アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム第3話「カプセルの中」全セリフ

機動戦士Zガンダム第3話「カプセルの中」全セリフ


ナレーション「ルナツースペースコロニーに使う岩石を採掘するため、アステロイドベルトから運ばれた小惑星である。現在はグリーンオアシスの近くで地球連邦軍の前身基地として利用されている。」

ライラ・ミラ・ライラ」 なぜよくわからないのです?
「チャン・ヤー」 途中でミノフスキー粒子が厚くなった。
「ライラ」 現在追いかけている部隊がグリプスモビルスーツ戦を仕掛けたに決まっている。
「チャン」 ライラ・ミラ・ライラ、口の利き方、何とかならんか。
「ライラ」 なら、欲求不満を晴らさせて欲しいな。
「チャン」 できるさ。追っている部隊は間違いなくエゥーゴだ。
「ライラ」 そう願いたいね。

「ブライト」 ブライト中佐、入ります。
バスク」 わざわざグリプスまで来てもらって恐縮だが。
「ブライト」 任務であります。
バスク」 うむ。私の手書きの親書だ。ジャミトフ・ハイマン大将へ直接渡してくれ。
「ブライト」 はっ!あぁ!
バスク」 どうしたか?
「ブライト」 はっ、いえ…。
バスク」 直接渡すのだぞ。
「ブライト」 はい。失礼します。
「ジャマイカン」 船は何時か?
「ブライト」 1時間後であります。
「ジャマイカン」 良い航海を。
「ブライト」 あぁっつ!ありがとうございます。
バスク」 なんだ?
「ジャマイカン」 はっ!ルナツー部隊が、モビルスーツを発進させたと思われる艦隊を捕捉した模様であります。
バスク」 ガンダムMk-2を盗んだのは確かに、フランクリン大尉の息子だな?

カミーユ」 ニュータイプアムロ・レイの名前は、アングラの出版物でよく知っています。
ヘンケン・ベッケナー」 ほう、グリーンオアシスでアングラか。
カミーユ」 グリーンオアシスだって、元々は軍事基地ではなかったんですよ?
「ヘンケン」 そりゃあそうだが、空気漏れが続いていたらどうしたんだね?
ブレックス・フォーラ」 君の協力で2機ものモビルスーツが手に入ったのだ。これも普通ではできないことだ。
カミーユ」 偶然が重なっただけです。
ブレックス」 ははは、その偶然も人間の力があってのことだと信じたいのだよ、私は。
「クワトロ」 クワトロ大尉だ。ん?行く。
ブレックス」 出てきたのか。
「クワトロ」 多分。
「ヘンケン」 よっしゃ。
ブレックス」 レコア少尉、カミーユ君を頼む。
「レコア」 はい、ブレックス准将。
カミーユ」 敵ですか?
「レコア」 そうね、現在この空域で展開しているのは、あたしたちだけだから、他は全て敵と見なしていいわね。

「チャイ」 ライラ、いいな、マシンを止めて臨検をするんだ。沈めるのが目的ではないからな。
「ライラ」 わかっています。そんな戦争好きに見えますか?
「チャイ」 ふん、見えるな。
「ライラ」 では、いつかご期待に応えましょう。

ブレックス」 私の期待し過ぎかな?彼をニュータイプと思いたいが。
「ヘンケン」 クワトロ大尉はどう思う?
「クワトロ」 ニュータイプエスパーではありません。ですから、目に見えて違うところはありませんが、資質は感じます。
ブレックス」 そう思う。大事にしてやってくれ。
「ヘンケン」 はい。

「クワトロ」 どうだ、アストナージ?
「アストナージ」 グリプスの例のドック、戦艦を作ってますねぇ。
「クワトロ」 どんな戦艦だ?
「アストナージ」 さぁ、わかりませんよ。かなりのヤツらしいけど。
「クワトロ」 グリプスのデータのコピーは数を取っておけよ。戦闘になる可能性が強い。
「アストナージ」 え?捕まったんですか?
「クワトロ」 来たときからルナツーの部隊には捕捉されているよ、我々は。
「アストナージ」 そりゃそうだ。

「クワトロ」 カミーユ君。
カミーユ」 なにか?クワトロ大尉。
「クワトロ」 グリプスで戦艦が建造されているという情報は知っているかね。
カミーユ」 グリーンノア2で?知ってます。けど内容は全然。
「クワトロ」 だろうな。ガンダムMk-2の装甲は昔のままだというデータが出たが、本当なのか?
カミーユ」 はい、母はそう言ってました。
「クワトロ」 お母様が?
カミーユ」 はい、母は材料工学専門ですから。
「クワトロ」 ほぅ。
カミーユ」 ガンダムMk-2の次のモビルスーツには、新しい装甲を使うという事も。
「クワトロ」 Mk-2は所詮Mk-2だというのか。
カミーユ」 それについては父はジオンの技術を積極的に取り入れていくつもりのようです。

「シーサー」 居住ブロック収容。ブリッジ前傾。

「ライラ」 まだ見えないのか、エゥーゴめ。

トーレス」 モンブランも追撃艦を確認したようです。どうします、キャプテン?
「ヘンケン」 気に入らんな、コースが面白くない。バレるかもしれんが、グリーンオアシスの南へ下り、地球へ向かう。
トーレス」 はっ!
「ヘンケン」 うーん。
ブレックス」 どうした、キャプテン?
「ヘンケン」 はぁ、ちょいとグリーンオアシスに戻ることになります。
ブレックス」 そうか、どれ。
「シーサー」 はっ!
「ヘンケン」 グリーンオアシスからルナツーを避けてこうなります。初期のコースは取りません。
「シーサー」 その方がグリーンオアシス周辺の艦隊につかまらんはずです。
ブレックス」 …だな。どの道リスクはあるのだから。

「フランクリン」 敵のモビルスーツを見るだけならば、女房は関係ないだろ!?
ティターンズ兵」 現場で敵の装甲が手に入ることだって、あります。
ヒルダ」 材質調査を戦場でやれというのですか?
ティターンズ兵」 バスク大佐のご命令です。
アレキサンドリア・オペレーター」 キャプテン、フランクリン大尉、ヒルダ中尉、搭乗しました。
ガディ・キンゼー」 よし、アレキサンドリア発進する!ゲート開け。
バスク」 カミーユの両親か。ブレックスめ、見ていろ。

「ライラ」 わかっているようだね、ボスニアに信号弾を送って…。

トーレス」 発見された!
「ヘンケン」 なに?
「ライラ」 見つけたよ、エゥーゴのコソ泥め!。たった2隻でよく来るよ。はっ!何だ、あの船は。あんな戦艦は連邦軍にない。エゥーゴが自前で作ったとでもいうのか。どういうことだ。臨検する必要はあるな。受け入れるか?
「ヘンケン」 モビルスーツ、発進用意!
「ヘンケン」 砲撃用意。
トーレス」 停戦信号?
ブレックス」 停戦しろだと!?
「ヘンケン」 ふふふ、我々が軍を動かした事を、信じてないらしいな。
ブレックス」 グリプスバスクの隊でないからだ。ガルバルディが来るぞ。
「シーサー」 4機です。
ブレックス」 4機も!
「ヘンケン」 「クワトロ」 大尉、リックディアスは待機。いつでも出られるようにしておけ。減速はするなよ。
ブレックス」 おぉ!
「クワトロ」 速いな!
「ライラ」 速度は落とさない。臭いな。戦艦がモビルスーツに勝てると思うなよ。
トーレス」 来ます。
「ヘンケン」 指令があるまでは撃つなよ。
「レコア」 ガルバルディ
カミーユ」 ルナツーボスニア所属のガルバルディです。
「クワトロ」 出るかも知れんぞ。
「ヘンケン」 もう少し待て。こちらから扇動はしたくない。
「ライラ」 聞こえるか、貴艦の所属を明らかにしろ。当方の命令にこれ以上従わない場合は撃沈をする。
「ヘンケン」 我が方はエゥーゴだ。命令は聞けない。
「ライラ」 了解をした。撃沈をする。
「クワトロ」 好きなことを。
「ライラ」 こいつ!
「クワトロ」 やる!そこだ!何だと!えぇい!
「ヘンケン」 モビルスーツ隊、発進!

ヒルダ」 カミーユガンダムMk-2を盗み出したなんて、本当なのですか?
「フランクリン」 私が知る訳ないだろう。
ヒルダ」 あなたは、いつもそう。自分の事しか頭にない。
「フランクリン」 今はバスクのことを考えている。この状況が異常なことぐらい、承知している!
ヒルダ」 どうですか?マルガリータって若い女のことを考えているのでしょう?
「フランクリン」 くっ!

カミーユ」 これ、パイロット用のノーマルスーツでしょう?僕なんかが着ていいんですか?
「レコア」 仕方がないでしょう?ここにはこれしか残ってなかったんだから。ランドセルにメットのアタッチメントがあるわ。
カミーユ」 え?
「レコア」 そう、それで前へ回して。そうそう。
カミーユ」 これなら僕もパイロットで戦えそうだ。
「レコア」 馬鹿ね、格好で戦えるんだったらそんなに楽なことないでしょう?
カミーユ」 でも僕は。
「レコア」 いいのよ、あなたはここか、さっきのフロアにいなさい。
カミーユ」 レコア少尉!
「ライラ」 迂闊だったか。赤いモビルスーツ赤い彗星…!?まさか、あの赤い彗星が?気を付けろ。

「クワトロ」 邪魔をするな。どこだ?索敵チェック。取り付かれたか。
「レコア」 キャプテン、ノーマルスーツをお付けください。
「ヘンケン」 やられるつもりはない。着るものか。
ブレックス」 着るのだ。その間は私が代わる。
「ヘンケン」 被弾状況知らせ!

カミーユ」 大丈夫なのかな。

「クワトロ」 えぇい、実戦慣れした部隊だ。ようやく1機か。信号弾?
「ライラ」 ボスニアから撤退命令が出た。乗せられてしまった?あの赤いモビルスーツに。母艦の支援がないと勝てないのか。
「連邦兵」 エレーがやられました。
「ライラ」 わかっている。私に見えなかったと思っているのか。
「連邦兵」 いえ。
「ライラ」 赤い彗星が相手だったと思いたい。でなければ立場がない。

カミーユ」 すごいな、クワトロ大尉が1機落としたって?
ブレックス」 全速を出せんのか。このままでは第二波を受けるな。
「ヘンケン」 クワトロ大尉に期待しましょう。
ブレックス」 機関室の修理を急がせろ。
「レコア」 はい。
ブレックス」 あまりに速やかな撤退…。どう見る、キャプテン?
「ヘンケン」 我々の足を止めたバスクが出てきた。その上で第2波でしょう。

「ジャマイカン」 いいな、ジェリドの命令書は後続のカプセルが視界に入ったら開くのだ。
「ジェリド」 はっ!
「ジャマイカン」 エマ・シーン中尉の交渉は15分間が限度だ。いいな?
「エマ」 はっ!そのカプセルというのは強力な爆弾でしょうか?
「ジャマイカン」 そんなところだ。
「エマ」 では、初めてハイザックに搭乗する者もいるが、高度の訓練だと思え。今回の作戦はあくまでもMk-2を取り戻す交渉である。
「ジャマイカン」 明日は別の者に小隊長をやってもらうから、そのつもりで。

「エマ」 エゥーゴか。
「ジェリド」 手書きの命令書か。

「シーサー」 敵モビルスーツらしき物、キャッチ。
「ヘンケン」 来たか。リックディアスの補給は?
「レコア」 終わりました。
ブレックス」 速いな。
「シーサー」 さっきと侵入方位違います。別動隊です。
トーレス」 発光信号確認。
ブレックス」 なんだと?
「ヘンケン」 本気か?
「クワトロ」 休戦!?
「アストナージ」 はい、白旗を確認したそうです。
カミーユ」 モビルスーツが白旗ですか?
アーガマ・クルー」 そうだよ。

ブレックス」 どう思う?
「ヘンケン」 我々は時間稼ぎをする必要があります。受け入れましょう。
ブレックス」 アーガマのメインエンジンが直るまでか。

「クワトロ」 一人だ。勇敢だな。
「エマ」 「バスク」 大佐の親書を持って参りました。このモビルスーツに近づく者がいれば、あのハイザックが狙撃をします。
アーガマ・クルー」 一人で乗り込んできたらしい。
アーガマ・クルー」 モビルスーツでか?
アーガマ・クルー」 ガンダムだよ。
アーガマ・クルー」 1号機、1号機。
アーガマ・クルー」 いい女じゃないか。
アーガマ・クルー」 ティターンズだからな、パリパリの。
アーガマ・クルー」 主義者だってのか?

カミーユ」 エマ・シーン中尉って言ってた人だ。

「エマ」 バスク・オム大佐からの親書のお返事は、即答でお願いいたします。
ブレックス」 厳しいな。…なんと破廉恥な。中尉はこの手紙の内容を知っているのかね?
「エマ」 いいえ。
「ヘンケン」 だからそんな涼しい顔をしていられる。
「エマ」 カミーユ・ビダンとともにガンダムMk-2を返さない場合は…。
「クワトロ」 カミーユの両親を殺すということだ。
ブレックス」 ティターンズのやり方だよ。
「エマ」 そ、そんな。
ブレックス」 まるでヤクザだ。一軍の指揮官が思いつくことではない。
「エマ」 ま、まさか、バスク大佐がそのようなことを。
「ヘンケン」 これはバスクの直筆だ。中尉も読んだ通りなのだよ。
「エマ」 そうですが、これは軍隊のやることではありません。
ブレックス」 そうだ、ティターンズは軍隊ではない。私兵だよ。私の軍隊なのだ。
「エマ」 しかし、地球連邦軍であることには変わりがありません。あたしは、いえ、自分はバスクの私兵になった覚えはないのです。
ブレックス」 バスクのではないよ、中尉。もっと大きなもの、地球の引力に魂を引かれた人々の私兵なのだよ。
「ヘンケン」 ジオンだって思いつかんような手口だ。
「クワトロ」 しかし、単なる脅しかもしれません。
ブレックス」 バスクならやるよ。ヤツの事はこの私が一番良く知っている。

トーレス」 全く。
「シーサー」 人質を取ってんだって。
「アストナージ」 よくやるじゃないか、バスクめ。聞いたか?
アーガマ・クルー」 なんで人質が成立するんだ。
「アストナージ」 あのカミーユってヤツの両親だからさ。
アーガマ・クルー」 Mk-2と人質交換だって?
アーガマ・クルー」 Mk-2を上げろ!
カミーユ」 人質?
アーガマ・クルー」 どうなるかわからんからな!
アーガマ・クルー」 おい、知ってるか、ガキの両親が人質に取られたんだってよ。
カミーユ」 ガキって!
アーガマ・クルー」 おい、なんでパイロットスーツ着てるんだ?
カミーユ」 今の話、本当なんですか!
ブレックス」 アーガマ周辺のハイザックを撃破して、回答に代えろ!
「レコア」 え?
「クワトロ」 それは軽率です!
「ヘンケン」 バスクのやり方を認めろってのか?
トーレス」 正体不明のカプセルをキャッチ。
ブレックス」 カプセル?
「ヘンケン」 なんだ?映像を回せ。
トーレス」 はっ!
「ジェリド」 カプセルっていうのはあれか。
「ヘンケン」 監視カメラ、射出!
トーレス」 はっ!
「ジェリド」 カプセルを敵が奪う気配を見せたら、カプセルを撃破しろ。戦艦を沈めるほどの爆弾なのか。了解だ、「ジャマイカン」 さん。
「エマ」 はっ、カプセルの中に!
「ヘンケン」 人間がいるのか!?
ブレックス」 わかったろう、エマ中尉。しかしあの中には一人だ。もう一人の人質が…。
「エマ」 嘘です。あれはホロスコープです。ただの映像です。
ブレックス」 バスクはそんなことをしない男だ。
「ヘンケン」 カミーユ・ビダン、いるか?彼にカプセルの人物の確認をさせろ!
「クワトロ」 キャプテン、それは!
「アストナージ」 一度手に入れたものを渡すつもりはないよ、オレだって!
カミーユ」 ガンダムMk-23号機、出ます!邪魔はしないでくれ。オレはお袋を助けに行くんだ。
「レコア」 クワトロ大尉の言うとおりです。ここはバスク大佐の…。
ブレックス」 それはできん!
「キース・ロン」 Mk-II3号機が動いた?カミーユがやってんの?なんでだ?
「ヘンケン」 あいつが。
「エマ」 あの子が?
「ヘンケン」 やめさせろ!
「エマ」 あのカプセルに入ってる人の事、わかっているんだわ。
「ヘンケン」 むぅ。
カミーユ」 なんであんなところにお袋はいるんだ。
「ジェリド」 エマが戻った。合流信号が出るはずだが。違うか。エマは1号機のはずだ。カプセルを奪おうってんだな?
カミーユ」 いつもそうだ、いつもそうだ、いつもそうやって…。あなたは何やってんです、そんなところで!
「ジェリド」 爆弾もろとも消えて無くなれよ、3号機!
カミーユ」 あぁ!
「レコア」 あぁ!
「ジェリド」 何だ?何でもなかったのか?どういうんだ?Mk-2の装甲、何でもないのか?ん?何だ?一体何だというのだ、この不愉快さは。
カミーユ」 うっうっうっ…うあぁぁぁ!


次回予告
アレキサンドリアに戻ったエマ・シーンは、バスク・オム配下のティターンズの行動に疑問を抱いた。それが、エマの第二の目覚めの始まりだ。カミーユにとっても、彼女は新しい恋人か?次回、機動戦士Zガンダム、エマの逃走。君は刻の涙をみる…