アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED第24話「二人だけの戦争」

機動戦士ガンダムSEED第24話「二人だけの戦争」

機動戦士ガンダムSEED第24話「二人だけの戦争」

 

機動戦士ガンダムSEED第24話「二人だけの戦争」

 

カガリザフトの…輸送機?
輸送機パイロットB:地球軍機!
カガリ:小さい島なんだな。無人島か?
(ザフト兵!)
アスラン:あ!
カガリ:う!
アスラン:うわっ!
カガリ:動くな!
アスラン:くっ!チィ。

マリュー:ロストしたのはどこなの?無線は?
ミリアリア:駄目です!応答ありません。
トノムラ:レーダーも攪乱酷く、戦闘空域を離脱したところまでしか…
マリュー:…
ナタル:MIAと認定されますか?
サイ:何です?それ。
トノムラ:ミッシング イン アクション。戦闘中行方不明…まぁ確認してないけど…戦死でしょ、ってことだな。
サイ&ミリアリア:え!?
マリュー:それは早計ねバジルール中尉。撃墜されたとは限らないのよ?日没までの時間は?
ミリアリア:ぇ…約1時間です。
ナタル:捜索されるおつもりですか!?ここはザフトの勢力圏で…
マリュー:上空からはもう辛いわね。簡単な整備と補給が済んだら、ストライクに海中から探してもらうしかないわ。
ナタル:艦長!
マリュー:報告にでも記録にでも、好きに書きなさい!
ナタル:う…
マリュー:放っておけないわ。あの子…。
アスラン:(地球軍の兵士?まさかさっきのパイロットか?)
カガリ:ハァ…ん?
アスラン:あ!
カガリ:ハァ…ハァ…ハァ…
アスラン:ハァ…ハァ…ハァ
カガリ:ぇぃ!
アスラン:えぇぃ!
カガリ:うっ!………………
アスラン:……………………
カガリ:うわぁぁぁぁぁ!!!くっ……
アスラン:ぁ!女?
カガリ:ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…
アスラン:あぁ……
カガリ:いい加減にしろよお前ら!
アスラン:お前、本当に地球軍の兵士か?認識票もないようだし、俺は戦場でああいう悲鳴は聞いたことがないぞ。
カガリ:わ、悪かったな。
アスラン:俺達の輸送機を落としたのはお前だな。向こうの浜に機体があった。
カガリ:私を落としたのはそっちだろうが!
アスラン:所属部隊は?何故あんなところを単機で飛んでいた!
カガリ:私は軍人じゃない!所属部隊なんかないさ!こんなところ来たくて…!うわっ…う…く…
お前、あの時ヘリオポリスを襲った奴等一人か?
アスラン:!
カガリ:私もあの時あそこに居た!お前達がぶっ壊した、あのヘリオポリスの中にな!
ナタル:救難信号も出ているはずだが、こう電波状態が悪くては、何の役にも立たん。予測されているエリアには、小さな無人島も多い。案外そっちに落ちているかもしれない。
キラ:はい!
マリュー:疲れているところ悪いけど、頼むわね。
キラ:いえ、僕は大丈夫ですから。
マリュー:何にも手掛かりが得られなくても、2時間経ったら一度帰投して。その時は、また別の策を考えます。
キラ:大丈夫です。
マリュー:貴方にも休んでもらわなくちゃ困るのよ。こちらもね。だから、2時間で必ず戻って。
キラ:ストライク、行きます!
ニコル:イザークアスランの消息…!
イザーク:ザラ隊の諸君!さて、栄えある我が隊の、初任務の内容を伝える。それは…これ以上ないと言うほど重大な、隊長の捜索である!
ディアッカ:うははははは…
ニコル:くっ…
イザーク:ま、輸送機が落っこちまったんじゃしょうがないが、本部もいろいろと忙しいってことでね。自分達の隊長は、自分達で探せとさ。
ディアッカ:やれやれ、なかなかさい先のいいスタートだねぇ。
イザーク:とは言っても、もう日が落ちる。捜索は明日かな。
ニコル:そんな!
ディアッカ:イージスに乗ってるんだ。落ちたって言ったって、そう心配することはないさ。大気圏、落ちたってわけでもないし。
イザーク:ま、そう言うことだ。今日は宿舎でお休み。明日になれば母艦の準備も終わるってことだから。それからだな。
ニコル:う…
アスラン:どのチャンネルも拾わないなぁ。ん?スコールか。
カガリ:う…う…あ!うわぁ…プアー…ハァ…
くっそ。う…う…あれ?うわぁ!
う…うは…うは…ハァ…ハァ…?
アスラン:おいお前、何をやっている。
カガリ:見て分かんないかよ!
アスラン:ぁ?
カガリ:動けないんだよ。突っ立ってないで早く助けろよ!
アスラン:威張って言える立場か?
カガリ:いいから早くしろってば!
はぁ…
アスラン:大丈夫か?
カガリ:ぅわ…あ…
アスラン:うっはは…
カガリ:蟹がそんなに可笑しいかよ!
アスラン:いや、失礼。あんまり経験がないんでね、こういうことは。
カガリ:プラントには蟹は居ないのか。
アスラン:おい!どこへ行く?
カガリ:ちょうどいいから洗うんだよ!砂だらけなんだから!
アスラン:……
カガリ:うわぁぁ気持ちいいーあはは。
アスラン:……
カガリ:ぁ…あ…
アスラン:武器のないお前が暴れたところで、大したことはない。
カガリ:なんだと!
アスラン:服の中にも蟹が居るようだぞ?
カガリ:えっ!うわぁ…ほんとだ。あ…
アスラン:…うわぁぁ…
キラ:…ぁ…カガリ…どこへ墜ちたんだ。
アイキャッチ
アスラン:ほら。
カガリ:ん?
アスラン:電波状態が酷い。今夜はここで夜明かしになる可能性が高いぞ?
カガリ:電波の状態が悪いのは、お前達のせいじゃないか!
アスラン:…
先に核攻撃を仕掛けたのは地球軍だ。
カガリ:…
アスランザフトの物でも食料は食料だ。自分の分はパックごと流されたんだろ?
カガリ:…ん……グルルル…ん…んん…
カガリ:わ、私を縛っておかなくていいのかよ!隙を見てお前の銃を奪えば、形勢は逆転だ。
アスラン:え?
カガリ:そうなったらお前、バカみたいだからな!
アスラン:うはっはっはっは。
カガリ:なんで笑うんだよ!
アスラン:いや、懲りない奴だと思ってね。
カガリ:…
アスラン:…ハァ…銃を奪おうとするなら、殺すしかなくなる。だからよせよ、そんなことは…ヘリオポリスでもここでも、せっかく助かった命だろ?
カガリ:ふん!ザフトに命の心配をしてもらうとは思わなかったな。
アスラン:…ふ…ヘリオポリスは…俺達だって、あんなことになるとは思ってなかったさ。
カガリ:え?
アスランモルゲンレーテが開発した地球軍のモビルスーツ。それだけ奪えればよかったはずだった…
カガリ:何を今更!どう言おうがコロニーを攻撃して壊したのは事実だろうが…
アスラン:中立だと言っておきながら、オーブがヘリオポリスであんなものを造っていたのも事実だ!
カガリ:…
アスラン:俺達は、プラントを守るために戦ってるんだ。あんなものを見逃すわけにはいかない。
カガリ:それは地球だって同じだ!私達だって、お前達が攻めてきて、地球を滅茶苦茶にするから…
アスラン:…
カガリ:…
アスラン:俺の母はユニウス7に居た。
カガリ:ぇ!
アスラン:ただの農業プラントだった。何の罪もない人達が、一瞬のうちに死んだんだぞ。子供まで。それで黙っていられるか!
カガリ:私の友達だって沢山死んだよ。お前達の攻撃でな!
アスラン:…よそう。ここでお前とそんな話をしても仕方がない。
カガリ:ふん!
カガリ(回想):…やっぱり…地球軍の新型機動兵器…うっ…お父様の裏切り者ー!
カガリ:…ハァ…。お、おい!寝ちゃう気かよ!
アスラン:え?あ…いや…まさか…けど、降下して…すぐ…移動で…ん…。
カガリ:ハァ…ん…。
(こいつ…)
キラ:だから僕は大丈夫ですってば!言われた通り、ちゃんと休んだし…
フラガ:何が大丈夫だ!休んだって言ったって、アラートで1時間転がっていただけじゃないか!艦長に言われた時間も無視して、戻ってこなかったくせに!
キラ:でも!ん?
カガリ(回想):よしよし。大丈夫だ。大丈夫だから。
お前さぁ、なんかいろいろおかしすぎ。
キラ:うう…。
フラガ:あと5時間もすれば、日も昇る。そうすりゃぁ俺も出るから…
キラ:うぅ…
フラガ:…俺もたいがい、情けねぇよ。
キラ:少佐…
フラガ:やらせておいて言うのもなんだが、あまり一人で背負い込むなよ。あの子も強い子だ。日が昇ればきっと見つかる。大丈夫だから。
カガリ:ハァ…。敵放っといて寝るなよな。ハァ…。
挿入歌(暁の車)
避難民B(回想):ザフトに攻撃されてる!コロニーにモビルスーツが入ってきてるんだよ!
アスラン(回想):銃を奪おうとするなら、殺すしかなくなる。
カガリ:はぁ!……ぅは!
アスラン:…ぅん…
カガリ:あっ!
アスラン:あ!うは!お前!
カガリ:ごめん!お前を撃つ気はない!でも…あれはまた地球を攻撃するんだろ!?
アスラン:ぁ…!?
カガリ:造ったオーブが悪いってことは分かってる!でもあれは!あのモビルスーツは地球の人達を沢山殺すんだろ!?
アスラン:…なら撃てよ!その引き金を引いているのは俺だ!
カガリ:くぅうぅ…
アスラン:俺はザフトパイロットだ。機体に手を掛けさせるわけにはいかない。どうしてもやると言うのなら、俺はお前を殺す!
カガリ:ハァ…ハァ…ハァ…
アスラン:……
バルトフェルド(回想):あのモビルスーツパイロットである以上、私と君は、敵同士だと言うことだな?
やっぱり、どちらかが滅びなくてはならんのかねぇ。
カガリ:くっそーー!!
アスラン:あぁ!!
アスラン:っつー…
オープンボルトの銃を投げる奴があるかっ!
カガリ:…ご…ごめん…
アスラン:ったくぅ…どういう奴なんだよ、お前は。
カガリ:いや…だから…その…あ!それ!…今ので!
アスラン:大したことない。
カガリ:手当しなきゃ…
アスラン:気にしなくていい。
カガリ:貸して!私が…
アスラン:自分でできる!
カガリ:やってやるってば!
アスラン:いいって!
カガリ:いいからやらせろよ!このまんまじゃ私、借りの作りっぱなしじゃないか!少しは返させろ!
アスラン:…ぁぁ…ぁぁ!その前に…服着てくれないか…。
カガリ:え?あ…あぅ!
アスラン:もう乾いてると思う…。
アスラン:あぁ!
カガリ:ん?
ニコル:ア…ラン…アスラン…こえますか…応答…がいます…
アスラン:ニコルか?
ニコル:アスラン!よか…た…今電波から位置を…
カガリ:どうした?
アスラン:無線が回復した!
カガリ:え!…え?
アスラン:海か?
フラガ:救難信号?捉えたぞ!
アスラン:こっちは救援が来る。他にも、海から何か来るぞ。お前の機体がある方角だ。
カガリ:ぇ!
アスラン:俺はこいつを隠さなきゃならない。
カガリ:え?
アスラン:出来れば、こんなところで戦闘になりたくないからな。
カガリ:ぁ!…うん。私も機体のところへ戻るよ。どっか隠れて様子を見る。
アスラン:そうか。
カガリ:…じゃぁ…
アスラン:お前!地球軍じゃないんだな?
カガリ:違うー!
アスラン:(…軍人でもないくせに、みんな…)
カガリカガリだ!お前は?
アスランアスラン
カガリ:うん。
カガリ:ストライク!キラぁ!

 


次回予告
アークエンジェルを追い詰める、アスランの部隊。
命令は撃破。再び見える友は、既に、まごうことなき敵軍の兵士か。
4機のガンダムの猛攻に、遂に声を上げるカガリ
近海での戦闘を、ただ映像の中に見るオーブが、動くその真意とは。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「平和の国へ」
その海を、駈け抜けろ!ガンダム