アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム第4話「「エマの脱走」全セリフ

機動戦士Zガンダム第4話「「エマの脱走」全セリフ

カミーユ」 うううう、うあぁぁぁぁ!
アーガマ整備クルー」 エマ中尉が1号機に取り付くぞ。
ブレックス」 許可をした、構うな。
「エマ」 3号機、早まらないで。
「クワトロ」 まずいな、カミーユ
カミーユ」 うぁぁぁ!
「ジェリド」 こいつぅ!
カミーユ」 こいつだ、こいつだ!こいつがやったんだ!
「ジェリド」 しまった。撃ち尽くした。スペア!
カミーユ」 こいつぅぅ!
「ジェリド」 こいつ、やっぱりエゥーゴか!うっ!撃ってこない。
カミーユ」 貴様か、母さんを!
「ジェリド」 母さん?何を言ってるんだ、こいつ?
「クワトロ」 離れろ、カミーユ君!
「エマ」 ジェリド、手向かわないで。3号機の中にいるのは子供なのよ。

「ライラ」 ハイザックエゥーゴのものという情報はないな?
「連邦兵」 は、ないはずです。
「ライラ」 はずでは困る。確定情報が欲しい。
「連邦兵」 ありません。
「ライラ」 ん?

「アポリー」 後続を遮断しろ!
カミーユ」 殺すことは…なかったんだ!殺すことはなかったんだ!
「ジェリド」 …この声!なんだ!?カミーユとかって、女みたいな名前の。あんな子供に!
カミーユ」 バルカンの方が!ああっ、弾が!あっ!
「エマ」 カミーユ、ジェリド、離れなさい。
カミーユ」 邪魔するな!
「ジェリド」 エマ!
「エマ」 やめなさい、カミーユ
カミーユ」 ほかに武器は、武器はないのか?
「エマ」 ビーム…
「ジェリド」 …サーベル!エマ!
「エマ」 あれか?さっきの攻撃は。
「ライラ」 敵か?見方か?何のマネだ。
「エマ」 ティターンズです。無益な戦いは互いに好ましいものじゃない。もう少し敵に考える時間を与えるんだ。

「ヘンケン」 錯乱しているな、カミーユ・ビダン
「クワトロ」 これでは不利です。
ブレックス」 私にバスクの言いなりになれというのか。
「クワトロ」 止むを得ません。
ブレックス」 バスクが、あのバスクがそこまで来ているんだぞ。
「クワトロ」 エマ・シーン中尉が戦いを嫌がっております。
ブレックス」 わかるものか。
「クワトロ」 わかります。
ブレックス」 ティターンズを信用するのか!?
「クワトロ」 彼女は信用できます。
「ヘンケン」 私もクワトロ・バジーナ大尉の意見に賛成です。
ブレックス」 キャプテン!
「クワトロ」 では!

「クワトロ」 家族共々死刑になるぞ、停戦信号の見落としは!
「クワトロ」 やめろ、カミーユ君。戦いは終わったんだ。
カミーユ」 離せ、邪魔するな!ああ!?待てよ!貴様!
「クワトロ」 気を静めるんだ、カミーユ君。
カミーユ」 うるさいよ、離してくれ!
「エマ」 「カミーユ」 ・ビダン、やめなさい!男のヒステリーはみっともないわ!
カミーユ」 目の前で…目の前で親を殺されたんだぞ!よくもそんなことが言える!
「クワトロ」 よせ!これ以上カミーユを刺激するな。
「エマ」 でも。
「クワトロ」 ガンダムは渡す。
「エマ」 そ、そうですか。
「クワトロ」 中尉、頼みます。
「エマ」 クワトロ・バジーナ大尉ですね?よろしいのですか?
「クワトロ」 でなければ停戦信号などは出さんよ。しかし、カミーユの状況が心配だ。私は外に出る。
「エマ」 大尉、私も。

「クワトロ」 開けろ、カミーユ!大丈夫か?
「エマ」 「カミーユ」 !

「ライラ」 ガンダムMk-2の回収をする話がついたのか。

ブレックス」 フランクリン・ビダンを生かしておくことは、決して無駄なことではない。将来こちらのテリトリーに引き込むことだって可能なわけだ。そういうことか。
「クワトロ」 それで納得していただけるのならば、そう思ってください。
ブレックス」 エマ・シーンは、ニュータイプなのか?
「クワトロ」 自分にはわかりませんが、ティターンズではないと思えます。

「ジャマイカン」 大佐。
バスク」 これで戦力が倍増したわけだ。一気にアーガマを潰せるな。
「ジャマイカン」 はっ!やってみましょう。

「エマ」 まだか?
ティターンズ整備兵」 中からキーを固定しています。
ティターンズ整備兵」 解除用のコードを送り込んでいます。開きます。
「エマ」 やっと会えたわね、カミーユ。答えなさい、ヒルダ中尉は乗っていたの?いたの?いなかったの?
カミーユ」 見ればわかるでしょ?
「エマ」 ホロスコープじゃなかったのね?
カミーユ」 3号機の指を見ればわかるでしょ。
「エマ」 指?
カミーユ」 離せよ、人殺しども!行けって言うんなら一人で行くよ!…父さん!?
「フランクリン」 カミーユ!?カミーユ…。
カミーユ」 父さん、母さんが死んだよ。
「フランクリン」 え?
カミーユ」 軍の作戦で殺されたんだ。この目ではっきり見た。
「フランクリン」 本当なのか?
カミーユ」 父さんと母さんは人質だったんだよ。ふふふふ。
「フランクリン」 カミーユ
カミーユ」 これで若い恋人と上手くいくね、マルガリータとかってさ?
「フランクリン」 やめないか!
カミーユ」 本当のことだろ!
「フランクリン」 な、何で母さんが死んだんだ。え!?
カミーユ」 知らないよ!オレには…。オレは母さんを助けようとしただけで、その母さんをやったのは、この船に乗っている連中なんだ!

バスク」 愛人か…。
「フランクリン」 バスク大佐が犯人だというのだな?
バスク」 愛人にとっては都合が良かったのではないのか?
「フランクリン」 あ、あぁ。

「ジェリド」 母さん…母さんかい?オレは知らなかったんだ。あのカプセルの中に君のお袋さんがいたなんて。まだオッパイが恋しい年頃だったんだもんな。
カミーユ」 くっ!
「ジェリド」 殴ってもいいんだぜ。いつかの空港のときみたいにな。
カミーユ」 そうだな…。軍人の宿命だものな。軍人は事態の善悪などわからずに、上官の命令に従うんだものな。許してやるよ。僕はあなたが操るハイザックを抑えてみせた。それでもこうなってしまったのは、軍という組織の性だ。そういう組織を憎むことを、僕は今日覚えたんだ。
「ジェリド」 待て、貴様!
「エマ」 おやめなさい、あなたの負けよ。悔しかったら、ティターンズらしく自尊心を持ってやることをやったら?

バスク」 どうだろう、中尉?
「エマ」 は?
バスク」 私だって人質など使いたくはない。今度は君のやり方を見せてもらえんか。
「エマ」 私のやり方?
バスク」 正攻法で、アーガマの新型モビルスーツを略奪してもらいたいのだ。中尉ならできるはずだ。私に意見をするほどの、器量をお持ちだからな。
「エマ」 しかし。
バスク」 なにも一人でとは言わない。ライラ隊との共同戦線を張ることを許可しよう。3機のガンダムMk-2を使っても良い。
「ジェリド」 大佐、ガンダムMk-2を使わせていただけるのならば、自分が汚名挽回をしたく…。
バスク」 汚名挽回?その言葉は実績を見せた者がいうことだ。どうかね、エマ・シーン中尉?

「クワトロ」 はい、エマ中尉の戻る事は想定しております。
「ヘンケン」 准将は期待しておられんが、この空域でしばらく待機をする。私もエマ中尉にもう一度会ってみたいな。
「クワトロ」 それは私もです。

ティターンズ兵」 …?ぬあぁ!
「エマ」 ガンダムMk-2の操縦はできますね?
「フランクリン」 もちろん、あれを開発したのは私ですから。
「エマ」 奥様を亡くされたご心痛はお察しします。
「フランクリン」 いや…。
「エマ」 私と、アレキサンドリアを脱出なさいませんか?
「フランクリン」 エゥーゴへ?つまりアーガマへ行く訳ですな?
「エマ」 はい。
「フランクリン」 断ったら…。わかりました、行きましょう。

カミーユ」 は!
「エマ」 アレキサンドリアから脱出するわ。ついてくる勇気あって?
カミーユ」 あなたも?
「エマ」 もちろん。勇気があって?
カミーユ」 ありますよ、嘘でないのなら。
「エマ」 当たり前でしょ。
カミーユ」 子供じゃありません。ついてゆけます。
「エマ」 ごめん。
カミーユ」 オヤジも誘ったんですか?
「エマ」 いけない?ノーマルスーツルームまでは私に連行されたような顔をしてください。
「フランクリン」 わかった。
カミーユ」 (どういうつもりなんだ、オヤジ?)

「エマ」 支度遅いぞ。
「カクリコン」 興奮しなさんな。初めて小隊の指揮を…。
「エマ」 急いで!
「カクリコン」 どうしたんだい!?
「エマ」 大佐の命令でね。
カミーユ」 でえぃ!
「カクリコン」 うおぉ!
「フランクリン」 急がないと。
カミーユ」 はぁはぁ。
「エマ」 よくやったわ。
カミーユ」 僕のノーマルスーツは…。
「エマ」 そんなの着れるわけないでしょ?
「フランクリン」 カミーユ、お前はエゥーゴの新型モビルスーツにはもう乗ったことがあるのか?
「エマ」 おしゃべりはアーガマに着いてから。あ、誤解しないで。私はあなた方に同情してこれを決行するんじゃないんだから。
カミーユ」 わかってますよ。
「エマ」 パイロットらしく背筋を伸ばしてください、大尉。

「ジェリド」 お揃いか?
「エマ」 悪く思わないで。
「ジェリド」 戦闘小隊長殿の気分ってどうだ、エマ中尉?
「エマ」 悪くはないわね。
「ジェリド」 そうだろうよ、デーババロ中尉とカクリコン…。カクリコンがあれか。カクリコン中尉。
「艦内アナウンス」 各自チェック!確実にやれよ。ガンダムMk-2の初めての実戦だ。
「ジェリド」 一度扱ってんだから、落ち着いてな。アーガマって船は…おい、カクリコン!どうした?エマどうした?早いぞ!ハッチは開いてないんだぞ、どうしたんだ!?3機ともどうしたんだ?エマ!エマ・シーン中尉!
「エマ」 ハッチを開けろ、開けないと撃破する。
アレキサンドリア整備兵」 何言ってんだよ。手順が違うぞ。
「エマ」 ノーマルスーツを着用していない者はエアロックへ入れ。
アレキサンドリア整備兵」 うあ、あぁぁ!
「エマ」 もう一度言う、ハッチを開けろ、開けなければ爆破する。フランクリン大尉、エンジンは?
「フランクリン」 りょ、良好だ。
「エマ」 カミーユ君は?
カミーユ」 ラジャー。
アレキサンドリア管制官」 エマ中尉、どうしてだ?
「ジェリド」 管制官、開けるな。カクリコン中尉じゃないんだ。
バスク」 ん?なんだ?
「エマ」 今度はビームライフルを使う。

バスク」 今の振動はなにか?
「ジャマイカン」 エマ中尉がガンダムMk-2を勝手に!
バスク」 なんだと!カクリコンとデーバーは?
「エマ」 2号機、3号機、続いて。
「フランクリン」 わかってる、行きたまえ。
「エマ」 行きます!
「フランクリン」 いい振動だ。行くぞ!
カミーユ」 親父、うまいじゃないか。カミーユ、行きます。

バスク」 どういうことなんだ、エマ中尉の謀反か?
「ジェリド」 カミーユ・ビダンとフランクリンをエマ中尉が連れ出したのです。
「ジャマイカン」 フランクリン大尉も?
バスク」 女狐め。

「フランクリン」 かすめた!?
カミーユ」 当たることなんてないだろ!
「ライラ」 ふ、捕まえるよ!
「フランクリン」 心配しないでくれ、エマ中尉。ノズルの1本くらい使えなくても干渉はしない設計になっている。
「エマ」 では、ついて来れますね。
「フランクリン」 もちろん。最大戦速はないが。
カミーユ」 冗談じゃない!そんなことやっていたら追いつかれちゃう。
カミーユ」 来た!
「エマ」 カミーユ、コースは2号機が固定してくれてる。外れたら迷子になるわよ。
カミーユ」 了解。
「ライラ」 よくやるよ、ガンダム同士連れ立って。
カミーユ」 速いな、追っ手。親父は結局、いつも邪魔するんだ。当たれ!
「エマ」 ビームライフルのエネルギーパックは無限じゃないのよ。もっと冷静に!
カミーユ」 はい!

「ヘンケン」 クワトロ大尉の勘が当たった。閃光の方位・距離を検索しろ。
ブレックス」 本当にMk-2が戻ってきたのか!?
「ヘンケン」 まだわかりません、がそうでしょうな。
ブレックス」 そうであってくれ。クワトロ大尉は?

カミーユ」 なんでライフルを撃てないんだ!?自分で開発したモビルスーツだろ?
「フランクリン」 バルカンもあったな…。
「ライラ」 3号機か。援軍?アレキサンドリアからの援軍はどうした!?速いっ!はっ!
カミーユ」 何でエネルギーが切れちゃったんだよ?逃げられちゃったじゃないか。
「クワトロ」 ガンダムMk-2が3機。誰が戻ってきたのだ?
「エマ」 クワトロ・バジーナ大尉のモビルスーツ
「フランクリン」 エゥーゴモビルスーツだ。

「クワトロ」 よく来たな。
カミーユ」 エマさんのおかげです。
「クワトロ」 ん?エマ・シーン…。
「エマ」 クワトロ・バジーナ大尉…。
「クワトロ」 エマ中尉、申し訳ないが私には君の心変わりが信じられない。ティターンズといえば選ばれたスタッフだからな。
「エマ」 わかります、クワトロ大尉。
「クワトロ」 何があったのかね、ティターンズで。いや、違うな、君の中でだ。
「エマ」 別に。あたしは自分が信じるように生きていたいというだけで、何も変わってはいません。
カミーユ」 そうです、エマさんはいい人です。
「クワトロ」 フランクリン・ビダン大尉!?
カミーユ」 父さん!?…父さん!
「フランクリン」 いいモビルスーツだな、これは。
カミーユ」 今は、どういう時だかわかんないんですか…。

次回予告
子供の心を分からない親がいた。カミーユの父フランクリンは、シャアのリック・ディアスを奪い、アーガマを脱出した。カミーユは、最後の血の繋がりが宇宙に散っていくのを見つめるしかなかった。次回、機動戦士Zガンダム、父と子と・・・。君は刻の涙をみる・・・