アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話 全セリフ

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

 

機動武闘伝Gガンダム 第49話「Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!」最終話

 


ストーカー:さてみなさん。いよいよお別れの時がやって参りました。私には、もう何も説明するべき事は残されていません。そう!これが最後のガンダムファイト!みなさんご一緒にぃぃーっ! みなさん:レディィィィィィーッ、ゴォォー!!


Gガンダム大勝利!希望の未来へレディ・ゴーッ!!


ドモン:待っていろ、レイン!今俺がぁぁぁっ、ゆくっ!

レイン:ううっ…

サイ:うっ…な、なぁに!?

ジョルジュ:再生!?

チボデー:バカな…こんなスクラップになってまで!

アルゴ:化け物めぇぇっ!

ジョルジュ:うわあああああっ!

アルゴ:うおおおおっ!

サイ:ああああああああっ!

瑞山:な、なんだ突然!

恵雲:おおおっ!

カラト:おおっ…地球が…

ライゾウ:ドモン!容易ならぬ事態だ!動力炉が再生しているらしい!

ドモン:なんだって!?

ライゾウ:お前の仲間が再び戦いを開始した!どうやらデビルガンダムは、我々の想像以上の能力を備えてしまったようだ!

ドモン:わかった父さん!レインを救い、必ずデビルガンダムを止めてみせる!ああっ…うおおおっ!ぐっ!うおおおおおおおっ!

ライゾウ:いかん!相手の注意を分散させて、ドモンへの攻撃を緩めさせてください!

ナスターシャ:了解した!全艦、攻撃よおーいっ!

瑞山:はいわかった!

恵雲:ここは我らに任されよ!

レイモンド:では、左は我々ネオフランスが!

マリアルイゼ:照準、セットいたします!

瑞山:瑞山ビーム!

恵雲:恵雲レーザー!

恵雲&瑞山:発射あっ!

マリアルイゼ:後方から、敵が接近して参ります!

バニー:ガンダムヘッド接近!

ナスターシャ:全速後たぁいっ!

ジャネット:ダメだわ、間に合わない!

キラル:とぅああああああっ!

アレンビー:らあああああああっ!こいつらは私たちに任せてっ!

キラル:皆はドモンの応援を!

恵雲&瑞山:アレンビー殿、キラル殿。かたじけない!

キラル:なんのぉ!ガンダム連合第一部隊は私に続けぇっ!デビルガンダムの脚、一本たりとも地球へ近づけるではないぞぉっ!全員構えぇっ!最大出力!仕掛けるぞぉっ!キラル殺法!曼陀羅、円陣っ!極楽往生ぉーぅ!南無阿弥陀仏!ふーっはっはっはっは、見たか、我らの力!な、何!?うおおおおおおっ!

アレンビー:キラルーッ!

ライゾウ:デビルガンダムめ…地球を飲み込むつもりかっ!

ナスターシャ:全世界へ警告!地球が危なぁいっ!

ホイ:おじいちゃぁーん!

ミン:大丈夫よ、ドモン達が地球を守ってくれるわ!

ホイ&ミン&ハン:うわあああっ!

ハン:そうだ、信じるんじゃ!ワシらのガンダム達を!

チボデー:マシンガァァンッパァァァァンチッ!

サイ:真、流星っ胡蝶けぇぇぇんっ!

ジョルジュ:ローゼスハリケェェェェンッ!

アルゴ:グラビトン、ハンマァァァァッ!

サイ:やったぜぇ!

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:うわああああああっあああああっ!

チボデー:うおっ!

ジョルジュ:うあっ!

サイ:うっ!

アルゴ:ううっ!くそおっ…これじゃラチがあかないっ!

アレンビー:ドモン!ドモンはどうしたの!急いで!みんなもたないわ!

男:こちらはネーデルガンダム編隊!Mr-Ⅲ、Mr-Ⅴ、Mr-Ⅸ、大破ぁっ!

パイロット:これより地球はMr-サーティーンが…うおおおっ!

ドモン:うおおおおおおっ!

シャリー:前部甲板!後部左舷!損傷!

ライゾウ&カラト&ナスターシャ:デビルガンダムッ!

ナスターシャ:進路右!さけろぉぉっ!

ドモン:うあっ…ガンダァァァァァァァァムッ!

ライゾウ:おおっ、ドモン!無事だったか…

ドモン:今、俺が真っ赤に燃えるこの手で戦う!だからみんな、持ちこたえてくれぇぇぇぇっ!ゴッドォォッ!フィンガァァァァァァッ!ここが中枢…レイン…レインどこだぁぁっ!んっ!?こ、これはぁぁっ…

カラト:カッシュ博士!このガンダムは一体!

ライゾウ:ま、まさか…信じられん!だが、もしこれがデビルガンダムの最終形態ならば、とんでもない事になっている!

ドモン:なっ…馬鹿なっ!自分の体内で、武器を使うなんてっ!自殺行為だぞぉっ!うっ!ならば、レインを探す前に!ばぁぁぁぁぁぁぁくねつっ!ゴッドォォッ!フィンガァァァァァァァッ!ああっ!レイン!まさかっ!ぐうううっ…ううっ…今のは、レイン…レ、レイン…レ、レイン…なぜ…

 

 

ドモン:レイン!どういう事なんだ!そんな所で何をしているんだ!そうか…一人じゃ出られないんだな…ならばっ!こいつを叩いてやるぅぅぅっ!

ライゾウ:やめろドモン!

ドモン:うっ!ぐわぁっ!ぐっ!な、なぜなの父さぁぁん!

ライゾウ:よく見ろ!

ドモン:ええっ!?

ライゾウ:そのガンダムこそ、レイン自身なんだ!

ドモン:え?

ライゾウ:考えてみろ。デビルガンダムはお前がレインに近づくほど、攻撃を強めその成長を早めた。

ドモン:でもなぜぇぇっ!

ライゾウ:いいか、ドモン!レインはなぁっ、お前を避けているんだ!

ドモン:なんだってっ!?

レイン:あなたを苦しめてきたのは私の父。そして父の罪は私の罪。ごめんなさい、ドモン。もう2度と会う事は無いわ。 ドモン:そんな馬鹿なぁぁぁっ!

レイン:うあああああああああっ!

ドモン:すまないレイン!大丈夫か?

レイン:いやああっ!こっちへ来ないでぇっ!

ドモン:うああっ!ううっ…そんなぁ…

ライゾウ:これで分かったろう!このガンダムこそ、人間の感情を、心理をエネルギーにした、究極の最終形態!そしてレインそのものなんだ!

ドモン:そんなぁ…ここまで来て、最後の敵が、レイン、お前だなんて!勝てるわけなんて無いよぉっ…勝てるわけなんて無い…

アレンビー:あきらめちゃダメ!

ドモン:え?

アレンビー:どうしてレインの気持ちをわかってあげないの?いい?自分の愛する人を、自分の父親が不幸な目にあわせてしまった。レインの心の奥は、そんなあなたへの罪の意識でいっぱい。それであんなガンダムで、心を閉ざしちゃったのよ!だから!レインの心の扉を開くのに、絶対に効く呪文を教えてあげる。それは、「好きだ。」って一言。ねぇ、今までレインに好きだって言ってあげたことある?

ドモン:ああ…

アレンビー:じゃあ、ドモンこそ自分の気持ちに素直になればいいだけじゃない。

ドモン:え…でも…

チボデー:だったら話は早いぜ!

アルゴ:言ってしまえばいいだけだ!

ジョルジュ:そう、誰にも遠慮はいりません!

サイ:アニキのありったけの気持ちを!

チボデー:ぶちかましちまいなよぉ!

アレンビー:ファイトッ!出ないと私、ドモン以外の人、好きになれないよ。

ドモン:アレンビー…

アレンビー:えっへへっ…あっ!うるさいわねぇいっ!さあ早く!

ドモン:ありがとう…ううっ…レイィィィィィィィィィィィンッ!!

キラル:おおおっ…

ライゾウ:止まった!

瑞山:攻撃が…

恵雲:止まった…

チボデー:さあ…これからだ…

ドモン:レイン。聞こえるか、レイン。返事はしなくてもいい。ただ、聞いていてくれればいい。ミカムラのおじさんは、逝ってしまったよ。「全て自分が悪かった。」って、言い残してね。っでもっ!そんな事はもういいんだ!いいんだよ…それとも、その事で俺がお前を責めるって、思ってるのか?なあ、俺たちはこの一年間、一体何をしてきたんだ?俺たちのこの1年間は、一体なんだったんだ?まだ何も答えなんか出てないじゃないか!覚えてるか?あの時、母さんの墓前で、10年ぶりにあった俺たちは、上の連中に、無理矢理ガンダムファイトを押し付けられて、何もわからないまま、地球というリングに放り出された!俺は!無我夢中で闘った!でも、終わってみれば、周りはそしらぬ顔で、後の事しか考えちゃいない。でもそれで、俺たちの1年が終わってしまっていいわけないだろう?確かに、俺はガンダムファイトに勝った。でもそれは全て、お前が一緒に居てくれたおかげなんだ!そうだよ…お前と俺とで闘ってきた勝利なんだ。だから、これからも一緒でなくちゃ、意味が無くなるんだ!

バニー:見て!

シャリー:シーッ!

バニー:ん…

チボデー:はっ!

アルゴ:ぬっ!

ドモン:なあレイン。決勝の朝、俺は言ったよな。優勝したら、お前に聞いて欲しい事があるって。俺は、闘う事しかできない不器用な男だ。だから、こんな風にしかいえない。俺は、お前が…お前が…お前が好きだっ!!お前が欲しいっ!!レイィィィィィィィィィィィィィィィィンッ!!

レイン:ドモォォォォォォォォォンッ!

ドモン:レイィィィンッ!

レイン:ドモォォォォォォォォォォォォンッ!

ドモン:レインッ!

レイン:ドモンッ!ごめんなさい、でも、私もう離れない!

ドモン:放しはしないっ…

レイン:ずうっと、ずうっと一緒よ!

ドモン:ずうっと、ずうっと一緒だ!

ドモン:さああっ…最後の仕上げだっ!

レイン:ええっ!

ドモン&レイン:二人のこの手が真っ赤に燃えるぅっ!

ドモン:幸せ掴めと!

レイン:轟き叫ぶっ!

ドモン&レイン:ばぁぁぁぁぁぁくねぇつっ!!ゴッドォッ!!フィンガァァァァァァァッ!!

ドモン:石っ!

レイン:破っ!

ドモン&レイン:ラァァァァァァラブゥゥッ!てんっきょおおおおおおおっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇんっ!!!

レイン:はっ…

ドモン:さあっ…これが俺たちの門出だ!

レイン:うんっ!

バニー&シャリー&ジャネット:ああああっ…

ライゾウ:おおおおおっ…

チボデー&サイ&ジョルジュ&アルゴ:ドモン・カッシュ!!

アレンビー:ああっ…あっあっ…

ドモン:うんっ…風雲再起ぃっ!

風雲再起:ヒーッヒヒヒヒヒン!

ドモン:行くぞぉっ!

バニー&シャリー&ジャネット:見てっ!地球がっ!

恵雲&瑞山:おおおっ!

ハン:おおおおおっ!

ミン:わあああっ!

カラト:おおっ!市民は無事だぞ!

ライゾウ:そして、どうやら宇宙の覇権なども一緒に消えたようだな…

カラト:はぁぁっ…なあカッシュ博士。これからガンダムファイトはどうなるのかのぉ…

ライゾウ:ふっふっふっふっふ。恐らくは続いていくでしょう。

カラト:ええっ?

ライゾウ:確かに、ガンダムファイトには様々な問題があったようです…ですがそれがわかっているならば、間違いを正す事も可能なはず。

カラト:所詮我々人類は、闘わずにはいられぬ生き物。

ライゾウ:そして、希望の未来を勝ち取っていく。あの若者達のようにね…

バニー&シャリー&ジャネット:うっふっふっふ!

チボデー:おおう!

バニー&シャリー&ジャネット:チボデェーッ!

チボデー:はっはっはっは!

ジョルジュ:うっ…なっ…

サイ:うーっ!

ドモン:さあレイン、帰ろう!兄さんとシュバルツと、師匠たちの愛した地球へ!

レイン:ええっ!

ドモン:ふっ…ガンダムファイトォォッ!!レディィィィィッ!

一同:ゴォォォォォォォォォォォォッ!!

テロップ:さようならみなさん、またガンダムファイト14回大会でお会いいたしましょう…

 


END

 

 

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話「大地に立つ」最終話

 

 

ベルリ:低軌道でモビルスーツ戦などをやれば、みんなで大気圏突入などをやることになる。僕はG-セルフの高性能を使って、ギアナ高地の大地を見ることができた。

 

ベルリ:大地に立つ

 

ベルリ:こんな高性能機をもらっているのに、僕は何をやってるんだ!
ベルリ:あっ メガファウナはどうなっている?!
ベルリ:みんなはどうやって大気圏を突破したんだ?!
ベルリ:ええっ!?
ベルリ:何でこうなるの!?
マスク:ビーナス・グロゥブの技術には感動しているぞ…ベルリ!
マスク:マニィを傷つけた礼はさてもらう!マニィは出るな!
マニィ:G-セルフの上空にも2機、あります!
ミック:大丈夫なんですか?ダーマから出たばかりのダハックで?
クリム:手間は手間だったが…
クリム:移動ポッドのダーマで、このダハックを運んで
クリム:プランダーと4本のビームサーベルを使って見せれば
クリム:天才は、天才だろう。ミック!後ろに新手が2機だ!
ミック:新手の2機!?
クン:センターのアンノウン以外は、すべてジット団で建造したマシンが集結している
チッカラ:ダハックとトリニティはクレッセント・シップに持っていかれたんだから、敵方に回ったってことですかあ?
クン:あれを使って古典的な大気圏突破をした地球人なら
クン:キア隊長の肝いりのビーム・ウイップの威力を見せてやれる!
ドニエル:ミノフスキー・フライトはまだだぁっ!
ステア:イエッサー!
ドニエル:戦闘空域が…
ギゼラ:よろしくー!
ドニエル:ギゼラ!?何で出したんだ!?
ギゼラ:姫様がベルリを助けるって
ドニエル(あちゃ~):あちゃ~ベルリは心配ないのに…!
ステア:G-セルフ ハズ ア パーフェクトバックパック
アイーダ:ああっ!?
ラライヤ:乗ってください!
ノレド:アイーダ、減速が遅い!
ラライヤ:今は第1ナットからのキャピタル・アーミィの艦(ふね)と
ノレド:アメリアの艦隊の方が問題でしょ!
アイーダアメリアの艦隊は全滅しました
ノレド:違うって!北側の下!ギアナ高地の!
ラライヤ:機体、回します!
アイーダ:北側の下に艦隊って…そういえば、父が地球に頻繁に行き来をしていたのは、このことでだったの?
ノレド:こういう機会にアメリアは、キャピタル・テリトリィを占領しに来るって!
ラライヤ:それはあるでしょうね
アイーダ:! あのズッキーニ大統領ならやることよね!
ラライヤ:光信号、使います!
ギゼラ:G-ルシファーの光信号…!?
副長:光信号の下!艦隊らしいものをキャッチ!
ギゼラ:冗談でしょう?ラトルパイソンとクロコダイル級4隻!
ドニエル:ズッキーニ大統領はどれだけ税金を無駄にしているんだぁ…
副長:ギゼラ!第1ナットから出たブルジンはどうなった!?
ギゼラ:ミノフスキー粒子をまいた方向からすれば、ここに降りてきます!
副長:何でそんなことができるんだ!?
ドニエル:トワサンガから流れてきて、キャピタルの黒幕になったクンパ大佐なら仕掛けられるだろ。ステア!面舵!
ステア:ハード トゥ スターボード!ディセンド!
ドニエル:地上画像をまわせ!
ギゼラ:ラジャー!
CA兵:間違いなく艦隊です
ジュガン:そんなインスタント艦隊など、このブルジンのウーシア部隊でたたき潰せる!
CA兵:マスク大尉だって戦ってるんだろ!
CA兵:地上戦みたいな動きですけど…
ジュガン:モビルスーツ宇宙艦隊が地上戦かよ
マニィ:ジーラッハの!センチピードなら!
ベルリ:でかいからってぇぇっ!
ベルリ:あれも宇宙から帰還して…!何かみんなが降りてきて…!
ベルリ:ジーラッハは!?望遠モニターは!?
ベルリ:地上すれすれに艦隊が飛んでるの?
ガランデン艦長:モビルスーツ戦が2カ所ぉ!?
CA兵:いえ!4カ所…のようです!
ガランデン艦長:アメリアの艦隊というのは何だ!?こんな話は聞いていない!
操舵手&ガランデン副長&ガランデン艦長:うわっ!
ガランデン副長:バリアー!ビーム、回避!
ガランデン艦長:マスク大尉は何やってんだ!?
ガランデン副長:巴戦をやってるんですって言ったでしょう!
ガランデン艦長:他人の戦争で死ぬ気などはない。艦隊を突き抜けてカリブ海に出るぞぉ!
ローゼンタール:なんでこうなるまで混戦をやるんですぅ!?地球人は戦争オタクですかぁ!?
ウィルミット:着陸しろって言ったって…
クンパ:ガランデンの働きは、見たいのですが
ウィルミット:そ、そんな!
クンパ:はぁ…
マスク:マニィは!ガランデンに合流しろ!
マニィ:それではルインを助けられない!
マスク:この状況ならヤツだって混乱してくれているだろうし、生まれた大陸に帰ってこられたのだ
マニィ:ええっ?
マスク:引導を渡してやるにはいい機会だと思わないか?
マニィ:ああ~!
マスク:飛び級生は何を考えているんだ!?
ベルリ:艦隊の戦いはやめさせるっ!
マスク:将来、独裁者になるような!血筋の者はぁっ!
ベルリ:あっ!
マスク:この世を、去れぇぇっ!
ベルリ:ヨーヨーだってぇ!?
ベルリ:金縛りなど…!全方位レーザー!
マスク:G-セルフは悪魔かっ!
マスク:マニィは?!
ベルリ:出力が続かない…っていうより、ビーナス・グロゥブのマシンが強力なんだ
マニィ:ルイン!コイツら…!
クリム:ミックは上だ!
ミック:わかってますよっ!
クン:チッカラ!そっちも!
チッカラ:わかってるって!
クリム:ミック、うかつだ!我々のマシンは、彼らが建造した物なんだぞ!
ミック:そうでした…!しかし、彼らの戦い方の手の内もわかったんですよ!
クリム:そうだな。ビーナス・グロゥブのジット・ラボの正体の想像もついたというものだ
クン:何だ、あの編隊は!?
ジュガン:ガランデンを狙うアメリアの艦隊に集中攻撃をかけろ!
ガランデン艦長:ああ…何だコイツら!?
チッカラ:あれがマスク大尉の敵になる艦隊というのならたたく!あっ
クン:こういう場合は下からの攻撃が有効なんだろ
アイーダ:放しなさい!
ラライヤ&ノレド:もう遅い!
ノレド:今からアメリアの艦隊を止めに行ったって、やられるだけしょ!
アイーダ:ラライヤ!父が仕掛けた作戦はやめさせるんです!
ウィルミット:ふぅ~
ウィルミット:ふう…はっ!
クンパ:ん?
クンパ:うわっ!
クンパ:ん?
クンパ:南へ移動しているようです
ウィルミット:ベルの軍艦は…!?あの軍艦の向こう!
クンパ:長官!
ウィルミット:まさかあの戦場の中にベルが!?
クンパ:大地の下のジャングルでも戦いはやっているんですよ!
ウィルミット:えっ?ああっ!
クンパ:うわっ!
ウィルミット:ああっ!
クンパ:長官!
クン:キア隊長!
チッカラ:あれは…!ダハックだろう!
クリム:7機…!いや!9機目ぇっ!
ミック:わたしは4機!あっ大尉!
クン:トリニティとダハックは、アメリアにつくのか!
チッカラ:ジット団は1つ!
ラライヤ:あの大きい軍艦の正体はわかりました!
ノレド:正体?
ノベル:ナンダ?ナンダ?
ラライヤ:あの軍艦に乗っている大人って、大きなおもちゃをもらってはしゃいでるんです!くっ!
ノレド:うわっ!
ノレド:下から攻撃だろう!?
ラライヤ:あそこにいる大人たちが!
ラライヤ:あなたたちは、そういうものを使う意味がわかっていません!
アイーダ:ラライヤ、ノレド!よくやってくれました
ベルリ:パーフェクトバックパックは伊達ではなかったけど、今になって…!クッ!こうも立て続けでは!
マスク:地上をはいずっていたとは
マスク:似合わんぞ
マスク:飛び級生!
ベルリ:シールド!
マスク:貴様には死んでもらわんとクンタラとしては情けないのだぁっ!
ベルリ:アサルト!
ベルリ:何っ…!?
マスク:バッテリー切れだなぁ、ベルリ・ゼナム君!
ベルリ:トリッキーモード!
マスク:クッ…!ベルリ!
ベルリ:な、何だ?
ベルリ:ここは…陥没した穴だ。あっ
ベルリ:ミノフスキー粒子がなくったって…無線はだめか
ベルリ:みんなはどうなっちゃってるんだ?
ベルリ:あっ
クリム:何がビーナス・グロゥブのジット団だぁっ!
ミック:しょせん、懐古趣味の歴史オタクとわかったんだよ!
ミック:あっ
ミック:クリム、ごめん!
ミック:うわぁぁっ!
ミック:ア、アタシは甘かった…!
ミック:ぐわっ!
クリム:はあぁっ!
クリム:諸君らはビーナス・グロゥブから、わたしにやられに来たんだよなぁ!?
クン:キア隊長、ダハックのビームってこんなに強力だったんですか…!?
チッカラ:ダハックめぇぇぇっ!
クリム:プランダーとして使っている暇はないが、バリアーにはなるぞ!
チッカラ:そんなこけおどし!
チッカラ:エネルギーが吸われる!?
クリム:ぬうっ!はぁっ!
チッカラ:キア隊長ーー!
クン:あっ!チッカラぁっ!
クン:うっ!
ミック:アタシの前でよそ見をするからだろぉっ!?
ミック:うっ、クリム…!
クリム:ミックはもう十分に戦った。さがれ
ミック:嫌ですよ!クリムのダハックだって、左腕は使えなくなっているんでしょ!?
クリム:ミックをいじめてくれた黒いヤツな…
ミック:はい?
クリム:あれを潰すには
クリム:ミックは足手まといなんだよ
クンパ:別艦隊を用意していたグシオンは褒めてやれるが、まるで戦いになっていないな
ウィルミット:どこにいるの… メガファウナにブルジン…!?
ウィルミット:ベルなんだから、ベルを鳴らしてちょうだい…!
ウィルミット:まさかね…
クンパ:ふむ…
ベルリ:わかったよ
ベルリ:フォトンサーチャー
ベルリ:パワーの高いところを黙らせれば、人を死なせないで戦いを終わらせられるんだ!
ベルリ:G-セルフフォトンサーチャー!
ベルリ:データ取得。落ちるな!ジャンプ!
ベルリ:もっともフォトンパワーの強い者を!
ベルリ:こういう道具を使えないようにすればいいだけ!うっ!
ベルリ:どこまでもつか…!ジャンプ! あれ?
マスク:マニィ!ガランデンはもっと東だ!
マニィ:G-セルフです!
マスク:何っ!
マニィ:ベルリ!ルインのために
マニィ:いなくなって!
マニィ:G-セルフに逃げられて…!その下の洞窟です!
マスク:マニィはガランデン
マスク:合流しろ!ビットも使うなよ!
マニィ:ルイン先輩…!
マニィ:ごめんなさい…!何の手伝いも…できなくて…!クッ…
マスク:宇宙世紀時代の遺跡かい
マスク:わかったぞ、G-セルフの居場所!
マスク:それと、あのジャンプで貴様はバッテリー切れとみた!
マスク:勝負、かけた!
マスク:そこかいっ!
ベルリ:武装だけを破壊するなんて、できそうにない…!
ベルリ:(姉さん、どうしたらいいんだよ…!)
ベルリ:クッ!
ジュガン:な、何とかならんの!
CA兵:脱出を!
ジュガン:!
リンゴ:生意気に爆撃機のまねをするからでしょ!
リンゴ:見つかりましたか!
ベルリ:リンゴさんにケルベス教官
ベルリ:あっ!大気圏グライダー!?
クンパ:G-セルフが…
ウィルミット:ベルなのね!
ウィルミット:ベルが…うっ!
ベルリ:撃つ!
クンパ:うっ!?
クンパ:うわぁぁぁっ!
ベルリ:まだー!
クン:ならばっ!
クン:なっ、何だこの縛りは!?
クン:何でわたしを縛る!?
ベルリ:縛ったんじゃなくて、つながっているんです!あなたのビーム・ウィップとは違うんです!
ベルリ:もう僕は攻撃はしません。その意味はわかりますよね?
クン:子どもじゃないんだ。わかっている…!
マスク:Gかぁっ!
ベルリ:トラックフィン!
マスク:うっ!おわっ!
マスク:まだぁっ!
ベルリ:何っ!?
アイーダ:あっ!
ラライヤ:ああっ!
ノレド:いっ!?
ウィルミット:う、うう…!
クン:あっ…!
マスク:ク、ハッ!
ベルリ:何でぇ!
ベルリ:銃口!?
マスク:うわっ!
ベルリ:レイハントン! ぐっ!
マスク:ベルリぃぃっ!
ベルリ:動いているなら…
アイーダ:生存者は遭難者の救助です!キャピタル・アーミィのブルジンも不時着しています!すべての遭難者を救出することを
アイーダアメリアの、アイーダ・スルガンの名前を持って命令します!
ウィルミット:ベルー!ベルーぅ!
ベルリ:走らないでよ!
クン:キア隊長、地球にはああいうヤツもいるんですよ
クン:ここで…会わせたかったな
フラミニア:ん~!いいですねぇ!
アイーダ:よく走りましたね。1km以上ありますよ?
フラミニア:トワサンガでもよく人の目を忍んで走っていました
アイーダ:ミラジさんやロルッカさんにもないしょで?
フラミニア:スパイみたいなものでしたから…
ノレド:1人でできるんですか?
フラミニア:腰を下ろせば着られます
アイーダ:時間のようですよ
ノレド:本当なんですか?
フラミニア:トワサンガへ帰ってから考えます
ベルリ:すごいなぁ、女の人って
クルー:そうです。それで擬似フルムーン、セットです
ステア:イエス
クルー:そっちと
ステア:イエス
ステア:オッケー キャプテン!
クレッセント・シップ副長:…
エル:うっ。アメリアまでですからね
ステア:♪
ウィルミット:時間通り発車です
ウィルミット:何です!ああっ!出発しちゃった!
チアたち:フレー!フレー!クレッセント・シップ!フレー!フレー!クレッセント・シップ!世界巡航~イエ~イ!
ルイン:ついに世界一周飛行かい
マニィ:ルイン、コーンスープ
ルイン:おう。すまない
マニィ:きれいねぇ…
ルイン:ああ
ズッキーニ:今次宇宙戦争に命を捧げてくれた
ズッキーニ:勇敢な兵士、士官たちは、祖国アメリアへの義務を立派に果したのであります。わたしの息子、クリムトン・ニッキーニも、この祖国のために命を捧げ…!
男:月が割れた!
ズッキーニ:ん?
男:おい
女:月が
ズッキーニ:つ、月が…!
男:月じゃない!何か…!
女:冗談でしょ!?
クリム:クレッセント・シップで大統領をたたきつぶせ、ステア
ステア:了解!
エル:それはダメです!
クリム:止めないでください!
ベルリ&ノレド&クン&ラライヤ&アイーダ:!
クリム:自分の子どもを戦死させてまで利用する大統領などは潰してもいい!
エル:そうでしょうが…
男:おい!
男:降りてくるぞ!
男:トワサンガの人を怒らせたんだ!
ズッキーニ;バ、バカな…
男:来ます!
ズッキーニ:来るなぁっ!
男:うわっ!
ズッキーニ;ぐわっ!
ミック:キア・ムベッキJr.?
クン:おかしい?
ミック:いいけど…
クン:フフ
クリム:ミック
ミック:ありがとう!
クン:お気をつけて!
ミック:お待たせ
ノレド:うわぁ~!
ローゼンタール&ミラジ:?
ケルベス:何だ?
ノレド:いない!
ラライヤ:今いそがしいのよ
リンゴ:何だ?
ノレド:はっ!はっ!ベルがいない!
ノベル:ベルハドコダ!
ステア:さっき降りたよ
ドニエル:日本で~止まったろ?
ノレド:ええっ!?
アイーダ:ノレドさん、預かり物
ノレド:わっ、あっ
アイーダ:チュチュミィの世話は頼むって
アイーダ:伝言でした
ノレド:えええっ!?
ノレド:うわぁ~ん!
ベルリ:あれ、富士山っていうんですか?
おかみさん:うちとらは三つ富士って言ってけどさ
ベルリ:シャンクで登れるんですか?
おかみさん:山道はあるよ
お父さん:15分だなぁ
ベルリ:ええっ!
おかみさん:あははははっ!
おかみさん:下山するとき、須走りを使うと15分だってこと
ベルリ:は~っ、ふ~っ
ベルリ:そうか!後ろが太平洋で、前が日本海
ベルリ:海を渡って、大陸へ入るぞお!
ベルリ:ん?そうか!飛べ~!
ベルリ:はぁっと!
ベルリ:僕はこれで!
ベルリ:世界一周するぞお!

 


END

 

 

 

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて」

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第25話「死線を越えて

 

 

ベルリ:死線を越えて

 

ジュガン:ごほっ!ごほっ!
ジュガン:あんなビラビラしたビームを見たことがあるか?ごほっ、ごほほっ
CA兵:はぁ?撤退?!帰れってことですか!?
ジュガン:ごほっ!ごほっ!
CA兵:もう!
ジュガン:何だって?ごほっごほっごほっ
CA兵:クンパ大佐が帰って来いって
ジュガン:戦術的後退ってことか?うっ…
クノッソス級艦長:あ~もうこんな状態で、ノウトゥ将軍の夢をかなえる戦いなど、できるわけないでしょ!
マッシュナー:それができるんだ。フルムーン・シップ乗っ取りを仕掛ければ
マッシュナー:我々はガランデンの下を潜り抜けなければならないが
クノッソス級艦長:あ~たねぇ…
マッシュナー:我々を追っているサラマンドラが、ガランデンとやり合ってくれる
クノッソス級艦長:…
マッシュナー:そうなれば勝ちにいける!
クノッソス級艦長:そんなにうまくいくか!
マッシュナー:うまくいくって!ロックパイがいってるんだよお!
クノッソス級艦長:それじゃ地球に引っ張られるんだぞ!
マッシュナー:やれるって!
クノッソス級艦長:ええっ…
ドレット兵:投降しましょうよ
マッシュナー:ノーマルアフターバーナーで加速
クノッソス級艦長:!
ドレット兵:し、司令!
マッシュナー:引っ張られないよーに加速っ!
ケルベス:クレッセント・シップから運び込んだコンテナの中に
ケルベス:ルシファーのフィンのスペアはあるから、荷解きさせておきます
ラライヤ:頼みます
ベルリ:それから、バッテリーと水の玉もお願いします
ケルベス:アダムさんとハッパにはどやされるぞ
ラライヤ:戦ったんですよ…?!
ケルベス:言っとくよ
ベルリ:あっ
ベルリ:一番近いクノッソスは…まあ大丈夫か。あっ
ノレド:このウエットシート使いな
ベルリ:ありがとう
ベルリ:大丈夫?
アイーダ:このインナー乾かしてくれてありがとう
ラライヤ:ここのヒーター、効くんですよ
ベルリ:じゃあ僕も
ラライヤ:お父様のこと、ご愁傷様でした…
アイーダ:ありがとう
アイーダ:…父は、軽率だったんです。時代に迎合しようとし過ぎて
アイーダ:組織の持つ力関係に負けた人なんです
ベルリ:……
アイーダ:地球にはいつくばっていたようなアメリア人が、ヘルメスの薔薇の設計図に踊らされて、『イノベーションだ』、『宇宙の革新だ』なんて…!
アイーダ:うっ…
ベルリ:(それで、宇宙海賊まで突っ走ったってこと?)
ラライヤ:ガランデンサラマンドラにクノッソスって、イノベーションですよ
ノレド:どういう意味なの?
ラライヤ:フルムーン争奪戦かも!
ベルリ:そうか…!僕らも急がないと!
アイーダ:そ、そうしましょう!
マニィ:バララに手柄を取られっぱなしでは、このジーラッハがかわいそうです!
フラミニア:戦場を見てきたからって、ここは宇宙ですよ…!?
マニィ:ユグドラシルが心配じゃないんですか?
フラミニア:それはそうですけど
マニィ:(バララに手柄を取られたら、ルインを…)
マニィ:とられちゃうじゃない!
マスク:ビーナス・グロゥブの方々には、軌道が低くなっておりますので、くれぐれも…
クン:だからアタシたちに観戦しろっていうんだろ?マスク
チッカラ:リジットの戦闘小隊もいるんだから、その話は聞けないな
クン:地球人やトワサンガ人には
クン:指一本、フルムーン・シップには触らせない!
マスク:そのためには、この低軌道から侵入するものを撃破する必要がありますが…
マスク:クノッソス!?
クン:トワサンガの?
チッカラ:さっきから追いかけてる?
クリム:クノッソスが低軌道から突っ込んで行ったのは、ガランデンをよけるつもりだな
ミック:マスクのヤツは、フルムーン・シップを抱き込み
ミック:クノッソスは敵(かたき)討ちに出てきたんですね
クリム:あの女司令が生き残っているのか。ならば!
ミック:何でここから加速かけるんです?
クリム:メガファウナが遅れているすきに
クリム:勝利を我が手にするんだろ!
アイーダ:(このメガファウナだって、父が残してくれたもの…)
ルアン:ご苦労様です。お父上のこと、お悔やみ申し上げます
アイーダ:ありがとう。今は、G-ルシファー武装の補充を急ぎます
ドニエル:旗艦の指揮を執るのは姫様です
アイーダ:そんな…!
アイーダ:……
ドニエル:そのために、ビーナス・グロゥブにまでいらっしゃったのでしょう?
アイーダ:そんなの無理です!
ドニエル:姫様の義務なんですよ…?!
アイーダ:!
ドニエル:そのために、我々はできる限りのお助けをいたします
ステア:…
アイーダ:うっ、ううっ…
アイーダ:わたしにはできないよ、ステア…!
ステア:アンタにはできるんだよ!
ハッパ:遅いんだよみんなは!ラライヤは格納庫に入って!
ラライヤ&ノレド:怖い~!
ノベル:ヒェ~!
ラライヤ:は、入ります!
ハッパ:G-セルフG-アルケインのバッテリー交換も同時にやるんでしょ!
ガランデン艦長:バカ!何で出てきたんだ!ジーラッハにだって慣れてないのに!
マニィ:ビーナス・グロゥブで特訓しました!
マニィ:あの火球の数…!マスクと敵も互角の数ってこと…!?
クノッソス級艦長:ガランデンの部隊だ!もう攻撃薄いっ!
マッシュナー:何でマスクは、いつもいつも邪魔をするんだ!ビームシールドを張るんだよ!
ドレット兵:!
クノッソス級艦長:出力は分散できませんっ!それもロックパイの指示だってのかぁ!?
マッシュナー:そぉりゃ、そうでしょう♪
マニィ:ルイン先輩!お手伝いしますっ!
チッカラ:ミノフスキー粒子があっても、フォトン・アイ付きミサイルには意味ないっての!
チッカラ:クン・スーンはどうなの?
クン:お互いに戦力になってるってのにねぇ
クン:ん?
クン:ビーナス・グロゥブの技術に土下座させてやるっ!
マスク:さすがビーナス・グロゥブの技術はすごい…が!死に物狂いの人間は怖いぞ!
マスク:トワサンガ人は!月を見てりゃいいのだぁっ!
ドレット兵:ああっ!
クノッソス級艦長:撃ち落せって言ってんでしょっ!
マッシュナー:……
マッシュナー:そうだよロックパイ!加速をかければいいんだよ!
クノッソス級艦長:うひゃひゃひゃぁ~!
マッシュナー:一緒だねぇ~!
マッシュナー:!
チッカラ:これが戦争かぁ
クン:戦争が文化を進歩させるとは、キア・ムベッキ隊長のお言葉でした
クン:何か?マスク大尉
マスク:高度が低くなり過ぎました。それに…それと、フルムーン所属機の信号!
マスク:援軍!?
マスク:ジーラッハ!?
マスク:マニィの光?
ウィルミット:わたしはここで降りますが
ウィルミット:法皇様はここのまま地球へお帰りください
法皇キャピタル・アーミィの軍艦がここまで降りて…
ウィルミット:クンパ大佐もここに降りたのです。怖がっている職員を励ましてやらないと
法皇:ああ…
ウィルミット:ごきげんよう
法皇:あ、ああ…
職員:23便、発車です!
職員:クンパ大佐の作戦なんですって!
ウィルミット:地球での決戦に持ち込むなんてナンセンスでしょ!
クンパ:ドレット艦隊が全滅したのは司令もご覧になってのでしょ?
ジュガン:だから!あとはサラマンドラをたたけば済むことだったのだ
クンパ:メガファウナクレッセント・シップから補給を受けたということをお忘れだ
クンパ:ん?
ウィルミット:メガファウナにまだわたしの息子がいるんじゃないんですか?
ジュガン:現在はその件を考慮している状況ではない!大佐!カシーバ・ミコシから運び出した耐熱フィルムのコーティングで、ブルジンは、前世紀レベルの大気圏突入ができるのだな?
クンパ:できますよ。ビーナス・グロゥブの技術ですから
ジュガン:よぉし!
ウィルミット:(やはり地球で戦争…)
アメリア兵:まったく知らないモビルスーツモドキです!
サラマンドラ艦長:落せばいいんですよ!
クリム:低軌道だから、上空から攻めてくるのはわかるが
ミック:大型機1機って、正気じゃないですよ!
チッカラ:マスク大尉の見込んだ彼女だ!
クン:突破口を開いてくれたが、ヤツら、ダーマとトリニティを持ち出した?!
マスク:マニィ!よくやってくれた!
マスク:接近戦に大型は振りだ。後退していいぞ!
マニィ:はい!
ミック:あの4機はビーナス・グロゥブのもの!
クリム:ならば互角かっ!
ミック:ビーナス・グロゥブの新兵器!?
サラマンドラ艦長:艦(ふね)は降下させなさいよ!
サラマンドラ副長:ガランデンは降下しています!
サラマンドラ副長:が、降下したら重力に引かれて…
クリム:追うんだよ!
サラマンドラ副長:!
クリム:ついて来い!
ミック:出稼ぎ部隊など沈めぇぇっ!
チッカラ:有線式ファンネル!?
クン:小ざかしいっ!
チッカラ:マスク大尉が見えないよ
クン:足元に降りたろ
チッカラ:足元って下だろ?
チッカラ:ジーラッハも下だ!
クン:マニィってヤツもか?
チッカラ:アイツら、重力は気にならないのかい?股がスースーするのに
クン:チッカラ、何怖気づいてんだ!
チッカラ:おしっこ出そう!
クン:! き、気合を入れよう! せーの!
クン&チッカラ:んっ!
チッカラ:あっ、G-セルフG-アルケインは間違いない!
クン:アメリア軍としてフルムーン・シップを乗っ取る気か!?
ノレド:索敵モニター、真下から2機
ラライヤ:了解!
ノレド:ベルは真っ直ぐ前方の、ガランデンに行って!
アイーダ:出撃前の命令通り!ベルはガランデンを説得する!
ベルリ:ジット団のモビルスーツかもしれないのに…!
ベルリ:うわっ!
アイーダ:姉貴の!
アイーダ:わたしの命令でしょ!
アイーダ:あっ!
クン:マズラスターのビーム・ウィップを破るだとお!?
チッカラ:我々の開発したルシファーだって、褒められない!
ラライヤ:アイーダさん、援護!
ノレド:うえ~ぇ~!
ノベル:ビェー!
#対艦ビーム・ライフルを放ち、フルドレスを展開してビームを放つG-アルケイン
アイーダビーナス・グロゥブの人は!武器は使わないっ!
ベルリ:ガランデンが戦艦同士で
ベルリ:砲撃戦ができる距離に来た!
マニィ:ベルリ、お願いだからルインのために負けてやって…!
マスク:ベルリ…!マニィのためにやられてやってくれっ!
マスク:なっ!?何だ!?この出力のなさは!?
ベルリ:トラクタービームです!こっちへ引っ張れる!
マスク:な、何だとお!?ベルリのG-セルフっ!
マニィ:あっ!ベルリはいっぱいいい目にあってきたんだから
マニィ:残りの運は、わたしたちにちょうだいよ!
ベルリ:もう残っている艦(ふね)は2隻だけなんだから、戦うのはやめられるでしょ!
ガンデン艦長:サラマンドラが射程距離に入ったのなら一斉射だろ!
ガランデン副長:そりゃダメです
ガランデン艦長:アメリア艦隊を全滅させられるのだ!8門!斉射ぁっ!
ガランデン副長:ああっ!
ガンデン艦長:射撃結果を
ガランデン副長:ひっ!お、落ちるぅ!
マスク:貴様はいつも圧倒的な力をもらって
マスク:ぬくぬくとしてクンタラを見下す!
ベルリ:殺しあってうらみだけを生んだって!
ベルリ:あれマニィだろ…?!
サラマンドラ艦長:モビルスーツ戻せぇー!
サラマンドラ艦長:改修しなければ全機全滅するぞ!
アメリア兵:しかし、クレッセント・シップがくれた耐熱フィルムって、ホント大丈夫なんですか?
サラマンドラ艦長:大丈夫だから本艦にも塗ったんでしょっ!
ステア:キャプテン!エマージェンシーをかけてください!
ドニエル:ギゼラ!どうなの!?
ギゼラ:そろそろ限界!
ミック:大尉!サラマンドラへ戻ります!
クリム:おじけづいたのか?
ミック:この高度!地球に引っ張られてるんですよ!
クリム:何ぃっ!?
ラライヤ:もう落ちてます!
アイーダ:落ちてるって…地球に引っ張られているってこと!?
ラライヤ:メガファウナに合流しないと
ノレド:燃えちゃうかも!
クン:やめなって
チッカラ:相手のクセがわかったんだ。今度こそたたき斬ってやる!
クン:アタシたちも、ガランデンで大気圏突入に備えるんだ
マスク:ぶ、武器が使えない!
ベルリ:大気圏突入に備えろ!
マスク:大気圏突入だと?マニィは?!
マスク:マニィ!コントロールができていないぞ!
マニィ:大気圏突入のための耐熱マニュアルがないんです
マスク:後ろ向きになって!
クン:チッ
クン:降下速度が速いな。チッカラ!行け!
CA兵:クン・スーンマズラスター収容!
CA兵:3機、未帰還!
ガランデン艦長:マスクのカバカーリーはどうしたんだ!?
CA兵:マスク機、画像出ます!
ガランデン艦長:これか!
ガランデン艦長:よくわからん!
ノレド:さすがベル!
ラライヤ:メガファウナです!
ベルリ:こういう使い方もあるんだ…!
クン:マスク大尉のカバカーリーが戻っていないって?
ガランデン艦長:ジーラッハとかいうのと一緒に落ちているぞ!
チッカラ:カバカーリーには耐熱フィルムはあるし、ひざ当ては2000度にも耐えられる物だ!
クン:マスク大尉に知らせてやれ
CA兵:プラズマ障害が起こってんです!
クン:それに対応できるアンテナもある!
クリム:こうか。ミック、どうだ?
ミック:ダーマはいい角度です。サラマンドラは何で
ミック:逆噴射をかけないんだ!
サラマンドラ艦長:本艦はクレッセント・シップでコーティングした耐熱フィルムで守られているし
サラマンドラ艦長:メガファウナより改良されておるのですぞお?
ミック:船体に傷はないな?
サラマンドラ艦長:へっ?
ミック:形が複雑なのは気にならないか?
サラマンドラ艦長:形が複雑過ぎるって…!?
ミック:問題なんだよ…!大尉!あっ…
クリム:冷却システムがわかったぞ
クリム:ミック!来いっ!
ミック:クリム大尉!
マスク:マニィ!よくやった。わたしがよしと言ったら逆噴射をかけろ!
マニィ:は、はいっ!
マスク:耐熱フィルムはあったのだが…
ルイン:うまくいくかどうかは、やってみなければわからん!
マニィ:はい!
ルイン:俺とマニィが一緒に助かるためには
ルイン:この方法しかないと思った
マニィ:はい…!
ルイン:失敗したら一緒に死ぬことになる…!
マニィ:いいわよ、ルイン
ルイン:じゃあやるぞ!耐熱フィルムを開いたら、マニィの方で逆噴射全開だ!
マニィ:はい!ルイン!
ルイン:行くぞ…!マニィ!
ルイン:逆噴射!ブレーキっ!
マニィ:行きます!
リンゴ:ラライヤ!足を抱くぞ!
ラライヤ:おお!
アイーダ:ベルリ!ベルリ!
ケルベス:アイーダさん!ベルリのG-セルフはどうしたんだよ?
アイーダ:今見たでしょ!ベルリはサラマンドラガランデンモビルスーツの動きが怪しいからって、警戒に出たんです!
ドニエル:大気圏突入中にだぞ!?
ステア:ベルリ、クレイジー
ベルリ:やっぱりだ。G-セルフのパーフェクトパックの力は…!
ベルリ:うぐっ!ブレーキのアサルト…!コピペ!
ベルリ:これなら敵を追える!
ウィルミット:これで
ウィルミット:ギアナ高地方面でよろしいのですね?
クンパ:ありがたいですな
ウィルミット:ジュガン司令とご一緒なら
ウィルミット:あのブルジンに乗れましたのに
クンパ:わたしはただ、物事を観察するだけの傍観者ですから
ウィルミット:(ブルジンを呼び戻したのは、大佐でしょうに)
ジュガン:ババアめ、また大気圏グライダーかよ
ジュガン:現在、アメリア軍のメガファウナサラマンドラ
ジュガン:ギアナ高地方面に降下中である!諸君のウーシア部隊は、ランゲバインの機動力をもって、追撃中のガランデンをよく助け、アメリア軍を撃破していただく!
ジュガン:なお、本艦は耐熱フィルムと同時に、バッテリーも十分にあるから、音速超えはしない!
サラマンドラ艦長:損傷カ所には風船を使いなさいよ!
アメリア兵:モビルスーツは脱出させましょう!
クリム:何をやってるんだ!
ミック:もう少し減速すれば…!
CA兵:やった!大気圏先頭の用意を!
ガランデン艦長:ちょっと待て!方向転換する前に、前方のメガファウナのケツの穴へ砲撃する!モビルスーツは出撃用ー意!
士官:動けば体が重力に慣れていく!
士官:出撃用意だろ!
チッカラ:くぅっ!何て重力ってぇ!
クン:メガファウナモビルスーツの動きを知らせろって言ってるんだ
ガンランデン艦長:総員!砲撃の衝撃に備えろ!
クン:え?
ガランデン艦長:一連射のあとに、本艦は大気圏飛行へ移る!てぇぇっ!
ベルリ:しまった!メガファウナ!当たるな!
マニィ:ガランデンメガファウナを見つけたんだ!
マスク:そそっかしい艦長だ
ミック:ガランデン、撃ちましたよ!
クリム:当たるわけがなかろう
ギゼラ:後方!熱源!
ステア:イエス!副長!
副長:上げ…下げだ!
ステア:メイン、カット!降下!
ステア&ギゼラ:う、あ~あ~!
ドニエル:こらえろ!
副長:よ~し!ステア!ブレーキかけぇ!
副長:う~わっ!
ステア:メインノズル、ファイア!
ドニエル:よ~し、ステア、よくやった!
ベルリ:減速して大気圏に入るのが精一杯!
ベルリ:こんな高性能機をもらって、僕は何をやってんだ!
クリム:空気抵抗だ。ダーマは放出する!
ミック:はい!
ミック:いきなり実戦でダハックですよ?
クリム:だ~れが操縦していると思っているんだ?
ミック:ダッハハッ!
マスク:右手首以外、問題はない
マニィ:G-セルフ、キャッチ。先行してました
マスク:よし、一撃でしとめてみせる
マスク:それが友人であった者への礼儀だと思っている
マニィ:そうしてやってください
マニィ:そのための手伝いはします
マスク:単独で大気圏突入を成し遂げたG-セルフの高性能…そんなものをベルリのような選ばれた者に持たせておくのは、危険なのだよ…!
クン:マスク
チッカラ:大尉
マスク:ご苦労であります
チッカラ:クン!地球ってさ!あったかいね!
クン:キア隊長、これが本物の土の色ですよ
クン:緑も見える…!

 

 


次回予告
武器を持つパイロットは、地球に帰っても戦う衝動は激しかった。それは…
次回、Gのレコンギスタ「大地に立つ」
見てくれる君へ感謝!


次回予告2
何のための戦いなのか…と考えているひまはなかった。武器を持つパイロットは地球に帰っても、戦う衝動は激しかった。それは僕もだ。しかし、アイーダ姉さんは冷静に戦場を見ていて、一瞬にして僕をなだめてくれた。
次回、Gのレコンギスタ「大地に立つ」
見てくれる君に、感謝の心を

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」

 

 

ベルリ:宇宙のカレイドスコープ

 

バララ:ジット団からいただいたユグドラシルを実戦に投入できれば、アメリアの残存戦力などは、簡単に全滅させられるでしょう
バララ:これができるのも、マニィ・アンバサダ、みんな貴様の活躍があったからだ
マニィ:あっ…
マニィ:そう言っていただいて光栄です
バララ:アタシはいっぱいいい思いをさせてもらったから、大事にすんだよ?
マニィ:えっ?
バララ:では!
マニィ:……
ヤーン:カバカーリーって、クンタラの守護神の名前なんですか?
マスク:いや、クンタラの魂の安住の地、カーバの守護神、カーリーというのが正しいですね
マニィ:この機体にはお似合いですけど
マスク:…
マニィ:ジット団はいろいろ作ったんですね
ローゼンタール:クンやチッカラが運び込んだおかげで、地球に車で大変だったのよ?
マニィ:整備で?
ローゼンタール:組み立てからよ
マニィ:あ~
フラミニア:ユグドラシルが出ます
ルッカ:シンプルな形ですねぇ
フラミニア:大尉、本当にビフロンは壊していいのですね?
マスク:あれはもう限界ですから、本人に始末をつけさせるのです
フラミニア:よくわかりました
マニィ:ここの人たちって、軍人にあこがれているみたいですね
マスク:ビーナス・グロゥブを見てきたのだろう?平和過ぎるとあのような人たちが出てくるのさ
マニィ:大尉はマスクをしていると、軍人って…
マスク:俺は、マニィがこうしていてくれるから、戦う勇気をもらえるのだ
マニィ:……
マスク:今回、マニィがいなくなってつくづく思い知った
マニィ:だったら…アタシの願いを聞いてくれます?
マスク:ああ、聞くぞ。何だ?
マニィ:ベルリと友達になってください!
マスク:それはだめだ。アイツは母親の家系の力で、将来の長官の座を約束されているようなヤツだからな…!
マニィ:それ、誤解です
マスク:アメリア軍の総監の娘とも手を組んだものだから、独裁者のようなものになる!
マニィ:アイーダとベルリは姉弟(きょうだい)なんですよ!
マスク:!? ふざけているのか?
マニィ:トワサンガのレイハントン家の子どもで、赤ん坊のときに地球に亡命させられたんだって…!
マスク:バカな…!
マニィ:G-セルフを操縦できたことで、姉弟だってわかって
マスク:それが本当なら!ますます権力者になる血筋じゃないか!人に食われる過去を持つクンタラなどを、虫けら以下に扱うヤツらなんだよ!
CA兵:リフレクター・バリアー、よし!
CA兵:ビフロンはどう来るんだ
バララ:そんなこと知るか
CA兵たち:ええっ!?
マスク:さすがバララだ。言い出したことはやってみせるな。破片を?
マスク:バララ
マスク:ん?バララ!あら
マスク:バララ!?あっ
マスク:バララ!うっ バララ!
マスク:また!どういうつもりだ!?
バララ:ふざけたんじゃありません
バララ:機動テストです。こんなに速く動くだなんて思わなかったでしょ?
マスク:確かに今の動きは、形からは想像ができないな
バララ:では、ユグドラシルは当初の予定通り、出撃します
CA兵たち:はっ!どうぞ!
ラライヤ:わたしたちが行った場所は、ロザリオ・テンとオーシャン・デスクだけですから
ラライヤ:ビーナス・グロゥブの1%も見ていません
法皇ビーナス・グロゥブラ・グーという方は?
ノレド:とても面白いファッションで、いつも『ごめん、ごめん』って。ねっ
ラライヤ:謙虚な方でした
法皇:200歳…
ベルリ:第2ナットのハイヤーンでは、母とクンパ大佐がお待ちしておりますので
法皇:ありがとう。アメリアの艦隊はいつ出て行ったのです?
アイーダ:父は、ドレット艦隊からの停戦協定の返事が遅いので、急がせたいと出かけました
ベルリ:ザンクト・ポルトから、この低軌道まで戦ってきた艦隊同士が、停戦するなんてこと、あるんですか?
法皇:あのカシーバ・ミコシを返すというのであれば、可能でしょう
アイーダ:失礼
法皇カシーバ・ミコシには、そういう力があるのです
アイーダ:そのような存在を無視する時代になったと、ラ・グー総裁はおっしゃっていました
法皇スコード教やタブーの成り立ちが忘れられるようになったことを、お二人のご両親はおそれていました
アイーダ:ご存知でしたか
法皇:いや、ザンクト・ポルトでおうわさを聞いていたということです
ベルリ:姉さん
ベルリ:失礼いたします、法皇
法皇:ご苦労でした
アイーダ:わたくし、育てられた運命があると思っています。では
法皇:うむ…
ラライヤ:よい旅を
ノレド:ごきげんよう
ノベル:ゴキゲンヨー!
法皇ごきげんよう
ミック:法皇のランチです
クリム:ハイヤーンに行くか
ミック:我々も、行きますよ
クリム:行けよ
ルッカ:拾い物だと思いますよぉ~このダーマとダハック
クリム:ダーマとダハック
ルッカ:ほら、あれです
クリム:ダーマを装甲にしたモビルスーツということですか?
ルッカ:ジット団の連中の自信作です
ミック:ヘッヘヘ
クリム:っ、何だ…?!
ミック:あのトリニティていうの
ミック:邪魔な手足も武装させたって代物で、アタシに使わせてくれるって!フッ!アハハハッ!
クリム:すぐに試し乗りしたいが
スタッフ:なれるのは早い方がいいです
ミック:あっ、姫様!
スタッフ:支度しておきます
クリム:頼みます
ミック:法皇様をお迎えくださったとか
アイーダ:クリム、感謝します
クリム:姫様に喜んでもらえるのはうれしい…!
アイーダ:昨日のサラマンドラの動きがあったから、わたしたちが法皇様をキャピタル・タワーにお戻しすることができたんです
ベルリ:ご無沙汰です!
ベルリ:すごいっすね!これ!
クリム:ジャハナムヘカテーも、戦い続きでかなり痛んでいたから
ミック:こういう物を持って来てくれなかったら、一生恨みましたよ?
アイーダ:本当にごめんなさい、ミック・ジャック
アイーダクリム・ニックにも、わたしのわがままで迷惑をかけました
アイーダ:ごめんなさい…
クリム:クレッセント・シップの手土産は
ミック:そぉりゃ、感動しますよ
ベルリ:……
ベルリ:(姉さん、すごいな)
ノウトゥ:われわれとアメリアの艦隊が、上と下からキャピタル・アーミィを挟み込んでたたこうという作戦は、半分は停戦の申し入れだ
ターボ:アメリアのズッキーニ大統領が、我々のキャピタル・テリトリィへの移住も認めているのですから
マッシュナー:これは和平交渉だろ!
ターボ:体裁はそうなのだが、アメリアはカシーバ・ミコシを押えたのです。交渉は不利になります
マッシュナー:ロックパイの敵(かたき)を討たせてもらってからなら、戦争はやめましょうよ
ノウトゥ:またそれか
クリム:ではラトルパイソンへ直行する
ミック:はい!
クリム:こちらとしては、クレッセント・シップカシーバ・ミコシを保護しているのですから、絶対的に有利だというのに!なぜ停戦協定なのです!?
グシオン:ドレット艦隊とは、連合してだな、キャピタル・アーミィをたたくためだ
クリム:宇宙世紀戦争のトラウマを引きずっている連中などは、信用できません!
ミック:サラマンドラには、耐熱フィルムのコーティングをしてもらいましたから
クリム:地球に降りても勝てるんですよ?
グシオン:あのな…ドレット艦隊だって疲れているのだから、地球に降ろさせてからと、考えるのだ
ミック:えっ?地球に降ろしてから?
クリム:ドレット艦隊のことを考えるって?
グシオン:そのあとのことは、自分の頭で考えるんだな、少年
司祭:ああっ
CA兵:軍事基地になったんだから!
クンパ:申し訳ありません。こちらのお部屋でお待ちください
法皇:第2ナットのハイヤーンまで軍事基地にするなどとは…
クンパ:ご容赦を。ここを最後の防衛線にするためです
ウィルミット:このたびは、カシーバ・ミコシで人質になったりして、ご苦労様でした…
法皇:なに、わたしはいつも同じ部屋に座っていただけですからな
士官:遅い!ジュガン司令を守れるのか!あっ、大佐!
クンパ:ああ、いや、つい見とれてしまいました
士官:司令部に持ち込むんじゃない
CA兵:じゃあどこでやれってんだ!
士官:技術部は別室だよ
ジュガン:んっ?大佐。法皇はご到着ですな?
クンパ:何で司令自ら出撃なさるのです?
ジュガン:ドレットとグシオンの艦隊が合流するというのなら、確かめたい
クンパ:我々には、アメリアの大統領を狙い撃ちできるミサイルがあり、マスク大尉はフルムーン・シップの協力をとりつけたのですジュガン:あのな、戦争の臨場感を知らなくては、指揮は執れん
クンパ:(ドレット艦隊は絶対にキャピタル・タワーを破壊はしない。なのに、戦争をしたがる地球人というのは、腐りきっている…!)
ジュガン:ドレットとアメリアの艦隊が合流している空域に向かうが、アメリアにはカシーバ・ミコシもクレッセントもついているのだから
ジュガン:グシオンがドレットと手を結ぶとは思えんのだ
CA兵:フルムーン・シップと合流したマスク大尉からはまだ何も
ジュガン:面白いことになるから行くんだよ
ジュガン:ごほっ!ごほっ!
CA兵:ブルジン!行くぞ!
ジュガン:!
ドニエル:第2ナットのハイヤーンから、キャピタル・アーミィの戦艦が出てきたっていうのか!?
ドニエル:そういうことって、あり得るんですか!?姫様、ベルリ君?
アイーダ:ブルジンとかいう艦(ふね)が出撃準備していましたよね?
ノレド:なんでお母さんが止めてくれなかったの?
ベルリ:クラウンの時刻表のことしか頭になけりゃ、アーミィに何かなんか言ってくれませんよ
ハッパ:アイーダさん、フルドレス、テストです
アイーダ:あっ、はい
ハッパ:どうぞ
ハッパ:レーザーのレンズ調整はやってくださいよ!
アイーダ:はい
ハッパ:ベルリは、アサルトを引っ張っていけるな?
ベルリ:使うつもりはありませんよ
ハッパ:何で?
ベルリ:長距離からの狙撃なんて、パイロットを殺すだけですから
アイーダ:ベルリ、ありがとう
ベルリ:えっ?
アイーダ:戦い次第で、有効な武器を使い分けましょう
ベルリ:は、はい…
アイーダ:カーヒル大尉のことは、もう、あなたは忘れていいわ
ベルリ:!
ベルリ:ありがとう、姉さん
ケルベス:しかしなぁ、ベルリ生徒、純粋なけん制攻撃ってのにも、アサルとは有効なんだぜぇ?
リンゴ:要するに、みんなを守ってほしいんだよ
リンゴ:G-セルフの力で!
リンゴ:どうしたんだ?
ベルリ:ブリッジのモニター、敵の艦隊チェック!
リンゴ:まめなことで
ラライヤ:わたしも
ノレド:行く!
リンゴ:艦(ふね)からはみ出たら死ぬぞ!
アイーダ:フッ、元気になってくれた
アイーダ:ありがとう
アイーダ:フッ
ベルリ:フッ
ギゼラ:レーダーが殺されましたから、そっちはCGに切り替えました
ドニエル:艦隊が出会う空域にミノフスキー粒子か?
アイーダ:ドレットとアメリアの艦隊って、停戦協定を結ぶとか言ってましたよね?
ドニエル:それを期待してたんだが
ベルリ:カメラのデータをCG化しているにしても
ノレド:艦隊同士の艦(ふね)の動き、すごく変だよ?
ラライヤ:これって、話し合いのための動きじゃありませんよ
ドニエル:ステア!エンジン臨界!
ドレット:無線が使えないということは!
ノウトゥ:この近距離で、艦隊戦をやれということだ!
ドレット:撃てよ!撃たせろ!
ターボ:今砲撃戦をやったら
ターボ:味方のモビルスーツを撃ち落すことになります。アメリア艦隊も迷っているということは、このミノフスキー粒子は第3者がまいたものです
ノウトゥ:第3者だと!?第3者というのは?!
グシオン:フルムーン・シップの方位なのか?
ラトルパイソン艦長:いや、遠過ぎます
グシオン:艦隊戦になる!モビルスーツは後退させろ!
ミック:フルムーンシップから、何か出ましたね
クリム:マスクのことだ、ミックはサラマンドラまでさがれ!
ミック:はい!
クリム:(天才クリム、どう読むこの事態)
クリム:観戦させてもらうか!
ドニエル:ブルジンがモビルスーツ部隊を放出しただと?
ギゼラ:最大望遠です
ドニエル:キャピタル・アーミィめ!面白がってぇ
ドニエル:総員!第1戦闘配置で待機!
ドニエル:ぼやぼやしていたらモビルスーツ戦になるぞ!
バララ:テンダービーム、照射用意。第1戦闘距離に入った。アイドリングスタート!
CA兵:スタートします
バララ:ユグドラシル、目を開けよう
バララ:(あの小娘をなぐり飛ばして、マスクに嫌われるのも嫌だが、何もできない女だと思われるのはもっと嫌だ!ユグドラシル、アタシの運勢を占え!)
バララ:フッフフ!ドレットとアメリアの艦隊が勢ぞろいなんてさ、おバカさん!
バララ:気づかれたって!
ターボ:どこからだ!?
ノウトゥ:何ぃっ!?
マッシュナー:フルムーンからのマシンだ!
グシオン:回避運動!
ラトルパイソン艦長:ターゲットに撃てぇ!
ラトルパイソン艦長:曲がるビームに惑わされるな!左舷上だ!上!
クリム:ビームのねじれが尋常ではない…!
ミック:消える瞬間、大きな木のように見えました
クリム:フルムーンシップから持ち出した兵器だ!
マスク:テンダービームの威力、ここからでもわかります
クン:もっと威力はありますよ
チッカラ:マスク大尉の部下、バララ・ペオール、やるじゃないですか
マスク:はい。優れたパイロットです
マスク:ふむ…
マスク:(バララ、戦場に嫉妬(しっと)を持ち出すと死ぬぞ…!)
マニィ:見えないんですか?
フラミニア:ガランデンも大気層越しになっているんですから、無理です
マニィ:そうですよね…
フラミニア:ユグドラシルの威力とか、キア隊長とクンタラの志が一緒になれば、ビーナス・グロゥブに住む必要などない、世の中がつくれるんです。フルムーンといいますけれど、これってただの輸送船なんですよ
バララ:何だこの振動!?
CA兵:い、位相が!
CA兵:反転しました!
バララ:これがテンダービームの欠点だろうが!
グシオン:後退だ艦長!
ラトルパイソン艦長:弾幕が薄い!
ノウトゥ:敵が見えているのになぜ反撃しない!?
ベルリ:アサルトを乱れビームの震源地に撃ち込みます!それまでは前に出ない!
アイーダ:了解!
ケルベス:よく狙え!
ラライヤ:そうです!
ノレド:アタしがついてる!
リンゴ:ビンゴだろ!
CG兵たち:おーす!
ポリスたち:はいです!
バララ:フフッ!マスク!アタシはパイロットとしては完ぺきだ!
バララ:あんな小娘と比べるのなら!
バララ:こうしてやるよ!
マッシュナー:もっと急角度だ!
クノッソス級艦長:逃げ出すのかぁっ!?
マッシュナー:不意打ちの上にあのビームです!
クノッソス級艦長:ノウトゥ将軍のギニアビザウは!?
マッシュナー:ここは逃げろってロックパイが言ってきたんです!
クノッソス級艦長:えっ?!こんなときにも?
CA兵:地球側から強力!
バララ:ビームとミサイル!?
CA兵:バリアが破られます!
バララ:テンダービーム!
CA兵:ダメです!
バララ:これ…!
バララ:ヤツが来ているんだ…
バララ:振動を止めろ!バリアだ!テンダーも!
ベルリ:姉さん、フルドレスにしたレーザーは、バリアーになります
アイーダ:使い方は、わかっています
アイーダ:ルシファーが!?
ラライヤ:突破口は、ルシファーが開きます!
ノレド:そのつもりだよ!
リンゴ:ラライヤさん!ルシファーのその格好、やめて…ああっ!
ノレド:来たっ!
ラライヤ:発振放出!
ノベル:ホーシュツ!
アイーダ:懐に飛び込めば!
CA兵:来ました!
バララ:テンダー!
アイーダ:フルドレスって、まぶしいんだから!
バララ:テンダービームが流されているだって!?
ノウトゥ:使えるランチ、ビーグルで、脱出できる者はキャピタル・タワーにもぐりこませろ!
ターボ:それでは敵前逃亡です!
ノウトゥ:艦隊の本来の目的はレコンギスタである!1人でも多くの者をキャピタル・タワーから地球に潜入させて、将来化けさせるのだ!
ギニアビザウ艦長:化ける…とおっしゃいましたか?
ノウトゥ:地球に降りれば願いは化けるっ!
ギニアビザウ艦長:総員…うわっ!
ノウトゥ:うわっ!キャピタル…うわぁっ!
ラトルパイソン艦長:ギニアビザウ撃沈…だな
グシオン:見ているよ
ベルリ:姉さんはラトルパイソンのお父上を!
アイーダ:はい!
ベルリ:アサルトモード!
CA兵たち:被弾しました!
ラライヤ:バカな!?G-セルフってか!?
ベルリ:ビームがはね返される!
バララ:G-セルフなら!ユグドラシル
ベルリ:コピペシールド!行けるよね?!
ベルリ:寒帯を丸ごと破壊することがどういうことかわかれ!
バララ:ベルリか!
ベルリ:バララ・ペオール
アイーダ:お父様!
アイーダ:宇宙服を着てください!
グシオン:ピラミッドの敵はどうした?
アイーダ:制圧しつつあります。あれ?
アイーダ:あっ、何?お父様!?
アイーダ:えっ?
アイーダ:お父様?うっ!
アイーダ:な、何これ?これって…何?うっ!
ベルリ:姉さん!この空域から脱出します!
ラライヤ:ガレキが多い。ドレットとアメリアの生き残りもいますから危険です!
ノレド:この空域全体が、フルムーン・シップにも近づいているし!
ノベル:チカヅク!チカヅク!
ノレド:ねっ!アイーダさん!
アイーダ:は…はい…
ベルリ:姉さん、泣くのは…あとにしましょう
アイーダ:うっうっ、お父様は本当に停戦を信じていた…
ベルリ:あんなものを再生させたビーナス・グロゥブなんて
ベルリ:そんなフルムーン・シップに、マスクは合流してあれを持ち出したんだ

 

 


次回予告
お父さんに戦死された姉さんを慰める間もなく、大気圏突入をすることになる
次回、Gのレコンギスタ死線を越えて
バッテリーは切れない!

 

次回予告2
生き残り戦艦クノッソスがフルムーン・シップを乗っ取ろうとすれば、戦場はビーナス・グロゥブの新型機が乱舞することになる。僕は、お父さんに戦死された姉さんを慰める間もなく、マニィとマスクに襲われて、大気圏突入をすることになった!
次回、Gのレコンギスタ死線を越えて
目を離せるものなら離してみろ!

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」

 

 

ベルリ:ニュータイプの音

 

クリム:カシーバ・ミコシを空にしたマスクの艦(ふね)は、沈めるしかないだろ
クリム:そうしなければ、フルムーン・シップが持ち込んだ戦力が、キャピタル・アーミィのものになる
ミック:アタシたちにそれをさせたくないから、キャピタルのブルジンはモビルスーツを出すし、このクノッソスの女も同じ
ミック:我がサラマンドラの後ろにメガファウナとクレッセントがいるのに
ミック:この2つが攻め込んで来るんですよ!?
クリム:我がラトルパイソンとドレッド艦隊がにらみ合い、こちらが飛び出しているのだから、こうなるさ
クリム:艦長、何でその写真は消えないんだ?
サラマンドラ艦長:えっ?
グシオン:サインはこれでいいな?
士官:はっ!ありがとうございます!
士官:ん?
グシオン:何かね?
士官:失礼しました!
グシオン:うむ
ベルリ:乾燥肌なんですね
グシオン:最近のことだ…おおっ!?
グシオン:痛っ! うお…
アイーダ&ノレド&ラライヤ:?
グシオン:くすぐったいじゃないか
ベルリ:すいません
ラライヤ:えい
ノレド:何をぉ~
ノベル:オハダノウルオイ、クレッ!クレッ!
グシオン:アーミィのジュガン司令が口を滑らせたことはないのかね?
アイーダ:あの人が何かしゃべると思います?
グシオン:そりゃそうだ
ベルリ:でも、ワンジラの港で見たものの話は、参考になったでしょ?
グシオン:だから、今の命令書にサインをした。これからラトルパイソンは、空になったカシーバ・ミコシを奪い取りに行く
ノレド:ええ~っ!?
ラライヤ:カシーバ・ミコシをですか?
ノレド:罰(ばち)が当たりますよ
アイーダメガファウナの建造から宇宙艦隊の編成までなさったお父様が
アイーダ:なんで最前線にいらっしゃるのです?左遷ですか?
グシオン:息子を戦場に出している大統領が、そんなことをするわけがないだろう?
ベルリ:でも、カシーバ・ミコシを盾にしたりすれば、世界を敵に回しますよ
ノレド:だからマスク大尉は、カシーバ・ミコシを出てフルムーン・シップを味方にしようと動き出したんでしょ?
ベルリ:ドレット艦隊だって、フルムーンやクレッセントは欲しいんだから、黙っていませんよ
アイーダ:フルムーンには、ジット団がいるんです。このままなら、戦争は長引くでしょうし
グシオン:G-セルフG-ルシファーは、アメリア軍に合流してくれるな?
ラライヤ:はい?
ノレド:!
ベルリ:メガファウナという海賊船の一員のままでいいです
グシオン:何でそういう面倒な言い方をするのだ
ベルリ:アメリアの、というのではなくて、誰かさんの命令に従いたくないのです
ラライヤ:地球人の誰かさん、ということよね?
ノレド:メガファウナのみんなもそう考えています。たぶん
グシオン:何で、皆でそういう面倒な言い方をするのだ?
アイーダビーナス・グロゥブを見てきたからです
グシオン:…メガファウナは艦隊に移籍させる。お前はわたしのそばで、艦隊指揮といったものを勉強しなさい
アイーダ:そんなものは、ドニエル艦長から習っています。みんなの言っていることは、わたしの意見でもあるのです
アイーダ:それは、わかってください
グシオン:ん?アイーダ、何があったんだ?
アイーダトワサンガでの現実も知りましたし、わたしはいい弟にふさわしい、いい姉になりたいんです
グシオン:弟…?弟だと…?!お前…!
アイーダ:そういう事実があることは、ご存知だったのでしょ?
ベルリ:…
グシオン:わからないことを言うな! !
アイーダ:きょうまで育てていただいた
アイーダ:ことには、心から感謝いたします
アイーダ:お父様…
アイーダ:ありがとうございます
アイーダ:でも、メガファウナでわたしたちなりに協力させてください
ベルリ:協力はさせていただきます
グシオン:(ニューアークの育児園にいたアイーダの履歴は……)
グシオン:(なぜ姉弟(きょうだい)だと信じているのだ?アイーダは)
ドレッド兵:では!
マッシュナー:うむ
ロックパイ:司令、行ってきます
マッシュナー:今回は混戦になる。ロックパイには、錐(きり)1本の穴を開けてくれればいい。あてにしている
ロックパイ:マスクたちをフルムーン・シップには接触させません
ロックパイ:あれは、司令が指揮すべき艦(ふね)です!
マッシュナー:うれしいことを言う。体は本当に大事にしてくれ
ロックパイ:精鋭を集めましたから!
ロックパイ:無駄な出撃はしません!
マッシュナー:フッ…
クレッセント級艦長:な~んで、キャピタル・タワーから出てきたブルジンのモビルスーツがここまでたどり着けるんだ?
マッシュナー:彼らにはキャピタル・タワーで鍛えた技術があるうえに、フルムーンを欲しがっているんです。ここはロックパイに任せればいい
クレッセント級艦長:い~つもロックパイですか
マッシュナー:ドレット将軍に告げ口をしてもいいですよ?
クレッセント級艦長:はっ!それほど子どもじゃない
マッシュナー:気持ち、よかったんだから
クレッセント級艦長:あ~結構なこってぇ
マッシュナー:砲撃戦は覚悟してください
クレッセント級艦長:ああっ、副長ぉ!
クレッセント級副長:総員、モビルスーツ部隊の送り出しはいいかげんにして
マッシュナー:…
クレッセント級副長:砲撃戦の用意だ!
マッシュナー:(それにしても、ブルジンからのモビルスーツメガファウナを速いな…)
アダム:ポリジットさん!よろしいですね!?
隊長:3機、行けます!
アダム:どうぞ!
ギゼラ:ポリジット、3機発進です!
隊長:大丈夫か?
隊員:大丈夫!
隊員:G-セルフが待ってる
隊長:バカ!冗談でも味方機にライフルを向けるんじゃない!
隊員:すんません!
ベルリ:あの人たち、戦争が怖いってわかってないよな
ドニエル:ベルリ
ベルリ:はい!何ですか?
ドニエル:お前らの隊は、前に出過ぎるなよ
ベルリ:わかってますよ
ドニエル:アイーダ
ドニエル:ルアン!オリバー!リンゴは
ドニエル:本艦から動くんじゃない!
副長:艦長!
ドニエル:何だ?
副長:ブルジンから出たモビルスーツ部隊は、えらく速いですよ!
ドニエル:それでフルムーン・シップ乗っ取り作戦が開始ということだ
クリム:ブルジンからのモビルスーツ部隊は
クリム:ブルジンからのモビルスーツ部隊は、艦対戦を仕掛けてくる勢いじゃないか
ミック:このままだと、マスクの艦(ふね)の足止めは出来なくなりますよ
クリム:ちょっと油断しすぎたかな
ミック:寝坊しましたものね
サラマンドラ艦長:!
ミック:…
クリム:少々だ
サラマンドラ艦長:!
ミック:出ますよ!
クリム:ああ!
サラマンドラ艦長:!
サラマンドラ副長:ブルジンから出たモビルスーツ部隊が、1戦闘距離に入りました
サラマンドラ副長:嫌だ!クノッソスも1戦等距離です!んーもー!
サラマンドラ副長:ミノフスキー粒子です!
ベッカー:ランゲバインは
ベッカー:ウーシアが離脱した30秒後に、サラマンドラに砲撃を加える!
ヌール:そのあとで!我々ウーシアで、サラマンドラを沈める!
ベッカー:そうだ!いや、待て!ヌール
ベッカー:ん?ミノフスキー粒子
ベッカー:我々の攻撃の間に、フルムーン・シップを乗っ取る手はずだったが…最大望遠で位置!
ベッカー:来ましたよ…!
ベッカー:なーにが天才クリムの艦(ふね)だよ
ベッカー:22、23、24、25、26、27、28
ベッカー:29、30…!
ベッカー:光学照準をなめるなよぉぉ!
ミック:もっともらしい攻撃に!
ミック:ヘカテーの棺おけビットは!守りにも使えるっ!
ベッカー:なんじゃとて!?ビームが、渦になった!?
クリム:ミック!よくやってくれた!
クリム:棺おけのスペアを持ってきたわたしがわかるか!?
ミック:クリム!
ミック:モビルスーツ部隊が、来ます!
クリム:ということは、今のビームはなんだったのだ?!
ベッカー:別働隊?メガファウナからではないな
サラマンドラ副長:ドレット艦隊の方向からの別働隊です!
サラマンドラ艦長:クリムは三方向からの攻撃を守りきれるのか!?
クリム:ミックは下を!
ミック:はい!
クリム:サラマンドラは応戦すればいいだろう!
サラマンドラ副長:うわー!
サラマンドラ艦長:クリム!
クリム:砲撃戦でしょう!
サラマンドラ艦長:後方ー!
サラマンドラ副長:艦砲射撃だ!ミサイルだ!
ロックパイキャピタル・アーミィにあおられている艦(ふね)などはぁぁっ!
サラマンドラ艦長:撃ち落せぇぇっ!
ロックパイ:地球人のミサイルとビームは腰が弱いなぁ!
ロックパイ:ハハハハハッ!
マッシュナー:やめろ!ロックパイのいる所に撃つんじゃない!ビームは狙い撃て!
クノッソス級艦長:そぉこまでかわいいか!
クノッソス級艦長:ビームを狙って撃つんだとよ
ギゼラ:モビルスーツ戦の閃光確認!
副長:サラマンドラの方位です
ステア:…
ドニエル:ガランデンの動きは?
ギゼラ:フルムーンとの距離は、詰めてます
副長:サラマンドラがここで逃げ出すって考えられます?
ドニエル:天才クリムにはそれは有り得んよ。アイーダ様、ベルリ君はどう考えますかね?
アイーダ:地球に帰って来てから
アイーダ:ベルリは戦争の根っこになるものは取り除きたいと言っていました。そのために、ビーナス・グロゥブのポリスの方にも、戦争を見てもらって…
アイーダ:フフッ、フルムーン・シップを爆発させる、とか
ドニエル:ええっ!?
アイーダ:冗談です
隊長:本物の戦争の光ですか?
隊員:は、離れろよ!
ケルベス:落ち着いて、落ち着いて
ケルベス:編隊訓練中ですよ
隊長&隊員:すみません!
ベルリ:戦闘空域に近くなりますけど
ベルリ:光に引っ張られたりはしないでください
隊長:そんな恐ろしいこと、しやあしません
ベルリ:ラライヤ!
ベルリ:ビーナス・グロゥブの人は守ってやってよ?
ラライヤ:えっ?ベルリはどうするの?
ベルリ:もう少し距離を詰めて、戦争を観察したい
ノレド:無茶はダメだ!
ベルリ:あたり前だろ
ノレド:軍艦同士、ビーム当たってるのかな?
ラライヤ:破片にあたっても、ビームって爆発したように見えるのよ
ノレド:えっ!?そうなの?
クリム:ビームの元を狙うんだっ!
クリム:邪魔だぁっ!
ロックパイ:直撃!?アメリアの!
クリム:致命傷ではないっ!
ロックパイ:よけられ…よけられたっ!
クリム:我がサラマンドラは?
サラマンドラ艦長:かなり、フルムーン・シップ接触するコースより外れてしまったんですぞ
クリム:我々はグシオン総監のラトルパイソンと連携しているのだ!
サラマンドラ艦長:むぅ…そんなことわかってます
クリム:我々がこうして戦っている間に、ご老体がカシーバ・ミコシに乗り込んでくれれば
クリム:作戦の目的は達成されるのだ
クリム:何が不服なんだ?
サラマンドラ艦長:いや、別に
ミック:後ろではクノッソスとアーミィのブルジンが戦争やってんですよ!
クリム:敵同士のつぶし合いなど、好きにやらせておけ
ベッカー:バカめ、ブルジンは我々を放出しただけで引っ込んでりゃいいものを
ベッカー:クノッソスから出た連中か?
ロックパイ:司令が艦隊戦を始めるなんて…!
ロックパイ:まだ7、80%の出力は出せる
ロックパイ:マッシュナー!艦長任せにしちゃダメです!
一同:うわっ!
マッシュナー:回避運動遅いでしょ!
クノッソス級艦長:貴様がさっさと撃ち落さないからだ!
ベルリ:ダメだ。こんなものに近寄れない
ベルリ:あのブルジンが出しゃばったから
ベルリ:うわっ!なにっ!?
隊長:す、すいません!ご、ごめんなさい!見とれてしまって…
ベルリ:あの動き、怖がっているんだ
ベルリ:どうしたんだ!?ラライヤ!ノレド!
ラライヤ:編隊は解かないでください!
隊長:あの光に引き込まれちゃって…
ラライヤ&ノレド:ええっ!?
ノレド:引き込まれないよお!
ベルリ:おびえていれば、そういう心理にもなる…!
ベッカー:援護はさせなーい!
ロックパイ:地球人のウーシア!?
ベッカー:ビームのカーテン!?
ベッカー:ビームを!はね返す!
ロックパイ:あのなぁ、もともとの出力が、地球人のモビルスーツと、違うんだよぉっ!!
ロックパイ:わかれよ!地球人!
ベッカー:うわっ!うわあぁぁっ!!
隊長:ああっ!ひ、光がっ!
ラライヤ:行かないで!
ノレド:ラライヤ止めて!
ラライヤ:やめてください!
ノレド&ラライヤ:!?
ノベル:ビー!
ベルリ:やめるんだ!
ラライヤ:なぜです!?
ノレド:どうしたの?ベルおかしいよ!
ベルリ:戦争は無駄死にを生むから…
ベルリ:ノレドとラライヤはそこから動くな!
ベルリ:僕はG-セルフの義務を果すっ!
ロックパイ:なんだぁ?コイツは!
隊長:うわぁぁぁあぁぁぁっ!
ロックパイ:正気か!?
ベルリ:ダメだぁっ!
ベルリ:ビーナス・グロゥブから来た人を!
ロックパイ:その姿、G-セルフか!
ベルリ:高トルクパンチは!
ロックパイ:勝ったつもりだろうが!こちらの付け目っ!
ベルリ:全方位レーザー!
ロックパイ:なっ、何ぃっ!?
ベルリ:アサルトモード…
ベルリ:使います…!
ロックパイパイ:マッシュナーぁぁっ!
マッシュナー:うっ!?
クノッソス級艦長:どうしたんだ?マッシュナー!
マッシュナー:う…ああ…わたしの男が…
ベルリ:はぁ、はぁ…
ベルリ:な…何だ…?この寒気は…?
CA兵:ト、トワサンガビーナス・グロゥブの新兵器じゃないのか!?
CA兵:データは取ったから検証する!
ラライヤ:左右に敵がいます!
ノレド:わかっている
ノレド:メガ・キャノンは軍艦を落せるんだろ?!
ラライヤ:ベルリ!動きなさい!
ラライヤ:ベルリ!
ラライヤ:死んでるんですか!?
ノレド:敵はクノッソスでしょ?
ラライヤ:ベルリ!
ノレド:狙い撃ち!
クノッソス級艦長:回避運動ー!遅いでしょ!
マッシュナー:ロックパイを殺した光…!
クノッソス級艦長:当たるぞー!よけて本隊へ戻るんだ!
クノッソス級艦長:うう、ブルジンへの対空ミサイル!ビーム・バリアー!
クノッソス級艦長:弾幕薄いでしょ!
マッシュナー:帰投するエルモランの部隊がある。防御網はこれでいい!ロックパイが死んだ空域からのビームが
クノッソス級艦長:あ、あああ、はい?
マッシュナー:ブルジンへのけん制にもなっていますから、脱出できます。あれです!
マッシュナー:わたしは素人だ!馬鹿者だ…!ううっ、こんな戦争の中にロックパイを入れれば、宝を失うことになることは、わかっていたはずなのに…!
ラライヤ:接触回線つながった!どこが痛いの?!ベルリ?!
ベルリ:い、痛くはないけど…寒いんだ
ラライヤ:うっ!
ノレド:パイロットスーツの電源!
ノベル:デンゲンギレ!デンゲンギレ!
ベルリ:ヒーターは…
ベルリ:ヒーターは正常だよ。お尻は汗かいてるしさ…!
ノレド:戦いが嫌だったんだ
ベルリ:G-セルフのおかげで、僕は助かったけど…
ラライヤ:敵のパイロットも同じです
ベルリ:同じって…?
ラライヤ:G-セルフのベルリだって、戦死することはありますから…!
ベルリ:G-セルフでだぞ!パーフェクトバックパックがあるんだろ!?
ラライヤ:名前で勝てたり!生き残ったりします!?
ノレド:名前なんて希望でしょ?名付けた人の保証じゃないよ
ベルリ:!それは…そうだけど
ラライヤ:中尉!みなさん!異常ありませんね?
ケルベス:だいたい観測できたあ
ケルベス:それでベルリ、落ち込んでんだろ?
ベルリ:そういうのとは違います。けど、ビーナス・グロゥブの方には…申し訳ありません
ベルリ:止められなかったのは…僕のせいです!
ケルベス:誰が見てもわかることだ。貴様こそ体を張った。褒めてやるよ、飛び級生!
ベルリ:あ、ありあとうございやす…!
ケルベス:メガファウナは、ラトルパイソンと合流して、カシーバ・ミコシ接触するころだ!
ベルリ:えっ?
ガランデン艦長:よーし!フルムーン・シップに入港だ!
マスク:今、入港と言いましたか?
ガランデン艦長:フルムーンの規模ならそう言います
マニィ:ご苦労様です
ガランデン艦長:おう
マニィ:うわ~!これ、クレッセント・シップより大きいですね!
マスク:そうなのか?
マニィ:はい。すごいです!
ローゼンタール:何て幸せなんでしょ!地球に来て盗まれたジーラッハに会えるなんて!
ローゼンタール:アタシ幸せっ!
ローゼンタール:おおっ!気が強そうっ!
バララ:あっ、自分はガランデン麾下(きか)の…
ローゼンタール:バララ・ぺオールちゃんっ
ローゼンタール:データの写真よりかわいっ
マニィ:フラミニアさん、お変わりなく
フラミニア:ビーナス・グロゥブクンタラって、似たような者同士なんですよ
マスク:ルイン・リーと申しますが、マスクが通り名です
ローゼンタール:…
フラミニア:力を合わせて新しい世づくりを…ですね?
マスク:はい…!
クン:キア・ムベッキ隊長は、地球侵略を考えていたわけじゃありません。あれが、ユグドラシルです
バララ:宇宙で使うビーム砲台といったものです
マスク:その大きさなら、戦艦並みの破壊力がありますか?
ローゼンタール:キア隊長のアイデアなんですよお?ホント尊敬しちゃうわぁ
ローゼンタール:ねっ
バララ:そうなんだ
ケルベス:ベルリ!落ち着いたか?
ベルリ:おかげさまで、着替えさせてもらってます
ケルベス:おう!
ベルリ:ったく、こんな所に流れ込んで
ラライヤ:メガファウナ、キャッチです!
ベルリ:おお!
ノレド:ベル!?
ラライヤ:ええっ!?
ベルリ:何だ!?
ラライヤ:裸!?
ノレド:何だってこんなときに!?
ベルリ:汗がひどかったって言ったでしょう。風邪はひきたくないからね
ノレド:……
ノレド:そっか…そうだよね。大丈夫になった?
ベルリ:うん。スーツのヒーターも問題ないんだ。あっ!ラトルパイソンは1隻だけじゃないんだ
ケルベス:クロコダイル級もついて、メガファウナと一緒に、カシーバ・ミコシ接触
アイーダ:ケルベス中尉、ご苦労様でした
ケルベス:ベルリ生徒が頑張ってくれたからですよ。お姉さん
アイーダ:……
#ツインアイを光らせるG-セルフ その横に来たG-アルケイン
アイーダ:シールドをなくしてしまうほどの
アイーダ:戦いだったのですね
ベルリ:でも、生き延びられました
べルリ:マスクは何で、あのカシーバ・ミコシを放り出したんです?
アイーダフルムーン・シップの戦力が欲しかったんでしょ?わたしたちアメリア軍と
アイーダ:ドレット軍をたたくために…
ベルリ:そうか、カシーバ・ミコシはすごい艦(ふね)だけど、フォトン・バッテリーの輸送船だものな
グシオン:後方警戒はクロコダイルチームだが
グシオン:G-セルフチームの受け入れは、メガファウナである!

 

 


次回予告
バララ・ペオールのピラミッドモビルスーツG-セルフは落せるのか?
次回、Gのレコンギスタ「宇宙のカレイドスコープ」
バッテリーフルチャージ!


次回予告2
2つの宇宙艦隊を一挙に撃破できるモビルスーツバララ・ペオールが出撃してきた。それをG-セルフの力で沈めることはできたのだが、悲劇も起こった…。しかし、戦場を生き延びるためには、涙を流してはいられないのだ
次回、Gのレコンギスタ「宇宙のカレイドスコープ」
これは食いついて見てはならない

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第22話「地球圏再会」

 

 

ベルリ:地球圏再会

 

ローゼンタール:コックピットコアとマズラスターの整合性はどうなのお?
クン:水漏れの箇所の修理は完ぺきです。クレッセントから合流してくれたクルーは働いてくれているのか?
メカマン:彼らのおかげでフルムーンエンジンの立ち上がりを早められました
ローゼンタール:フ~
クン:チッカラは出られるのか!?
チッカラ:出られるから!99!100(ひゃ~く)!
チッカラ:テン・ポリスが出てるんだって?
ローゼンタール:ポリジットの数が増えてるのよ!
フルムーン・シップ艦長:こちらフルムーン・シップの艦長でありますロザリオ・テンの警察の妨害が厳しくなる前に、出港することにします
フルムーン・シップ艦長:各員には、本艦が鉄骨桟橋から離れきるまでに、作業を済ませていただく
クルー:器具やパーツ類をエアロックに戻せ
クルー:撤収なんだってよ
クン:強行突破するんですか?
チッカラ:あのなクン・スーン
チッカラ:テンポリスの連中にだって、キア隊長の考え方に賛成してくれてるのはいる!
フルムーン・シップ艦長:フルムーン・シップは、キア・ムベッキ隊長の遺言を受けて
フルムーン・シップ艦長:レコンギスタの道を開くものである。ん?
ポリス:出港は許可されていない!
フルムーン・シップ艦長:やれ
フルムーン・シップ艦長:これが、キア・隊長の回答なんだ
フラミニア:キア隊長、ついにわたしたちのレコンギスタの船出です
チッカラ:クンのエスコートを!
ローゼンタール:了解
クン:キア隊長の遺言を実行しているんだ。邪魔をしないでくれ!あっ
ローゼンタール:キア隊長の邪魔はしないのっ!
フラミニア:こ、これ、コンキュデベヌス…!艦長!キア隊長が泣いています!
フルムーン・シップ艦長:何だと…!?
フルムーン・シップ艦長:コンキュデの目か?
フラミニア:はい…!
ヤーン:あっ…
フルムーン・シップ艦長:コンキュデのクルーは?
フラミニア:3人ほど助かったようですけど…隊長の名前はありません…
女性キャスター:生存者はいないのではないかというのが、当局担当者の見方です
フルムーン・シップ艦長:キア・ムベッキ…!
フルムーン・シップ艦長:ロザリオ・テンとテン・ポリスは、身をもって海の底をふさいだ
フルムーン・シップ艦長:キア隊長の遺志を弔ってやってくれ。我らは、隊長の死を悼んで、本艦の満艦飾をもって手向けとする
フルムーン・シップ艦長:フルライトだ!満艦飾!
クン:チッカラの言う通りだ…
ローゼンタール:力の差を見せたからでしょ?
チッカラ:テン・ポリスにだって、レコンギスタしたいヤツらはいるんです!
クン:ああ、キア隊長…!
クン:これが長年夢に描いてきた光景ですよね
チッカラ:こうなるとジーラッハやダーマが盗まれたって話が
チッカラ:面白くないんだよっ!
ローゼンタール:んっ!そんなのアタシの責任じゃないですよお~
ノレド:どいた!どいた!どいて~!
マニィ:ノレドが避けるの!
パイロット:何ぃっ!?
パイロット:かかしだぁっ!
ベルリ:エンジンを切って!こちらで着艦させる!
ベルリ:クッ!うっ!
ラライヤ:うう~!
ラライヤ:ケルベスさん!そっちは大丈夫ですか?!
ケルベス:おお!
ケルベス:リンゴも手伝え!
リンゴ:よっしゃあー!
ノレド&マニィ:はぁ…
マニィ:死ぬかと思った…
ラライヤ:はあ!?何でノレドさんが!?
マニィ:やらせろって聞かないのよ~
ノレド:マニィにできることなら、アタシにできないわけがないでしょ
ベルリ:民間業者のビーグルと衝突していたら、ここの刑務所行きだったんだぞ!
アイーダ:あの円の内側の空間を、大型バッテリーで埋めるのですか?
ラ・グー:地球そのものを隣の銀河に飛行させようとすれば、あのような規模の物があと3つは必要でしょう
ラ・グー:しかしわたしは、こんな技術は地球人に知らせてはならないと考えました
アイーダ:どうしてなのでしょう?
ラ・グー:ジット団のような存在を知れば、人類というものは、そう簡単に変われるものではないとわかります
アイーダ:はい
ラ・グー:20年近く前に、ピアニ・カルータ事件というのがありましてね
アイーダ:ピアニ…?
ラ・グーキャピタル・テリトリィでは…
アイーダクンパ・ルシータです
ラ・グー:彼が、ここで人が劣化していく姿を見て、地球上で弱肉強食の戦いをさせて、人の強化が必要だと宣言をしたのです…
アイーダ:宣言…ですか?
ラ・グー:6つ目の海が潮で満ちるようになれば、人々の心も緩んでくるのでしょう
アイーダ:クンパ大佐1人の意見などで…!
ラ・グー:…
アイーダ:?
ラ・グー:ボディスーツはご存じないでしょ?
アイーダ:あ、はい
ラ・グー:その実態を知れば、人類に絶望もしますよ
アイーダ:……
ラ・グー:ご覧になる勇気は…お有りかな?
アイーダ:わたしは見栄っ張りで、強がっているだけの女かもしれないと…いつも恐れています
ラ・グー:なら…
アイーダ:あっ……!あ…
アイーダ:……
アイーダ:……
ラ・グー:…
ラ・グー:あなたは、お強い方です…
ノレド:ええっ!?もう1回?
ノレド:隙間のある所は2重にしておくってこと?
ルアン:そうすると、下敷きのフィルムがすき間をふさいでくれるんだ
ノレド:それで耐熱コーティング
ノレド:完成なんだ…
ノレド:あっ
ラライヤ:ラライヤ、出ます!
ギゼラ:どうぞ
ラライヤ:これ使いようですね…
ラライヤ:マニィさん?
ラライヤ:生真面目なんだ
オリバー:ふっ!
アイーダ:クッ!
アイーダ:はっ!
アイーダ:(わたしは人類の女性として健康…!)
ミラジ:うわっ!わかりましたっ!
ミラジ:つまりトリニティは実用機ということなんですね
ミラジ:このダハックも試作機ではない?
メカマン:目を光らせます?
ミラジ:あっ、いや、結構です
ルッカダハックのカバーがダーマですか?
メカマン:カバーだなんて失礼な!あれだって、モビルスーツみたいなものです
ミラジ:ありがとうございました
メカマン:いや
メカマン:耐熱マシンなんです。ダーマは
メカマン:ほら
ルッカ:これらの物をアメリア軍に提供するというのは、どうだろうかな?
ミラジ:そんな…!
ベルリ:技術屋の理屈なんだからこのままできるわけないないですよ~
ハッパ:けどなぁ!パーフェクトバックパックって言うんだから!
ベルリ:それが信用できないんですよ
ハッパ:ヤツは最前線、こちらは後方だものな
ノレド:んっ!
ラライヤ:ほっ
アイーダ:う、うう…!
コック:そんなに刻まなくたっていいんですよ?
アイーダ:今は泣きたいんです!
一同:えっ?
アイーダ:うっ、うっ…!
ノレド:ノベル、体重
ノベル:エーッ!キクナ!キキタクナイダロ!キクナ!
ノレド:言え!体重計!
ノベル:キノウカラコンマ5キログラムゾー!
ノレド:ええ~!
ノベル:ゾー!ゾー!
クルー:おしっこ、おしっこ…
リンゴ:ぐっ!
リンゴ:何ですか…ラライヤさんたら痛いなぁ…
エル:フルムーン・シップに追いつけたとみていいが、彼らの位置は?
クレッセント・シップ副長:地球の静止衛星軌道をパスしたところです
エル:そんなに低く?
クレッセント・シップ副長:地球の艦隊と接触するのでしょ?
エル:メガファウナ以下、全モビルスーツのスタッフ
エル:に告げます。地球圏に入りましたので、第2戦闘配置です
ドニエル:自分の家の庭に帰って来てもこれだってんだから、何だってんだ!
エル:いつ敵の攻撃があるかもしれません
ローゼンタール:ドレッド艦隊が上、アメリア艦隊が下
ローゼンタール:キャピタル・アーミィも艦(ふね)を出してる
クン地球人が宇宙で戦争やるなんて
チッカラ:最悪だね
チッカラ:艦長、どの辺りで周回軌道になるのだ?
フルムーン・シップ艦長:原則のタイミングが遅かったので、キャピタル・タワーからは多少ずれます
クン:地球人同士の戦争には巻き込まれたくはない
フルムーン・シップ艦長:処女航海で地球なんです!無理を言わないでください!
クレッセント・シップ艦長:こんな低軌道にカシーバ・ミコシまでが降りてきて
クレッセント・シップ艦長:3つの勢力がにらみ合っているのに、G-セルフには第3ナットのワンジラまで行かせるなんて!
ドニエル:キャピタル・アーミィキャピタル・タワーを基地化しているらしいので
ドニエル:ベルリは気になるのです。だからといって1人では行かせられません
エル:わかりました。各員お気をつけて!
ドニエル:ジーラッハメガファウナと一緒にラトルパイソンにまで慣らし運転だぞお?
マニィ:わかっています!ルアンさんにオリバーさん、よろしく!
オリバー:了解だ。ケルベス中尉もラトルパイソン行きだ
マニィ:サラマンドラ?こんなに近いの?
ノレド:G-ルシファーノレド・ナグは、里帰りの気分!
ラライヤ:わたしだって、キャピタル・タワーには縁がありますし
ノレド:ラライヤ、ゴー!
ノベル:イテッ!
アイーダG-アルケイン、出ます!
ハッパ:ベルリ、バックパックの使い方には
ハッパ:くれぐれも気をつけてくれよ?
ベルリ:いい慣熟飛行になります!
リンゴ:マニィさんは言わずもがな、ですね
マニィ:あ、はい!ありがとうございます
ルアン:そういうでかいの!
マニィ:フ…
ルアン:ん?総員!ワンジラからノズル光だ!
ルアン:この数、何よ!?
ラライヤ:この動き、変ですよ!
ノレド:けんか腰だ
アイーダ:お出迎えという雰囲気はありませんね
ベルリ:結局、母さんはキャピタル・アーミィに負けちゃったの…!?
ベッカー:クレッセントから出たモビルスーツ隊なら、ドレッド艦隊の片割れである!
ベルリ:キャピタル・アーミィのウーシア!?ああっ!
アイーダ:あんな数を出してくるなんて!
ラライヤ:G-ルシファーで!
ベルリ:ダメだ!
ラライヤ:ああっ!
ノレド:何でぇ!?
ベッカー:縦の竿の編隊ならば!
ベッカー:扇の編隊でいただくっ!
ベルリ:フォトン・トルピードを試します!
ベッカー:なっ、なななっ、何がっ?!
ベッカー:ジ、G-セルフだったよな?ジ、G!
アイーダ:ベルリはワンジラに入らせます。中尉以下はメガファウナに合流してください
ケルベス:了解っ!アメリアのラトルパイソンって艦(ふね)を見学させてもらう
アイーダ:ありがとう。ベルリ、大丈夫ですね?
ベルリ:は、はい
ベルリ:はあ…出力は100%じゃなかったはずだけど…!
ベルリ:あれがフォトン・トルピードの威力だってのか!
職員:キャピタル・タワーの方では、アイーダ・スルガンは登録されています
士官:しかしなぁ…
ベルリ:母がこの入港を許(ゆる)したんですか?
職員:脅かされたんでしょう?
下士官:ランゲバインの搬入はどこまで済んだんだ?
下士官:ブルジンへの水と空気の玉は…
ベルリ:母に…ウィルミット長官に会いに来たんです
士官:ああ
ジュガン:ハハハハッ
ウィルフリッド:…!
ウィルミット:よく…無事で……!
ベルリ:…
ベルリ:あっ
ウィルミット:あの威力を見せてくれたG-セルフが来てくれたということで、ここの人たちは戸惑っているんだけど。わたしがいる限りはタブー破りはさせませんからね…!
ベルリ:!
ウィルミット:あっ
ベルリ:いえ…
ジュガン:G-セルフとブルジンの威力をもってすれば、我々地球人の敵はたたけます
ベルリ:母はキャピタル・タワーを基地にしてくれるなと
アイーダ:ジュガン司令は、クンパ・ルシータ大佐が何を考えて…!
クンパ:ノウトゥ・ドレッドは法皇様を人質にして、カシーバ・ミコシに押し込めたのですよ?
ベルリ:えっ!
アイーダ:!
ノレド:法皇様を?!
ラライヤ:そんな…!
ノベル:トン デモナイッ!
クンパ:事態はわたしの思惑など、とっくに乗り越えられています
ベルリ:…!
アイーダ:人って…!人ってそのように動くものなのですか…!?
ジュガン:あ、いや、人はもっと動きましたよ?
ジュンヤ:我らがマスク大尉が、カシーバ・ミコシを占領してくれましたので、一件落着しました
ノレド:よかった~!
ラライヤ:…
クンパ:長官には、法皇様お迎えのために上がっていただいたのですが
ジュガン:お嬢さんには、我がアーミィの捕虜になっていただきます
アイーダ:はぁっ?!
ベルリ:姉さんは、僕らの仲間なんですよ!?
ウィルミット:姉さんって…
ジュガン:アイーダさんのお父様の艦隊もドレッドの艦隊も健在なのですからそうなります
ジュガン:何だ!?
士官:カシーバ・ミコシのマスク大尉が、サラマンドラを追うために出るというのです
ジュガン:カシーバ・ミコシを空にするのか?
CA兵:ええっ!?ベッカー大尉が出られるんでありますか!?
ジュガン:今度は何だっ!?
CA兵:G-セルフにやられそうになったのに、生き残ったからマスクのガランデンを助に行くって!
ジュガン:2機ぐらいしか残っていなかったんじゃないのか!?
CA兵:合流する連中はいます
ジュガン:サラマンドラをフルムーンに接触させるわけにはいかん!
アイーダ:……
ジュガン:ベッカーには出撃させろ!
ノレド:行こう
ウィルミット:クラウンの定刻運行はしますからね
ジュガン:そんなのは勝手にやればいいでしょう!
ベルリ:……
士官:…
ウィルミット:ここだって、さっさと明け渡してもらいます!
ジュガン:用が済んだらね!
クンパ:(見ちゃいられんな…マスクにサラマンドラを沈めさせて、フルムーンに向かわせりゃいいのに)
ベルリ:まったくさ、どこに行ってたの?とか、どこに行くのくらい聞いて欲しかったなぁ
ノレド/ラライヤ/アイーダ:……
ベルリ:あっ、ごめん…!フフ…
アイーダ:そうよね
ラライヤ:立派なお母様よ
ノレド:立派なだけじゃ、子どもがたまらないわね
ベルリ:プライドにはなるから、いい母さんだよ
アイーダ:それはそう。わたしの父も同じかもしれないけれど、会いに行きましょ
ラライヤ:メガファウナと合流ですね
ノレド:出られると思う?
ベルリ:出られるさ。クラウンの運行長官が怒鳴り散らしてからね
アメリア兵:からかうのはやめて、警戒だ!
アメリア兵:だけどコイツがビーナス・グロゥブ製って信じます?
アメリア兵:こっちがトワサンガ製ってのも怪しいですよ
リンゴ:何でだよ!
アメリア兵:目、丸いじゃないですか
リンゴ:何ぃっ!?
ケルベス:そっちこそ!宇宙で羽根付きって恥ずかしくないのか!?
アメリア兵:はいはいそこまで。ドレット艦隊がいつ来るか知れないんだから、全員持ち場に就いて!
ギゼラ:ケルベス中尉!クレッセント・シップ接触する前に、マニィはもう一度訓練でしょ!
ドニエル:現物のラトルパイソン?でかいなぁ
ギゼラ:アルケイン、来ました
ドニエル:おう
アイーダラトルパイソンへ直行します
マニィ:ワンジラ、どうだった?
ベルリ:あっ、お袋に会えた
マニィ:あっ、いいんだ
ベルリ:よかないよ。ラトルパイソンに行く
ケルベス:マニィ、もう一度発進!
マニィ:あっ、はい!
マニィ:ベルリはお母さんにあったのか
マニィ:わたしだって、負けない!
オリバー:マニィ!大丈夫か!?
マニィ:何とか!
ケルベス:今度は上から?
ケルベス:マニィ!大丈夫か?!
マニィ:何とか落ち着きました!
リンゴ:ケルベス!ルアン!オリバー!
リンゴ:我々はラトルパイソンの周辺警戒だ。マニィはかなり慣れてきているから、大丈夫だよ
マニィ:このまま真っ直ぐ!誰のせいにもしない!
マニィ:わたし、マスク大尉に絶対追いつく!
アイーダ:何で、父は地球から戻ってきたばかりだって言うんです?
メカマン:補給のことで、ここんところしょっちゅうです
アイーダ:ありがとう
メカマン:よろこんで
ベルリ:あっ、ちょっと待って、姉さん
メカマン:……
アイーダ:つかまって
ベルリ:よっ
ノレド:ノベル
ノベル:ピー!
ラライヤ:大きい艦(ふね)なんですね
アイーダ:そうね
メカマン:あれで宇宙海賊やってたのか…
マニィ:あれだ!
マニィ:ルイン!ルイン・リー
マニィ:自分はマニィ・アンバサダです!
マニィ:帰って来たんですよ!
バララ:バリアシールドにでにもなったのか?!
マニィ:光信号を入力っ!
バララ:そんなものっ!
マニィ:マスク!光信号を読んでくださいっ!
バララ:マスク大尉!巨大な敵に全身がしびれています!
バララ:艦砲射撃で撃ち落してください!あっ!
ガランデン艦長:砲撃(げーき)!
マスク:いや待て!
ガランデン艦長:はあ?!バララからの要請です!
マスク:光信号が出ているとみた!読めるか?!
オペレーター:はい!ル、ル…
オペレーター:ル、イ、ン、リ…ル、イ、ン、リ、です!
ガランデン艦長:何だそれは?!
マスク:あの機体、圧倒的な味方となります!受け入れます!
ガランデン艦長:どうしたんだ?
マスク:バララたちには帰らせろ!
ガランデン艦長:ああ…
クルー:ジェル・カーテン、下ろせ!
クルー:そのあと、ハッチ閉じる!
マスク:ご苦労だった
バララ:ビーナス・グロゥブで建造されただなんて、マニィの話、信じます?
マスク:フルムーン・シップの存在を信じれば、信じるさ
バララ:すいません
マスク:すごいものだ
マニィ:あっ
マスク:……
マスク:1人なのか!?
マニィ:一所懸命、練習してましたから、1人です!
マスク:よ、よくも無事で帰って来てくれた
マニィ:! はい!先輩!
マニィ:ルイン・リー
マスク:マニィ・アンバサダ

 

 


次回予告
ビームカーテンを広げるモビルスーツと激突して、宇宙で人の声を聞いてゾッとした
次回、Gのレコンギスタニュータイプの音」
バッテリーチャージ!

 

次回予告2
マスク大尉の部隊がフルムーン・シップに合流しようとすれば、ドレッド軍がそれを止めようとした。それにベッカー部隊がからめば、僕はビームカーテンを広げるモビルスーツと激突する。宇宙で人の絶叫を聞いてゾッとした。
次回、Gのレコンギスタニュータイプの音」
君は動画を見なければ、見えないっ!

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」 全セリフ

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」

 

 

ベルリ:海の重さ

 

ベルリ:これ、立体映像じゃないよね?本物…?!
ベルリ:本物の海だよ!
ベルリ:重力もある!あの敵、あっ!
キア:海の底に穴を開けたか!?
キア:俺は、地球人のおかげでとんでもないことをしちまった…!
キア:そこっ!
ベルリ:狙われていた?!
ベルリ:あっ!?
ベルリ:うわぁぁっ!
キア:キアだ!チッカラとクンはどこにいる?!
ベルリ:ええっ!?
チッカラ:もう!何で水漏れが起きるんだ!
ベルリ:二度は!
ベルリ:メガファウナは!僕の位置をわかれ!わかってくださいよ!
ベルリ:メガファウナ
ベルリ:姉さーん!
ドニエル:レーダーは…何だって!?
ベルリ:あっ!
ドニエル:ベルリ!どこだ!?
ベルリ:ジット団のモビルスーツ海上で追いかけているんです!
ベルリ:追いかけられてもいますけど!
副長:ジット団のロールパンは行ってくれましたね
ドニエル:海だ何だというのが、よくわからん
ステア:食べられないロールパンは嫌いだ
副長:嫌だよね
ドニエル:ベルリはここに入り込んだらしい
ノレド:ロールパンはこっちに上がった
ミラジ:メガファウナの向いてる方向は?
ノレド:ギゼラさんのところでわかる
ミラジ:ギゼラさんのところで?
ミラジ:あっ
ギゼラ:ああっ!
ミラジ:あっ
ギゼラ:あっ?
ドニエル:あ?
ギゼラ:すみません…な、何でしょう?
ミラジ:ここからだと、メガファウナの向きがわかると
ギゼラ:…
ギゼラ:ああ、あの数字で…
ミラジ:1の380(サンハチマル)に見えます
ギゼラ:は、はい…
ミラジ:なるほどね
ギゼラ:……
エル:ああ…
クレッセント・シップ副長:……
ヤーン:キア隊長…考え抜いた末の脅しだったんでしょうけど…
クレッセント・シップ副長:うっ…
団員:南京錠ってヤツでしょ?これ
クレッセント・シップ副長:さ、触らないで…!
フラミニア:見たことあるんですよ、これ
エル:そ、そうですか…
フラミニア:パーティで見ません?
ヤーン:えっ?
フラミニア:あっ!水中花だ!水の中のお花グッズ、それに色にって
エル:!
フラミニア:ほーら
エル:うわー!
ヤーン:そうだった
クレッセント・シップ副長:やめてください!ああっ!
クレッセント・シップ副長:あああ!あー!
団員:ははは!ここで開くとこうなるんだ
フラミニア:G-セルフを…
ヤーン:すみません…
クルー:海が壊れたって警報が出てますけど…どういうことなんでしょう?
エル:海が壊れた…?
ドニエル:後部機銃座!対空戦闘用意だ!
ドニエル:各モビルスーツも、再度第1戦闘態勢!
ノレド:あっ、ジット団の人、魚食べさせてくれるって言ったけど、ダメかな?
ドニエル:何だ?ベルリより食い気か?
ノレド:ベルのために聞いたんですっ!
ドニエル:うう、ああ…
ドニエル:ラボの反応はないからって、油断はするなよ!
ラライヤ:全景からのデータ確保、転送しときます
ケルベス:ジット団の男が、ジット・ラボに入れって命令してたってことは
ケルベス:向こうからの攻撃は、ないってことでしょ?
アイーダ:えっ?
アイーダ:フフッ、そうかも。そうですよね。この桟橋だって、砲塔みたいなのないし
リンゴ:海の底が抜けたって
リンゴ:かなり騒いでます。ということは、上の方は手薄ってことで…あれ?ポリス?
ポリス:公社のメンテナンス部門に、緊急出動命令だ
ポリス:メガファウナは、ロザリオ・テンに入港するように!
副長:了解しました。ジット・ラボの要請に従って、ここに寄ったのです
アイーダ:ケルベス中尉にリンゴ少尉、何やってるんです?
リンゴ:ラライヤの股に手を突っ込んで、何をしようっていうんだ!?
ケルベス:こんな物が引っかかってるから
ケルベス:外してんだろ!
ノレド&マニィ:うわ!あ~あ~!
ケルベス:何だって!?
アイーダ:こうなんです!
リンゴ:何だよ
ノレド:ベルを助けるには!中に入らなくっちゃ!
マニィ:んぬぬ~ロープが引っかかって
ケルベス:あのなぁ…やりようってのがあるだろう
ノレド&マニィ:うわぁ~!
団員:コイツはまだ組み立て中なんだぞお!
団員:キア隊長は、それでも出せって命令してきたんだ!
団員:おら、行けっ!
団員:うわぁぁっ!
ローゼンタール:ここで実戦が体験できるなんて、そうぞうもしていなかったなぁ、アタシ
キア:地球人が侵入した
キア:爆発させずにしとめるんだ!俺はコンキュデで迎撃する!
団員:隊長は何でずぶぬれなんでありますか?
キア:海の中を潜り抜けてきたからだろう!
チッカラ:貴様たちは海水を止めに行け!
団員:オートマチックでふさがるんでしょ?!
チッカラ:それでは止められない穴になってるんだ!クン!どこにいる!?
クン:ラボの北ゲートから入りました
住人:おかあさ~ん!
住人:ぎゃー!おかっ!おかーさーん!
ベルリ:メガファウナはジット・ラボの桟橋に取り付いたらしいってことは、僕は…あっ
住人:!
妻:ひっ!
妻:ひえ~!
住人:おかあさんっ!
住人:エリザベートお!
ベルリ:僕はここにいるだけで、役に立っているはずだ。姉さんのことだから…となれば、いつまでもこんな民間人の家を盾にしてはいけない!
団員:ううっ!
団員:隊長!ここでオーブンを使うのは危険です!
キア:出力調整はできる!ここで野蛮人にモビルスーツを使わせる方がよほど危険だ
団員:コックピットが水漏れを起こしているでしょ!やめてくだ…うわぁっ!
団員:隊長!無茶です!
クン:鉄骨桟橋に地球人が居座っているだと!?
キア:!
キア:メディスペ・シーに入ったヤツを処分する方が先だ!
キア:クンとチッカラ!
キア:ローゼンタールは!正面に回ってやれ!
チッカラ:しかしコイツは!
ベルリ:ほかぁ!本物の海で戦ってきた!
ベルリ:こんなものは!爆発させないで
ベルリ:動かなくしてやるっ!
チッカラ:ううっ!ああっ!
チッカラ:ん?
ローゼンタール:チッカラ・デュアル、隊長命令で後退します
チッカラ:ローゼンタールか?!
ローゼンタール:地球人、アタシたち2人を相手にするかいっ?!
アイーダ:わたしたちは、クレッセント・シップから反乱分子をけん制しろと言われているのです
ポリス:ジット・ラボから反乱分子って、本当なのですか?
ラライヤ:それはそちらで調べてください
ラライヤ:中からの反応がありませんから、入ります!
ポリス:ど、どうぞ
ポリス:その宇宙服には中身が入っているのか?
ノレド:警察なら、ちゃんと悪いヤツを捕まえなさいよ
マニィ:…
ポリス:えっ?地球人はクレッセント・シップの捕虜だってのか?
ノレド:聞いた?捕虜が勝手に動けると思ってるんだ
マニィ:文化の違い。考え方が違うのよ
ノレド:研究施設かぁ…
ケルベス:はあ?
アイーダ:ええっ!?
リンゴ:はあ!?
ルアン:ええっ!?
ラライヤ:本物の景色なんですか、これ?
ノレド:うぇっ
マニィ:へへ
ラライヤ:どこに行くつもりなんです!?
マニィ:今、ラボの中を見たでしょ!
ノレド:偵察するチャンスだってことお!
アイーダ海上にいるんですか?ベル!?
ルアン:受信!
ケルベス:方位は?
リンゴ:クッ、磁気嵐が!
ラライヤ:右にもジット・ラボの発着場があるようです!
ルアン:敵機が来たぁっ!
ローゼンタール:四角いおもちゃが!
ルアン:うわっ!
チッカラ:地球人!
ローゼンタール:ズゴッギーの伝統ぅ装甲は頑丈で!
ローゼンタール:このマニュピレーターでチビのアンタなんか!
ラライヤ:ああっ!
リンゴ:ラライヤー!
ローゼンタール:わたしのマニュピレーターが~!
ラライヤ:リンゴさん!
リンゴ:いつもラライヤの
リンゴ:守護神であります!
チッカラ:ローゼンタール!こうなったら、フルムーンに飛び込むしかない!
ローゼンタール::ち、地球人がジット・ラボに入っていくのをチェックしてますけどお?
チッカラ:やらせておけ!フルムーンの装備を持ち出すんだ!
ベルリ:なっ、何い!?
ベルリ:次から次へと、何だっていうんだよ…!
マニィ:およそ無防備の土地柄なのね…
ノレド:研究するったって、古いものをコピーするだけなんでしょ?
ノベル:テーサツ、テーサツ
ノレド:けど、本物の工場だ
マニィ:だって、本格的にモビルスーツを量産させてる大元締めでしょ?
ノベル:イテッ!
団員:うわっ!何だよのハロビーは
ノレド:動くな!
団員:何だ!?
団員:な、何だ!?
ケルベス:マニィ~ノレド~どこだ~?
ノレド:工具を武器にするな!
団員:うわっ!
団員:あっ!
ケルベス:何を組み立てているんだ?マニィさん
マニィ:新型みたいです
ラライヤ:何か見つけたんですか?
ケルベス:リンゴは、その山の下の奥をチェックでしょ
団員:地球から来たって、本当なのかよお前たち
マニィ:ケルベス中尉!これ、すごいですよ!
ケルベス:何がすごいの?
マニィ:操縦がユニバーサル・スタンダードなんですよ!このモビルスーツ
団員:G-ルシファーだろ
ケルベス:G?
ラライヤ:マニィさん!何考えてるんです!?
マニィ:マックナイフ以上に操縦は簡単かもしれないんです!G-ルシファー
ベルリ:冗談メカと思いたくないけど!
キア:地球人には焼け焦げになってもらう!
ベルリ:魚じゃあるまいし!
ベルリ:誰がオーブンに焼かれるかっ!
キア:地球人!?
ベルリ:何ぃ!?何なん!?
ベルリ:やられないっ!
クン:キア隊長!
キア:クン・スーン!ミサイルはだめだ!
クン:なっ、何でっ!?
キア:海の底が抜けているのがわからんのか!
クン:あの下に穴が開いてるってこと!?
ベルリ:渦の勢いが速くなっている
キア:これえではメディスペシーが、全滅する!
ベルリ:あっ、天井。ということは、海面からの高度3000メートルってとこ?
ベルリ:テン・ポリスの…!
ベルリ:天井を背にしていれば、ジット団は撃ってこないけど
クン:海水の補充は始まっているんです!隊長!
キア:すでにオートマチックで修復する規模ではなくなっている…!
クン:キア隊長!何をなさろうというのです!?
キア:コンキュデベヌスの容量があれば、穴をふさげる…!
クン:やめてください!それでは地球人に!
キア:地球人は貴様たちが手なずければいい!メディスペシーの底が抜け切ったら!10数万人の人間が死ぬんだぞ!
キア:い、意外と速い!?
ベルリ:あの機体で、海の底をふさごうっていうのか!?
クン:それはダメです!隊長、ジャイオーンだけでも上がってください!これにつかまって!
キア:確実に沈めなければならん…!やめろクン!このボールは邪魔なんだよ!
キア:穴はふさがるぞ!
キア:コンキュデベヌスは穴に向かっている!
クン:キア隊長!
クン:隊長!
キア:ううっ!機体は止まった!?
キア:穴はふさいでいる!
クン:ジャイオーンだけでも脱出してください!
クン:地球人!?
ベルリ:ダメでしょっ!
クン:敵に助けられた!?わたしはうかつだっ!
クン:隊長!自分もお手伝いいたします!
クン:隊長!何で脱出しないのです!?
キア:貴様たちはレコンギスタをしろ!地球では俺の分も楽しめ!
キア:フルムーン・シップの準備は完了しているんだ!クレッセントと…なっ!?
クン:動いてください…!
クン:隊長と一緒にレコンギスタできなければ、意味ないじゃありませんか!
キア:宇宙兵器は水圧に弱い。ささっと浮上しろ!
クン:あっ、水が…
クン:外か?脱出できる…!
クン:クッ!
クン:はっ!
クン:隊長!一緒に行くんじゃないんですか…?!
キア:うっ!?ショートだって?どこだっ…!?ああっ!…クン…!チッカラにも…!
クン:用意してくださったフルムーン・シップは、もう、いつでも出港できるんですよ…!?
アイーダ:海の中まで追えるわけないでしょ!
アイーダ:渦の勢いも弱くなっています。戻りましょう、ベル
ベルリ:あれだけ大きい物が沈めば、穴はふさがるだろうけど…
ベルリ:宇宙にこんな物があるのがおかしくないか?
アイーダ:ご苦労様。体は大丈夫ですか?
ベルリ:海に助けられましたけど…あっ!
ルイン:ジット団の新手か!
ノレド:お疲れー!
マニィ:出来たわ、わたし!
マニィ:フフフ!やったぁ、マスク!
ベルリ:はあ~?!
アイーダ:マニィさん?!
ノレド:ケルベス中尉、リンゴ少尉、ラライヤの協力を得て
ノレド:捕獲マシン1号の、G-ルシファーです!
アイーダ:ジット・ラボから持ち出した?!
ドニエル:総員聞け
アイーダ:あっ
ドニエル:各員、ロザリオ・テンの港へ集結だ
ベルリ:…
ケルベス:こっちだ
ラライヤ:通路あります
リンゴ:ラライヤさん!
ノレド:ユニバーサル規格だからって、マニィ、よくやるよ
マニィ:マスク大尉から、マックナイフの整備のついでに、操縦はできるようにって
ノレド:あのマスクに教わったの?!
マニィ:まさか
ノレド:ふ~ん
ラライヤ:これかぁ、こういうフィギュアや柱は、空気や水の玉の保管場所になっているんですって
ノレド:ここから出ちゃいけないの?
マニィ:いいじゃない、わたしたちのこと認めている態度なんだから
リンゴ:ひゃ~何い?
リンゴ:ショッピングモールに住宅街?
ケルベス:こんなのが、オーシャン・リングにだーってあるのか?
ラライヤ:高度に気をつけてください
農民:何だぁ~!?
ルアン:豊作ですよトウモロコシ
パイロット:こちらの桟橋から、出ていただきます
ドニエル:全機収容後、ロザリオ・テンの港へ入るぞ!
アイーダ:エル艦長、ありがとうございました
エル:みなさんもご無事で
ベルリ:フラミニアさんやヤーンさんは、リビングエリアなんですか?
クレッセント・シップ副長:行方不明です。パイロットも一緒だったので、逃げたのでしょうね…
ベルリ:ええっ?逃げたって…
アイーダ:ベルリ。のちほど、ロザリオ・テンで
エル:そうしましょう。それまで
アイーダ:はい
アイーダ:! ああっ、薔薇って…
アイーダ:薔薇って…ここにあったんだ……!
ベルリ:姉さん、どうした?
アイーダ:目の前!上!
ベルリ:ええっ?!
ベルリ:バラ?!
秘書:げっ
ラ・グー:フッ…
秘書:ぐっ!?
一同:…!?
秘書:あああ…
ラ・グー:大事ないか?
秘書:い、いつものことで…
ラ・グー:わたしからみなさまへ、耐熱コーティング剤をプレゼントさせていただきます
副長:それって、エル艦長から聞いてます。大気圏突入を可能にするとか
秘書:あっ、失礼いたしました…皆様方にご紹介申し上げます。ビーナス・グロゥブをまとめていらっしゃるラ・グー総裁です
秘書:お仕事の手の空いた方々から、お食事の会場へどうぞ
ラ・グー:私からの、感謝と謝罪を込めての招待です
ドニエル:謝罪だって?
アイーダ:何でしょう?
ベルリ:ええっ?
ラ・グークレッセント・シップが降臨祭も終えずに帰ってきました。そして、ジット団の事件で、海の底に穴も開けた…
ラ・グー:これらすべては、私の管理不行き届きが原因なのです。ですから…
ドニエル:いや、オーシャン・リングの6つの海がつながるような時代になれば…
ミラジ:ここの人々の心も変わると思いますね
ラ・グー:そうなのです。人々もムタチオンすると知れば、絶望する人々も出ています…
アイーダムタチオン?突然変異ですか?
ベルリ:ムタチオン
ラライヤ:人がですか?
マニィ:そんなの…
ノレド:総裁は、おいくつなのですか?
ラ・グー:…まだ、200歳にはなっていません
アイーダ:!?
ベルリ:まだ200歳…
ノレド:あれで100歳超え…!?
マニィ:若いのに…!
ラライヤ:どいうの?
ドニエル:おお…!

 

 


次回予告
地球に戻ることになったのは、ジット団がフルムーン・シップを持ち出したからだ
次回、Gのレコンギスタ「地球圏再会」
バッテリーはフル!

 

次回予告2
アイーダ姉さんがラ・グーという人と話をしたらしいけれど、何も教えてくれず地球に戻ることになった。ジット団がフルムーン・シップを持ち出して、戦いを拡大する危険があるからだ。僕は母に会えても、マニィは僕らのそばから姿を消してしまった。
次回、Gのレコンギスタ「地球圏再会」
目を回さないで見てくれ!