アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士Zガンダム 第41話 目覚め

機動戦士Zガンダム 第41話 目覚め

機動戦士Zガンダム 第41話 目覚め

 

機動戦士Zガンダム 第41話 目覚め

ファ:カミーユ、待って。
カミーユいいのか?
ファ:あたしも行った方がいいでしょ?ロザミィはシンタとクムが見てるわ。
カミーユ:子供がロザミィのお守りかい?
ファ:大丈夫よ、ハサン先生の所ですもの。
カミーユ:あぁ。
ファ:カミーユ、レコアさんの事…。
カミーユ:心配すんなよ。落ち込んじゃいないよ。
クム:ファ姉ちゃん!カミーユ!あ、ダメだ、ロザミィが解剖されるぅ!
ファ:クムだわ。
クム:早く来て!う、うわぁ!あぁぁ!
シンタ:うううわぁ!
ハサン:シンタ、クム、足を押さえてくれ。
ロザミア:いやー!いやいやいやいや!
ハサン:あいたたたたたた!
カミーユ:ハサン先生!
シンタ:カミーユ兄ちゃん。
カミーユ:ロザミィを解剖するんですか!
ハサン:バカを言いなさい。この子達は騒ぐだけで何も手伝わん。
シンタ:先生はロザミィ姉ちゃんを人体解剖するって言ったんだぜ!
ハサン:ただの精密検査だ!ロザミィが嫌がるから、これだ。
シンタ:そうなんか、クム?
クム:う、う…だってさ、そう思うよね?
カミーユ:ロザミィ?
ロザミア:いや!
カミーユ:ロザミィ、君はずっとアーガマに居たいんだろ?だったら、ハサン先生に一度調べてもらわなくっちゃ。
ロザミア:どうしてさ。
カミーユ:う…お兄ちゃんとずっと居たいんなら、そうしなくっちゃ。
ロザミア:お兄ちゃん!
カミーユ:だからさ…。
ファ:カミーユ、早く行かないと。
カミーユ:あぁ。いいね、ロザミィ?
シンタ:先生さ、身体検査するとアメくれるんだぜ?
クム:ほんと?ならあたしもやる!
シンタ:何言ってんだよ。
クム:あいて!
ロザミア:ほんとに怖い事しない?
カミーユ:しないよ。しませんよね?
ハサン:はっはっはっは、トントンするだけ、トントン。
クム:だからあたしやるー!
カミーユ:クムは偉いな。
ロザミア:あたしもやる!
カミーユ:え?
ハサン:よぉし、二人ともこっちへ来て。
ロザミア/クム:はーい。
ハサン:それじゃ、胸を見せて。
クム:はい!
ロザミア:はい!
ハサン:よぉし、いい子だ。
ロザミア:あ、お兄ちゃん。どこに行くの?
カミーユ:ロザミィがよく診てもらうまで、僕は仕事しないと怒られるんだよ。
ロザミア:後で迎えに来てね。
カミーユ:あぁ。でっ!…あ、何だよ!
ファ:集合に遅れるわよ。

バスク:一度や二度戦闘に参加したと言っても、少尉は、アーガマとかZを撃破した訳ではない。だから今回の…。
レコア:毒ガス作戦の指揮を執れ、と。
バスク:本気でティターンズに忠誠を誓うなら、やって見せることだ。
レコア:他にも、試す方法はあるはずです。よりによって、コロニーに毒ガスを注入する作戦で…。あっ。
バスク:自惚れるな!
レコア:あっ!
バスク:貴様の事など、作戦の推移に過ぎん!エゥーゴの抵抗を挫折させる上に、この作戦は極めて重要な意義を持つ。
レコア:は、はい。
バスク:スパイがどういう処置を受けるか、知らぬでもあるまい。
レコア:私は既にティターンズの一員のつもりであります。
バスク:ならばやって見せろ。直ちにスタンバイだ。
レコア:はっ!
バスク:レコア少尉。
レコア:は?
バスク:我々は人殺しの集団ではない。一刻も早い平和を願っている事を忘れんでな。
レコア:は。
レコア:う…。何が平和だ。これは、シロッコが、私に試させてる事か。

クワトロ:どうだ?
カミーユ:遅れました。
クワトロ:あの子の精密検査の結果は?
カミーユ:始まったばかりですから。
クワトロ:そうか。
カミーユ:大丈夫ですよ。
アストナージ:電磁流テスター、取ってくれ。
カミーユ:はい。はい!
アストナージ:あぁ、サンキュー。
クワトロ:いい子でも、味方とは限らんのだぞ?
カミーユ:え?

ドゴス・ギア・オペレーター:レコア少尉、よろしいか?
レコア:発進指示、待ちます。
ドゴス・ギア・オペレーター:この作戦は、バスク大佐自ら執られます。見事成功させて、ティターンズへの忠誠を示してください。
レコア:承知しております。

アストナージ:よぉーし、OKだ、カミーユ
カミーユ:ありがとうございました、アストナージ曹長
アストナージ:な、待機中だぞ!
カミーユ:すぐ戻ってきます。
アストナージ:すぐにも出撃命令が出るぞ!
クワトロ:曹長、ここを見てくれ。
アストナージ:はい。
クム:姉ちゃんにだって、おんなじ大きさのやったよ!
ロザミア:そうかなぁ?
ハサン:おぉ。
ロザミア:あたし、何ともないってさ!
カミーユ:おっと!
ロザミア:来ないのかと思ってた。
カミーユ:どうでした?
ハサン:まぁな。
ロザミア:ね、舐める?
カミーユ:何を?
ロザミア:これ。
カミーユ:いいよ。良かったな。
クム:うん。
シンタ:オレももらっちゃった。
カミーユ:いいんでしょ?
ハサン:ちょっと…。
ロザミア:あった。あった、赤いの。あったよ、お兄ちゃん、赤いアメ玉。
カミーユ:いいよ。
ロザミア:嫌いなの、アメ?
カミーユ:好きだよ。
ロザミア:じゃ、あーん。
カミーユ:あーん。
ロザミア:はい!
カミーユ:ありがとう。僕は出撃があるから、おとなしく待ってるんだよ?
ロザミア:出撃…?
カミーユ:あぁ。
ハサン:さ、服を早く着て。

ロザミア:(出撃…?パイロットスーツ…。何かを、急がなくちゃいけないんだ…あたし…。)

ハサン:見た目は、大丈夫だ。私は多少失望だがね。
カミーユ:ありがとうございます。
ハサン:しかし、ドーピングのテスト、細胞の変形のチェックと、やる事はいっぱいある。ニュータイプを人工的に造ろうとして強化すれば、遺伝子レベルの変調もあるし、催眠療法のチェックも要る。
カミーユ:じゃあ、ロザミィの異常さも…。
ハサン:断定はしない。ま、今のところは普通の子だ。
カミーユ:信じていいんですね?
ハサン:信じろ。君のメンタルの方が大切だ。
カミーユ:はい。では。

レコア:監視網が濃くなっている。気を付けろ。
ハイザックパイロット:ピーターセン、バーニヤのタイミング合わせろ。
ピーターセン:遅い!うわぁ!
レコア:え!? 見つかったな。
レコア(:しかし、これでアーガマが来れば、嫌な作戦をしないで済むかも…。)

トーレス:サイド2より緊急通信です。モビルスーツらしき侵入物キャッチ。
ブライト:数は?
トーレス:あ、あ、ま、まだ、確認取れていません。
ブライト:スタンバイ中のモビルスーツから発進させろ。
トーレス:了解。

クム:あむ。ん、ん、ん。お姉ちゃん食べないの?
ロザミア:嫌な…音だ。
クム:あれ、モビルスーツが出る合図よ。
ロザミア:ああ、そうか。
シンタ:カミーユZガンダムが出るの、かっこいいんだから!
ロザミア:カミーユ?Z…。ん、あたしだって、モビルスーツに乗れるよ?
クム:うそー?
ロザミア:嘘じゃない。いつもみんなに上手って言われてたもん。
シンタ:ならオレ達も乗せられる?
ロザミア:いいわよ?モビルスーツがあればね。
クム:よーし、こっちよ。
ロザミア:今はダメよ。おとなしく待ってるって、お兄ちゃんと約束したもの。
シンタ:兄ちゃんだってモビルスーツで戦えば褒めてくれるよ?
ロザミア:あっ、そうだね!よし、お兄ちゃんの手伝いに行こう!

トーレス:こっちに言われてもそんな事…。
クワトロ:どうした、トーレス?
トーレス:あ、ハサン先生が大尉に…。
クワトロ:ハサン先生に繋いでくれ。
トーレス:あ、はっ!
クワトロ:ハサン先生、クワトロだ。
ハサン:おぉ、大尉。ロザミィが見当たらないんだ。気になる結果が出た。収容したいんだ。
クワトロ:気になる?
ハサン:細胞から、薬物反応が出た。
クワトロ:やはり、強化人間!
ハサン:その種のドーピング兆候ありだ。断言はできんが。
クワトロ:クムとシンタは一緒じゃないのか?
ハサン:たぶん一緒のはずだ。
クワトロ:わかった、すぐ行く。
アストナージ:大尉、出られます。
カミーユ:クワトロ大尉、出撃じゃないのか?
ブライト:カミーユ、出られるか?
カミーユ:は、はい。
ブライト:敵は21バンチに接近中だ。先行のMk-Ⅱ、メタスと合流、これを阻止しろ、いいな。
カミーユ:了解。Zガンダム、出ます!クワトロ大尉、何があったんだ?

レコア:(来ないのか、アーガマモビルスーツ隊は?こんな事では、作業は終わってしまうし、これではエゥーゴの中核にはなれない!)
トーレス:艦長、大尉からです。
ブライト:私だ。何?そうか。頼みます。こんな時に…。モビルスーツ隊の指揮はエマ中尉に執らせろ。
カミーユ:エマ中尉が指揮を執る…。大尉はどうしたんだ?

ハサン:ノーマルスーツルームにはいなかった。
クワトロ:だとしたらここに来るはずだ。
ハサン:私はこっちを。
クワトロ:あぁ。
ロザミア:どうしよう?
シンタ:クムとオレが囮になるからさ。
ロザミア:うん。
シンタ:その間に姉ちゃんがネモに乗ればいいんだ。
ロザミア:そうか、頭いいね。
シンタ:あったりまえさ。ほれ!
クム:何やんのさ?
シンタ:お前逃げんの。オレ追っ掛ける。
クム:いっつも悪役だ。あたしが追っ掛ける。
シンタ:遊びじゃないんだぞ。
ロザミア:そうよ。お兄ちゃん助けるんだから。
クム:チビは損だ。
ロザミア:かわいいお尻。
クム:ノーマルスーツ着てたらわかんないでしょ!
ロザミア:えへへ。
ハサン:ん?
クム:やだー!
シンタ:無理だって!
ハサン:どうした?
クム:あたしモビルスーツで。
シンタ:戦うのは無理だよ。
ハサン:ヘルメットなしでここに来ちゃいかん。
シンタ:待てよー、クム!
クム:やーだー!
ハサン:上へ上がって、二人共。
クワトロ:ノーマルスーツを着てる?ん?マナック、そいつを止めろ。
マナック:え?何だ?うぉ!
クワトロ:ロザミィ!ロザミィだな?
ロザミア:知ってるのと違う…。うーん。だけどこんな物。…わかった。シンプルなマシーンだ。
クワトロ:中からロックされたか。うぁ!エレベーターを止めろ、誰か!
マナック:はい!
ロザミア:あれぇ?止まっちゃった。
ハサン:ロザミィ、やめなさい。すぐにモビルスーツから降りるんだ。
シンタ:何で?お姉ちゃんはカミーユを助けに行くんだ!
クム:見てよ、ハサン先生、動いてる!
ハサン:お前達、何をしているのかわかってんのか!
クワトロ:百式、出るぞ!
ブライト:大尉、艦内では手を出すな。刺激して暴れられたら困る。
クワトロ:外で何とかする。
クム:お姉ちゃんはカミーユの手伝いに行くんだから!
クワトロ:了解。
クム:邪魔したら後で大尉を修正すっから!

クワトロ:戻れ、ロザミィ!戻らなければ撃つぞ。
ロザミア:撃つだと?あの金色のモビルスーツ…。
クワトロ:仕方あるまい。ロザミィ…あの動きは、強化人間でなければフォローできない。

ハイザックパイロット:レコア少尉、準備完了。
レコア:コロニー守備隊の戦力はもうないのか?
ハイザックパイロット:レコア少尉!ガス注入準備完了!
レコア:えっ?コロニーにガスを注入…。
ハイザックパイロット:少尉!
レコア:よ、よし。

カミーユ:何だ!?
エマ:カミーユ機、どうした?
カミーユ:うっ、あぁ、エマ中尉は感じませんでしたか?
エマ:感じた?何を?
カミーユ:何て言うか、すごく、嫌な感じがいくつも、身体を突き抜けて行ったような…。すごい不快感です。吐きそうだ。
エマ:しっかりしなさい。敵はすぐそこよ。
ファ:何?今とても気持ちの悪い感じが…。
エマ:前方21バンチ、敵機!
カミーユ/ファ:了解!
カミーユ:さっきの感覚は、この毒ガスか!好きにさせるか! 間に合って欲しいけど、無理だな。ん?
レコア:遅い…遅かったわ、アンタ達。
カミーユ:そのメッサーラ、レコア少尉か! うるさい、邪魔するな! 返事をしろ!レコア少尉なのか!?なぜ答えない、やっぱりそうなんだな! なぜこんな惨い作戦にあなたが!なぜなんだ!
レコア:子供にはわからない事よ。こんな遅い戦い方では、シロッコは倒せないわよ!
カミーユビームサーベル…。わかるものか!僕はあなたを許さない!
レコア:死んだら、許すも許さないもないだろう、坊や?
カミーユ:貴様! 大人だから、何をやってもいいのか?都合のいい言い訳を!
ロザミア:お兄ちゃーん!
カミーユ:何だ!?
ロザミア:うふふ、真っ直ぐ来れちゃった、お兄ちゃん!
カミーユ:何で真っ直ぐに来れた?ロザミィ…どうして!
ロザミア:あはは、当たった!
カミーユハイザックを落とした…ロザミィが。
レコア:いいチームワークだ。しかし! クワトロ大尉か!
カミーユ:ロザミィ、モビルスーツ戦は遊びじゃない。
ロザミア:お兄ちゃんもやってるじゃない。
カミーユ:(しかし、強化人間だとは思えないな。)

クワトロ:今更なぜかとは聞かん。
レコア:大尉、あなたはいつもそうして…いつも自分だけ高いところに居ようとする。
クワトロ:それが理由か、レコア少尉?ならば、せめて私の手でその業を払わせてもらう。
レコア:世界が自分を中心にして動くと思うな、シャア!

カミーユ:いいか、ここから動いちゃいけない。バイザーも上げちゃいけない。
ロザミア:何で?ここのコロニー、変よ。
カミーユ:ガスが効いているんだ。
ロザミア:シンタ!クム!
カミーユ:え?
ロザミア:ね、どしたの?あ、シンタじゃないんだ。あなた、起きてよ。ねぇ。
カミーユ:ロザミィ、死んでいるんだ。もうよしなさい。
ロザミア:どうして?嫌よ。起きなさい。起きてってば!
カミーユ:ロザミィはここに居て。 ティターンズめ!
ロザミア:お兄ちゃん…。
カミーユ:うあぁぁ!
ハイザックパイロット:うお、うわぁぁ!
カミーユ:とどめだ!
ロザミア:宇宙が…落ちる…?あぁぁ…。あぁぁ!
カミーユ:なぜ、そうも簡単に人を殺すんだよ!死んでしまえ、死んで! はぁ…はぁ…はぁ…。ロザミィは?ロザミィ。ロザミィ?どうしたんだ?
ロザミア:Zガンダムは宇宙を落とす…。
カミーユ:何を言ってるんだ、ロザミィ!
ロザミア:お前は敵だ!
カミーユ:ぐぅ!ロザミィ!
ロザミア:私はロザミア・バダム中尉だ。私の使命はZガンダムの破壊と、そのパイロットの抹殺!
カミーユ:やめろ、ロザミィ!
エマ:カミーユ!
カミーユ:エマさん、やめてください!あれはロザミィなんです!
エマ:わかってます。ティターンズの強化人間。アーガマから情報が入ったわ。
カミーユ:だけど、あれはロザミィなんだ!
ロザミア:ガンダムが2機?
ティターンズ兵:ロザミア・バダム中尉、聞こえるか?ロザミア・バダム!

クワトロ:また外れた。なぜ落とせん!私にためらいがあるのか。
レコア:私があなたを倒すのだよ、シャア!
ティターンズ兵:G3隊は、ロザミア中尉と合流、直ちに帰還せよ。

カミーユ:ロザミィー!
エマ:やめなさい!追ってどうなるの?
カミーユ:うあぁぁぁ!うっ、うぅぅぅ。
ファ:カミーユ…。あの女が行ってくれた…。
カミーユ:うっ、うぅぅぅ。

 

ナレーション:この宇宙では、また一つの悲劇が残された。そして、それは次の悲劇への始まりでもあった。

 

次回予告
ロザミアにはバウンド・ドックが与えられ、サイド2の空域に投入された。
その機体と遭遇したカミーユはロザミアを引き戻そうとしたが、ロザミアはカミーユの前から姿を消した。
次回、機動戦士Zガンダム、さよならロザミィ。
君は刻の涙をみる・・・