アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED 第12話「フレイの選択」

機動戦士ガンダムSEED 第12話「フレイの選択」

機動戦士ガンダムSEED 第12話「フレイの選択」

 

 

機動戦士ガンダムSEED 第12話「フレイの選択」

 

ラクス:残念ですわねぇ。せっかくお会いできたのに…もうお別れなんて…
アスラン:プラントでは、皆心配しています。
ラクス:クルーゼ隊長にも、いろいろお世話をかけました。
クルーゼ:御身柄は、ラコーニが責任を持ってお送りするとのことです。
ラクス:ヴェサリウスは、追悼式典には戻られますの?
クルーゼ:さぁ…それは分かりませんが…
ラクス:戦果も重要なことでしょうが、犠牲になる者のこともどうか、お忘れ無きよう。
クルーゼ:…肝に銘じましょう。
ラクス:何と戦わねばならないのか…戦争は難しいですわねぇ…
アスラン:…ぁ…ぁ…
ラクス:では、またお逢いできる時を、楽しみにしておりますわ。
クルーゼ:何と戦わねば、か…。イザークのことは聞いたかな?
アスラン:あ…はい…。
クルーゼ:ストライク…。討たねば次に討たれるのは君かもしれんぞ?
アスラン:ぅっ……んっ…

マリュー:180度回頭。減速。更に20%、相対速度合わせ。
避難民一同:あぁー…おぉー。
ノイマン:しかし、いいんですかねぇ。メネラオスの横っ面になんか着けて…
マリューハルバートン提督が、艦をよく御覧になりたいんでしょう。後ほど、自らも御出になるということだし。閣下こそ、この艦と、Gの開発計画の一番の推進者でしたらかね。
カズイ:民間人はこの後、メネラオスに移って、そこでシャトルに乗り換えだってさ。あ!でも俺達どうなるんだろ…?
ミリアリア:降りられるに決まってるでしょう?こんなの着てたって、私達民間人だもの。
フレイ:…
マリュー:少しお願いね。
ナタル:艦長!
ナタル:ストライクのこと、どうされるおつもりですか?
マリュー:…どうって…どういうこと?
ナタル:あの性能だからこそ、彼が乗ったからこそ、我々はここまで来れたのだということは、この艦の誰もが分かっていることです。
マリュー:…
ナタル:…彼も降ろすのですか?
マリュー:…
ナタル:艦長!
マリュー:貴方の言いたいことは分かるわ…ナタル。でも、キラ君は軍の人間ではないわ。
ナタル:ですが、彼の力は貴重です!それをみすみす…!
マリュー:力があろうと、私達には志願を強制することはできないでしょ?
ナタル:…うぅ………
マリュー:……
キラ:艦隊と合流したってのに!
フラガ:うわぁぁ!
キラ:なんでこんな急がなきゃならないんです?
フラガ:不安なんだよ!壊れたままだと…
マードック:第8艦隊っつったって、パイロットはひよっこ揃いさ!なんかあった時には、やっぱ大尉が出れねぇとな。
キラ:それより、ストライクは?ほんとにあのままでいいんですか?
フラガ:え?…んー分かっちゃいるんだけどねぇ…わざわざ元に戻してスペック下げるっつーのも…なんかこう…
マリュー:出来れば…
フラガ&マードック&キラ:あ?
マリュー:あのまま誰かが、って思っちゃいますわよね。
キラ:艦長…!?
フラガ:あらら、こんなところへ。
マリュー:ごめんなさいね。ちょっと、キラ君と話したくて…
キラ:え!?
マリュー:…そんな疑うような顔しないでぇ。ま…無理もないとは思うけど…
キラ:…はぁ…
マリュー:私自身、余裕が無て、貴方とゆっくり話す機会を作れなかったから。
…その…一度、ちゃんとお礼を言いたかったの。
キラ:え?
マリュー:貴方には本当に大変な思いをさせて、ほんと、ここまでありがとう。
キラ:ぇ…ぁ…
マリュー:いろいろ無理言って、頑張ってもらって…感謝してるわ。
キラ:…ぁいや、そんな…艦長…
マリュー:口には出さないかもしれないけど、みんな貴方には感謝してるのよ?
キラ:ぁぁ…
マリュー:こんな状況だから、地球に降りても大変かと思うけど…頑張って!
キラ&マリュー:[握手]
マリュー:うふ。
ハルバートン:ん?おぉーー!
いやぁ、ヘリオポリス崩壊の知らせを受けた時は、もう駄目かと思ったぞ。それがここで、君達と会えるとは…。
マリュー:ありがとうございます!お久しぶりです、閣下!
ハルバートン:先も戦闘中との報告を受けて、気を揉んだ。大丈夫か!?
ナタルナタル・バジルールであります!
フラガ:第7機動艦隊、ムウ・ラ・フラガであります。
ハルバートン:おおー、君が居てくれて幸いだったぁ。
フラガ:いえ、さして役にも立ちませんで…
ハルバートン:ああー、そして彼らが…
マリュー:はい、艦を手伝ってくれました、ヘリオポリスの学生達です。
ナタル:うわぁ…
ハルバートン:君達の御家族の消息も確認してきたぞ。皆さん、御無事だ!
カトーゼミの面々:あーよかったぁ。
ハルバートン:とんでもない状況の中、よく頑張ってくれたなぁ。私からも礼を言う。
ホフマン:閣下、お時間があまり…
ハルバートン:うむ。後でまた君達ともゆっくりと話がしたいものだなぁ。
キラ:…ぁぁ…
アデス:ツィーグラーとガモフ、合流しました。
クルーゼ:発見されてはいないな?
アデス:艦隊は、だいぶ降りていますからねぇ…
クルーゼ:月本部へ向かうものと思っていたが…奴等足つきをそのまま地球に降ろすつもりとはな。
アデス:降下目標はアラスカですかー…
クルーゼ:なんとかこっちの庭に居るうちに沈めたいものだが…どうかな?
アデス:ツィーグラーにジンが6機、こちらにイージスを含めて5機、ガモフも、バスターとブリッツは出られますから。
クルーゼ:知将ハルバートン…そろそろ退場してもらおうか…
ホフマン:しかしまぁ…この艦一つとG1機のために、ヘリオポリスを崩壊させ、アルテミスを壊滅させるとはなぁ…
マリュー:…
ハルバートン:だが、彼女らがストライクとこの艦だけでも守ったことは、いずれ必ず、我ら地球軍の利となる。
ホフマン:アラスカは、そうは思ってないようですが…
ハルバートン:ふん!奴等に宇宙での戦いの何が分かる!ラミアス大尉は私の意志を理解してくれていたのだ。問題にせねばならぬことは、何もない。
マリュー:…閣下…
ホフマン:このコーディネイターの子供の件は…これも不問ですかな…?
マリューキラ・ヤマトは、友人達を守りたい。ただその一心でストライクに乗ってくれたのです。我々は彼の力なくば、ここまで来ることは出来なかったでしょう。ですが…成り行きとはいえ、自分の同胞達と戦わねばならなくなったことに、非常に苦しんでいました。
ナタル:…っんー…
マリュー:誠実で優しい子です。彼には、信頼で答えるべき、と私は考えます。
ホフマン:しかし…このまま解放しては…
ナタル:僭越ですが、私はホフマン大佐と同じ考えです。
マリュー&フラガ:えぇ…?
ナタル:彼の能力は、目を見張るものがあります。Gの機密を知り尽くした彼を、このまま降ろしては…
ハルバートン:ふん!既にザフトに4機渡っているのだ。今更機密もない。
ナタル:し、しかし!彼の力は貴重です!出来れば、このまま我が軍の力とすべきだと…私は…
ホフマン:ほぉ…
マリュー:だが、ラミアス大尉の話だと、本人にその話はなさそうだが?
ナタル:彼の両親はナチュラルで、ヘリオポリス崩壊後に脱出し、今は地球に居ます。それを軍が保護すれば…ぁ!
ハルバートン:ふざけたことを言うな!そんな兵がなんの役に立つ!
ナタル:…申し訳ありません!
ホフマン:…
ナタル:過去のことなどもういい!問題はこれからだ!
マリュー:え?
ハルバートン:この後、アークエンジェルは、現状の人員編成のまま、アラスカ本部に降りてもらわねばならん。
ナタル&マリュー&フラガ:ぇー?
避難民:[ガヤガヤ]
キラ:…
マードックスカイグラスパー2機?おいおい…大気圏用の機体じゃねぇかよ!
アイキャッチ
ホフマン:補充要員を送った先遣隊も沈み、今の我々にはもう、アークエンジェルに割ける人員はないのだ…。
マリュー:…ぁぁ…。
ハルバートン:だが、ヘリオポリスが崩壊してしまった今、アークエンジェルとGは、その全てのデータを持って、なんとしてもアラスカへ降りねばならん。
マリュー:し、しかし…我々は…
ハルバートン:あれの開発を軌道に乗せねばならん!ザフトは次々と新しい機体を投入してくるのだぞ?
マリュー&フラガ:……
ハルバートン:なのに、利権絡みで役にも立たんことばかりに予算を注ぎ込むバカな連中は、戦場でどれほどの兵が死んでいるかを、数字でしか知らん!
マリュー:分かりました。閣下のお心、しかとアラスカへ届けます!
フラガ:アーマー乗りの生き残りとしては、お断りできませんな。
ハルバートン:頼む…。
避難民:[ガヤガヤ]
トール:除隊許可証?
ミリアリア:私達…軍人だったの?
カズイ:第8艦隊、アークエンジェル所属…
ナタルキラ・ヤマトは?
サイ&カズイ&フレイ&トール&ミリアリア:ぁっ…?
ナタル:まぁいい。後で渡してやれ。
ホフマン:例え非常事態でも、民間人が戦闘行為を行えば、それは犯罪となる。
サイ&カズイ&トール&ミリアリア:ええー!?
ホフマン:それを回避するための措置として、日付を遡り、君達はあの日以前に、志願兵として入隊したこととしたのだ。なくすなよ。
サイ&カズイ&トール&ミリアリア:はぁ…
ホフマン:尚、軍務中に知り得た情報は、例え除隊後といえ…
フレイ:あの……
ナタル:君は戦っていないだろ?彼らと同じ措置は執られていないぞ。
フレイ:いえ…そうではなくて……私…軍に志願したいんですけど!
サイ&カズイ&トール&ミリアリア:ええ!?
サイ:…フレイ!?
ハルバートン:降りるとなったら、名残惜しいのかねぇ?
キラ:あ!?
ハルバートンキラ・ヤマト君だな?報告書で見ているんでね。
キラ:…はい…
ハルバートン:しかし、改めて驚かされるよ。君達コーディネイターの力というものには。
キラ:…
ハルバートンザフトモビルスーツに、せめて対抗せんと造ったものだというのに、君達が扱うと、とんでもないスーパーウェポンになってしまうようだ。
キラ:そんなことは…
ハルバートン:君の御両親は、ナチュラルだそうだが?
キラ:え!…あ…はい。
ハルバートン:どんな夢を託して、君をコーディネイターとしたのか…
キラ:…ぁぁ!
ハルバートン:何にせよ、早く終わらせたいものだな、こんな戦争は!
下士官:閣下!メネラオスから、至急お戻りいただきたいと。
ハルバートン:やれやれ…君達とゆっくり話す間もないわ!
キラ:あぁ…。
ハルバートン:ここまで、アークエンジェルとストライクを守ってもらって感謝している。良い時代が来るまで、死ぬなよ!
キラ:…あの!
ハルバートン:ん?
キラ:あ…あの…アークエンジェル…ラミアス大尉達は…これから…?
ハルバートンアークエンジェルはこのまま地球に降りる。彼女らはまた戦場だ!
キラ:あぁ…その…
ハルバートン:…君が何を悩むのかは分かる。確かに魅力だ…君の力は。…軍にはな。
キラ:あ…。
ハルバートン:だが、君が居れば勝てるということでもない。戦争はな、うぬぼれるな!
キラ:…でも…出来るだけの力があるなら、出来ることをしろと…!
下士官:閣下…!
ハルバートン:その意志があるならだ。意志のない者に、何もやり抜くことは出来んよ!
キラ:あ…ぁ…。
ナタル:何をバカな…
フレイ:ふざけた気持ちで言ってるんじゃありません。父が討たれてから…私…いろいろと考えました。
ホフマン:…ぁっ!では君が…あの…アルスター事務次官の?
フレイ:はい…フレイ・アルスターです。…父が討たれた時はショックで…もうこんなのは嫌だ…こんなところに居たくないと…そんな思いばかりでした。でも艦隊と合流して、やっと地球に降りられると思った時、何かとてもおかしい気がしたんだです。
ナタル:おかしい?
フレイ:これでもう安心でしょうか?これでもう平和でしょうか?…そんなこと全然ない!世界は依然として戦争のままなんです。私…自分は中立の国に居て…全然気付いていなかっただけなんです。父は…戦争を終わらそうと必死で働いていたのに…本当の平和が…本当の安心が…戦うことによってしか守れないのなら…私も…父の遺志を継いで戦いたいと……私の力など…なんの役にも立たないのかもしれませんが…うっうっ……
サイ:フレイ…
キラ:…ぁぁ…
フレイ:[嗚咽]
サイ:世界は依然として戦争のままか…
トール&ミリアリア:…
カズイ:…
キラ:…
避難民:[ガヤガヤ]
エル:あ!
エルママ:これ!エルちゃん?
エル:えへ…。
キラ:あっ…
エル:今まで、守ってくれてありがと。
キラ:あぁ!
トール:サイ!
サイ:フレイの言ったことは、俺も感じてたことだ。それに…彼女だけおいていくなんて、出来ないしさ…
ミリアリア:トール!?
トール:アークエンジェル…人手不足だしな。この後落とされちゃったら、なんか…やっぱやだしよ。
キラ:ありがとう。…
トール:ミリィ…!
ミリアリア:トールが残るんなら…私も…。
カズイ:みんな残るってのに…俺だけじゃな…
トール:バカ…。
サイ:お前こそ。
トール:お前だよ。
サイ:あそっか…
カズイ&サイ&トール&ミリアリア:はっはっはっは。
トール:…あっ…
あいつは降りるよな。きっと…。
ヴェサリウスオペレータ:モビルスーツ、発進は3分後、各機、システムチェック!
アスラン:……
ガモフオペレータ:全隔壁閉鎖。各艦員は、至急持ち場に就け!繰り返す!全隔壁閉鎖。各艦員は、至急持ち場に就け!
兵士:あぁ…駄目ですよぉ!
イザーク:五月蠅い!離せ!…うぅ……
避難民:[ガヤガヤ]
トール:キラ!
キラ:あ!
なに!みんな居ないから…
トール:これー持ってけって。除隊許可証。
キラ:え?
サイ:俺達さ、残ることにしたからさ。
トール:アークエンジェル、軍にさ。
キラ:!!
メネラオスオペレータ:ナスカ級1、ローラシア級2、グリーン18、距離500。*1予測、15分後です。
ホフマン:こちらへ向かってきているのか?
ハルバートン:くっそー、こんな時に!
マリュー:搬入中止、ベイ閉鎖。メネラオスのランチは?
パル:まだです!
マリュー:急がせて!総員!第一戦闘配備!
キラ:…残るって…どういう…
カズイ:フレイ、軍に志願したんだ。
キラ:ええ!
カズイ:それで…俺達も…
カトーゼミの面々:ああ!?
パル:総員、第一戦闘配備!繰り返す!総員、第一戦闘配備!
下士官:おーい、そこ!出すぞ!
トール:あ!待って下さい!こいつ…
キラ:!
トール:これも運命だ。じゃあな…お前は無事に地球に降りろ。
キラ:…ぁぁ…
サイ:生きてろよ!
カズイ:何かあっても、ザフトには、入んないでくれよな。
キラ:……
アスランアスラン・ザラ、出る!
ガモフオペレータ:よせ!イザーク!お前はまだ…!
イザーク:五月蠅い!さっさと誘導しろ!
(ストライクめ…アサルトシュラウドが貴様に屈辱を晴らす!)
下士官:おーい、乗るなら早くしろ!
整備員:フラガ大尉はゼロで出るんだよ!大丈夫だ!終わってる!
キラ:…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…
エル(回想):今まで、守ってくれてありがと…
マリュー(回想):こんな状況だから、地球に降りても大変かと思うけど…頑張って…
フラガ(回想):君は、出来るだけの力を持っているんだろ?なら、出来ることをやれよ…
キラ:…ハァ…ハァ…ハァッ…
…ぅぅ…うぅっ!…行って下さい…


次回予告
その手に託されたそれぞれの想い。決断の一瞬は、キラに何を捨てさせ、何を選び取らせたのか。
再び強襲する、クルーゼ隊の前に立つキラに出来るのは、守ることか、それとも憎むことなのか?
向き合う敵の想いは図れず、砲火は、再び悲劇と悪夢を呼ぶ。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「宇宙に降る星」
切り裂く大気を、突き抜けろ!ガンダム

*1:?