アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第11話「ミンスリーの再会」

機動戦士ガンダムAGE 第11話「ミンスリーの再会」

機動戦士ガンダムAGE 第11話「ミンスリーの再会」

 

機動戦士ガンダムAGE 第11話「ミンスリーの再会」

 

フリット・アスノ:また戦いで人が死んだ
戦いはだんだんと大きくなっていく
戦うって決めたけど、母さん、本当にこれでよかったの…?
ガンダムの使い方、間違ってないよね…
フリット・アスノ:ふぅ…ユリン…
フリット・アスノ:……

ハロ:えみりー!えみりー!
エミリー・アモンド:フリット、それ…?
フリット・アスノ:あっ、これ、何でもない
エミリー・アモンド:……
ナレーション:スペースコロニーへの移民が始まって数百年がすぎた宇宙時代…
地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり、平和な時代が到来するかに思われた
しかし、その平和は、はかなくも崩れ去った…
突如出現した正体不明の敵によって、1つのコロニーが崩壊したのだ
これが、100年の長きにわたる新たなる戦いの幕開けとなる
ラーガン・ドレイス:爺さん、ミンスリーってのはどんなところか知ってるか?
バルガス・ダイソン:昔の地球の自然を再現したもっとも美しいコロニーだといわれておる
ワシもこの目で見たことはないがの
ラーガン・ドレイス:旧国家戦争が終わったあと、連邦への参加を拒否した中立主義のコロニーだったよな
バルガス・ダイソン:そんなところじゃ
ラーガン・ドレイス:しかし、追われる身でありながら、ミンスリーに戦力を集めて要塞攻略の準備とは、グルーデック艦長も大胆だよな
ラーガン・ドレイス:お?
ミレース・アロイ:ウルフ中尉は?
バルガス・ダイソン:お?さっきまでその辺りにいたんじゃがの
ミレース・アロイ:…そう
ラーガン・ドレイス:……
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):んっ…!
…ふぅ
おっ!
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):ミーちゃん
ミレース・アロイ:やめてください!
中尉はモビルスーツのチェックとか、調整とかやらなくていいんですか?
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):ヘッ、何せ俺は、メカニックの連中を信じているからなぁ
それよりも珍しいじゃないか?あんたがこんな所に
ミレース・アロイ:あなたの意見を聞きたいの…
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):俺の意見?
ミレース・アロイ:この戦いのことだけど、わたし…心のどこかで迷ってる
本当にこれでよかったのか
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):へぇ、あんたがね
ミレース・アロイ:何よ、何か言うことないの?
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):そう言われてもなぁ
ミレース・アロイ:ふぅ、あなたに聞いても仕方なかったわ
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):迷わないヤツなんているのか?
ミレース・アロイ:!
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):死ぬかもしれない戦いを前にして
ミレース・アロイ:えっ?
ウルフ・エニアクル(タンクトップ):迷う方が人間らしい…そうじゃねぇか?
ミレース・アロイ(照れ):!
そうね
ミレース・アロイ:……
ラーガン・ドレイス:あの2人……
アダムス・ティネル:ミンスリーへの入港準備に入ります
ミレース・アロイ:ここが集結地点
グルーデック・エイノア:ボヤージの旧友か…
グルーデック・エイノア:ここからはこのボートで、自然保護区内にあるバーミングスの屋敷に向かう
グルーデック・エイノア:そこで作戦会議を行う
フリット・アスノ:……
ウルフ・エニアクル:フゥ…!気持ちいいねぇ
ミレース・アロイ:こんな自然を見るの初めて
ラクト・エルファメリ:穏やかだ…
フリット・アスノ:これが、ミンスリー
グルーデック・エイノア:中立コロニーといってもどこに連邦や敵の目があるかわからん
警戒を怠るな
ラーガン・ドレイス:昔の地球には、こんなに自然があふれてたんだなぁ
ラクト・エルファメリ:美しい、まさしくわたしにふさわしい場所だ
ミレース・アロイ:でも、この作戦のために屋敷を貸してくれて、支援までしてくれるなんて
そのバーミングスってどんな人なんでしょう?
グルーデック・エイノア:さあな
ラーガン・ドレイス:ドン・ボヤージの旧友っていっても、信用できるんですか?
ウルフ・エニアクル:信用できなくたって、頼るしかないんだろ
出たとこ勝負でいいんじゃねぇか?
バルガス・ダイソン:グルーデックのヤツ、ディーヴァの戦闘能力をAGEシステムによって上げられないかとぬかしよった
ディケ・ガンヘイル(作業服):そんなことできるの?
エミリー・アモンド(作業服):ミンスリーにいるのって2週間でしょ?
間に合わないんじゃ…
バルガス・ダイソン:本来、AGEシステムはガンダム専用の進化システムなんじゃ
戦艦に使えるかどうかはわからん
ディケ・ガンヘイル(作業服):ホント、艦長もとんでもないこと言い出すよなぁ
エミリー・アモンド(作業服):とんでもないことでも何でもやらなきゃ!
それほどの戦いってことよ
バルガス・ダイソン:これでどうじゃ
おっ
ディケ・ガンヘイル(作業服):出た
バルガス・ダイソン:うまくいったぞ
エミリー・アモンド(作業服):これは…
バルガス・ダイソン:ディーヴァの新たなる戦闘形態じゃ
ディケ・ガンヘイル(作業服):戦闘形態って、変形するってこと?
バルガス・ダイソン:詳しいことはまだわからん
ディケ・ガンヘイル(作業服):ここに付いてるの何かな?
バルガス・ダイソン:ほぅ、高出力ビーム兵器『フォトンブラスター砲』
威力の値は、連邦軍の主力兵器ハイパー・メガ粒子砲を超えておるぞ!
ディケ・ガンヘイル(作業服):つよぉい!これならUEの巨大艦にも対抗できるよね!
バルガス・ダイソン:しかし、問題はこれほどの改造がミンスリーにいる間にできるかどうかじゃ…
ディケ・ガンヘイル(作業服):無理かなこれは…
エミリー・アモンド(作業服):う~ん
ああっ、やってくれそうな人いるよ!
バルガス・ダイソン:何っ!?
エミリー・アモンド(作業服):フフッ
グルーデック・エイノア:行くぞ
ラクト・エルファメリ:バーミングスの屋敷はこの先だと聞いている
ミレース・アロイ:こんな森の中に住んでるなんて
フリット・アスノ:……

フリット・アスノ:ん?
フリット・アスノ:あっ!
ウルフ・エニアクル:あ?
ミレース・アロイ:ん?
ウルフ・エニアクル:どおしたぁ、フリット
フリット・アスノ:先に行っててください!
ミレース・アロイ:フリット
ウルフ・エニアクル:いいじゃねぇか、少年は好奇心旺盛なんだよ
ミレース・アロイ:……
フリット・アスノ:ハッ、ハッ、ハッ、ハッ
フリット・アスノ:ユリン!
ユリン・ルシェル:ハァ、ハッ
フリット
フリット・アスノ:ハァ、やっぱり君だった…!
あっ、ごめん、驚かせちゃった?
ユリン・ルシェル:どうして…こんな所に?
ストラー・グアバラン:あむっ
グアバランの部下1:ディーヴァが停泊しています
ストラー・グアバラン:ここにヤツがいるのは間違いない
これより、グルーデック・エイノアの確保に向かう!
グアバランの部下1、2:はっ!
ストラー・グアバラン:それにしてもだ、連邦軍の介入を拒むコロニーなど、けしからん!
グルーデック・エイノア:ここか…
ラーガン・ドレイス:すごい屋敷だな…!
ラクト・エルファメリ:センスもなかなかだ
ミレース・アロイ:アルザック・バーミングス…ミンスリーの支配者ともいわれる大富豪
ウルフ・エニアクル:優雅だねぇ
アルザック・バーミングス:グルーデック君
話は聞いている。アルザック・バーミングスだ
アルザック・バーミングス:ボヤージは残念だった
アイツは殺しても死なないヤツだと思っていたが…
ラクト・エルファメリ:……
グルーデック・エイノア:我々は、彼の勇敢な行動によって救われました
アルザック・バーミングス:わたしは、全面的に協力することにしたよ
ボヤージの想いを受け継いだ君たちのな
グルーデック・エイノア:感謝いたします
アルザック・バーミングス:ところでボヤージから骨のある少年の話を聞いていたのだが…
ラクト・エルファメリ:フリットのことか?
グルーデック・エイノア:……
ミレース・アロイ:…フリット
ユリン・ルシェル:わたし、このミンスリーに引き取られてきたの
フリット・アスノ:引き取られてって…
ユリン・ルシェル:わたしね、UEの攻撃で、お父さんもお母さんも弟も死んじゃったんだ…
1人ぼっちになっちゃった…
フリット・アスノ:UEに…
ユリン・ルシェル:それで、ノーラにある施設に入ってたの
そしたらわたしを引き取ってくれる人が現れたって言われた
わたしのお父さんになってくれる人
でもそんなの認めることができなかった
新しい家族なんて、わたし…
ユリン・ルシェル:だからあの時、逃げ出したんだ
そしたらあなたがガンダムで…
フリットに会えてなかったら、わたし、どうなっていたか
フリット・アスノ:僕もだよ…!
ユリン・ルシェル:えっ?
フリット・アスノ:僕も同じなんだ…父さんも母さんもUEに…
だから戦うことにしたんだ
母さんが残してくれたガンダム
ユリン・ルシェル:…そう
ねぇ、フリット
フリット・アスノ:…うん
ユリン・ルシェル:またガンダムに乗せてくれる?
フリット・アスノ:えっ?いいよ
ユリン・ルシェル:フッ
宇宙にね、ふわふわ浮いてね、星座とか数えるの
コロニーの天井に映し出される、偽物じゃなくって本物の星
宇宙だったらたくさん見えるから、多く見つけた方が勝ち、とかやるの
フリット・アスノ:星が好きなの?
ユリン・ルシェル:大好き
星を見てるといろんなこと忘れられるから
それに、フリットがいると楽しいし
フリット・アスノ(照れ):!
あっ
ユリン・ルシェル(照れ):フフ…
フリット・アスノ(照れ):これ…!
ユリン・ルシェル(照れ):わたしのリボン…!?
持っててくれたの?
フリット・アスノ(照れ):お守りだったんだ
戦いのとき、守ってくれそうな気がして…
ユリン・ルシェル(照れ):だったらそれ、フリットに持っててほしい
ユリン・ルシェル(照れ)(微笑み):ずっとフリットのこと、守ってくれるように
フリット・アスノ(照れ)(喜び):……!
グルーデック・エイノア:娘さんが?
アルザック・バーミングス:本当の子ではない
娘がほしくて孤児となったあの子を引き取ったんだ
しかし…わたしになつこうとはせんでなぁ
せっかく不憫に思って育ててやっているというのに、どうしたら心を開いてくれるか困っとるんじゃ
グルーデック・エイノア:……
バルガス・ダイソン:おお、あんたたが!
地球圏一のモビルスーツ鍛冶といわれるあのマッドーナか!
クレド・マッドーナ:話は大体聞いている。確かに無謀な大改造だ
普通にやれば、どう考えも間に合わんな
バルガス・ダイソン:そぉなんじゃあ!
クレド・マッドーナ:よっしゃあ!
こいつは、普通じゃない俺にしかできない仕事だぁ
わぁった!やってやるよ
バルガス・ダイソン:本当か!?
クレド・マッドーナ:ウルフといい、あんたといい、俺の周りには無茶を言いやがるヤツばっかりだなぁ
バルガス・ダイソン:ハッハッハ!
グアバランの部下:グルーデックはディーヴァ内で発見できません
どうやら、アルザック・バーミングスのところへ向かっているようです
ストラー・グアバラン:そうか、では我々もグルーデックを追う
ディーヴァは監視下に置く
グアバランの部下:はっ!
CM
アルザック・バーミングス:きみがフリット君か
フリット・アスノ:はいっ
アルザック・バーミングス:ボヤージから聞いている
きみはファーデーンの内戦を止めたそうじゃないか
フリット・アスノ:止められたかどうかはわかりません…でもボヤージさんとラクトさんはわかってくれました
アルザック・バーミングス:きみの言葉が古い考えにとらわれた大人を動かした…
きみならこの世界の歪みを正せるかもしれない
だからのったのだ、この無謀ともいえる計画にな
フリット・アスノ:僕らはUEを倒したいんです
大切なものを奪ったUEを…
ただそれだけです!
アルザック・バーミングス:それがきみを突き動かす理由か
だが強過ぎる想いは身を滅ぼしもする
気をつけるんだな
フリット・アスノ:…はい
アルザック・バーミングス:まぁ、話ができてよかった
フリット・アスノ:バーミングスさん
アルザック・バーミングス:ん?
フリット・アスノ:ユリンの家族になってあげてください
アルザック・バーミングス:んん…?
フリット・アスノ:時間がかかるかもしれません…
でも、ユリンには家族が必要なんです!お願いします
アルザック・バーミングス:すくなくともわたしはそれを望んでいるつもりだが
フリット・アスノ:あっ
グルーデック・エイノア:フリット、今は作戦の準備だ
フリット・アスノ:……
フリット・アスノ:ユリン、明日が最後なんだ
ユリン・ルシェル:えっ…!?
フリット・アスノ:明日の作戦会議が終わったら、ここをたつ
ユリン・ルシェル:もう会えないの?
フリット・アスノ:えっ?
ユリン・ルシェル:せっかく友達になれたのに、またわたし1人になるの?
フリット・アスノ:……ユリン
戻ってくるよ。戦いが終わったら戻ってくる
そしたらまた会えるよ
ユリン・ルシェル:本当?
フリット・アスノ:うん。約束する
ユリン・ルシェル:フリット…!
フリット・アスノ:あっ…
ユリン・ルシェル(涙):フリット
フリット・アスノ:ユリン……
ウルフ・エニアクル:フ~やっと始められるってか
2週間も何もねぇ森に監禁されて、体がなまっちまうぜ
グルーデック・エイノア:これが攻撃目標、宇宙要塞アンバットだ
かつて連邦軍の宇宙基地だったが、老朽化のために放棄された
あごひげの男:そこをUEが巣にしていると言うのか?
紫髪の男:で、UEとはどういう生物なんだ?
グルーデック・エイノア:質問はあとにしろ
あごひげの男(不満):……
グルーデック・エイノア:これより作戦を説明する
我々の現状を考えれば、戦力を温存しつつ艦隊の集中砲火で戦力を分断し、前進するしかない
モビルスーツ隊は、艦隊の攻勢に乗じ、要塞に取り付き、内部へ突入する!
ラーガン・ドレイス:戦艦で突破口を開き、モビルスーツで敵の懐に飛び込むというわけか
ウルフ・エニアクル:それじゃ艦隊の護衛は?敵のモビルスーツ型の標的になるぜえ?
グルーデック・エイノア:艦隊の護衛は、必要最低限のモビルスーツで行う
ウルフ・エニアクル:つまり?
グルーデック・エイノア:ディーヴァのモビルスーツ隊だ
ウルフ・エニアクル:フ、言うと思ったぜ
フリット・アスノ:……
ラーガン・ドレイス:……
グルーデック・エイノア:ご協力、感謝します
ではこれで
アルザック・バーミングス:うむ
フリット・アスノ:……
あっ
ユリン・ルシェル:……
フリット・アスノ:あっ、ユリン!
ユリン・ルシェル:……
フリット・アスノ:ユリン……戦いが終わったら、また会いに来るから
ウルフ・エニアクル:やっとディーヴァに戻れるな
やっぱ俺は宇宙の方が性に合ってるぜ
グルーデック・エイノア:……
何か様子が変だ…
ラーガン・ドレイス:えっ?
ウルフ・エニアクル:確かににおうぜ、戦いのにおいだ…!
ミレース・アロイ:あっ!
フリット・アスノ:何だ!?
ミレース・アロイ:連邦軍なの?!
ストラー・グアバラン:見つけたぞ、反逆者グルーデック・エイノアよ!
速やかに投降せよ!
グルーデック・エイノア:……
グアバランの部下:よおし、おとなしくてろお
グアバランの部下:さあ、乗るんだ
フリット・アスノ:グルーデックさん……!
グルーデック・エイノア:終わりだな
これでUEへの反撃も永久にかなわない
フリット・アスノ:……
ミレース・アロイ:……
ウルフ・エニアクル:……
ウルフ・エニアクル:さ、どうするよお
ラーガン・ドレイス:どうにもならないさ
ミレース・アロイ:相手が連邦軍じゃ……!
ラーガン・ドレイス:せっかくここまで来たのに終わりだなんて!
フリット・アスノ:(違う、諦めない限り終わりなんかじゃない…!)
(これ以上、ユリンみたいな子を増やしちゃいけない…!)
(UEの好き勝手にさせちゃいけないんだ…!!)
フリット・アスノ:やりましょう!
ミレース・アロイ:えっ?
フリット・アスノ:今ならまだ間に合う。グルーデックさんを助けられます!
ラーガン・ドレイス:お前、何言ってる?
ウルフ・エニアクル:…ッ
フ…
フリット・アスノ:UEと戦いましょう!連邦軍がやらないのなら僕らがやりましょうよ!
宇宙要塞アンバットを叩くことができれば、連邦軍だって戦う気になるかもしれない!
ウルフ・エニアクル:確かに、今のふぬけた連邦軍にはいい刺激になるかもな
ミレース・アロイ:フリット
ウルフ・エニアクル:俺はやるよ!
ミレース・アロイ:あ…
ラーガン・ドレイス:お…
ウルフ・エニアクル:フリットの提案に乗ったっ!
ミレース・アロイ:で、どうする気?フリット
フリット・アスノガンダムを使います
ストラー・グアバラン:調べさせてもらったよ
家族を殺された恨みを晴らそうというのか?
得体が知れない異星人を相手に
グルーデック・エイノア:得体が知れないのは、連邦軍の方だ
ストラー・グアバラン:何だと?
グルーデック・エイノア:連邦軍は、UEの正体を隠蔽している…!
ストラー・グアバラン:何を言っている?
グルーデック・エイノア:…さあな
ストラー・グアバラン:貴様ァ、何を知っているというんだ!?
グルーデック・エイノア:……
!?
ストラー・グアバラン:!?
グアバランの部下:ああっ
グルーデック・エイノア(会心):……!
ストラー・グアバラン:何だァ…?
ガンダムかっ!?
フリット・アスノ:グルーデックさんを助け出すだけだ
危害は加えない、邪魔をしないでくれ…!
ウルフ・エニアクル:フリットぉ!暴れすぎるなよ!
ストラー・グアバラン:クッ、攻撃しろぉ!
ラーガン・ドレイス:味方同士で戦うなんて…
フリット・アスノ:戦闘を大きくせずに…!
連邦兵:クソっ!
フリット・アスノ:何もしない!じっとしてろ!
うわっ!
連邦兵(ベテラン):そうはいくかよ!
連邦兵(ベテラン):反逆者め!
うっ!
フリット・アスノ:戦うって決めたんだ!邪魔をするな!!
グアバランの部下:ジェノアスを一瞬で!?
グアバランの部下(トロワ風):中佐、どうしますか!?
ストラー・グアバラン:ボートを出せ!グルーデックを渡すわけにはいかん!
ウルフ・エニアクル:悪い
ストラー・グアバラン:!?
ラクト・エルファメリ:変なまねはしないほうがよいと思うが?
ストラー・グアバラン:貴様らも連邦軍ではないのか?
ウルフ・エニアクル:連邦軍にもいろいろあるってことさあ
話のわかるヤツとぉ、そうじゃないヤツとな
グルーデック・エイノア:借りるぞ
ウルフ・エニアクル:お?
ストラー・グアバラン:…!
グアバランの部下たち:!?
ストラー・グアバラン:……
グルーデック・エイノア:それと、通信機は全て出してもらおうか
グルーデック・エイノア:もう後戻りはできんぞ
反逆者を助けてしまったお前たちも反逆者だ
ラーガン・ドレイス:……
ウルフ・エニアクル:そうなるか、ま、いいけど
ラクト・エルファメリ:ドラマチックだ
ミレース・アロイ:とにかく早く戻りましょう
急がないとディーヴァに連邦軍の手が回ってしまうわ
フリット・アスノ:フ…
……
ストラー・グアバラン:艦隊の準備は整ったか?
よし!外壁48番ハッチで我々を回収しろ!
ヤツラは宇宙で捕獲する!
ストラー・グアバラン:やっぱりこうでなくてはな
クレド・マッドーナ:どうにか間に合ったぜぇ
バルガス・ダイソン:見た目に違いはなさそうじゃが
クレド・マッドーナ:おいおい爺さん
バルガス・ダイソン:うう…
クレド・マッドーナ:この艦(ふね)の仕掛けわかってんだろお?
バルガス・ダイソン:ふう、ぶっつけ本番かぁ…
エミリー・アモンド(作業服):もうすぐ始まるのね


ナレーション:ついに艦(ふね)は決戦の地へと旅立つ
しかし、その行く手に立ちはだかった者たちは…
次回、機動戦士ガンダムAGE
「反逆者たちの船出」
3つの運命が歴史になる


フリット・アスノ:僕が作った汎用携帯型ロボットだ
いつもチョロチョロしていてうるさいときもあるけど、結構かわいいやつなんだ
PCに変形して、AGEシステムにデータを転送したりもできるぞ

 

 

【フィギュア検索ならここから】

 

 

ガンプラ検索ならここから】