アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム 第43話 ハマーンの嘲笑

機動戦士Zガンダム 第43話 ハマーンの嘲笑

機動戦士Zガンダム 第43話 ハマーンの嘲笑

 

機動戦士Zガンダム 第43話 ハマーンの嘲笑

ナレーション:アーガマを去ったロザミア・バダムは、グリプス2の空域へ向かった。そのグリプス2のコロニーレーザーは、月面都市グラナダを、その射程距離に捕らえようとしていた。 グラナダの、メラニー・ヒュー・カーバインは、この局面を打開するために、特使をアーガマへ派遣した。

シンタ:えぃ。
シンタ/クム/アポリー:あぁ!
アーガマ・クルー:あぁ…。
カツ:うわっ!
アポリー:ハロを連れてけ!
クム:はーい。
シンタ:クムが連れてくるから。
カツ:相変わらずだな。
シンタ:あれ?また単独行動で来たの?
カツ:ヘンケン艦長のお供だよ。ブライト艦長が、ブリッジに上がってくれって。
カミーユ:オレにか?
カツ:はい。
カミーユ:嫌だな。
カツ:グラナダから、命令書が届いたようですよ。
カミーユグラナダから?
カツ:えぇ。
カミーユ:わかったよ。
カツ:どうしたんです、カミーユ?
アポリー:敵の強化人間と、いろいろあってね…。

カミーユハマーン・カーンと接触して、グリプス2の破壊工作を依頼せよ…。どういう事ですか?
ブライト:読んでの通りだ。メラニー会長は何としてもアクシズエゥーゴ側に引っ張り込むつもりだ。
カツ:ハマーンアクシズエゥーゴの敵なんですよ!
クワトロ:いや、まだ敵と決まった訳ではない。
カツ:大尉!
カミーユ:大尉は、この作戦に賛成なんですか?
クワトロ:やってみる価値はあるだろう。
カツ:やめましょうよ、そんな事。
ヘンケン:カツ!お前が口出しする事ではない。
カツ:はい。
ブライト:確かに了解したと、メラニー会長にお伝えください。
メラニーの特使:では、よろしく。

ブライト:カミーユ。クワトロ大尉は?
カミーユ:はい、大尉は…。
ハロ:カミーユ!カミーユ!
エマ:命令を聞けない?あなた達、自分達の言ってる事がわかってるの?
ハロ:エマ、オコッテル!
カミーユ:そうらしいな。
エマ:いい加減にしなさい!
カツ:裏切りを勧めるなんて、汚いですよ。平気で毒ガスを使うティターンズと、どこが違うんですか?それに、アクシズだっていつ寝返るかわからないし、グワダンに後ろから撃たれるのはご免ですよ。
エマ:白旗を揚げてるモビルスーツを、撃つ訳がないでしょう。
カツ:えっ…違いますよ!
エマ:ブライト艦長
ブライト:ファもカツと同じ意見なんだな?
ファ:はい。
ブライト:わかった。ファもカツも今度の作戦が終わるまで、自習室に入ってろ!
ファ:なぜです?
ブライト:理由は自分で考えろ。今すぐ自習室だ!
カツ:エゥーゴって、昔の軍隊そのままですね。
ブライト:カツ!
カツ:カツ、自習室へ行きます!
シンタ/クム:ベーだ!
エマ:シンタ!クム!はしたない!
シンタ/クム:へへへ!
エマ:はぁ…今度の作戦に反対なのは、あの子達だけじゃありませんものね。
ブライト:こんな時に反対だ、反対だと喚かれてみろ、士気に関わる!
エマ:えぇ。
カミーユアクシズハマーン・カーンと交渉するからって…。
エマ:そうよ。交渉次第では、アーガマだってどうなるかわかりゃしないわ。
カミーユ:エマ中尉、グワダンには僕が行きます。
エマ:あなたも今度の作戦、反対なんでしょ?
カミーユ:命令は命令ですし、ちょっと興味もありますからね、この作戦。
エマ:カミーユ…。落ち着いてくれたのかしら。それにしても、カツとファ…。

アーガマ・クルー:シンタとクムは出な、遊び場じゃないんだから。
シンタ:いーの。
クム:ファ姉ちゃんと一緒にいるの。
アーガマ・クルー:暗くったって、お化けなんて出ないんだからな。
シンタ:宇宙にお化けがいる訳ないじゃんか。

グワダン・オペレーター:モビルスーツは、白旗を揚げています。
ハマーン:単独だな?
グワダン・オペレーター:はっ。信号弾も確認しています。
ハマーン:キャッチできるか?
グワダン・オペレーター:はっ。最大望遠です。
ハマーン:うむ。よし、誘導灯点けろ。
カミーユ:…よし。 正に…ザビ家だ。

ハマーン:…了解した。だが、そちらの使節団がこのグワダンまで来る必要はない。私が直接アーガマに赴き、話を聞こう。
カミーユ:えっ、あなたが…?
ハマーン:私とてそれほど傲慢ではない。礼には礼を尽くす。
カミーユ:わかりました。では、デッキでお待ちしています。
グワダン艦長:ハマーン様、よろしいのですか?
ハマーンアーガマの中を見たい。キュベレイは出せるな?
グワダン艦長:はっ。
ハマーン:シャア・アズナブルめ、こういう出方をするとはな。ふっふっ…。

カミーユハマーン・カーンのモビルスーツか!
アーガマ・ブリッジ:うわぁぁ!
ブライト:ハマーンか?
クワトロ:キュベレイだ!あれも完成させていたとなると、アクシズの生産能力は、かなり拡大しているな。

ハマーン:13バンチ以来、また会ったな、シャア。この縁、不思議とは思わんぞ。
クワトロ:永遠に切れない仲らしいな。それもいいだろう。
ハマーン:良い返事だ。ということは、エゥーゴはかつてスペースコロニーを支配していたザビ家の復興を認めるというのだな、艦長?
ブライト:エゥーゴを支援する人々は、その条件を呑むようだ。
クワトロ:ザビ家復興を認めねば、どうするつもりだったのだ?
ハマーン:地球に全面核攻撃をするだけのことだ。アクシズにはその用意がある。
カミーユ:(これ以上地球を汚染したら、地球は…。)
クワトロ:グラナダの、メラニーカーバインの親書だ。
ハマーン:なるほど、サイド3をくれるか。で?私に何をやれと?
クワトロ:グリプス2のコロニーレーザーを、グワダンの手で破壊してもらいたい。
ハマーン:ふふ、シャアからそのような申し出を受けるとは嬉しい。だが困ったものだな、お前は物の頼み方を知らないようだ。
カミーユ:くっ…!
クワトロ:頼む、ハマーン・カーン。コロニーレーザーを潰してくれ。
ハマーン:ふふふ、約束は守る。我々の力をその目に焼き付けるがいい。
クワトロ:…これでいいなら安いものさ。
カミーユ:大尉。
クワトロ:気にするな。
ブライト:グワダンの動きに合わせて、我々はティターンズ艦隊に対し、陽動作戦に掛かる。全モビルスーツを出すぞ!
トーレス:はっ!
サエグサ:はっ!

バスク:何?たった2隻だと?
ドゴス・ギア艦長:はい、エゥーゴの艦隊と思われますが。
バスク:追いかけてきたのは健気だが、しかし2隻だけとはな。

ファ:カミーユグリプスを捕捉したの?
カミーユ:あぁ。シンタとクムにも着せておくんだ。扉のロックは外しておく。
カツ:そんな事しても、僕達は戦わないよ。
カミーユ:逃げられなくなったらどうする。シンタとクムを巻き添えにはしたくない。
エマ:カミーユ、急いで。
カミーユ:はい。

カツ:ファは、出動したいんだろ?
ファ:あなたはどうなの?
カツ:ブライト艦長の許しが出るまで、ここを動かない。当たり前だろ?

アポリー:リック・ディアス隊、出ます!
エマ:ガンダムMk-Ⅱ、エマ、出ます!
カミーユZガンダムカミーユ、行きます!

ブライト:グワダンは予定通り、グリプス2に接近しているな?
トーレス:はい。我々に協力的に見えます。
ブライト:大尉、グワダンが予定通り動き出した。
クワトロ:うん。
ブライト:安心はしていないが…。問題はこれからだ。もしグワダンが我々を裏切ったら…。
クワトロ:アーガマもラーディッシュも沈むな。
ブライト:そうだな。
クワトロ:艦長、私も百式で出たいが…。
ブライト:いや、今日はここにいて欲しい。

アポリー:戦闘が目的じゃない。敵をギリギリまで引っ張り出すのが目的だ。いいな?
バッチ:了解。
エマ:Zガンダム、リック・ディアス隊は、私と共に突っ込む。ネモ隊は散開しつつ、第2波攻撃に備えること。
カミーユ:了解です、エマ中尉。来ます!

ハマーン:始まったか。
グワダン艦長:エゥーゴ側が、戦闘空域を広げつつあります。
ハマーンバスクめ、エゥーゴに乗せられたという訳か。無能な男だ。ふっ。ドゴス・ギアに打電する。ミノフスキー粒子の濃度はどうか?

バスクハマーンのグワダンだと?
ドゴス・ギア・オペレーター:はい。後方から支援するとのことです。
バスク:情報通り、この付近の空域にいた訳か。了解した。貴艦の協力を感謝すると伝えろ。グワダンに一番近い我が方の戦艦は?
ドゴス・ギア・オペレーター:はっ、アレキサンドリアです。
バスク:ガディ艦長か。アレキサンドリアに、グワダンを監視させろ。
ドゴス・ギア・オペレーター:了解。
バスク:女狐め、こちらに恩を売るつもりか。…ふふふ。

アレキサンドリア・オペレーター:ガディ艦長、グワダンがグリプス2の影に入って、確認できません。

ハマーン:ここを狙うのだ。目標は1基の核パルスエンジンのみ。全ての機能を破壊する必要はない。
グワダン艦長:いずれ、我々がこのコロニーレーザーを使う時が…。
ハマーン:察しがいいな、艦長。

エマ:後ろ?
カミーユ:エマ中尉! 整備不良で出てくるからだ。うぅっ!このぉ!

ファ:…カミーユ!
カツ:ファ、どうしたの?ファ!
シンタ/クム:ファ姉ちゃん!

サエグサ:ネモ27号、被弾した模様です。
ブライト:後退させろ。後続のモビルスーツはどうした?
キースロン:もう、パイロット要員がいません。
トーレス:動かすくらいなら自分ができますが。
クワトロ:いや、艦長、私が出る。
ブライト:しかし…。
クワトロ:暴走はしないよ。
ファ:カミーユどうなんです?
シーサー:ファ軍曹、お前謹慎中じゃないのか?
ファ:でも、今パイロットが不足してるって…。艦長、出撃させてください!お願いします!
クワトロ:ファは、カミーユの事を感じている。
ブライト:よし、謹慎処分は解く。出撃しろ。
ファ:は、はい!
トーレス:カツ、お前も行けよ!オレが代わりに出るところだったんだぞ!
カツ:トーレスさんが?そりゃ無茶ですよ。
トーレス:オレはこっから離れられないの!
カツ:わかりました!
ハロ:ファ、ガンバレ!ファ、ガンバレ!

アポリー:撃ち落せー!
カミーユ:えぇい…えぇい、うっ!このままでは…うっ! 誰だ!
ファ:カミーユ!
カツ:何やってる!しっかりしてください!
カミーユ:ファ…カツ…!

ハマーン:そろそろだな。砲門開け。目標はグリプス2の核パルスエンジン!
グワダン・オペレーター:はっ。第1、第2、第3主砲、砲門開け。

トーレス:グワダン、依然動きがありません。
ブライト:何をしているんだ。このままでは…。
クワトロ:(ハマーンめ、自分だけが消耗しない作戦を考えているのか。)
ヘンケン:もうちょっとの辛抱だ。なんとかもたせるんだ。砲座開け!艦隊戦になるぞ。
ファ:間合いが!
カミーユ:ファ、数が違うんだ、接近戦はやめろ。
ファ:了解。
カミーユ:グワダンはまだなのか。いつまでももたないぞ。うっ、ハマーンめ!

ハマーン:よし、主砲発射!

カミーユ:グワダンが…やったのか?

バスクグリプス2が、直撃を受けただと?
ドゴス・ギア・オペレーター:被弾状況は、不明!
ドゴス・ギア・オペレーター:グワダンからのビームです、間違いありません!
バスク:何だと!アレキサンドリアは、何をしていた!
ドゴス・ギア・オペレーター:グワダンが後退していきます。
バスク:このまま逃がすものか。モビルスーツを回収しろ!グワダンを追う!
ドゴス・ギア艦長:大佐、冷静に…。グリプス2の防衛が先です!
バスク:わしに指図するな!
ドゴス・ギア艦長:うっ!
バスク:これでは、ジャミトフ閣下に申し開きが立たん。

ハマーン:ふふふ、主砲はアーガマを狙ったのであろう、艦長?
グワダン艦長:はっ。
ハマーンアーガマを狙ったビームが逸れてグリプス2に当たったとは、不幸な事件だ。
グワダン・オペレーター:ティターンズの艦隊の、主砲射程距離より離脱しました。
ハマーン:艦長、本艦はアーガマとの合流予定地点に向かう。
グワダン艦長:はっ。
ハマーン:あとは任せる。

トーレスグリプス2の射撃軸はズレた模様です。月へのコースへの変動も見られます。
ブライト:ハマーンが約束を守ったか…。アーガマは後退する。モビルスーツ隊を撤退させろ。

ハマーン:ようこそ、シャア・アズナブル。
クワトロ:ご協力、感謝します、ミネバ様。
ミネバ:シャア・アズナブル、お前が戻って来てくれた事、うれしく思う。これからも私のために働いてくれ。
クワトロ:はい。では、また。
ミネバ:うん。ザビ家再興の日も近い。それが共に良き日である事を、祈って欲しい。
クワトロ:はい。
ハマーン:ミネバ様、これでエゥーゴアクシズのものでございます。これ以降はミネバ様の手足となってザビ家再興のため働いてくれるでありましょう。
ミネバ:それは、シャアの功績であるな?
ハマーン:はい、もちろんでございます。

ブライト:ひょっとしたら、こいつと戦闘状態になっていたのかもしれないんだな。
クワトロ:あぁ。しかし、先の事はわからんよ。
ブライト:グワダンのデータは取ったのか?
トーレス:あぁ…やってます。
ブライト:機銃1門も見逃すな。

カミーユ:大尉…。

 


次回予告
ザビ家復興を目指すハマーンは、エゥーゴと手を結びながらもジャミトフと会った。
それができるのも、ハマーンには決定的な武器があったからだ。
その作戦の中、カミーユはサラ・ザビアロフと出遭った。
次回、機動戦士Zガンダム、ゼダンの門。
君は刻の涙をみる・・・