機動武闘伝Gガンダム 第4話 大脱走!囚われのガンダムファイター

機動武闘伝Gガンダム 大脱走!囚われのガンダムファイター

ストーカー:さて、もしよろしければ皆様方に、このガンダムファイトをご説明させていただきましょう。そもそも60年前の事です。汚れきった地球を後に、宇宙へと登った人々が、コロニー国家間の全面戦争を避けるため、四年に一度、それぞれの代表選手を、ガンダムと名づけられたマシーンに乗せ、ファイトと称し、闘って、闘って、闘いあわせ、最後まで勝ち残ったガンダムの国が、コロニー国家連合の主導権を手にする事ができる。なんとスポーツマンシップにあふれた戦争を作り出した事か。ですが、残された問題が一つ。このファイトの舞台は地球。そう、我々の住む汚れ切った地球だったのです。しかし、今回の大会はなにやら様子が少し違うようです。

ドモン:そこのお前! この男に見覚えは無いか!

ストーカー:ふぅ さてこの写真がどのようなファイトの嵐を吹き荒らすのか! 今日のカードはネオロシア代表のボルトガンダム! ファイターはプリズナー! つまり、囚人だそうです。それでは! ガンダムファイト! レディーゴー!!

サブタイトルコール:大脱走! 囚われのガンダムファイター

ばあさん:そう、確かにいつの頃か、ここらはガンダムの墓場って呼ばれていてね… 町へ入ったガンダムは、2度と姿を見せずに消えてしまうっていうのさぁ…え? ドモン・カッシュ? さあみないねぇ? 大体観光客なんて、来ないさぁー こんな収容所のある町になんてね…

レイン:でも…ドモンがこの町へ入ったのは確かだわ… ガンダムの墓場…

ドモン:うう… うっ… なぜだ… 奴ら、なぜガンダムを探している! なぜだ…

取調べ官:さあ言え! 貴様の正体はガンダムファイターだ! このネオロシアのファイターを探しにやってきた… 違うか!

ドモン:だからなんども…言っているだろう…ただの観光旅行だってよ…

取調べ官:ううーまだ言うかぁー!!

ドモン:うっ! ううっ…

取調べ官:さあ早くお前のガンダムのありかを言え!

所長:まあ待て! そいつはただ町の中をうろうろしていただけなんだろ?

取調べ官:しかし、しきりに誰かを探していたとか…

所長:それだけでファイターと決めるわけにもいくまい。

ナスターシャ:いいえ、我々の情報網は完璧です。 その男はネオジャパンのファイターに間違いありません。

取調べ官:んん… しかしだな… ん? なんだこの国名は。 ん…ん? おい貴様! 誰だこの男は? おい!

ドモン:えぅーい!

所長:うう…ぐおっ…

ナスターシャ&取調べ官:ああっ

ドモン:はぁぁ…… 手錠を外せ! よしっ!

所長:うあああああ…! ぐあっ! うっ…

ドモン:さっさと治療してやらないと、腕が使えなくなっちまうぜ! これは返してもらう!

取調べ官:貴様っ!

ナスターシャ:待って。 このままでいいわ…

ドモン:何故だ…あの連中は何が目的だ… ちいっ…

アルゴ:あきらめろ。

ドモン:はぁぁぁ…

アルゴ:お前一人では…どうあがいても…ここからは逃げられん!

ドモン:ふんっでかいの… 同じ囚われの身らしいが、あいにく俺はこんな所でグズグズしていられなくってね! 邪魔する奴には、どいてもらうぜぇ!! はぁぁぁ…はっ!! は!? ふっ! えいえい! 俺のパンチが… 効かない!? ぐお… おお…ああ…

ナスターシャ:そこまでだ。その男にはまだ聞く事がある。それにあなたにも少しはおとなしくしてもらうわ… アルゴ・ガルスキー

レイン:そうなのお父様… ええ… でも、いくら外国の事には手出しできないからって…

ミカムラ:しかしこちらも…

レイン:わかったわ。もう少し様子を見てみる。 はぁっ… ドモンったら…心配ばかりかけると絶交しちゃうから…

ウルベ:ドモンよ…ドモン・カッシュよ! どうした! あの男はどうした! 早く彼を捕まえるんだ! そして、あのデビルガンダムを!

ミカムラ:そうだ…彼を助けるにはそれしかない…君だけなのだ…彼を助ける事ができるのは! 君だけなのだよ!

ドモン:はぁっ! はぁ… はぁ…

バードマン:気がついたかい… ずいぶんとうなされていたようだが、なにもかも諦める方がいい。 ここへ入った以上はチェックメイト。おしまいさ…えっ? ガンダムファイターさん。

ドモン:う…

バードマン:まっ隠したってこのバードマン様にはわかるって事よ。 4年に一度、お前さんみたいな顔したのが入ってくるのさ…そう、罠にはまってな。 やつら、あの町にネオロシアのガンダムがいるって情報流して、そこへ来た敵国のガンダムファイターをかたっぱしから捕まえて、ぶちこむ。 こうやってネオロシアは戦わずして勝利を重ねていくのさ。いかなる連絡手段も遮断されたこの島に隔離されりゃ…もう外部からじゃ手出しできねー… はいさよならだ… そこで捕まったファイターはどうなったと思う? ふっはっはっ… ご覧の通り、一生懸命ここで働いている。あわれな負け犬の仲間入りさ。 だがな!笑っちゃいけねぇ! こいつを見ろ!

ドモン:はぁっ!

バードマン:こうなっちまったら最後さぁ… ガンダムファイターなんてなぁ… ネオロシアの連中、こうやって各国の最新テクノロジーを集めてガンダムを作りやがる。つえーはずだぜ。

ナスターシャ:彼はきっと、上手くやるでしょう。

所長:ふん…囚人の中に我々のファイターをスパイとして送り込む。 奴を挫折させガンダムの隠し場所を吐かせる。上手く考えたなあいたた…

バードマン:しかしなぁ… 考え方によっちゃあ、ここは極楽だぜぇ。そう、大会中に姿をくらましたファイターは国家の反逆者だ。 ここを出たって追われる身になるだけ… 自由はねぇ。

ドモン:少し喋りすぎだな… それとも、あんたもそのファイターの一人なのか?

バードマン:ば…馬鹿な事をいうなよ…お、俺はただの犯罪者だよ。それより早くガンダムのありかでも吐いちまえばいいじゃねぇか。

ドモン:はっ! あいつぅ! くっ!

アルゴ:うおおお!

ドモン:うっ…

アルゴ:うう…

バードマン:なぁにやってんだあいつぁ?

取調べ官:貴様らなにをしておる、うおおお…

ドモン:動くな! よぉーしそのまま動くなよ! 丁度いい…俺はここから出させてもらうぜ!

アルゴ:ぬぅぁっ!

ドモン:はっ! ぬおっ!

アルゴ:いいか明日作業が終わる時、俺のそばに来い!ここを出る! ぬぅ…

ドモン:くっなんだと!ぐっ! うあっうおお…

バードマン:あ… あっあのばかが…


アイキャッチ


レイン:思った以上に警戒は厳重だわ… これじゃドモンが中にいるかどうか確かめられないし、それに、海の上じゃコアランダーも渡せない…

バードマン:うぃぃ… しかしおめぇもこりねぇーな。このままじゃ殺されちまうぞ?

ドモン:ふっ!

バードマン:早くガンダムのありかなんか吐いちまえよ!

ドモン:それより、ここから出たくないか?

バードマン:なっなにぃ!?

ドモン:世話んなった礼だ。一緒にどうだい?

バードマン:なにいってんだ? どうやって逃げる… いいか? たとえ車を盗めたってな、海の上じゃいきなりドボンだい!ふぇっふっふっ!  無理だよ無理。へっへっ! 早く諦めちまいなぁ! ガンダムなんてよぉ! へっ うぃー 今夜は一段と冷えらー… 寒い。寒いぜ…

ナスターシャ:なに!? あの男がうごく?

取調べ官:ですが…ただそれだけで、いつどうするとは何も!

所長:ほぉう たいしたスパイだ…!

ナスターシャ:ん…あの男…なにを考えている…

ドモン:どうする? 行くか?

バードマン:へっ! 決めたよ… こいつらとはお別れさ!

取調べ官:さっさと歩け!

ドモン:さあ、どうやってここを出る気だ? どうした?

アルゴ:うううううう… はぁぁぁぁぁ…!! どぅおおあああ!!

バードマン:すっげぇ!

アルゴ:この燃料パイプに、火を、つける!!

警備員:うっうおっ! 火を消せー!! 早くしろー! 警備隊、囚人を逃がすな! ん!?

アルゴ:このまま突破するぞ!

バードマン:だが正面は海だぞ!? どうする!?

アルゴ:構わん!

バードマン:こ…こりゃぁ… ん凍ってやがる…きのうの寒さで凍ってやがるぜぇ!! はっはっはっはっはっはっはっ! 出られたぞ! へっ俺は自由だ! ふあっはっはっはっはっ! 自由だよぉーい!

レイン:ドモンの反応が戻った! よしっ!

ナスターシャ:んんっ… あいつめ! 脱走などとはどういうつもりだ! ボルトォガンダァム! よし、遠隔操作をこちらへ! 発進!

バードマン:あと少しで町へ入れるぜぇい!

ドモン:いーや、簡単にはたどり着けそうにないな…

バードマン:はあっ! あっ! ガンダム

ドモン:おい! 奴が来るのが早すぎる! まさか!

バードマン:違う! 俺はチクってなんかいないぜ!

ドモン:それじゃぁ… どぅあっ!?

ナスターシャ:まずは足を止める。

ドモン&バードマン:うああ! ぬぅ!? うぉぉぉ…

ドモン:えぇーい…

バードマン:あいつがスパイか!

ドモン:でもなぜ!

レイン:ドモォーン! 早く!コアランダーよ!

ドモン:サンキュー、レイン! 出ろぉぉぉぉぉ!! シャァァイニングゥガンダァァァァムッ! う…うう…う…うう…うあああ…ぐっ! うおおおおお!! ぐううううう!! うっぐっ!! はぁぁぁ… はぁぁぁ… ふん!へい!はっ!はいっ!ふん!ふん! ふぅん!!てぇぇ…!たぁぁ!はっ!うぉぉぉぉ…ぬぅぅぅぅん… ふんっ!

ナスターシャ:あれがネオジャパンのシャイニングガンダム。そうか…アルゴはこれを狙ったのか! 脱出に見せかけ敵のガンダムをおびき出す。よくやったわ。後はこちらにまかせなさ…

アルゴ:うるさい! 誰にも俺の戦いを、邪魔はさせない!

ナスターシャ:アルゴ…

アルゴ:ガンダムファイトォ! スタンバイ! レディィィ…

ドモン:ゴォォォォォ!!

バードマン:かぁぁぁ… ガ、ガンダムファイトだ…

アルゴ:ふあっ!!うおっ…

ドモン:ふん…ハンマーか! ならその鉄球ごと貴様への借りを返してやる! はあああああ!

アルゴ:うおおおおお! ぬぅぅ!!

ドモン:もぉぉらったぁぁ!! ヒットォォ!! ああっ!

レイン:そんな! ドモンのパンチに耐えるヘッドなんて…

ナスターシャ:ネオロシアの技術を甘く見るな!

ドモン:ああっ…

アルゴ:うおおおお…!

ドモン:ぐぅああああ! ああっ…

アルゴ:行くぜっ!

ドモン:うう…ああ!! ぐう… ううああ…

アルゴ:ぬうう…

ドモン:うあああ…! うう…

バードマン:やりやがった…

ナスターシャ:アルゴ! 奴の首を!

アルゴ:うおおお…!! どうした! これでおわりか! 収容所でのファイトは、みせかけか! 貴様もこの程度か!

ドモン:ぬぅああああ!!

アルゴ:もらうぞこの首!!

レイン:はあっ!

ナスターシャ:決まったな…

バードマン:頑張れ若いの!

ドモン:ああああ…!! ううっ… うっうおおお!

アルゴ:うあああ!!

ドモン:ううっ俺のこの手が光って唸る…お前を倒せと輝き叫ぶ! ひぃっさつ! シャァァイニングゥ! フィンガアアアアアアア!!

アルゴ:ぬうおおー!

ナスターシャ:やられた…

レイン:ドモン!

バードマン:いやっ…相打ちだ!

レイン:ええっ!?

ドモン:その通り、これ以上、戦いは無理だ…

バードマン:あの男、アルゴ・ガルスキーは、収容所の奴らにくじけなかったファイター魂をあんたのパンチに感じて、戦ってみたくなったんだろうなぁ…

レイン:その為に脱走を?

バードマン:さあな…やつは、世界のコロニーを荒らし回った宇宙海賊だったんだとよ… 仲間の命と引き換えに、今度のファイトに出たんだそうだ… 見てみな…胸につけたあの爆弾。つまりは永遠の囚人だ。 唯一残された自由は闘いだけ…おおっと、すまねぇ。 こんな男はしらねぇな。

ドモン:あんた…これからどうする…

バードマン:はっ。 さっきの見ていたら俺も自由を諦めた、ファイターだった事を思い出しちまったぜ…だから決めたよぉ! 俺も逃げて逃げて逃げ切って、もう一度自由を手にするさ! だが忘れるなよ… ガンダムファイト国際条約第7条! 地球がリングだ! そう、俺たちファイターはな、ここにいる限り、奴と同じ囚われの身って事さ…

ドモン:そうか… 俺も囚人なんだ… この地球という名のリングの…

 

(次回予告)


みなさんおまちかねっ! ネオジャパンのコロニーに送り返されたドモンを待っていたのは、恐るべきテストでした。写真の男は何者なのか! 最強、最悪といわれる、デビルガンダムとは! ドモンの真の目的が、今、明らかになるのです! 次回! 機動武闘伝Gガンダム!「闘えドモン! 地球がリングだ」にぃー! レディィィ…ゴー!