アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED 第03話「崩壊の大地」

機動戦士ガンダムSEED 第03話「崩壊の大地」

機動戦士ガンダムSEED 第03話「崩壊の大地」

 

機動戦士ガンダムSEED 第03話「崩壊の大地」

ナレーション:コズミック・イラ70…。『血のバレンタイ』の悲劇によって、地球、プラント
間の緊張は、一気に本格的武力衝突へと発展した…
誰もが疑わなかった、数で勝る地球軍の勝利…。が、当初の予測は大きく裏切られ、
戦局は疲弊したまま、既に11ヶ月が過ぎようとしていた…

クルーゼ:今のうちに沈んでもらう!
キラ:うわぁぁ!
ビーム兵器!?
クルーゼ:ん?新型か!仕留め損ねたか!?
フラガ:戦艦?コロニーの中にか!
マリューアークエンジェル
OP(INVOKE)
ノイマン:開口部を抜けました!コロニー内部に進入!
トノムラ:モルゲンレーテは大破!ストライクが起動中!…いや、戦闘中です!
ナタル:!!
回避!面舵!
クルーゼ:フェイズシフト。これはどうだ。
マリュー:伏せて!
サイ&ミリ&カズイ:うわぁ!
キラ:チッ!
クルーゼ:チッ!強化APSV弾でも…
ナタル:艦尾ミサイル発射管、7番から10番まで発射準備!目標、敵モビルスーツ
レーザー誘導!いいな、間違えてもシャフトや地表に当てるなよ!
パル:!!
ナタル:てぇ!
クルーゼ:チィッ!
ミリアリア:キャー!
キラ:じょ!冗談じゃない!
!!
マリュー:待って!それは!うっ!
クルーゼ:!!
キラ:ああ…
クルーゼ:これほどまでの火力、モビルスーツに持たすとは。
トノムラ:敵モビルスーツ、離脱します。
ナタル:ハァ…着陸する。対地速度合わせ。重力の発生に注意しろよ。
整備アナウンス:第5プログラム班は待機。インターフェイス、オンライン。データパスアップ、
ウィルス障壁、抗体注入完了。データベース、コンタクトまで300ミリ秒。
第2班、パワーパックの極性*1に注意しろ。第4班は…
整備員:うわ!
アスラン:あ!すまない!ついそっちまで弄ってしまった。
整備員:ああ、大丈夫です。外装チェックと充電は終わりました。そちらはどうです?
アスラン:こちらも終了だ。…しかしよくこんなOSで…
整備アナウンス:クルーゼ隊長機帰還。被弾による損傷あり。消火班、救護班はBデッキへ。
整備員:隊長機が腕を…
整備アナウンス:装甲冷却開始!
アスラン:(…まさか…でもあいつなら…)
ナタル:ラミアス大尉!
マリュー:バジルール少尉!
ナタル:御無事で何よりでありました!
マリュー:あなた達こそ、よくアークエンジェルを…おかげで助かったわ。
ナタル:!
マードック:おいおい何だってんだ?子供じゃないか!あのボウズがあれに乗ってたってのか。
ナタル:…ラミアス大尉…これは?
マリュー:ああ…
フラガ:へー、こいつは驚いたな。
地球軍、第7機動艦隊所属、ムウ・ラ・フラガ大尉、よろしく。
マリュー:第2宙域、第5特務師団所属、マリュー・ラミアス大尉です。
ナタル:同じく、ナタル・バジルール少尉であります。
フラガ:乗艦許可を貰いたいんだがねぇ。この艦の責任者は?
ナタル:…
艦長以下、艦の主立った士官は皆、戦死されました。
よって今は、ラミアス大尉がその任にあると思いますが。
マリュー:ええ…
ナタル:無事だったのは艦にいた下士官と、十数名のみです。
私はシャフトの中で運良く難を。
マリュー:艦長が…そんな…
フラガ:やれやれ、なんてこった。あーともかく許可をくれよ、ラミアス大尉。
俺の乗ってきた船も落とされちまってねー。
マリュー:あ…はい、許可致します。
フラガ:で、あれは?
マリュー:御覧の通り、民間人の少年です。襲撃を受けた時、何故か工場区に居て…
私がGに乗せました。キラ・ヤマトと言います。
フラガ:ふーん。
マリュー:…う、彼のおかげで、先にもジン1機を撃退し、あれだけは守ることができました。
ナタル:ジンを撃退した!?
下士官一同:え!
ナタル:あの子供が!?
フラガ:俺は、あれのパイロットになるヒヨっこ達の護衛で来たんだがねぇ、連中は…
ナタル:ちょうど指令ブースで艦長へ着任の挨拶をしている時に爆破されましたので…共に…
フラガ:…そうか。
ミリアリア:!
キラ:な、なんですか?
フラガ:君、コーディネイターだろ。
キラ:!
カトーゼミの面々:!
下士官一同:!
キラ:…はい。
トール:!
クルーゼ:ミゲルがこれを持って帰ってくれて助かったよ。
でなければ、いくら言い訳したところで、地球軍のモビルスーツ相手に機体を損ねた私は、大笑いされていたかもしれん。
オリジナルのOSについては、君らも既に知っての通りだ。
なのに何故!この機体だけがこんなに動けるのかは分からん。
だが我々がこんなものをこのまま残し、放っておく訳にはいかんと言うことは、はっきりしている。
捕獲できぬとなれば、今ここで破壊する。戦艦もな。侮らずにかかれよ。
ザフト士官一同:は!
アデス:ミゲル、オロールは直ちに出撃準備!D装備の許可が出ている。
今度こそ完全に息の根を止めてやれ!
ミゲル&オロール:はい!
アスラン:アデス艦長!私も出撃させて下さい!
アデス:ん?
クルーゼ:機体がないだろ。それに君は、あの機体の奪取という重要任務を既に果たした…
アスラン:ですが…
アデス:今回は譲れ、アスラン。ミゲル達の悔しさも、君に引けは取らん。
アスラン:…
トール:な、なんなんだよそれは!
キラ:トール…
トール:コーディネイターでもキラは敵じゃねぇよ!さっきの見てなかったのか!
どういう頭してんだよ、お前らは!
マリュー:…銃を下ろしなさい。
警備兵:…
ナタル:ラミアス大尉、これは一体…
マリュー:そう驚くこともないでしょう?ヘリオポリスは中立国のコロニーですもの。
戦渦に巻き込まれるのが嫌で、ここに移ったコーディネイターが居たとしても不思議じゃないわ。
違う?キラ君。
キラ:ええ、まぁ…僕は一世代目のコーディネイターですから。
パル:一世代目?
フラガ:両親はナチュラルってことか。…いや、悪かったなぁ。とんだ騒ぎにしちまって。
俺はただ聞きたかっただけなんだよね。
マリュー:フラガ大尉…
フラガ:ここに来るまでの道中、これのパイロットになるはずだった連中の、
シミュレーションをけっこう見てきたが、奴等、ノロくさ動かすにも四苦八苦してたぜ。
やれやれだな。
ナタル:大尉!どちらへ?
フラガ:どちらって、俺は被弾して降りたんだし、外に居るのはクルーゼ隊だぜ?
マリュー&ナタル:ええ…
フラガ:あいつはしつこいぞ~。
こんなところでのんびりしている暇は、ないと思うがね。
整備員:6番コンテナだ!ジンにD装備を!
整備アナウンス:作戦開始、0100時、発進機*2、待機位置へ前進!
ディアッカ:D装備だって。
イザーク:要塞攻略戦でもやるつもりなのかな?クルーゼ隊長は。
ニコル:でも、そんなことしてヘリオポリスは…
ディアッカ:しょうがないんじゃない?
イザーク:自業自得です。中立とか言っといてさ。
ニコル:…
パル:水はモルゲンレーテから持ってくる他ないだろ!
マードック:ストライクのパーツと弾薬が先だ!急げ!
整備員:マードック軍曹!来て下さいよー。
カズイ:この状況で寝られちゃうってのもすごいよな。
ミリアリア:疲れてるのよ。キラ、本当に大変だったんだから。
カズイ:大変だったか…ま、確かにそうなんだろうけどさ…
サイ:何が言いたいんだ。カズイ
カズイ:別に。ただキラには、あんなことも大変だったで済んじゃうもんなんだなって思ってさ。
キラ、OS書き換えたって言ってたじゃん、あれの。それっていつさ?
サイ:いつって…
カズイ:キラだって、あんなもんのことなんか知ってたとは思えない。
じゃあ、あいつ、いつOS書き換えたんだよ。
キラがコーディネイターだってのは知ってたけどさ、
遺伝子操作されて生まれてきたやつら、
コーディネイターってのはそんなことも大変だったで出来ちゃうんだぜ。
ザフトってのはみんなそうなんだ。そんなんと戦って勝てんのかよ、地球軍は…。
アイキャッチ
マリュー:はぁー。コロニー内の避難はほぼ100%完了しているということだけど、
さっきので警報レベルは9に上がったそうよ。
フラガ:シェルターは、完全にロックされちまったって訳か。
あー、けどそれじゃぁ、あのガキどもはどうすんだ?
ナタル:え?
フラガ:もう、どっか探して放り込むって訳にも、いかないじゃないの。
ナタル:彼らは、軍の機密を見たため、ラミアス大尉が拘束されたのです。
このまま解放するわけには…
フラガ:じゃぁ、脱出にも付き合ってもらうってのか?
出てきゃぁ、ド派手な戦闘になるぞ。
マリュー:…ストライクの力も必要になると思うのですけど。
ナタル:あれをまた実践で使われると!?
マリュー:使わなきゃ、脱出は無理でしょ?
ナタル:…
フラガ:あのボウズは了解してるのかい?
ナタル:今度はフラガ大尉が乗られれば…
フラガ:おえ!無茶言うなよ!あんなもんが俺に扱えるわけないだろ!
ナタル:ええ…?
フラガ:あのボウズが書き換えたっていうOSのデータ、見てないのか?
あんなもんが、普通の人間に扱えるのかよ。
ナタル:…なら、元に戻させて…とにかくあんな民間人の…しかもコーディネイターの子供に
大事な機体をこれ以上任せる訳には…
フラガ:そんでノロくさ出てって、的になれっての?
マリュー&ナタル:…
整備アナウンス:オロール機発進完了。ミゲル機、カタパルトへ。
整備員A:ハッチ閉鎖!うぉ!
整備員B:なんだおい!
整備員C:これも出るのか?
整備員B:聞いてないぞ!
アデス:なにっ!?アスラン・ザラが奪取した機体でだと!?呼び戻せ!すぐに帰還命令を!
クルーゼ:行かせてやれ。
アデス:は?
クルーゼ:データの吸い出しは終わっている。かえっておもしろいかもしれん。
地球軍のモビルスーツ同士の戦いというのも。
チャンドラ二世:コロニー全域に電波干渉。Nジャマー、数値増大!
ナタル:なんだと!
フラガ:チィ。やっぱこっちが出てくまで、待つ気はないか、あの野郎~。
ナタル:またヘリオポリス内で仕掛けてくるつもりですか?
フラガ:楽だぜ?こっちは発砲できない、向こうは撃ち放題だ。
キラ:お断りします!僕達をもうこれ以上、戦争になんか巻き込まないで下さい!
マリュー:…キラ君。
キラ:貴方の言ったことは正しいのかもしれない。僕達の外の世界は戦争をしているんだって。
でも僕らはそれが嫌で、戦いが嫌で中立のここを選んだんだ!それを…
パル:ラミアス大尉!ラミアス大尉!至急ブリッジへ!
マリュー:どうしたの?
フラガ:モビルスーツが来るぞ!早く上がって指揮を執れ!君が艦長だ!
マリュー:!私が?
フラガ:先任大尉は俺だが、この艦のことは分からん。
マリュー:…分かりました。
では、アークエンジェル発進準備、総員戦闘第一戦闘配備。大尉のモビルアーマーは?
フラガ:駄目だ!出られん!
マリュー:では、フラガ大尉には、CICをお願いします。
聞いての通りよ。また戦闘になるわ。シェルターはレベル9で、今はあなた達を降ろしてあげることもできない。
どうにかこれを乗り切って、ヘリオポリスから脱出することができれば…。
ミリアリア:トール…。
トール:んっ。
キラ:卑怯だ!あなた達は!
マリュー:キラ君…。
トール:キラー。
キラ:そしてこの艦にはモビルスーツはあれしかなくて、今扱えるのは僕だけだって言うんでしょ!
マリューヘリオポリスからの脱出を最優先とする。戦闘ではコロニーを傷つけないよう留意せよ!
トノムラ:んな無茶な。
マードック:3番コンテナ開け!ソードストライカー装備だ!
キラ:ソードストライカー?剣か。今度はあんなことないよな。
トノムラ:接近する熱源1。熱紋パターン、ジンです!
フラガ:なんてこったい!拠点攻撃用の、重爆撃装備だぞ!あんなもんをここで使う気かっ!?
トノムラ:タンネンバウム地区から更に別部隊侵入!
ナタル:ストライク、発進させろ。
トノムラ:はっ!一機はX-303、イージスです!
ナタル:!
フラガ:!
マリュー:!
もう実戦に投入してくるなんて!
フラガ:今は敵だ!あれに沈められたいか!
ナタル:…コリントス、発射準備。レーザー誘導、厳に!
マリュー:フェイズシフトに実体弾は効かないわ!
主砲、レーザー連動。焦点拡散!
ミゲル:オロールとマシューは戦艦を!アスラン!無理矢理付いてきた根性、見せてもらうぞ!
アスラン:ああ。
トール:おい!あっちのモニターで外の様子が見えるぞ!
ミゲル:そーら落ちろ!
キラ:ああ…
ミゲル:ええい!
キラ:コロニーに当てる訳にはいかない!どうすりゃいいんだよ!
ミゲル:…やったか?…はあ…
アスラン:…
チャンドラ二世:第4兵装バンクに被弾!隔壁閉鎖!
マードック:うわぁ!くそったれめ!
ナタル:迎撃!
パル:間に合いません!
フラガ:照準!マニュアルでこっちに寄こせ!
マリュー:面舵40度!全速!
避難民:また戦闘が始まったのか?
シェルターアナウンス:警報レベルが10に移行しました。
このシェルターは救命艇としてパージされる可能性があります。全員…
ミゲル:くっそー!
チィ!素早い!回り込め!アスラーン!
キラ:あっ!あのモビルスーツ
アスラン:キラ…君なのか?
ミゲル:もらったぁ!!
キラ:あっ…
ミゲル:何ぃっ!
キラ:うわあ゛ぁぁぁ!!
ミゲル:うわあ゛あ゛ぁぁぁ!!!
アスラン:ミゲルーー!!
フラガ:…くっ!
マリュー:あっ!
フラガ:しまった!!
マシュー:オロール!くっそー!
マリュー:これ以上、コロニーに損害を与えられないわ!
ナタル:では、どうしろというんです!?沈められろとでも!?
ナタル:ストライク!何をやっている!こちらは敵の攻撃を受けている!
マシュー:アスラン!どこに居るだアスラン
キラ:(アスラン…まさか…)
アスラン:キラ!キラ・ヤマト
キラ:…
アスラン:やはりキラ…キラなのか?
キラ:アスランアスラン・ザラ
マリュー:!
ナタル&トノムラ:!
チャンドラ二世&パル:!
フラガ:!
カトーゼミの面々:!
キラ:何故…何故君が!?
アスラン:お前こそ…どうしてそんなものに乗っている!?
シェルターアナウンス:強制退去命令を実行します。
アデス:…隊長…
クルーゼ:…
キラ:あーー、うわぁぁぁぁ!!
アスラン:キラーー!!


次回予告
失われたもの。それは当たり前の時間と信じていた未来。
戻らぬものの大きさを、虚空に散る大地に知った時、
少年達は何に向かおうとするのか。
伴わない感覚の中、迫る現実は彼らを追い立て、
開くゲートの先に広がる戦いの闇は果てしなく暗く、深い。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「サイレント ラン」
その闇を、切り裂いて開け!ガンダム

 

*1:?

*2:?