アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED 第37話「神のいかずち」

機動戦士ガンダムSEED 第37話「神のいかずち」

機動戦士ガンダムSEED 第37話「神のいかずち」

 

機動戦士ガンダムSEED 第37話「神のいかずち」

 

ザラ:お前は奪取されたX10Aフリーダムの奪還と、パイロット、及び接触したと思われる人物、施設、全ての排除にあたれ。
アスラン:ぁぁ…
キラ:こんなことを終わらせるには、何と戦わなくちゃいけないと、マリューさんは思いますか?
アスラン:何を言ってるんです!キラは…あいつは…
ラクス:貴方が殺しましたか?
アスランが信じて戦うものは何ですか?戴いた勲章ですか?お父様の命令ですか?
アスラン:キラ…
(お前は一体何を…)
アスラン・ザラジャスティス出る!

カガリ:うっ…
カガリ:ハァハァハァハァ…あっ!
負傷兵:ぅぅ…
キラ:ハァ…
カガリ:ハァハァハァハァ…キラ!
キラ:あ!
カガリ:はぁっ!
キラ:カガリっ…ぅうわ…
カガリ:ぅ…このバカァ!
キラ:ぅぅ…
カガリ:お前…お前…ぅぅ…死んだと思ってたぞ!このやろう!ぅぅ…
キラ:ごめん。
カガリ:ほんとに…生きてるんだな?
キラ:生きてるよ。戻ってきたんだ。
カガリ:ぁぁ…
マリュー:私どもの身勝手なお願い、受け入れて下さって、ありがとうございます。
ウズミ:ことがこと故、クルーの方々には、またしばらく不自由を強いるが、それはご了解いただきたい。ともあれ、ゆっくりと休むことは出来よう。
マリュー:ありがとうございます。
ウズミ:地球軍本部壊滅の報から、再び世界は大きく動こうとしている。一休みされたら、その辺りのこともお話しよう。見て聞き、それからゆっくりと考えられるがよかろう。貴殿等の着ているその軍服の意味もな。
マリュー:ぁ…
サイ:ゴクゴクアー。これでやっと…
カズイ:ねぇこれで…
サイ:あ?
カズイ:これからどうなんの?
サイ:え?
カズイ:俺達、もう軍人じゃぁないんだよね?
サイ:なんで?
カズイ:だって、軍から離れちゃったんでしょ?アークエンジェル。だったら…
サイ:敵前逃亡は軍法では重罪。時効無し。
カズイ:ぁ…俺さ、実はこれ持ってるんだけどさ、前の除隊許可証。
サイ:ハァ…。
カズイ:あ…ねぇサイ!
ぁ…
サイ:トイレ。
ミリアリア:御馳走様!
コック:どうも!
ミリアリア:あのこれ、どうしてずっとここに置いてあるんですか?
コック:あー?捕虜の飯、頼むって置いといたのに…。
ディアッカ(回想):…俺じゃない…
キラ:そっか。アスランに会ったんだ。
カガリ:お前を探しに行って見つけたの、あいつだったんだ。
滅茶苦茶落ち込んでたぞ、あいつ。お前を殺したって、泣いてた。
キラ:あの時、僕は彼の仲間を殺した。アスランは、トールを殺した。どうしようもなかった。僕も…きっとアスランも。
カガリ:小さい頃からの友達だったんだろ?
キラ:アスランは昔から凄くしっかりしててさ、僕はいつも助けてもらってた。
カガリ:なんで…その…そんな奴と戦ってまで、地球軍の味方をしようとなんて思ったんだ?
キラ:え?
カガリ:いや…だってさ、お前…コーディネイターなんだし、そんな…友達と戦ってまでなんて…なんでだよ。
キラ:僕がやんなくちゃ、みんな死んじゃうと思ったから。僕、コーディネイターだし。
カガリ:え?
キラ:ほんとは…ほんとのほんとは、僕がアスランを殺したり、アスランが僕を殺したりするなんてこと、ないと思ってたのかも知れない。
ミリアリア:食事よ。
ディアッカ:ぁ…ぁぁ…
ミリアリア:ゴタゴタしてたの。遅れてごめん。
ディアッカ:ぁ…
ミリアリア:なによ。
ディアッカ:あ、いやぁ、まさか、お前が持ってくるとは思わなかったからさ。
ミリアリア:お前?
ディアッカ:すいません!貴方様。
ミリアリアミリアリアよ。あんたじゃないんでしょ。
ディアッカ:えっえぇ…名前で呼んでいいのかよ?
ミリアリア:いーや!
ディアッカ:ん…あっ!なぁおい!
ミリアリア:なによ!
ディアッカ:どうなってんだこの船?なんで俺は乗っけられたままなんだよ!その上そのまま戦闘なんて、まともじゃないぜ。
ミリアリア:解ってるわよ!でもしょうがないじゃない。
ディアッカ:ここはどこだよ!俺はいつこっから出られるんだよ!
ミリアリア:オーブよ。でも私達だって降りられないんだもん。あんたのことなんか知らないわよ。
ディアッカ:あぁ?
ウズミ:サイクロプス?しかし、いくら敵の情報の漏洩があったとて、その様な策、常軌を逸しているとしか思えん。
キサカ:ですが、アラスカは確かにそれで、ザフト攻撃軍の8割の戦力を奪いました。立案者に都合がいい犠牲の上に。机の上の…冷たい計算ですが。
ウズミ:それでこれか…。
ブライアン・ワン・ツォン:守備隊は最後の一兵まで勇敢に戦った!我々はこのジョシュア崩壊の日を、大いなる悲しみと共に歴史に刻まねばならない。が、我等は決して屈しない。我々が生きる平和な大地を、安全な空を奪う権利は、一体コーディネイターのどこにあるというのか!この犠牲は大きい。が、我々はそれを乗り越え、立ち向かわなければならない!地球の安全と平和、そして未来を守る為に、今こそ力を結集させ、思い上がったコーディネイター等と戦うのだ!
フラガ:解っちゃいるけど堪らんね。
ウズミ:大西洋連邦は、中立の立場を採る国々へも、一層強い圧力を掛けてきている。連合軍として参戦せぬ場合は、敵対国と見なす、とまでな。無論、我がオーブも例外ではない。
カガリ:奴等はオーブの力が欲しいのさ。
ウズミ:御存知のことと思うが、我が国はコーディネイターを拒否しない。オーブの理念と法を守る者ならば、誰でも入国、居住を許可する数少ない国だ。遺伝子操作の是非の問題ではない。ただコーディネイターだから、ナチュラルだからとお互いを見る。そんな思想こそが、一層の軋轢を生むと考えるからだ。カガリナチュラルなのも、キラ君がコーディネイターなのも、当の自分にはどうすることもできぬ、ただの事実でしかなかろう。
キラ:そうですね。
ウズミ:なのに、コーディネイター全てを、ただ悪として敵として攻撃させようとするような大西洋連邦のやり方に、私は同調することは出来ん。一体、誰と誰が、なんの為に戦っているのだ。
フラガ:しかし、仰ることは解りますが…失礼ですが、それはただの、理想論に過ぎないのではありませんか?それが理想とは思っていても、やはりコーディネイターナチュラルを見下すし、ナチュラルはコーディネイターを妬みます。それが現実です。
ウズミ:解っておる。無論我が国とて、全てが上手くいっているわけではない。が、だからと諦めては、やがて我等は、本当にお互いを滅ぼし合うしかなくなるぞ。そうなってから悔やんだとて、既に遅い。それとも!それが世界と言うのならば、黙って従うか?どの道を選ぶも君達の自由だ。その軍服を裏切れぬと言うなら手も尽くそう。君等は、若く力もある。見極められよ。真に望む未来をな。まだ時間はあろう。
キラ:ウズミ様は、どう思ってらっしゃるんですか?
ウズミ:ただ剣を飾っておける状況ではなくなった。そう思っておる。

ザフト軍オペレータA:ハラルド隊、ハリソン隊発進完了。
ザフト軍オペレータB:セリザワ隊、クリューガー支援隊、発進開始します。
クルーゼ隊旗艦艦長:しかし、これだけの戦力でパナマを落とせだなどと、本国も無茶を言う。
クルーゼ:しかたありますまい。アラスカで調子に乗った奴等の足下を掬っておかねば、議長もプラントも危ない。宇宙への門を閉ざし、奴等を地球に閉じこめる。その為にもパナママスドライバーは潰しておかねば。
クルーゼ隊旗艦艦長:グングニールは?
クルーゼ:予定通りです。
クルーゼ隊旗艦艦長:問題はこちらだな。降下までに目標地点を制圧できるかね?
クルーゼ:アラスカの弔い合戦と皆息巻いております。するんですよ。
フレイ:ぁ…はぅ…
クルーゼ:間もなく、戦闘が始まるよ。見たいかね?
フレイ:ぅぅ…
クルーゼ:あちらこちら引っ張り回してすまんね。が、命令なので仕方がない。
フレイ:…なんで…なんで私を…
クルーゼ:ふ。君は既に死んだ身だよ。フレイ・アルスター。あの時私に撃たれていても、あのまま見逃していても、君は死んでいた。
フレイ:くぅぅ…
クルーゼ:ここで私を撃っても、その直後に君は死ぬ。兵に撃たれてね。気に入らぬと言っても後はその銃口を、自分に向けて引き金を引くくらいしか出来ることはないな。弾は入っているのだろ?
フレイ:ぅぅ…ぅ…
イザーク:ふん!
クルーゼ:戦場では命など安いものだ。一瞬で失われる。
連合軍戦闘ヘリパイロット:うわぁぁぁ母さん!!
クルーゼ:だが皆、母国の為、大儀の為戦うのだ。しかし君には似合わんな。そんなことは。
フレイ:ハァハァハァ…ぅっ!
クルーゼ:軍服は着ていても君は兵士ではない。違うかね?
フレイ:ぅ…
マリュー:なんですって!?パナマが!
キサカ:未明から攻撃を受けている。詳細は、まだ分からんが。
フラガ:マスドライバーか!?
キサカ:地球軍の主力隊も、今はパナマだ。ザフトも必死さ。君等には、複雑だな。
連合軍兵:こちら第3中隊。救援を!救援を!うわぁ!
連合軍砲手:うわぁぁ!
連合軍機銃兵:やってやる!やってやるさこの宇宙の化けものめ!
サイ:パナマが攻撃されてるって、ほんとですか?
ノイマン:ああ、らしいな。
ミリアリア:アラスカで…人が沢山死んだばかりなのに…。
パナマ司令部オペレータA:敵モビルスーツ部隊、第2防衛ラインへ到達!
オペレータB:第3中隊!第3中隊!どうした!?応答せよ!
司令官:くっそー!
オペレータC:第8防空隊は南側へ。
司令官:第13独立部隊を展開しろ!
副官:よろしいのですか?
司令官:何のために作ったモビルスーツ部隊だ!奴等に我々の底力を見せてくれるわ。
ザフト艦オペレータ:コースクリア、グングニール、射出開始。
クルーゼ隊オペレータ:グングニール、投下されました。
ジンパイロットA:ふん!叩き甲斐のない。あっ!
ジンパイロットB:あれはっ!
ジンパイロットC:ストライクとか言う地球軍のモビルスーツか?
イザーク:いや、違う!
ストライクダガーパイロットA:へ!もう好きにはさせないぜ!
ダガーパイロットB:調子に乗るなよ!コーディネイターが!
クルーゼ:ほぉ、地球軍のモビルスーツ部隊。
クルーゼ隊旗艦艦長:フォスター隊の前面に展開された。
クルーゼ:ふっ!却って有り難いですな。虎の子のモビルスーツ、共にグングニールの餌食にして差し上げよう。
EMP対策が施してあるといっても、程度は知れたものですから。
イザーク:舐めるなぁ!
ジンパイロットD:よし!キャニスター12番装着完了!たっぷり喰らえナチュラル共!
チィ!
うわぁ!
ダガーパイロットA:機体が!
ダガーパイロットB:動かない…!動きません!隊長!
将校:うわぁ!
司令官:どうした!
司令室一同:[ガヤガヤ]
クルーゼ:ふ。
司令室一同:うおぉぉ!
司令官:うわぁ!
司令室一同:うわぁぁ!
ジンパイロットE:はっはっはっは。いい様だな、ナチュラルの玩具共。
ジンパイロットF:アラスカでやられた、ハンナの仇だ!
ジンパイロットG:ナチュラルの捕虜なんか要るかよ!
地球軍投降兵達:[断末魔の叫び]
イザーク:動けない敵を討って何が面白い…
クルーゼ:さて、新たな舞台の幕開けとなるか。
フラガ:お前は一人でも戦う気か?
キラ:出来ることと、望むことをするだけです。このままじゃ嫌だし、僕自身、それで済むと思ってないから。
カガリ:キラ!エリカ・シモンズが来て欲しいってさ。なんか見せたいものがあるって。
エリカ・シモンズ:戻られたのなら、お返しした方がいいと思って。
キラ:あっ!
エリカ・シモンズ:回収の際に貴方のOSを載せてあるけど、その、今度は別のパイロットが乗るのかなぁと思ったもんだから。
フラガ:例のナチュラル用の?
エリカ・シモンズ:ええ。
カガリ:私が乗る!
キラ&マリュー:ぇ?
カガリ:あ、もちろんそっちがいいんならの話だけど。
フラガ:いいや、駄目だ。
マリュー:ぇ?
カガリ:なんで!
フラガ:…俺が乗る。
カガリ:えー!
マリュー:少佐!
フラガ:じゃぁないんじゃない?もう…。マリューさん?
マリュー:ぁぁ…
キラ:いきなり僕と模擬戦は、いくらなんでも早すぎると思いますけど…
フラガ:うるせー!生意気言うんじゃないよ!いくぞ!

 


次回予告
突き付けられた理不尽な要求。戦火に飲み込まれようとするオーブ。
強大な力に抗えぬ時、弱者はただ、従うしかないのか。
望む世界はどこに。苦渋の選択を迫られる時、その心が叫ぶ言葉は。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「決意の砲火」
新たな空へ、飛べ!ガンダム

 


 

 

 

 

【フィギュア検索ならここから】

 

 

ガンプラ検索ならここから】