アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム 第47話 宇宙の渦

機動戦士Zガンダム 第47話 宇宙の渦

機動戦士Zガンダム 第47話 宇宙の渦

 

機動戦士Zガンダム 第47話 宇宙の渦

ナレーション:シロッコは、ティターンズの総帥ジャミトフ・ハイマンを殺害したが、ハマーン・カーンは自らの手でザビ家を再興させることを決意し、両者は決別した。その戦いの中、サラ・ザビアロフは死に、カツは悲嘆に暮れた。

ハロ:カミーユカミーユ!
カミーユ:ハロ。どうしたんだ?あぁ、オレはこれから出掛けなきゃいけないんだ。
シンタ:知ってるよ。
カミーユ:帰ってきたら、一緒に遊んでやるから。
クム:ホント?
カミーユ:ホントさ。だから…。
シンタ:ちゃんと戻って来いよ、カミーユ
カミーユ:シンタ、お前…。何言ってんの、ファに面倒掛けんなよ。
シンタ:カミーユ兄ちゃん!

アストナージ:Zが第一陣で出るぞ、いいな!
カミーユ:カツ。
カツ:何でカミーユだけが、先に出撃するんだよ。
カミーユ:打ち合わせをしたろ、どけ!
ファ:カツ、何をしているの?
カミーユ:照準の合わせ方は、グレネード・ランチャーと同じだな?
アストナージ:そうだ。
カミーユ:ロープは出るな?
アストナージ:設計にミスはない。あとはカミーユの腕次第だ。
カミーユZガンダムカミーユ、行きます!
カツ:えっ…離してよ。
ファ:勝手に出撃してどうするの?
カツ:だって。
シンタ:ファ姉ちゃん!
ファ:あっ、カツ!
シンタ:カミーユのこと心配なんだ。
ファ:えっ?どういうことなの?

トーレス:おい、Gディフェンサーが動いてるぞ。
シーサー:発進命令はZだけじゃないの?
トーレス:Gディフェンサーのパイロット、誰だ!
カツ:ゲート点いてます、出ます。
トーレス:カツか。
カツ:カミーユだけに行かせるものか。サラの仇は、僕が取らなければならないんだ。Gディフェンサー、出ます!
ブライト:カツか。
トーレス:何だ、メタスも?
ブライト:ファ!
ファ:うっ!
ブライト:…全く。
クワトロ:私が出ようか?
ブライト:いや、いい。メール・シュトローム作戦の陽動には、ちょうどいい数だ。
エマ:艦長、なぜ3機も?
ブライト:構うことはない、カミーユがうまくやる。
エマ:そうなんですか?
クワトロ:そうだな。
ブライト:全艦、グリプス2に向けて全速前進!メールシュトローム作戦、発動だ! カツとファめ、戻って来たら修正してやる。

カミーユ:カツ、どうした?
カツ:ハマーンを殺しに行くんだ。
カミーユ:これは戦争だぞ、カツ。
カツ:あいつのせいでサラは死んだ。
カミーユ:戦いに私情を持ち込むと、お前が破滅するだけだ。
カツ:憎いから、戦えるんだろ。
カミーユ:カツ!
カツ:カミーユ
カミーユ:言うことを聞かないと、本当に撃つぞ!
カツ:カミーユ…本気なの?
カミーユ:当たり前だ!戦場で好きにされて、邪魔されては困る!
カツ:カミーユ…。
カミーユ:ファ。
ファ:カツを制止するように、カミーユは自分のことを制止できて?
カミーユ:こんな戦い、ファだってもう嫌だろ?だから、早く終わらせるためには。
カツ:カミーユ1機だけで陽動に出ていいって言うのか?
カミーユ:だめだ!メールシュトローム作戦の本隊と合流しろ!
ファ:カツ!
カツ:カミーユの邪魔はしない。僕がハマーンを陽動してやる。それならいいだろ?

トーレス:主砲射程空域、突入3分前。
シーサー:モビルスーツ発射準備完了。
サエグサ:前方障害物、オートチェック完了。クリアです。
ブライト:よし、モビルスーツ隊発進!メールシュトローム作戦、開始!
クワトロ:クワトロ・バジーナ、百式、出る!
エマ:ガンダムMk-Ⅱ、エマ、出ます!
ボティ:リックディアス、出る!
エマ:あんな所から砲撃して。
クワトロ:実戦は慣れていないようだな。ボティ中尉は私に続け。第一攻撃目標は、コロニーのマイクロウェーブ受信パネルだ。
ボティ:了解。
エマ:来た!敵の注意をこちらに。
トーレスモビルスーツ隊、敵部隊と遭遇しました。
ブライト:砲撃開始!戦闘速度は緩めるな!予定コースを取れ!

グワンバン・オペレーター:第5部隊、そっちの対空砲火邪魔なんだよ!第7部隊のモビルスーツが射出できない!
ハマーン:戦力は圧倒的にこちらの方が上だ。最初の攻撃さえしのげば良い。
グワンバン艦長:はっ!
ハマーン:隙だらけの布陣を敷いているからつけこまれるのだ。エゥーゴめ、艦隊行動も素早いようだな。ん?な、何だ?鳥肌が立っている。何だというのだ。

カミーユ:やはり、間違いない。あの中にハマーンはいる。必ず出てくる。早く来い、ハマーン!

クワトロ:あれか。
ボティ:大尉、グリプス2のブレーカーを破壊しました。
クワトロ:よし、これで電気系統は遮断した。
ガザ:C・パイロットよくもパネルを!逃がすか!えぇい、何がコロニーレーザーだ。ただでかいだけで使い物にならん。

シンタ:わー、もう戦ってんの?
ブライト:子供はこんなところへ。
シンタ:メールシュトロームって何してんの?
ブライト:あのな、渦巻きだよ、メールシュトロームって。ほら、敵のコロニーを渦巻きのように取り囲んでいるだろう?これで敵のコロニーを奪うんだ。
クム:だからメールシュトローム作戦か。
ブライト:あぁ。
シンタ:ハサン先生に教えてやろ!飴玉くれるぞ。
ブライト:先生のところから動くなよ!…ったく!ここは託児所か。砲撃、緩めるな!

カミーユハマーンめ、何をしてる?
グワンバン・オペレーター:エゥーゴの艦隊がグリプスを取り囲みました!
グワンバン艦長:我が艦隊は居眠りでもしているのか!一ヶ所でも突破できんのか!
ハマーン:キャプテン、キュベレイの発進準備だ。奴らのペースに乗せられ過ぎだ。見てはおれん!
グワンバン艦長:ハマーン様!

ハマーン:ミネバ様。このような場所に来られるとは。なぜこんなところにお連れした!?
ミネバ:ハマーン、どこに行くつもりだ?
ハマーン:ミネバ様…。
ミネバ:気持ちが悪いのだ。ザラザラする。どこにも行かないで欲しい。
ハマーン:ミネバ様の察しの良さには驚かされます。確かに今、我が艦はエゥーゴと交戦状態に入っております。
ミネバ:そのことではない。以前グワダンで感じたあの不愉快さを感じるのだ。久しぶりにシャアと会った時に感じた・・・。
ハマーン:あぁ…。(鳥肌が立っている。やはりミネバ様も感じていらっしゃるのか。)心配要りません。アーガマを沈めさえすればエゥーゴは舵を失った船も同然。あとは我がアクシズの意のままです。いざとなればシャアが協力してくれましょう。
ミネバ:シャアか!頼りになる男だ!
ハマーン:ここは危険です。どうぞお引取りください。いずれ戦果をご報告に参ります。
ミネバ:やはり出撃するのか、ハマーン?
ハマーン:またお目にかかります。

アクシズ兵:第8中隊、ハマーン様のお供を致します。
ハマーン:任せる。
アクシズ兵:はっ!
ハマーン:うっ・・・あ…!何だ、この感覚は?さっきと同じ…。

ハマーン:誰かが私を見ている。
アクシズ兵:ハマーン様、敵モビルアーマーが接近中です。
ハマーン:そうか。キュベレイ、出る!
カツ:キュベレイ?ハマーンだな?
ハマーン:ん?違うな、さっきのプレッシャーはこいつではない。
カツ:うわっ!うっ!ん?
ファ:カツ!
カツ:ファ。
ファ:カツこっち!
ハマーン:なめた真似を。
カミーユハマーン!
ハマーン:ん!?シャアか!?違う!誰だ?ん?
カミーユハマーン・カーン、お前は戦いの意思を生む源だ!生かしてはおけない!
ハマーンニュータイプか!?
カミーユ:はっ! ハマーン、お前は人を不幸にする!
ハマーン:俗物が私に!
カミーユ:うぅぅ!
ハマーン:ふふふ。ここまでだろう、俗物?ちっ!
カミーユ:うっ!
ハマーン:うっ!なんだ!?
エマ:え!?
クワトロ:この感覚…。
エマ:何なの、今の?

ハマーン:ここは…どこだ?
カミーユ:はぁぁぁ…。誰だ?フォウとも違う。ロザミィでもない。レコアさんか?お袋?まさか。でもずっと以前に出会っていたような、そんな気がする。
ハマーン:シャア?シロッコだと?どういうことだ、これは?
カミーユ:ん、お袋?オレじゃないか。どうして?どうしてなんだ? うっ!ううぅ!

ハマーン:うっ!あたしだ。夢?しかし…。うっ!
カミーユ:同じものを見た。
ハマーン:ただの記憶が。
カミーユ:人はわかり合えるんだ。
ハマーン:わかり合える?そういうことか。
カミーユ:そうだ。
ハマーン:気易いな。Z、私を迷わせたのは貴様か!
カミーユ:はっ、夢だったのか、今のは。やめろ、ハマーン!
ハマーン:よくもずけずけと人の中に入る!恥を知れ、俗物!
カミーユ:やめろ!僕達はわかり合えるかもしれないだろ!ここに来るまで!
ハマーン:黙れ!貴様もシャアと同じだ!貴様は確かに優れた資質を持っているらしいが、無礼を許す訳にはいかない!
カミーユ:うぅっ!
ハマーン:死ね!なに!?
カツ:サラ、これで仇が討てるぞ。
ハマーン:ネズミが!
カミーユ:こんなところへ、カツ!
カツ:お前のせいなんだぞ! なに!?うわあぁぁぁ!
カミーユハマーン、やめろ!
ファ:カミーユ!
カミーユ:ファ!…ファ。ハマーン・カーン!わかった、お前は生きていてはいけない人間なんだ!
ハマーン:なに!?
カミーユ:暗黒の世界に戻れ、ハマーン・カーン!
ハマーン:このキュベレイをなめてもらっては困る!
カミーユ:今だ!
ハマーン:うっ!ば、馬鹿な!
カミーユ:落ちろ!
ハマーン:(人はわかり合えるんでしょ?)
カミーユ:ぐあぁぁぁ!
ハマーン:Zめ!
カミーユ:今の声…確かに聞こえたのに。ファ、カツ、大丈夫か?
ファ:カミーユハマーンは?
カミーユ:もういいんだ、気にするな。カツ、動けるか?
カツ:あぁ。大丈夫。
カミーユ:よし、メタスを守れ。それが今のお前の役目だ。
カツ:ハマーンはどうなるんだよ?
カミーユ:まだわからないのか、お前は死んでいたんだぞ。アーガマが気になる。ここは任せた。

エマ:速い!一体何機いるの?
カミーユ:エマ中尉、挟み撃ちに。
エマ:はっ、カミーユ?了解。
カミーユ:大尉!
クワトロ:無事だったか。
ボティ:大尉、これで敵モビルスーツは、袋のネズミです。
クワトロ:ここはネモ隊に任せる。アーガマに戻るぞ。

グワンバン艦長:ハマーン様、ご命令通り全艦撤退致しました。
ハマーン:艦隊を立て直し次第、反撃に移る。
グワンバン艦長:はっ!
ミネバの侍女:ミネバ様から、ハマーン様に味わっていただくよう、戦闘ご苦労であったと。
ハマーン:ミネバ様が?…時代は確実に動いている。
ミネバの侍女:は?
ハマーン:倒すべき敵…それはカミーユ・ビダン。そういうことか。

シーサー:グリプス2に入った部隊から報告です。残留するアクシズ側の兵士は、全て降服、グリプス2は完全にエゥーゴが制圧した、以上!
ブライト:あとはアクシズの進路を変えるだけだな。
シーサー:でも、それが大仕事です。
ブライト:全くだ。気が重くなる。
トーレスモビルスーツ隊、収容完了しました。
ブライト:そうか。カツとファをブリッジに上げろ。
トーレス:修正ですか?
ブライト:アーガマ発進する。全速前進!

カミーユ:僕は、チャンスがあったのにハマーンを殺せませんでした。
クワトロ:気にするな。それは私の役目だったのだろう。
カミーユ:いえ、僕の脆い心がハマーンの強烈な意思に負けたんです。それだけです。
クワトロ:危険だな、カミーユ。それではアムロ・レイの二の舞になる。
カミーユ:そうでしょうか。
クワトロ:アムロは自らの魂を解き放つのに7年もかかった。それは地獄の日々だった。
カミーユ:はい。
クム:カミーユ兄ちゃん、ここにいたの?
シンタ:トランプやろう!約束だよ!
カミーユ:おい…わかった、僕の部屋に行こう。
クム:行こう、行こう!
シンタ:今度は僕が親だよ。
ハロ:トランプトランプ、シャア、トランプ。

ナレーション:メールシュトローム作戦は終了し、エゥーゴグリプス2を捕捉したが、アーガマは単独でアクシズを追った。直接アクシズに乗り込み、グラナダへの針路を変更させるためである。

 

 

次回予告
ロザミアのサイコ・ガンダムは、ロザミアの命を引き換えに、その性能を十分に発揮した。
しかし、その戦いの中でカミーユは、懐かしい声を聞くのだった。
次回、機動戦士Zガンダム、ロザミアの中で。
君は刻の涙をみる・・・