アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士Zガンダム 第33話 アクシズからの使者

機動戦士Zガンダム 第33話 アクシズからの使者

機動戦士Zガンダム 第33話 アクシズからの使者

 


 

機動戦士Zガンダム 第33話 アクシズからの使者

クワトロ:やはり、アクシズのグワダンか

ブライト:元ジオンの残党が、アステロイドベルトで、こんな戦艦を用意していたと言うのか
ウォン:戦後の連邦が宇宙に関心を持たなかったせいだな。奴らは地道に勢力を伸ばして来た。我らエゥーゴと同じだよ。
シーサー:ランチの用意、できました
ブライト:ウォンさん、行きましょう!
ウォン:うん!

ファ:待ってよ、カミーユ!カミーユぅ!
カミーユ:シンタとクムはどうした?
ファ:カミーユまで敵の戦艦に乗り込むこと無いでしょう!
カミーユ:ブライトキャプテンの命令だ
ファ:あなた、レコア少尉のこと気にし過ぎてるんでしょう?
カミーユ:違いますよっ!

トーレス:相手さんは発光信号で、着艦場所を指定するそうだ!
アポリー:了解っ!
ランチ乗員一同:ぐぁっ!
レコア:まるで嫌がらせじゃない!?
カミーユ:一体、どういう連中なんだ?!
アポリー:無茶するなぁっ!
クワトロ:あれは、まさかっ!

クワトロ:んっ?!・・・やはり・・・ハマーン・カーン!
カミーユ:はっ!・・・誰なんだ?あの女
レコア:カミーユ
カミーユ:ああっ、すいません
クワトロ:んんーっ!
ウォン:私はウォン・リー。エゥーゴを代表してやって来た!君たちの代表者を呼んでいただきたい!
ハマーン:紹介しよう
ブライト:(確かにザビ家だ!この連中には時間の流れが無いのか?!)
ハマーン:ザビ家の正統なる後継者、ミネバ・ザビ王女である!
ウォン:ミネバだと!?
アポリー:子供?!
レコア:アポリー
クワトロ:(まだあんな歳なのに担ぎ出すか!ジオン滅亡後、アステロイドベルトで育てた子が、結局あのアクシズから離れて地球圏に戻ってきた。)
ウォン:子供では話にならん!問題はあの女か?!
ミネバの侍女(ラミア):ハマーン・カーン様
ハマーン:サングラスの方、ミネバ様の前に!・・・ミネバ様の前に・・・!
ミネバ:あーっ!やはりシャア・アズナブルだ!
ウォン:そんなに知り合いか!
ブライト:シャア!
レコア:クワトロ・バジーナ!
カミーユ:まったく!
ミネバ:変わりないようだ!また会えて嬉しい!遊んでくれたの、憶えているよ?
クワトロ:2歳の時のことを、憶えていらっしゃるのか?
ミネバ:えっ?!・・・長い間の偵察ご苦労だった!いよいよアクシズが動き出す時が来た!ザビ家再興の為に、力を貸してくれよ!スペースノイドの真の反映は、ジオンの復興如何に掛かっている!ジオン・ダイクンの・・・はっ!
クワトロ:お続けください、ミネバ様
ハマーン:シャア・アズナブル!
クワトロ:よくもミネバをこうも育ててくれた!偏見の塊の人間を育てて、何とするかっ!!!
ハマーン:ミネバ様はザビ家の後継者として、スペースノイドの頂点に立たねばならぬお方だ!それに相応しい正しい物の見方をなさっている。貴様こそ心変わりをしたのではないのか?
クワトロ:ハマーン!
ハマーン:うっ!
クワトロ:ぐっ!
ハマーン:えぇぃっ!
クワトロ:ぐわぁーっ、ぐぅーっ!退けーぃっ!
ブライト:止めろ!クワトロ大尉!
カミーユ:ここで動いて、どうなります!うっ!
クワトロ:えぇい、離せーっ!
アクシズ兵:静かにしろっ!
ハマーン:ミネバ様の御前である!それ以上の無礼は止めいっ!
クワトロ:(ぬぇぇぃっ!ハマーン!)

ウォン:まったく、大尉のおかげで、ろくな交渉も出来無い内にこれだ!
ブライト:ウォンさん!
クワトロ:カミーユ
カミーユ:はい
クワトロ:この部屋を抜け出したい・・・手を貸してくれ!
カミーユ:うわぁっ!ぐふっ!うっ!げへっ!うぅぅ・・・
ブライト:あぁ?!
カミーユ:うぅっ!
クワトロ:んっ、えぇい!
カミーユ:ぐゎーっ!
クワトロ:もう一度言ってみろ!カミーユ!
カミーユ:あ、あなたは!自分勝手で!臆病者で!
アポリー:カミーユ!?
クワトロ:貴様~っ!
ブライト:やめてください大尉!どうしたんだ一体?
レコア:カミーユ、しっかり!
カミーユ:ぇっ、うぅっ!エゥーゴにシャアがいたなんてっ!俺はーっ!
アクシズ監視兵:騒々しいぞ!
ブライト:けが人だ!
アクシズ監視兵:その手に乗るか!
カミーユ:シャアが裏切って行ったからーっ!
ブライト:大尉!
ウォン:貴様ジオンの手先なのかっ!
クワトロ:カミーユの想像にっ!
カミーユ:ぐぁーっく!
ブライト:止めろっ!
アクシズ兵:えぇぃっ!おい、医者だっ!
カミーユ:うっ、ぐっ!
アクシズ兵:止めるんだっ!
ウォン:言われても仕方無かろう!
レコア:ボヤっと見てないで、何とかしてください!
アクシズ兵:医者が来るまで辛抱するんだ!・・・うっ!貴様っ!?
ブライト:ウォンさん!こんな時に!
ウォン:ニュータイプ、猿芝居はもう良いぞ
ブライト:大尉!カミーユ、そうなのか?
カミーユ:そ、そうなのかって!
レコア:カミーユ
ウォン:銃を離せ!
ブライト:ウォンさん、軽率です!
ウォン:交渉は決裂したんだ!こんな所に監禁されていると殺されるぞっ!
カミーユ:殴られ損は嫌ですよ!艦長!
ブライト:しかし、このグアダンから脱出できるのか?
アポリー:その為にクワトロ大尉は出て行ったんです!続きましょう!

トーレス:シンタとクムは?
ファ:やっと寝付いてくれました!
シーサー:子守も大変だな!
ファ:艦、動いてるけど良いの?
トーレス:こっちも追っかけてるさ!
シーサー:歓迎会が長引いてんだよなぁ?

レコア:アタシが、クワトロ大尉を探しに行きます!
ブライト:しかしっ!
ウォン:行かせてやれ!女なら敵も油断する!
カミーユ:僕も行かせてください!
レコア:大尉に本当に殴られたんでしょ?
カミーユ:レコアさん1人では危険です。
ブライト:分かった。タイムリミットは15分だ。デッキで落ち合おう。
レコア/カミーユ:はいっ!

アクシズ兵:ぐあぁーっ!うっ、あっ!ぐっ!?
クワトロ:ハマーン・カーンはどこだ?!

クワトロ:んんーっ・・・
カミーユ:レコアさんは、何でこう危険なことばかりするんです?
レコア:性分なのよ
カミーユ:そんなものですか?
レコア:そう!

ミネバ:うわぁーんあぁぁーん!
ミネバの侍女(ラミア):ミネバ様?!
ミネバ:怖い!怖いよっ!誰かが攻めに来るよぉーっ!うわぁーん!
ミネバの侍女(ラミア):そんな!ここには大勢の兵士が、お守りしています!
ミネバ:うぅっ、は、ハマーンを呼んでおくれ!ハマーンを!ねぇお願いだよぅ・・・ハマーンを呼んでおくれよぅ!うぅうぅ、ぅぅぅぅ・・・

ハマーン:ミネバ様の気弱にも困ったものだ
クワトロ:ハマーン・カーン!
ハマーン:シャア!?
クワトロ:ハマーン・カーン、死んでもらう
ハマーン:やはり、裏切りかい?シャア
クワトロ:元々、私は裏切りを一切していないよ、ハマーン
ハマーン:失望したよ。一年戦争の働きがあればこそ、地球圏への偵察に出したが・・・グワダンで勝てる訳が無い。・・・まったく!
アクシズ兵:うわっ!ぐわぁーっ!
レコア:大尉!あっ!あぁっ!?うっ!
クワトロ:少尉!
カミーユ:えぇっ!
クワトロ:待てーっ!おぉっ?!カミーユ!
カミーユ:クワトロ大尉、いつもの冷静なあなたは、どこへ行ってしまったんですか!
レコア:何故真っ直ぐ逃げることを考えないんです!

クワトロ:分かった・・・行けるか?レコア少尉?!
レコア:かすっただけです・・・
クワトロ:待てっ!
カミーユ:急ぎましょう!
クワトロ:待て!止血だけは
レコア:あぁっ・・・うっ!
カミーユ:興奮するのは分かりますけど、あんな場所に行くのがおかしいんですよ!ハマーン・カーンって女の人と、主義主張が違うのは分かりますけどね!
レコア:うっ!そ、そんなこと言ってる暇無いでしょ!入り口を警戒して!
カミーユ:はいっ!
クワトロ:カミーユに言われても仕方が無い。ハマーン・カーンという少女が、あのようにミネバ・ザビを仕向けてるのを見れば
レコア:ザビ家を再び興すのが、大尉の目的ではなかったのですね?
クワトロ:私は、ザビ家とは関係無い!私は、いつも独りの男だった・・・
レコア:いつも独りの?・・・
アクシズ兵:いたぞ!うぐわっ!
クワトロ:カミーユ!
カミーユ:えぃっ!

アポリー:自分がランチへ飛び込みます!援護してくださいっ!
ブライト:無理だ!
アポリー:大丈夫!うわぁーっ!ぐっ!
ブライト:アポリー!?
アクシズ兵たち:ぐわっ!うわっ!ぐぉぁっ!
クワトロ:ブライト艦長!私だ!クワトロ大尉だ!
ブライト:大尉!カミーユとレコアは?!
クワトロ:いるっ!
アクシズ兵:うゎーっ、だあぁぁぁっ!
ウォン:スタートさせろ!
アポリー:カミーユがエアロックを!

トーレス:ランチだ!グワダンから火が見えるぞ!
サエグサ:何かあったなぁー。主砲用意っ!
トーレス:ダミーだ!風船を出せっ!
ファ:風船て?
サエグサ:隕石の形をしたダミーだよ。対艦戦用ー意!・・・ダミーをもっと出せだとぅ?!
ファ:みんなが戻ってくるのかしら?
トーレス:対観戦だ!モビルスーツを出すぞ!ランチ受け入れ用意!サエグサ!アーガマ後退っ!
ファ:一辺に言わないで!サエグサさんやってるでしょう!
トーレス:どこ行くの?!
ファ:ランチ受け入れでしょ?!
トーレス:ダミーは?・・・

アクシズ兵:足止めしていた使節団は、全員逃亡した模様です!
ハマーン:シャアめ!アーガマは捕捉しているな?
グワダン艦長:それが、ダミーが多くて・・・
アクシズ兵:ダミーの風船かっ!
ハマーンアーガマめ、視覚とレーダーを撹乱しているのか。

クワトロ:カミーユ!Zの発進用意だ!
カミーユ:はいっ!
ファ:レコア少尉!
レコア:ドクターを呼んで!
ファ:えっ?!
レコア:ノーマルスーツを着替える間に、怪我の手当てしてもらわなくちゃね
ファ:なら!アタシが出ますっ!
レコア:冗談言わないのっ!!
ファ:・・・少尉?・・・
トーレス:各砲座、戦闘スタンバイ!
ブライト:よぅしっ!敵のモビルスーツも出てくるぞ!
トーレス:はっ!
ウォン:クワトロ大尉が馬鹿な真似をしなければ!
ブライト:いや、どの道こうなっていたんじゃないですか
カミーユ:クワトロ大尉、アーガマに戻れば、元に戻ってくれるってのに・・・

ハマーン:(シャア・アズナブルめ!グワダンを素人の将兵の集団と知って!)
グワダン策敵班:左舷10度より、モビルスーツ隊です!
ハマーン:んっ!?
グワダン策敵班:方位は、我が方への攻撃コースとは違いますっ!アーガマへ向っています!
グワダン艦長:モビルスーツ隊、発進準備させますか?
ハマーン:させておけ!しかし、出る必要は無いだろうな
グワダン艦長:うぅ、あ、はぁ、ぁ・・・

サエグサ:左舷前方より、敵モビルスーツ隊接近!
ブライト:数は?!
サエグサ:10機かあ13機っ!

ヤザン:光が見えたぁっ!分かるか、ダンケル?!
ダンケル・クーパー:はいっ、アーガマと謎の戦艦、何か悶着があったようです
ヤザン:良く分かるな。ラムサスはどうか?!
ラムサス・ハサ:いきなり実戦で蜘蛛の巣とは、相変わらず人使いが粗いですな、ヤザン隊長っ!
ヤザン:言うな!グリプスで燻っているより余程良かろう!
ダンケル:呼んでいただいて、光栄に思っております
ヤザン:蜘蛛の巣は一発勝負だ。抜かるな!
ダンケル/ラムサス:了解です!
ヤザン:Zめ!見ていろっ!

シロッコ:ふっふふ!読んだ通りだ。エゥーゴアクシズの会見は、分裂したようだ。時の運は、こちらに傾いてきた。

カミーユ:レコア少尉?!良いのですか?!
レコア:気にしないで!敵の数は多いのよ!
カミーユ:了解っ!カミーユ、出ますっ!
レコア:うぅぐ!・・・まだ痛むか。
アストナージ:出られるの?!ファに代わるか?
レコア:いいえ!レコア行きます!
カミーユ:あっ!は、早いっ!あっ!レコア少尉っ!
ヤザン:来たなぁ~Zガンダム!ダンケル!ラムサス!来いっ!
ダンケル/ラムサス:はいっ!
カミーユ:逃げる?!えぇぃっ!
レコア:カミーユ!
カミーユ:何だっ?何故固まって飛ぶっ?!・・・!何っ?!ぐぁぁーっ!
ヤザン:よぉーぅし!電流流せーぃっ!
ダンケル/ラムサス:はっ!
カミーユ:うぉわぁぁぁぁぁぁっ!!!うぁぁぁぁっ!うっ、ぅぅぅ・・・
ダンケル:これがZガンダムぅ?
ラムサス:噂程でも無いっ!
ダンケル/ラムサス:うぉっ!
レコア:カミーユ!
ヤザン:どっ?おぉっ?!
レコア:あぁぁっ!うっ・・・!
ラムサス:隊長には悪いが、Zガンダムは頂きだなっ!
カミーユ:殺られる?・・・こんな所でっ!うはぁーっ!
クワトロ:動けるか?カミーユ!おのれっ!
レコア:あっ!
ヤザン:えぇぃ!離せーっ!離せと言うんだーっ!
レコア:違う・・・誰なの?!
ヤザン:女が戦場にいるなんてのは気に入らないんだよぉぅ!消えなーっ!
レコア:あぁっ!
ヤザン:ぎっ!でぇぇぃっ!ちぃぃっ!新手かぁーっ!
ネモのパイロット:大丈夫ですか?
レコア:ありがとう。(あのパイロット・・・)うぐっっ・・・!
ラムサス:止めだっ!・・・!何っ?!
ダンケル:ああっ!
クワトロ:mkⅡが!?
ヤザン:全機撤退!ドゴスギアに戻るぞーっ!
ダンケル/ラムサス:はっ!
クワトロ:mkⅡ・・・ラーディッシュが来てくれたか!
カミーユ:ぁっ!エマ・シーンに・・・カツか?
レコア:(いない・・・もう撤退してしまった、ドゴスギア・・・!いたっ!)・・・はっ!・・・お仲間か・・・

シロッコ:このパプティマス・シロッコ、ミネバ様の御為なら、この身を滅ぼしてまでも、尽くす所存にございます。
ミネバ:よーく分かった!パプティマス・シロッコ!余の為にその命捧げてもらおう!
シロッコ:はっ!身に余る光栄にございます。
ハマーン:(こういう馬鹿な男もいる。世の中捨てたものではないぞ。)

カミーユ:ファ!
ファ:うっふふふふ!あはははははっ!良かったーっ、何とも無いのね、カミーユ!
カミーユ:当たり前だ!
レコア:うっ!うぐぐっ・・・!
クワトロ:こんな無様な戦い!・・・私はあの女に惑わされている!ハマーン・カーン・・・ジオンの亡霊めっ!

ナレーション:かくして、エゥーゴアクシズの連帯は失敗に終わった。これを契機に、ティターンズ・ジオン・連合軍対、エゥーゴという戦いの図式が成立した。

次回予告
敵の中に、自分が求めるものを見つけてしまったレコア。
それが不幸かどうかは誰にも分からない。
カミーユは、それがシャアの責任だと責めたが、
アーガマのレコアは死んだ。
次回、機動戦士Zガンダム、宇宙が呼ぶ声。
君は刻の涙をみる・・・