アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士Zガンダム 第50話 宇宙を駆ける

機動戦士Zガンダム 第50話 宇宙を駆ける

機動戦士Zガンダム 第50話 宇宙を駆ける

 

機動戦士Zガンダム 第50話 宇宙を駆ける

 

エマ:カミーユ、静かね。
カミーユ:しゃべったら、疲れますよ。落ち着いたら、アーガマに戻ります。しばらく辛抱してください。
エマ:もういいのよ、カミーユ
カミーユ:中尉。
エマ:カミーユ、私の命を吸って。
カミーユ:え?
エマ:私の命を吸って。そして勝つのよ。
カミーユ:中尉。
エマ:あたしは見たわ。Zガンダムは人の意思を吸い込んで、自分の力にできるのよ。だから…。
カミーユ:そんなこと…。
エマ:うっ…できるわ!そして、戦いを終わらせる。それをあなたがやるのよ、カミーユ・ビダン!
カミーユ:わかりました、エマ中尉。
エマ:たくさんの人が、あなたを見守っているわ。あなたは一人じゃない。
カミーユ:はい…。エマさん。
エマ:寂しがることはなくてよ。
カミーユ:エマさん!うぅぅ…。エマ中尉ー!

ファ:はぁ、はぁ、カミーユ!?あっ!
ボティ:ファ、何してる!?
ファ:すみません! 確かに、確かにカミーユの声が聞こえた!?

ブライト:どうだ、サマーン?
サマーン:敵の配置、かなり乱れています。数の確認、急ぎます。
ブライト:もう少し引き寄せれば、5隻や6隻の戦艦は沈められる。
サマーン:コロニーレーザーを使うんですか?
ブライト:そうだ、グリプス2の部隊に暗号で打電しろ!
サマーン:了解。
シーサー:ダメです。ミノフスキー粒子が濃くて。
ブライト:通じなければこちらから接近すればいい、急げ! 何だ!?
シーサー:コロニーレーザー砲に、モビルスーツ3機が向かっています。
ブライト:カミーユをレーザー砲の守りに回らせろ!
シーサー:はっ!

クワトロ:えぇい、シロッコにレーザー砲を潰させるわけにはいかん!

シロッコティターンズの艦隊をやらせるわけにはいかん!中心部は…あれか!
クワトロ:シロッコの奴…!ん!?
ハマーンシロッコめ、レーザー砲を潰そうとは…面白い。
クワトロ:えぇい、これ以上破壊されると発射できなくなる。んぁ!
ハマーン:死にに来たか、シャア!
クワトロ:えぇい!ん!? ハマーン!
ハマーン:ちっ!
クワトロ:えぇい、あ!
シロッコ:ぬかったな、シャア!
ハマーン:こんなところで朽ち果てる己の身を呪うがいい!
クワトロ:そうかな!?
ハマーン:もしも、私の元へ戻る意志があるのならば…。
クワトロ:何を言う!
シロッコ:道を誤ったのだよ。貴様のようなニュータイプのなり損ないは、粛清される運命なのだ、わかるか!
クワトロ:まだだ、まだ終わらんよ!

カミーユ:エマ中尉…カミーユ・ビダン、行きます!

ハマーン:シャアめ、居住ブロックに逃げたのか?
シロッコ:あの女、自らシャアを葬ろうというのか?面白いな。

マナック:うわぁ!
アストナージ:おい!マナック! マナック、しっかりしろ!救護班!

サエグサ:このままでは狙い撃ちされます。後退します!
ブライト:ダメだ、アーガマは囮になって敵を引き付ける!
サエグサ:もちませんよ!
ブライト:もたせろ!トーレスコロニーレーザー砲はまだか?
トーレス:ブレーカー部分の損傷がひどく、出力が十分ではないそうです。
ブライト:急がせろ!サエグサ、いつでも離脱できるようにしておけ。
サエグサ:了解!

クワトロ:劇場の跡か。ん!
ハマーン:シャア!拳銃を捨てろ!
クワトロ:あっ…ハマーン!
ハマーン:大した役者だったよ、シャア。 話し合いの余地がないとするならば、ここがお前の死に場所になるな。
クワトロ:いや、もう一人役者がいるな。
ハマーン:ん?
シロッコ:ふっふっふ。
ハマーン:そうだな、こんな芝居じみた事はシロッコの領分だったな?
シロッコ:私は歴史の立会人に過ぎんから、そうも見えるか。が、シャアよりは冷静だ。
クワトロ:私が冷静でないだと?
シロッコ:そうだよ、貴様はその手に世界を欲しがっている。
ハマーンシロッコの言う通りだろう、シャア?ならばザビ家再興に手を貸せばいい。その上で世界の事を共に考えよう。
シロッコ:うっ!
ハマーン:この小うるさい見物人を倒してな。
クワトロ:ハマーン、私はただ、世界を誤った方向にもってゆきたくないだけだ。
ハマーン:では聞くが、ザビ家を倒し、ティターンズを排除した世界で、お前は一体何をしようというのだ。
クワトロ:私が手を下さなくとも、ニュータイプへの覚醒で人類は変わる。その時を待つ。う!
ハマーン:私に同調してくれなければ排除するだけだ。その上でザビ家を再興させる。それがわかりやすく、人に道を示すことになる。
クワトロ:また同じ過ちを繰り返すと気付かんのか! 
シロッコ:世界の都合というものを洞察できない男は、排除すべきだ!
カミーユ:それは違う!
クワトロ:カミーユ!
ハマーン:うっ!
クワトロ:カミーユか!?
ハマーン:うっ!
カミーユ:本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を引かれた人間達だろう?けど、そのために大勢の人間が死ぬなんて、間違ってる!
ハマーン:愚劣な事を言う!
シロッコ:生の感情を出すようでは俗人を動かす事はできても、我々には通じんな!
カミーユ:人の心を大事にしない世界を作って、何になるんだ!
シロッコ:天才の足を引っ張ることしかできなかった俗人共に何ができた!常に世の中を動かしてきたのは、一握りの天才だ!
カミーユ:違う!
クワトロ:カミーユ、退け!
カミーユ:嫌だ!
シロッコ:ちっぽけな感傷は世界を破滅に導くだけだ、少年!
クワトロ:カミーユ!
カミーユ:うっ…。
ハマーン:お前達は…。
シロッコ:うっ!
ファ:カミーユ、早く外へ!
ハマーン:うっ!
クワトロ:行くんだ、カミーユ!

クワトロ:コロニーの外へ出るぞ!
ファ:はいっ!

ブライトグリプス2はどうだ?
トーレス出力30%で臨界、OKです!
ブライトよし!

クワトロ:えぇい、ハマーンか!
ハマーン:ん?コロニーレーザーが作動するのか!? まずいな、これではコロニーレーザーが発射される。ん!Z!
クワトロ:構うな!脱出しないと、コロニーレーザーの発射に巻き込まれる!
シロッコ:まるで子供のように!
カミーユ:先に行ってください、ここでケリを付けます!

トーレス:来ました、グリプス2発射準備良しです!
ブライト:よし!ん?待て!
トーレス:艦長!?どうしたんですか!?
ブライト:発射体制のまま待機!
サエグサ:待てませんよ!ターゲットは動いてんです!
ブライト:待機しろ!

クワトロ:レーザーが発射される!ファまで戻る事はない!
ファ:でもカミーユが!
クワトロ:カミーユは私が連れ出す!
カミーユ:大尉は何やってんです!ハマーンシロッコは、僕がやるって言ったでしょ!

アーガマ・クルー:ぐあぁぁぁ!
シンタ:ハサン先生!マナックのおじさんがたいへんだよ!
クム:マナックが!
アンナ:あなた達は部屋に入ってなさいって言ったでしょ!?
シンタ:やだよ!
クム:こわいよ!
シンタ/クム:うわぁん!
ハサン:ここは危険だ、奥に行くぞ!
アンナ:はい!
ハサン:君達も来なさい!

トーレスグリプス2、エネルギー臨界!
サエグサ:今撃たないとターゲットが逃げます!
トーレス:艦長!
ブライト:わかっている。レーザー砲の中にはカミーユ達がいるんだよ。みんなが逃げ出すまで、それまでは待つんだ!

シロッコ:一度火を入れたコロニーレーザーは、爆発もするんだぞ!
カミーユ:うっ!
ハマーン:それ以上偶然は続かんよ、カミーユ
カミーユ:う?
ファ:しっかりして!
カミーユ:今の武器はメタスには避けられない!
ファ:わかってるわ!けど…!
ハマーン:ん?
カミーユ:大尉!
クワトロ:一緒にここを脱出する、カミーユ!
カミーユ:あなたはまだやることがあるでしょう!この戦争で、戦争で死んでいった人達は、世界が救われると思ったから死んでいったんです。僕もあなたを信じますから!
クワトロ:君のような若者が命を落として、それで世界が救えると思っているのか!
ファ:カミーユ?
カミーユ:大尉!
クワトロ:新しい時代を創るのは老人ではない!

ブライト:出てきたのか…?よし、コロニーレーザー発射だ!
サエグサ:了解!

アレキサンドリア・オペレーター:おお!キャプテン!
ガディ:おお!うわぁ!

シロッコ:うっ、こ、これではエゥーゴに勝てん!
ハマーン:ちっ!まずいな…。

ミネバ:どうしたのだ、ハマーン?
ハマーンエゥーゴは私が命に代えても食い止めます。主要な艦を撤退させましょう。
ミネバ:我が方は危ないのか?
ハマーン:いえ、戦いはまだまだ続くのです。ここで消耗しきってはティターンズの二の舞になりましょう。
ミネバ:うん、ハマーンに任す。
ハマーン:はっ!では。
ミネバ:そんなに激しい戦いなのか…。

カミーユ:逃がすか!目の前の現実も、見えない男が!
シロッコ:賢しいだけの子供が何を言う!
カミーユ:賢くて悪いか!?
シロッコ:ジュピトリスは!?あれか!

クワトロ:ん?エネルギー切れ!?
ハマーン:迂闊だな。
クワトロ:えぇい!来た!
ハマーン:ん!?
クワトロ:これであの武器は使えまい、ハマーン!
ハマーン:甘いな、シャア。
クワトロ:何ぃ!
ハマーン:これで終わりにするか、続けるか、シャア!
クワトロ:そんな決定権がお前にあるのか! はっ!
ハマーン:口の利き方に気を付けてもらおう! 何!

ハマーン:シャア、私と来てくれれば…。うっ…。

カミーユシロッコ、どこだ! う!?

カミーユ:お前だ!いつもいつも、脇から見ているだけで、人を弄んで!
シロッコ:勝てると思うな、小僧!
カミーユ:許せないんだ、オレの命に代えても、身体に代えても、こいつだけは!
シロッコ:こいつ…何だ?
カミーユ:わかるはずだ、こういう奴は生かしておいちゃいけないって!わかるはずだ、みんな!みんなにはわかるはずだ!う!?
エマ:(あせり過ぎよ、だからいけないの。)
ライラ:(パワーがダンチなんだよ。そん時はどうすればいい?)
カミーユ:オレの身体を、みんなに貸すぞ!
エマ:(それでいい、カミーユ!)
カツ:(現実の世界では、生き死ににこだわるから、ひとつの事にこだわるんだ。)
サラ:(だめよ!)
カミーユ:まだそんなことを言う!
レコア:(サラ、お退き!)
ロザミア:(そう、子供にはわからないんだから!)
フォウ:(今はカミーユに任せるの!)
サラ:(嫌です、パプティマス様は!)
カミーユ:今日という時には、いてはならない男だ!わかってくれ、サラ!
サラ:(だめです!パプティマス様は、私の!)
カツ:(何でそう、頭だけで考えて。そんなんじゃ、疲れるばかりじゃないか、サラ。)
サラ:(だって、そうしないと、あたし…。)
カツ:(カミーユが見ているものを、見てご覧よ。あの中にいる人だって、すぐこうして溶け合えるんだ。)
サラ:(ほんと?)
カツ:(ああ。)
シロッコ:ゼ、Zが…。どうしたんだ!?私の知らない武器が内蔵されているのか?
カミーユ:わかるまい、戦争を遊びにしているシロッコには。この、オレの身体を通して出る力が。
シロッコ:身体を通して出る力…そんなものが、モビルスーツを倒せるものか!
カミーユ:何!?
フォウ:(カミーユはその力を表現してくれるマシーンに乗っている。)
ロザミア:(Zガンダムにね。)
シロッコ:女の声!?
カミーユ:まだ、抵抗するのなら! うぉぉぉぉぉ!
シロッコ:ジ・O、動け!ジ・O、なぜ動かん! うっ!うぉ!うぉぉ!
カミーユ:ここからいなくなれ!

シロッコ:私だけが、死ぬ訳がない。貴様の心も一緒に連れて行く、カミーユ・ビダン…。
カミーユシロッコ…。やったのか?う、あ、光が…広がっていく!?

ファ:カミーユ!? カミーユ、生きてるんでしょ?カミーユ、返事をして!カミーユ!

カミーユ:あ?大きな星が点いたり消えたりしている…。あはははは…大きい!彗星かなぁ?いや、違う、違うな。彗星はもっとバァーって動くもんな!
ファ:あ…。あぁ…。
カミーユ:暑苦しいな、ここ。ふぅ。出られないのかな?おーい、出してくださいよ、ねぇ!
ファ:あぁ…。艦長、ブライト艦長カミーユ・ビダンが…。聞こえますか、アーガマ?

ファ:そう、お前もアーガマに帰りたいのね?

END