アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第3話 倒せ!魔神ドラゴンガンダム

 

 

機動武闘伝Gガンダム 第3話 倒せ!魔神ドラゴンガンダム

機動武闘伝Gガンダム 第3話 倒せ!魔神ドラゴンガンダム



 

ストーカー:もしよろしければ皆様方に、このガンダムファイトをご説明させていただきましょう。そもそも60年前の事です。汚れきった地球を後に、宇宙へと登った人々が、コロニー国家間の全面戦争を避けるため、四年に一度、それぞれの代表選手を、ガンダムと名づけられたマシーンに乗せ、ファイトと称し、闘って、闘って、闘いあわせ、最後まで勝ち残ったガンダムの国が、コロニー国家連合の主導権を手にする事ができる。なんとスポーツマンシップにあふれた戦争を作り出した事か。ですが、残された問題が一つ。このファイトの舞台は地球。そう、我々の住む汚れ切った地球だったのです。しかし、今回の大会はなにやら様子が少し違うようです。

ドモン:そこのお前! この男に見覚えは無いか!

ストーカー:ふぅ さてこの写真がどのようなファイトの嵐を吹き荒らすのか! 今日のカードはネオチャイナのドラゴンガンダムですが、どんなファイターが乗り込むのかは…内緒。 それでは! ガンダムファイト! レディーゴー!!

 

サブタイトルコール:倒せ! 魔神ドラゴンガンダム

 

総師:よいか、サイ・サイシー…そちはこれよりドラゴンガンダムとともに地球へ降り、この宇宙の真の覇王たるはいずこの国か、その問いに、ネオチャイナの名を持って答えられるよう、しかとこころえ、必ずや勝利せよ… よいな… ならばゆけっ!

飛竜:ふふふふ…ついにガンダムがワシのものになった! さあ今こそ立て黒竜団! 燃やして! 壊して! 奪い尽くせぇ!

手下:うぉー!! ぎゃあ!!

人々:うぉー! うぉー! きゃあ! うわぁぁ! きゃああ! 恵雲:おおっ見なさい瑞山。

瑞山:嘆くな恵雲。

恵雲:とはいえ、盗賊などに成り下がるとは思いもせん事! やはり我々のとるべき道はただ1つ!

瑞山:いや待て!恵雲! あれを見ろ!

ドモン:はぁぁぁ…… 手下:ぬおっ! 手下:ううっ! ドモン:はぁぁぁ……

レイン:ドモォォン!

手下:へっへっへっへっへっへっへっへっ!

レイン:それ以上近寄らないで!本当に撃つわよ!

手下:ふうっふっふっふっぬぅおっ! ぬぅあっ! おおっ…

ドモン:はぁぁぁ……

手下:うわぁぁぁ! 引き上げろぉ!

レイン:ドモン! 何者なのこいつら!

ドモン:わからん! だがっ!! 奴らガンダムを持っている… レイン! シャイニングガンダムを出せ! ファイトだ!

レイン:OK!

恵雲&瑞山:いやつぁ待たれよ! お手前、なくてのガンダムファイターとお見受けした。 その上で願いがござる!

ドモン:んん!?

レイン:さあ大丈夫よ。 でもあまり動かさないようにね。

村人:ありがとうございます。

レイン:はぁ… でも本当にひどい状況ね。焼け残った薬だけじゃ足りなさそうだし… それにドモンは…

恵雲&瑞山:なにとぞ!

瑞山:なにとぞ、我らネオチャイナのガンダムファイターを!

恵雲:抹殺してはくださらぬか…

ドモン:なんだと?

瑞山:不思議に思われるのも無理はありません。

恵雲:ですが、二人して、考えに考えた末の事…

ドモン:お前たち、何者だ!

恵雲:これは失礼致しました。我ら、地球の少林寺に残る者…

ドモン:少林寺

瑞山:左様。そもそも我ら少林寺

ドモン:知っている!

恵雲&瑞山:ふぇ!?

ドモン:そう、かつては地上最強と呼ばれた拳の寺。ところが60年前、ほとんどの僧が、コロニーの竹林寺へと移り、今では、その寺の名を守るだけの場所。

瑞山:そこで我らの大僧正は、ガンダムファイトで、見事優勝すれば寺の再興も夢ではないと、幼い一人息子サイ・サイシーをコロニーの竹林寺へ登らせ、修行をさせ、めでたくドラゴンガンダムをさずかり、地上に戻ってくる事になりました。

恵雲:ですが…

恵雲&瑞山:事はご覧の通り、聞けば五台山を根城にしているとか。

ドモン:そこで、これ以上寺の恥が広まらないうちに、俺に始末をつけろと?

恵雲&瑞山:左様でござる。せめて、ガンダムファイトで敗れるのが情けかと。

ドモン:断るといえば?

瑞山:ふあっ! 恵雲:ふん!

瑞山:さすがっ!

恵雲:ならばっ!

恵雲&瑞山:とぅおおおおおっ!

レイン:はっ!

ドモン:あ!

瑞山:これでいかがかな…

恵雲:ご返答を!

ドモン:はぁ… レイン! 五台山で待ってるぞ!

レイン:ドモン… はっ!

瑞山:彼は願いを聞き入れて下さるかのう…

恵雲:恐らくはなぁ…

レイン:あのっ…これっもういいかな?

恵雲&瑞山:ふぇ!? し、し失礼いたしたぁ!

ドモン:ん?

サイ:くぅぅぅ…

ドモン:おい! 何をしている!

サイ:うっうううっ ふっわぁぁー!

ドモン:!?

サイ:ねぇ。 悪いけど乗せてってくんないかい?

ドモン:っ断る! 俺は先を急いでいるんだ!

サイ:あーそー どうしたの? おいらも急いでんだ。丁度いいか、ら早く行こうよ。

ドモン:いつの間に…

サイ:ねっ早く!  すまないねぇアニキ。 助かっちゃったよ。

ドモン:ふっよく言う… まあいい。 それよりお前も旅をしているんなら、この男を見た事はないか?

サイ:んー? だれ?この人?

ドモン:知らなければ、それでいい…

サイ:はぁー! 村だぜ! アニキ! 今日はあそこへ止まろうよ!

ドモン:残念だが盗賊にやられちまってな! スッカラカンだ。

サイ:ひっひひっ大丈夫! オイラにまかせなよ!  悪く思わないでよっ!アニキィ! 村は祭りでにぎやかだから、丁度人手を欲しがってたんだ! でなきゃこの日ただで泊めてくれるとこなんて無いしね。 それにオイラ料理の修業中でね!  ふうっ… ふぅー 疲れたびぃー!

ドモン:はぁ…

サイ:アニキ!

ドモン:ん? これは?

サイ:へっへー 料理の間にちょいとね…

ドモン:ふん。 転んでもただでは起きんな……あっ!?

人々:うおっ!? なんだ!? きゃあああ!!

モヒカン:野郎ども! 祭りだ丁度いい! たっぷりいただいていこぉぜ!

手下:うぉぉ!!

ドモン:また奴らか…!

サイ:はあっ! ドラゴンガンダム

手下:とぉりゃ!

ドモン:伏せろ! ちぃっ! はぁぁぁ…… ふん!!

手下:ああ……! うあああっ! ううっ…

ドモン:あっ!しまった!コアランダーを! ぬお!? ガンダム!?

サイ:アニキ!

ドモン:どのみち奴とは、やりあう事になったな… そう、コアランダーを取り返すためにも…


アイキャッチ


サイ:ほらアニキ! あいつらあの昔の万里の長城の跡を利用して、根城にしてるんだって。 だから警護はばっちり。 ちょっとやそっとじゃ近づけない。

ドモン:お前やけに詳しいな。

サイ:へへーん そりゃ下調べはばっちり…ん?

ドモン:ん!?

サイ:あいやね。 だっておいらの行く先もあの砦の先だったからさ。おおそうだ、オイラ、ちょっと偵察してくるよ! ランダーに乗っけてくれたお礼に大サービスゥ! そいじゃ!

ドモン:オイ! 待て! なんだ…あいつは!

サイ:こっちこっちよっく見なさい!

手下:ん!?

サイ:アニキ!アニキ!

ドモン:どうした!いやにおそかったな あっ!

サイ:ほぉらねぇねぇ? こいつ、みなさんのアジトをこそこそ探ってたんですよ?

ドモン:お前どういうつもりだ!

サイ:へっへへーん ご時世だもんねー。

手下:なにが狙いだ言え! 貴様何をしにきた! えー!? おぅらっ!

ドモン:ううっ!?

手下:へっへっへっへっへっへっ おい!水をかけろ!

サイ:あっちゃあ…

手下:ううっどうだ? ちったぁ喋る気になったか?

ドモン:お前らに用は無い…!

手下:ぬぅおお…うっやっろぉ!!

飛竜:もういい! そいつぁ俺に用があってきたんだろぉ。

手下:へい

ドモン:ふっ! お前がドラゴンガンダムの、サイ・サイシーか…

飛竜:ん?

ドモン:こんな子分どもを使わなきゃ、俺と勝負できないとはな! これじゃあ、恵雲瑞山の二人が、泣くわけだぜぇ!

飛竜:何言ってやがる…

ドモン:せめて!! ガンダムファイトで勝負をつければどうだ!

飛竜:そうか! お前もガンダムを持っているんだな! なら!今すぐかたをつけてやる!

ドモン;ああっ! うあっ!

飛竜:とぅあああ!! よしっ! 牢に入れとけ!

サイ:ア…アニキ…

ドモン:ああ…

飛竜:小僧! サイ:ひっ! 飛龍:お前もそいつの片割れか!

サイ:あっあっとっとんでもねぇ! オ、オイラは旅の料理人でして、お頭が強いって噂を聞いて、おつきの料理番になれたらなぁ~。 って思って…

飛竜:ふんっまあいい好きにしろ!

サイ:ありがとぅぉーっすっ! へへーん。 これでお前とは縁切れさ!

ドモン:うっうう…

手下:はっはっはっはっはっ! あの小僧、料理の腕は確かに良いぜ! ああー。

サイ:あーにーきー! 勘弁してくれよなー。 こうして飯も運んできたんだからさぁ。 それに、みんなここに潜り込む為の作戦だったんだよぉ! その証拠に、牢屋の鍵開けちゃう。 えっさっ後はお好きにどうぞ。ランダーは、正門わきの倉庫の中にあるからねっ。

ドモン:んっ… んんっ…

サイ:んっへへっ… にぃーっ。 脱獄だぁ! 牢破りだぁ!!

ドモン:な、なんて奴だ。

サイ:ドモンが牢破りしたぞぉ!

飛龍:ぬおっ!

サイ:逃げた逃げた逃げ出したぁ~!

手下:うおおっ! 手下:ぬぅおりゃぁー!!
ドモン:うぉぉぉぉぉ…!!


手下:うおおお…うああ…

飛竜:奴にランダーを渡すな! くぅぅ…! なにぃ!? 貴様っ!何をしている!

サイ:ふふん! オイラの大切なものを預かってもらったお礼をしたくてねぇ! へへっ! とぅぉぉぉ!! 飛龍:ぬおおっ… サイ:ガンダムファイト国際条約第4条! ガンダムファイターは己のガンダムを責任を持って守り抜く事! へへっ!

手下:ええい…おおっ! ドモン:後はサイ・サイシーを見つけて!

サイ:アニキ!

ドモン:ぬぅお!? ドラゴンガンダム!?

サイ:そう、アニキのおかげで、オイラのガンダムを取り返す事ができたよ! あんがとっ!

ドモン:それじゃお前が…!

サイ:大当たりぃ! オイラが! 本物のぉ! サイ・サイシーさっ!

ドモン:でもなぜっ!

サイ:へっへへっ それが実はねっ! コロニーから降りてきた時、ちょいとした事故でさぁ、気がついて見るとオイラとガンダムが別々の場所に落ちてたんだ。 無事だったのはいいけど、盗賊の道具に利用されちゃったってわけさっ!

ドモン:ふんっ それで俺を利用したってわけか… ならその礼は! ファイトで返させてもらうぞ!

サイ:よぉーし! ガンダムファイトスタンバイ! レディ!!

ドモン:ゴォォォォォォォォォォォォォ!! う…うう…う…うう…うあああ…ぐっ! うおおおおお!! ぐううううう!! うっぐっ!!

MTS:モビルトレースシステム、セットアップ! 脳波、血圧、心拍数、呼吸、体温、代謝機能、オールグリーン!

ドモン:はぁぁぁ… ふん!へい!はっ!はいっ!ふん!ふん! ふぅん!!てぇぇ…!たぁぁ!はっ!うぉぉぉぉ…ぬぅぅぅぅん… ふん!

サイ:よーし、オイラのドラゴンガンダムの初陣だ! とぅおおお!!
ドモン:ぬぅぅ少しはできるな! これなら少林寺が、お前に再興の夢を託すのもわかるぞぉ!

サイ:世話になったアニキだからって…容赦しないぜぇ!

ドモン:ぬぅぉぉぉっ… うっ おおおお…!

サイ:ふっ! ぬっ! ドモン&サイ:てやああ! ドモン:ふっ! サイ:うわああ! うっやったなアニキ!! とぅあっ!

ドモン:はぁぁぁぁぁ…… ぬぅ!?

サイ:はぁぁぁぁ!!

ドモン:ぐうぅっ… ああっ! 旗だけ!? 奴は!

サイ:ふっふふふふふふふ… はっはっはっはっはっはっはっ! アニキ! オイラの姿が、見えるかな?

ドモン:旗に目がごまかされている… そこだっ!! なにっ!?

サイ:はっはっはっはっはっはっ! オイラはここさ!

ドモン:上か!?

サイ:もらったあぁ!! あっ!

ドモン:ひぃぃぃっさぁつ! シャァァァイニング! フィンガァァァ!!

サイ:ああああ…! あっあ!

鳥:ピーーッ!

ドモン:俺のこの手が光って唸る! お前を倒せと輝き叫ぶ! さあとどめだ! サイ・サイシー

恵雲&瑞山:おっ待たれいっ

瑞山:その勝負、引き分けとしなされ!

ドモン:なにぃぃ…

恵雲:出なければ、お手前の首も、失う事になりますぞ?

ドモン:はぁっ!

サイ:どうするっ? アニキさえよければおいらも手を引くぜぇ?

ドモン:んんっ…ふんっ 口の減らない奴だ。 いいだろう! 今日のところは引き分けだ!

サイ:へっ…へへっ!

瑞山:ドモン・カッシュ殿! 今回は色々とお世話になりもうした。

恵雲:盗賊どもは、土地の警護団に任せましたでなぁっ。

恵雲&瑞山:また、2度とこのような事の無いよう、我ら二人がこのサイ・サイシーにつき、少林寺の跡取りとしてふさわしいものになるよう、みっちりと修行をさせますので、数々のご無礼、お許し下され。では…

レイン:あの子も、なんの関係も無かったようね…

ドモン:ああ… 残るはネオフランスとネオロシアか… だが、こいつぁかならず見つけてやる! 必ずなぁ… 行くぞ! レイン!

レイン:えっ? ええ!

 

(次回予告)


みなさんおまちかねー! 華麗なるガンダムファイタージョルジュ・ド・サンドに戦いを挑むため、彼に恋するお姫様をさらってしまうドモン! 怒ったジョルジュは、ガンダムローズでさっそうと出陣! パリの街を舞台に、騎士道と武士道が激しくぶつかりあいます! 次回!機動武闘伝Gガンダム!「いざ勝負! 真紅のバラの貴公子」にぃー!  レディィィ…ゴー!