アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ

機動戦士ガンダムSEED 第42話「ラクス出撃」

機動戦士ガンダムSEED 第42話「ラクス出撃」

機動戦士ガンダムSEED 第42話「ラクス出撃」

 

機動戦士ガンダムSEED 第42話「ラクス出撃」

 

アスラン:戻らなかったら、君がジャスティスを使ってくれ。
ディアッカ:…いやだね。あんなもんにはお前が乗れよ。
カガリ:ちょっと待てお前!アスラン!なにお前、どうして?
アスラン:…カガリ…。
カガリ:なんでプラントなんかに戻るんだよ!
アスラン:ごめん。
カガリ:ごめんじゃないだろ?だってお前、あれ、置いて戻ったりしたら…
アスランジャスティスはここにあった方がいい。どうにもならない時は、キラがちゃんとしてくれる。
カガリ:そういうことじゃない!
アスラン:でも…俺は、行かなくちゃ。
カガリアスラン
アスラン:このままには…できないんだ…俺は。
キラ:カガリ
カガリ:キラ…
キラ:解るだろ?
カガリ:ぁ…
アスラン:…
キラ:フリーダム、シャトル護衛のため、発進します。
マリュー:分かったわ。気を付けて。

エザリア・ジュールラクス・クラインは利用されているだけなのです!その平和を願う心を。そこのことも私達は知っています。だから私達は、彼女を救いたい。彼女までをも騙し、利用しよとするナチュラル共の手から。そん為にも、情報を、手掛かりを、どうか彼女を愛する人々よ。…
ザラ:ああそうだ。クルーゼが情報を持ち帰った。何故フリーダムがオーブに渡ったのかなど分からんよ。アスランが何か掴んだかもしれんが、あのバカめ、報告一つ寄こさん。
バルトフェルド:極秘で命じられた任務でありましょう?迂闊な通信も、情報漏洩の元ですからな。
ザラ:調子に乗ったナチュラル共が、次々と月に上がってきておる。こんどこそ叩き潰さねばならんのだ。徹底的にな。
バルトフェルド:解っております。存分に働かせてもらいますよ。俺の様な者に、再び生きる場を与えて下さった議長閣下の為にも。
イザーク:これが新型のゲイツか。
整備員:ぁ!ええ!MMIの最新鋭主力機です。今こいつがどんどんラインに乗ってますからねぇ。配備が進めば、ナチュラル共なんかあっという間に宇宙から居なくなるんでしょう?
イザーク:…
整備員:頼みますよ!…ぇ?
イザーク:…ふん!
クルーゼ:ほぉ。(Nジャマー・キャンセラー。これはまた…。)
ハロ:テヤンデイ!
ラクス:御苦労様です。どうですか?街は。
ダコスタ:上手くないですねぇ。エザリア・ジュールの演説で、市民はかなり困惑しています。
ハロ:テヤンデイ!
ラクス:…そうですか。
ダコスタ:シーゲル様のことも、まだ公表されてませんから。
クライン派一同:ぇ!?…
ラクス:でも…
ダコスタ:はい。予定より少し早いのですが、動かれた方がいいだろうと。
ラクス:分かりました。時なのでしょうね。私達も行かねばならない。
ハロ:ミトメタクナイ!
アスラン:キラ!
キラ:うん?
アスラン:そろそろヤキン・ドゥーエの防衛網に引っかかる。戻ってくれ。
キラ:分かった。じゃぁこの辺で待機する。
アスラン:え?…いや、戻ってくれ。
キラ:アスラン
アスラン:ん?
キラ:君はまだ死ねない。
アスラン:ぁ!
キラ:解ってるよね?
アスラン:キラ…
キラ:君も、僕も、まだ死ねないんだ。
アスラン:まだ…
キラ:うん。まだ。
アスラン:分かった。覚えておく。
キラ:忘れないで。
アスラン:こちら国防委員会直属、特務隊、アスラン・ザラ。認識番号285002。ヤキン・ドゥーエ防衛軍、応答願う。
ザラ:ナチュラル共め……なんだ!
オペレータ:特務隊、アスラン・ザラが、単身地球軍のものと思しきシャトルにて、ヤキン・ドゥーエへ帰投致しました。
ザラ:なに!?地球軍のシャトルだと!?
オペレータ:事態が事態ですので、身柄を拘束しておりますが…。
ザラ:すぐここへ寄こせ!
武装兵:失礼します!
パトリック・ザラアスラン
アスラン:父上。
パトリック:お前達はよい。
武装兵達:は!
パトリック:どういうことだ。何だがあった!ジャスティスは!フリーダムはどうした!?
アスラン:…父上は、この戦争のこと、本当はどうお考えなのですか?
パトリック:なんだと!
アスラン:俺達は一体いつまで、戦い続けなければならないんですか?
パトリック:何を言っておる!そんなことより命じられた任務をどうしたのだ!報告をしろ!
アスラン:…俺は、どうしてもちゃんと一度父上にそれをお聞きしたくて、戻りました。
パトリック:アスラン、貴様ぁ!
クライン派ハッカー:あ!ラクス様!
ラクス:ん?
まぁ、これはいけませんわね。どうにか出来まして?
ダコスタ:え?

パトリック:いい加減にしろ!何も分からぬ子供が何を知った風な口を訊くか!
アスラン:何もお解りでないのは父上なのではありませんか!アラスカ、パナマ、ビクトリア、討たれたら討ち返し、討ち返してはまた討たれ、今や戦火は広がるばかりです!
パトリック:一体何処でそんな馬鹿げた考えを吹き込まれてきた!あの女、ラクス・クラインにでもたぶらかされおったか!
アスラン:そうして力と力でただぶつかり合って、それで本当にこの戦争が終わると、父上は本気でお考えなのですか!?
パトリック:終わるさ!ナチュラル共が全て滅びれば戦争は終わる!
アスラン:!!
パトリック:言えアスランジャスティスとフリーダムをどうしたのだ!返答に依っては、お前とて許さんぞ!
アスラン:父上…本気で仰ってるんですか?ナチュラルを全て滅ぼすと!
パトリック:これはその為の戦争だ!
アスラン:ぅ…
パトリック:我等は、その為に戦っているんだぞ!それすら忘れたか!お前は!
アスラン:うぅ!
ぅ…ぅぅ…
あぁ!…父上…?
パトリック:この愚か者が。くだらぬことを言ってないで答えろ。ジャスティスとフリーダムは!
アスラン:…
パトリック:答えぬと言うなら、お前も反逆者として捕らえるぞ!?
アスラン:…
パトリック:アスラン
アスラン:く…
ウズミ(回想):そしてプラントも今や、コーディネイターこそが、新たな種とする、パトリック・ザラの手の内だ。このまま進めば、世界はやがて、認めぬ者同士が際限なく争うばかりのものとなろう。
アスラン:ぅ…ぅぅ…
パトリック:アスラン
アスラン:ぅぅ…うおぉぉぉ!!
パトリック:あぁ?
アスラン:てやぁぁ!!うっ!!
パトリック:殺すな!これにはまだ訊かねばならんことがある。
警備兵達:は!
パトリック:連れて行け!ジャスティス、フリーダムの所在を吐かせるのだ。多少手荒でも構わん!
アスラン:ぅぅ…
パトリック:見損なったぞ、アスラン
アスラン:…俺もです。
議長室の前の廊下の人達:[ヒソヒソ]
キラ(回想):君はまだ死ねない。解ってるよね?
官邸の出入口付近の人達:[ヒソヒソ]
ダコスタ:…
キサカ:M1を、調査偵察に出す。何もないとは思うが、一応警戒してくれ。
マリュー:了解しました。総員、第二戦闘配備。
武装兵A:乗れ!おい!
アスラン:くっ…
武装兵A:うわっ!
アスラン:てぃ!
ダコスタ:ああ!?
武装兵B:あ!止まれ!
ダコスタ:えい!
武装兵B:ぐわぁ!
アスラン:うは…はぁ…
ダコスタ:何だってんだよ!
公安員:待て!うお!
ダコスタ:えい!こっちへ!
アスラン:ハァハァハァ…
ダコスタ:背中をこっちに向けて下さい!手錠を撃ちます!
アスラン:ハァハァハァ…
ダコスタ:無茶な人ですねぇ、あんたも。死ぬ気ですか?こっちのメンバーも一人蹴倒しちゃって…。
アスラン:君等は?
ダコスタ:所謂クライン派って奴ですよ。もう段取りが滅茶苦茶だ。
アスラン:ぁぁすまない。知らなかったって…
ダコスタ:そりゃぁそうでしょうけどねぇ…
クライン派兵士A:どうした!?早く!
ダコスタ:行きますよ!?
アスラン:ぇぃ!
バルトフェルド:さてと、あー本艦はこれより、最終準備に入る。いいかぁ、本艦はこれより最終準備に入る。作業にかかれ!
ザフト兵A:あぁ!
ザフト兵B:ちょっと…
ザフト兵C:貴様等…
ザフト兵D:どういうことだ!
クライン派兵士B:ただ降りてくれればいいんだよ!
ハロ:アカンデー!
ラクス:シィー。駄目ですよ、ピンクちゃん。寝てなさい。
ハロ:ア…
パトリック:なんだと!?逃げられたで済むと思うか馬鹿者!すぐ全市に緊急手配しろ。港口封鎖、軍にも警報を出せ。あれを逃がしてはならん!アスランめ!
ダコスタ:ええい!急がないと!
ラクス:お待たせ致しました。
バルトフェルド:いえいえー。御無事で何より。では、行きましょか。
ラクス:はい!
ハロ:マイド!マイド!
エターナルオペレータA:出航プランCをロード!強行サブルーチン、1920、オンライン!
オペレータB:ロジックアレイ通過。セキュリティ解除確認。ヴォル*1システムズ、ゴー!
管制員:おい!何をしている!貴艦に発進命令など出てはいないぞ!
ハロ:テヤンデー!
管制員:どうしたのだ!バルトフェルド隊長!応答せよ!…ぅ…
オペレータA:メインゲートの管制システム、コード変更されました!
バルトフェルド:チィ!優秀だねぇ。そのままにしてくれりゃぁいいものを。ちょっと、荒っぽい出発になりますなぁ。覚悟して下さぁい。
ラクス:仕方がありませんわね。私達は行かねばならないのですから。
バルトフェルド:主砲!発射準備!照準メインゲート!発進と同時に斉射!
オペレータA:主砲発射準備、照準、メインゲート!
ラクス:エターナル、発進して下さい!
管制員:何をするエターナル!艦を停めろ!
オペレータC:本部へアラート発令!
バルトフェルド:てぇ!
ダコスタは?
ダコスタ:ええぇい!
隊長!
アスラン:あぁ!
バルトフェルド:ダコスタは後部ハッチへ!機体収容後推力最大!こいつは速い!振り切る!
クルーゼ:何だと!エターナルが!?アスランも!?…ふ…
ヴェサリウスオペレータ:追撃命令が出ていますが…
クルーゼ:このヴェサリウスでも今から追ってあの速度に追い付けるものか。ヤキンの防衛軍に任せるしかなかろう。
オペレータ:はぁ…
クルーゼ:(しかし傑作だな。ザラ議長殿。)
ジンパイロットA:ああ!
ジンパイロットB:は、速い!
アスラン:ぁ…
ラクス:アスラン。大丈夫ですか?
アスランラクス!ぁ…ぁぁ…
バルトフェルド:よぉ!初めまして。ようこそ歌姫の船へ。アンドリュー・バルトフェルドだ。
アスラン:…ぁぁ…
ラクス:うふ。
キラ:ぁ!
ダコスタ:前方にモビルスーツ部隊!数50!
バルトフェルド:ヤキンの部隊か。ま、出てくるだろうな。主砲発射準備!CU作動!
アスラン:この艦にモビルスーツは?
バルトフェルド:あいにく出払っててねぇ。こいつは、ジャスティスとフリーダム専用運用艦なんだ。
アスラン:ぁぁ…
ラクス:全チャンネルで通信回線を開いて下さい。
アスラン:ラスク?
バルトフェルド:了解。
ラクス:私はラクス・クラインです。願う未来の違いから、私達はザラ議長と敵対する者となってしまいましたが、私はあなた方との戦闘を望みません。
ジンパイロットC:ん?
ラクス:どうか船を行かせて下さい。そして皆さんももう一度、私達が本当に戦わなければならぬのは何なのか、考えてみて下さい。
ジンパイロットD:隊長!
ジンパイロットE:ええい!惑わされるな。我々は攻撃命令を受けているのだぞ!
バルトフェルド:難しいよなぁ、いきなりそう言われたって。んー…迎撃開始!
ラクス:コックピットは避けて下さいね。
バルトフェルド:それも難しいことでねぇ、主砲、てぇ!
ダコスタ:ブルーアルファ5、及びチャーリー7より、ジン6!
バルトフェルド:来るぞ!対空!
ダコスタ:ブルーデルタ12に、尚もジン4!ミサイル、来ます!迎撃、追いつきません!ミサイル、当たります!
バルトフェルド:ええい!
アスラン:うっぅ…
ラクス:ぁ…
アスラン:キラ!?
ラクス:あ!
アスラン:くっ!
ラクス:ありだとう。
アスラン:…
ジンパイロットF:うおぉ!
ジンパイロットG:あぁ…
キラ:こちらフリーダム。キラ・ヤマト
ラクス:キラ!
キラ:ラクス…
ラクス:はい!
アスラン:キラ…
バルトフェルド:よおー少年。助かったぞ。
キラ:ぁ!…バルトフェルド…さん?
バルトフェルド:初めまして、と言うのは変かな。アンドリュー・バルトフェルドだ。
マリューマリュー・ラミアスです。しかし驚きましたわ。
バルトフェルド:お互い様さ。な、少年?
キラ:貴方には、僕を撃つ理由がある。
バルトフェルド:戦争の中だ。誰にでもそんなもんあるし、誰にだってない。
キラ:…ありがとう。
カガリ:いつも傷だらけだな。
アスラン:…石が護ってくれたよ。
カガリ:そっか…良かったな。しかし、あんなもんで飛び出してくるとはね。すごいな、あの子。
アスラン:ぇ…
ああ…。
カガリ:いいのか?お前の婚約者だろ?
アスラン:ぅ…元ね。
カガリ:ぇ?
アスラン:俺はバカだから…。
カガリ:…ま、今気付いただけ、いいじゃないか。
アスラン:ぇ?
カガリ:でも、キラもバカだと思うぞ。うん。やっぱコーディネイターでもバカはバカだ。しょうがないよ、それは。
アスラン:そうか。そうだな。
ラクス:ぅ……父が…死にました…。
キラ:ラクス…
ラクス:ぅ…ぅぅ…うぅ…

 


次回予告
出撃を命じられるナタルドミニオンの新たなるクルー。
ようやく輝きだした小さな灯は、異端か、裏切りか。
互いを知っても尚、討ち合わねばならぬその業は、
異なる想いの下、放たれる砲火は再び宇宙を染める。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「立ちはだかるもの」
揺らぐ闇、打ち払え!ガンダム

 

*1:?