アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

聖戦士 ダンバイン 1話 聖戦士たち

聖戦士 ダンバイン 1話 聖戦士たち

聖戦士 ダンバイン 1話 聖戦士たち

聖戦士 ダンバイン 1話 聖戦士たち

 


「よよ、未来のモトクロッサーのエースがそんなクルージング・マシンに乗るなんてよくないよ?」
「金持ちがやるもんじゃないんだよな。モトクロスってのはハングリーなんだ」
「やめちゃえってんだよ」
「わっ……!」
「野郎!」
「あっ!」
「き、消えた……!」
「ど、どうしちまったんだろう?」
ナレーション
バイストン・ウェルの物語を覚えている者は幸せである。
私達は、その記憶を記されてこの地上に生まれてきたにも拘らず、
思い出す事の出来ない性を持たされたからだ。
それ故に、ミ・フェラリオの語る次の物語を伝えよう。
リムル
「あっ……」
ゼット
「三人目はマシンとご一緒とはな」
ルーザ
「私はもう、休ませていただきます」
ドレイク
「恐ろしくなったのか、ルーザ?」
ルーザ
「禁を破るのを見ているのは、気持ちの良いものではありません」
バーン
「……駄目なのか?」
ガラリア
「どうも……」
ゼット
「そんな馬鹿な……」
ドレイク
「どうしたか?」
バーン
「はっ、それが……」
ガラリア
「シルキーが苦しそうです」
ショット
「せめて、もう一人は欲しい」
ドレイク
「ショット、もう休ませろ。既にシルキーは使い過ぎだ」
ショット
「はっ」
ドレイク
「任せたぞ」
バーン
「無理そうです。水牢に戻します」
ショット
「やむを得んな」
バーン
「揚げろ」
「結界は二重に張れ。フェラリオの女共が、シルキーを取り戻しに来るとも限らんからな」
兵士
「はっ!」
バーン
「ショット様、ゼット様はお休みを」
ゼット
「今夜の三人を宜しくな」
バーン
「はっ、ゼット様」
兵士
「フェラリオだ!」
ガラリア
「ギブンの所のか!」
バーン
「矢だ! 弓を!」
チャム
「地上の人は帰れ!」
バーン
「ちっ、チャム・ファウか」
ガラリア
「ニー・ギブンに入れ込んでいるフェラリオ」
バーン
「結界は二重だぞ」
兵士
「はっ、バーン様」
「よし、底を開け」
「いいぞ」
バーン
「地上から来た方、事情説明に多少の時間は掛かる。私と御同道願えないかな?」
ショウ
「嫌だと言ったら?」
ガラリア
「シルキー・マウは大した力は持っていないんだ」
「あんたが嫌だと言っても、好きに地上には帰れないよ」
ショウ
「それでも嫌と言ったら?」
バーン
「力尽くでも従わせる」
ショウ
「それは聞けない!」
「ふっ!」
バーン
「ぬっ!」
ショウ
「てぇっ!」
「うっ、くっ……!」
ガラリア
「バーン!」
バーン
「流石、地上人だ。オーラ・ロードに乗れるだけの力を持っている」
バーン
「機械の館だ。諸君らのいう兵器廠といった所かな」
トカマク
「バーンさんよ、こいつ、外してくれないか?」
バーン
「夕べのように抵抗されては敵わんからな」
トカマク
「何が『ははは』だ」
「あのシルキーとかっていうフェラリーの力がなけりゃ、地上に帰れないのかなぁ?」
ショウ
「フェラリーじゃない。連中はフェラリオって言ってた」
トッド
「俺達を地上の世界からこのバイストン・ウェルに強引に連れてきた連中が」
「戻せないって事あるのかよ?」
ショウ
「そいつはどうかな。解毒剤のない毒ってのはあるんだぜ?」
トッド
「お前は連中の言う事を信じるのかよ?」
ショウ
「信じるも信じないも、まだ何も分かってないんだ」
「これは夢かも知んないし……」
トッド
「これが夢かよ。え、ジャップ?」
トカマク
「あ、何だありゃ?」
トッド
「面白そうじゃねぇか。少しは様子を見るのもいい。ニューヨークは不景気だしな」
トカマク
「そりゃハリコムだって同じだ。俺だって軍に戻ろうかって考えてた所だしな」
トッド
「ジャップはどうすんだよ?」
ショウ
「ジャップってのはやめにしてくれないか? ヤンキー」
トッド
「ちっ」
トカマク
「あんた、やめにしないか。こいつの空手の腕は夕べ見たろ?」
兵士
「降りろ」
トカマク
「何だありゃ?」
兵士
「オーラ・ボム、ドロだ」
トッド
「ドロ?」
「まるでUFOだな」
バーン
「ショット・ウェポン様が、この国で始めて開発してくださった機械だ」
「この世界を支えるオーラの力を吸い込んで空を飛ぶ」
「この世界の生物の仕掛けと地上の技術を結び付けたのが、ショット・ウェポン様だ」
トッド
「何だ?」
バーン
マルスだ。オーラ・バトラーのワイヤーになる」
ショウ
「はぁ……」
バーン
「地上の方々なら、あれが何かお分かりだろう?」
トッド
「あ、ありゃ……!」
ゼット
「おぉ、バーン殿」
「どうだ、協力する気になったかね?」
トッド
「こ、こんな所でICの組み立てか」
ゼット
「オーラ増幅器の為の部品だ」
バーン
「オーラ・バトラーを見せよう」
「これがドラムロだ。今夜私が使ってみせる」
トカマク
「こんなロボット、すぐに動かせっていうのかよ」
トッド
「コックピットを見せてくれないか?」
バーン
「協力すると言うのならな」
トッド
「こいつを取ってくれりゃ、友好的にもなる」
バーン
「良かろう」
トッド
「へぇ、モニターがある。パネルが正面か」
「意外とシンプルじゃないか」
ショウ
「動かせる訳ないじゃないか」
バーン
「この世界の人間は機械に頼るしかないが、地上の方々はオーラの力がある」
「その力だけで自在に動かせる」
トカマク
「でもな、操縦する必要はありそうだ」
バーン
「飽くまでも補助的なものだ」
ショウ
「オーラとかって生体エネルギーの存在なんて、信じられないな」
バーン
「呼び掛けにも応じたろ?」
トッド
「へ~、マジック・ミラーかよ。内側から見ると透けてるぜ?」
トカマク
「外からは殆ど見えない」
トッド
「へぇ……」
バーン
「キマイラグの殻を磨いて使っている」
トカマク
「ショットって奴、凄い事やるな」
トッド
「手柄を立てれば地上に帰れるとか、どっかの王様にでもしてくれるのか?」
バーン
「シルキーの協力を得られればな」
「ここに居て、カリフォルニアぐらいの土地も手に入れられる」
トッド
「カリフォルニアを知っているのか?」
バーン
「ショット様の出身地であろう」
トカマク
「あ、でもさ……」
バーン
「今夜の宴遊会でドレイク様に引き合わせよう」
トッド、トカマク
「おっ……」
ショウ
「怪獣……!」
ルーザ
「貴方」
ドレイク
「心配するな」
「バーンが来た」
ルーザ
「バーン?」
トカマク
「見掛け倒しじゃないか」
トッド
「らしいな」
「おいジャップ、ここに居たら危ないぜ?」
ショウ
「あぁ」
ショット
「アトラクションだ。大丈夫だと言ったろ?」
トッド
「しかし……」
ショット
アメリカ人同士だ。私の仕事を信じてもらいたいな」
ショウ
「へぇ、あんなに動き回れるのか」
バーン
「この力、全てドレイク・ルフト様の為に!」
ドレイク
「善き民よ、勇敢なる戦士達よ。バイストン・ウェルは人の魂の安息の世界として悠久の時を重ねた」
「しかしこの百年余りの世の乱れは、歴史が我らコモンに証の時を与えたのであろう」
「この時にあたり、我らは地上界からショット・ウェポンを迎え、更に新たに戦士を迎えた」
「これは我らに世を治めよとの啓示ではあるまいか」
「そして、オーラ・バトラーの威力があれば、我らはアの国を穏やかに治め」
「全ての人々に未来の平安を……」
ショウ
「うっ……!」
ドレイク
「ギブン家の……!」
バーン
「ニーめ、オーラ・シップまで」
ガラリア
「これ以上の侵攻を許すなよ。13号機は後方へ回れ!」
「バーンめ、何故追わない?」
「ドレイク様を城まで護衛する」
ルーザ
「貴方も見縊られたものですね。ショット様のお陰でこの電気とやらを手に入れ」
「やれオーラ・バトラーだドロだと言いながら、軍事費を手に入れる為にその技術を他国に売る……」
「これでは、アの国の支配さえ出来ますまい?」
ドレイク
「ルーザの口出しする事ではあるまい?」
「私の夢は、バイストン・ウェルそのものを手に入れる事だ」
「その為には金も要るし、軍を動かす大義も要るのだ」
ルーザ
大義?」
ドレイク
「ギブン家がオーラ・バトラーで、我が方の善良な人々を殺傷する」
「故に、我が方はギブン家を討つ……これが義だ。名目だ」
ルーザ
「偽善ですか?」
ドレイク
「善だよ。私は善き事をしている……深甚だな」
ショウ
「海と陸の間にある世界、バイストン・ウェル
「その中の国ア、その国の地方領主がドレイク・ルフト……」
「ふぁっ……」
「夢でもないし、現実だなんて」
「眠れやしない」
チャム
「ええいっ!」
ショウ
「何だよ?」
「こいつ……!」
チャム
「地上の人、ドレイク・ルフトに手を貸すのやめて?」
「ニーを苛める人は……!」
「きゃっ!」
「は、放して!」
ショウ
「あっ!」
「歯があるのか」
チャム
「ニーを苛めたら、今度は殺してやる!」
「あんっ!」
「ベェッ!」
ガラリア
「何故、バーンは出動しない?」
バーン
「夕べ、ニーを追えなかったのも、ドラムロがまだ完全でないからだ」
「ゼット殿は、整備が終わらぬ内は渡せぬという」
ガラリア
「ゼット殿が?」
バーン
「その方がいいのだろう? 手柄が独り占めに出来るからな」
トッド
「ひぇ~、っと」
「初めての物は疲れる」
「しかしショットさんよ、魅力的なマシンを造ってくれたもんだな」
ショウ
「へっ、トカマクっての、口程じゃないじゃないか」
トカマク
「っと、へへっ……」
ショット
「整備兵、点検急げ」
兵士
「はっ、ショット様!」
トッド
「生体エネルギーがキーになってるマシンだって、分かるような気がするな」
ショウ
「慣れればパワー・アップもするっていうの?」
ショット
「勿論だ。マシンの力をコントロールしていくのは、人の生体エネルギーのオーラなのだからな」
トッド
「しかし、ロボット工学の新鋭が、こんな所でこんな事をやっているとはねぇ」
ショット
「口の利き方は気を付けた方がいい。私はこの地では高貴な立場だ」
バーン
「ショット様、如何でありましょうか」
ショット
「ガラリアの偵察行に同道させます」
トッド
「ま、戦いはガラリアさんとかに任せるけれどな」
バーン
「流石に勇ましき方々……オーラ力の持ち主達だ」
トカマク
「ヒヒッ……」
トッド
「おう」
ショウ
「地上にはいつ帰してくれるんだ?」
バーン
「君の名がこのアの国に轟くようになれば、恩赦もあろう」
「戦士は選ばれた民だ。騙されたと思って遣ってみるのだな」
ショウ
「んっ……」
ガラリア
「地上の方々、ご用意は宜しいか?」
ショウ
「宜しいよ!」
トカマク
「行くよ、行くよ」
バーン
「……ショット様、火器は持たせないのですか?」
ショット
「ああ。急いで本気にさせる為には、多少は危険な目には遭わせねばな」
「やってくれ」
ショウ
「こんなの見てると、生体エネルギーなんて関係ないようだがな」
「リア・モニターと無線回線と……」
トッド
「トカマク、ショウ、いいのか?」
ショウ
「良好だ。行けるぞ」
ガラリア
「真っ直ぐにギブンの領地に入る。イヌチャン・マウンテンだ」
兵士
「はい」
トッド
「ジャップ、地平線を見るんだ。そうすりゃ機体の方位が分かる」
「といっても、ここはピシッとした地平線はなしかよ」
ショウ
「よし、引き起こしをやってみる」
「くっ……!」
「わぁぁっ!」
ガラリア
「ショウ・ザマ、勇気があるのは感心するが程々にな」
トッド
「バイクじゃないんだよ、ジャップ?」
「空力特性、機体強度、ちゃんと考えてな」
ショウ
「分かってるよ」
「大体、ちゃんと使ってみせなくちゃならない理由があるのかよ」
「ちっ……!」
「何だ?」
ガラリア
「敵だ! 各機!」
ショウ
「あれは……!」
「ん?」
トッド
「モーター・グライダーじゃないか。あんなので……」
トカマク
「わっ! ど、どうすりゃいいんだよ……!」
トッド
「空でチャンバラをやるつもりはないぜ! ガラリアさん、落としてくれよ!」
ガラリア
「ニーだ! ニー・ギブンめ!」
「砲撃手、必ず落とせよ!」
兵士
「はっ!」
ショウ
「何やってんだ! 一方的じゃないか!」
「夕べの……!」
ガラリア
「ショウのダンバインか?」
「トッド、手を貸してやれ!」
トッド
「そうは行くかい」
「先制攻撃を受けるって事は、夕べの船も出てくるんじゃないの?」
ショウ
「そう簡単に撃たせるかよ!」
マーベル
「地上の人、ドレイクに手を貸すのはやめて欲しい!」
ショウ
「何、誰だ?」
マーベル
ダーナ・オシーのマーベル・フローズンだ」
「善悪の見境もなしにドレイクに手を貸す馬鹿な男……」
「この世界の事を、このアの国が分かってドレイクに手を貸しているの?」
ショウ
「ちっ、うぅっ……!」
マーベル
「もう一度頼みます!」
ショウ
「夕べ仕掛けてきたのは、あんたらだろう」
マーベル
「戦力の少ない私達には、ああするしかなかったんです。もう少し事情を分かって」
「まだミサイルがあります! 動かないで!」
ショウ
「あんたも地上から来たのか?」
マーベル
「そう」
「ドレイクという人は、権力欲に取り憑かれた男だという事が分かりませんか?」
ショウ
「分からないな。ここには来たばかりなんだ!」
マーベル
「せっかく、せっかく……なら、貴方を殺します!」
ショウ
「出来るもんか!」
マーベル
「分からず屋!」
ガラリア
「ニーを追ったドロは?」
兵士
「戻りません」
ガラリア
ダンバインとドロが2機……」
兵士
「戻りますか?」
ガラリア
「トッドという男、何もしなかった……」
ショウ
「マーベル・フローズン……あの女……」
バーン
「トッド・ギネス、何故戦わなかったのか?」
トッド
「冗談言ってもらっては困る。完熟飛行で戦いが出来る訳はない」
「第一、飛び道具一つ持たしてもらえずに戦える訳がないだろう?」
バーン
「ショウ・ザマは戦った」
トッド
「奴はド素人だからだ。空を飛ぶってのは簡単な事じゃない」
バーン
「それは分かる……が、トカマク殿を失う事はなかった」
ガラリア
「バーン、これでロムン・ギブンに反逆の意思がある事は明らかだ」
「今夜ロムンの館、鍛冶工場の攻撃をしたい」
バーン
「それはドレイク様の判断される事だ」
ガラリア
「ドロを2機も失った」
バーン
「未熟だからだよ」
「協力してもらえるかね? ショウ・ザマ」
ショウ
パイロットとしてはトッドの言う通り、俺はそそっかしいらしい」
「適正がない」
バーン
「いや、良きオーラ力がある」
ショウ
「なら、益々自信はないな」
「けど、俺にだって日本人のプライドってのはある」
「生かしてもらっている分だけはやらせてもらうよ」
バーン
「君の国の名前か?」
ショウ
「そうさ。こういった別の所に来ると血が騒ぐのね」
ダンバインってのも気に入りそうだし……」
バーン
「若き地上人、期待する」
ショウ
「有難う」
「一体、ここはどこなんだ……?」