アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED 第06話「消えるガンダム」

機動戦士ガンダムSEED 第06話「消えるガンダム」

機動戦士ガンダムSEED 第06話「消えるガンダム

 

機動戦士ガンダムSEED 第06話「消えるガンダム

マリュー:御苦労様です。本艦の要請受領を感謝致します。
ナレーション:地球軍、ユーラシアの軍事要塞、アルテミス。辺境の小惑星に作られた基地ながら、その傘と呼ばれる、光波防御帯に守られ、未だ、難攻不落の拠点である。
クルーゼ隊の追撃をどうにか振り切ったアークエンジェルは、ようやく、その傘の中へ入った。
マリュー:少佐殿!
ビダルフ(臨検官):お静かに願いたい。艦長殿。
OP(INVOKE)
AAクルー&避難民:ああぁ…
フレイ:何これ…?何なの?ねぇサイ!
キラ:…あ!
アルテミス武装兵A:よーし!そのままだ!
避難民達:あぁ!
アルテミス武装兵A:動くなっ!
避難民達:…あぁ…
キラ&サイ&フレイ:…あぁ…
ミリアリア:キャー!
アルテミス武装兵B:動くな!
マリュー:何事ですっ!?
ナタル:うっ…
マリュー:うっ…
ブリッジ一同:うっ…
アルテミス武装兵C:全員一カ所に集まれ!
フラガ:チッ…
ナタルビダルフ少佐!これはどういうことか説明していただきたい!我々は…
ビダルフ:保安措置として艦のコントロールと火器管制を封鎖させていただくだけですよ。
ナタル:…封鎖?…し、しかし、こんなやり方…
ビダルフ:貴艦には船籍登録もなく、無論、我が軍の識別コードもない。状況などから判断して入港は許可しましたが、残念ながら、まだ友軍と認められたわけではありませんのでね。
ナタル:しかし…!
ビダルフ:軍事施設です。このくらいのことは、ご理解いただきたいが?
ナタル:…
マリュー:…
ビダルフ:では、士官の方々は私と同行願いましょうか。事情をお伺いします。
マードック:なんだってんだよ!お前達は!ふざけるんじゃねぇよっ!
ノイマン:…
チャンドラ二世:…
トノムラ:…
パル:…
ガルシア:大西洋連邦。極秘の軍事計画か…よもやあんなものが転がり込んでこようとはな。
副官:ヘリオポリスが噛んでるという噂、本当だったようですね。
ガルシア:連中にはゆっくりと滞在していただくことにしよう。
ビダルフ:失礼します。不明艦より、士官3名を連れて参りました。
ガルシア:入れっ!
ようこそアルテミスへ。
避難民A:どうなってるんだ?
避難民B:私達はここで降ろしてもらえるんじゃないのか?
避難民C:どうして何の説明もない…
サイ:ユーラシアって味方のはずでしょ?大西洋連邦とは、仲悪いんですか?
トノムラ:そういう問題じゃねぇよ。
サイ:…
パル:ハァ…識別コードがないのが悪い。
トール:それって、そんなに問題なんですか?
チャンドラ二世:どうやらねぇ…。
マードック:本当の問題は、別のところにありそうだがな。
ノイマン:…ですね。
キラ:…ハァ。
ガルシア:マリュー・ラミアス大尉、ムウ・ラ・フラガ大尉、ナタル・バジルール少尉か…。なるほど、君達のIDは確かに、大西洋連邦のもののようだな。
フラガ:お手間を取らせて、申し訳ありません。
ガルシア:いや、なに…。輝かしき君の名は、私も耳にしているよ。エンディミオンの鷹殿。クリマルディ戦線には、私も参加していた。
フラガ:おや、ではビラード准将の部隊に?
ガルシア:そうだ。戦局では敗退したが、ジンを5機落とした君の活躍には、我々も随分励まされたものだ。
フラガ:ありがとうございます。
ガルシア:しかし、その君が、あんな艦と共に現れるとはな。
フラガ:特務でありますので、残念ながら、子細を申し上げることはできませんが。
ガルシア:なるほどな。だがすぐに補給をというのは難しいぞ。
マリュー:我々は一刻も早く、月の本部に向かわなければならないのです。まだ、ザフトにも追われておりますので…
ガルシア:ザフト
マリュー:あ!
ナタルローラシア級?
ガルシア:見ての通り、奴等は傘の外をウロウロしているよ。先刻からずっとな。まぁ、あんな艦の1隻や2隻、ここではどうということはない。だがこれでは補給を受けても出られまい。
フラガ:奴等が追っているのは我々です!このまま留まり、アルテミスにまで、被害を及ばせては…
ガルシア:はっはっはっはっは!被害だと?このアルテミスが?奴等は何もできんよ。そして、やがて去る。いつものことだ。
フラガ:しかし!司令!彼らは…!
ガルシア:ともかく君達も少し休みたまえ。だいぶお疲れの様子だ。部屋を用意させる。
フラガ:司令…しかし…
兵士:失礼します!
フラガ:…
ガルシア:奴等が去れば、月本部と連絡の取りようもある。全てはそれからだ。
フラガ:…アルテミスは、そんなに安全ですかねぇ?
ガルシア:あー、まるで母の腕の中のようにな。
チャンドラ二世:いつまでこんな状態なんですかねー?
トノムラ:分からん。艦長達が戻らなきゃ、何も分からんよ。
パル:友軍相手に暴れるわけにもいかないしなぁ。
サイ:いろいろあるんだな、地球軍の中でも。
キラ:ハァ…
ナタル:いくら不明艦といっても、この扱いは不当です!
フラガ:仕方ないだろー?連中は今、我々を艦に帰したくないんだからさ。
ナタル:…!
フラガ:俺が気になるのは、連中がこのアルテミスだけは、絶対に安全だと思いこんじまってるってことだよ。
ゼルマン:傘は、レーザーも実体弾も通さない。ま、向こうからも同じことだがな。
ディアッカ:だから攻撃もしてこないってこと?バカみたいな話だな。
ゼルマン:だが防御兵器としては一級だぞ。そして重要な拠点でもない為、我が軍もこれまで手出しせずに来たが、あの傘を突破する手立ては、今のところない。やっかいなところに入り込まれたな。
ディアッカ:じゃぁどうするの?出てくるまで待つ?フッフフ…
ゼルマン:…!
イザーク:ふざけるなよディアッカ!お前は戻られた隊長に、何も出来ませんでしたと報告したいのか?
ディアッカ:…!
イザーク:それこそいい恥さらしだ!
ディアッカ:…ふん。
ニコル:傘は、常に開いてるわけではないんですよね?
ゼルマン:ああ、周辺に敵のない時まで展開させてはおらん。だが閉じているところを近づいても、こちらが要塞を射程に入れる前に察知され、展開されてしまう。
ニコル:僕の機体、…あのブリッツなら上手くやれるかもしれません!
イザーク&ゼルマン:ん?
ニコル:あれにはフェイズシフトの他にもう一つ、ちょっと面白い機能があるんです。
ガルシア:なんだ?
アルテミスオペレータ:ザフト艦、ローラシア級、離脱します。イエロー18、マーク20、チャーリー。距離、700。更に遠ざかりつつあります。
ガルシア:分かった。後はライズに任せる。引き続き対空監視を怠るなよ。
アルテミスオペレータ:は!
ガルシア:どうだ?
副官:は!それが…艦の方の調査は順調なのですが、モビルスーツの方が…
ガルシア:どうした?
副官:OSに解析不可能なロックがかけられていて、未だに起動すら出来ないということで…
ガルシア:なに?
副官:今、技術者全員で解除に全力を挙げているということなんですが…
ガルシア:チィ!
ガモフオペレータ:アルテミスとの距離、3500。光波防御帯、依然変化なし。
ニコル:ミラージュコロイド、電磁圧チェック、システムオールグリーン。…ハァ…テストもなしの一発勝負か…大丈夫かな…
イザーク:しかし、地球軍も姑息なものを造る。
ディアッカ:ニコルには丁度いいさ。臆病者にはね。
ガルシア:この艦に積んであるモビルスーツパイロットと技術者は、どこだね?
AAクルー&避難民:…あぁ…
副官:パイロットと技術者だ!この中に居るだろ!
キラ:…!…
ノイマン:何故我々に聞くんです?
副官:なにぃ?
ノイマン:艦長達が言わなかったからですか?それとも聞けなかったからですか?
キラ:…あ!
フラガ(回想):ストライクの、起動プログラムをロックしておくんだ。君以外、誰も動かすことが出来ないようにな。
ガルシア:なるほど。そうか!君達は大西洋連邦でも、極秘の軍事計画に選ばれた、優秀な兵士諸君だったな。
ノイマン:…ストライクをどうしようってんです?
ガルシア:別にどうもしやしないさ。ただ、せっかく公式発表より先に見せていただける機会に恵まれたんでね。パイロットは?
マードック:フラガ大尉ですよ。お聞きになりたいことがあるなら、大尉にどうぞ。
ガルシア:先ほどの戦闘はこちらでもモニターしていた。ガンバレル付きのゼロ式を扱えるのは、あの男だけだということぐらい、私でも知っているよ。
ミリアリア:…うあぁーいっ…
トール:ミリアリア
キラ:…くっ!
ミリアリア:…うっ…
ガルシア:女性がパイロットということもないと思うが…この艦は艦長も女性ということだしな…
ミリアリア:いったーい!
キラ:止めて下さい!卑怯な!
マードック:ボウズ…!
キラ:あれに乗っているのは僕ですよ!
アイキャッチ
アルテミスオペレータ:定時哨戒、近接防空圏内に、敵影感なし。
管制室長:よし、もういいだろう。全周囲、光波防御帯収容。第二警戒態勢に移行。
ニコル:ミラージュコロイド生成良好。散布減損率35%。使えるのは、80分が限界か…
ガルシア:ボウズ、彼女をかばおうという心意気は買うがね…あれは貴様のう様なひよっこが扱えるようなもんじゃないだろ?ふざけたことをするな!
キラ:…!
ガルシア:…うわっ…うおぉ…うほぁ!
キラ:僕は貴方に殴られる筋合いはないですよ!
副官:司令!
キラ:なんなんですかっ!あなた達はっ!
マードック:キラ!止めろ!抵抗するな…
副官:貴様ぁ!
サイ:止めて下さい!
うっ!
フレイ:うわぁぁ!…サイ!…ちょっと止めてよ!キラが言ってることは本当よ!その子がパイロットよ!
マードック:…!
トール:フレイ…
副官:貴様ら!いい加減にしないか!
フレイ:嘘じゃないわよ!だってその子、コーディネイターだもの!
副官:…ええ!…
マードック:あちゃー…
ガルシア:…コーディネイター
トール:なんであんなこと言うんだよ!お前は…
フレイ:だって…でも本当のことじゃない…
トール:キラがどうなるかとか、考えないわけ?お前って!
フレイ:お前お前って何よ!キラは仲間なんだし、ここは味方の基地なんでしょ!?ならいいじゃないの!
トール:地球軍が何と戦ってると思ってんだよ!
キラ:OSのロックを外せばいいんですか?
アルテミス技術者:…ヒソヒソ…
ガルシア:まずはな。だが君にはもっといろいろなことができるのだろ?
キラ:何がです?
ガルシア:例えば…こいつの構造を解析し、同じものを造るとか…逆にこういったモビルスーツに対して有効な兵器を造るとかね。
キラ:僕はただの民間人で学生です!軍人でもなければ、軍属でもない!そんなことをしなければならない理由はありません!
ガルシア:だが君は、裏切り者のコーディネイターだ。
キラ:…あぁ…裏切り者…?
ガルシア:どんな理由でかは知らないが、どうせ同胞を裏切ったんだろ?ならばいろいろと…
キラ:…違う!…僕は…
ガルシア:地球軍側に付くコーディネイターというのは貴重だよ。なに、心配することはない。君は優遇されるさ。ユーラシアでもな。
アルテミスオペレータ:この前の手紙で、お袋の容態が悪いって…
ガルシア&副官:…はっ!?
アルテミスオペレータA:…なんだ?
アルテミスオペレータB:…うっ…
管制室長:どうした!
キラ:…あっ?
フラガ:…
マリュー:…
ナタル:…あっ…何…?
サイ&トール&ノイマン&ミリアリア&パル&フレイ:…!…
ガルシア:管制室!この振動はなんだ!?
アルテミスオペレータ:不明です!周辺に機影なし!
ガルシア:…だがこれは、爆発だぞ!
キラ:…うっ!これは!?
トール:…なんだ…攻撃か?
管制室長:超長距離からの攻撃かもしれん!傘を開けライズ!何をしている!?
ニコル:…あれか!
アルテミスオペレータ:ぼ、防御エリア内に、モビルスーツ!リフレクターが落とされていきます!
ガルシア:なんだとっ!!
ニコル:あいつは港か!?
AAクルー&避難民:…おい…!
ノイマン:この警報はなんだ!?
武装兵:ん…いや…これは…
トノムラ:分からねぇのかよ!
ノイマン:だったら誰かに聞いて来い!どう考えたって、これは攻撃だ!
武装兵:うわっ…ま、待て…!
武装兵達:…うわぁ!
チャンドラ二世:そんなことしてる場合かよ!
ノイマン:起動するぞ!
パル:艦長達が!
ノイマン:このままじゃぁ…ただの的だ…
フラガ:チィ!やられたな!
うわぁー!今の爆発で!部屋に亀裂が入った!空気がぁ!
叫べよー、ドア開けさせるんだ!
マリュー:…はっ!キャーー!助けて!死んじゃうぅ!
フラガ:ぬわぁー!早く開けてくれ!
マリュー:キャーーー!早く助けてー!うぅー…
ナタル:…
フラガ:出してくれー!うわぁぁ…
マリュー:あー!来て!早くー!
フラガ:えいっ!
武装兵A:…うわぁ…!
ナタル:…大尉!?
武装兵B:おい、どうした?
フラガ:ふん!
武装兵B:ぐっ!
フラガ:急ぐんでね!
マリュー:確かに、アルテミスと心中はごめんね!
ナタル:…
ガルシア:傘が破られた!?そんなバカなっ!?
副官:司令ー…
キラ:…でいっ!
武装兵&技術者:うわぁー…
技術者達:うわぁっ!
ガルシア:…だーっ…貴様…!
キラ:攻撃されてるんでしょ?こんなことしてる場合ですか!?
ガルシア:…くっそーっ!
ニコル:居た!
あいつ!今日こそ!
キラ:くっそー!こんなところまで!
イザーク:あいつは!
ディアッカ:あの要塞ごと、沈めてやるさ!
パル:艦長!
フラガ:よくやったなぁ!ボウズ共!
サイ:何なんですか、この要塞!
マリュー:ここでは身動きが取れないわ!アークエンジェル発進します!
キラ:…!
ガルシア(回想):だが君は、裏切り者のコーディネイターだ。
キラ:…くっ!
ガルシア(回想):地球軍側に付くコーディネイターというのは貴重だよ。
キラ:くっそー…もう僕達を放っておいてくれー!
ニコル:…ふぅっ!
ガルシア:何をしている!?船を出せ!このアルテミスがたった1隻の敵にっ!
ガルシア&副官&管制室長:…あ!…うわぁぁぁ!!
ディアッカ:あの艦は?
イザーク:分からない!ニコル!どこだ!
マリュー:ストライクを戻して!反対側の港口より、アルテミスを離脱します!
ミリアリア:キラ!キラ、戻って!
アークエンジェル発進します!
キラ:…えぇぃ…
ニコル:…くっ!逃げるのかぁ!!
ナタル:ストライク、着艦!
マリューアークエンジェル発進!最大戦速!
ニコル:…うぅ…
フラガ:ボウズ…あ?…
マードック:…?…
キラ:…ハァ…あぁー…
トリィ:トリィ?
キラ:…僕は…


次回予告
血のバレンタイン。それは、虚空に輝く狂気の光が止めた、全ての時間。
果てなき闇を彷徨う魂は、もはや、我らに何も伝える術は持たぬのか。
生者と死者、隔てる境界は脆く、凍てついた宇宙の大地に、少年達は、人の業を知る。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「宇宙の傷跡」
悲しみの向こうに飛べ!ガンダム