アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第1話 Gファイト開始!地球に落ちたガンダム

 

 

機動武闘伝Gガンダム 第1話 Gファイト開始!地球に落ちたガンダム

機動武闘伝Gガンダム 第1話 Gファイト開始!地球に落ちたガンダム



 

ストーカー:この日、かつて美しさをほこっていた地球に、無数の輝く物体が落下していくのが見えた。あるものはネオアメリカへ。あるものはネオチャイナへ。そして、ネオロシア、ネオフランス。 それらは地球に残ったふるさとを目指して散っていく、美しい花の輝きにも見えた。だが! ここに、まったく違った方向を目指すひとつがあった。

ソフィア:ん…はぁぁ!

犬:キャン! キャンキャンキャンキャーン!

ミケロ:へっ…来たかぁ…へっへっへっへっへっ なりやがったぁ! へっへ! なりやがったぜ! 待ちに待った、ガンダムファイトのゴングがよぉ! ふっはっはっはっはっは! ふふふっ! ふふふっ! ふっはっはっはっはっはっはっ! はぁーっはっはっはっはっはっ! ふっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ!

ベルチーノ:ふっ見ろよ! こいつは冷却装置でも持ってんのかぁ? それに逆噴射で安全に降りたつもりかもしれんが…

メジナ:これじゃ観光地もオジャンですね警部。

ベルチーノ:ふっ だがなぁ。 それは60年前の事さ。 フゥー… なにがガンダムファイトだ。 コロニーの連中は下の事なんかなーんにも考えちゃいない。

メジナ:まったく地球をなんだと思っているんですかねぇ…

ベルチーノ:どうせ汚れきって使い物にならない土のかたまり程度にしか考えていない。そんなご時勢さ… さて、こいつの持ち主でも探しに行くか。

メジナ:はっ!

キャスター:本日未明、スペイン広場に落下した隕石は、調査の結果、ガンダムファイトに関係のある事が判明しました。そのため、落下物を中心とする、半径5キロの範囲が、超1級危険地帯に指定されております。

ミケロ:いいか! あの隕石のGFは、必ずこの町のどこかにいる! 探し出せ! そしてガンダムファイトスタートの、のろしがわりに血祭りにしてやれぇ!

手下:うぉぉぉ!おうおう!

店のマスター:そうです。見慣れない奴が1人…

ポロー:うわぁぁ! こっちには札束が入ってらぁぁ!

マルコ:ダメダメ! こんなのこうなったらただの紙クズ! やっぱこれよ!

ポロー:宝石かぁ! こんなんだったら、いつもガンダムファイトってのやってくんないかなぁー

ソフィア:あっ

店のマスター:すいませんねぇ。 お待たせしちゃって。でもお客さんも行き先の無いクチですかぁ? まっ、どうせガンダムファイトが始まっちまえばどこへ逃げたって同じですがねぇ。

ドモン:なぁ…この男、町で見かけなかったか?

店のマスター:……いいえぇ

ドモン:3ヶ月ぐらい前になるんだがなぁ…

店のマスター:見てないねぇ。

ドモン:そうか…

ソフィア:あ…あの…お…落ちたよ…

アンドレ:どぉぉれ…

ソフィア:きゃあああっ!

アンドレ:ほぉぉ… こいつは子供には勿体無いなぁ。 はっはっはっはっはっはっ なあ兄ちゃんもそう思うだろ?…うわあおおお…

手下:兄貴!兄貴ぃ!兄貴!

アンドレ:うっうっうっ… このやろぉ!

ドモン:はぁぁぁぁっ!

手下×2:うああああ!

ドモン:とう!

アンドレ:うぉぉぉぉぉ… うわぁぁぁ!

手下:うっ! うぁぁぁ ぬっ おおおおっ

マルコ:うわああ…

店のマスター:おお!

手下:ぐぅおおお!?

手下:ううううっ!

ドモン:はあっ…

手下:やっろぉぉぉ! くぅあああっ! どぅああっ!

アンドレ:うう… ああああっ!

ドモン:んんっ!

アンドレ:ぐっああああっ! あうっあっあああ…

ドモン:言えっ! お前たちの仲間に、この男はいないか!

アンドレ:う…うううっ

ドモン:どうなんだ!

ドモン:んんっ!?

ベルチーノ:もうそこいらでいいだろうぉ…

アンドレ:うあああ…

ベルチーノ:何度もいうが俺達はなぁ…街を荒らされる前に広場に落ちているでっけぇ荷物の持主に早くでていってもらいたいだけなんだよっ! どうだ? 腹が減ったか? んんっ… 我慢するな! お前がガンダムファイターだって白状したら食わしてやってもいいんだぞ? ええっ!? ほらっ!

メジナ:警部! その男の身元引受人が…

ベルチーノ:なにぃっ!?

メジナドモン・カッシュ… 国籍ネオジャパン… ただの旅行者…

ベルチーノ:いずれにせよ、この町から1時間以内に出てけ! いいなっ!

レイン:まったく…それさえ忘れていなきゃ、疑われずにすんだのに。 えっ? もう。 でも、ガンダムファイトって本当に嫌われているのね。まっ戦いになる度に町を壊されちゃたまらないものね。 んんっ… 仕方無いわ。 特に私達の場合は… ごめんなさい。 でもっ!

ポロー:お兄ちゃぁぁぁぁぁぁん!

子供たち:へへっ

マルコ:今さ、警察へ行ったら釈放されたって聞いてさ。

ソフィア:あ、はいっ! これ…

ポロー:差し入れだよっ。 さっき助けてもらったお礼さ。

マルコ:といっても、パン屋に置きっぱなしになってた奴だけど。

レイン:ありがとう。 でも、あなた達ご両親とはぐれちゃったの? 早く避難しないと…

マルコ:母ちゃんたちは… 前のガンダムファイトの時に…

レイン:そぉ… じゃあ今夜は一緒にどう?

子供たち:えええっ!?

マルコ:そうかぁ… ホテルの連中もみんな逃げちゃったんだ。でもさぁ。 まずいんじゃない?

ポロー:きっとさぁ、今ごろ兄ちゃんの事、ボスのミケロに報告してるよっ。

ドモン:お前、そのミケロを知っているのか?

マルコ:知ってるも何も、この国のガンダムファイターだよっ!

ポロー:でもさぁ。本当はあいつマフィアのボスだったんだ。それがファイターになった時から、もうやりたい放題でさぁっ。 どうしてあんなのが国の代表になっちゃったんだろう…

ドモン:強いからだ。

ミケロ:ひっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ!

ポロー:ああっ?

ミケロ:その通りだっ!

レイン:なぁに…?

ドモン:さがれっ!

子供たち:うわぁぁぁぁぁぁ…

ドモン:ああっ… ガ…ガンダムッ!?


アイキャッチ) 


ドモン:ガ、ガンダム!?

ミケロ:ふっはっはっはっはっはっはっはっ! さんざん俺様の部下をかわいがってくれたそうじゃねぇか。 ええっ? ネオジャパンのファイターさんよぉ… こいつはお礼をしなくちゃいけねぇやなっ! この脚でよっ! ちやぁぁぁぁっ!!

子供たち:ああっ!

ドモン:うぉぉぉっ! てやぁぁぁ!

ミケロ:ほぉう さすがはガンダムファイターに選ばれた男。

ドモン:ほぉぉっ!

ミケロ:おっと!こいつを見てもらおうか!

ポロー:ああっ!

マルコ:ソフィア!

ミケロ:こいつを返して欲しけりゃ俺たちのアジトまで1人で来い。 てめぇのガンダムなんざ連れてくるんじゃねえぞ!  ただしここから生きて出られればの話だがな! 撃てぇ!ネロスガンダム

ドモン:レイン!

レイン:ええっ!

ベルチーノ:なんだ! この音は! や…やりやがったなぁ…

ドモン:行ったか?

レイン:大丈夫のようね。 まさかファイトのスタート前に、ガンダムを動かすなんてね。 ごめんなさいね。 でも大丈夫よ。 私が、ガンダムファイト委員会に掛け合ってみるわ。

ドモン:やめとけ。 どうせ規定外のことだ。言っても無駄だろ。

マルコ:じゃあソフィアは!?

ドモン:関係ない。

マルコ&ポロ―:ええっ!

ドモン:俺はただ、奴と戦うだけだ!

ベルチーノ:そうはいかんぞ… これ以上貴様等に町を荒させはせんぞ! ガンダムファイター! ふふふっ。 メジナ! こいつと女を見張ってろ!

メジナ:はっ!

ベルチーノ:人質を取り戻すのはこのワシの役目でな!

アンドレ:あの男、本当に来ますかね…

ミケロ:ああ…奴は必ず来る。

メジナ:どっあっあああっ…ガハッ!

マルコ:ねえ! ソフィアを助けてくれるんじゃなかったの?

ベルチーノ:黙っていろ! いいか! あいつらがいなければこんな事にはならないんだ!

マルコ&ポロ―:ええっ…

ベルチーノ:そうだとも… ガンダムファイターなんざクズ同然だ! そのクズがいなくなれば…

アンドレ:来た! 来ましたぜボス!

ソフィア:はっ…

ベルチーノ:はぁっ…あの野郎!

手下:止まれぇ! 止まれってんだよ!

ミケロ:貴様ぁぁ… アンドレ

アンドレ:へい!

ベルチーノ:いかんっ!

ミケロ:ん!? ちゃぁぁぁ… ちゃああ!

ソフィア:ああっ!

マルコ:あっ! ソフィア!

ソフィア:あああーっ!

ドモン:どぅ!

ミケロ:ちっ! 撃てぇぇい!

アンドレ:ふん… んっ? あ…あの紋章!! あいつがコロニー格闘技の覇者、キング・オブ・ハート! ドモン・カッシュ

ミケロ:うう… マジかよぉ…

アンドレ:ボ、ボースー! 俺たちじゃかないっこありませんぜぇ!

ミケロ:えぇーい、うるせぇぇ!

アンドレ:うああああ!

ミケロ:立つぞぉ! ネロスガンダァァム!

手下:うあああっ…!

ドモン:おっさん!

ベルチーノ:んんっ?

マルコ:ソフィア!

ポロ―:大丈夫か?

ソフィア:んっ!?

ミケロ:今度こそ踏み潰してやる!

ドモン:とうっ! レイン! 出せっ!

ミケロ:ぬぅぅ!?

ドモン:ううっ、出ろぉぉぉぉぉ! シャイニングガンダァァァァムッ!!

ミケロ:出やがったなぁぁ…

ドモン:う…うう…う…うう…うあああ…ぐっ! うおおおおお!! ぐううううう!! うっぐっ!! はぁぁぁ…

MTS:モビルトレースシステム、セットアップ! 脳波、血圧、心拍数、呼吸、体温、代謝機能、オールグリーン!

ドモン:はぁぁぁ… ふん!へい!はっ!はいっ!ふん!ふん! ふぅん!!てぇぇ…!たぁぁ!はっ!うぉぉぉぉ…ぬぅぅぅぅん… ふんっ!

コンピュータ:ガンダムファイト、ファイティングシグナル確認。これより第13回大会、スタートします。

ミケロ:こうなりゃ! ガンダムファイトォスタンバイ!

ドモン:レディィィィ…ゴォォォッ!!

マルコ:ううっ!

ベルチーノ:やつらとうとうおっぱじめやがったか!

ミケロ:にぃぃがすかぁ!

ドモン:くぅぅぅ! うっ!

ミケロ:喰らえぇぇ!

ドモン:うあああっ! くうっ!

ミケロ:えぇぇい… 隠れたか! ふん! ならばこの銀色の脚でいぶり出してやるぜぇい! うああああああ! チェスタァァァァ!!

ドモン:くうう!

ミケロ:うっはっはっはっ! うーいぇぃ! うぅーっはっはっはっ!

ベルチーノ:えぇい…このクズどもがぁ…

ソフィア:でも、あのお兄ちゃんは、助けてくれたよ!

ベルチーノ:いいや! よく見ろ! 宇宙のコロニー同士の全面戦争を避けるために、ファイトと称して、コロニー各国が代表のガンダムを地球へ送り出し、戦わせる… そして闘って!闘って!闘い抜いて!勝ち残ったガンダムの国が、一方的に宇宙の権利を握るんだと… ふざけやがってぇ… 地球をゲーム盤のようにしか考えていやがらねぇ! だがなぁ… ここに残った連中はどうなる? 俺が、お前くらいの頃だ… あの日、俺たちを残して勝手に宇宙へ上がっていったやつらぁ… あの時よぉぉくわかったよ。 俺たちは見捨てられた、人間だってな… だがな、これ以上この地球を、俺たちの生まれた町を! 馬鹿にされてたまるかぁ! ぬぅおおおっ!? あああっ…

ドモン:ぐぅぅ…

ベルチーノ:あああっ…

ミケロ:なっ、なにぃぃっ!?

ドモン:貴様が銀色の脚ならば! 俺は黄金の指!

ベルチーノ:ううっ!?

ミケロ:うああああっ!!

ドモン:ひぃぃぃっさぁつっ! シャァァァイニングゥ! フィンガァァァァァ!!

ミケロ:どぅああああ…あああっ!

ドモン:ガンダムファイト、国際条約第1条! 頭部を破壊されたものは、失格となる!

ミケロ:うおおおおお……

ドモン:まだだ! お前には聞きたい事がある!

ミケロ:う…ううっ!? な、なんだこれは…うおっ!

ドモン:この男を知っているか!

ミケロ:しっしっ知らねぇぇよ! どぉう! うおお! 知らねぇ!知らねぇ! そんな奴は知らねぇ! 知らねぇよっ!

ドモン:そうか… ガンダムファイト、国際条約第2条!

ミケロ:コ、コックピットはねね… ねらっちゃまずいぃ!

ドモン:命を拾ったな… ミケロ・チャリオット…

マルコ:あーあっ。 ミケロもファイター失格になったら、ただの人か。

ソフィア:んあっ! お兄ちゃん! あれっ? 一緒に行かないの?

レイン:私は、ガンダムの修理があるし、大丈夫! あの人の行き先はひとつ、地球の上よ。

ベルチーノ:ガンダムファイター! ドモン・カッシュ

ドモン:んっ!

ベルチーノ:約束したピザだ!

ドモン:ふっ!

ベルチーノ:ガンダムファイトの夜明けか… また嫌な1年が始まりやがった。

 

(次回予告)

みなさんおまちかねっ! アメリカンドリームをかなえた男、チボデー・クロケットが、ふるさとニューヨークに帰ってきました! 彼の、ガンダムマックスターに挑戦する、ドモン・カッシュ! しかし、その裏では陰謀を企てる男たちが、ドモンに、恐るべき罠を仕掛けていたのです!  次回! 機動武闘伝Gガンダム!「唸れ! 夢を掴んだ必殺パンチ」に! レディィィ…ゴー!