アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED 第02話「その名はガンダム」

機動戦士ガンダムSEED 第02話「その名はガンダム」

機動戦士ガンダムSEED 第02話「その名はガンダム

 

機動戦士ガンダムSEED 第02話「その名はガンダム


ナレーション:コズミック・イラ70……。『血のバレンタイ』の悲劇によって、地球、プラント
間の緊張は、一気に本格的武力衝突へと発展した……
誰もが疑わなかった、数で勝る地球軍の勝利……。が、当初の予測は大きく裏切られ、
戦局は疲弊したまま、既に11ヶ月が過ぎようとしていた……

マリュー:うぐっ!
キラ:!!
アスラン:くっ!!
キラ:…アスラン
アスラン:…キラ?
マリュー:くっ!
キラ:うわぁ!
マリュー:シートの後ろに。
この機体だけでも。私にだって動かすくらい。
キラ:(アスラン…いやそんなまさか…)
!?
…ガン…ダム?
OP(INVOKE)
コロニーの放送:ヘリオポリス全土にレベル8の避難命令が発令されました。
住民は速やかに最寄りの退避シェルターに避難して下さい。
住民達:キャー!
おーい!
こっち!
カトーゼミの面々:ああ!
住民:まだ居たのか!
ミゲル:アスラン
アスラン:ラスティは失敗だ!
ミゲル:何っ?
アスラン:向こうの機体には地球軍の士官が乗っている。
キラ:あー!!
サイ!トール!カズイ
ミゲル:チィ!
キラ&マリュー:うわぁ!
ミゲル:ならあの機体は俺が捕獲する。お前はそいつを持って先に離脱しろ。
アスラン:(…キラ、いや違う。あいつがあんなところに居るはずは…)
キラ&マリュー:くっ!
うわぁ!
キラ:うっ!
マリュー:下がってなさい!死にたいの!?
キラ:…すいません!
うわぁぁ!
マリュー:くっ!
キラ:あっ!
アスラン:あっ!
ミゲル:何ぃ!!
キラ:このモビルスーツ
マリュー:うっ!
ミゲル:こいつ!どうなってる!?こいつの装甲は!
アスラン:こいつらはフェシズシフトの装甲を持つんだ。
展開されたらジンのサーベルなど通用しない。
ミゲル:お前は早く離脱しろ!いつまでもウロウロするな!
キラ&マリュー:あっ!
キラ:(あっ!…これってまだ!?)
ミゲル:ふん!いくら装甲が良かろうがっ!
キラ&マリュー:あっ!うわぁぁ!
ミゲル:そんな動きで!
キラ&マリュー:うわぁぁ!
キラ:…あっ!
ミゲル:生意気なんだよ!ナチュラルがモビルスーツなど!
キラ:…
カトーゼミの面々:あ。
キラ:ああっ!
ミゲル:うわぁぁ!
マリュー:君!?
キラ:ここにはまだ人が居るんです!こんなものに乗ってるんだったら何とかして下さいよ!
ミゲル:くぅぅっ!
キラ:無茶苦茶だ!こんなOSでこれだけの機体を動かそうなんて!
マリュー:まだ全て終わってないのよ。仕方ないでしょ。
ミゲル:このぉー!
キラ:どいて下さい!
マリュー:え?
キラ:早く!
マリュー:あ、あ。
(この子…!?)
キラ:…ん。
ミゲル:何ぃ!
うわぁぁ!
カトーゼミの面々:あぁぁ。
キラ:キャリブレーション取りつつ、ゼロ・モーメント・ポイント及びCPGを再設定…、
チッ!なら疑似皮質の分子イオンポンプに制御モジュール直結!
ニュートラルリンケージ・ネットワーク、再構築!メタ運動野パラメータ更新!フィードフォワード制御再起動、伝達関数コリオリ偏差修正!運動ルーチン接続!システム、オンライン!ブートストラップ起動!
ミゲル:なんなんだあいつ…急に動きが…
キラ&マリュー:うっ!
キラ:武器…!
後はアーマーシュナイダー…?これだけかっ!
ミゲル:くっそー!チョロチョロと!
キラ:こんなところでっ!
やめろっー!!
ミゲル:ハイドロ応答無し。多元駆動システム停止。ええーい!
マリュー:あっ!まずいわ!ジンから離れて!
キラ:えぇ?
キラ&マリュー:うわぁぁぁぁぁ!
ナタル:うぅっうっ。。
はっ!………船!アークエンジェルは!?
輸送艦パイロット:操舵不能ぉ!!
輸送艦艦長:ぬわぁぁ!!
フラガ:チィ!この戦力差では!どうにもならんか!
ザフトオペレータ:オロール機大破、緊急帰投。消火班、Bデッキへ。
アデス:オロールが大破だとっ!こんな戦闘で!
クルーゼ:どうやらいささか五月蠅い蠅が一匹飛んでいるようだぞ。
アデス:はっ?
ザフトオペレータ:ミゲル・アイマンよりレーザービーコンを受信。エマージェンシーです!
クルーゼ:ミゲルが機体を失うほどに動いているとなれば…最後の一機、そのままにはしておけん。
アイキャッチ
ナタル:誰か!誰か居ないのか!……はぁ…くそっ!
生き残った者は!
はっ!? うっくっ。
ノイマン:バジルール少尉!御無事で!
フラガ:引き上げる!?だが…まだ何か…これはっ!
クルーゼ:私がお前を感じるように、お前も私を感じるのか?不幸な宿縁だな。ムウ・ラ・フラガ
マリュー:ううっ!
ミリアリア:気が付きました?キラー!
マリュー:うぐっ!
キラ:あー、まだ動かない方がいいですよ。
マリュー:ハァァ。
キラ:…すみませんでした。なんか僕、無茶苦茶やちゃって。
ミリアリア:お水、要ります?
マリュー:…ありがと。
トール:すっげーなぁ、ガンダムっての!
カズイ:動く?動かないのか?
サイ:お前ら!あんまり弄るなって!
カズイ:なんでまた灰色になったんだ?
トール:メインバッテリーが切れたんだとさ。
マリュー:その機体から離れなさい!
トール&カズイ:んー?…うわぁ!
キラ:何をするんです!止めて下さい!
彼らなんですよ!気絶してる貴方を降ろしてくれたのは!…うっ。
マリュー:助けてもらったことは感謝します。でもあれは軍の重要機密よ。
民間人が無闇に触れていいものではないわ。
トール:なんだよ。さっき操縦してたのはキラじゃんか。
マリュー:みんなこっちへ。
一人ずつ名前を。
サイ:サイ・アーガイル
カズイカズイ・バスカーク
トール:トール・ケーニヒ
ミリアリアミリアリア・ハウ
マリュー:んっ。
キラ:キラ・ヤマト
マリュー:私はマリュー・ラミアス地球連合軍の将校です。
申し訳ないけど、あなた達をこのまま解散させるわけにはいかなくなりました。
カトーゼミの面々:えー!?
マリュー:事情はどうあれ軍の重要機密を見てしまったあなた方は、然るべき所と連絡が取れ
処置が決定するまで私と行動を共にしていただかざるを得ません。
カズイ:そんな!
トール:冗談じゃねぇよ!なんだよそりゃ!
マリュー:従ってもらいます!
サイ:僕たちはヘリオポリスの民間人ですよ?中立です!軍とかなんとかそんなの、なんの関係もないんです!
トール:そうだよ!大体なんて地球軍がヘリオポリスに居る訳さ!そっからしておかしいじゃねぇかよ!
カズイ:そうだよ!だからこんなことになったんだろ!?
マリュー:黙りなさい!何も知らない子供が!
中立だと関係ないと言ってさえいれば、今でもまだ無関係でいられる。
まさか本当にそう思っている訳じゃないでしょう?
ここに地球軍の重要機密があり、あなた達はそれを見た。
それが今のあなた達の現実です。
サイ:…そんな乱暴な。
マリュー:乱暴でもなんでも、戦争をしているんです!
プラントと地球、コーディネイターナチュラル、あなた方の外の世界はね。
フラガ:……んっ!
くそー!ラウ・ル・クルーゼかっ!
クルーゼ:お前はいつでも邪魔だな!ムウ・ラ・フラガ
尤もお前にも私が御同様かな!?
フラガ:ええーい!ヘリオポリスの中にっ!
ノイマン:無事だったのは、爆発の時、艦に居りましたほんの数名だけです。ほとんどは工員ですが…
ナタル:状況は?ザフト艦はどうなってる?
ノイマン:…分かりません。私どももまだ周辺の確認をするのが手一杯で…
ナタル:流石はアークエンジェルだな。これしきのことで沈みはしないか。
ノイマン:…しかし、港口側は瓦礫が密集してしまっています。完全に閉じこめられました。
ナタル:ああっ!まだ通信妨害されている。
…だが…ではこちらは陽動?ザフトの狙いはモルゲンレーテということか!
ノイマン:!!
ナタル:くそっー!あちらの状況は!?Gはどうなったのだ?これでは何も分からん!
キラ:こ……105ストライク…地球軍…応答…
ナタル&ノイマン:あっ!
キラ:こちらX-105ストライク。地球軍、応答願います。地球軍、応答願います!
サイ:ナンバー5のトレーラー……あれでいいんですよね?
マリュー:ええそう…ありがとう。
サイ:それで?この後は僕たちはどうすればいいんです?
マリュー:ストライカーパックを…そしたら…キラ君もう一回通信をやってみて。
キラ:…はい。
フラガ:くっ!こんなところで!
チィッ!
クルーゼ:この辺で消えてくれると嬉しいんだがね。ムウ!!
ノイマン:艦を発進させるなど!この人員では無理です!
ナタル:そんなことを言っている間に、やるにはどうしたらいいかを考えろ!
モルゲンレーテはまだ戦闘中かもしれんのだぞ!
チャンドラ二世&トノムラ&パル:!!
ナタル:それをこのままここに籠もって、見過ごせとでも言うのか!
トノムラ:連れて参りました!
ナタル:シートに着け!コンピュータの指示通りにやればいい。
チャンドラ二世&トノムラ&パル:はい!
ノイマン:外にはまだザフト艦が居ます。戦闘などできませんよ?
ナタル:分かっている!艦起動と同時に特装砲発射準備!できるな?曹長
ノイマン:…
ナタル:発進シークエンス、スタート。非常事態のため、プロセスC-30からL-21まで省略。
主動力、オンライン。
トノムラ:出力上昇、異常なし。定格まで、450秒!
ナタル:長すぎる!ヘリオポリスとのコンジットの状況!
トノムラ:はっ!…生きてます!
ナタル:そこからパワーを貰え!コンジット、オンライン!パワーをアキュムレーターに接続!
トノムラ:接続を確認、フロー正常!定格まで20秒。生命維持装置異常なし!
パル:CICオンライン。
ノイマン:武器システム、オンライン。FCS、コンタクト。磁場チェンバー及びペレットディスペンサー、
アイドリング、正常。
チャンドラ二世:外装衝撃ダンパー、最大出力でホールド。
ノイマン:主動力、コンタクト。
トノムラ:エンジン、異常なし。アークエンジェル全システム、オンライン。発進準備完了!
ナタル:気密隔壁閉鎖。総員、衝撃及び突発的な艦体の破壊に備えよ。
前進微速。アークエンジェル、発進!
キラ:どれですか?パワーパックって!
マリュー:武器とパワーパックは一体になってるの!このまま装備して!
ミリアリア:まだ解除にならないのね、避難命令。
サイ:親父やお袋達も避難してんのかな?
カズイ:あ~あ、早く家帰りてぇ~。
クルーゼ:ほお、あれか。
フラガ:最後の一機か!
サイ&ミリ&カズイ:うわぁぁ!
マリュー:装備を付けて!早く!
フラガ:…うっ!
何っ!?
クルーゼ:フッ。
今のうちに沈んでもらう!
キラ:あぁあぁぁ!
ナタル:特装砲発射と同時に、最大戦速!
クルーゼ:何?
キラ:!!


次回予告
友を守りたい。ただその想いから力を尽くして目の前の敵に立ち向かったキラ。
が、放たれた放火はそんな想いを届けはしない。
向けられた銃と銃の間にあるものは、ただ生と死と、憎しみと。
そのトリガーを引く訳、を今改めて少年達は知る。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「崩壊の大地」
迫り来る脅威を、撃て、ガンダム