アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

戦闘メカ ザブングル 1話 命をかけて生きてます

戦闘メカ ザブングル 1話 命をかけて生きてます

戦闘メカ ザブングル 1話 命をかけて生きてます

 

戦闘メカ ザブングル 1話 命をかけて生きてます

 

ラグ
「近すぎるよ。もっと離れて」
ブルメ
「くそっ!」
チル
「何やってんの?」
ダイク
「うるせぇ」
ラグ
「ブルメ! よく狙って」
ダイク
「撃て!」
チル
「てぇい!」
ブレーカー
「サンドラットのチビ共が!」
ラグ
「くっ!」
ブレーカー
「うわぁっ!」

「右だ!」

「左!」
ラグ
「ブルメ、チャンスだよ」
ブルメ
「分かってる」
「外れた!」
ブレーカー
「うわぁぁっ!」

「おぉっ……!」
ラグ
「んっ!」
ダイク
「ラグ、無茶すんな!」
ジロン
「ん、うるさいなぁ……」
「んん、うぅっ……!」
「まだ、生きてる……」
「ん?」
ラグ
「えいっ!」
ブレーカー
「こいつ!」
ラグ
「あぁぁっ!」
「えぇいっ、あぁっ……このぉっ!」
「あぁっ……くっ!」
ブルメ
「ラグ! 大丈夫か?」
ラグ
「私はいいよ! 早く追っ払うんだ!」
「幾ら、弾持ってんだぁ?」
ジロン
「低くしろ!」
ラグ
「あっ……!」
「アタシのホバギーじゃないか……ぁっ!」
ブレーカー
「くそっ!」
「おぉっ、あぁっ、このぉっ……!」

「うっ……?」
ジロン
「へへっ……!」
ブレーカー
「このっ……うわぁっ!」
ジロン
「あと一人か」
ブルメ
「お前は?」
ジロン
「援護してくれりゃいいんだ」
ブルメ
「何だぁ?」
ブレーカー
「うぅっ……!」
ジロン
「へっ……!」
ブレーカー
「へへっ……」
「わぁぁっ! 離しやがれぇ!」
ダイク
「お~ぉ……」
チル
「何?」
ラグ
「ふうっ……」
ブルメ
「ラグ、誰だい?」
ラグ
「知るもんかい、あんな馬の骨」
チル
「あぁ!」
ダイク
「見えたのか?」
ブルメ
「ラグ」
ラグ
「ちっ! 様子を見るんだよ」
ブルメ
「了解」
ラグ
「ダイクとチルは、ウォーカー・マシンから貰える物を貰っときな」
ダイク
「了解」
ブルメ
「こいつ、気絶してやがる」
ラグ
「気絶ぅ?」
ブルメ
「おい起きろよ、馬の骨」
ラグ
「やられたのかい?」
ブルメ
「さぁね」
「おい」
ジロン
「うわぁぁっ!」
ブルメ
「あっ……」
ジロン
「うぅっ、うぅっ……」
ラグ
「どうしたんだよ、おい」
ジロン
「ちょっと腕をね……」
ラグ
「骨折ぐらいしてそうだよ?」
ブルメ
「へぇ」
ラグ
「そんなんで、よくやったもんだ」
ジロン
「親父が、お、女は大事にしろって……」
ラグ
「へっ……?」
ブルメ
「ははっ……!」
ラグ
「可笑しかないよ!」
ブルメ
「だってよ、ははっ……!」
ジロン
「水を……そのぐらい、いいだろ?」
ラグ
「ブルメ、水筒」
ブルメ
「ははっ……!」
ダイク
「一発も残ってないじゃないか」
「チル、コンピュータ・コア外せるか?」
チル
「抜けた、抜けた! そらよっ!」
ダイク
「まだ使える。焼けてないし、新品じゃないか」
チル
「他には何もないよ、新しい部品は」
ダイク
「いい。いいから降りてこい」
チル
「んっ……」
ダイク
「わざわざ、このコンピュータ……あっ!」
「うわっ……あぁっ……!」
ブルメ
「水筒、返してくれよ」
ジロン
「ん?」
ラグ
「あんた、どこに行くのさ?」
ジロン
「バザーに行くんだ」
ブルメ
「一人でか?」
ジロン
「あぁ。お前らのように、ウォーカー・マシンを頂こうと思ってさ」
ブルメ
「お前一人でか?」
ジロン
「あぁ」
ブルメ
「バッカじゃないか、お前?」
ダイク
「マシンなしでそんな格好でバザーに行ってみろ。追い出されるか、やられるかのどっちかだぜ?」
ジロン
「行ってみなきゃ分からないだろうが」
「水、ありがとうよ」
ラグ
「ふ~ん……」
ブルメ
「引き上げようぜ」
ダイク
「あぁ」
ラグ
「ブルメ!」
ラグ
「きゃっほ~い! ははっ、ははっ……!」
ブルメ
「あ~あ、はしゃいじゃってよ。こんな馬の骨、どこがいいんだかね?」
ジロン
「何か言ったか?」
ブルメ
「いや。痛むのかい?」
ジロン
「何、大した事ない」
ブルメ
「そら良かった」
「お~っと!」
ジロン
「うわぁぁっ!」
ブルメ
「あぁ、ワリワリ! まただ!」
ジロン
「あぁっ……!」
ブルメ
「大丈夫か? おい、大将大将……しっかりしてよ」
ラグ
「ブルメ、わざとやったね?」
ブルメ
「まっさか」
ラグ
「狡辛い事やるんじゃないよ!」
ダイク
「ラグ、バザーだバザーだ」
ラグ
「ブルメ、一等始めに医者を探すんだよ」
ブルメ
「大将、バザーだよ。気に入ったウォーカー・マシンはありそうかい?」
ジロン
「結構、賑やかだな」
ブルメ
「カーゴのバザーだからな」
ゲラバ
「子供だけじゃ、駄目だ駄目だ! ブルー・ストーンは持ってきちゃいないんだろ?」
ラグ
「キャリング・カーゴさんとこの雇われブレーカーさんが、そんなにお堅いのかい?」
「病人が居るんだよ? いいじゃないか」
ゲラバ
「おっと、いいだろう。騒ぎは起こすなよ」
ラグ
「すまないね」

「……子供にしちゃ、エラいバズーカ持ってんじゃねぇか」
ゲラバ
「子供だけで食ってんだから、いいじゃないの」

「表、出ろ! 表……」

「ウォーカー・マシンだけでやろうってのか? 面白ぇ!」
メディック
「診てもらいたいじゃと?」
ラグ
「だからさぁ、金塊がこれだけあるっていうんだよ?」
メディック
「ふむ、どこに落ちてたんじゃ?」
ラグ
「アタシ達の汗の結晶だよ」
「ジロン」
ジロン
「どういうつもりだよ。金を使って」
ラグ
「いいじゃないか」
メディック
「ほら、見せろ」
ジロン
「右腕が痛いんだ」
メディック
「ふむっ……」
ジロン
「うわぁぁっ!」
キャリング
「どうだ? ザブングルは」
ホーラ
「私の趣味じゃありませんね。若い者にでも使わせちゃどうです? 私にはプロメウスがあります」
キャリング
「ははっ……。ん?」
「バザーの邪魔だ。ザブングルで止めてみせろ」
ホーラ
「は?」
キャリング
「やってみせろよ」
ホーラ
「はぁ……」
メディック
「一週間はギブスを外すんじゃない」
ジロン
「分かったよ。臭いな、この服……」
メディック
「文句言うな、くれてやるんじゃ」
ジロン
「捨てるつもりだったんだろ?」
メディック
「んっ……」
ジロン
「メディックさん、じゃ……」
ラグ
「じゃあね~」
メディック
「ふっ……。ん? 金が……あいつらっ!」
「どっこに居んだぁ? どこに、くそぉぉっ……!」

「頭痛の薬くれ、先生」
メディック
「邪魔じゃ!」

「ほら、患者は俺だぜ? 先生」
ラグ
「ははっ……。お宝、お宝!」
ジロン
「どうせすぐ見付かっちゃうぜ?」
ラグ
「三日間逃げ切りゃそれっきりだし、直に自分の手で受け取らなかった医者がいけないのさ」
「それに何でアタシが、あんたの為にお金を使わなきゃいけないのさ?」
ジロン
「そりゃそうだ」
ラグ
「どう? 目星いウォーカー・マシンはあったかい?」
ジロン
「凄い! まるで人間並の動きじゃないか」
ラグ
「でも人形みたい。華奢じゃない?」
ジロン
「いや、あの手を見たろ? 人間そっくりだ」
ホーラ
「お前ら、キャリングの旦那のバザーの目の前で、よくもガチャガチャやってくれたな!」
「さっさと失せろ! 二度とキャリングの旦那の前に姿を見せるな!」
ブルメ
「邪魔が入ったのか?」
ダイク
「誰のウォーカー・マシンなんだ?」
ラグ
「キャリング・カーゴのらしい」
ブルメ
「キャリングの?」
ジロン
「あれにするよ。気に入ったんだ」
ブルメ
「へへっ……。一人で手に入れられる訳ないじゃないか」
ラグ
「だから、手を貸しとくれ」
ブルメ
「え? 何で俺が手伝わなくちゃなんないんだよ?」
ラグ
「私が手を貸すからさ」
ブルメ
「え? 医者の面倒だけじゃなくって、今度は……」
ラグ
「私のやり方が嫌ならいいんだよ?」
ブルメ
「いいんだよって……よかないよ」
ラグ
「あいつの腕は見たろ?」
ブルメ
「しかし……!」
チル
「ラグは好きなんだろ? ブルメはライバルが出来んのがヤなのね?」
ラグ、ブルメ
「そんなんじゃない!」
チル
「わぁぁっ!」
「あ~ん、ジローン!」
ジロン
「どうした?」
ラグ、ブルメ
「ふんっ」
ジロン
「俺の事で諍いか?」
ダイク
「まぁな」
ジロン
「あれは、今までにないタイプのウォーカー・マシンだ」
ダイク
「趣味としちゃ面白いしな」
ジロン
「すまない。後々の事考えると、あんなのが欲しいんだ」
チル
「あたいも手、貸すぜ?」
ジロン
「あぁ、ありがとう」
ダイク
「ま、人には色々事情あっからな。で、どうする? ラグ」
チル
「泣いてんよ? こいつ」
ラグ
「ふぅん……」
ジロン
「埃がさ、入っちまって」
ラグ
「ふっ、まぁいいか」
「ふむ、どうする?」
ブルメ
「俺なら、あれを使うな」
エルチ
「ホーラ、そろそろ夜警の準備をしてね」
ホーラ
「へい、お嬢さん」
ラブリーローズ
「1・2・3・4、1・2・3・4……」
エルチ
「フロソヒエフ、ラブリーローズ。何度、私の理想を話したら分かってくれるの?」
「私の夢はね、この地球に薫り高い文化の花を咲かせる事なの」
フロソヒエフ
「いや、どうも……」
エルチ
「上手にはなっているようね?」
「文化の為よ」
フロソヒエフ
「そりゃ、もう……」
エルチ
「ラブリーローズもね」
ラブリーローズ
「そりゃ、お姫様の為で……」
「お客様のようですよ?」
「ベェッ!」
フロソヒエフ
「うっ……こら!」
ラブリーローズ
「キャーッ!」
フロソヒエフ
「な、な、な……」
ラグ
「エルチ・カーゴ! 動くんじゃないよ!」
エルチ
「何でさ?」
ラグ
「私達がサンドラットって、知ってるだろ?」
エルチ
「乱暴なのね。私はね、この地球に文化を育てようとしている身なのよ?」
ブルメ
「だからって人質になれないって事はないだろ?」
ラブリーローズ
「あ、あんた……」
ジロン
「動かないで!」
チル
「こっちも動いちゃ駄目!」
エルチ
「人質を取ったって、パパはお金は出さないよ?」
ラグ
「青いウォーカー・マシンを頂くだけさ。動かないで!」
「あっ!」
ダイク
「どうした?」
ブルメ
「動くな……うっ!」
ダイク
「あっ……!」
エルチ
「欲しけりゃ勝手にやったら? アイアン・ギアーの前の倉庫にあるわ」
ジロン
「失敗だ、チル。やめとけ」
チル
「何でぇ?」
ジロン
「人は見掛けじゃないって事さ」
ダイク
「全くさ、凄腕の女だぜ」
ジロン
「でも、最後の台詞は本気みたいだ。そう思うだろ?」
フロソヒエフ
「ワシらには、いいスポンサーだ」
ラブリーローズ
「親父さんとは上手くいってないみたいだけどね」
フロロヒエフ
「ラブリー!」
ラブリーローズ
「本当の事じゃないか」
ラグ
「サンドラットの面目丸潰れだよ。もうあんたの問題じゃない! 何としても、青いウォーカー・マシンは奪い取ってみせるから!」
「ダイク! ブルメ!」
ジロン
「うぅっ……! 今度食ってやるからな」
ブルメ
「なまじ、オートマチックなんかがあるからよ……!」
「どうした?」
ダイク
「罠じゃないかってよ」
ブルメ
「罠か。そうだな、あのお嬢さんってのが仕掛けたのか」
ラグ
「可愛くない女だよ」
「ジロン……」
ジロン
「んっ……」
「あった」
ラグ
「人かい?」
ジロン
「何ね、いきなり首を出しちゃったから……。不味いじゃない、そういうの」
ラグ
「あったんだろ?」
ジロン
「エルチって子、嘘は吐いてないな」
ブルメ
「ははっ……! こんなのがウォーカー・マシンになるのか。冗談みたいだな」
ダイク
「喋るな」
キャリング
「ははっ……。後は武器の使いようだ」
ホーラ
「ん? どうした?」

「第二格納庫に賊が侵入!」
ホーラ
「では」
エルチ
「挨拶ぐらいしたらどうなの?」
ホーラ
「ご馳走様です」
キャリング
「そんな事をやってる暇に、賊を逃がしたら給料減らすぞ」
ホーラ
「じゃ、旦那……」
エルチ
「ガサツなんだから」
「本当に来たんだわ、あいつ」
ダイク
「ジロン、大丈夫か?」
ジロン
ロックマンの息子だぜ? ウォーカー・マシンぐらい……」
ラグ
「ハンドルは押さえてる」
ジロン
「ブレーキ外すぞ」
ホーラ
「ウォーカー・マシンの連中を叩き起こせ!」

「おう!」
ダイク
「落ちるぞ!」
ジロン
「アクセル、甘いんだ! ホバーが掛からない!」
「わぁぁっ!」
ダイク
「あぁっ! 動くな!」
ラグ
「落っこちないで!」
ジロン
「上からトレーナーが押さえ込んでいるんだ!」
「うわぁぁっ!」
ホーラ
「旦那のウォーカー・マシンだ! ぶち壊してはならねぇぞ!」

「何か言ってるぞ」

「逃がさなきゃいいんだろ?」
ジロン
「うわぁぁっ!」
「掛かった! ハンドルを」
ラグ
「くっ!」
ジロン
「腕を押すな」
ラグ
「どうすんだよ?」
ジロン
「引いてくれ」
ジロン、ラグ
「んんっ……!」
ジロン
「掛かれぇ!」
「動けぇ!」
「動いた! ウォーカー・マシン!」
「くっ……!」
(回想)「母さん! 父さん!」
「くそぉっ! うわぁぁっ!」
ホーラ
ザブングルか!」
ジロン
「こいつ! 行けぇ!」
「クラブ・タイプを一撃か。ん?」
ホーラ
「取り返せ! 何としても!」
ジロン
「こいつか」
「うっ……!」
「こいつ!」
「す、凄いパワーだ!」
ブルメ
「あの馬鹿、さっさと逃げないから」
ダイク
「いや、逃げるつもりはないんだ。初めてにしちゃ、よくやってるぜ」
チル
「やってる、やってる」
ラグ
「でもさ、あぁ無茶じゃ面倒見切れないよ。ったくさ……」
ジロン
「やるな!」
「んんっ……わぁぁっ!」
「ははっ……! どうだ……わっ!」
「しまった! もう一台あったのか!」
「負けるかぁ!」
「んんっ……!」
「エルチ」
エルチ
「ふふっ……本当に来るとはね。見上げたもんよ、あんた」
ジロン
「やっぱり罠だったのか……あっ!」
エルチ
「へへっ、捕まえた!」
ジロン
「くそぉぉっ……!」
エルチ
「ふふっ、そういうの好きよ」
「おやり」
ジロン
「うわっ!」
チル
「あ~あ、捕まっちゃった」
ブルメ
「要するにお調子モンなんだぜ、あいつ」
ダイク
「らしいな」
ラグ
「あ~あ、やんなっちゃうよ。あんなお嬢さんに引っ掛かっちゃってさ」