アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士Zガンダム 第24話 反撃 全セリフ

機動戦士Zガンダム 第24話 反撃 全セリフ

機動戦士Zガンダム 第24話 反撃 全セリフ

 

機動戦士Zガンダム 第24話 反撃 全セリフ


ナレーション:シロッコの先導する艦隊は、フォン・ブラウン市へ襲い掛かった。それを防戦しようとする、アーガマとラーディッシュは、シロッコの突出を阻止することができず、フォン・ブラウン市は、ティターンズの手に落ちてしまった。

エマ:フォン・ブラウン市が落とされたというのに、クワトロ大尉とブレックス准将が、地球に行ってしまったなんて。
ブライト:戦いだけが戦争じゃないからな。 中佐、補給状況は?
ヘンケン:良くない。グラナダも、地下街建設やらで人手が足らん。
ブライト:こちらもそうです。
ヘンケン:でな、モビルスーツの編成について、君の意見を聞きたいのだ。
ブライト:中佐…!
ヘンケン:あっ、でだな…。

クワトロ:准将。
ブレックス:わかっている。

カツ:待って!どこへ行くのかぐらい教えてよ。
カミーユ:ハロの調子が悪くなった。直しとけ。
カツ:は、はい。だから!どこへ行くの?
カミーユ:フォン・ブラウン市だ。
カツ:だってあそこは?
カミーユ:そういう任務もあるんだ。
カツ:あっ。カミーユ!
ハロ:ハロ、ビョーキ!ビョーキ!
カツ:えぇい!カミーユだけが行くなんて。
カミーユ:では。
ブライト:ティターンズモビルスーツの数だけわかればいいんだ。
カミーユ:わかってます。フォン・ブラウンの市民が、どのくらいティターンズ寄りかも、調べるってんでしょ?
カツ:あっ手伝います。
ブライト:まぁな。それが筋だ。
エマ:いじけないで。すぐ追いかけるから。
カミーユ:了解。
レコア:あたし達が、接近したら、ポイント表示の発信を忘れないで。
カミーユ:はい。味方に殺されたくありませんからね。
ブライト:エアカーは積み込んだか?
アーガマ・クルー:はっ。済んでます。
ブライト:ドア閉じて。
アーガマ・クルー:はい。
ブライト:カツが来ていたようだが?
アーガマ・クルー:はい、あれ?

ブレックス:地球でのほほんとしている連中は、宇宙で何が起こっても全く他人事だ。
クワトロ:はい、地球連邦軍の指揮権を、ティターンズに渡す方に傾いているなど、信じられませんでした。
ブレックス:ジャミトフは地球上の政治家は地球に住むべきだとぬかしたんだ。このアフリカ大陸の半分が砂漠化した現実を見ていても、それでいいと言うんだよ。
クワトロ:政治家達全てを、宇宙に運ぶ方法はないものでしょうかね?
ブレックス宇宙酔いが怖いのだとさ。

エゥーゴパイロット:そろそろ、フォン・ブラウン市だぞ。旅行者らしくしろよ。
カミーユ:わかってるよ。
エゥーゴパイロット:身分証明書、覚えてるか?
カミーユ:あぁ、ミドゥサ・カレッジの一年生、シリー・クライム、18歳。

ブレックス:無駄は承知で政治家達の宇宙移民を提案するか。
クワトロ:緊急動議で?
ブレックス:あぁ。
クワトロ:それも良いかも…。

カミーユ:はっ!この前のヤツだ。

ジャマイカン:すぐにジュピトリスに帰ると言いながらようやくか。シロッコめ。
マウアー:ジャマイカン少佐。
ジャマイカン:貴様ら、ドゴス・ギアに乗っていたのではないのか?
ジェリド:ケガのおかげで置いてきぼりを食っちまったんですよ。
ジャマイカン:ふん、シロッコは状況の把握どころか、部下の管理もできんと見える。
マウアー:少佐、お願いがあります。
ジャマイカン:何か?
マウアー:我々を、アレキサンドリアモビルスーツ部隊に編入していただきたいのです。
ジャマイカン:自分の都合だけで物を言うな。こちらはパイロットは余っている。
マウアー:少佐…。
ジャマイカン:休暇でももらったつもりで、ショッピングでも楽しんで来たら良かろう。
ジェリド:そりゃあいい考えだ。マウアー、行こうぜ。
マウアー:ジェリド。
ジャマイカン:ふん、あれでもティターンズか。

連邦警備兵:関係者以外立入禁止のプレートが見えなかったのか!
カミーユ:えぇ?そんなのありました?
ジェリド:カミーユ!?
マウアー:ジェリド。
カミーユ:身分証明書ならあります。
連邦警備兵:嘘吐け!
ジェリド:待ちな!勘弁してやってくれ、こいつはオレの従兄弟なんだ。
連邦警備兵:中尉の?
ジェリド:戦艦のマニアでね、見境がつかなくて困るんだよ。オレに免じて、な?
連邦警備兵:そうですか。中尉の身内の方ならばよろしいのです。
ジェリド:カミーユ!待て、カミーユ!
マウアー:カミーユ?

カミーユ:うっくっ!うぅ!あぁぁ。返してくれ!あっ!
ジェリド:エゥーゴはお前みたいなヤツにスパイさせるまでに落ちぶれたのか!?
カミーユ:警備兵にでも突き出したらいいでしょう?
ジェリド:その前に、オレの手で殺してやるさ。
マウアー:やめなさい、ジェリド。まだ子供じゃない?
ジェリド:子供なものか!こいつがライラやカクリコンを殺したんだ!
マウアー:えっ?じゃあ、例のニュータイプってこの子なの?
カミーユ:僕はニュータイプなんかじゃない!
ジェリド:黙れ、それじゃあライラやカクリコンは普通の子供に殺されたのか!
カミーユ:あなた、そればっかりだ。
ジェリド:黙れと言っただろう!
カミーユ:うぅっ!あぁっ!うっうぅ。
マウアー:(この子がZガンダムパイロットだと言うのか…。この体のどこにあの力が…?)
カミーユ:うっうぅ…。
マウアー:どうする気なの、ジェリド?
ジェリド:監禁するさ。
マウアー:えぇ。この子を監禁するだけで、エゥーゴの損失になるはずね。
ジェリド:ニュータイプがいないだけで、プレッシャーにもなるしな。
カミーユ:僕がいなくたって、エゥーゴは立派に戦えます。
ジェリド:そりゃあどうかな?さあ、立て。 あ…。
カツ:動くと撃つよ。そこの女の人もね。
カミーユ:カツ!
カツ:拳銃を捨てて!早く!
カツ:僕達を、モビルスーツのあるところまで案内するんだ。
ジェリド:どうする気だ?
カツ:奪って逃げる、決まってるだろ!
ジェリド:勇ましいことだな。
カツ:えぇっ、冗談で言ってるんじゃない!
ジェリド:わかったよ、ふっ!
カツ:あぁ。
ジェリド:待て!
カツ:うっ、アムロさんにもらった拳銃が…。
カミーユ:そんなの、どうでもいいだろ!
ジェリド:止まれ!
マウアー:ダメよ、市民に当たるわ。
ジェリド:えぇい。

クワトロ:明日も、同じ時間に頼む。 ん? 危険だ、近寄るな!早く警察に知らせるんだ!
クワトロ:准将…。
ブレックス:クワトロ大尉か…。
クワトロ:准将!
ブレックスティターンズにしてやられた…。
クワトロ:しっかりしてください。
ブレックス:君には、世の中を動かす人に、なってもらいたい…。
クワトロ:准将…。
ブレックス:君がエゥーゴの、指揮を執れ、シャア・アズナブル…。
クワトロ:ブレックス准将!

ヤザン・ゲーブル:とんだ大物が引っかかったもんだ。奇襲を掛けて一気に攻めるぞ。
ハイザックパイロット:アレキサンドリアに知らせなくてよろしいのですか、ヤザン中尉?
ヤザン:行くんだよ。
ハイザックパイロット:了解です。

ブライト:モビルスーツを発進させろ。出せるものからだ。後続も来る!
アポリー:アポリー、発進OK。
エマ:エマ、出ます! こんな所にまで偵察部隊が出ているなんて。
レコア:あん!
ファ:やったぁ!ハロ、サンキュー!
ハロ:ファ、ガンバレ!ファ、ガンバレ!
ファ:ファ、行きます!
アポリー:変形モビルスーツめ!
ファ:あぁっ!これが、カミーユの言っていたモビルスーツ!あぁっ!コントロールが効かない!

カミーユ:はっ、はっ、はっ、はっ…。は?
カツ:どうしたの?
カミーユアーガマ、来ているんだろ?
カツ:作戦予定の時間までは、もう少しあるよ。
カミーユ:そうかい? 何も感じないのか?戦闘が始まった時みたいな感覚を。
カツ:警戒警報だって、鳴ってないよ。
カミーユ:いや!
カツ:カミーユ!うぅ!
ジェリド:いた!

ジャマイカン:敵襲だと?ヤザンは何をやっているのだ!
アレキサンドリア・クルー:見境なく戦闘空域を広げているようです。
ジャマイカン:艦隊を発進用意、援護のモビルスーツ隊を出せ。
アレキサンドリア・クルー:はっ。
ジャマイカン:ジェリドとマウアーも呼び戻せ。
アレキサンドリア・クルー:二人の買い物の行き先など、わかりません。
ジャマイカン:市内に空襲警報を出せば済む。急げ!

ヤザン:同じ変形でも、地球で開発されてこっちで使うんだ、こっちの能力は違う。
エマ:そこっ!
フォン・ブラウン市民:うわぁぁ!
フォン・ブラウン市民:あぁ!マスクだ!マスクが出たぞ!
カミーユ:あ、メタスと、もう1機は…?あの女パイロットの?
カツ:カミーユ!急いで!マスク取られちゃうぞ。
カツ:あっ!
カミーユ:ん?
フォン・ブラウン市民:何だ?
フォン・ブラウン市民:子供が銃を使うのか?やめろ!
ジェリド:これは奇遇だな。ここで撃ち合いをしてもいいんだぜ。
カミーユ:カツ、やめろ。
マウアー:ジェリド。

ブライト:外壁に穴が開いてる。そこから飛び込め。何としてもカミーユを引き上げるんだ!
レコア:了解!
ファ:もう、これまで…?ダメっ!
アポリー:大丈夫か、ファ?
ファ:すみません、アポリー中尉。
アポリー:ん?

フォン・ブラウン市民:うわぁぁ…。
フォン・ブラウンの少年:カミーユ…、カミーユ・ビダンさんでしょ?
カミーユ:あぁ。
フォン・ブラウンの少年:やっぱり!うちの父がエゥーゴの活動を支援してるんで、よく知ってるんです。
ジェリド:大した人気だな、カミーユ
カツ:当たり前だ。ティターンズとは違うんだ。
ジェリド:何だと、このチビ!
カツ:ティターンズは、地球を汚染する悪魔の集団じゃないか。
フォン・ブラウン市民:そうだな、ティターンズだから街中でも戦闘をするんだ。
フォン・ブラウン市民:悪魔はここから出て行って!
ジェリド:貴様ら…。
カツ:こんな事態になったのも、みんなティターンズが…。
ジェリド:仕掛けたのはエゥーゴだ!
カミーユ:よせ、カツ。
カツ:ほんとの事だろ?
カミーユ:どっちが悪くても、一番迷惑を受けているのは、フォン・ブラウン市の市民だ。
ジェリド:優等生の発言だな、カミーユ
カミーユ:あ…?Zガンダムが来る…。
カツ:カミーユ?
カミーユ:カツ、行くぞ!
ジェリド:待てよ。ここでおとなしくしていてもらおう。
カツ:カミーユ、ここは僕に任せて。
カミーユ:カツ。
カツ:僕だって役に立つんだ。早く!
カミーユ:すまない、カツ。
ジェリド:待て!
カツ:撃つぞ。
ジェリド:うっ、わかってる…。こんな所じゃ撃ち合いしないよ。犬死はしたくないからな、坊や。
カツ:ありがとうございます。この拳銃は返せませんよ。
マウアー:見直したわ、ジェリド。
ジェリド:ん?
マウアー:今までのあなたは、個人的な感情で動いていたわ。でも、それでは上は狙えない。ただの一兵卒で終わってしまう。
ジェリド:一時の恥は忍ぶさ。静かになったようだ。アレキサンドリアへ行くか。
マウアー:えぇ。
フォン・ブラウンの少年:うっ!
ジェリド:どけ!
フォン・ブラウンの少年:戦いに行くんでしょ!そんな事はさせません!
ジェリド:こいつぅ!
フォン・ブラウンの少年:うぅっ!
フォン・ブラウン市民:うわぁぁ…。
ジェリド:あまり調子に乗らんことだ。一般市民がティターンズに敵うとでも思っているのか!

ヤザン:また新型か。逃がすか!
カミーユ:レコアさん!
レコア:カミーユ!発信機がキャッチできなくて心配したわ。
カミーユ:後ろ!
ヤザン:くっ! 二対一では!
エマ:レコア少尉、カミーユを。
レコア:わかりました。 カミーユ、カツは?
カミーユ:大丈夫です。
カツ:うわぁぁ!
カミーユ:カツ!
レコア:カツはあたしが。カミーユはZで。
カミーユ:お願いします!レコアさん…。カミーユ、行きます!

カミーユ:どけよ!
ヤザン:何ぃ!?
カミーユ:やらせるか!
ファ:カミーユ!
ヤザン:コイツ、さっきと動きが違う。少しは骨があるようだ。
カミーユ:貴様、遊びをやっているつもりか!
ヤザン:子供か?
カミーユ:子供なものか!

ジャマイカン:発電施設をエゥーゴに抑えられただと?
アレキサンドリア・クルー:モビルスーツ隊も、苦戦しているようです。
ジャマイカン:止むを得ん、全艦発進だ。撤退するぞ。乗組員を招集しろ。
アレキサンドリア・クルー:いや、しかし、今出たら…。
ジャマイカン:このままいてどうなるものでもない。頭上を塞がれてみろ、アレキサンドリアもただの鉄屑になってしまうのだぞ?
アレキサンドリア・クルー:わかりました。
ジェリド:少佐、お願いがあって参りました。
ジャマイカン:何をしていた?
ジェリド:モビルスーツを貸してください。お願いします!
ジャマイカン:残念だったな、我々は撤退する。もう出撃する必要はないのだ。
ジェリド:そんな。
ジャマイカン:放り出しはせん。このままアレキサンドリアに留まれば良かろう。今の素直さは忘れん方がいいなぁ。
ジェリド:ジャマイカン…!
マウアー:ジェリド。
ジェリド:わかっている。いずれアイツもオレの前に跪かせてみせるさ。

ヤザン:撤退だと!?中途半端な!どういうつもりか、ジャマイカンは! また会おうぜ、坊や。
カミーユ:何を!? 逃がすか!
エマ:カミーユ
カミーユ:エマさん。
エマ:戦いは終わったわ。深追いすることはありません。
カミーユ:でも!
エマ:引き際も大事よ、戦闘は。
カミーユ:えっ…わかっています。

ダカール会議・議長:以上、満場一致をもちまして、この法案を採択いたします。
ダカール会議・議員:おぉぉ!
クワトロ:ティターンズの元締めか。これで、地球連邦軍ティターンズの管轄下に入り、正義は我らのものという事か。しかしそうかな?今日の都合で魂を売った人々の決定などは、明日にも崩れるものさ。

ブライト:傷の具合はどうだ?
カツ:修正を受けると思ってました。
ブライト:命は粗末にするなよ。
カツ:はい。
ファ:うわぁぁん。あはぁぁん。あたしが、あたしが無我夢中になり過ぎて、フォン・ブラウン市に逃げ込んだりしたから、街はメチャメチャに…。あははははぁん。
カミーユ:しかし、いいんだ。みんな生き残ったんだから。でも、ブレックス准将やクワトロ大尉は無事なんだろうか?


次回予告
シロッコの部下サラは、ジャマイカンのコロニー落とし作戦をアーガマに密告した。
ブライトはその言葉を信じて、コロニーの落下するコースへ向かう。
グラナダを火の海にすることは、エゥーゴの敗北を意味するからだ。
次回、機動戦士Zガンダム、コロニーが落ちる日。
君は刻の涙をみる・・・