アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY第12話「血に染まる海」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY第12話「血に染まる海」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY第12話「血に染まる海」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY第12話「血に染まる海」

 

ギルバート・デュランダル:では、プラント最高評議会は議員全員の賛同により、国防委員会より提出の案件を了承する。
ユウナ・ロマ・セイラン:積極的自衛権の行使、などとは言ってはいますが、戦争は生き物です。放たれた火が何処まで広がってしまうかなど誰にも分かりません。我等は大西洋連邦との同盟条約を締結します。
カガリ・ユラ・アスハ:え!?
タリア・グラディス:いいわ。命令なきままだけど、ミネルバ明朝出港します。全艦に通達。
シン・アスカ:何処までいい加減で身勝手なんだ!あんた達は!
カガリ:いやこれは…!
シン:敵に回るって言うんなら今度は俺が滅ぼしてやる!こんな国!
カガリ:うッ…シン!

ザフト軍オペレータA:オペレーション・スピアオブトワイライト、発動マイナス60秒。
ザフト軍オペレータB:射出角度微調整、コンマ3。
ザフト軍オペレータC:オーサー、ドマニシ、カタンダ各隊、射出準備完了。
ザフト軍オペレータD:半径600に敵影なし。カウントダウン続行。
ザフト軍オペレータE:マイナス5、4、3、2…降下開始!
ザフト軍オペレータF:降下開始!
地球軍オペレータ:ガードエフェクトアンテナ(?)発、降下アラームスクランブル。総員第一戦闘配備。繰り返す、総員第一戦闘配備。
整備員A:なんだ?
整備員B:ザフトの降下部隊だ。
オーブ軍オペレータ:ミネルバ出港しました。
ユウナ:かなりの高速艦ということだからな。領海を出るのも直ぐだろう。あちらへの連絡は?
オーブ軍将校:はっ、既に。
ユウナ:こちらの配備は終わっているな。
オーブ軍将校:はい。
ユウナ:ふん、さあて、どうなることかな?
マリク・ヤード・バーズ:間もなくオーブ領海を抜けます。
タリア・グラディス:降下作戦はどうなってるのかしらね。カーペンタリアとの連絡は?まだ取れない?
メイリン・ホーク:はい。呼び出しはずっと続けているんですが。
バート・ハイム:本艦前方20に多数の熱紋反応。
タリア&アーサー・トライン:ぇ!?
バート:これは…地球軍艦隊です。ステングラー級4、ダニロフ級8、他にも10隻ほどの中小艦艇を確認。本艦前方左右に展開しています。
アーサー:ええぇッ!
マリク:どういうことですか!?オーブの領海を出た途端に…こんな…
チェン・ジェン・イー:本艦を待ち受けていたということか。地球軍は皆カーペンタリアじゃなかったのかよ。
バート:後方オーブ領海線にオーブ艦隊。
メイリン:え!?
バート:展開中です。
砲塔旋回!本艦に向けられています!
タリア:…!
アーサー:そんな!何故!?
タリア:領海内に戻ることは許さないと。つまりはそういうことよ。
アーサー:うッ!
タリア:どうやら土産か何かにされたようね。正式な条約締結はまだでしょうに。やってくれるわね、オーブも。
アーサー:艦長…
タリア:ああもう!ああだこうだ言ってもしょうがない。コンディションレッド発令。ブリッジ遮蔽。対艦、対モビルスーツ戦闘用意。大気圏内戦闘よアーサー。解ってるわね。
アーサー:は、はい!
メイリン:コンディションレッド発令。コンディションレッド発令。パイロットは搭乗機にて待機せよ。
シン:レッドって何で!
ルナマリア・ホーク:知らないわよ!何であたしに聞くの?
タリア:艦長、タリア・グラディスよりミネルバ全クルーへ。
マッド・エイブス:最終チェック急げ!
タリア:現在本艦の前面には空母4隻を含む地球軍艦隊が、そして後方には自国の領海警護と思われるオーブ軍艦隊が展開中である。
ルナマリア:空母4隻!?
シン:後ろにオーブが!?
タリア:地球軍は本艦の出港を知り、網を張っていたと思われ。またオーブは後方のドアを閉めている。我々には前方の地球軍艦隊突破の他に活路はない。これより開始される戦闘はかつてないほどに厳しいものになると思われるが、本艦はなんとしてもこれを突破しなければならない。このミネルバクルーとしての誇りを持ち、最後まで諦めない各員の奮闘を期待する。
ヴィーノ・デュプレ:ぇぇ…
シン:くっそー!
アーサー:ランチャー2、ランチャー7、全門パルシファル装填。シウス、トリスタン、イゾルデ起動!
タリア:シンには発進後あまり艦(ふね)から離れるなと言って。レイとルナは甲板から上空のモビルスーツを狙撃。
メイリン:はい。
タリア:イゾルデとトリスタンは左舷の巡洋艦に火力を集中。左を突破する!
アーサー:はい!
メイリン:カタパルト推力正常。針路クリアー。コアスプレイダー発進どうぞ!
シン:シン・アスカ、コアスプレイダー、行きます!
メイリン:ザク、レイ・ザ・バレル機発進スタンバイ。全システムオンライン。発進シークエンスを開始します。ルナマリア機発進スタンバイ。ウィザードはガナーを装備します。
レイ・ザ・バレル:海に落ちるなよ、ルナマリア。落ちても拾ってはやれない。
ルナマリア:意地悪ね。
地球軍司令官:さあて、ロアノークの報告の真偽のほど、確かめさせてもらおうか。
シン:逝けぇぇ!!
アーサー:イゾルデ、ランチャーワン1番から4番、パルシファル、てぇ!!
カガリ:ユウナ・ロマは?何処にいる。…軍本部?なんでそんなところに…あーいい。分かった。ありがと。
シン:く…く…
バート:3時方向よりモビルスーツ接近。数3。
タリア:回避!取り舵10!
ルナマリア:ええー!
レイ:くッ…
ミネルバブリッジ一同:うぅ!
メイリン:うわぁ!
シン:く…こんなことで…
やられてたまるかーッ!
ラクス・クライン:どうしましたか、キラ。
キラ・ヤマト:…誰かが泣いてる。また。
クラス:ええ?
キラ:なんでだろう。なんでまた…

バート:4時の方向よりミサイル接近!多数!
タリア:回避!面舵20、迎撃!
シン:へあーッ!
ルナマリア:ちょっとあの数…冗談じゃないわよ!
レイ:余計な口きいてる暇があるのか!
地球軍司令官:なるほど。確かになかなかやる艦(ふね)だな。ザムザザーはどうした。あまりに獲物が弱ってからでは効果的なデモは取れんぞ。
地球軍将校:はっ。準備でき次第発進させます。
地球軍司令官:身贔屓かもしれんがね、私はこれからの主力はああいった新型のモビルアーマーだと思っている。ザフトの真似をして作った蚊トンボのようなモビルスーツよりもな。
地球軍旗艦オペレータ:ズール01リフトアップ。B80要員は誘導確認後バンカー(?)に退避。針路クリアー。発進よろし。
バート:アンノウン接近。これは…
タリア:ん?
メイリン:光学映像出ます。
アーサー:なんだあれは!?
タリア:モビルアーマー
アーサー:あんなにデカい…!
タリア:あんなのに取り付かれたら終わりだわ。アーサー、タンホイザー起動。あれと共に左前方の艦隊を薙ぎ払う。
アーサー:ええー!?
タリア:沈みたいの!?
アーサー:ぁはいー!ぃいえッ!タンホイザー起動!射線軸コントロール移行!照準、敵モビルアーマー
ザムザザーパイロットA:敵艦、陽電子砲発射態勢確認。
ザムザザーパイロットB:陽電子リフレクター展開準備。
ザムザザーパイロットC:敵艦に向けリフレクション姿勢。
アーサー:てぇ!
ザムザザーコックピット一同:うぅ…
ミネルバブリッジ一同:あぁ…
レイ:う…
ルナマリア:あ…
シン:あぁ…
タンホイザーを…そんな…跳ね返した?
タリア:取り舵20、機関最大、トリスタン照準、左舷敵戦艦。
アーサー:でも艦長!どうするんです?あれ…
タリア:貴方も考えなさい!マリク、回避任せる。
マリク:はい!
タリア:メイリン、シンは?戻れる?
メイリン:ぁはい。
ザムザザーパイロットB:主砲、1番2番、照準敵戦艦。
シン:てあぁぁ!
ザムザザーパイロットC:ぇぇぃ!
シン:くっそー。何なんだよこいつは。
ザムザザーパイロットB:フロー展開!
ザムザザーパイロットA:フロー展開。
シン:あ!
ザムザザーパイロットB:そのひ弱なボディー、引き裂いてくれるわ!
シン:くッ!
オーブ軍司令部員A:いやぁでも凄いですねあの兵器。
オーブ軍司令部員B:陽電子砲を跳ね返しちゃうとはなぁ。
カガリ:何をしている。
ユウナ:ぅ…カガリ…。
カガリ:ユウナ…これはどういうことだ?ミネルバが、戦っているのか?地球軍と!
ユウナ:そうだよ。オーブの領海の外でね。
カガリ:あんな大群相手に…
ユウナ:心配いらないよ、カガリ。既に領海線に護衛艦は出してある。領海の外と言ってもだいぶ近いからねえ。困ったもんだよ。
カガリ:領海に入れさせない気か?ミネルバを!あれでは逃げ場も何も…
ユウナ:だが、それがオーブのルールだろ?
カガリ:ぁ!
ユウナ:それに、正式に調印はまだとは言え、我々は既に大西洋連邦との同盟条約締結を決めたんだ。
カガリ:く…
ユウナ:なら、今ここで我々がどんな姿勢を取るべきか、そのくらいのことは君にだって判るだろ?
カガリ:しかしあの艦(ふね)は!
ユウナ:あれはザフトの艦(ふね)だ。
カガリ:うぅ…
ユウナ:間もなく盟友となる大西洋連邦が敵対している、ね。
カガリ:…
ミネルバブリッジ一同:うぅ…
アーサー:トリスタン、てぇ!
シン:なんて火力とパワーだよ…こいつは…
はッ!
メイリン:インパルスのパワー、危険域です。
バート:7時の方向にモビルスーツ、4。
ルナマリア:レイ!
レイ:くっそー…
オーブ軍司令部オペレータ:ミネルバ、領海線へ更に接近。このままいけば数分で侵犯します。
ユウナ:警告後威嚇射撃。領海に入れてはならん。
カガリ:あぁ…
ユウナ:それでも止まらないようなら攻撃も許可する。
カガリ:ユウナ!
ユウナ:国は貴方の玩具ではない!
カガリ:うッ…!
ユウナ:いい加減、感傷でものを言うのはやめなさい!
カガリ:…
トダカ(オーブ海軍司令官):以前国を灼いた軍に味方し、懸命に地球を救おうとしてくれた艦(ふね)を討て、か。こういうのを恩知らずって言うんじゃないかと思うんだがね、俺は。政治の世界にはない言葉かもしれんが。警告開始。砲はミネルバの艦首前方に向けろ。絶対に当てるなよ!
オーブ海軍旗艦オペレータ:…はい!
オーブ海軍副司令官:司令、それでは命令に…
トダカ:知るか。俺は政治家じゃないんだ。
オーブ軍旗艦オペレータ:ザフト軍艦ミネルバに告ぐ。貴艦はオーブ連合首長国の領域に接近中である。我が国は貴艦の領域への侵入を認めない。速やかに転進されたし。
アーサー:えッ!
シン:なに!?
アーサー:艦長!
タリア:でも、今転進したら確実に沈むわ。針路そのまま、ギリギリまで逃げなさい!
マリク:はい!
シン:あ…ミネルバ
オーブ海軍副司令官:主砲、てぇい!
ミネルバブリッジ一同:ああ!
メイリン:あぁ…
タリア:くッ…
シン:オーブが本気で…うッ!
しまった!うわぁぁッ!
あぁ…うわぁぁぁ!!
メイリン:シン!
シン:こんなことで…こんなことで俺はッ!!
シン種割れ(初):
ザムザザーパイロットB:まだ落ちないかッ!
シン:ミネルバメイリン、デュートリオンビームを!
それからレッグフライヤー、ソードシルエットを射出準備!
メイリン:シン…
シン:早く!やれるな?
メイリン:は、はい!
タリア:指示に従って!
メイリン:はい。デュートリオンチェンバースタンバイ。捉的追尾システム、インパルスを捕捉しました。デュートリオンビーム照射!
ザムザザーパイロットA:ああ…
ザムザザーパイロットB:なんだと!?
てぇ!
うわぁぁ!
ザムザザーパイロットA&C:うわぁぁ!
ザムザザーパイロットB:うわあ゛ぁ!!
シン:シルエット射出!
メイリン:ぁ…はい!
地球軍艦Aブリッジ一同:うわぁ!
地球軍艦B甲板一同:うわぁ!
地球軍艦Bミサイルバンク一同:うわあ゛ぁ!
地球軍艦Cブリッジ一同:うわぁッ!
救命ボートの地球軍兵士達:[ガヤガヤ]
ルナマリア:シン…
レイ:…
シン:ああ゛あ゛あ゛ッ!
地球軍艦Dブリッジ一同:うわぁぁ!
シン:…!
救命ボートの地球軍兵士達:うわぁ…
救命ボートの地球軍兵士:早くしろ!
救命ボートの地球軍兵士達:うわぁぁ…
カガリ:…あ、あれは…
オーブ軍司令部オペレータ:地球軍艦隊、撤退します。
ミーア・キャンベル:わぁぁ!
デュランダル:これを。
アスラン:これはフェイスの!
デュランダル:君を通常の指揮系統の中に組み込みたくはないし。君とて困るだろう。その為の便宜上の措置だよ。忠誠を誓うという意味の部隊、フェイスだがね。君は己の信念や信義に忠誠を誓ってくれればいい。
アスラン:…議長…
デュランダル:君は自分の信ずるところに従い、今に堕することなく、また必要な時には戦っていくことの出来る人間だろ?
アスラン:そうでありたいと思ってはいますが。
デュランダル:君になら出来るさ。だからその力をどうか必要な時には使ってくれたまえ。大仰な言い方だがザフト、プラントの為だけではなく、皆が平和に暮らせる世界の為に。
アスラン:はい。
デュランダル(回想):オーブの情勢も気になるところだろうから、君はこのままミネルバに合流してくれたまえ。あの艦(ふね)にも私は期待している。以前のアークエンジェルのような役割を果たしてくれるのではないかとね。君もそれに手を貸してやってくれたまえ。
アスランアスラン・ザラ、セイバー、発進する!

 


次回予告
手に入れた力。それは何かを守る為。そして成す為。
混迷の時は過ぎ、だが新たに見えてくる世界に蠢く闇。
向けられる刃の前にキラは。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「よみがえる翼」
暁の空に、翔べ!フリーダム!