アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム第2話「旅立ち」

機動戦士Zガンダム第2話「旅立ち」


ガンダム同士の戦いの始まり…新たなる時代の幕開けになる


カミーユ「ハッ!ハッ!ハッ…。」
クワトロ「なんだ。この息遣いは…!?アムロ・レイララァ・スン?いや、違う。」
カミーユ「許せないな、あの軍人達。」
クワトロ「何だったのだ、あの息遣いは…。ロベルト、アポリー、ガンダムMk-2を捕獲するぞ。」
カミーユティターンズだなんて言ったって、地球生まればかりを使う軍隊に、何ができるんだ。ハッ?」
エマ「ジェリド・メサ中尉、無理な行動がこういう結果につながる事は十分にわかっていたはずです。」
ジェリド「次のティターンズパイロットもくりゃ焦りもするさ。それにオレはバスク大佐の言う通り、即戦力になるために…。」
エマ「だからといって禁止されている超低空飛行を居住区でやることはないでしょう?」
ジェリド「エマ中尉はオレの上官か?違うだろ。」
エマ「我々は自力でモビルスーツの回収をする力を付ける訓練だって。」
ジェリド「Mk-2は壊しちゃいない。」
エマ「だからといって建物を壊していい訳はないでしょう?」
ジェリド「民間人の家は避けて無理をしたからこうなったんだ。」
ブライト・ノア「何をしている!警報が聞こえないのか!」
エマ「ブライトキャプテン!」
ジェリド「どうせ、隕石流がコロニーに穴でも開けたんでしょ。」
ブライト「地球から上がってきたばかりの貴様に、何が判断できるか!」
エマ「エゥーゴが攻めて来たとでも?」
ブライト「わからん。対応しろと言っている!」
ジェリド「ふん!」
ブライト「中尉、どこへ行く!?」
エマ「ジェリド中尉!」
ジェリド「ご命令通り対応します。3号機のチェックを頼む。」
ブライト「どこへ行く!?」
ジェリド「エゥーゴなら、戦わなければならないのがティターンズだ!」
エマ「まだ状況は!」
ジェリド「対応すると言ってる!」

クワトロ「ん?ガンダムの所在を掴まんうちに!」
ロベルト「大尉、いいんですか?」
クワトロ「コロニーへの多少の損傷もやむを得ない。ここまで来てMk-2を見るだけなどとは。」
クワトロ「連邦軍は、いつになったらここが地球と地続きでないという事がわかるんだ!?」
連邦兵A「クラーク!こっちはなぜ当たらないんだ!?速い!」
クワトロ「えぇい。」
連邦兵B「こんな旧式のGMじゃ、追いかけられない!ん?うわぁ!」

バスク・オム赤い彗星だと?馬鹿な。」
フランクリン・ビダン「新型、なんですか?いつあんな機種…?」
ジャマイカン・ダニンガン「見ればわかるだろうが。大佐が作らせた機種ではない。」
フランクリン「え?では…。」
バスクエゥーゴだよ。」
フランクリン「なんで、グリーンノア1へ?」
ジャマイカン「ガンダムMk-2のデーター集めだろう。」
フランクリン「あんなもの、もうやってもいいでしょう。」
バスク「ビダン大尉、不穏当な発言は困るな。Mk-2がどうなっているのか!」
フランクリン「はぁ。」
バスク「このまま返す訳にはいかんのだ。こちらの施設を見られているんだからな。少佐、グリーンノアへ行く。このままでは戦況も見られん。」

連邦兵C「好きにしやがって!ぬう!速すぎる!まるで赤い彗星だ。」
クワトロ「アポリー、ロベルト、遅れるなよ!えぇい!」
連邦兵D「どあぁぁ!」
連邦兵E「うわぁぁ!」

ファ「どうしちゃったっていうのよ!母さん、母さん!」
ファの母「ファ!良かった避難するのよ。荷物はまとめてあるわ。」
ファ「は!」

クワトロ「来たな!Mk-2だ。アポリー、見えているか?」
アポリー「クワトロ大尉、Mk-2です。」
クワトロ「ロベルトは援護!」

ファの母「何でこんなことに。どうして連邦軍モビルスーツがやられているの?」
ファ「ここは宇宙に住むスペースノイドからは目の仇にされてるからね。」
ファの母「だって、ティターンズの基地になるのに賛成なんかしてなかった…う!」
ファ「は!母さん、先行ってて!カミーユん家、見てくる!」
ファの母「ファ!」
ファ「すぐ行くから。」
ファの母「ファ!」

連邦警備兵A「待てよ!こんなところで何をしている?」
連邦警備兵B「なんだ、カミーユじゃないか?」
連邦警備兵A「知ってんのか?」
連邦警備兵B「ああ。」
カミーユ「あの、空襲らしいんで父さんに会って…。」
連邦警備兵B「よくわからんのだ、空襲ってどういう…。」
連邦警備兵A「おい!」
連邦警備兵B「いいって!」
連邦警備兵A「でもよ。」
連邦警備兵B「フランクリン大尉の息子だ。空襲の方のことが気にならんか。」
連邦警備兵A「知らんぞ。」

クワトロ「二人はわかっているんだろうな、できれば無傷で手に入れたいのだ。」

カクリコン「シュミレーション抜きでいきなり実戦かよ。」

ブライト「3号機のチェックが終わり次第出させるんだ!パイロットの手配はついているのか!」
連邦整備兵「テンプテーションのキャプテンが指示するのかよ!」
ブライト「実戦に建前はいらん!遅いぞ!」
エマ「すみません。」
ブライト「エマ・シーン中尉!?あなたが?」
エマ「ティターンズは、ジオンの残党狩りのチームですよ?あたしもその一員です。」
ブライト「しかし、まだ十分な訓練はしていないはずだ。」
エマ「即戦力を目指した訓練はしていました。ご安心を。」
ブライト「おい、お前は!?待て!」
エマ「は!」
連邦整備兵「うわぁ!」
マトッシュ「何をしている?3号機は出せんのか!」
カミーユあいつだ、許せないヤツだ!」
連邦整備兵「おい、お前!」
カミーユ「うるさい!」
ブライト「落ちるところを考えろ!」
連邦整備兵「おい!」
エマ「あなた、何をするの!?」
ブライト「3号機をいじるな!」
エマ「あなた!」
カミーユ「危ないですよ!」
エマ「ガンダムMk-2を知っている?どういう子?」
カミーユ「火が入っている。あいつはどこだ?」
エマ「出てらっしゃい、危ないわ!」
ブライト「出てこないのか?」
エマ「中佐。」
ブライト「聞こえているだろう、ハッチを開けろ!」
カミーユ「オヤジのコンピューターからデータを盗み出したのが、役に立つなんて。」
ブライト「エマ中尉、降りて!」
エマ「え?」
ブライト「すぐに降りろ!そんな簡単に動かせるものじゃない!」
マトッシュ「何馬鹿言ってんだ、敵は近くまで来ている!」
ブライト「正規のパイロットじゃないんだよ!」
マトッシュ「パイロットでないものが動かせるわけないだろ!は!」
エマ「やめなさい、坊やのいじるものじゃないわ!」
カミーユ「怪我をします、外に出ていてください!」
ブライト「あいつ!」
エマ「あの子は本気です、中佐。」
カミーユ「すみません、エマ中尉、ブライト中佐!」

エマ「あっ!」
ブライト「あいつ、操縦ができるのか?アムロの再来だ。もしあいつが操縦しているのなら。」
カミーユ「ん?」
カクリコン「ぬお!」
アポリー「ん?大尉、もう1機います!」
クワトロ「もう1機いる?」
カミーユ「赤いモビルスーツ、まるで赤い彗星じゃないか!?」
クワトロ「動くとは思えん。捕捉するぞ。」
カクリコン「ジェリド!乗っていないのか!?ヤツは2号機を生け捕りにするつもりだ。ジェリド!ジェリド、何で助けない?」
カミーユ「自分が割れていない。ようし、赤いモビルスーツになんか狙われちゃ!あいつ!見失ったか。いた!」
カクリコン「パワーがどのくらいあるか知らんが、やってみるか。ジェリドめ。」
ブライト「誰も、誰も撃とうともしないのか!」
エマ「あたしがやります。」
カミーユ「回った!」
ブライト「3号機!」
エマ「飛んだ?」
クワトロ「何!?」
アポリー「はっ!」
カクリコン「ジェリド!」
カミーユ「そこかい!逃がさない!」
マトッシュ「はっ!うわぁ!」
カミーユ「そこのMP!一方的に殴られる痛さと怖さを教えてやろうか!?」
マトッシュ「うぅぅ。うわぁ!」
カミーユ「ふふふふふ、はははははは、ざまあないぜ!」
ブライト「何をやっているんだ!?あいつは。」
クワトロ「なんだ!?」
クワトロ「アポリー、やめろ。敵じゃない。」
アポリー「しかし。」
クワトロ「2機とも捕捉する。」
カクリコン「ふざけんな!」
カミーユ「そうだ、僕は敵じゃない。あなた方の味方だ!」
カクリコン「ば、馬鹿な。」
カミーユ「証拠を見せてやる!」
クワトロ「証拠!?」
アポリー「なに!?」
カクリコン「うぉぉ。」
カミーユ「うあぁぁぁ!」
ブライト「Mk-2、あの感覚はやはりアムロだ。誰だ、ヤツは!?」
エマ「あの子、あたしの名前を知っていたわ。どこで聞いた?」
カミーユ「コックピットを開けるんだ!さもないと、ビルごとお前を潰しちゃうぞ!それでもいいのか!?」
カクリコン「うぁ!なぜ、こんなことになるんだ!?」
ブライト「降りるんだ、中尉!聞こえるか!?私はブライト中佐だ。ここは敵に従え。」
カクリコン「了解。降りるぞ、3号機、聞こえるか!?」
カミーユ「了解した。」
カクリコン「降ろしてくれ!」
カミーユティターンズのクセに。」
クワトロ「3号機のMk-2、信じられるようだな。ロベルトはどうした?後退する。」

ファ「ホモアビスのカップも、モビルスーツの盾も、持ってったってしょうがないわ。あっ!きゃぁ!」
ロベルト「うわぁ!た、大尉!」
ファ「あぁぁぁぁ!」
連邦兵「うぁ、もう1機が。」
クワトロ「ロベルト、大丈夫か?」
ロベルト「申し訳ありません。」
クワトロ「脱出をする。ロベルト、遅れるなよ。」
カミーユ「僕の家が…。はっ!ファ!」
クワトロ「どうした、ついて来ないのか?」
カミーユ「いえ、行きます。連邦軍は嫌いですし、なによりもティターンズはもっと嫌いなんです。」
クワトロ「よし、そのかわり必死で着いて来いよ。ティターンズの追撃隊はすぐに来る。」
カクリコン「バスク大佐、自分は処女飛行でしたので、武器も携帯せずに迎撃に出ました。もちろん3号機のパイロットがジェリドではなく…。」
バスク「別人だというのがわからんな。ジェリド中尉はどうしたのか。」
ブライト「バスク・オム大佐、なぜガンダムMk-2の訓練をこちらでやっていたのですか?グリーンノア2でやっていれば居住区への被害はなくてすみまし…うぁ!」
エマ「ブライト中佐!」
バスク「放っておけ。一般将校は黙っていろ!ここはティターンズの拠点である。正規の連邦軍とやり方が違う!」
ブライト「ティターンズであろうとも、同じ連邦軍であることには変わりないでしょう。」
バスク「ここはジオンの残党と手を組んで、反地球政府の運動をやる、エゥーゴを倒すための中心基地だ。コロニーの先住民のスペースノイドの都合を考えて作戦ができるか!」
ブライト「基地化を進めれば進めるほど、逆に反地球連邦政府の組織を育てるだけです。なぜそれがおわかりにならないのです!?」
カクリコン「大佐は黙れといっている!」
ブライト「貴様、上官に向かって!」
カクリコン「ここはティターンズだと言った。一般の軍律は通用しない。」
ブライト「反感を育てておいて何を言うか!」
ティターンズ兵「一般将校は黙っていろ!でぇい!」
ブライト「貴様…!だぁぁぁ!」

クワトロ「外には待ち伏せ隊がいるぞ、いいな?」
アポリー「3号機、聞こえるか?大丈夫だな?」
カミーユ「大丈夫です。こんなに大きい穴が開いてしまって。」
クワトロ「トリモチに触るな。」
アポリー「3号機、放していい。あとについて来てくれ。」
カミーユ「はい。」

ジェリド「出てきやがった。よくもまぁ、ぬけぬけと。」
ティターンズ兵「ジェリド・メサ中尉、無理はするな。その機体に慣れてはいないはずだ。」
ジェリド「ティターンズとして最低限の任務は完了させたい。黙っていてくれ。」
クワトロ「アポリー、信号弾だ。」
アポリー「はっ!」
ジェリド「くそぅ!うぉ!こっちが当たらずに、なんで相手のほうが!?」
クワトロ「5、4、3、2、1。」
ジェリド「うぉ!うぉぉ!こんなはずは、こんな!」
クワトロ「流れ弾に当たるな。」
カミーユ「うぅ!」
クワトロ「ついて来れるか、3号機!?」
カミーユ「これが本物のメガ粒子砲か。これが…。なんだ!?空気が…漏れる音?」
クワトロ「3号機、ついて来れるのか!」
カミーユ「あ、ええ、大丈夫です。」
クワトロ「どうか?」
カミーユ「あ、大丈夫です。どのくらいで落ち着けますか?」
クワトロ「30分というところかな。」
カミーユ「30分…。」
クワトロ「どうしたのだ?」
カミーユ「宇宙は慣れないものですから。」
カミーユ「はぁ…、とても懐かしい感じがする。」


次回予告

戦艦アーガマに、ティターンズエマ・シーンがやってきた。
彼女の持ってきた手紙は、卑劣な内容であった。
カミーユは激怒し混乱した。
その行動が、カミーユに最も悲惨な光景を目撃させる。
次回、機動戦士Zガンダム、カプセルの中。
君は刻の涙をみる・・・