこの船の指揮権を得る事はありません」
「ましてや、特定の民間人の為に、特別の行動を取る事もありません」
直子
「失礼致します。お茶をお持ち致しました」
クマゾー
「ケーキも」
モハマド
「ほう……軍艦というお話でしたが、民間人のクルーも居られるようですな」
直子
「今日届いたばかりの新茶を……」
クマゾー
「ケーキ」
「あっ……!」
ジョナサン
「こ、この……!」
直子
「ご、ごめんなさい」
ジョナサン
「い、いい。触るな」
直子
「はっ……!」
ジョナサン
「動くな!」
ゲイブリッジ
「直子を放せ!」
アノーア
「ミスター・モハマド……!」
モハマド
「き、貴様は……!」
ジョナサン
「挨拶が遅れました。私はジョナサン・グレーン、リクレイマーのパイロットです」
アノーア
「ジョ、ジョナサン……ジョナサンだというの? 何で貴方が……!」
「リクレイマーって……貴方、いつから……」
ジョナサン
「近付くな! この爆薬は、この船の1ブロックぐらい、簡単に吹き飛ばしてしまうぞ」
アノーア
「ジョナサン、貴方っていう人は……!」
ジョナサン
「息子がバラバラになる姿なんて、見たくないだろ? ママン」
シラー
「あそこにカナンも入ったってのかい」
「カナンは、勇の教育係みたいなものだったから、こうなるのも分かっちゃいたけどさ」
「ジョナサンの奴、ビー・プレートを確認するだけじゃなくて」
「ノヴィスの、オーガニック・エンジンの実態も調べるといって、張り切ってたけどさ」
ノヴィス副官
「ああ、艦長。補給は概ね完了です。これで当分……」
「ん、何です……?」
ジョナサン
「何でしょうかね!」
ノヴィス副官
「何だ、あっ……!」
ジョナサン
「たった今、このノヴィス・ノアの究極の指揮権を持った者だ」
ゲイブリッジ
「手出しはするな。全員吹っ飛ぶぞ」
ジョナサン
「流石、提督」
「さて副長、管制表示を……」
「まだこんな物持ってたのか! あんたみたいな女が、こんな物持つ資格はない!」
アノーア
「母親が、子供のカードを持っていて……」
ジョナサン
「あんたは、これを持つ資格はない!」
アノーア
「お前が十の時、プレゼントしてくれたのに……」
ジョナサン
「よく覚えてるから怒ってんだ。あの時だって、ママンは家に居てくれなかった!」
「あんたには、カードを持って見せるような、見せ掛けの愛しかない!」
「こんな事やられたって、子供には分からない! 伝わらないんだ!」
「男との愛情を育てるのを面倒がった女は、子供との愛情を育てるのも面倒だったんだよな?」
「だから俺を捨てて、仕事に逃げたんだ!」
アノーア
「貴方を愛しているわ」
ジョナサン
「今、何やった!」
艦内アナウンス
「これより全ての操作は、アノーア艦長の音声確認が必要となります」
ジョナサン
「やるね、ママン」
ヒギンズ
「非常警戒といっても、潜入したリクレイマーは、まだ艦内に居るんでしょ?」
ラッセ
「居るんだよな?」
ノヴィス・クルー
「らしいぜ」
ヒギンズ
「だったら、何処へ出撃しろっていうの?」
ラッセ
「近くにグランチャーが待機してるかもしれないだろ」
ヒギンズ
「内と外?」
ノヴィス・クルー
「イランドは上空待機!」

「何の非常警報が出たんだ?」
カナン
「また、リクレイマーに潜入されたらしいわ」

「何やってんだ」
ユキオ
「比瑪姉ちゃん~!」
アカリ
「クマゾーが連れてかれた!」
比瑪
「リクレイマーにか?」
アカリ
「ジョナサンとかって奴に」
ユキオ
「艦長さんも司令も、変な外人も捕まったんだ!」
カナン
「本当なのね、比瑪ちゃん? ジョナサンって」

「ったく……!」
ジョナサン
「そんな子供騙しのセキュリティなど、すぐに解除してみせる」
アノーア
「殺したいのならそうしなさい。それで貴方の気が済むのなら……」
ジョナサン
「よく分かってるじゃないか」
アノーア
「クマゾー君……!」
ゲイブリッジ
「君、君……!」
ジョナサン
「この餓鬼……!」
ゲイブリッジ
「ま、待ちたまえ」
「君の探している物は、ひょっとすると、ビー・プレートではいのかね?」
アノーア
「ビー・プレート?」
ジョナサン
「ビー・プレートは、我々オルファンに必要不可欠なものだ」
ゲイブリッジ
「そう……そうならば、だがね……」
「どうだろう、私が君をプレートの格納庫まで案内して……」
「艦長」
アノーア
「はい、司令」
ジョナサン
「いいだろう。だがそれまでは、貴方がた全員が人質です」
モハマド
「き、君……その“何とかプレート”とかいうのはないが、金ならある」
「これで何とか、助けては……」
「あ、貴方は……!」
ノヴィス副官
「ほ、本当に撃った……」
ジョナサン
「あんたって奴は典型的な方だな。そこの坊やの方がずっと人間が出来てる」
直子
「偉いって、お兄様が褒めてくださってるわ、クマゾー」
クマゾー
「うん」
カナン
「聞いた? アノーア艦長が、ジョナサンのお母さんだったんだって」
比瑪
「冗談言ってんでしょ?」

「知らねぇぞ?」
カナン
「アノーア艦長の事、憎んでる事は確かよ」
比瑪
「お母さんだったら、憎む訳ないでしょ?」
カナン
「そうよね、アノーア艦長みたいなお母さんだったら、何も不満はないよね」
比瑪
「一緒に居れば、親子の愛情なんて育てられるじゃない。私なんて一杯お母さんが居るから……」

「迂闊に手は出せなくなった。どうすればいい?」
ゲイブリッジ
「さあ、入りたまえ」
ジョナサン
「先に入るのが、諸君の立場だろ?」
「そっちの旦那も」
ゲイブリッジ
「人質は私と艦長だけで十分だろう。他の人達はここで解放したまえ」
ジョナサン
「坊やもお婆ちゃんも、副長も入って」
「そうだ、お二人は並んで中へ入れ」
ゲイブリッジ
「優秀な男だな、君の息子は……」
アノーア
「申し訳ありません」
ジョナサン
「どれだ? どれがビー・プレートだ?」
アノーア
「ビー・プレートがどれか、私達には分からないのは、知っているのではなくて?」
ジョナサン
「何?」
ゲイブリッジ
「それはそうだろう」
「ビー・プレートの存在を過程したのは、オルファンの研究者達からで」
「その詳細は、我々には知らされて……」
ジョナサン
「何故、閉めた!」
アノーア
「オート・セーフティ・ロック……もう、外には出られないわ」
モハマド
「わ、私はどうなる……!」
ジョナサン
「人間の作ったシステムだ。どうとでもなる筈だな、ママン?」
アノーア
「そういう甘さを排除しています」
ゲイブリッジ
「そうだ。直子さんには申し訳ないが、付き合ってもらう事になる」
直子
「貴方となら何処までも……」
ゲイブリッジ
「有難う」
「しかしクマゾー君には、本当に短い人生になってしまって、申し訳ないな」

「まるでキャッチ出来ない……」
カナン
「なら、方法は一つね」
エナジー・チューブに並行している通気口が、プレートの保管庫に繋がっているわ」
「これを使えばいいんだけど……」
比瑪
「どうしたの? いいアイデアじゃない」
カナン
「狭いのよ」
比瑪
「あ、そうか……」
アカリ
「通気口使って、何すんの?」
比瑪
「いいの」
ユキオ
「プレートの倉庫に行ってさ、ジョナサンを倒す……俺、やる」
アカリ
「私も」
比瑪
「馬鹿言いなさい、そんな危ない事させられる訳ないでしょう?」
ユキオ
「クマゾーと直子婆ちゃんが捕まってんだぞ!」
アカリ
「私達しか行けないんだったら、私が行って戦うよ」
比瑪
「いいの?」

「可愛い子には冒険させろって奴さ」
「頼むぞ、二人共」
ユキオ、アカリ
「オッケー!」
モハマド
「なぁ君、私にもしもの事があると、世界規模の大恐慌が起きてしまうのだ」
「私と取り引きしないか?」
「私が君の為にノヴィス・ノアを買い上げて、場合によっては、オルファンも買い取ってもいい」
ジョナサン
「黙れ!」
モハマド
「ぐっ……!」
直子
「乱暴はおやめなさい」
アノーア
「貴方は、大変聡明な方の遺伝子を受け継いでいるのよ?」
「こういう行動がどんなに馬鹿げているか、分かる筈です」
ジョナサン
「あんたは男と女の愛情なんかより、まだ遺伝子の方を信じてるんだな」
「それで天才の遺伝子を買って、シングル・マザーになったが」
「この俺の気性は、その天才の遺伝子を受け継いだからじゃないのかね?」
アノーア
「それは……私の遺伝子に問題があったからよ。精子の方の問題ではない」
ジョナサン
「だったら! 自分に欠陥があるのなら、子供なんか作るな!」
「俺の前で母親ヅラなんかするんじゃない!」
直子
「ジョナサンさん、そうやって憎まれ口を叩けるのも」
「命を与えてくださったお母さんがいらっしゃるからでしょ」
ジョナサン
「……男を一人も愛さなかった女を、どうして母と呼べる?」
ゲイブリッジ
「いや、艦長は毎日、君の事を想っていたぞ」
ジョナサン
「勝手に想ってるだけの想いなど、子供に伝わる訳がないだろう!」
アカリ
「ユキオ、大丈夫?」
ユキオ
「僕は男の子だぞ」
アカリ
「私だって女の子よ」
アカリ
「やってくれるわ」
比瑪
「勇はブレン使うんでしょ?」

「あ、ああ」
シラー
「潜入して二時間もすれば戻ってくると言ってたのに……」

「データ、出ました?」
アイリーン
「呼び出すの面倒だったけど」

「厚さは25ミリか……」
アイリーン
「持久戦にするしかないでしょう。敵が疲労したところで強行突入するのよ」

「そうですか」
アイリーン
「勇? どうするつもりなの?」

「それじゃ、クマゾーが可哀想ですよ」
直子
「もう少しの辛抱よ。比瑪お姉ちゃん達が、必ず助けに来てくれますからね」
ジョナサン
「何てノイズの大きな計器だ」
ノヴィス副官
「ん、あぁ……」
ジョナサン
「モゾモゾ動くんじゃない」
ノヴィス副官
「ストレッチぐらいさせろよ」
ゲイブリッジ
「副長、人質だという事を弁えないと、最初に殺されるぞ?」
ジョナサン
「これが、国連が信託している軍艦か?」
「走るんじゃない! オシッコなら、その辺でしちまえよ」
「チンチン出してやるから、壁際でな」
クマゾー
「お兄ちゃん、お母ちゃんのおっぱい欲しいんだも?」
「ママのおっぱいが欲しいんで、ここに会いにきたんだも?」
ジョナサン
「き、貴様……ふざけんな!」
ノヴィス副官
「貴様は……!」
モハマド
「それは良くない」
直子
「クマゾーちゃん、大丈夫?」
アノーア
「ジョナサン……!」
ジョナサン
「違うぞ、違うんだ! 俺はこんな事の為にここに来たんじゃない!」
アノーア
「ジョナサン……」
クマゾー
「そうだよ、母さんに会いにきたんだよ? なのにさ……」
ジョナサン
「この餓鬼、何言ってやがんだ! その顔、吹っ飛ばしてやる!」
アノーア
「その子に手を掛けては駄目、ジョナサン!」
ジョナサン
「黙れ! こんな時に何言ってる!」
クマゾー
「そんな事したら、おっぱい貰えないも!」
アノーア
「貴方は、相手が分かってるの?」
「やめなければ、母が貴方を殺します」
ノヴィス副官
「艦長……!」
アカリ
「カナンさん、勇……!」
ジョナサン
「くっ……!」
シラー
「チャクラ・フラッシュだぞ? 船の中で撃ったのか?」
ジョナサン
「何だ……?」

「ジョナサン、観念しろ!」
ジョナサン
「このチビも殺したいのか? 人質だぞ!」
直子
「終わりにしましょう」
ジョナサン
「分かりましたよ、お母さん」
「それじゃ、ベストが脱げないじゃないですか」
「有難う……!」
ゲイブリッジ
「逃げろ、それは爆弾だ!」
比瑪
「勇!」

「ブレン!」
モハマド
「あっ、ジョナサンが……!」
ジョナサン
「心配するな。お前はオルファンに連れてってやる」
クマゾー
「比瑪姉ちゃん!」

「ブレン!」
比瑪
「クマゾー!」
シラー
「何やってる!」
「手に武器を持っている時は気を付けな! 危ないじゃないか!」
「ジョナサンの救出に行くよ」
ノヴィス・クルー
「リクレイマーは、BブロックをGブロック方面へ逃走中です」
アイリーン
「Gブロックへ向かってる……?」
アノーア
「エマージェンシー・コード解除、ブリッジのEブロックへの通路を閉鎖」
ジョナサン
「しっかり掴まってろ」
クマゾー
「う、うん」

「ジョナサン!」
比瑪
「クマゾーを降ろしなさい!」
アイリーン
「リクレイマー、クマゾーを……!」
ジョナサン
「俺の足でも狙うか?」
「モハマドの護身用の武器だとさ」
「目、瞑ってろ!」
ノヴィス・クルー
「こんなスイッチ、使いやがって……!」
カナン
マグネシウムの光? 何だったの?」
アノーア
「護身用に、絨毯にご立派な仕掛けをなさったんですね」
モハマド
「私は、そんな厄介な物を持ち込んだりはしませんよ」
アイリーン
「火傷をしたクルーも居るんです」
モハマド
「どなたか?」
アイリーン
「この船の医者で、鍼灸師です」
モハマド
鍼灸師……」
アノーア
「人間に針を刺すんですよ」
ジョナサン
「ちゃんと掴まって、体を前へ持って来い!」
ヒギンズ
「何、あの煙……?」
ラッセ!」

「もうこれ以上、上へは上がれないぞ、ジョナサン!」
ジョナサン
「悪いな、今日はお前と遊んでいる暇はない」
アノーア
「いい加減でクマゾー君を降ろして投降なさい。そうすれば悪いようにはしません」
ジョナサン
「嘘を吐け! 悪いようにしないなんて、ずっと言ってきたじゃないか!」
「だけど、いつもいつも裏切ってきたのが、ママンだ!」
アノーア
「そんな事ありません!」
ジョナサン
「八歳と九歳と十歳の時と、十二歳と十三歳の時も僕はずっと、待ってた!」
アノーア
「な、何を……」
ジョナサン
「クリスマス・プレゼントだろ!」
アノーア
「はっ……!」
ジョナサン
「カードもだ。ママンのクリスマス休暇だって待ってた」
「あんたは、クリスマス・プレゼントの代わりに、そのピストルの弾を息子にくれるのか?」
アノーア
「そんなに忘れてない……!」
ジョナサン
「シラー、俺のグランチャー!」
シラー
「止まったらやられるだろ!」
「ジョナサンが居るんだね?」
ジョナサン
「よ~し、俺はここだ」

「ジョナサン!」
ジョナサン
「ふん、もう一度オルファンに戻る気はないのか? 伊佐美博士達は待ってるぜ?」

「俺は、お前みたいなマザー・コンプレックスはない!」
ジョナサン
「俺はお袋を否定した。お前みたいにベタベタと言いなりになった事はない」
ヒギンズ
「私はドジだ!」
ジョナサン
「うっ……!」

「クマゾー!」
ジョナサン
「落ちるな! 踏ん張れ!」

「ジョナサン!」
ジョナサン
「男だったら踏ん張ってみせろ!」

「お前なら出来る!」
ジョナサン
「掴まれ!」

「一人にゃ……!」
「クマゾー!」
クマゾー
「勇!」

「グランチャーが?」
「ジョナサン!」
ジョナサン
「シラー、今日はこれで引き上げるぞ」
「俺だって、引き上げ時ぐらいは知っているつもりだ、クマゾー」
クマゾー
「うん」
「君は立派だったよ。尊敬に値する坊やだ、ふふっ……」
「オルファンにくればグランチャーをくれてやる。来るか?」
「……残念だな」
「おい」
モハマド
「この威容と収集したプレート、オーガニックなるエンジンの船……」
「それに、アイリーン……。アイリーン……アイリーンさん……」
アノーア
「はぁっ……」

 

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第8話「寄港地で」全セリフ

ブレンパワード 第8話「寄港地で」全セリフ

ブレンパワード 第8話「寄港地で」全セリフ



 

ブレンパワード 第8話「寄港地で」全セリフ


前回のあらすじ
ヒギンズさんもカナンさんも力があったのよ。だからブレンを呼び出せた。
でも、ジョナサン部隊が回収したプレートからリバイバルしたグランチャーは、怖かったな。
あの動きがパイロットを殺めたらしいんだけど、双子のブレンは生まれたばかりでもよくやってくれたわ。


ノヴィス副官
「誰が汽笛を鳴らせと言った?」
ノヴィス・クルー
「友好の挨拶はしなくちゃならんでしょ」
アノーア
「今の衝撃音は何です?」
ノヴィス副官
「いや……橋が崩れただけです。本艦に異常はありません」
「しかし、後部デッキ調査の為、停船します」
アノーア
「停船? 重要な会議があるんだぞ?」
ノヴィス副官
「はっ……何せ、橋桁一枚落ちたようなので」
アノーア
「ゲイブリッジ司令をお待たせする訳にもいかない。ウェッジを用意してくれ」
ノヴィス副官
「ご自身で操縦なさるので?」
アノーア
パイロットが居なければな」
ノヴィス・クルー
「キメリエスより通信です」
アノーア
「回してくれ」
レイト
「キメリエス、浮上します」
アノーア
「ここでノヴィス・ノアの護衛を頼む。レイト艦長は私と会議に同行してもらう」
レイト
「はい」
「あれ……?」
アノーア
「何か?」
レイト
「アノーア艦長は、髪を下ろされた方がお似合いかと」
アノーア
「急ぎ、こちらに乗船したまえ」
ユキオ
「何で大人は出て来ないんだよ?」
アカリ
「メカの方で忙しいのよ」
ユキオ
「勇は何やってんだ?」
アカリ
「勇も、ちょっとは手伝ってもいいんじゃない?」
クマゾー
「手伝え」
ユキオ
「働かない奴は、ご飯ないんだからな」

「お前達、比瑪にはそんな事言わないじゃないか」
比瑪
「比瑪姉ちゃんは、ちゃんと働いてるもん」
クマゾー
「姉ちゃん、働いてる」

「お前達な……」
「は?」
「あら、元気のいい事……」
レイト
「ふむ……本当、艦長さんはロング・ヘアのままの方がいい」

「ノヴィス・ノアの専属潜水艦、キメリエスか……」
比瑪
「みんな、ご苦労さん。休憩の時間で~す」
直子
「勇も良かったら、いらっしゃい」
比瑪
「ちょっと……!」
直子
「カナンさんという、オルファン時代のお仲間が来てくれたというのに……」
比瑪
「何て態度なのよ? あれじゃ、お婆さんが可哀想でしょ?」

「お前には関係ないだろ」
比瑪
「そういう口の利き方、可愛くない! やきもち焼き!」

「何言ってんの」
比瑪
「カナンさんは、若いブレンパワードが手に入ったから、調整に一生懸命なんでしょ?」

「俺は施設の生徒じゃない。何でお前の……」
比瑪
「そういうあんたは、クマゾー以下! カナンさんが自分の方を見てくれないんで、苛々してるんでしょ?」

「何……?」
比瑪
「“これ”で黙らせなさいよ」

「そ、そんな、クマゾー以下の事が出来るか!」
比瑪
「オルファン組が……!」
カナン
「どうなの、君? コックピットの備品を付けさせてもらったけど、違和感ないかしら?」
「痛いとか、どこか引き攣るとか……」
ラッセ
「顔色はいいみたいだぜ?」
カナン
「そうですか」
ラッセ
「降ろせるか?」
カナン
「私を監視なさっているおつもりなら、もっとお上手になさったら?」
ラッセ
「そんなつもりはないさ」
「サンキュー」
「あんたは、アンチ・ボディのパイロットとしては先輩だから、グランチャーとの違いを聞いてみたかったのさ」
カナン
「そういう事で言えば、この双子のブレンは、貴方達のブレンともかなり違うわね」
ラッセ
「どう違うの?」
カナン
「神経にサワサワ来るのよね」
ラッセ
「サワサワですか」
カナン
「そう。だから慣れる為に、ここに居させて貰うわ」
ラッセ
「年下の恋人が居るからって事じゃなくて?」
カナン
「勇は、そういう相手ではないでしょ?」
ラッセ
「すまない、手に手を取ってオルファンを抜け出てきたってイメージがあって……」

「カナン、調整が終わったのか?」
カナン
「大体ね。この子の機嫌もいいでしょ?」
比瑪
「そうみたいですよ」
ノヴィス・クルー
「来たぞ!」
レイト
「飛行甲板へ直行だ!」
カナン
「どなた?」
ラッセ
「キメリエスの艦長」
レイト
「バックだバック」
「ヒギンズ、ヒギンズじゃないか」
ヒギンズ
「艦長」
レイト
「ヒギンズ、久し振りだな」
ヒギンズ
「はい」
レイト
「これが君のブレンパワードか」
ヒギンズ
「はい」
レイト
「凄いアンチ・ボディだな」
ヒギンズ
「そうでしょ?」
レイト
「ははっ……」
ヒギンズ
「何です?」
レイト
「お前の強さを象徴しているみたいだ」
ヒギンズ
「そうですか」
レイト
「少し痩せたか?」
ヒギンズ
「あの子にパワーを吸い取られたみたいですけど、艦長がこうしていてくだされば、すぐ良くなります」
ラッセ
「あら、不味い……」
カナン
「何故?」
ラッセ
「艦長さんのお出ましですよ」
アノーア
「レイト艦長、ヒギンズ・サス。現在只今は、そのような事は控えてもらう」

「ああだったんだ」
比瑪
「ああね」
レイト
「ヒギンズにエネルギーを分けていたのであります」
アノーア
「今は、貴様のエネルギーを消耗する時ではない」
「宇都宮比瑪は、ブレンパワードで護衛を頼む」
比瑪
「あ、はい!」

「俺は……?」
アノーア
伊佐美勇はいい」

「その会議には偉い人達も出席するんでしょ? そういう人に話してやらなくちゃならないんですよ、オルファンの事」
「それに、グランチャーの危険性は、俺が一番よく知っています。話させてください」
アノーア
「分かった、同行を許可する」
「レイト艦長」
レイト
「自分はヒギンズに送ってもらいます。ヒギンズのブレンの性能も見ておきたいのであります」
アノーア
「勝手にしろ」
レイト
「ふふっ……」
ヒギンズ
「いいよね、君?」
レイト
「頼む」
アノーア
「まあいいか……」
ラッセ
「また追い掛けて行くなよ? あんたに出て行かれると、こっちも大変なんだ」
カナン
「今はこのブレンに、恋をし始めているわ」
ラッセ
「そうしてくれ」
ラッセ
「どう?」
コモド
「ご心配なく」
ラッセ
「オグンの御加護はあるんだな?」
コモド
「私も付いてるでしょ?」
ゲイブリッジ
「日本政府の主だった関係者を集めるのに苦労したよ」
アノーア
「この政府や軍の上層部は、オルファンがどんなに恐ろしいか分かっていないのですか?」
ゲイブリッジ
「ああ、風船ぐらいにしか思ってないな」
「彼らは、オルファンが浮上した時には、大津波を避ける為にノヴィス・ノアに乗っていたいだけなのだ」
官僚
「これがブレンパワードか。子供がパイロットなのかね?」
「メカニック・マンではなく、ヘルパー……いや、トレーナーかな?」
レイト
ブレンパワードは、単なるメカでも兵器でもありません。彼らのような子供の方がいい反応をしてくれるんです」
官僚
「会議の時にデータは見せてくれるんだろうな?」
桑原
「オーガニック・エンジンの実用性は、ノヴィス・ノアによって実証されました」
「つまり、オルファンがオーガニック・シップであるなら、ノヴィス・ノアは抑止力として有効であると考えられるのです」
官僚
「どのように抑止出来るんだ?」
桑原
「ノヴィス・ノアが、オルファンのエネルギーを吸収する事も可能であると……」

「馬鹿言うな!」
比瑪
「勇……!」

「オルファンが溜めたエナジーは、数万年分の生体エネルギーなんです」
官僚
「子供が入ってくる所ではない!」
ゲイブリッジ
「彼は、伊佐美研作・翠博士の御子息です」

「オルファンには、世界中からオーガニック・エナジーの研究者のトップが集まっています」
官僚
「リクレイマーの一方的な見解を聞くつもりはない」
「リクレイマーの目的は、人類の殲滅だというのだろ」

「これはリクレイマー達の問題じゃないんです。オルファンという異文化の遺跡の問題なんですよ」
「オルファンが宇宙に飛び立つ時に、地球上のあらゆるエネルギーを吸収してしまう筈なんです」
「その時、どのような現象が起こるかという……」
官僚
「そうなれば、どうなるというんだ?」

「生物は生きていけない……地球は死の惑星になります」
官僚
「では何故、ブレンパワードはグランチャーと敵対する? 同じアンチ・ボディだろ」

「グランチャーはオルファンに敵対する者を排除します」
「けれどブレンパワードは、地球で独自に学んだものを大切にしようという習性がある」
「それを僕は、ノヴィス・ノアに来て理解しました」
アノーア
「自分達の生みの親である、オルファンを裏切る事になってもですか?」

「親だからって、子供に同じ考えを押し付ける事は出来ないでしょ」
官僚
「それが、リクレイマーを裏切った理由かね? ユウ・イサミ」

「あんた達には関係ない!」
ゲイブリッジ
「勇君は今は、ブレンパワードパイロットとして、我々に協力しています」
レイト
「ノヴィス・ノアの存在を、ブレンパワードは認めたのです」
「我々も、彼の意見・感じ方には、耳を傾けるべきではないでしょうか?」

「こいつらも、親父とお袋と同じだ……!」
アノーア
「明日の帰還の時間は分からないよ」
ノヴィス副官
「それは構いません。このポイントで補給は受けられましたから」
アノーア
「日本政府と折り合いを付ける為の下らない会議でも出ておかないと、補給の問題があるしな」
ノヴィス副官
「どうなんです?」
アノーア
「オーガニック・エンジンを開発したドクター達と会えた」
ノヴィス副官
「そりゃ良かった」
アノーア
「では切るぞ」
ノヴィス副官
「はい」
アノーア
「オルファンとグランチャー、それに対するブレンパワードというのは、子供が親や兄弟に歯向かう関係ともいう」
「オーガニック・マテリアルといっても、あれは金属に見える」
「生身の私はこのザマだ」
「カーテン……」
比瑪
「やっぱりここに居たんだ。まだ怒ってるんじゃないかと思ってさ」

「いつも怒ってんのは、お前の方じゃないか」
比瑪
「大人の言う事が全部汚いって事じゃないわ。あの人達はあの人達で、何とかしようと思ってるのよ?」

「だからって、その手先みたいに動かされるのは嫌なんだよ」
「大体、地球がこんなになったのは、みんな人間のせいなんだぞ?」
比瑪
「だから、みんな滅んじゃえばいいの?」
「そんな事を思う人を、ブレンは受け入れてくれないわよ?」
「この子達は、私達を見捨ててないから、協力してくれてるのよ」

「人間てのはさ、大人になると信用出来なくなるんだよ」
比瑪
「直子お婆ちゃんくらいには、優しくしてやったっていいじゃない」

「あのお袋を育てたのは、婆ちゃんなんだぞ?」
「そういう責任も感じないで、『ゲイブリッジさん、ゲイブリッジさん』だ」
比瑪
「学生時代の恋人同士だったんだもの」

「何だよ?」
比瑪
「お婆ちゃんのせいで、お母さんが優しくしてくれなかったなんて事、ないよ?」

「お前なんかに分かるもんか」
比瑪
「分かるよ。私には、沢山お母さんが居たもの」

「沢山のお母さんが居たから、分かる……?」
比瑪
「お父さんだって一杯ね。子供を育てようっていうお父さんやお母さん達、人それぞれ表現が違うのよ?」

「表現が間違ってたら、お終いだぜ?」
比瑪
「でも、勇のお父さんとお母さんは、勇を必要とした。親に必要とされたっていうのは、いい事だよ?」

「とんでもない、研究の為にだ」
「これは親子の問題じゃない。世界の問題だ」
比瑪
「そうか、愛されてるとかいう問題じゃないんだ」

「当たり前でしょ?」
「そういう認識があれば、婆ちゃんだって少しはやりようがある筈なのに……」
「ゲイブリッジなんかと、老いらくの恋なんだぜ?」
比瑪
「どうしろってのさ?」

「オルファンに乗り込んで、お袋を引っ叩くとかさ」
比瑪
「そんな事、出来る訳ないじゃないの」

「そりゃそうだ。歳だもんな」
直子
「勇は、私に捨てられたと思っているのかもしれません」
「私、母親と姉が迎えに来た時、行きたくないと言った勇を守ってあげられなかったんです」
「あの子は、オルファンでどんな風でした?」
カナン
「両親とお姉さんが傍に居ましたからね。特別でした」
直子
「寂しくはなかった……?」
カナン
「それはそうです」
直子
「翠も研作さんも、勇を六・七年も放り出しておいて」
「グランチャー乗りの適正があるからって、引き取りにきたんですよ」
カナン
「そんな勇君でも、私には羨ましかったんです」
直子
「ご家族がいらっしゃらない……?」
カナン
「はい……」
「でもオルファンに居ると、不安を忘れられました」
「でも、今はここに居ます」
直子
「何故かしら?」
カナン
「勇を導いたブレンパワード的なもの……」
「あの子もそうなんですけど、この子達の持っているものって、グランチャー的なものとは違うんです」
直子
「どう違うんです?」
カナン
「私が無くしていたもので、ずっと欲しがっていたものを持っているんですよ」
直子
「オルファンとかグランチャーには無かったの?」
カナン
「ありませんでしたね。あれは人に強制するんです。無理強いをするっていう所があったんですよ」
直子
「共に生きるという事ではなく?」
カナン
「そうですね」
「ん……?」
「ケイディ!」
直子
「カナンさん……!」
ラッセ
「どうしたんだ?」
カナン
「ケイディよ。グランチャーのパイロットが潜入している」
ラッセ
「冗談じゃないぜ」
ケイディ
「目標はこっちか……勘は当たっていたんだ」
ラッセ
「そうだ、スパイだよ。輸送機に乗ってたんだ」
「ん、違う。カナンが教えてくれたんだ」
カナン
「何処へ向かうと思う?」
ラッセ
「オルファンが狙うとしたら、エンジンだ」
カナン
ブレンパワードなら分かるけど……」
ラッセ
「ノヴィス・ノアは、只のサバイバル艦じゃない。オーガニック・エンジンのテスト艦なんだ」
カナン
「そう……」
ラッセ
「全てのオーガニック技術を独占したいリクレイマーにとっちゃ、気になる技術さ」
「エンジン・ルームはこっちだ」
ユキオ
「何、煩いんだ? 敵が来たのか?」
アカリ
「比瑪姉ちゃん、まだ帰ってないのに」
ラッセ
「お前達は寝てな?」
ケイディ
「どうしてバレたんだ?」
ラッセ
ラッセ・ルンベルク」
「カナン」
カナン
「はい」
ラッセ
「フル・ネームを」
カナン
「カナン・ギモス」
「いいの? 私にこんな事を教えて」
ラッセ
「同じクルーだ」
「アイリーンさんのチェックも、新しいブレンのデータも入ってる」
「その上でこのドアは、カナン・ギモスを認めた……いいじゃないか」
「スパイが入り込んでるぞ。軍の輸送員の格好をしている、リクレイマーだ」
ノヴィス・クルー
「輸送機に紛れ込んでたんですか?」
ラッセ
「そうだ」
「どうしたんだ?」
カナン
「このスリット・ウェハーは、オルファンみたいで……」
ラッセ
「ブレンと同じオーガニック・エンジンのシステムだが……そういう事なのか?」
カナン
「でしょ? オルファンは、あれ全てがエンジンだというのよ」
ラッセ
「頼むぞ」
ノヴィス・クルー
「はっ!」

「事件があったな」
比瑪
「行ってみる?」

「当然でしょ」
比瑪
「当然か……」

「上空チェック」
「比瑪、グランチャーの影があるぞ」
比瑪
「私の方も確認」
ラッセ
ラッセ・ルンベルクだ」
カナン
「カナン・ギモスです」
ラッセ
「スパイは何処なんだ?」
ラッセ
「射殺するなよ?」
ケイディ
「来やがった……!」
ラッセ
「投降しろ! 銃をこちらへ……!」
カナン
「ケイディでしょ? 投降すれば……」
ケイディ
「オルファンを裏切ったのは本当だったんだな、カナン!」
ラッセ
「元から彼女は、オルファンに向いていなかっただけだ!」
「貴様だって、ここに来たなら……!」
ケイディ
「俺は、オルファンのアンチ・ボディだ!」
「シラー、来てくれ!」
カナン
「ケイディ!」
ラッセ
「足を狙え!」
カナン
「グランチャーが来るわ、ラッセ
ケイディ
「でやっ……!」

「シラーが来ている?」
カナン
「ヒギンズ、出られて?」
ヒギンズ
「外に出たがってるのよ。苛付いているみたい」
カナン
「だったら気を付けて。好きにさせたら、敵に近付き過ぎるかもしれない」
ノヴィス・クルー
「イランドは外に出します! 発進させますよ!」
ラッセ
「カナン、いいのか? こんな所で飛ばしちまって……」
カナン
「宥められます。ラッセは、ヒギンズ・ブレンを見てやって」
ノヴィス副官
「バリアを張られたって、撃ち続けろ! 近付けちゃならん!」

「シラー!」
ケイディ
「うぉっ……!」
「すまねぇ、恩に着るぜ」
ヒギンズ
「落ち着いてね、君。お兄さんらしく……」
「カナン! この子、暴走している! 比瑪……!」
レイト
「ヒギンズ、偉いぞ! よく追い込んでくれた、ハニー!」
比瑪
「キメリエスが?」
ヒギンズ
「大丈夫よ、君。怖いものは居なくなったわ。君が働いてくれたからなんだ」
「下を見てご覧。みんな君の友達だよ?」
レイト
「ヒギンズ! そのブレンとの相性は、いいようじゃないか!」
ヒギンズ
「あんたが居てくれるからさ!」

「間違いなかったんだな? ケイディが生きてたっていうの」
カナン
「ええ。憖っか生きてたばかりに、何か功績を挙げたかったんでしょうね」

「どうなの、その新しいブレン? カナンと気が合うの?」
カナン
「いいわよ。いいお兄さんよ、この子」
「本当に感謝しているわ、勇」

「そりゃ良かった。ヒギンズさんや比瑪とも上手くやってよね」
カナン
「勿論」
ラッセ
「流石、元グランチャー乗りってところはあるな」
比瑪
「凄いな、こんなに一杯……みんなブレンなんだ」

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第7話「拒否反応」全セリフ

ブレンパワード 第7話「拒否反応」全セリフ

ブレンパワード 第7話「拒否反応」全セリフ



 

ブレンパワード 第7話「拒否反応」全セリフ


前回のあらすじ
プレート集めをするグランチャーを追い掛けた私達はのチームワークは、良くはなかったな。
けど向こうも同じで、プレートを落としてってくれた。
それがリバイバルしてくれて、何と、双子のブレンが現れたのよ? 凄いでしょ。
けど、グランチャーに似てるんだよね……。


カナン
「オルファンでも、双子の例はなかったのに……」
「ブレン……私のブレンパワードになってくれて?」

「ヒギンズさん、大丈夫ですか?」
ヒギンズ
「な、何とか……潰されなかったわ」

「良かった」
「カナン、怪我は?」
カナン
「大丈夫。ちょっと脅かされたけど」

「登るのか?」
カナン
「大丈夫でしょ」
比瑪
「オルファンでもこういう事あったの? 双子とか三つ子とかっていうの」

「こんなのは初めてだよ」
比瑪
「私の時とは違うようで……」
「ん、見ている……?」
「あぁ、ふふっ……!」

「大丈夫? 体力、吸い取られてる感じなんてない?」
カナン
「それはないわね。生まれたてで、初めて会ったのが私だったからでしょうね。馴染んでくれてるみたい」
カナン
「勇、私に内緒で、何をコソコソやってるの?」

「別に内緒って訳じゃ……」
カナン
ブレンパワード・タイプの手入れをしていた……」

「手入れって訳じゃないけどさ。こいつが反応してくれたんだよ。それで、何とかしてやりたいと思ったんだ」
カナン
ブレンパワードリバイバルしたものは、すぐに硬化しちゃうんでしょ?」

「半年前、東京で会ったブレンパワードは、動いてたじゃないか」
カナン
「オルファンに従わないで、一人で勝手に動くアンチ・ボディは」
ブレンパワードになってしまって、パイロットの言う事だって聞かないんでしょ?」

「オルファンの中ではそういう反応だったのさ」
カナン
「オルファンの中では……?」
「よくそんな物、持ち出せたわね」

「試作品、試作品の連続だから、数のチェックなんかしてないのさ」
カナン
「東京であのブレンパワードに会ってから、変だね」

「カナンは気にならないのか?」
カナン
「そりゃ、あの時はショックだったわ」

「親父やお袋の言ってた事が、嘘だったんだ。宇都宮比瑪ってのが動かしてた」
カナン
「あの後の事は、分からないんでしょ?」

「ノヴィス・ノアのチームがコンタクトした」
カナン
「アンチ・ボディはマシンじゃないのよ? 何が起こるか分からないのよ?」

「だから試してんじゃないか」
カナン
「好きになってくれてるみたいよ、この子」

「そりゃ良かった。連れ帰れるようにしてやってよ」
カナン
「ええ」
比瑪
「一緒に乗ってあげたらいいじゃない」

「遊んでいる暇はないだろ。ジョナサンが来てんだぞ」
コモド
「私が乗れないで、何で、ヒギンズとカナンなんだよ」
「はっ……!」
ジョナサン
「敵前の作業だ。急げ!」
エッガ
「ご苦労」
ヌートリア艦長
「エッガ、そいつはリバイバルするのか?」
エッガ
「表面の輝きが違うぜ」
ヌートリア艦長
「緊急前進しろ! 巻き込まれるぞ!」
ジョナサン
「始まっちまったのか」
ヌートリア艦長
「船がやられるぞ」
エッガ
「俺が触ってやったから始まったんだ。強い子にリバイバルしてくれ!」
ヒギンズ
「文字を学習している? 比瑪ちゃんの言う通りだ。私の網膜が見ているものを増幅している文字ね?」
「生まれたてで申し訳ないけど、武器は使えるの?」
「ごめんね、道具よ。いきなり手足で殴り合うのは痛いんだよ。グランチャーが居るんだ」
「偉い子」
「カナンさん、聞こえて? 足元に武器があるわ」
カナン
「え、あぁ……」
「出来るの、君?」
比瑪
「凄い子達じゃない。偉いよ」
「お利口さん」
ナンガ
「勇、比瑪、ブレンパワードに乗れ! 水平線上に集まっていた敵に動きが出た!」
比瑪
「聞いた、君達? 君達はヒギンズさんとカナンさんの言う事を聞いて、ノヴィス・ノアに行って頂戴」
ノヴィス・クルー
「了解」
「コモド、双子が生まれたんなら、守らなきゃならない」
「スパイが乗る双子が当てになるのか?」
「今は、正面のグランチャーが敵だろ。余計な事は考えるな」
ナンガ
「当たれ、当たれ!」
コモド
「やっぱりだ。敵の動きが遅いから何かあると思ったけど、あの光はリバイバルの……」
「あっ!」
比瑪
「コモド! 一人で飛び出してたら、やられちゃうでしょ?」
「強いからって……!」
「あら、斬れちゃった? だからって……!」
「逃げた? ナンガは……ラッセはどこ?」
ジョナサン
「潰れろってんだよ!」
ナンガ
「俺はやられてないぞ! 下がるな!」
ジョナサン
「一刀両断!」
ラッセ
「お前ら、俺を忘れていないか?」
ナンガ
「落ち着け、怖くなんかないぞ! 俺が付いてんだ!」
「コモド、何処に行った? あいつが居れば、戦いようがあった」
比瑪
「ナンガ!」
ナンガ
「うぉっ……何て意気地なしだ!」

「我侭はさせちゃいけないんだ。ヒギンズ、両手を挙げてるな?」
ヒギンズ
「やっているけど……この子、静かにしてくれない」

「カナン、どうなの? そっちの感覚は」
カナン
「何だかとっても嬉しいわ。この子の事、分かるみたい」

「なら任せるぞ。放すからな」
ヒギンズ
「弟が飛んでしまったわ。君、負けてしまうわよ?」
「負けるつもりなの? 飛ばないと、うっ……!」
比瑪
「ナンガ」
「ナンガさんが居ない? ナンガ、ナンガさん……もう!」
「嫌っ!」
「有難う、ラッセ!」
ラッセ
「数が減らないんだ。ナンガは?」
比瑪
「コックピットには居なかった」
ラッセ
「海に落ちたか」

「当たった?」
「ヒギンズ、そのブレンを叱れ。武器を使う事を言い聞かせろ。それがパイロットの仕事だ」
ヒギンズ
「理屈はそうでしょうけど……」

「ヒギンズの言う事を聞かないと、怖いんだぞと教えるんだ」
ヒギンズ
「憎んでるって……私が嫌われてるの?」

「グランチャーだ。ブレン・タイプはグランチャーが嫌いなんだ」
ヒギンズ
「グランチャーを嫌う?」
比瑪
「カナンさん、飛べたんですか?」
カナン
「ヒギンズさんの方が、コントロールしきれないのよ」
比瑪
「そりゃそうでしょう、貴方はベテランですものね」
カナン
「ナンガさんが居ないのね?」
比瑪
「見れば分かるでしょ」
コモド
「ウェッジが出てた?」
ノヴィス・クルー
「あそこでリバイバルをしてるって事は、グランチャーが増えるぞ。そんな事はさせねぇ」
「ロック・オン、発射!」
「離脱!」
コモド
「助けよ、オグン! アンチ・ボディはオグンの女神かもしれないと信じているのだから!」
エッガ
「船を寄せろ!」
ヌートリア艦長
「敵が来ている」
エッガ
「ジョナサンを呼べばいいだろ」
リバイバル完了だ」
ヌートリア艦長
「拳銃を寄越せ! 敵が来る!」
コモド
「くっ……!」
エッガ
リバイバルしたばかりで済まないが、オルファンを守る為に戦ってくれないか?」
「ん?」
コモド
「あぁっ……!」
エッガ
「よりによって、俺がグランチャーを手に入れようって時に来るとは、いい度胸していると褒めたいが……」
「この手首、折ってやろうか!」
コモド
「うぅっ……!」
エッガ
「このアマ……!」
搭乗員
「エッガはグランチャーを立ち上がらせろ。女は我々に任せりゃいい」
エッガ
「任せる。グランチャーの方が大事だ」
コモド
「そのアンチ・ボディは私が乗るんだ!」
エッガ
「オルファンのリクレイマーになるつもりでも、これは俺のグランチャーだ」
コモド
「同じアンチ・ボディなら、ブレンパワードのように、私は使い慣らしてみせる……!」
エッガ
「俺のグランチャーよ、貴様はこの世に命を与えられた勇者だ」
「お前の兄弟達は、母なるオルファンを守る為に戦っている」
「しかしな、パイロットに碌な奴が居ない。ジョナサンのような野郎ばかりだ」
「武器は取れるな、貴様?」
「貴様が見たものが俺にも見えるぞ? 武器を取ってみせろ!」
「取り出せたのか」
「いいぞ。貴様は生まれながらに戦う、男の気骨がある」
「飛んでくれ! この戦場のみならず、全てを貴様のものにしろ!」
ヌートリア艦長
「よし、ヌートリア急速先行! プレートを曳航しつつ帰投する!」
コモド
「あんな奴が使うなんて……!」
「ん、あんなに流されてる……」
比瑪
「ヒギンズ、上へ逃げて」
「落ちないの! 当たらないの!」
ヒギンズ
「助かったわ、比瑪」
比瑪
「私が押さえている間に後退して」
ヒギンズ
「そうする」
ジョナサン
「お前の相手は私がしてやる!」
比瑪
「やられる……!」
「わぁぁっ!」
カナン
「駄目なの? 操縦装置が付いていないコックピットでは……」

「カナン、気を合わせればいいんだ。どうしたんだ?」
カナン
「やっているつもりだけど、グランチャーと違う」

「理屈で考えてるんだろ。包んでやれ、愛してやるんだ」
カナン
「愛してやる?」

「それしかないだろ」
カナン
「そうだけど……」
「落ちないで、君」
「お兄さんなんでしょ? 生まれたばかりで逃げるなんて、損なのよ?」
「意気地なし!」

「カナン……?」
カナン
「コックピットのアレンジ、上手く行っているの?」

「ああ」
カナン
伊佐美博士達は、最近の勇の不調を心配しているわ」

「グランチャーとの整合性の問題だろ?」
カナン
「貴方自身の体調は、いいのね?」

「そりゃいいさ。あの人達は俺の事を、自分の子供だなんて思っちゃいない」
「グランチャーの中枢神経としての俺の事しか考えてない」
カナン
「エンジンがオーガニック的なものなら、博士達の心配は分かるわ」

「そうだとしても、アンチ・ボディと人間の関係は、まだよく分かってないんだぞ?」
カナン
「オルファンという存在が分かってくれば」
「グランチャーはオルファンの子供で、私達人間は、その二つを繋ぐ神経細胞

「オルファンは、地球上の生命のエネルギーを全て、吸収するものなんだろ?」
カナン
「それでいいじゃない? 地球を食い尽くした人類のエナジーを、全て取り込むのがオルファン……」
「そして新しい星を目指して、オルファンは銀河旅行をする」

「いいのかよ、それで?」
カナン
「グランチャーが宇宙でも使えると証明されれば、オルファンのシステムというのはそういうものなのよ」

「オルファンのシステム……?」
カナン
「生物エンジンで、星の光までエネルギーに替えられるオルファン……」
「私達は、そのオルファンのシステムに人類の遺伝子を伝える。そうすれば……」

「オルファンの完全なアンチ・ボディ……つまりその、抗体になるって事だぞ?」
カナン
「そうなれば、グランチャーに乗っても苦しくはないわ」

「こいつは辛くないよ」
カナン
「勇が、ブレンパワードの抗体になったっていう事?」

「違うんだよカナン、こいつはそういうんじゃないんだ。俺の意思とこいつの意思が合って……」
カナン
「グランチャーだって……」

「グランチャーには、こっちが合わせていかなくちゃならないじゃないか。ブレンは全然違うよ」
カナン
「どう違うのよ?」

「グランチャーには吸い込まれていくという感覚があるけど、ブレンはそうじゃない」
「それは全然違う事だよ」
カナン
「ふうん、そう……」
カナン
「どうなの、君? 私は君と一緒に居られる女ではないの?」

「カナン、後退してくれ!」
カナン
「この子、怖がっている……体が動かないみたい」
「下から? 避けなさい!」

「いいぞ、そのまま陸地に隠れろ」
カナン
「どうするの、君?」
「はっ、敵が来る……?」
「まだ後方にグランチャーが居た?」

「何だ、あれは違うぞ! カナン、避けろ!」
エッガ
「こいつは俺の思う通りに動いてくれる」
「アンチ・ボディの出来損ないなぞ、このエッガ・グランチャーで叩き落としてやる!」

「グランチャー乗りという奴は、生まれたばかりの者にまで闘争心を植え付ける!」
「あの艶やかな肌は、リバイバルしたばかりの赤ん坊だ」
比瑪
「そんなの怖くないんだから!」

「比瑪はヒギンズ達と後退しろ」
ジョナサン
「エッガ、リバイバルしたばかりの物をすぐ戦場に投入するな! 混乱する!」
エッガ
「舐めて貰っちゃ困りますぜ、ジョナサン・グレーン。こいつはとってもよく俺の言う事を聞く」

「伸びた?」
コモド
「あぁっ……!」
エッガ
「どけよ、ジョナサン! 裏切り者など、これで串刺しにしてやる!」
「覚悟、勇!」
ラッセ
「チャクラ・ブレードの直撃だと? あのグランチャー、何だ?」

「あいつ、もつのか?」
ジョナサン
「エッガ、しっかりとコントロールしろ! 敵はブレンパワードだ!」
エッガ
「裏切り者が! 親を裏切る餓鬼などは、親不孝以下だろう!」
カナン
「チャクラの光が爪になっている?」
ヒギンズ
「カナン、あんな奴どうすればいいの?」
カナン
「この子達が知っているわ」
「だから、このポジションに付いたのよ」
ヒギンズ
「そうなの、君達?」
エッガ
「死ねよ、壊れちまえよ! 裏切り者なんぞ、居なくなっちまえ!」
「どうしたよ、俺のグランチャー? 力があるんだろ?」
「貴様はジョナサンに負けないだけの力を持っているんだろ? そう言ったじゃないか!」
「お前は俺と一緒にあいつらを潰して、オルファンを……!」

「あんな現象なんて……」
「ジョナサン!」
ジョナサン
「勇……!」

「ジョナサン・グレーン、姉さんと親父とお袋に伝えるんだ!」
「オルファンに従う事は絶対に正義じゃない」
「オルファンで人類を抹殺する事も、地球を死の星にする事も、絶対にさせない!」
ジョナサン
「勇……!」

「今言った事を伝えるんだ、行け!」
ジョナサン
「ゆ、勇め……!」

「伝えろ! その為に狙撃はしない!」
ジョナサン
「ゆ、勇は、俺をメッセンジャー・ボーイにしたのか。その為に見逃してくれたというのか、あやつは……!」
コモド
「命ある限り戦うと誓ったのに、生き残るなんてさ……オグンは、私を見放しちまったんだ……」
ナンガ
「泣くなよ、お前の神様は見放したりしないさ。だから生き残ったんだよ」
コモド
「うぅっ……!」
ナンガ
「可愛い奴だな……」
カナン
「これがノヴィス・ノアのクルーか」
「そして、これが双子のブレンパワード
「彼らに比べたら、まだ赤ちゃんかな」
ヒギンズ
「グランチャーの雲、まだある。パイロットはどうなっちゃったんだろ……」

 

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第6話「ダブル・リバイバル」全セリフ

ブレンパワード 第6話「ダブル・リバイバル」全セリフ

ブレンパワード 第6話「ダブル・リバイバル」全セリフ



 

ブレンパワード 第6話「ダブル・リバイバル」全セリフ


前回のあらすじ
伊佐美勇がノヴィス・ノアに居着くなんて思えないな。
グランチャー1機でやってきた女は、勇とずっと一緒だったっていうのよ?
そんなのが撃墜されたように見せ掛けて、勇を連れ戻しにきたって事だってあるじゃない。


ヌートリア艦長
「シラー・グラスか。作戦ご苦労」
シラー
ヌートリア、急いでいるな」
ヌートリア艦長
「比曽山中の震源地よりプレートが出た」
シラー
「またか」
ヌートリア艦長
ヌートリアは、後続のグランチャー部隊と連携。本艦は待機海域へ急行する」
シラー
「アンチ・ボディが生まれるってのかい?」
「もう直オルファンだよ、私の坊や」
シラー
「プレート回収に出るのか?」
兵士
「大騒動さ」
ジョナサン
「アネルとゲインは重装備だぞ」
兵士
「持たせてます」
ジョナサン
「帰ったか」
シラー
「ジョナサン・グレーン御自らのご出陣ですか?」
ジョナサン
「裏切り者達の首を手土産にしてきたのでもない……グランチャー部隊の名折れだぜ?」
「けどさ、カナン機を撃破したのだから、許せるかな」
シラー
「有難う」
ジョナサン
「裏切り者のグランチャーが敵に回る事がなくなったのだから、ペナルティはなしでいいな」
シラー
「すまない」
ジョナサン
「しかし、ノヴィス・ノアのブレンパワードが組織的に動き出したのであれば、それは驚異であります」
「我らのグランチャー部隊の増強は急ぎます」
依衣子
「その為のプレート回収だ」
リバイバルパイロットを立ち合わせて、グランチャーの稼働効率を上げなければならない」
シラー
「クインシィ・イッサー、私も回収部隊に加えていただきたい」
依衣子
「お前は帰ってきたばかりで消耗しきっている」
「それに、グランチャーも嫌がっている」
ジョナサン
「今回は俺達に任せろ」
「では、クインシィ・イッサー」
ゲイブリッジ
「ああ、今朝の地震には、政府は理科学研究所の職員を派遣したよ」
アノーア
「ヒギンズ・サスを飛ばします。宜しい?」
ゲイブリッジ
「期待し過ぎると思うが、任せるよ」
「それが終わったら、こちらに来てくれないか?」
アノーア
「はい」
ヒギンズ
「ねぇ、オルファンのスパイを受け入れちゃう艦長なんて、信用出来て?」
ノヴィス・クルー
「カナン・ギモスがスパイってんですか? ありゃ勇と同じですよ」
「我が強いだけで、スパイなんか出来やしませんよ」
ヒギンズ
「そんなに単純な奴か?」
「確かに勇だって、コンプレックスの塊だものね」
ノヴィス・クルー
「はい、コモドちゃんいいね~。いいですよ~どうぞ!」
「コモドの野郎~!」
コモド
震源地の偵察などハンティングにもならないんだから、オグンに誓うまでもないさ」
アイリーン
「ご覧の通り、カナン・ギモスの全身スキャン、メンタル・テストからも、精神状態は保証出来ます」
ゲイブリッジ
「直子が心配してるのは、カナンの事ではないな?」
直子
「はい。勇は、どんなつもりでカナンさんを連れてきたんでしょう? その方が気になります」
アノーア
「私にとっては、どちらも元リクレイマーです。危険分子にしか見えません」
「司令の目論見は、オルファンの情報を集めるおつもりでしょ?」
ゲイブリッジ
「彼女はオルファンに居る事に疲れたんだ。こちらの戦力になると思うな」
直子
「司令の直感、当たりますものね」
アノーア
「そうですか?」
直子
「そうですよ」
ゲイブリッジ
「ご苦労」
アイリーン
「はい」
ラッセ
「ん? 何やってんだ、あの二人……」
ナンガ
「さあね。多分、勇とカナンのスパイをやってんだよ」
ラッセ
「あの女が、年下の坊やを追い掛けてきたって話もあるけど?」
ナンガ
「そんな安っぽい女か?」
ラッセ
「そうだな。そういう女じゃない」
ナンガ
「だからスパイしてんだろ?」
カナン
「確かに、インター・フェイスへのタッチが違うわね」

「オルファンでの感触と外に出てからとでは、全く違ったね」
カナン
「反応が早いの?」

「グランチャーとでは、反応する感情の色とか深さが違うんだ」
カナン
「感情の色? 深さ?」

「喜怒哀楽っていうだろ? そういう色合いっていうのかな」
「そういうものや、その時々のこちらの深いところにある感情……」
「そういったものをピックアップしてくれて、その上で、こちらの全体の気分を受けてくれるのさ」
カナン
「部分では深く、全体では優しいのね」

「そういう事かな。そうだろうね」
アカリ
「……カナンって奴が勇を連れ出そうとしたら、断固阻止するんだぞ」
クマゾー
「断固阻止」

「そうやって座ってるとさ、気持ち、落ち着かない?」
カナン
「頭痛は来ないわ」

「親父達はこの違いを隠してたんだ」
カナン
「オルファンでは、ブレンパワードの特性が殺されていたのよ」
「アンチ・ボディの個性って……」

「何やってんだ? 放せ!」
カナン
「貴方達、何、意地悪してるの?」
アカリ
「勇はここに居るんだ!」
クマゾー
「断固阻止!」

「何だよ、引っ張ってくれたっていいじゃないか」
カナン
「手伝えないな。こういう所で、ブレンパワードは活性化したのか……落ち着くわ」

「わっ!」
カナン
「大丈夫?」

「ま、股先だ……!」
アカリ、クマゾー
「落ちる~!」
ナンガ
「やれやれ……登る時、脚立を落とすから」
比瑪
「怪我させたら承知しないから!」
ラッセ
「俺達の出る幕はないか」
コモド
「理科研の連中の方が足が早いなんて……」
「貴方達は、誰の許可を得てプレートに触っているの?」
三尾
「ノヴィス・ノアの方ね? 理科研の依頼でプレートの調査に来た、源野三尾です」
「私達が発見したプレートの事で聞きたい事があれば、日本政府を通してください」
コモド
「このプレートの権利を主張するんですか?」
三尾
「いけませんかしら?」
コモド
「はっ、くっ……!」
三尾
「暴力はいけません、あっ……!」
コモド
「グランチャーが来たわ」
三尾
「え?」
ヒギンズ
「グランチャーの数は?」
ノヴィス・クルー
「それどころじゃないみたいだ。ヨルバ教のお助けはなかったのかな?」
ヒギンズ
「そんなの、ある訳ないよ」
ノヴィス・クルー
「コモド・マハマ、離脱出来ます」
 〃
「救援は要るようです」
アノーア
「オーガニック・レーダーでも確認出来たのか?」
ノヴィス副官
「はい。カーテンが下がってましたから、チェック出来ました」

「カナンはブレンに慣れるんだ。そこに居な」
カナン
「有難う」

「出掛けるのか?」
「何だってんだよ、ここの奴ら」
比瑪
「――ありがとう」
クマゾー
「うん」
比瑪
「何よ?」

「出掛けるんだろ? 俺にも行かせろ」
比瑪
「貴方は出掛けちゃいけないのよ? 捕虜なんでしょ?」

「誰が捕虜だ」
比瑪
「なら、謹慎中の……」

「こんな船のクルーになった覚えはない」
比瑪
「少しは現実を考えたら?」

「イランド1機で、プレートを探しに行く……?」
比瑪
「何やってんの、あんた?」

「お前こそ、楽して子供達を食わせる為に、こんな軍艦の厄介になってさ」
比瑪
「違うわよ。この船がブレンを必要だっていうから、乗ってやってるんじゃない」
「あんたみたいに女性の気を引く為に、ブレンに乗ってるんじゃありません」
「カナン・ギモスだって、変な名前!」

「何で、カナンの名前が出るんだ?」
「あっ……!」
比瑪
「本当の事でしょ?」

「落とすなよ!」
コモド
「罰が当たったんだ。出撃の時にオグンに頼まなかった罰が当たったんだ」
三尾
「あ、どうも……」
桑原
「い、いや……逃げられますか?」
三尾
「グランチャーって、ブレンパワードとは違うわ」
桑原
「どうします?」
三尾
「知らないわよ」
コモド
「あんな数……!」
ヒギンズ
「グランチャーが見えたわ」
ノヴィス・クルー
「本当ですか」
ヒギンズ
「コモドから連絡は?」
ノヴィス・クルー
「ノイズだけです」
ヒギンズ
「撃墜されてないわよね」
コモド
「何で私にブレンがないの?」
ジョナサン
「無闇に撃つんじゃない! このプレートをヌートリアに運ぶ方が先だろ!」

「ノヴィス・ノアの……」
比瑪
「コモド、敵と接触したの? 怪我はないのね?」
コモド
「グランチャー7・8機が居る。プレートが一枚じゃないのよ。四枚はあった」

「そんなに出たのか」
比瑪
「ウェッジ……ヒギンズ・サスは何処に居るんです?」
コモド
「北側に居るわ」

「正気か?」
比瑪
「何よ?」

「頭を出したらやられるだけだろ。低空で行くんだ。ヒギンズさんだって高度を取る訳ないだろ」
比瑪
「そうか!」
「ブレン! ……コモドさん、頼みます」

「落ちるか……!」
コモド
「ミスター・ユウ、飛び降りて」
「貴方は比瑪の邪魔をしているわ。早く!」

「そっちへ行ったって、わっ……!」
コモド
「操縦の邪魔をしないで!」
比瑪
「グランチャーが動いてる?」
「勇、コモド!」
コモド
「何とかしなさい」

「何とかたって……」
コモド
「よ~し、落ちないで!」

「落ちるつもりはない!」
ジョナサン
「何でこんなにプレートが出て来たかは、後で考えればいい」
「急げ!」
三尾
「あぁっ……!」
桑原
「見付かりますよ」
三尾
「私の見付けたプレートを、持ってっちゃう!」
桑原
「声を出さないで」
三尾
「私、オルファンに行って研究したいわ」
桑原
「何、馬鹿な事言ってるんです」
三尾
「あっちはアンチ・ボディだって一杯あるのよ?」
ナンガ
「どうだ? ブレンとは仲良く出来そうか?」
カナン
「基本はグランチャーと同じだけど、神経に直接触ってくるっていう強迫的感覚はないわ」
ナンガ
「そりゃ良かった」
カナン
「好きだわ、これ」
ナンガ
「あんたみたいなのが、何でオルファンに行ったんだ?」
カナン
「え?」
ラッセ
「聞かせてくれよ」
カナン
「数十万年前から地球上の生物のエネルギーを貯めて、銀河から銀河へ飛行する……」
「想像しただけで素敵でしょ?」
ナンガ
「オルファンはスペース・シップなのか」
カナン
「それがオルファンの再生をしようとしている、リクレイマーの結論ね」
ラッセ
「そういうものに惹かれたという訳かい?」
カナン
「そうね……」
アノーア
「ブレン全員に。出撃」
ヒギンズ
海上に支援部隊が居るのね?」

「プレートの数が出たんなら、オルファンから支援部隊が上がってくる」
ノヴィス・クルー
海上に出るぜ」
ヒギンズ
「グランチャーの動き、今までと違うんじゃない?」

「オルファンの浮上が始まれば、やる事は違ってくるさ」
ヒギンズ
「どう違ってくるの?」

「プレートだって、いつリバイバルするかもしれない」
「こいつにはミサイルないのか?」
ノヴィス・クルー
「そりゃあるさ」
アノーア
「ナンガ、ラッセが左右に付いて……」
ゲイブリッジ
「様子を見よう、艦長」
アイリーン
「貴方の体力はまだ回復していないんですから、長距離はまだ無理です」
カナン
「この子を勇に届けるだけです。下がってください」
アイリーン
「ナンガ、ラッセ! カナンを助けてやって!」
「いいわね、ラッセ?」
ラッセ
「了解。彼女から目を離しませんよ」
「彼女、腕がいいぜ」
ナンガ
「惚れたか?」
ラッセ
「まさか」
アイリーン
「元グランチャーのパイロットか……」
カナン
「うぅっ……どうしたの? 私が嫌いなの? き、嫌ってくれてもいいから……」
ラッセ
「どうした? カナンさんの方の拒否反応か?」
カナン
「私を好きになってくれなくてもいいから、今は、二人で勇の所へ行きましょう」
ラッセ
「落ち着けるか?」
カナン
「大丈夫、飛べます」
ナンガ
「よし、カナン・ギモス。勇と比瑪の居る所に飛ぶぞ」
カナン
「ど、どうぞ」
「行くわね、君?」
ナンガ
「結構。では、バイタル・グロウブ合わせだ。いいな?」
ラッセ
「来たぞ、飛べるってさ。1・2の……3!」
比瑪
「あ~、やんなっちゃう。プレートはみんな海に持ってかれちゃうの?」
「ビリッケツの一人を倒せば……行け!」
ジョナサン
「動いた? 本気か?」
「何処だ?」
比瑪
「全部持っていかせるもんか!」
「もう……!」
ジョナサン
「逃がした?」
「落ちたのはいいから、ヌートリアとの合流を急げ」
比瑪
「私は馬鹿だ。勇にブレンを持ってこさせれば何とかなったのに……」
コモド
「私が行くよ。比瑪が攻撃しな」
比瑪
「了解」
ジョナサン
「こいつ……!」
「な、何だ? このゲッソリする感覚は……!」
比瑪
「来る……!」
「だったらさ、狙い撃ち!」

「援護してやれ、あれじゃやられるだけだ」
ノヴィス・クルー
「数が居る」
ヒギンズ
「プレートが変よ」

「え?」
リバイバルが始まってるんだ」
ヒギンズ
「え?」

「ミサイル、あるんだろ?」
比瑪
「この程度、くっ……!」
ラッセ、ナンガに……勇のブレンも?」
ジョナサン
「プレートをヌートリアに収容させるのが先だ。ブレンがあれだけ集結したとなれば、戦い方を考えなければならん」
比瑪
「勇のブレンって事は、カナン・ギモスが来たの?」
カナン
「はぁっ、はぁっ……!」
ナンガ
「カナン、大丈夫か?」
カナン
「ちょっと疲れた……落ち着きたい……!」
ナンガ
「比瑪、ラッセ、後退するぞ」
比瑪
「ええ……は、はい」
「何さ! わ、私だって……私だって一杯疲れてんのよ?」
ヌートリア艦長
「プレートの収容作業、急げ」
搭乗員
「曳航索、出せ」
ヌートリア艦長
「ドンピシャリの合流」
ラッセ
「そっちに行こうか、カナンさん?」
カナン
「いや、有難う。いきなり長距離をやったから……何か力を吸われちゃって」
ラッセ
「そりゃそうだろう。飛べただけで大したもんだ。そっちに行かなくっていいんだな?」
カナン
「有難う、本当に」
「はっ、リバイバルしている……!」
ノヴィス・クルー
「山一つ向こうから、グランチャーが襲ってくるんだぞ」

リバイバルに立ち会ってやれば、こちらに合わせてくれるのがアンチ・ボディなんだ」
ヒギンズ
「この光、見た事がある……プラハで見たのと同じだ……」

「あれが地震の原因だったのか」
 〃
「地鳴りはしてたもんな」
ヒギンズ
「町のシンボルの橋までが落ちた。何なの……?」
コモド
リバイバル?」

「この時間の掛かり方、妙だぞ」
カナン
リバイバルする?」

「するさ、ブレンパワードにね」
カナン
「え?」
「このアンチ・ボディ……」

「一つじゃないぞ」
ヒギンズ
「どういう事?」

「そ、そりゃ、オーガニックなら双子だって事もあるけど……」
コモド
「二人もリバイバルするの? 戦いの神オグンが遣わしてくれた……」
比瑪
「へぇ……」

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第5話「敵か味方か」全セリフ

ブレンパワード 第5話「敵か味方か」全セリフ

ブレンパワード 第5話「敵か味方か」全セリフ



 

ブレンパワード 第5話「敵か味方か」全セリフ

 

 

ヒギンズ
「本日付けで、ブレンパワードパイロット候補としてノヴィス・ノアに配属となりました、ヒギンズ・サスです」
ナンガ
「キメリエスでは、君を手放すのを嫌がったらしいな」
「俺はナンガ・シルバレーだ。一応、ブレンパワード隊の責任者という事になっている」
ラッセ
ラッセ・ルンベルクだ。宜しくな」
ヒギンズ
「まだ、リバイバルしていないんですね?」
ナンガ
「グランチャーとの戦いが本格化してくるというのに、困ったものだ」
「おまけに、パイロットも子供の方が腕が良くてね」
ヒギンズ
「宇都宮比瑪ですか? いいセンスをしているって聞いてますけど」
ラッセ
「ああ、いい子だよ。ノヴィス・ノアの一号機のパイロットだものな」
「それと、リクレイマー上がりの坊やだ」
ヒギンズ
伊佐美勇ですね?」
「私を見て、リバイバルしてくれないのかしら……」
アノーア
「私は伊佐美勇を、全面的に信用している訳ではありません。彼はグランチャーに乗っていた少年です」
ゲイブリッジ
「だからこそ、ブレンパワードパイロットとしても、心強いのではないかね?」
アノーア
「……何故、彼はリクレイマーを裏切る気になったのでしょう?」
直子
「あの子は、両親とは違う道を見付けたんだと思います。そういう子です」
アノーア
「親子の絆がそれで断ち切れるものでしょうか?」
直子
「それは……」
ゲイブリッジ
「今オルファンと戦うには、彼の協力が必要だ」
アノーア
「直感ですか?」
ゲイブリッジ
「ま、そうだ」
アノーア
「総司令がそう仰るのなら……」
ゲイブリッジ
「大丈夫ですよ、直子さん」
直子
「有難う御座います」
アイリーン
「ユウ・イサミ、気分が悪い?」
「ユウ」

「勇……」

「痺れるよ……ジリジリする……ああ、痛いよ……」

「大丈夫です、貴方なら我慢出来るわ。強い子だものね。上の村の山と川で鍛えた子だものね」
研作
「アルファ、ベータ、セータ……各波は同じように上がっている」
「乱れではない。これはグランチャーとシンクロしているんだ」
「流石に我が子だ……アンチ・ボディたるグランチャーと、一心同体になれるデータが取れてるんだよ、翠!」

「貴方の叡智と私の忍耐力……それを受け継いだ勇なら、依衣子以上のパイロットになれるわ」
「グランチャーの抗体としてね」

「あぁ、ジンジンするよ……!」

「オルファンに選ばれたんだから、大丈夫よ」

「あぁっ……!」

「勝手に、こんな所に連れてきて……!」
アイリーン
伊佐美勇、大丈夫?」

「……どうでした、僕?」
アイリーン
「問題なし」

「何か、体に埋め込まれていたとか……」
アイリーン
「DNAの書き換えもないみたいね。そっちの方は、もう少し時間を掛けて調べるって」

「僕の疑いが晴れたって事?」
アイリーン
「それは、私の判断する事ではないわ」
「私は、オルファンを修復したリクレイマー達を、マッド・サイエンティストとは思ってないし」

「……何?」
アイリーン
「何?」
アカリ、クマゾー
「別に」
アイリーン
「そう」

「俺を見張ってんだな?」
アカリ、クマゾー
「うん。……あっ!」

「誰の命令なんだかさ」
比瑪
「そうね。反応係数をもう少し高めに設定して……」
ユキオ
「比瑪姉ちゃん」
比瑪
「なぁに、ユキオ?」
ユキオ
「休んでなきゃ駄目じゃないか。休むのも任務の内だろ?」
比瑪
「有難う。でもね、勇の使ってるこの子の事、放っておけなくて」
アカリ
「バレた!」
クマゾー
「バレバレ!」
アカリ
「比瑪姉ちゃん!」
クマゾー
「姉ちゃ~ん!」
アカリ
「バレた! スパイしてるのバレた!」
比瑪
「ああ、いいのよ。アイリーンさんの所でしょう?」

「何してんだ! 俺のブレンパワードだぞ!」
比瑪
「コックピットの調整よ」

「勝手に弄るな」
比瑪
「近付くんじゃない!」
「貴方が近付くと、碌な事がないんだからね!」

「どういう事だよ?」
比瑪
「触るんじゃない! 引っ付くんじゃない!」
アカリ
「引っ付くな!」
クマゾー
「引っ付く」

「いけないか?」
比瑪
「キスがいい訳ないだろ?」
ユキオ
「キス?」
アカリ、クマゾー
「キス?」
ユキオ、アカリ
「したのか?」
クマゾー
「した」

「キス? 挨拶はしたけど」
「な?」
比瑪
「ああ、一年振りの挨拶。ひつこいもんね」

「そうだったかな……。悪かったよ」
「お前は、これでいいんだな?」
比瑪
「この子、このブレンパワードに好かれてるんだ……」
カナン
「オルファンが動き出しているわ。本当に、宇宙を求めているのかしら……」
依衣子
「勇がノヴィス・ノアに、このオルファンの弱点を教えているのだから」
「防衛の為にグランチャー部隊を強化するのは当然でしょう」
研作
「オルファンが浮上すれば、ノヴィス・ノアなど問題ではない」
依衣子
「勇はグランチャーの抗体にならなかったにしても、オルファンを知っています」
研作
「あれはお前の弟なんだぞ? それを倒そうというのか?」
依衣子
「異分子は排除しなければならない」

「それは、貴方が決める事ではないわね、依衣子。全ては……」
依衣子
「依衣子などここには居ない。私はクインシィ・イッサーである」

「……そうしたのも、オルファンの意思を受けて、私達が……」
依衣子
「クインシィをやっているのは、私なんだよ」
「勇がビー・プレートを手に入れたらどうなる、博士?」
研作
「ビー・プレートの事は、まだその威力も存在も、仮定のものなんだ」
依衣子
「しかし、オルファンそのものの存在に影響を与える。そういう性格を持っているものだと、博士は言ってる」
カナン
「――戦闘データだ」
研究員
「有難う御座います」
研作
「そうだからこそ……」
依衣子
「グランチャーの補修技術の開発を急ぎ、部隊そのものの補強が先決なんだろ」

「話は分かってます。ですから、ジョナサンにも率先して出て貰います」
ジョナサン
「同時に、ノヴィス・ノアの動向も探ってきますよ」
「カナン」
カナン
「何か?」
ジョナサン
「先発で出てくれないか?」
カナン
「また?」
ジョナサン
「いいだろ?」
カナン
「ああ、了解」
依衣子
「ジョナサン……迂闊ではないのか?」
ジョナサン
「クインシィ・イッサーの不安も、一挙に解消してみせますよ」
カナン
「リクレイマーは、勇の事を敵と見做している。オルファンの事しか考えない」
ジョナサン
「……カナンを見張っていれば、裏切り者が出て来る筈だ」
シラー
「はっ!」
ジョナサン
「オルファンは伊佐美ファミリーの所有物ではない。それを彼らも知るべきだな」
依衣子
「成程、カナンを試す……という訳かい? ジョナサン」
ジョナサン
「はっ……。ドクター達には、プレートの加工をやって頂けますな?」
依衣子
「やらせてます。あれはいいシールドになる」
ジョナサン
「では……」
比瑪
「クマゾー、こっち向いて」
「ほら、口を拭いて」
「オルファンでは何を食べてた?」

「人間どこに居たって、食べるもんは変わるもんじゃない」
比瑪
「そうそう。直子お婆ちゃんの畑のトマト、美味しかったね」

「あれは、昔からああして作ってんだ。コツあるしな」
比瑪
「ふうん……お婆ちゃんに教えてもらったんだ?」
「なのに、どうして今はお婆ちゃんと話さないの?」

「関係ないだろ」
比瑪
「でもさ……」
コモド
「こんな所に居た」
「ユウ・イサミ、私はコモド・マハマ。手身近に言うわ。貴方のブレンパワード、私に譲ってくれない?」

「何言ってんだかさ」
コモド
「私はパイロットよ? だけど、ブレンパワードがなければ戦えない」

「俺だってオルファンを潰す為に出て来たんだ。そっちの事情なんて知りたくもない」
コモド
「貴方は自分の勝手で戦うんでしょ? 私達は違うわ」

「道具を頼りにするようでは、グランチャーは落とせないよ」
コモド
「貴方と戦って証明してみせましょうか?」
比瑪
「コモド、あのブレンパワードは、勇を認めているのよ?」
「他の人が無理に乗ったら、どうなるか分からない」
コモド
「私が認めさせるわ」

「誰かが来る……誰だ?」
カナン
「まだこんな所をウロウロして。勇、居るんでしょ? 出ておいで」
ノヴィス・クルー
「グランチャー1機、接近!」
アノーア
「1機だけだと?」
ノヴィス・クルー
「はい」
アノーア
「対空戦用意!」
「たった1機で接近……?」

「うわ、何すんだ?」
アカリ
「勇は動いちゃ駄目!」
クマゾー
「動くな!」

「グランチャーが来てんだろ?」
比瑪
「貴方には待機命令が出てるのよ? 私達に任せて」

「カナンが来たんじゃないのか?」
「ほら、分かったから。離れてくれよ」
「信用されてないんだな」
アカリ
「そういう訳じゃないけど」

「そうなんだよ」
カナン
「勇、居るのね」
ナンガ
「敵が1機だけとは思えない。注意しろよ」
「行け!」
比瑪
「あのグランチャー、勇と一緒だった女の人のだ」
「勇を連れ戻しに来たんなら……!」
カナン
「勇は出て来ていない?」
「はっ……!」
「勇!」

「カナンか?」
コモド
「何でなのさ、答えなさいよ」
「何でさ」
「出るからね」
ノヴィス・クルー
「イランドじゃ、グランチャーと接近戦なんて出来ねぇぜ?」
コモド
「そんなの」
ノヴィス・クルー
「ヨルバの神様が、グランチャーを知ってんのかよ?」
コモド
「オグンの神よ、この戦いの我を守りたまえ」
比瑪
「ひょっとしたら、勇を取り返しに来たんでしょ、貴方は!」
ラッセ
「こっちの事を全く分かってないで出て来たのか、あいつは」
カナン
「あの時のブレンパワード? 貴方に会わなければ、勇も私も迷う事なんてなかったのに!」
比瑪
「パワーではグランチャーに敵わない?」
ナンガ
「比瑪、離れろ!」
比瑪
「え?」
ナンガ
「コモド、こんな時にセレモニーはするな。右に回り込め」
コモド
「オグンよ、私は命を懸けて戦います!」
ノヴィス・クルー
「上がってもお祈りをやりやがって」
ヒギンズ
「同じアンチ・ボディでも、グランチャーの方がパワーがあるんじゃないの?」

「カナン? カナン一人で来てるのか」
ラッセ
「逃げたぞ。どういうつもりで来たんだ?」
アノーア
「どう思われますか?」
ゲイブリッジ
「偵察というところだろうが、オルファン側の作戦とは思えないな」
アノーア
ブレンパワード達は帰投待機、イランド隊は偵察。散開させろ」
直子
「勇を連れ戻しに来たんだわ……」
ゲイブリッジ
「綺麗なもんです」
直子
「ええ」
「有難う」
ゲイブリッジ
「尤も、あれが日本で見れるのは、人類にとってあまりいい事ではありませんが」
直子
「勇は大丈夫でしょうか?」
ゲイブリッジ
「オルファン体験が心の傷になっても、ここに居てくれれば癒されますよ。直子さんの存在も大きいでしょうからね」
直子
「そうでしょうか。ふしだらな所を見せているような気がします」
ゲイブリッジ
「初恋がふしだらですか?」
直子
「いえ……今でもここに、その殿方がいらっしゃるのが……」
ゲイブリッジ
「若者達は分かってくれていると思いたいのですがね」
比瑪
「勇、昼間のグランチャーのパイロッ……何?」
「二人居るの? クマゾー?」

「頼む、どうしても行かなければならない所があるんだ」
「よし、いい子だ。大した奴だよ」
ノヴィス・クルー
「お、おい、何やってる?」
 〃
「誰だ、降りろ!」

「前より反応が早い。ここの修理のお陰だってのか」

「迂闊に動いたら面倒な事になるから、動くなよ」
「そこか」
カナン
「勇、来てくれた」
「神殿の周りを清める為の、鈴の音か……」
「来てくれて嬉しかった」

「オルファンに居た時に決めた落ち合い場所といったら、ここしかなかった」
カナン
「ああ、その土地の神社」
「勇が自意識を取り戻せば、あの御両親から逃げ出したいというのは分かるけれど」
「でも、オルファンの目的は……」

「オルファンの目的は分かってるさ」
「人間をみんな、自分に従うものにしちまう」
「ケイディを見ただろ?」
カナン
「それでも、あそこが私の見付けた唯一の安らぎの場所なのよ」
「他の何処に居ても、私は不安で仕方がなかったわ」

「それはカナンの、お母さんの不安だろ? カナンはカナンとして生きる意志を持つべきだよ」
カナン
「そんな事、出来る訳ないわ」

「出来る。俺はそう考えたから行動した」
カナン
「私には、オルファン以外に生きる場所はないわ」

「ノヴィス・ノアがある。あそこはカナンに合うと思う」
カナン
「貴方には?」

「まだ分からないな」
比瑪
「勇ったら、こんな所で何やってんのよ?」

「リクレイマーの連中は遺伝子や記憶が全てだというけど、そうだったら何故、俺達は世代を重ねるんだ?」
カナン
「その間違いを、オルファンが正すのでしょ?」

「違うよ。オルファンには何か……そう、取り敢えずの呪縛のようなものがあるんだよ」
カナン
「取り敢えずの呪縛……?」

「カナンだってオルファンを離れてみれば、分かると思うな」
比瑪
「ったく……!」
「何やってんの? こんな事してたら、貴方の立場は悪くなる一方よ?」

「何が悪いんだよ?」
比瑪
「こんな美人とデートなんて」

「悪いかよ?」
カナン
「大事な話をしているのよ。邪魔をしないで頂戴」
比瑪
「こっちも大事な話だわ」

「失礼だろ?」
比瑪
「何でさ! この人、あんたの姉さんなの? 恋人か?」

「馬鹿言うな!」
カナン
「あっ……!」

「グランチャー!」
カナン
「シラーに付けられていたの?」
比瑪
「あんた、そういう女なんだ?」
シラー
「勇、カナン! 隠れても無駄だよ!」
比瑪
「勇、ここで戦っては駄目よ」

「シラーはそんな事考える奴じゃない」
カナン
「どういうつもりなの、シラー?」
シラー
「そっちこそ、裏切り者とコソコソ密談かい?」
カナン
「私は、勇を連れ戻したかっただけよ」
シラー
「ユウ・イサミは邪魔なんだ、ジョナサンや私にはね。あんたも一緒に死んで貰うよ!」
カナン
「シラー、誤解しないで!」

「カナン、オルファンに取り付かれた奴は、益々こうなると思わないか?」
「うっ……!」
カナン、シラー
「くっ……!」
カナン
「パワー負けしてるのは、気力のせい?」
「何なの? これ……拒否反応?」
シラー
「グランチャーに見捨てられたね」
「カナンにはパイロットの資格もなけりゃ、ましてオルファンの抗体にだってなれやしないのさ!」
カナン
「うっ……!」

「カナン!」
「邪魔するな!」
カナン
「うっ、あぁっ……!」
「な、何故? 何故助けてくれたの?」
比瑪
「私じゃなくて、この子が助けたの。貴方はリクレイマーじゃないって言ってるわ」
カナン
ブレンパワードが……」
「右後ろ!」
シラー
「お前も死にな!」
比瑪
「はっ……!」
ナンガ
「どうやら間に合ったな」
ラッセ
「比瑪はその女の人を助けりゃいい」
比瑪
ラッセ、ナンガ!」
シラー
「チッ、二機も出て来た! 引き上げるぞ!」

「行ってくれたか」
「カナン」
「カナン、大丈夫か?」
カナン
「有難う、勇……でもね」
「勇、何が正しいのか分からないわ。私には」

「正しい正しくない以前に、考えなくちゃいけない事がある。世代を重ねる意味という奴をね」
カナン
「母の事を全て自分の身に置き換えて、傷を深くする必要はないっていう事?」
ブレン
「そういう事もあるけど」
比瑪
「……何、話してんだか」

「俺は今、とっても嬉しいんだ。カナンと戦わずに済んでさ」
カナン
「あぁ、そりゃそう。そりゃ私だってそうよ、勇」

 

 

 

 

 

 

ブレンパワード 第4話「故郷の炎」全セリフ

ブレンパワード 第4話「故郷の炎」全セリフ

ブレンパワード 第4話「故郷の炎」全セリフ



 

ブレンパワード 第4話「故郷の炎」全セリフ


前回のあらすじ
伊佐美勇は、私の家の近くでブレンを使ってみせてくれた。
けど、オルファンで付き合いのあった人が追い掛けてきたから、色々あったみたい。
ひだまりの館を泥津波から守ってくれたのには、感謝するけど。


救助隊
「よ~し、行ってくれ」
「サンキュー・ベリマッチ、ブレンパワード
ナンガ
「どういたしまして」
比瑪
「じゃ、みんな避難出来たのね?」
楓先生
「みっちゃんの怪我が心配だけどね」
比瑪
「ご馳走様」
楓先生
「人参がなくてごめんね」
比瑪
「美味しかったわ」
ラッセ
「ご馳走様」
楓先生
「お体に気を付けて」
ナンガ
「比瑪ちゃんのママか……」
「どうしたんだ?」
ラッセ
「豚汁だ。惜しかったな」
ナンガ
「豚汁?」
「何だい? 豚汁……?」
比瑪
「ポーク入りのベジタブル・スープ」
ナンガ
「ポーク? 何で教えてくれなかったんだよ」
ラッセ
「国では食べるのか?」
ナンガ
「食べるさ。津波の片付けで働いてんだから、そういうのは欲しいよな」
比瑪
「楓先生、仕事の邪魔したくなかったのよ」
「でもあの子は、取りにもこなかった」
ナンガ
「アンチ・ボディの戦闘しか考えてない、リクレイマーか……」

「こうやって食べていられるのも、お前が元気で居るからだ」
「有難うな」
ナンガ
「一人で戦うのに拘っているのは、近親憎悪って奴かね?」
ラッセ
「単純に、一人で出来るって思ってるんじゃないの?」
比瑪
「甘えん坊とか寂しがり屋の反動かも……って、見えるけど」

「だけど……」
「俺とお前だけで戦うんだぞ」
比瑪
「待ちなさい、勇。その子はまだ疲れているわ」
「……もう!」
ラッセ
「敵を求めて幾千里……かい?」
ナンガ
「面倒見切れんぞ」
比瑪
「あいつったら……!」
研究員
「あれ? ブレンパワードだ……」

「迂闊だったよな……ビー・プレートのデータっていうの、盗んでおけば良かったよな」
アノーア
「グランチャーを撃墜したという事は、ノヴィス・ノアのブレンパワード部隊の初陣としては評価出来る物です」
ゲイブリッジ
「お孫さんが活躍した様子ですな」
直子
「比瑪ちゃんでしょ? それに、ナンガさんもラッセさんも、いいパイロットになりましたから」
アノーア
「――何だ?」
ノヴィス・クルー
「移動するアンチ・ボディの、オーガニック・エナジーを捉えました」
アノーア
「グランチャーか?」
ノヴィス・クルー
「ウェイブ特性からは、ブレンパワードのものです。現在、西東京方面に移動中」
アノーア
「分かった、直ぐにブリッジに行く」
「恐らく、伊佐美勇君だと思われますが……お心当たりは?」
直子
「家に帰るつもりかしら……」
アノーア
「家?」
ゲイブリッジ
「考えられるな。あそこはいい土だった」
「野菜の味は良かったし、ここまで来るなら、勇君だって帰る気にはなる」
カナン
「カナン・ギモス、グランチャー搭乗記録D0728……」
「プレート回収作業は、ケイディ・ディンと行う」
「妨害なし、周囲は静か」
「これより、私は伊佐美博士の特命任務に就く。ケイディはプレートと共に待機」
ケイディ
「グランチャーで行かないのか?」
カナン
「爆撃に行く訳じゃないわ」
ケイディ
「ノヴィス・ノアのブレンパワードが来るかもしれない」
カナン
「そうなったら、教えてね」
ケイディ
「……クインシィの言っていた通りだ。カナンは、伊佐美勇みたいにブレンパワードに汚染されている可能性がある」
カナン
「私は、何を期待しているのかしら……」

「こんな所に、カナンのグランチャーだって? それにケイディが付いてんのか」
ケイディ
「今確かに、ブレンパワードの反応があったか。ノヴィス・ノアの物か、勇の野郎だったのか分かりやしねぇ」
「丸っきりデータがないとよ」

「誰のバイクだ?」
「カナンの敵になっちゃうのは、勘弁して欲しいな」
カナン
「チェストの棚の下、ですか……?」

「余りに古典的な隠し方というのは見付かりにくいし、見付かっても今更ね」
カナン
「了解しました。あの……」

「はい?」
カナン
「着物は持ってこなくて宜しいんでしょうか?」

「気に入った着物があれば、上げますよ」
カナン
「はい」
カナン
伊佐美翠博士には、母親の香りは感じない……」
「でも、この伝統的な衣装には、女性の体を包んでいたものがある」
「女の体を包んでいたもの……」
回想
「その腹の子供は俺の子じゃないんだろ、下ろせよ!」
「何でそう思うんです? 神掛けてお腹の子は、貴方の子です!」
「分かるもんか! 手前の……!」
「臨月なんです! もう産まれてくるんです!」
カナン
「ひ、酷いよ、母さん……私は、誰にも愛されていなかった」
「そ、そうよ。生まれる前から、ずっと……」

「ここら辺は七年前と同じだ」
「あっ……!」
カナン
「勇!」

「カナンじゃないか。どうしてこんな所に?」
「俺の家に、用事があったんだ?」
カナン
「違うわよ。この辺りにもプレート反応があったから、探していただけよ」

「そうなのか」
カナン
「でも、貴方に会えるような気はしていたわ」

「カナン、オルファンを捨ててくれないか?」
カナン
「出来る訳ないでしょ。出来ないわ」

「シラーもジョナサンも、クインシィに親父にお袋……」
「カナンもだけど、みんなオルファンに寄り掛かってるよ。それでは子供のままじゃないか」
カナン
「思い通りにならないからって、お家を飛び出してしまう方が、ずっと子供だって思わない?」

「俺はオルファンの間違いに気が付いたんだ。オルファンでは、選ばれた人間だけが生き残れると教えられた」
「オルファンに呼ばれたリクレイマーだけが生き残るって……それってさ、絶対間違ってるよ」
「俺さ、ブレンパワードに乗った時に分かったんだ」
「オルファンではちゃんと動かなかったあれさ、動いてくれたんだぜ?」
カナン
「……ケイディ、こちらカナン。迎えに来て」
ケイディ
「了解。近くにブレンらしい物をキャッチしたけどな……何か変わった事はないか?」
カナン
「まだ何もないけど……勇なら会ってみたいわね」
ケイディ
「ああ、勇を捕えれば、伊佐美博士もお喜びになる」
カナン
「早く来て」
ケイディ
「了解。一分後に……」
カナン
「三十秒よ。それ以上待てないわ」

「カナン……」
カナン
「逃げるなら今の内よ」

「カナン、聞いてくれ」
カナン
「私は貴方と違って、帰る場所はオルファンにしかないのよ」
「さ、行きなさい」

「カナン、あっ……」
カナン
「これ以上貴方と一緒に居たら、私は帰る場所をなくしてしまうわ」
「さようなら、勇……」

「婆ちゃん、二ヶ月は放ったらかしてるぞ」
「碌な物ねぇな……」
「カードがあっても、マシンがなけりゃな」
ケイディ
「だからさ、俺は嫌だって言ったろ?」
カナン
伊佐美翠博士のカードも回収した。プレートも運び出せるのに……」
ケイディ
「村の連中に大騒ぎされながら、お前を回収したんだぜ?」
「何であんなに慌てて俺を呼んだ? 何があった?」
カナン
「何がって……」
ケイディ
伊佐美勇に会った」
カナン
「冗談言わないで」
ケイディ
「そんなのはいいんだ、こうやって戻ってきたんだからな」
カナン
「なら戻りましょう」
ケイディ
「嫌だ。勇の機体らしいのが一機……それに、ノヴィス・ノアのアンチ・ボディも動いてるってんだ」
「チャンスじゃねぇか、撃墜するんだよ。ノヴィス・ノアなんて、訳の分からん連中の寄せ集まりなんだ」
ブレンパワードなんて、元々、機能不良のアンチ・ボディなんだぞ?」
カナン
「オルファンではね」
ケイディ
「生身で勇と会えば迷っちゃうのはよく分かるぜ、カナン」
「だからブレンパワードを倒す。そうすりゃ勇の事なんて、ばっさり忘れられるってもんさ」
カナン
「ケイディは、グランチャーの抗体……つまりパイロットになって、どんな気分?」
ケイディ
「体に芯が通るって感じだな」
カナン
「私、時々、凄く気分が悪くなる瞬間があるわ」
ケイディ
「カナンはグランチャーの抗体になり切れない、か……」
「なら、オルファン好きのリクレイマーになりゃいい」
カナン
「そうね……」
ケイディ
「グランチャー部隊の目的は、浮上するオルファンをあらゆる敵から守る事なんだ」
「勇がブレンを使ってみせたとなりゃ」
「ノヴィス・ノアのブレンパワードだって、動きが悪い内に撃破しておかなくちゃ、人類の未来はなくなっちまう」
カナン
「ケイディはアンチ・ボディね」
ケイディ
「ああ、グランチャーとオルファンのな」
カナン
「素敵、ね……」

「これは二十年前の日記かよ」
「このインデックスは大学時代のノートで、ビー・プレートの研究時代ってのは、もっと後だもんな」
ナンガ
「この家かい?」
比瑪
「ええ、一年振りだわ」
ナンガ
「ゲイブリッジ司令の恋人の家ね」
ラッセ
「追っ付け、焼け木杭の二人も来るぜ。火傷しないように気を付けよう」
比瑪
「何言ってんの、二人共」
ナンガ
「子供が口を挟む事じゃない」
「今時、こんな雑草取りをするとはね」
ラッセ
「DNAファームなら虫も付かないし、雑草も生えないもんな」
ナンガ
「ああ……俺は、何であいつがオルファンから逃げ出したか、分かったような気がするな」
ラッセ
「何でだよ?」
ナンガ
「二・三ヶ月前までは、ちゃんと畑をやってた所だ。奴は、直子さんのこんな仕事を見て育った」
比瑪
「そういえば、向こうのトマト畑の雑草は取ってあったわね」
ラッセ
「という事は、家の中に居るのか? ブレンは見えなかったぞ」
ナンガ
「ここは奴のホーム・グラウンドだぜ?」
比瑪
「こんな所で、こんな家と畑が好きだったのよ、勇って子は」
ナンガ
「ああ。そういう奴が海中に居て、グランチャーの矯正に従うなんて無理な話だ」
比瑪
「なら、ノヴィス・ノアに来てはくれないわね」
ナンガ
「まあな。ノヴィス・ノアは、DNA操作と有機培養の塊で……」
ラッセ
「挙句に、世界中の官僚共にコントロールされてんだもんな」
ナンガ
「襲われるぞ?」
比瑪
「いいもん。ここは直子お婆ちゃんの家よ」
「何だ? 綺麗……」
「うわ、これって直子お婆ちゃんが着たの? それとも、勇のお母さんかな? 姉さんのかな?」
ラッセ
「比瑪、勇は二階だ」
比瑪
「は、はい」
ナンガ
「おい、恋人達も来たぞ」
比瑪
「可愛い寝顔」

「わっ、つっ……!」
直子
「勇」
ラッセ
「どうしたんです?」
ゲイブリッジ
「何でもない」

「婆ちゃん……!」
直子
「い、痛くないかい?」

「こんなの、どうって事ないさ」
直子
「大きくなって……」

「ゲイブリッジさん?」
直子
「知っているの?」

「ノヴィス・ノアの情報は大雑把に聞いている。婆ちゃんの事も分かってたから……」
「会いたくってさ」
直子
「お帰り、勇」
ゲイブリッジ
「むっ……!」

「何だ?」
比瑪
「ナンガ、あっ……!」
ラッセ
「やりやがったな!」
ナンガ
「アンチ・ボディは何処だ?」
比瑪
「ブレンに乗るわ」
ラッセ
「おう」
直子
「勇……!」

「ズボンだ」
ゲイブリッジ
「直子さん、ここは危険だ」
直子
「は、はい」
比瑪
「何処から?」
ナンガ
「何機なんだ?」
ラッセ
「山の向こうから狙ったのか?」

「カナンか?」
比瑪
「ブレン!」
ケイディ
「勇のブレンじゃないのか? ノヴィス・ノアのか?」
「カナン、一機じゃないぞ」
「ん、何だと?」
比瑪
「後ろを取られた?」
カナン
「この子、あのブレンパワード……!」
比瑪
「あの人、迷ってくれている?」
カナン
「去年、東京で出会ったブレンパワード……?」
ケイディ
「カナン、援護してくれ」
カナン
「くっ……!」
比瑪
「貴方……!」

「カナン!」
カナン
「勇?」

「カナン、オルファンに頼ってる限り、幸せになんかなれないぞ」
カナン
「私は……私はただ、生まれてきた事を後悔したくないだけ!」

「だったら、尚更オルファンから離れなくちゃ駄目だ!」
ケイディ
「カナン!」
カナン
「え?」
ケイディ
ブレンパワードに汚染されている者の言葉など、聞く事はない!」
カナン
「うぅっ……!」

「カナンは、誰からも愛されてないって思い込まされてるんだ!」
カナン
「私は、生まれる前から愛されてなかった!」

「見付けりゃいい! 自分で育てればいい! 愛ってそういう……!」
ケイディ
「聞こえている! 汚染された者の戯言が!」
「ブレンを動かした貴様は死ぬんだよ!」

「カナンを巻き込もうとしたな、ケイディ!」
カナン
「勇?」
ケイディ
「オルファンには全生命を治める力がある! 絶対者だ!」
「その絶対者を守る使命を与えられたリクレイマーは、間違いを犯す事のない者だ!」
ブレン
「救われなかった者も選ばれなかった者も、救えるのが絶対者だ! リクレイマーはオルファンの使いじゃない!」
ケイディ
「リクレイマーはオルファンを目覚めさせた! オルファンを守った!」

「勝手な言い草!」
「あいつら……」
ラッセ
「わぁっ……!」
ナンガ
ラッセ、大丈夫か?」
「ん?」
ケイディ
「勝手なのは人類の方だ。地球を荒しきった!」

「絶対者なら、それを丸ごと救える筈だ!」
ケイディ
「どういう事だ、カナン? ブレンパワードがグランチャー並のパワーを発揮している」
カナン
「勇の生体エナジーが復活させた? なら今は、ケイディ……」
「ケイディ!」
ケイディ
「下がるにしても!」

「あいつ……!」
「カナン、避けろ!」
カナン
「勇?」

「やれた?」
ケイディ
「ブ、ブレンか? 勇なのか? ブレンパワードがやったというのか?」
「何でだよ!」
比瑪
「つ、強い……!」
ナンガ
「もう一機は何処だ?」
比瑪
「え?」

「ケイディの奴、もう少し……もう少し何とか……」
「カナンだって……!」
ラッセ
「見ちまったぜ……グランチャー乗りがブレンパワードを使うと、ああなるのか」
ナンガ
「減らず口を叩くのも分かったが、それにしちゃビビっているようだな」
比瑪
「あいつ、ナーバスなんだ」

「あの時、カナンに相談している暇なんか、なかったじゃないか」
カナン
「ブレンに乗って勇は強くなっていく。私はこのまま……このまま……?」
「また、頭痛が来た……」

「学生時代の恋人かよ」
直子
「覚悟してましたから……」
比瑪
「ね、ノヴィス・ノアに来なよ?」

「今は考える時間が欲しいんだ」