アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士Zガンダム 第34話 宇宙が呼ぶ声

機動戦士Zガンダム 第34話 宇宙が呼ぶ声

機動戦士Zガンダム 第34話 宇宙が呼ぶ声

 

機動戦士Zガンダム 第34話 宇宙が呼ぶ声

ナレーション:ジオン公国の生き残りであるハマーン・カーンらとの会見は、シャアが原因で失敗をした。その結果、ハマーン・カーンとパプティマス・シロッコを結び付けることとなった。

エマ:補給部品と、ダブっていたモビルスーツアーガマへ送りました。
ヘンケン:ありがとう、エマ中尉。
エマ:あれで、アーガマもかなり楽になるはずです。
ヘンケン:が、一時しのぎだな。何よりも乗組員に疲れが出ている。グワダンを追うのは諦めて、一旦はドックに入らないとな。
エマ:キャプテンも、あまり無理をなさらないでください。いざ休みという時に、デートもできなくなったら困りますから。失礼します。
ヘンケン:ふふ。

シンタ:いくぞー。せーの。うわ!
クム:うわぁ!
アーガマ・メカマン:ん、何だ?
シンタ:誰かー!
クム:助けてー!
ファ:シンタ!クム!
シンタ:やだよー!
クム:うわー!
カミーユ:よっと。
シンタ:カミーユ
カミーユ:ちゃんと掴まれ。
シンタ/クム:うん。
シンタ:手伝うつもりだったんだよ。
クム:だよ。
カミーユ:わかってる。
アストナージ:気を付けてくれよ。
シンタ/クム:うん。

カミーユ百式の調子は、いいんですか?
アストナージ:あぁ、使えるところまでは何とかしたが。
カミーユ:クワトロ大尉、大丈夫ですかね?
アストナージ:あの人は大人だ。ジオン公国とは、関係ないよ。
カミーユ:そりゃぁ信じますけどね。
アストナージ:Zも動くだけだぞ?
カミーユ:動けば十分ですよ。
ウォン:ふぅん、お前も実戦というものがわかってきたようだな。修正した甲斐があったというものだ。
カミーユ:どうも。
アストナージ:何だ、ヤツぁ?
カミーユ:もともと好戦的なんですよ。
ウォン:そこ!何をモタモタしている!そんな事ではグワダンは潰せん!

カミーユ:大尉。レコア少尉、いいんですか?
クワトロ:何がだ?
カミーユ:ファから聞きましたよ、お見舞いしてやってなんでしょ?
クワトロ:時間ができたらな。
カミーユ:あれだ。
アストナージ:何だ?
カミーユ:レコア少尉、大尉に気があるらしいんですよ。なのにあれだ。
アストナージ:はは、あっはっはっはっはっは。
カミーユ:おかしかないでしょ?
アストナージ:お前がおかしいんだよ。
カミーユ:何でです?
アストナージ:お前がそういう事言うの、自分でおかしいと思わないか?
カミーユ:そんなに朴念仁に見えます、僕が?
アストナージ:はっはっはっは、見えますね。お前、地球で本当に恋をして来たな?
カミーユ:ふん。

ファ:シンタ!クム!来ちゃいけないって!
シンタ:だって手伝ってって命令されたんだ。
ファ:嘘言って。
クム:ほんとよー。
アストナージ:本当なんだよ。
カミーユ:二人の方が、あの人よりいいさ。
ファ:え?
ウォン:何でプロの手が、そんなに遅いんだ!
ファ:張り切ってて、いいんじゃない?
カミーユ:あのね。
ファ:え?
カミーユ:ファに頼みがあるんだ。
ファ:い、いいわよ。

レコア:どなた?
ファ:あたしです。
レコア:どうぞ。
ファ:レコアさん、動いてていいんですか?
レコア:右腕が少し痛むだけ。あなたこそ、こんなところに来ていいの?
ファ:カミーユから、レコアさんを見て来るようにって。
レコア:カミーユが?そう。ありがとう、ファ。わざわざ来てくれて。
ファ:い、いえ。
レコア:ねぇ?
ファ:大丈夫です。
レコア:はは、先生が廊下の向こうに見えた時、てっきり見つかったと思ったけど。
ファ:レコアさんは好きなんですね、こういうの?
レコア:カミーユが言ったの?
ファ:え?
レコア:危険な事ばかりするのよね、あたし。癖になってしまったのよ。
ファ:はぁ。
レコア:あたし、昔は月に住んでいたのよ。でもね、前の戦争で両親と離れ離れになってしまって。それからよ、ゲリラに潜り込んだりして。いつの間にかたくさんの仲間が死んでいったわ。
レコアの回想:(あぁ!)
レコア:戦争が終わって、そのまま連邦軍に入ったけど、何かが違っていたのよ。そして気が付いてみたら、エゥーゴに入っていた…。思想とか信念とかじゃないのよ。自分がギリギリのところにいないと、生きている気がしない。そんな性格になってしまっていたのね。いい男がいなかったせいもあるかな。
ファ:男…ですか?
レコア:そう、男よ。この世界には、昔から男と女の二つのセックスしかないわ。だとしたら、それには何か意味があるわけでしょ?
ファ:そうですね。それはそうです。
レコア:ファは、あたしみたいな女になってはダメよ。
ファ:はい。よ、よくわからないけど…。
レコア:今にわかるわ。
ファ:そうですね。じゃ。
レコア:誰の帰りも待っていない部屋だわ、ここは。

シロッコ:グワダンもおとなしくついて来る。
ヤザン:どういうつもりなんだ、シロッコ?
シロッコ:久しぶりだな、こんなに静かなのは。
ヤザン:静かなのは、アーガマが攻めて来られんからだ。
シロッコ:このまま何もなければいいがな。
ヤザン:はぐらかすのはやめろ!アーガマを倒す気はあるのか!
シロッコ:もちろんある。が、今はあの船の連中と、ティターンズの手を結ばせる事が先だ。
ヤザン:なら、目の前の邪魔を排除する必要だって!
シロッコ:それも道理だ。わかった、好きなようにしてくれ。
ヤザンシロッコ…!
シロッコ:私には君が必要だ。君がいてこそ、私はティターンズアクシズをまとめていける。
ヤザン:なるほど、オレにもその見返りが来ると、考えていいのか?
シロッコ:もちろんだ、ヤザン。私は、君という人間が好きだ。
ヤザン:へっ、わかった。
シロッコ:待て、サラ。ヤザンの戦闘に、お前の割り込む隙はない。ああいう戦い方もあるのだという事を、見ておくんだ。わかるな?

トーレス:うぁっ!
ウォン:敵の追撃中に、艦長がブリッジにいないということはどういう事なんだ!?
クワトロ:来ました。
トーレス:う、あぁ。
ブライト:何か?
ウォン:どこへ行っていた?
ブライト:船体の修理を手伝っておりました。
ウォン:キャプテンのする事ではないだろう。大体この船には規律というのもがなさ過ぎるんだ。
クワトロ:ウォンさん、アーガマのそういう部分が、これまでの戦いを切り抜けさせてきたとは思いませんか?
ウォン:ならばなぜアクシズとの接触は失敗した?
クワトロ:私ははじめから反対でした。
ウォン:いつになったら敵に追い付けるのかね?
ブライト:ラビアンローズを待ちます。
ウォン:ドックに入って、時間を無駄にするつもりか!
ブライト:ラーディッシュの援助だけでは応急処置しかできません。敵の大軍に攻められたら一溜まりもないのです!
ウォン:戦闘は完璧な状態で戦える事の方が珍しいんだ。今クワトロ大尉も言っていたが、アーガマは不可能を可能にする船ではないのかね?
ブライト:この状態では無理です!
ウォン:うぅむ…。
シーサー:キャプテン、敵モビルスーツ隊です。
ウォン:何?
ブライト:何機だ?
トーレス:確認できるだけで6機です。
ブライト:6機か。モビルスーツを出せ。
シーサー:ラジャー。

レコア:あっ!何なの?何かが…聞こえたみたい。

アポリー:カミーユZガンダムは出られるのか?
カミーユ:ランチャーを使います。
レコア:うっ…!
クワトロ:レコア少尉、何をしている?レコア少尉、まだ無理だろう?部屋に戻っていた方がいい。
レコア:私は、アーガマパイロットの一員です。
クワトロ:レコア…。どうしたというのだ、レコア・ロンド。
レコア:あなたは…あなたは、私を止められるだけの事をしてくださいました?
クワトロ:少尉。私に、何をしろと…?

ヤザン:予定の数は出たな?
ヤザン隊・隊員:終わりました。
ヤザン:よぅし、2機だけ残れ。バレないように、動きを付けろよ。

カミーユZガンダム、出ます。
エマ:Mk-Ⅱ、出ます!
レコア:まだ痛みが引かないか。メタス、出ます!うっ、あぁ。…何てきれい。
カミーユ:メタス…、レコア少尉が出ているのか?レコア少尉、前に出過ぎ!下がって!
レコア:え?カミーユ。さっきから呼んでたの、あなただったの?
カミーユ:い、いえ。レコアさん、離れて!
ヤザン:よし、散開しろ。
カミーユ:気を付けてください。
レコア:了解。
カミーユ:えぇい!
マラサイパイロット:ああっ、あぁぁ!
ヤザン:Zだな?ランチャーに気を付けろ。
レコア:うぅぅっ!
ラムサス:えぇい、放せ!
レコア:(はっ…聞こえる。とても力のある意思が…。)
ラムサス:もらったぁ!
レコア:あぁ!
クワトロ:レコア!
ヤザン:ラムサス、構わずに行かせろ!
ラムサス:ラジャー!
クワトロ:レコア、メタス1機で突撃などと…。
エマ:逃げた?

サエグサ:敵モビルスーツ隊、近付いて来れません。
ウォン:はっは、どうだね?
ブライト:クワトロ大尉とカミーユに、敵の後方を探るように伝えろ。
クワトロ:私もおかしいと思ったが。
カミーユ:こちらが気を抜いたところで、攻め込んでくるつもりなんでしょうか?
クワトロ:確かめんとな。ん?
カミーユ:レコア少尉!
レコア:は!
カミーユ:レコアさん!
レコア:どうしてあたし…こんな所に?
カミーユ:前に出過ぎです!どうしたんですか?
レコア:ごめん。
カミーユ:レコア少尉らしくないですよ。
レコア:クワトロ大尉…。
カミーユ:行きます!
レコア:カミーユ、さっきはありがとう。
カミーユ:レコアさん…。どうしたっていうんだ?

ダンケル:来たか。
クワトロ:何!?
カミーユ:あれは?
クワトロ:マラサイか。10機は下らんな。カミーユはラーディッシュに。私はアーガマに連絡する!
トーレス:そうだ。前方にマラサイの部隊がいる。エマ中尉もすぐに向かってください!
ウォン:どうするつもりだ?
ブライト:メガ粒子砲の発射準備をしておけ。
サエグサ:レコア少尉、少尉、応答してください!
ウォン:どうした、応答しないのか?
サエグサ:はぁ。
ウォン:レコア少尉、聞こえんのか!
ブライト:ウォンさん!今は戦闘中です。ウロウロせずに、シートに座っててください!
ウォン:何だと?
ブライト:自分はこの船のキャプテンです。命令に従えないのなら降りてもらう!
ウォン:う…。
サエグサ:レコア少尉、少尉は戻って、こちらのモビルスーツを防いでください!
ウォン:くくっ…。
レコア:ラジャー。…また行き遅れか。

ヤザン:うまく乗ってくれた!
ダンケル:隊長!
ヤザン:行くぞ!
ラーディッシュ・オペレーター:敵モビルスーツ2機、防衛線突破しました。
ヘンケン:ジグザグ退避行動を取りつつ、対空戦。アーガマに寄せるな。
ヤザン:急げ!ダミーに気付いて戻ってくる前に、アーガマを叩くんだ!
ヤザン:えぇい、邪魔だ。こいつから落としてやる。えぇい。邪魔だ、どけぃ!
レコア:う、うぅぅぅ。あ、あれが敵?
カミーユ:ん?
エマ:カミーユ、行くわよ。
カミーユ:了解。何だろう?
クワトロ:行くぞ。
エマ:は、本物じゃない!ダミーだわ!ブリッジ、応答してください!
ラーディッシュ・オペレーター:エマ中尉からです。マラサイは全て偽物だと言って来ています。
ヘンケン:何ぃ?
ラーディッシュ・オペレーター:アーガマに、敵モビルスーツが接近しています。
ヘンケン:えぇい、謀られたか。すぐにモビルスーツを呼び戻せ!
レコア:うっ、うぅぅ!
ヤザン:ぬお!
レコア:はぁ…何で撃てない!?
ヤザン:死ねぃ!
レコア:うぅ、動けない。どうして?
ヤザン:ぬぅ、何だ、こいつ?なぜ動かん?ダミーか?だ!?うぬぅ、幻覚にオレが騙されるものか。
レコア:…あたしを呼んだのは、あの人間の力なのか?
ヤザン:な、何なんだこいつは?
レコア:ふふ、あたしは、死ぬのに怖くない。そう、だから死にたかったんだ…。でも、誰かが呼んでいるのならば、私は…。誰?あなた、あなたなの?
ヤザン:なぜ来る?何?
レコア:教えて、呼んだのはあなたなの?
ダンケル:隊長、風船がバレました。アーガマモビルスーツ部隊がそちらに戻っています。
ヤザン:ぬぁ、聞こえた。了解だ。退くぞ、ラムサス!
レコア:この男なの?この…。
ヤザン:まともそうな女が…何で?

ファ:カミーユ
カミーユ:どうしたんです?
ファ:レコア少尉が…。レコアさんがぁ…。うっ、あっあっあ。
カミーユ:ファ。
ファ:死んじゃったのよ、レコアさんがぁ…。
カミーユ:な、何言ってんだよ。嘘吐くなよ。
ファ:こんな事、嘘で言える訳ないじゃない!
カミーユ:そんな…。
ファ:メタスが爆発して…。あたしが病院から抜け出すのを手伝ったりしなければ…。
カミーユ:ファのせいなんかじゃない。そう、気にするな。レコアさんが、自分から出たんだから。
ファ:うううぅ。カミーユ

ブライト:今、乗組員達が、どんなに不安定な状態かおわかりですか?
ウォン:やりくりできるのがアーガマだろう?
ブライト:物質的な面だけを言っているのではありません!メンタルな面でも…。
ウォン:私もそのつもりで言っている!
ブライト:レギュラーパイロットが戦死したことで、動揺が激しいのです。せめて装備の強化を図り…。
クワトロ:私からもお願いします、ウォン・リーさん。
ウォン:私に構わず、勝手にすればいいだろう!
ブライト:それが正しいやり方だと思われますか!
ウォン:もちろんだ。戦闘では君達がプロだからな。補修艦のラビアンローズが近いはずだ。接触したまえ。

カミーユ:探しましたよ、クワトロ大尉。でぇぇぇい!あなたが、もう少しレコアさんに優しくしていたら…あんな事にはならなかったんです。わかりますか!レコアさんは、今頃、暗い宇宙を漂って…。うぅぅ。
クワトロ:サボテンが、花を点けている…。
カミーユ:うぅっ!

ナレーション:ヤザンとの戦いで、アーガマ、そしてラーディッシュまでもが、深い痛手を受けた。が、その修理に接近したラビアンローズには、新たな命令が待っていた。

次回予告
ヤザン隊の攻撃をかわした百式は、Zガンダムと共にキリマンジャロに降下した。
ティターンズの基地に潜入をしたシャアとカミーユは、そこにジャミトフとフォウを見た。
次回、機動戦士Zガンダムキリマンジャロの嵐。
君は刻の涙をみる・・・