アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED 第44話「螺旋の邂逅」

機動戦士ガンダムSEED 第44話「螺旋の邂逅」

機動戦士ガンダムSEED 第44話「螺旋の邂逅」

 

機動戦士ガンダムSEED 第44話「螺旋の邂逅」

 

ナタル:こちらは地球連合軍、宇宙戦闘艦ドミニオンアークエンジェル聞こえるか?
サイ&マリュー&ミリアリア:あ!?
キラ:あ!
マリューナタル
ミリアリア:あ!艦長、敵艦の光学映像です。
マリューアークエンジェル!?
ノイマン同型艦か…。
ナタル:お久しぶりです、ラミアス艦長。
マリュー:ええ。
ナタル:このような形でお会いすることになって、残念です。
マリュー:…そうね。
クルーゼ:ヘルダーリンホイジンガーはここを動くなよ。コロニーメンデル。上手く立ち回ればいろいろなことに片が付く。いいな!
アデス:は!
フラガ:この感じ!?まさか!?
ディアッカ:な…おい!おっさん!
フラガ:おっさんじゃない!ザフトが居る!
ディアッカ:ぅ…ぇぃ!
キラ:ぇぇぃ!
アスラン:キラ!
ナタル:スレッジハマー照準、敵モビルスーツ
アズラエル:ふふふ。
ナタル:てぇ!
キラ:くっ!

キラ種割れ
クロト:そらあ゛ぁ!!滅殺!!
キラ:う!
オルガ:ボディが残ってりゃいいんだろ!?
キラ:ぇぇぃ!う!?
クロト:くあぁぁ!!
キラ:くっそーー!!
アスラン:キラ!くっそー!
シャニ:ふっ!
うぅぅ…
オルガ:どけ!クロト!
クロト:チィ。ぶっ壊すと怒られるぞ!
キラ:うぅ…
オルガ:これでぇ!!
アスラン種割れ
オルガ&キラ:あぁ!?
アスラン:うおぉぉ!!
キラ:あぁ…
マリュー:あ…
カガリ:あっ…
オルガ:くっ…
キラ:アスラン
アスラン:大丈夫だ。
アズラエル:ああ惜しい!何やっているんです?ほら、ドンドン討って下さいよ。
ナタル:この状況では友軍機に当たります。
アズラエル:当たったって大丈夫ですよ。トランスフェイズ装甲なんだから。
ナタル:はぁ…
ドミニオンオペレータ:アークエンジェル接近!
マリュー:ゴットフリート照準、てぇ!
ナタル:回避!
マリュー:チッ!
ナタル:ぅぅ…
バルトフェルド:ん?おい!なんだ!?
ディアッカザフトが居るって言うんだ。…えー…あいつが!
ラクス&バルトフェルド:ぁ…!
ディアッカ:ともかく確認してくる。マジだったらヤバい!…
バルトフェルド:反対側の港口か。チッ!
ラクス:エターナルは兎に角発進を急いで下さい。騒いでいたって動けないのでは、お任せするしかありませんわ。
バルトフェルド:ごもっとも。ダコスタ!
イザーク:ぅぅ…
クルーゼ:ふふ。
フラガ:う!
クルーゼ&フラガ:来るぞ!
イザーク&ディアッカ:は!
イザーク:ストライク!…バスター!?
ディアッカ:デュエル?
クルーゼ:ほぉ、今度は貴様がそれのパイロットか。ムウ・ラ・フラガ
フラガ:新型か!くっ!この装備じゃぁ!
イザーク:くっ!
オルガ:このぉ!!
キラ&アスラン:うっ!
クロト:これで!
クロト&オルガ:はっ!
シャニ:お前!お前!お前ぇ!!
オルガ:シャニ!
クロト:何やってんだバーカ!
シャニ:あいつが!
アスラン:う…滅茶苦茶だなおい。
キラ:くっ!
アサギ:すみません!手間取って。
キサカ:いや、こちらこそすまん。
カガリ:推力最大!ドミニオンを追う!もう引っかけんなよ!
マリュー:ヘルダート、てぇ!
ナタル:バリアント、てぇ!
マリュー:回避!
マユラ:このぉ!
ジュリ:アサギ!
アサギ:はあぁぁ!
イザーク:貴様っ!よくもディアッカの機体でっ!
ディアッカイザーク
クルーゼ:ここでこうして貴様と戦えるとはな!
フラガ:くぅ…ラウ・ル・クルーゼ
クルーゼ:私も嬉しいよ、ムウ。
フラガ:くぅ!
ドミニオンブリッジ一同:うわぁ!
オペレータ:距離20、オレンジ15マーク1アルファに、オーブイズモ級接近してきます!
アズラエル:あらら?自由になっちゃったか。
カガリ:ゴットフリート、1番2番、てぇ!
ナタル:一時撤退する!信号弾!
アズラエル:ええ!?
ナタル:状況は既にこちらに不利です。
アズラエル:ここまで追い詰めたのに?
ナタル:3機のパワーもそろそろ危険です。撤収せねば、敗退しますよ?
クロト:ハァハァハァ…
アズラエル:そう言うからには、今退けば次は勝てるんでしょうね?
ナタル:ここで戦死されたいので?
マリュー:バリアント、てぇ!
ドミニオンブリッジ一同:うわぁ!
アズラエル:ええい!
ナタル:信号弾、撃て!面舵10、戦闘宙域を離脱する!
オルガ:チィ!
マリュー:あ!
キサカ:ん?
カガリ:あ!
オルガ:タイムアップかよ!
クロト:みたいだね、ふん!
シャニ:この!この!このぉ!!
アスラン:う!
オルガ:シャニ!
クロト:撤退命令だバーカ!
シャニ:でも!だってあいつ…!
オルガ:今は退くんだよ!また苦しい思いをしたいのか!?
シャニ:う…!
マリュー:流石に引き際も見事ね。
キラ:(ナタルさん…)
アスラン:キラ!
キラ:あ?
アスラン、大丈夫?
アスラン:ああ。しかし、あのパイロット達…。
キラ:うん。オーブの時も感じたけど…。
アスラン:ちょっと正規軍とは思えないな。
キラ:それに…ナチュラルでもないみたいだ。

カガリ:はぁ…
ジュリ&アサギ&マユラ:ハァハァハァハァ…
バルトフェルド:おい!フラガとエルスマンから連絡は?
マリュー:ぇ!?
フラガ:くっそー!
クルーゼ:ふん!なかなかやるじゃないか!
フラガ:貴様!今日こそ!
ミリアリアディアッカディアッカ!少佐!…駄目です。コロニー内部に通信が届きません!
マリュー:ぅぅ…
イザーク:このナチュラルがぁ!
ディアッカ:うっ!
イザーク:貴様なんぞに!
ディアッカ:うぅぅ…
イザーク
イザーク:は!?
ディアッカ…!?
キラ:僕が行きます。みんなは今のうちに、補給と整備を。
マリュー:キラ君!
アスランジャスティスも問題ない。オレも行く。
キラ:いや、ドミニオンも、まだ完全に引き揚げた訳じゃないから。アスランはこっち残って。
アスラン:キラ!?
キラ:大丈夫だよ。無茶はしないから。
ラクス:各艦は、補給、整備を急いで下さい。向こうの港にザフトが居るとなれば、事態は再び切迫します。私達は、今ここで討たれるわけにはいかないのです。
イザークディアッカ…本当に貴様なのか…?
ディアッカ:ああ…そうさ。
イザーク:…それが何故、ストライクと共に居る!?どういうことだ!貴様!生きていてくれたのは嬉しい。…が、事と次第によっては貴様でも許さんぞ!
ディアッカイザーク
キラ:ディアッカ
ディアッカ:キラ!
イザーク:あれは!?
キラ(回想):早く脱出しろ!もう止めるんだ!
イザーク:くぅぅ…
ディアッカ:止めろ!イザーク!キラも!
キラ:うっ!
ディアッカ:こいつは俺に任せてくれ。
キラ:いいんですか?
ディアッカ:ああ。
キラ:分かりました。でも、僕とアスランみたいなことには、ならないで下さいね。
イザーク:は!?アスラン!?
ディアッカ:う!
イザーク:…
ディアッカ:銃を向けずに話をしよう。イザーク
イザーク:くっくぅぅ…
ディアッカ:…
フラガ:くぅぅ!
クルーゼ:貴様に討たれるならそれもまたとも思ったがね、ここで!
フラガ:う!
クルーゼ:だがどうやら、その器ではないようだ。(所詮子は親には勝てぬということかね。)
フラガ:なに?
うわっ!がっ!
クルーゼ:やはり運命は私の味方だ。なに!?
キラ:ムウさん!
クルーゼ:フリーダム!
チィ!
フラガ:ぅ…
キラ:ムウさん!
クルーゼ:今日こそ付けるかね?決着を!
フラガ:くっ…あの野郎何を…
クルーゼ:ならば来たまえ!引導を渡してやるよ。この私がな!
フラガ:くっそー!
キラ:ムウさん!
ディアッカイザーク
イザーク:くっ!
ディアッカ:あっ!
イザーク:敵のそんな言葉を信じるほど、俺は甘くない!
ディアッカ:…俺はお前の敵か?
イザーク:…
キラ:ぅ!?
クルーゼ:ここがなんだか知っているかね?ムウ。
フラガ:知るか!この野郎!
クルーゼ:罪だな、君が知らないというのは。
フラガ:うっ…ぅぅ…
キラ:ぅぅ…ムウさん!
フラガ:キラ!
クルーゼ:(キラ?ヤマト、生きていたのか…)
整備員A:そこはCLTペーストで塞いどけ!
整備員B:ええ!?もう一発喰らったらお終いですよ?
整備員A:だったらお札でも貼って、当たらないようにするんだよ!
アスラン:つまりB5線にブリッジブレーカーを並列増設させて、バンク25のダイオードアレイと結線するんです。
クサナギオペレータA:第2班、予備マニピュレーターの応力歪み測定を急がせろ。
オペレータB:アサギ機戻ります。
アサギ:ナスカ級が3隻、反対側の港口、デブリの影です!
キサカ:んん?
カガリ:ぅ!
バルトフェルド:チィ!ナスカ級3隻とは、また豪勢だ。
キサカ:ドミニオンは?
クサナギオペレータ:依然動きはありません。
バルトフェルド:フラガ達が何か情報を持ち帰れるか…くそ!誰の隊だ!
マリュー:クルーゼ隊です。
キサカ&カガリ:ん?
マリュー:だからムウには解ったんだわ。彼には解るのよ。何故だかは、自分でも解らないということだけど。ラウ・ル・クルーゼの存在が。
クルーゼ:君まで来てくれるとは嬉しい限りだ、キラ・ヤマト君。
フラガ:チィ…
クルーゼ:そうか…君がフリーダムのパイロットか。
キラ:ムウさん!
フラガ:キラ!
キラ:ハァハァハァ…
フラガ:何で来たんだ!
キラ:あのまま外で待つなんて出来ませんよ。マリューさんに、なんて報告すればいいんです?
フラガ:くっ…生意気…
キラ:あ!ムウさんその傷…
フラガ:あぁ大したことはない。それよりお前、撃つ気あるならセーフティー外しとけ。
キラ:あぁ…。
クルーゼ:さぁ遠慮せず来たまえ。始まりの場所へ!キラ君、君にとってもここは生まれ故郷だろ?
キラ:えぇ!?
フラガ:引っかかるんじゃない!奴の言うことなんか、一々気にすんな!
イザーク:敵となったのは貴様の方だろうが。
ディアッカ:俺はお前の敵になった覚えはねぇよ。
イザーク:ふざけるな!貴様も裏切り者だ!
ディアッカ:プラントを裏切ったつもりもない!
イザーク:なんだと!
ディアッカ:けど、だたナチュラルを…
黙って軍の命令に従って、ただナチュラルを全滅させる為に戦う気も、もうないってだけだ。
イザーク:…
フラガ:何だここは?
キラ:ぅ…ぅ…うわ!
フラガ:くっ!
クルーゼ:懐かしいかね?キラ君。
キラ:え?
クルーゼ:君はここを知っているはずだ。
フラガ:ぇぇぃ!
キラ:知っている?僕が…
オルガ&シャニ&クロト:[悶絶]
ナタル:どうしても、お聞き入れいただけませんか?
アズラエル:ん?
ナタル:ここは援軍を要請して待つなり、一旦引き揚げ、陣容を立て直すなりして出直すところです。それを…
アズラエル:はぁ…。しつこいね君も。そんなことをしていたらザフトにしてやられちゃうじゃないか。
ナタル:ぁ…
アズラエル:奴等ももうじき、動けるようになるからさ。
フラガ:ぐわ!
キラ:ムウさん!
大丈夫ですか!?
フラガ:うっ…!
クルーゼ:殺しはしないさ。せっかくここまでお出で願ったのだから。
キラ:ぇぇぃ!
クルーゼ:全てを知ってもらうまではね。
キラ:ん?
フラガ:ぅ…
親父!?
キラ:え!?
アスラン:ぇぇぃ!
フレイ:(アークエンジェル…)
クルーゼ(回想):ここにあったのではまだ扉は開かんな。
クルーゼ:君も知りたいだろう?人の飽くなき欲望の果て、進歩の名の下に狂気の夢を追った、愚か者達の話を。君もまた、その息子なのだからな。
キラ:ん?

 


次回予告
ラウ・ル・クルーゼの口から語られる過去。それは、歴史の影、人の闇。
幸福と栄光を求めて進むその裏に、常に否応なく存在するもう一つの道。
留まることの出来ぬのが、時の車というのなら、今再び、ここから始まる未来とは。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「開く扉」
光の道、駈け抜けろ!ガンダム