アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED 第01話「偽りの平和」

機動戦士ガンダムSEED 第01話「偽りの平和」

機動戦士ガンダムSEED 第01話「偽りの平和」

 


機動戦士ガンダムSEED 第01話「偽りの平和」

ナビゲーター:第一外装剥離、減速マッハ、角度良好、強制冷却停止まで28秒。
空力制御開始。
ザフト兵A:アルファワンより、各機、薬室装填を確認。
ザフト兵B:ブラボーツー
ザフト兵C:チャーリースリー。
ザフト兵D:デルタフォー。
ザフト兵A:第二外装剥離。地べたにへばり付いてる奴等に思いっきりキツイのかましてやれ。
暖流層突破。減速、0.9マッハ。冷却停止。姿勢良好。
我らに天の加護を。降下点、座標追尾固定。
さあ、行くぞ!
ザフト兵B:ザフトの為に!
ザフト兵C:ザフトの為に!
ザフト兵D:ザフトの為に!
ナレーション:コズミック・イラ70……。『血のバレンタイ』の悲劇によって、地球、プラント
間の緊張は、一気に本格的武力衝突へと発展した……
誰もが疑わなかった、数で勝る地球軍の勝利……。が、当初の予測は大きく裏切られ、
戦局は疲弊したまま、既に11ヶ月が過ぎようとしていた……
OP(INVOKE)
男キャスター:南アフリカの難民キャンプでは慢性的に食料、支援物資が不足しており、
120万の人々が生命に危機に直面しています。
女キャスター:では次に、激戦の伝えられます、カオシュン戦線のその後の模様です。
新たに届きました情報に依りますと、ザフト軍は先週、カオシュンの手前6キロの地点…
トリィ:トリィ?
トール:キラー。こんなとこに居たのかよ、カトー教授がお前のこと探してたぜ。
キラ:また?
ミリアリア:見かけたらすぐ引っ張ってこいって。
な~に?また何か手伝わされてるの?
キラ:ったっく~。昨日渡されたのだってまだ終わってないのに。
リポーター:早く早く!早く逃げて!
トール:お、なんか新しいニュースか?
キラ:ああ、カオシュンだって。
リポーター:こちらカオシュンから7キロの地点では、依然激しい戦闘の音が続いています。
トール:うぃあ~、先週でこれじゃあ今頃はもう落ちちゃってんじゃねぇの、カオシュン。
キラ:ん~。
ミリアリア:カオシュンなんてけっこう近いじゃない。大丈夫かなほんと。
トリィ:トリィ!
トール:まー、そら心配ないでしょう。近いったってウチは中立だぜ。
オーブが戦場になるなんてことはまずないって。
ミリアリア:そう、ならいいけど。
アスラン(回想):ほんとに戦争になるなんてことはないよ。プラントと地球で。
避難なんて意味ないと思うけど。
キラもその内プラントに来るんだろ?
トール:キラ?
キラ:うわぁぁ。
トール:何やってんだ、お前。ほら、行くぞ。
キラ:ああ、うん。。
オペレータA:軸線修正、右6,51ポイント。進入ベクトル良好。
オペレータB:制動噴射、停止。電磁バケットに制御を移管する。
オペレータC:減速率2,56。停船する。待機せよ。
輸送艦艦長:これでこの船の最後の任務も無事終了だ。
貴様も護衛の任、御苦労だったな。フラガ大尉。
フラガ:いえ、航路何もなく幸いでありました。周辺にザフト艦の動きは?
輸送艦艦長:2隻トレースしておるが、な~に、港に入ってしまえばザフトも手が出せんよ。
フラガ:ッフ。中立国でありますか。聞いて呆れますが。
輸送艦艦長:はっはっは。だがそのおかげで計画もここまでこれたのだ。
オーブとて地球の一国ということさ。
パイロット:では、艦長。
輸送艦艦長:ん。
フラガ:上陸は本当に彼らだけでよろしいので?
輸送艦艦長:ひよっこでもGのパイロットに選ばれたトップガン達だ。問題ない。
貴様等がちょろちょろしてるほうがかえって目立つぞ。
フラガ:…[苦笑]
クルーゼ:そう難しい顔をするな、アデス。
アデス:はっ。いえしかし、評議会からの返答を待ってからでも遅くはないので…
クルーゼ:遅いな。私の勘がそう告げている。
ここで見過ごさばその代価、いずれ我らの命で支払わねばならなくなるぞ。
地球軍の新型機動兵器、あそこから運び出される前に奪取する。
フレイ:だからー、そういうんじゃないんだってばー。
友人1(ショート):えー、うっそー。
友人2(ツイン):もう、白状しちゃいなさいよ。
フレイ:だからー。
キラ:あ!
フレイ:うふふっ。あれ?ミリアリア
ミリアリア:はーい。
友人1(ショート):あ、ねぇ、ミリアリアなら知ってるんじゃな~い?
ミリアリア:な~に?
フレイ:やめてよってばもうー。
友人1(ショート):この子ったら、サイ・アーガイルに手紙貰ったのー。
キラ:えっ!
友人1(ショート):なのに何でもないって話してくれないのよ。
ねー?
友人2(ツイン):ねー?
ミリアリア:えー!?
フレイ:あんた達っ!もういい加減にっ!
ナタル:んっんーん(咳払い)。
キラ&トール:あっ。
ナタル:乗らないのなら先によろしい?
トール:あっあ、すいません。どうぞ。
フレイ:っもう!知らないから!行くわよ!
友人2(ツイン):ああん、待ってよ~。
友人1(ショート):待ってよ~。
フレイ&友人1&2:*1……に寄ってみない?限定のカフェロールがまだあるかも。……
トール:手紙だって、サイが。
キラ:えっ。
トール:意外だなぁ、フレイ・アルスターとは。
けど強敵だよーこれは。キラ・ヤマト君ー。
ミリアリア:えっへっへー。
キラ:僕は別にっ!
ナタル:なんとも平和なことだ、まったく。
ノイマン:は?
ナタル:あのぐらいの歳でもう前線に出る者もいるというのに。
トール:いいじゃんか別に。お前が聞けないってんなら、俺が聞いてやるよ。
キラ:しつこいぞ、トール。
所員A:カトーゼミの学生3名確認。
所員B:追尾に切り替え。
トール:うーっす。
サイ:あ、キラやっと来たか。
キラ:う…ん?…!…
トール:誰?
カズイ:あ、教授のお客さん。ここで待ってろって言われたんだと。
トール:ふーん。
キラ:で、教授は?
サイ:これ預かってる。追加とかって。
キラ:うへ~。
サイ:なんなんだ?どうせモルゲンレーテの仕事の方なんだろうけど。
キラ:興味ないよ。フレーム設置モジュールの改良。とにかくプログラムの解析さ。
キラ:うわぁ。
トール:そんなことより手紙のこと聞け。
サイ:手紙?
キラ:な、なんでもないって。
トール:なんでもねぇわけねぇだろうが。
サイ:なんだよー?
トール:いや、だからー。
キラ:なんでもないったらなんでもない。
サイ:なにトール?俺にだけ俺にだけ。
ミリアリア:やめなさいってばー。
キラ:離せ!苦しいって。
トール:そうはいくか!お前がしゃべるまでこうしてやる!
クルーゼ:時間だな。
アデス:抜錨!ヴェサリウス発進する!
アイキャッチ
管制員1:こちらヘリオポリス。接近中のザフト艦、応答願います。ザフト艦、応答願います。
管制員2:管制長!
管制長:落ち着け。えーい!アラートを止めんか!
接近中のザフト艦に通告する。貴艦の行動は我が…大きく違反するものである。
直ちに停船されたし。ザフト艦!直ちに停船されたし!
管制員1:強力な電波干渉、ザフト艦より発信されています。これは明らかに戦闘行為です!
フラガ:敵は?
輸送艦艦長:2隻だ。ナスカ及びローラシア級。電波妨害直前にモビルスーツの発進を確認した。
フラガ:ちぇっ。リークとゲイルはメビウスにて待機。まだ出すなよ!
地球軍士官:艦長…。
AA艦長:慌てるな。迂闊に騒げば向こうの思うつぼだ。対応はヘリオポリスに任せるんだ。
作業員A:推進剤注入。80%完了。
作業員B:第16作業班、物資搬入を開始。
AA艦長:分かっている!いざとなれば艦は発進させる!
ラミアス大尉を呼び出せ!Gの搬送を開始させい!!
ナタル:はっ!
クルーゼ:鉱山部を叩いたら一気に抑えるぞ。
アデス:はっ!
マリューアークエンジェルへ!急いで!
AA艦長&士官:うわぁぁぁぁ!
ナタル&周辺の士官:!!…うわぁぁぁぁ!
マリュー&周辺の作業員:う、うわぁ!
ミリアリア:あーーー。
キラ:あっ。
サイ:隕石か?
カガリ:…!あっ。
輸送艦艦長:フラガ大尉。
フラガ:船を出して下さい。港を制圧されます。
こちらも出る!
オペレータ:ザフトモビルスーツ2機、第7エリアに侵入!
街の人:モ、モビルスーツ!?うわぁ!
イザーク:あれだ。クルーゼ隊長の言ったとおりだな。
ディアッカ:突けば慌てて巣穴から出てくるって?やっぱり間抜けなもんだ、ナチュラルなんて。
ザフト軍兵士:お宝を見つけたようだぜ。セクターS。第37工場区!
ミゲル:了解。流石イザークだな。早かったじゃないか。
フラガ:ゲイル!
ゲイル:うわぁぁぁ!!
作業員:ラミアス大尉!艦との交信途絶。状況不明。
マリュー&作業員達:!?…うわぁ。
マリューザフトの!!X-103と303を起動させて!とにかく工区から出すわ!
作業員:分かりました!
ミリアリア:…何?何なの?
サイ:どうしたんです?
避難民A:知らんよ。
避難民B:ザフトに攻撃されてる!コロニーにモビルスーツが入ってきてるんだよ!
カガリ:!!
避難民B:君達も早く!
サイ:行こう。早く!行くぞ!
キラ:君!
カガリ:うっ!
トール:キラ!
キラ:すぐに戻る!
イザーク:運べない部品と工場施設は全て破壊だ。報告では5機あるはずだが?
あとの2機はまだ中か?
アスラン:俺とラスティの班で行く。イザーク達はそっちの3機を。
イザーク:OK任せよう。各自搭乗したらすぐに自爆装置を解除。
地球軍兵士A:うわぁ。
地球軍兵士B:うー。
地球軍兵士C:うわぁ。
地球軍兵士D:うー。
キラ&カガリ:はあはあ。
キラ:何してるんだよ!そっち行ったって…
カガリ:何で付いてくる?そっちこそ早く逃げろ!
キラ&カガリ:うわぁ。
キラ:あー…
キラ:…女…の子?
カガリ:なんだと思ってたんだ!今まで。
キラ:…いや、だって。
カガリ:いいから行け!私には確かめねばならぬことがある!
キラ:行けったってどこへ?もう戻れないよ!
カガリ:…
キラ:ええと、ほらこっち。
カガリ:離せこのバカ!
キラ:バっ!?
カガリ:…こんなことになってはと…私は…
キラ:だ、大丈夫だって。助かるから!工場区に行けばまだ避難シェルターが…
避難民一同:…うわ…
カトーゼミの面々:…うわ…
キラ&カガリ:あー!?
キラ:こ、これって…
カガリ:…やっぱり…地球軍の新型機動兵器…うっ…お父様の裏切り者ー!
マリュー:ちっ!
キラ:あっ…冗談じゃない!
マリュー:…子供!?
キラ:泣いてちゃ駄目だよ!ほら走って!
イザーク:ほお、すごいもんじゃないか。どうだ?ディアッカ
ディアッカ:OK。アップデータ起動、ナーブリンク再構築、キャリブレート完了。動ける!
イザーク:ニコル。
ニコル:待って下さい。もう少し…
ディアッカアスランとラスティは?遅いな。
イザーク:ふん。奴ならな大丈夫さ。ともかくこの3機、先に持ち帰る。
クルーゼ隊長にお渡しするまで壊すなよ。
キラ:ほら、ここに避難してる人が居る。
避難民:まだ誰か居るのか?
キラ:はい。僕と友達もお願いします。開けて下さい。
避難民:二人!?
キラ:はい!
避難民:もうここはいっぱいなんだ!左ブロックに37シェルターがあるからそこまでは行けんか?
キラ:なら一人だけでもお願いします、女の子なんです。
避難民:分かった。すまん。
キラ:入って。
カガリ:え?
なにを!?私は!
キラ:いいから入れ!僕は向こうへ行く。大丈夫だから。早く!
カガリ:待て!お前!
地球軍兵士A:うおぉ。
地球軍兵士B:ラミアス大尉!
マリュー:ハマダ!ブライアン!早く起動させるんだ!
キラ:あ!?危ない後ろ!
マリュー:さっきの子?まだ!
ザフト兵:うお!
マリュー:来い!
キラ:左ブロックのシェルターに行きます!お構いなく!
マリュー:あそこはもうドアしかない!
キラ:え!?うわぁ。
マリュー:こっちへ!
キラ:あっ。
ラスティ:うわぁ!
アスラン:ラスティー!うおおおお!!!
ハマダ:うお!
マリュー:ハマダ!うわぁ!
キラ:あ!
アスラン:えーい。
キラ&マリュー:うっう。
キラ:はぁはぁ。
アスラン!?
アスラン:!?キラ?
マリュー:くっ!
キラ:あー。

 

次回予告
何の疑いもなく信じていた日常は一瞬のうちに崩れ去った。
炎に包まれる見慣れた大地。立ち上がる白い巨体。
銃下に再開したキラとアスランは何を思うのか。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「その名はガンダム
戦火の大地に、蘇れ、ガンダム

*1:聞き取れん