アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

 

 

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ


ユパ:また村が1つ死んだ。行こう、ここもじき腐海に沈む。

ナウシカ:あっ…。王蟲の道。まだ新しい。あっ!王蟲の抜け殻…。すごい…。完全な抜け殻なんて初めて。フフ…いい音。ああっ…。
ウフフ…セラミック刀が欠けちゃった。谷の人が喜ぶわ。
道具づくりの材料にず〜っと困らなくてすむもの。すごい目。
これ1つなら持って飛べるかな。あっ取れた。
わ〜何て軽いんだろ!ウフフフ…。ムシゴヤシが午後の胞子を飛ばしている。
きれい…。マスクをしなければ5分で肺が腐ってしまう死の森なのに…。
ん?誰?何かしら?胸がドキドキする。あっ!蟲封じの銃だ!誰かが蟲に襲われてる!
あっごめん!
あそこだ。すごい胞子の煙。王蟲!きっとあの抜け殻の主だわ。あっちに逃げてはダメだ。気がついて。応えた!こっちへ来る!
あの人は…!何て立派な王蟲
風上へ!

ユパ:すまん!

ナウシカ王蟲森へお帰り!この先はお前の世界じゃないのよ!ねぇいい子だから!
怒りにわれを忘れてる静めなきゃ。

ユパ:閃光で王蟲が目を回した。蟲笛…。
ナウシカ王蟲目を覚まして!森へ帰ろう。
ユパ:おおっ!王蟲が森へ帰って行く。光弾と蟲笛だけで王蟲を静めてしまうとは…。

ナウシカ:ユパ様!
ユパ:おおっ!ハハハ…。アハハハ!ナウシカ見間違えたぞ。
ナウシカ:1年半ぶりですもの父が喜びます。
ユパ:礼を言わねばならんよい風使いになったな。
ナウシカ:いいえ父はまだまだだって。
ユパ:ん?そうそうこいつのことをすっかり忘れておった。
ナウシカ:まあキツネリス!私初めて!
ユパ:こいつが羽虫にさらわれたのを人の子と間違えてなつい銃を使ってしまったのだ。
ナウシカ:それであんなに王蟲が怒ったのね。
ユパ:気絶しておったので毒を吸わなかったようだ。いや〜手は出さんほうがいいチビでも凶暴だ。
ナウシカ:おいで。さぁ。
ユパ:おっおい。
ナウシカ:ほら怖くない。怖くない。うっ…!ほらね怖くない。ねっ?おびえていただけなんだよね。ウフっ!フフフフ…。ユパ様このコ私にくださいな。
ユパ:ああ…構わんが。
ナウシカ:わぁありがとう! カイにクイ私を覚えてる?
ユパ:不思議な力だ。
ナウシカ:ウフフ…疲れたでしょいっぱい走って。ウフフフ…。
ユパ:皆に変わりはないかな?どうした?
ナウシカ:父が…。父はもう飛べません。
ユパ:ジルが?森の毒がもうそんなに…。
ナウシカ:はい。腐海のほとりに生きる者の定めとか…。
ユパ:もっと早くに訪れるべきであった。
ナウシカ:いいえ。本当によく来てくださいました。先生後でぜひ見ていただきたいものがあるんです。私の秘密の部屋。
ユパ:ほぉ〜。
ナウシカ:みんなには内緒怖がるといけないから。私先に知らせに行きます。先生も急いで!ユパ様!これ運んでくださる?気流が乱れてうまく飛べないの。
ユパ:ハハハ…それにしてもよく風を読む。さぁもう少しだ。

ゴル:おぉ〜ユパ様!
ムズ:ようこそ!
ユパ:皆も息災か?
ゴル:ハハハ…水も風も滞りなく穏やかです。
谷の人々:ユパ様!
ユパ:あぁみんな元気だね。
谷の人:あぁユパ様だ!お待ち申しておりましたユパ様!ユパ様がお帰りになったんだ!
ミト:姫様お着きになりましたぞ。
ナウシカ:もうちょっと。
ミト:ユパ様〜!
ユパ:ミトおじ、精が出るな。
ミト:今宵はまた異国の話を聞かしてくだされ!
ナウシカ:いいわ回して。
ミト:いいようですな。
ナウシカ:うん。

ゴル:おぉ本当によい品じゃ。早速明日にでも人手を繰り出して取りに行かねばな。
ナウシカ:さぁ、トエト。
トエト:ええ。
ナウシカ:ユパ様、今年生まれたトエトの子です。
ユパ:おぉどれどれ…。おぉよい子だ幼い頃のナウシカを思い出す。
トエト:どうかこの子の名づけ親になってくださいませ。いつもいい風がその子に吹きますように。
ユパ:引き受けようよい名を贈らせてもらうよ。
トエト:ありがとう。どうか姫様のように丈夫に育ちますように。
ミト:うむ丈夫というなら姫様は折り紙つきじゃ。だが腐海遊びまで似ると困るぞ。
ナウシカ:でもおかげで王蟲の殻を見つけたのよ。
ミト:しかしだ城オジのわしの身になってみろ。心配でオチオチしておれんわい。
ゴル:ハハハ…王蟲の殻となりゃ姫様の腐海遊びもムダとは言えんのう。
ユパ:そうともわしもそれで助けられたのだからな。
みんな:ハハハハ…。

子供たち:わ〜い!アハハハ!
ユパ&ジル:ハハハ…。
ジル:負うた子に助けられたか。
ユパ:この谷はいつ来ても心が和む。
ジル:今度の旅はどうじゃった?
ユパ:う〜ん…ひどいものだ。南でまた2つの国が腐海にのまれてしまった。腐海は着実に広がっている。なのにどこへ行っても戦に飢え不吉な影ばかりだなぜこの谷のように暮らせぬのか…。
大ババ:ここは海から吹く風様に守られておるからのう。腐海の毒も谷へは届かぬ。
ユパ:どうだユパそろそろこの谷に腰を据えぬか?わしはこのザマだ皆も喜ぶが。
大ババ:フフフ…ムダじゃよ。ユパは探し続けるよう定められた男じゃ。
定めか…。
ナウシカ:大ババ様探すってな〜に?
大ババ:おや!ナウシカは知らなかったのかい?ほれあの壁の旗にあるじゃろうわしにはもう見えぬが左の隅にいるお方じゃよ。
「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。失われし大地との絆を結び…」。
「ついに人々を青き清浄の地に導かん」。
ナウシカ:ユパ様私古い言い伝えだとばかり思ってました。
ユパ:ババ様からかわれては困る。
大ババ:同じことじゃろうが。
ユパ:私はただ腐海の謎を解きたいと願っているだけだよ。我々人間はこのまま腐海にのまれて滅びるよう定められた種族なのか、それを見極めたいのだ。
ナウシカ:私にユパ様のお手伝いができればいいのに…。

ミト:姫様…姫様。
ナウシカ:何?ミト。
ミト:ゴルが風がにおうと言うとります・もうすぐ夜明けねすぐ行くわ。

老人:ご苦労さん。
ゴル:いい嵐なんじゃがどうもおかしい。
ナウシカ:ハッ!あそこ!ほらまた。船だわ。
ミト:なぜこのような辺境に船が…。
ユパ:何事かね?
ミト:ユパ様船です。船?
ナウシカ:来るわ!
ミト:大きい!うお〜!あ…。
ユパ:トルメキアの大型船だ。
ナウシカ:飛び方がおかしい。不時着しようとしている。ゴル上げて!えっ!?姫様ムチャじゃ!海岸に誘導する。
ユパ:回って来たぞ。
ゴル:え〜い行きますぞ!
ナウシカ:テト。

ナウシカあっ!何てことを!腐海に降りて蟲を殺したんだわ!ハッ!舵を引け〜!ぶつかるぞ〜!舵を引け〜!舵を〜!あっ!
ミト:落ちた!姫様…。
ゴル:海際の崖だ!
ミト:行こう!動ける者はみんな出ろ〜!
早くしろ〜!
ナウシカ:あのコだわ!生きてる!あっ!
ラステル:あ…ここは…?
ナウシカ:風の谷よしゃべってはダメ。あっ!
ラステル:私は…うっ!うぅ…!ペジテのラステル…。積み荷を…積み荷を燃やして…。積み荷?お願い…燃やして…。
ナウシカ:積み荷ね分かった。大丈夫みんな燃えたわ。
ラステル:よかった…。
ミト:姫様〜!
この方はペジテ市の王族の姫君ですな。

谷の人:蟲だ!ウシアブが生きてるぞ〜!
谷の人:マズい!仲間を呼んでる!傷ついて飛べないんだ。
谷の人:銃を持って来い!
谷の人:ダメだ!撃てばもっと仲間を呼ぶぞ!
谷の人:即死させる!
谷の人:ウシアブが銃で死ぬもんか!
谷の人:じゃあどうするんだ!?
ナウシカ:待って!ミト、メーヴェを持って来て。
ミト:はい。姫様!
ナウシカ:森へお帰り大丈夫飛べるわ。そういいコね。
ミト:姫様。
ナウシカ:ありがとう。
谷の人:やった!やった!
ミト:よかった…たった1匹殺しただけでも何が起こるか分かりませんからな。
ナウシカ王蟲…。

子供:あった!来て!こっち。
子供:やっぱりあの船に胞子がくっついてたんだね。
谷の人:まだ毒は出してないな。
谷の人:もうひとふんばりだ。
子供:うん、1つでも残すと大変だからね。

谷の人:何だろう?この塊は。
谷の人:あの炎でも燃えないとはなぁ。
ミチ:さぁみんなこいつの詮索は後回しだ。
胞子を焼く手伝いに行ってくれ。
念入りに頼むぞ!まったく厄介なものを持ち込みおって…。
ユパ:ミトここを見ろ。
ミト:はぁ?
動いとる!まるで生きとるようだ。
ユパ様これは…。
ユパ:旅の途中で不吉な噂を聞いた。
ペジテ市の地下に眠っていた旧世界の怪物が掘り出されたというのだ。
ミト:旧世界の怪物?
ユパ:巨神兵だ。
ミト:巨神兵!あの「火の7日間」で世界を焼き尽くしたという…。
こいつが…。
ユパ:巨神兵は全て化石となったはずだった。
だが地下で千年も眠り続けていたヤツがいたのだ。
ミト:そういえばこいつは人の形にも見えます。
ユパ:トルメキアははるか西方の凶暴な軍事国家。
死んだペジテの虜囚といい気になる。

ナウシカ:あとお願い。
何かしら…。
谷の人たち:え?あら?うわっ!?キャ〜!!
ナウシカ:逃げろ〜!!トルメキアの船だ。みんなを城へ!
谷の人たち:キャ〜!!うわ〜っ!!
ナウシカ:みんな!城へ〜!
みんな城へ集まれ〜!城へ!
あっ!父上!
ジル:ババ様は隠れておれ!
大ババ:わたしゃここにいるよ。

城の人:姫様!
ナウシカ:ハッ!おのれっ!!うわっ!!うわっ!!うわ〜っ!!うわっ!!
クロトワ:あうっ!
ナウシカ:はっ!!ううっ!!はあっ!!はっ!!
…!うわ〜っ!!ハッ!
ユパ:双方動くな!動けば王蟲の皮より削り出したこの剣がセラミック装甲をも貫くぞ!
装甲兵:あの男ユパです。
ユパ:トルメキア兵に聞く。
この谷の者は昨夜そなた達の船を救わんと必死に働いた。
今もまた死者を丁重に葬ったばかりだ。
小なりとはいえその国に対するこれがトルメキアの礼儀か?
戦を仕掛けるならばそれなりの理由があるはず。
まず使者を立て口上を述べるべきであろう。
ナウシカ…落ち着け、ナウシカ
今戦えば谷の者は皆殺しになろう、生き延びて機会を待つのだ
クロトワ:え〜い、クソ〜…小娘が!
クシャナ:やめろクロトワ。
クロトワ:しかし…。
あ〜あ何てヤツだよ、み〜んな殺しちまいやがった。
クシャナ:諫言耳が痛い。
辺境一の剣士ユパ・ミラルダとはそなたのことか?われらが目的は殺りくではない。
話がしたい、剣を収められよ。

谷の人たち:姫様だ!姫様だ!姫様!
クロトワ:聞け!トルメキア帝国辺境派遣軍司令官クシャナ殿下のお言葉だ。
クシャナ:われらは辺境の国々を統合しこの地に王道楽土を建設するために来た。
そなた達は腐海のために滅びに瀕している。
われらに従いわが事業に参加せよ。
腐海を焼き払い再びこの大地をよみがえらすのだ!
谷の人たち:腐海を焼き払うだと?そんなことできるのか?
クシャナ:かつて人間をしてこの大地の主となした奇跡の技と力をわれらは復活させた。
私に従う者にはもはや森の毒や蟲どもにおびえぬ暮らしを約束しよう。
大ババ:待ちなされ!腐海に手を出してはならぬ!
クロトワ:何だこのババアおい連れて行け!
クシャナ:言わせてやれ。
大ババ:腐海が生まれてより千年。
幾たびも人は腐海を焼こうと試みて来た。
…がそのたびに王蟲の群れが怒りに狂い地を埋め尽くす大波となって押し寄せて来た。

大ババ:国を滅ぼし街をのみ込み自らの命が飢餓で果てるまで王蟲は走り続けた。
やがて王蟲のむくろを苗床にして胞子が大地に根を張り広大な土地が腐海に没したのじゃ。
腐海に手を出してはならん。
クロトワ:黙れ!そのような世迷い言許さんぞ。
大ババ:おやどうするんじゃ?わしも殺すのか?
クロトワ:き…貴様!
大ババ:殺すがいい!盲の年寄りさ簡単なものだよ。ジルを殺したように。
谷の人たち:ジル様が!?何てひどい!ジル様は病人なのに!出て行け〜!人殺し!
クロトワ:黙らせろ!逆らうヤツは容赦するな!
ナウシカ:みんな待って!私の話を聞いて!
これ以上犠牲を出したくないの。
お願い。
谷の人たち:姫様…。
ナウシカ:大ババ様も分かって。
この人達に従いましょう。
谷の人たちの泣き声

トルメキア兵:ほらもうひと息だ!
トルメキア兵:早くしろ!モタモタするな!
クシャナ:なかなかいい谷ではないか。
クロトワ:私は反対です。
本国では一刻も早く巨神兵を運べと命令しています。
クシャナ:命令は実行不能だ。
大型船すらあいつの重さに耐えきれず墜落してしまった。
クロトワ:しかしまさか本心でこの地に国家を建設するなど…。
クシャナ:だとしたらどうなのだ?
お前はあの化け物を本国のバカどものオモチャにしろというのか?
クロトワ:そりゃまぁ分かりますがね。
私はいち軍人にすぎません。そのような判断は分を越えます。
クシャナ:フンタヌキめ。
私はペジテに戻る。留守中、巨神兵の復活に全力を注げ。
クロトワ:はっ。
クシャナ:このガンシップは使えるのか?
クロトワ:はい拾いものです。

クシャナ:間違えるな。
私は相談しているのではない。
誰か:しかし姫様をペジテへ連れて行くなど…。
誰か:人質5人にガンシップに食糧とは…。
クシャナ:人選は任せる明朝の出発までに準備を完了しろ。
ユパ:人質ご苦労。
誰か:わしらはともかく見てくださいヤツら何もかも持って行っちまうつもりですぜ。
ユパ:わしは一度この地を離れひそかに戻って機会を待つ。
何としてもあの化け物の復活をやめさせねばならん。
誰か:はい。

ユパ:ナウシカ
テトお前の主はどこにいるのだ?
ユパ:おおっ!
あっ…。
ナウシカこれはどういうことだ。
腐海の植物ではないか!
ナウシカ:私が胞子を集めて育てたんです。
大丈夫瘴気は出していません。
ユパ:毒を出さぬ?確かにここの空気は清浄だが…。
なぜだ?猛毒のヒソクサリが花をつけておるのに。
ナウシカ:ここの水は城の大風車で地下500メルテから上げている水です。
砂は同じ井戸の底から集めました。
きれいな水と土では腐海の木々も毒を出さないと分かったの。
汚れているのは土なんです。
この谷の土ですら汚れているんです。
なぜ…。
誰が世界をこんなふうにしてしまったのでしょう?
ユパ:そなたそれを自分で…?
ナウシカ:ええ…父やみんなの病気を治したくて。
でも…。
もうここも閉めます。
さっき水を止めたからやがてみんな枯れるでしょう。
私自分が怖い…。
憎しみに駆られて何をするか分からない。
もう誰も殺したくないのに…。

子供たち:姫ねえ様〜!これみんなで集めたの。
ナウシカ:チコの実。
子供たち:姫ねえ様にあげます。
ナウシカ:みんな…。
こんなにたくさん…大変だったろうに。
ありがとう大事に食べるからね。
子供たち:姫ねえ様かわいそう!
トルメキア兵:搭乗急げ!出発だ!
ナウシカ:さぁみんなもう泣かないで。
大丈夫よ、私はすぐ帰って来るわ。
子供たち:ホントに?
ナウシカ:あら私がウソついたことあった?
子供たち:ない。
ナウシカ:ねっ。
子供たち:うん。
ホントね?
ナウシカ:うん!さぁ危ないから。
子供たち:うん。
きっとね〜!
谷の人:姫様を頼むぞ〜!
人質の人:あとをよろしくな〜!

ゴル:ペジテはまだかいな。
ギックリ:腰が痛くなっちまった。
ニガ:やれやれ姫様も惜しげのない者ばかりよう選んだわい。ヒヒヒ…。
ゴル:のうおかしいと思わんか?
何でこんなに密集して飛ぶんじゃ?
ギックリ:まるで襲撃におびえてるようだ。

ナウシカ:雲の下はすごい瘴気の渦だわ。
ハッ!ん?
装甲兵:動くな!
ナウシカガンシップ
ああっ!!
トルメキア見張り:敵襲!二番艦がやられた!
ゴル:言った通りじゃ!
ギックリ:ぐわ〜恐ろしい!
トルメキア兵防御円陣!
トルメキア兵:ペジテのガンシップです!
ナウシカ:ペジテ?
トルメキア兵:クソっ三番艦も食われた!コルベットは何をしてるんだ!
ミト:なんちゅうもろい船じゃ。
トルメキア兵:うわっ!しんがりを巻き込んだ!
ナウシカ:あっ!バージのワイヤーが!
テト早く!
ミト:ダメじゃこれも落ちる。
姫様!
ナウシカ:やめて!もう殺さないで!
やめて〜!!
アスベル:うわっ!あっ!
ミト:姫様…うわっ!
ナウシカ:急いでミト!
ミト:アチチ…姫様もうダメじゃ!
ナウシカ:飛べるかもしれない!
ミト:何ですと!?
ナウシカ:ミト早く!
ミト:は…はい!
ナウシカ:エンジン始動!砲で扉を破る!
ミト:はい!
ナウシカ:来い!早く!早く中へ!
ミト行ける?
ミト:どうにか!
ナウシカ:発砲と同時にエンジン全開!
ミト:了解!
ナウシカ:よ〜い撃て!
瘴気マスクをつけろ雲下に降りてバージを救出する!
温かい…死なないでテト。
ミト:何という世界だこんな濃い瘴気は初めてだ。
ナウシカ:後席右後方に注意、近くにいる。
ミト:へっ?
ナウシカ:まだ飛んでる。
ミト:あっ!ホントだ!ホントにいた!うおっ!
ゴル:おっ姫様じゃ!
ギックリ:姫様〜!
ナウシカ:みんな頑張って!今ロープを伸ばす!
ニガ:フックが壊れとるじゃ!空中収容は無理じゃ!不時着して蟲に食われるのはイヤじゃ!ひと思いに死にます!
ミト:落ち着け〜!荷物を捨てるんじゃ!
城オジ達:お元気で〜!
ミト:言うことを聞け!荷物を捨てろ〜!後席エンジンを切れ!な…何と!?エンジン音が邪魔だ急げ!はい!あれ…?姫様な…何を…。
ゴル:姫様マスクを〜!
ギックリ:死んじまう!
ニガ:マスクをしなされ〜!
ナウシカ:みんな必ず助ける!私を信じて荷を捨てなさい!
城オジたち:な…何でもしますから!お願いじゃ早うマスクを!
ギックリ:姫様笑うとる…。
助かるんじゃ。
城オジたち:急げ!荷を捨てろ!
ミト:機首が落ちてる!
ナウシカ:エンジン点火…不時着地を探す。
少し肺に入った…。

城オジたち:ほれ早うせい!早くほれ!
ムズ:姫様〜!
ナウシカ:みんな無事?
クシャナ:動くな!
ゴル:あっ!
ミト:貴様…!
クシャナ:先ほどはご苦労。
ゴル:姫様なぜこんなヤツを!
クシャナ:甘いな…私がはいつくばって礼を言うとでも思ったのか?
ナウシカ:あなたは腐海を何も分かっていない。
ここは人間の世界じゃないわ。
銃を使うだけで何が起こるか分からない所よ。
さっきの戦闘で船がたくさん森に落ちて蟲達が怒っている。
見なさい上を。
大王ヤンマは森の見張りよすぐ他の蟲を呼び集めるわ。
すぐ脱出する予備のロープを早く!
城オジたち:は…はい!
ナウシカ:ミト、フックを直して!
ニガ:うわっ!
クシャナ:動くな!命令は私が下す!
ナウシカ:あなたは何をおびえているの?
まるで迷子のキツネリスのように。
クシャナ:何~!?
ナウシカ:怖がらないで。
私はただあなたに自分の国へ帰ってもらいたいだけ。
クシャナ:貴様!うっうわっ!うわ〜っ!
城オジたち:何だこれ!?
ナウシカ:来た!静かに!怒らしてはダメ!
ギックリ:ここは王蟲の巣じゃ!
城オジたち:か…囲まれた…。
クシャナ:うう…うっ…。
ナウシカ:私達を調べている。
王蟲ごめんなさいあなた達の巣を騒がして。
でも分かって私達あなた方の敵じゃないの。
誰か:ひ…姫様〜!
ナウシカ:あの人が生きてるの?
待って!王蟲
ぎっくり:何が始まるんじゃ!?
ムズ:王蟲の目が真っ赤だ!
うわぁ〜!姫様!
ゴル:メーヴェなどどうなさる気じゃ?
ナウシカ:水が静まったらすぐ離水して上空に待機!
1時間して戻らなければ谷に帰りなさい!
ミト:しかし…。
姫様…うわっ!
ギックリ:行ってしまわれた…。
ミト:渡してもらおう。
ミト:さぁみんな姫様の言われた通りにするんだ。
姫様…。

アスベル:ああっ!クソっ!
あっ…。
うわ〜っ!あ〜〜っ!ああっ…!あっ!
君は?
ナウシカ:あなたは殺し過ぎる。
もう光弾も蟲笛も効かない。
あ〜っ!!ん?
アスベル:あっ…!流砂だ!クソ〜…!うっ…。

ギックリ:もう2時間になるぞ。
ゴル:蟲が増えるばかりじゃ。
ギックリ:姫様〜!!姫様〜!!

ジル:ナウシカナウシカ
おいで
おいで
子供ナウシカ:父さん!母様もいる。
イヤ…私そっちに行きたくないの
来ちゃダメ〜!
何にもいないわ
何にもいないったら。
出て来ちゃダメ!
ゴル:王蟲の幼生です
ジル:やはり蟲に取りつかれていたか
渡しなさいナウシカ
子供ナウシカ:イヤ!何にも悪いことしてない!
ジル:蟲と人とは同じ世界には住めないのだよ
子供ナウシカ:ああっ!お願い!殺さないで!お願い…泣き声
テト…。

ナウシカ:不思議な所…。
アスベル:やぁ!やっと見つけて来たよ。
気分はどう?
ナウシカ:ここはどこ?
アスベル:まずお礼を言わせてくれ。僕はペジテのアスベルだ。
助けてくれてありがとう。
ナウシカ:私は風の谷のナウシカ
ここはどこ?
アスベル:ハハハ…驚くのは当たり前さ僕らは腐海の底にいるんだよ。
ナウシカ腐海の底?
アスベル:ほらあそこから落ちて来たんだよ、砂と一緒にね。
ナウシカ:私達マスクをしてない!
アスベル:そうなんだ、ここの空気は澄んでいるんだよ。
僕も驚いた。
腐海の底にこんな所があるなんてね。
どうした?
ナウシカ!あんまり遠くへ行くなよ!
ナウシカ:何て立派な木。
枯れても水を通している。
井戸の底の砂と同じ。
石になった木が砕けて降り積もっているんだわ。
アスベル:ナウシカ、泣いてるの?
ナウシカ:うん、うれしいの。

アスベル:ラステルは僕の双子の妹なんだ。
そばにいてやりたかった。
ナウシカ:ごめんね、話すのが遅れて。
アスベル:いや…。
すまなかった。
妹をみとってくれた人を僕は殺してしまうところだった。
ナウシカ:ううん。
アスベル:そうかあいつは風の谷にあるのか。
うっ!ん〜…!あ〜…不思議な味のする実だね。
ナウシカ:チコの実というのとっても栄養があるのよ。
アスベル:フ〜ン…。
味はともかく長靴いっぱい食べたいよ。
ナウシカ:ウフフフ…。

アスベル:腐海の生まれた訳か。
君は不思議なことを考える人だなぁ。
ナウシカ腐海の木々は人間が汚したこの世界をきれいにするために生まれて来たの。
大地の毒を体に取り込んできれいな結晶にしてから死んで砂になって行くんだわ。
この地下の空洞はそうして出来たの。
蟲達はその森を守っている。
アスベル:だとしたら僕らは滅びるしかなさそうだ。
何千年かかるか分からないのに瘴気や蟲におびえて生きるのは無理だよ。
せめて腐海をこれ以上広げない方法が必要なんだ。
ナウシカ:あなたもクシャナと同じように言うのね。
アスベル:違う!僕らは巨神兵を戦争に使う気なんかない!明日みんなに会えば分かるよ!
ナウシカ:もう寝ましょう明日たくさん飛ばなきゃ…。

トルメキア兵:異常ありません!
クワトロ:うむ。
順調か?
トルメキア兵:上体はほぼ固まりました。
クロトワ:まったく見れば見るほどかわいい化け物だぜ、おめぇは。
貧乏軍人の俺ですら久しくサビついてた野心がうずいて来らぁ。
ケッ!笑ってやがる。
てめぇなんぞこの世の終わりまで地下で眠ってりゃよかったんだ。
装甲兵:参謀!殿下の編隊がペジテの残党に襲われコルベット1艦を残して全滅しました。
クロトワ:殿下はどうなされた?
装甲兵:艦は空中で四散したそうです。
クロトワ:…
装甲兵:参謀!
村の者にはまだ気づかれていないな?
装甲兵:はい。
クロトワ:よしすぐ行く。
他の者はこのまま作業を続けろ。
他の者たち:はっ!
クロトワ:うだつの上がらねえ平民出にやっと巡って来た幸運かそれとも破滅の罠か…。

子供:ミトじい達が戻って来たんだって。
酸の湖でユパ様を待ってます。

ミト:わしらだけおめおめ戻って…。
ユパ:いや無事で何よりだった。
クシャナ:釈放だと?
ユパ:巨神兵を酸の湖深く沈め本国へ帰ってくれぬか?
谷に残る兵は少ない。
今戦うは易しいがこれ以上の犠牲は無意味だ。
クシャナ:ヤツには火も水も効かぬ。
歩きだすまではもはや動かすこともな。
分からぬか?もはや後戻りはできないのだ。
巨大な力を他国が持つ恐怖ゆえに私はペジテ攻略を命令された。
ヤツの実在が知られた以上列国は次々とこの地に大軍を送り込むだろう。
お前達に残された道は1つしかない。
巨神兵を復活させ列強の干渉を排しヤツと共に生きることだ。
見ろ。
ユパ:蟲にか?
クシャナ:わが夫となる者はさらにおぞましきものを見るだろう。
腐海を焼き蟲を殺し人間の世界を取り戻すに何をためらう!
わが軍がペジテから奪ったようにヤツを奪うがいい。
ユパ:巨神兵は復活させぬ。
伝令の子供:大変だ!
番兵の子供:おい!合い言葉を言え!
伝令の子供:急いでるのに!
番兵の子供:「風」…。
伝令の子供:「谷」!
番兵の子供:よし。
伝令の子供:胞子が残っていたんだ!
ミト:何だと!?
伝令の子供:すごい瘴気を出して谷じゅう大騒ぎになってる!

谷の人たち:渡せ!早くしろ!渡せ〜!早くしないと谷は全滅しちまうぞ!
手鉤と火筒を渡せ!
どんどん育ってるんだ!
トルメキア兵:胞子を焼く道具は武器にもなります、渡すのは…。
クロトワ:仕方あるまい銃以外は戻してやれ。
トルメキア兵:はっ。

トルメキア兵:コルベット出発します。
クロトワ:今度はぬかるな。
ペジテに残る兵力を全てこの谷に集結させろ。
トルメキア兵:はっ。
クロトワ:やれやれ面倒なことになって来やがったぜ。
城オジたち:早くしろ!急げ!
城オジたち:姫様をお願いします。
ユパ:谷を頼むぞ、戻るまで自重してくれ。
城オジたち:はい!わしらは谷へ行くぞ!

谷の人:ダメだこんな所まで菌糸が来ている。
谷の人:こっちもやられているぞ!どいて!
装甲兵:何をする!
谷の人:あぁ…ここも…。
谷の人:大ババ様…。
大ババ:燃やすしかないよ、この森はもうダメじゃ。
手遅れになると谷は腐海にのみ込まれてしまう。
谷の人:何とかならんのかのう。
貯水池を300年も守ってくれた森じゃ。
クソ〜!あいつらさえ来なければ…。
城オジたち:こりゃこのままじゃ収まらんぞ。
わしらも行こう。

アスベル:そうかなぁ僕にはいつもと同じにしか見えないが。
ナウシカ:蟲達がいない。
なぜかしら…こんなに胸がドキドキする。
アスベル:もうすぐだあの山を越せば僕の仲間がいる。
ペジテのほうがおかしい…
何だろう?あのモヤは。
ナウシカ:あっ!アスベルマスクをつけて!
アスベル:蟲だ!死んでる…。
ナウシカ:ペジテへ行く!
アスベル:気をつけて!
あそこにはトルメキア軍がいるはずだ。

アスベル:ああっ!
ナウシカ王蟲まで…。
アスベル:センタードームが食い破られるなんて…。
ペジテはもう終わりだ。
トルメキア軍を全滅させたってこれじゃ…。
ナウシカ:全滅させた?どういうこと?アスベル。
ブリッグだわ。
アスベル:仲間の船だ!降りるぞ行こう!
ペジテ市長:アスベル!生きていたか!
アスベル:何てことをしたんです!あれじゃ再建もできない!
ペジテ市長:街を見たんだね。
大丈夫、腐海にのまれてもすぐ焼き払える。
アスベル:でも巨神兵はここにはいないんだ。
ペジテ市長:分かっている風の谷だ。
アスベル:なぜそれを?
ペジテ市長:ハハハ…我々も遊んでいたわけじゃない。
作戦の第2弾も発動したよ、今夜にも風の谷のトルメキア軍は全滅だ。
アスベル:何だって!?
ナウシカ:全滅って何をするの!?
ペジテ市長:アスベルこの人は?
アスベル:風の谷のナウシカ、命の恩人だ。
ペジテ市長:風の谷…。
ナウシカ:教えて何があるの?
アスベルあなた知ってるんでしょ?教えて!
アスベル:蟲に襲わせるんだ。
ナウシカ:ペジテを襲わせたのもあなた達なの?
何てひどいことを…。
ペジテ市長:どうあっても復活する前に巨神兵を取り戻さなければならないのだ。
ペジテの人:世界を守るためなんだよ分かってくれ。
ナウシカ:それで谷の人達を殺すというわけ?
やめて!すぐやめて!お願い!
ペジテ市長:もう遅いんだ!走りだしたら誰も止められない。
トルメキア軍に我々はほとんど殺されてしまった。
もう他に方法がないんだ。
押さえろ!
ナウシカ:離して!行かせて〜!
ペジテ市長:今はつらくても巨神兵を取り戻せば腐海を焼き人間の世界を取り戻せるのだ。
ナウシカ:ウソだ!あなた達はトルメキアと同じよ!
ペジテ市長:違う!彼らは破壊に使うだけだ!
ナウシカ:あなた達だって井戸の水を飲むでしょ?
その水を誰がきれいにしていると思うの?
湖も川も人間が毒水にしてしまったのを腐海の木々がきれいにしてくれているのよ。
その森を焼こうというの?
巨神兵なんか掘り起こすからいけないのよ!
ペジテ市長:ではどうすればいいのだ!
このままトルメキアの言いなりになるのか!?
ナウシカ:違う!違う!アスベルみんなに言って!
腐海の生まれた訳を!
蟲は世界を守ってるって!
アスベルお願い!
ペジテの人:何をする!?
アスベル:動くな!そのコを行かせてやれ!
ペジテの人:落ち着けアスベル!
アスベル:僕は本気だ!手を離せ!
ナウシカみんなに知らせろ!うっ!あっ!
ナウシカ:アスベル!離して!うっ…。

城オジたち:愚か者が…。
城オジたち:始まっちまったものは仕方ねえ。
城オジたち:だが自重しろと言われたのに…。
クロトワ:ジタバタしねえで戦車で兵を救出しろ!
装甲兵:参謀!最後の1人がやられました!
クロトワ:こっちへ来るか?
装甲兵:分かりません、村中が集まりつつあります。
やだねぇ森の1つや2つで殺気立ちやがって。
ペジテの二の舞いだぜ…
おっ?えっ?
城オジたち:うりゃ〜!
よいしょ。
うわっ!うわ〜っ!!
クロトワ:戦車を取りやがった!
城オジたち:早く動かせ!
城オジたち:そうせくな。
城オジたち:うわ〜来るぞ!前へ〜!ほれほれ早うせい!
城オジたち:これかな?あっ動いた!
ギックリ:どっちへ行くんじゃ!
あっあぁ〜!前へ行くんじゃ前へ!
城オジたち:分かっとるがな。
クロトワ:クソっ!戦車を全部出せ!
おっ!あ…生きてたよ。
短ぇ夢だったな…。
殿下!
ギックリ:わしらが食い止めるから皆を酸の湖に避難させてくれ。
城オジたち:分かった!
城オジたち:姫様がガンシップで戻るまでの辛抱じゃ!みんな急げ!
城オジたち:早くしろ!
城オジたち:ボヤボヤせんとお前も手伝え!
城オジたち:わしゃギックリ腰。
城オジたち:来た!戦車が来たぞ〜!
ギックリ:急いで!
ニガ:分かっとるがなもう。
城オジたち:うわ〜っ!!

トルメキア兵上司:間違いないか?
トルメキア兵:ペジテのブリッグです。
あの雲の向こうにチラっと見えました。
トルメキア兵上司:よし!

見張りの男:気をつけてください、さっきまで暴れていたから。
ラステルの母:急いで。
ナウシカさんここから出してあげます。
谷へ知らせに行って。
あなたの凧ならまだ間に合うかもしれない。
用意してあります。
アスベルからみんな聞きました。
身代わりの子:私が身代わりになるから早くこれを。
ナウシカ:あなたは?
ラステルの母:ラステルの母です。
ナウシカ:おかあ様…。
ラステルの母:本当にごめんなさい。
私達のしたことはみんな間違いです。
身代わりの子:早く!
ナウシカ:あのコは?
ラステルの母:大丈夫、心配しないで。
ペジテ女性市民たち:気をつけてね。
ペジテ女性市民たち:ひどい仕打ちを許しておくれ。
アスベル:ナウシカこっちだ!さぁ!急げ!
ナウシカ:皆さんありがとう。
アスベル:すまない遅くなっちまって。
ここから飛べるか?
ナウシカ:やってみる。
コルベット!うわっ!
ペジテ市長:退避!雲の中へ急げ!
トルメキア兵:撃ち方やめ!バカめ!
雲の中は乱流と電気の地獄だ!
ペジテ市民男:ダメだ!舵が利かない!
ペジテ市民たち:うわ〜!キャ〜!
アスベル:船が分解するぞ!
ペジテ市長:みんなやむを得ない!雲を出て戦おう!
ペジテ操舵手:あ〜っ!
ペジテ市長:読んでいたな!
アスベル:クソっ!どうする気だ!
ナウシカ:雲よ!雲に押しつけて乗り移る気だわ!
アスベル:ヤツらが来る!飛び出すのは今しかない!
ナウシカ:ダメよ私も残る!身代わりになってくれたコやかあ様をほっては行けないわ!
アスベル:谷の人を救えるのは君だけだ。
頼む行ってくれ!
僕らのために行ってくれ!
あっ!
トルメキア兵上司:船はもらう、捕虜をつくるな、根切りにしろ!
アスベル:行けナウシカ!行け〜!
ナウシカ:アスベル!

ミト:姫様〜!
ナウシカ:ミト!
ミト:ヒャッホ〜!
ナウシカ:ミト!ユパ様!
ミト:姫様〜!早く!
ナウシカ:みんなが…みんなが!
ミト:今収容フックを出します!ユパ様、右の赤いレバーを!

トルメキア兵上司:残るはここだけだ急げ!
アスベル:ドアが砕けるぞ!
ペジテ市長:いつでも来るがいい。
ペジテの誇りを思い知らせてやる。
身代わりの子:何かしら…鳥?
トルメキア兵:船だ!風の谷のガンシップ
トルメキア兵:何!?うわっ!
トルメキア兵:ああっ!
トルメキア兵:貴様…うぉ〜っ!
トルメキア兵たち:うわ〜っ!
トルメキア兵上司:ユパだ!討ち取って名を上げろ!
おおっ!
ユパ:降伏しろコルベットはもはや戻らん。
トルメキア兵上司:つ…強い…。

ミト:姫様!ムチャだ!エンジンが爆発しちまう!
ナウシカ:谷までもてばいい!
300まで上げて!
神様風の神様、どうかみんなを守って。

クロトワ:テコでも動きそうにありませんな。
クシャナ:帰りを待っているのだ。
クロトワ:帰り?
クシャナ:あの娘がガンシップで戻ると信じている。
クロトワ:ガンシップは厄介ですなぁ、今のうちにひと当てやりますか?
クシャナ:お前はあの船が何だか知っているのか?
クロトワ:「火の7日間」の前に造られたヤツでしょ?
ウソか本当か知らねえが星まで行ってたとか何とか…。
えらく硬いから砲も効かねえが、なに穴にぶち込めば…。
クシャナ:私も待ちたいのだ。
クロトワ:えっ?
クシャナ:本当に腐海の深部から生きて戻れるものならな…。
あの娘と一度ゆっくり話をしたかった。
どうだ?
決心はついたか?
降伏を勧めに行くなら放してやるぞ。
ペジテの二の舞いにしたいのか?
城オジたち:あんたも姫様じゃろうがわしらの姫様とだいぶ違うのう。
城オジたち:この手を見てくだされジル様と同じ病じゃあと半年もすれば石と同じになっちまう。
城オジたち:じゃがわしらの姫様はこの手を好きだと言うてくれる。
城オジたち:働き者のきれいな手だと言うてくれましたわい。
クシャナ腐海の毒に侵されながらそれでも腐海と共に生きるというのか?
城オジたち:あんたは火を使う。
城オジたち:そりゃわしらもちょびっとは使うがのう。
城オジたち:多過ぎる火は何も生みやせん。
城オジたち:火は森を一日で灰にする。
城オジたち:水と風は百年かけて森を育てるんじゃ。
城オジたち:わしらは水と風のほうがええ。
城オジたち:あの森を見たら姫様悲しむじゃろうのう。
戦車の兵:参謀殿、命令はまだですか?
クロトワ:引っ込んでろ。
戦車の兵:はい。
クロトワ:何があったか知らねえがかわいくなっちゃってまあ…。
クシャナ:クロトワその者達を放せ。
クロトワ:はっ?じゃ待ちますか?
クシャナ:兵に食事を取らせろ1時間後に攻撃を開始する。
クロトワ:メシねぇゆっくり食うことにしますか。

谷の人:誰か来る!ゴル達だ。
ゴル:ん?
ギックリ:どうしたんじゃ?
ゴル:風がない。
ギックリ:風が?ホントじゃ風が止まった。

子供:ババ様どうしたの?大ババ様。
大ババ:誰か…誰か私を外へ連れ出しておくれ…。
子供:風がやむなんて初めて。
子供:空気がピ〜ンと張りつめているババ様耳が痛い。
大ババ:大気が…大気が怒りに満ちておる。

ミト:近い!腐海をきれた!酸の湖まで3分!
ナウシカ:エンジンスロー!
雲の下へ降りる!
ミト:何じゃこの光は!
ナウシカ王蟲
ミト:腐海があふれた!風の谷に向かっている!
ナウシカ:なぜ…どうやって王蟲を…。
ハッ!誰かが群れを呼んでる。
ミト!シリウスに向かって飛べ!
ミト:は…はい!
ナウシカ:いる!ミト照明弾!よ〜い…。
撃て!
ミト:何だ?あれは。
ナウシカ:ああっ!何てひどいことを…。
あのコをオトリにして群れを呼び寄せてるんだ。
ミト:クソったたき落としてやる!
ナウシカ:ダメよ〜!!撃っちゃダメ!ミトやめて!
ミト:なぜじゃ!なぜ撃たせんのじゃ!
ナウシカ王蟲の子を殺したら暴走は止まらないわ!
ミト:どうすればいいんじゃ!このままでは谷は全滅だ!
ナウシカ:落ち着いてミト、王蟲の子を群れへ返すの。
やってみる!
ミト:何をするんじゃ姫様!
ナウシカ:ミトはみんなに知らせて!
ミト:姫様〜!武器も持たずに…。あっ!

トルメキア兵:わが軍の照明弾ではありません。
クロトワ:距離は?
トルメキア兵:約20リーグ、湖の対岸と思われます。
クシャナガンシップだと思うか?
クロトワ:おそらく。
クロトワ:救援を求める信号です。やはりガンシップですな。
クシャナ:1時間たった、行こう。
クロトワ:待たないんで?
クシャナ:しょせん血塗られた道だ。
分隊長:装甲兵前へ!
クロトワ:殿下は中へ。
クシャナ:ここでいい。
トルメキア兵:ん?ガンシップだ!空襲〜!
クシャナ:撃つな〜!
やめろ!やめんか!
城オジたち:クソ〜っ!姫様〜!
クシャナ:この場で待機!発砲するな!
クロトワ:殿下!うっ!
クシャナ:あの娘はどうした?
城オジたち:姫様は?
後ろに乗っとらんぞ。
ミト:王蟲だ!王蟲の群れがこっちへ来るぞ!
ゴル:何じゃと!王蟲が?
ミト:姫様は暴走を食い止めるために1人残られた。
戦なんぞしてる暇はない。
みんな高い所へ逃げろ!急げ〜!

子供:あっ、ババ様、赤い光が見えます。
子供:どんどん増えてるみたい。
子供:こっちへ来るんだわ。
大ババ:ババにしっかりつかまっておいで。
こうなってはもう誰も止められないんじゃ。
谷の人:慌てるな!まだ大丈夫だ!早く!
谷の女性:ミトどうせ死ぬんじゃ谷で死ぬよ。
ミト:ダメじゃ!姫様が諦めない限り諦めるな。

クシャナ:よいかできるだけ時間を稼げ私はすぐ戻る。
クロトワ:殿下まさかあれを…まだ早過ぎます!
クシャナ:今使わずにいつ使うのだ。
行け!

ナウシカ:撃たないで!
話を聞いて!
ペジテの王蟲を人質にとった上司:クソっ!鳥みたいなヤツだ。
ペジテの王蟲を人質にとった部下:あの人は敵じゃないよ、何か叫んでいた。
ペジテの王蟲を人質にとった上司:作戦を邪魔するヤツはみんな敵だ早くオトリを谷に放り込まないと俺達が危ないんだ。
来るぞよく引きつけてから撃て。
ペジテの王蟲を人質にとった部下:あ…!あ…あ…。
ペジテの王蟲を人質にとった上司:今だ撃て!
ペジテの王蟲を人質にとった部下:イヤだ〜!ラステルさん…。
ペジテの王蟲を人質にとった上司:どけ!うっ!うわ〜っ!

ナウシカ王蟲…ううっ!怒らないで怖がらなくていいの。
私は敵じゃないわ。
ごめん…ごめんね許してなんて言えないよね。
ひど過ぎるよね。
動いちゃダメ!体液が出ちゃう!いい子だから動かないで。
あっ!

ペジテの王蟲を人質にとった上司:大変だ見つけられた!
ペジテの王蟲を人質にとった部下:あ…こっちへ来る!

ナウシカ:ダメよ!そんなケガで入ったら…。
この湖の水はダメだったら!ああ〜っ!!
あっ!
お前…。
優しいコ…私は大丈夫。
今みんなが迎えに来るからね。
あっ…。
それて行くこっちへ来ない。
王蟲!ダメよ!そっちは谷があるのに!
怒りでわれを忘れてるんだわ。
静めなきゃ谷が…。

ペジテの王蟲を人質にとった上司:ハッ!ハハハ…バカめ自分で招き寄せていやがる。
ペジテの王蟲を人質にとった部下:助かった…。
ペジテの王蟲を人質にとった上司:すぐ脱出だエンジンを調べる。
よ…よせ!は…話せば分かる!
ナウシカ:私達を運びなさいあのコを群れに返します。
ペジテの王蟲を人質にとった上司:そんなことをしたってもうムダだ群れは止まりはしない。
あ〜っ!
ナウシカ:私達を群れの先に降ろすだけでいい。
運びなさい!
ペジテの王蟲を人質にとった部下:しかし君も死ぬぞ。

子供:ババ様みんな死ぬの?
大ババ:定めならね。従うしかないんだよ。

クロトワ:ビクともしねえな。
トルメキア兵:退却しましょう。
クロトワ:バカ野郎逃げるったって、どこへ逃げるんだよ?
ああっ…こら逃げるな!待て!
お〜い!殿下が戻るまで踏みとどまれ!
殿下…おっ殿下だ!
兵達:おぉ〜…。
行け!やっつけろ〜!
巨神兵だ!
クロトワ:腐ってやがる、早過ぎたんだ。
クシャナ:焼き払え!
どうした!それでも世界で最も邪悪な一族の末裔か!
うおっ!
クロトワ:うわ〜!
すげぇ…世界が燃えちまうわけだぜ。
兵達:クシャナ殿下万歳!
兵達:万歳!
クシャナ:なぎ払え!
どうした化け物さっさと撃たんか!
兵達:うっ!うわ〜っ!
兵達:ダメだ!逃げろ〜!
子供:巨神兵死んじゃった。
大ババ:そのほうがいいんじゃよ。
王蟲の怒りは大地の怒りじゃ。
あんなものにすがって生き延びて何になろう。
子供:姫ねえ様!
姫ねえ様が!
谷の人:あっ!あんな所に!
ムチャだ!
姫様!
おぉ〜っ!

ユパ:王蟲の攻撃色が消えて行く。
大ババ:大気から怒りが消えた。
ミト:止まった王蟲が止まったぞ。
子供:姫ねえ様が!
谷の人:おぉ〜!
子供:姫ねえ様が死んじゃった…。
大ババ:身をもって王蟲の怒りを静めてくだされたのじゃ。
あの子は谷を守ったのじゃ…。
子供たちの泣き声
谷の人:見ろ!
人々:おおっ!
クロトワ:な…何だこの光は…。

ナウシカ:テト。
よかった。
王蟲ありがとう。
ありがとう。
城オジたち:奇跡じゃ!奇跡じゃ!
大ババ:何といういたわりと友愛じゃ…。
王蟲が心を開いておる。
子供達よ、わしのめしいた目の代わりによく見ておくれ。
子供:姫ねえ様、真っ青な異国の服を着てるの。
まるで金色の草原を歩いてるみたい。
大ババ:おぉ〜…。
その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。
おおっ…。
子供:ババ様。
大ババ:古き言い伝えはまことであった…。
子供:あっ見て!
谷の人たち:メーヴェだ!
谷の人たち:風だ、風が戻って来た!
谷の人たち:うわ〜!
姫様〜!
アハハハ…。


そしてエンディングへ

 

 

 

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

風の谷のナウシカ 全セリフ スタジオジブリ

 

漫画版も最高なので、まだ未読の方は、ぜひ、読んでみてくださいね。