アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED 第47話「悪夢は再び」

機動戦士ガンダムSEED 第47話「悪夢は再び」

機動戦士ガンダムSEED 第47話「悪夢は再び」

 

機動戦士ガンダムSEED 第47話「悪夢は再び」

 

各国代表A:Nジャマー・キャンセラーのデータを手に入れたというのは、確かにお手柄だよアズラエル。しかし…
アズラエル:ん?
各国代表B:ん、核で総攻撃というのは…
各国代表C:それよりも深刻となっている地上のエネルギー問題の解決を優勢させた方が…
各国代表達:ん?
アズラエル:何を仰ってるんですか皆さん、この期に及んで。撃たなきゃ勝てないでしょうがこの戦争。敵はコーディネーターなんですよ?徹底的にやらなきゃ。大体、核なんてもう前にも撃ったんだ。それを何で今更躊躇うんです?
各国代表D:いやぁ…あれは君達が…
アズラエル:核は持ってりゃ嬉しいただのコレクションじゃあない。強力な兵器なんですよ?兵器は使わなきゃ。高い金かけて作ったのは使うためでしょ?さあ、さっさと撃って、さっさと終わらせて下さい。こんな戦争は。
連合軍司令官:明一二00を期して、第六ならびに第七機動艦隊は、月周回軌道を離脱。プラント防衛要塞ボアズ、及びプラント本国への直接攻撃を開始する。

ザフト軍オペレータ:作戦コード、レッジオックワン*1。展開フォーメーションはシシリアン3。以後、指示はゴーメンガスト暗号によって伝達される。全機、ナチュラル共の細胞を真空にぶちまけてやれ。
イザーク:ボアズへの侵攻が始まっただと!?
ジュール隊各員:[ガヤガヤ]
ジュール隊A:ジュール隊長!
ジュール隊B:くっそー!ナチュラル共め!
ジュール隊C:状況は?敵の規模はどれくらいなんです?
ジュール隊A:我々への出撃命令は?
エザリア・ジュール:ザラ議長閣下!
パトリック・ザラ:狼狽えるな!月艦隊のボアズ侵攻など想定外のことではなかろう!全軍への招集は?
女性仕官:完了しております。
パトリック・ザラ:報道管制!
女性仕官:は!既に。
パトリック・ザラ:詳細を報告しろ。
女性仕官:は!
ジンパイロットA:く!こんなちゃちな人形で!
Sダガーパイロット:うわぁ!
ゲイツパイロットA:ボアズ守備軍を舐めるなよ!
地球軍戦艦艦長:回避ー!
ボアズ管制官A:敵艦、左翼に展開。
ボアズ管制官B:ムーア隊、チェリーニ大尉より支援要請。
ボアズ司令官:砲火を左翼に展開させい!支援にはネール隊を!中央はどうなっているか!
ボアズ管制官C:アイザー隊が防衛しております。
ボアズ管制官D:ネール隊、発進は五番ゲート。
ボアズ司令官:ふ、このボアズ、抜けるものなら抜いてみろ!思い上がったナチュラル共め!
クルーゼ:しかし…
パトリック・ザラ:なんだクルーゼ。
クルーゼ:ボアズ突破が容易でないことくらい、地球軍とて承知のはず。何の勝算もなしに侵攻を開始したりはしますまい。今踏み切った、そのわけが気になります。
ドミニオンオペレータA:X-131、APU分離確認。進路クリアー。
ドミニオンオペレータB:カラミティ発進よろし。
続いてX-252
オルガ:うっ!
ボアズ管制官E:インディゴ13、マーク66、ブラボーに新たな機影。
ボアズ管制官F:モビルスーツです。数3、クルーゼ隊より報告があった例の三機です。
ボアズ管制官G:その後方、アークエンジェル級1、アガメムノン級4、距離500。
ジンパイロットB:?
ジンパイロットC:なんだ?新手か?
クロト:ふっふふふー。いっぱいいるねぇ。行くぜー!!
オルガ:はは~ん。目移りしちまうぜ。そらぁ!
シャニ:誰だよ、俺を討とうなんて奴はっ!
ゲイツパイロットB:うわぁぁ!
エザリア・ジュール:そんなもの!大方例のモビルスーツ部隊と新型あたりであろう?
ふ。それで落とせるとでも踏んだのであろうよ。
クルーゼ:なら、良いのですが。
アズラエル:んー、いいねぇ。初陣からケチの付きっぱなしだったけど、なんか強いじゃないの、彼奴らもさ。
フレイ:ワシントンより入電です。
ナタル:…
サザーランド:道は開いたようですな。ピースメーカー隊発進します。
アズラエル:了解。
パトリック・ザラ:何が言いたいのだクルーゼ。
クルーゼ:申し上げにくくはありますが、我々には例の幾つかの不安要素がありますので。フリーダム、ジャスティス、ラクス・クラインという。
パトリック・ザラ:なに?
ピースメーカー隊隊長:ピースメーカー隊、目標まであと400。
アズラエル:ふっふっふ。
ゲイツパイロットC:あれは!?
クロト:駄目だよ!君達は僕の相手をしてくれなきゃ。
パトリック・ザラ:まさか…奴等の手に再び核が戻ったとそう言いたいのか貴様は!
クルーゼ:いいえ、よもやとは思いますが。
ピースメーカー隊員A:安全装置解除、信管、起動を確認。
ピースメーカー隊員B:おおし!くたばれ!宇宙の化け物!
ピースメーカー隊員C:青き清浄なる世界の為に!
アスラン:月艦隊がボアズに侵攻?
カガリ:ああ、彼らの話だとそろそろか、もしかしたら既にってことだ。
アスラン:…
キラ:ラクスは?
カガリ:今アークエンジェルと話してる。
ゲイツパイロットD:ぁ…!
ナタル:ぅ…!
アズラエル:あっは。
フレイ:ぁぁ…ぅ…
クロト:うひょー。
オルガ:すげー。
シャニ:眩しい。
ボアズ管制官:こ…この熱量は…核…
ボアズ司令官:ん?
パトリック・ザラ:…
エザリア・ジュール:…
クルーゼ:ふ。
フレイ:ぁ…
アズラエル:流石に早い早い。あっと言う間だね。核を撃たれちゃ、ザフト自慢の要塞もさ。
ナタルアズラエル理事は…
アズラエル:ん?
ナタル:いくら敵軍に対してでも、核を撃つことをなんとも思われないのですか?
アズラエル:そりゃ軍人さんの口から出るとは思えないセリフだね。勝ち目のない戦いに、死んでこいって自分の部下を送る人達より、僕の方がよっぽど優しいと思うけど?
さ、次はいよいよ本国だ。これでやっと終わるよ、この戦争もさ。
パトリック・ザラ:おのれナチュラル共!
エザリア・ジュール:議長閣下!
パトリック・ザラ:直ちに防衛戦を張れ!クルーゼ!
クルーゼ:は!
パトリック・ザラヤキン・ドゥーエへ上がる。
エザリア・ジュール:…!
パトリック・ザラジェネシスを使うぞ!
クルーゼ:は!

エターナルオペレータ:全艦発進準備。各艦員は至急持ち場に就け。全艦発進準備。各艦員は至急持ち場に就け。
キラ:ラクス!動くのか?
アスラン:月艦隊のボアズへの侵攻というのは…
ラクス:いいえ…事態はもっと早く、そして最悪な方向へ進んでしまいました。
キラ:!?
バルトフェルド:こっちのルートからさっき入った情報だと、ボアズはもう落ちた。地球軍の核攻撃でな。
キラ&アスラン:!!
マリュー:でも、核だなんて…
フラガ:あんま驚きはしないがね。ジョシュアの後だし。
けど、あの野郎…
クルーゼ(回想):間もなく最後の扉が開く!私が開く!そしてこの世界は終わる。この果てしなき欲望の世界は。
フレイ(回想):鍵を持ってるわ、私。戦争を終わらせるための鍵!
ナタル(回想):アズラエル理事!
フラガ:こういうことかよ!
バルトフェルド:兎も角、これでもうプラントも黙っちゃいまい。
ラクス:ええ。
バルトフェルドNジャマー・キャンセラーはプラントも持ってるってことだからな。
キラ:プラントも核、撃ってくると思う?
アスラン:父が正気なら、まさかと思うが…今は…判らない。
キラ:…なんでそんなもんがあるんだろうね。
アスラン:…
キラ:核兵器なんてさ。モビルスーツも銃も、同じだけど。
アズラエル:補給作業はまだ終わらないんですか?
ドミニオンオペレータ:は!…今しばらく…
アズラエル:あっそ。ま、のんびり行きますかね。
マリュー(回想):アラスカのことだけではないの。私達は地球軍そのものに対して疑念があるのよ。
アズラエル(回想):あなたは確かにこの艦を指揮する艦長さんなのかも知れない。けどね、その上にはもっとこの戦争全体を見ながら考えたり指揮したりする人間がいるんですよ。
ナタル:はぁ…ん?どうした?大丈夫か?
やはり残っていたほうが良かったのではないか?月基地に。
前線に出たからといって、アークエンジェルに出会えるとは限らないぞ。
フレイ:でも私…どうしても会いたいんです。キラ…生きてた…だから、会って今度こそちゃんと話…私…みんなとも…
ナタル:ならブリッジを出るか?居住区にいればそれほど怖くはあるまい。怖いんだろ?
フレイ:こ、怖いけど!私知らなかったから…みんな…ずっと見てたのに…私…うぅぅ…
ナタル:見ずに済めばそれに越したことはない。
フレイ:うっぅぅ…
ナタル:この先戦闘はますます激化する。さっきのような光景も…
フレイ:あの人…これで戦争は終わるって言ったのに!
ナタル:確かに終わるさ。敵である者を全て滅ぼせばな。
フレイ:う…ぅぅ…
ナタル:確かに…終わるのだ。
ワシントンオペレータ:閣下、全ての作業終了致しました。
ワシントン艦長:ん、全艦出撃!
エザリア・ジュールナチュラル共の野蛮な核など、もうただの一発とて我等の頭上に落とさせてはならない!
イザーク:(母上…)
エザリア・ジュール血のバレンタインの折、核で報復しなかった我々の思いを、ナチュラル共は再び裏切ったのだ!
イザーク:ジュール隊出るぞ!
エザリア・ジュール:もはや、奴等を許すことは出来ない!
ワシントンオペレータ:グリーン28、マーク13アルファ、距離350に敵主力部隊発見。
エザリア・ジュールザフトの勇敢なる兵士達よ!
ワシントンオペレータ:敵艦隊、主砲射程に入ります。
ワシントン艦長:全艦、攻撃開始!
エザリア・ジュール:今こそその力を示せ!奴等に思い知らせてやるのだ!この世界の、新たな担い手が誰かということを!
ラクス:核を、例え一つでもプラントに落としてはなりません。討たれる謂われ無き人々の上に、その光の刃が突き刺されば、それはまた果てない涙と憎しみを呼ぶでしょう。
シャニ:なんか、前よりいっぱい居そうだね。
オルガ:雑魚ばっかってのもおもしろくねぇけどな。
クロト:どうでもいいよ。出ろって言われりゃ出て討つだけさ。
ワシントンオペレータ:ピースメーカー各隊、発進を開始する。
ラクス:私たちは、間に合わなかったのかもしれません。
キラ:キラ・ヤマト、フリーダム、行きます!
アスランアスラン・ザラジャスティス、出る!
フラガ:ムウ・ラ・フラガ、ストライク、出るぞ!
ディアッカディアッカ・エルスマン、バスター発進する!
バルトフェルドミーティア、リフトオフ!
ラクス:平和を叫びながら、その手に銃を取る。それもまた悪しき選択なのかも知れません。でもどうか今、この果てない争いの連鎖を、断ち切る力を!
挿入歌(Meteor-ミーティア-)
クロト:はああああ!抹殺!
オルガ:オラオラオラ!
シャニ:てぇぇい!
イザーク:彼奴ら!くっそー!
クロト:あん?
イザーク:く…
くっそーあれは!?
核か!?
あのミサイルを落とせ!プラントをやらせるな!!
オルガ:おっと。
シャニ:駄目だよ、あれは。綺麗なんだぜ?
イザーク:くっ!
アズラエル:ぁ…!
ナタル:ぁ…!
フレイ:ぁぁ…
オルガ&クロト&シャニ:ぁ?
オルガ:あいつぅぅ!!
イザークアスラン!?それに!
ラクス:地球軍は直ちに攻撃を中止して下さい。
ジンパイロットD:この声!?
ジンパイロットE:ラクス様!?
ラクス:あなた方は何を討とうとしているのか本当にお解りですか?
エザリア・ジュール:ぅ…どういうつもりだ、ラクス・クライン
ラクス:もう一度言います。地球軍は直ちに攻撃を中止して下さい。
アズラエル:何ですか?この声?
ナタルアークエンジェル
フレイ:…
アズラエル:ま、何であれ邪魔をするのは敵です。あれも厄介なモビルスーツだし、丁度いい。一緒に消えて貰いましょう。プラントと共にね。
フラガ&ディアッカ&イザーク:うっ!
パトリック・ザラ:あ?ラクス・クライン等が?ふん!小賢しいことを。構わぬ、放っておけ!こちらの準備も完了した。
ヤキン・ドゥーエオペレータA:ジェネシスは最終段階に入る。全艦、射線上から退避!
パトリック・ザラ:部隊を下がらせろエザリア!我等の真の力、今こそ見せてくれるわ!
イザーク:全軍射線上より退避?ジェネシス!?
ヤキン・ドゥーエオペレータB:ジェネシス、照準用ミラー展開。
ヤキン・ドゥーエオペレータC:起動電圧確保。ミラージュコロイド解除。
ワシントンオペレータA:ザフト軍、撤退していきます。
ワシントンオペレータB:ヤキン・ドゥーエ後方に巨大な物体。
ワシントン艦長:なに?
ヤキン・ドゥーエオペレータD:フェイズシフト展開。
マリュー:何?あれは?
ラクス:ぁぁ…
イザーク:下がれ!ジャスティス!フリーダム!
ジェネシスが撃たれる!
ヤキン・ドゥーエオペレータD:Nジャマー・キャンセラー起動。ニュークリアカートリッジを撃発位置に設定。全システム接続オールグリーン。
パトリック・ザラ:思い知るがいいナチュラル共。この一撃が我等コーディネーターの創世の光と成らんことを!発射!

 


次回予告
憎悪の渦が全てを飲み込む時、悪夢の縁で抗う声が叫ぶものは。
次回、機動戦士ガンダムSEED、「怒りの日」
怨嗟の鎖、断ち切れ!ガンダム

 

*1:?