アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム 第48話 ロザミアの中で

機動戦士Zガンダム 第48話 ロザミアの中で

機動戦士Zガンダム 第48話 ロザミアの中で

 

機動戦士Zガンダム 第48話 ロザミアの中で

ナレーション:ハマーン・カーンは、あと一歩のところでアーガマから逃れた。そのハマーン・カーンが残した巨大な隕石基地アクシズは、月面都市グラナダへ落ちようとしていた。

サエグサ:核を大量にぶつければ、コースを変える事もできますが。
ブライト:それはできないな。もう月面に近づき過ぎている。
クワトロ:コロニーレーザーなら消滅できるだろう?
サエグサ:そうなんですがねぇ、ミノフスキー粒子が濃いみたいで、連絡がつかんのです。
ブライト:ラーディッシュと、か?
サエグサ:えぇ。この船のレーザー、弱いですからねぇ。アクシズの通信施設を使ってグリプスに連絡を取れれば…。
ブライト:よし、トーレスにやらせよう。
サエグサ:その間にあれもやりましょう。
ブライト:手持ちの爆薬を使うのか。やらないよりはマシだろうな。
カミーユ:どうするんです?
ブライト:休んでいろと言っただろ、カミーユ
カミーユ:もし、このままアクシズグラナダに落ちたら、僕の責任です。僕がハマーンを殺せなかったから。
クワトロ:ハマーンが死んでもアクシズは落ちていた。気にするな。キュベレイを動けないようにしただけでも、カミーユは十分やった。
カミーユ:でも、モビルスーツは直せます。ハマーンは、倒せば…直せないんだ。
ブライト:カミーユ、いつからそんな苦労性になった?
カミーユ:苦労してますからね。
ブライト:アクシズの方は任せておけ。カミーユは少し休んでいろ。いつモビルスーツ戦になるかもしれないんだからな。
カミーユ:はい。
クワトロ:カミーユ・ビダンか…。いい方向に変わっているようだが…。

カミーユ:ん?あっ!
ファ:あっ!
カミーユ:あぁ!
ファ:きゃぁ!カミーユったら、少しは休んでいなくっちゃ。カミーユ。ね、戦争が終わったらまた前みたいに学校へ行って喧嘩して、昔みたいになるわよね?
カミーユ:ファ…。
ファ:ね、カミーユ
カミーユ:元通りにはならないさ。オレは自分の役目がわかってきたから。
ファ:え?
アーガマ・クルー:おい、ぶつけないように気をつけろ。
アーガマ・クルー:わかってる。おっと。
カミーユ:休むよ。
ファ:そうね。ちゃんと休んでね。

ゲーツ:ロザミア、聞こえてるか?
ロザミア:えぇ、お兄ちゃん。
ゲーツ:よーし、いい子だ。息を2回吸って一度で吐く。そうだ、ゆっくりだ。落ち着いてるな、ロザミア。
ロザミア:えぇ、お兄ちゃん。
ローレン:よし、ロザミア、アクシズへ。キャパはどこまでロザミアを感じられるか、そのまま待機だ。
バスクヤザン大尉もモビルスーツデッキで待機だ。ロザミアはいいのだな?
ローレン:はっ!ロザミアにはゲーツ・キャパを兄と思わせることで安定しました。
ゲーツ:アクシズへ行けば、そこにはアーガマがいる。Zもだ。Zはお前の倒すべき敵だ。
ロザミア:うん、わかった、お兄ちゃん。
ゲーツ:さあ、ゆけ!

トーレス:ここは居住区だ。ここにもエアーがあるぞ。
アンナ:空気は濁ってないわね。最後まで人がいたのね。
トーレス:電気も生きたままだし、地図とも符合する。通信施設があるのは、あれか、それか。
ファ:はぁ!なに?なに、これ!?
アンナ:きっと、アーガマが爆薬を仕掛けたのよ。
トーレス:気休めだな。
アンナ:急がないと。
トーレス:あぁ。二手に分かれよう。なにかあったらすぐ連絡だ。
アンナ:はい。行きましょう、ファ。
ファ:はい。

ファ:は?

カミーユ:ん?ムダだ、こんなのでアクシズの方向が変えられる訳がない。う、何の音だ?これは声だ。

ロザミア:どこだ?どこだ?確かにいる。だがどこだ。
ファ:あ!きゃぁ!カミーユ!
ロザミア:どこだ?
カミーユ:…ファの悲鳴じゃない。これは、フォウ!まさか。
ロザミア:どこだ、アーガマ?どこだ!
ゲーツ:ロザミア、どこだ!
ロザミア:どこだ、アーガマ!
ゲーツ:ロザミア!お兄ちゃんだ。ロザミア、ロザミア!ロザミア!
ローレン:どうした、キャパ?
ゲーツ:交信不能
ローレン:出力は?
ゲーツ:出力は最高だ。
バスク:どうなっている?
ローレン:ミノフスキー粒子が思ったより濃いようです。通信がつかないと資料が。
ゲーツ:ロザミアだったら私がわかる!不安は全くない!ロザミアは快調です。
バスク:うーむ、良かったな、ローレン。
ローレン:はっ、ありがとうございます。
ドゴス・ギア・オペレーター:モビルスーツ部隊が接近しています。
バスク:なに!?
ドゴス・ギア・オペレーター:視認できます。味方機ですが連絡はありませんでした。
バスクシロッコか。なぜ気付かん!
ドゴス・ギア・オペレーター:装置を、実験に使ってましたので。
バスク:言い訳はいい。ヤザン隊を出せ。

ハイザックパイロット:展開します。
マラサイパイロット:あぁ。

バスク:間に合わん。キャパも回せ!
ローレン:キャパは実験の途中です。ここでやめたらロザミアが不安定に…。
バスク:構わん!

ドゴス・ギア・オペレーター:敵は20機編隊。阻止しろ、ゲーツ・キャパ!
ゲーツ:了解!
ロザミア:(いた! いた、アーガマ!)
ゲーツ:見つけたか、ロザミア?

アーガマ・メカマン:おおい、ちょっと!
ロザミア:(お兄ちゃん!)
カミーユ:強くなってくる。この感覚は・・・フォウだ!
シーサー:敵、モビルスーツです。
サエグサ:何だと!
ブライト:すぐに対応できるか?
シーサー:無理です。
カミーユZガンダム、出ます!
シーサー:カミーユか!頼む!

ロザミア:あれは、Zガンダム!
ロザミア:(Zガンダム!)
カミーユ:なんだ!?フォウ…じゃない!
ロザミア:Zは倒すべき敵!
カミーユ:乗っているのは誰だ?
ロザミア:(死ね!)
カミーユ:ロザミィ!そうなのか!?うぅ!うぅ…フォウなのに。えぇぃ!
ロザミア:逃がすか!
カミーユ:誰なんだ?

ロザミア:パイロットめ、こちらが動けないと思って!
カミーユ:はっ!
ロザミア:はっ!
カミーユ:ロザミィ!
ロザミア:はあぁ!
カミーユ:やっぱり、ロザミィじゃないか!
ロザミア:あ、お兄ちゃん?
カミーユ:そうだよ、カミーユは君のお兄ちゃんだ。
ロザミア:うぅぅ。
フォウ:(カミーユ、どこに行ってたの?探してたのよ。)
カミーユ:フォウ!
ロザミア:うっ、頭が、痛い!
フォウ:(やっと会えたね、カミーユ。もう、離れないから。)
カミーユ:フォウ!うわぁぁ! ロザミィ!

ブライト:ZガンダムはD5のハッチで止まったままなのか?
シーサー:は、はい!
ブライト:Zの相手にしたモビルスーツは、例のサイコガンダムに似た大きさだったが…。

ロザミア:どうしたんだ…?Zのパイロットを追いかけて…。それから、うっ!うぅぅぅ。どこだ、どこへ行った!はっ?
ファ:あ…ロザミィ!
ロザミア:はっ、なぜ私の名を知ってる!
ファ:あなた、ロザミィならどうしてここへ来たの?
ロザミア:なぜ、私の名前を知っているのだ!
ファ:あたし、ファなのよ、ロザミィ。
ロザミア:何で、お前がファなのだ!?
カミーユ:…マネキンか。ん?フォウ…。
ファ:は?
カミーユ:フォウ! はっ…ロザミィ!
ロザミア:うぅぅ。
ファ:覚えていないの?あなたとあたしは知り合いだったのよ。アーガマにもしばらく一緒にいた。
ロザミア:それを捨てろ!
ファ:何を怖がってるの?これはただのヨーヨーよ。こんなオモチャも覚えていないの?ほら。かわいそうね、戦争の仕方しか教えてもらえない強化人間なんて。何になるの?ニュータイプだってそうよ。そんなの始めっからないのに、そのおかげで戦争が起こって、ここで暮らしていた人達も、また戦争へ出て行ってしまったわ。家族と暮らしたことのないあなたにはわからないでしょうけど。
ロザミア:家族はいた。父と母と、お兄ちゃんと…。
ファ:そのあなたの記憶は偽物なのよ。
ロザミア:違う、あたしにはお兄ちゃんがいる!
カミーユ:ロザミィ、一緒にボートで遊んだこと、覚えていないのか?
ロザミア:お前はお兄ちゃんとは違う。あたしはロザミアだ。ロザミィじゃない。あ、うぅぅ。
カミーユ:ロザミィ!
ロザミア:いやぁ!
カミーユ:ロザ…!
ロザミア:お兄ちゃぁん!
カミーユ:ロザミィ!
ファ:カミーユ!
カミーユ:フォウ!どうして!?
ファ:カミーユ、何て言ったの?
カミーユ:ファは、早くみんなのところへ戻れ。
ファ:待ちなさいよ!カミーユ、フォウって言ったわ…。ロザミィなのに…。

ゲーツ:シロッコモビルスーツ隊なぞ、ドゴス・ギアには近づけさせんよ!
ロザミア:(お兄ちゃん!)
ゲーツ:どうした、ロザミア!?おお!うぅっ!
ロザミア:(お兄ちゃん!)
ゲーツ:はっ、どうしたんだ、ロザミア!

カミーユ:ロザミィ!はっ!なに?ロザミィ!あ、あ、あぁぁ!
ロザミア:お兄ちゃん!私のお兄ちゃんは?
カミーユ:やめろ、ロザミィ!
ロザミア:(お兄ちゃん!)
フォウ:(助けて!)
サラ:(早く!)
カミーユ:フォウ、どうして・・・!?
ロザミア:どこなの?お兄ちゃん!
シーサー:うわぁぁ!
ブライト:どうした?
シーサー:は!あのでかいのが、乱射しながら近づいてきます!
ブライト:なに!?カミーユは!?
シーサー:はぁ、もう動いています!
ブライト:コロニーレーザーとは連絡が取れんのか?
シーサー:まだ、報告は入っていません。
ブライト:このままでは、グラナダに突っ込む。

カミーユ:誰でもいい!止めてくれ!ロザミィ、もう一度…もう一度だけ、あの時のロザミィに戻れ!
ロザミア:お兄ちゃん!?
カミーユ:そうだ、お兄ちゃんだよ。もう一度一緒にボートに乗ろう!
ロザミア:違う!
カミーユ:やめろ!
ロザミア:うあぁぁぁ!
カミーユ:ロザミィ、か、かわいそうだが、ちょ、直撃させる!
ロザミア:(早く来て、お兄ちゃん!)
フォウ:(早く!)
カミーユ:フォウが…。
フォウ:(早く、カミーユ!)
カミーユ:うあぁぁぁ!
ロザミア:見つけた!お兄ちゃん!?
カミーユ:はぁはぁはぁ。

ゲーツ:はっ!うわぁぁ!
バスク:どうしたんだ?
ローレン:ゲーツ・キャパの様子がおかしい。ロザミアに何かあったのか…。
バスク:正面、シロッコモビルスーツ隊が!うわぁぁ!

シーサー:やった!グリプスのレーザーが、アクシズのコースを変えた!
ブライト:よくやってくれたな、トーレス
トーレス:僕は通信装置を使ってグリプスに連絡をつけただけですよ。

ファ:ロザミアさんには言い過ぎたのかしら。あの人には罪がないのにね。
カミーユ:ファは、何も間違ったことなんて言っちゃいないさ。ニュータイプも強化人間も、結局何もできないのさ。そう言ったのはファだろ?
ファ:でも…。
カミーユ:できることと言ったら、人殺しだけみたいだな。
ファ:カミーユ…。
クワトロ:あまり気にするな。
カミーユ:気にしてなんていませんよ。気にしてたら、ニュータイプなんてやってられないでしょ?

ナレーション:アクシズは軌道を変えた。だが、その影でいくつもの命が消えていった。そのどちらもが人の運命を揺さぶっていた。


次回予告
エゥーゴティターンズの最後の攻防が始まった。
それぞれが出遭わなければ決して失わなかった命が、
宇宙に次々と吸い込まれていった。
戦いは血で飾らなければならない宿命を持つ。
次回、機動戦士Zガンダム、生命散って。
君は刻の涙をみる・・・