アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第24話「すれ違う視線」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第24話「すれ違う視線」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第24話「すれ違う視線」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第24話「すれ違う視線」

 

カガリ・ユラ・アスハ:私は、オーブ連合首長国代表、カガリ・ユラ・アスハ
シン・アスカ&アスラン・ザラ:ぁ…
アスランカガリ!?
カガリ:オーブ軍、直ちに戦闘を停止せよ!軍を退け!
ハイネ・ヴェステンフルス:手当たり次第かよ、この野郎生意気な!
アスラン:キラやめろ!何故お前がこんな!
ハイネ:なにぃッ!
ステラ・ルーシェ:あたしをよくも!でやああぁぁ!!邪魔だぁぁ!!
ハイネ:ぐわぁ!
アスラン:ハイネッ!

マッド・エイブス:資材は直ぐにディオキアの方から回してくれるということですが、タンホイザーの発射寸前でしたからねえ。艦首の被害はかなりのものですよ。
タリア・グラディス:はぁ…
マッド:さすがにちょっと時間がかかりますね、これは。
タリア:そうね。
兎も角、出来るだけ急いで頼むわ。いつもこんなことしか言えなくて悪いけど。
マッド:いえ、解ってますよ、艦長。
タルキウス駐留軍兵士:では、ハイネ・ヴェステンフルスの遺品、お預かりいたします。
回想:
ダガーLパイロット:うわぁ!
シン:あいつらのせいだ…
アスラン:ん!
シン:あいつらが変な乱入して来なきゃハイネだって…
ルナマリア・ホーク:シン…
シン:大体何だよあいつら!戦闘をやめろとか。あれがほんとにアークエンジェルとフリーダム!?ほんとに何やってんだよオーブは!馬鹿なんじゃないの?
ルナマリア:シン!
アスラン:くッ!
ハイネ(回想):じゃあお前、何処となら戦いたい?
…そういうことだろ?割り切れよ。今は戦争で、俺達は軍人なんだからさ。
でないと、死ぬぞ?
アスラン:くっそー! く…
タリア:え?あの艦(ふね)の行方を?
アスラン:はい。艦長もご存じのことと思いますが、私は先の大戦ヤキン・ドゥーエではあの艦(ふね)、アークエンジェルと共にザフトと戦いました。おそらくはあのモビルスーツ、フリーダムのパイロットも、あのアークエンジェルのクルーも、そしてあそこで名乗りを上げたオーブの代表も私にとっては皆よく知る人間です。だからこそ尚更この事態が理解できません。というか納得できません。
タリア:それは確かに私もそうは思うけど。
アスラン:彼等の目的は地球軍に与したオーブ軍の戦闘停止、撤退でした。しかし、ならばあんなやり方でなくとも、こんな犠牲を出さなくとも手段はあったように思います。彼等は何かを知らないのかもしれません。間違えているのかもしれません。無論、司令部や本国も動くでしょうが、そうであるなら彼等と話し解決の道を探すのは私の仕事です。
タリア:それは、ザフトのフェイスとしての判断ということかしら?
アスラン:はい。
タリア:なら私に止める権限はないわね。はぁ。確かに無駄な戦い。無駄な犠牲だったと思うもの。私も。あのまま地球軍と戦っていたらどうなっていたかは判らないけど。いいわ、分かりました。貴方の離艦了承します。でも、一人でいいの?
アスラン:はい、大丈夫です。ありがとうございます。
ルナマリア:なに?どうしたの?
タリア:はい。
レイ・ザ・バレルレイ・ザ・バレルです。よろしいでしょうか?
タリア:どうぞ。
ん?
挿入歌(Quiet Night C.E.73)
アスラン:ん?ミリアリア
ミリアリア・ハウ:ぁ…?
アスランミリアリア・ハウ
ミリアリアアスラン・ザラ
ミリアリア:そう。それで開戦からこっちオーブには戻らずザフトに戻っちゃったって訳?
アスラン:ぁぁ、簡単に言うとそういうことだ。
ミリアリア:…
アスラン:ぁ…向こうではディアッカにも会ったが。
ミリアリア:ええ?
アスラン:ぁ…
ミリアリア:はぁ…。
アスラン:それは兎も角アークエンジェルだ。あの艦(ふね)がオーブを出たことは知っていたが一体何でまたこんなところで。あの介入のおかげで…だいぶその…
ミリアリア:混乱した?
アスラン:ぇ?
ミリアリア:知ってるわよ。全部見てたもの、私も。
アスラン:…
ミリアリア:でもアークエンジェルを探してどうするつもり?
アスラン:ぅ…話したいんだ。会って話したい。キラともカガリとも。
ミリアリア:今はまたザフトの貴方が?
アスラン:それは……
ミリアリア:いいわ。手がない訳じゃない。貴方個人になら繋いであげる。私もだいぶ長いことオーブには戻ってないから詳しいことは分からないけど。誰だってこんなことほんとは嫌なはずだものね。きっとキラだって。
マリュー・ラミアス:でも、どうしたらいいのかしらね。
アンドリュー・バルトフェルド:ん?
マリュー:これから。
カガリ:ん?
バルトフェルド:ま、先日の戦闘ではこちらの意志は示せたというところかな。
マリュー:ん。
バルトフェルド:だが、これでまたザフトの目もこちらに向くとこになるだろうし。厳しいな。いろいろと。
マリュー:そうよね。
カガリ:うわ!
ラクス・クライン:うふううふう。
カガリ:うわ!何するんだラクス!やめろよ!
ラクス:だってとても暗いお顔をなさってらっしゃるのですもの。どうされましたか?
カガリ:…これで良かったのかなって、思ってる。
ラクス:まず決める。
カガリ:え?
ラクス:そしてやり通す。
それが何かを成す時の唯一の方法ですわ。きっと。
カガリラクス…
ラクス:ね?
カガリ:うん。ありがとう。
ラクス:うふ。

シン:探索任務!?でありますか?
アーサー・トライン:そうだ。これも司令部からの正式な命令なんだぞ?
シン:ん…
アーサー:地域住民からの情報なんだが、この奥地に連合の息の掛かった何やら不明な研究施設のようなものがあるそうだ。今は静かだそうだが、以前は車両や航空機、モビルスーツなども出入りしていたかなりの規模の施設ということだ。君達には明朝そこの調査に行ってもらいたい。
シン:そんな仕事に俺達を!?でありますか?
レイ:シン、いい加減にしろ。
シン:ん…
アーサー:そんな仕事とか言うなぁ。もし武装勢力が立て籠もってでもいたらどうるす?
シン:ぁ…
アーサー:そういう任務なんだ。しっかりと頼むぞ。
レイ:了解しました。
ルナマリア:はぁ…
ダリダ・ロー・ラパ・チャンドラ二世:ん?艦長!
マリュー&バルトフェルド&アーノルド・ノイマン:ん?
ミリアリア:ダーダネルスで天使を見ました。また会いたい。赤のナイトも姫を探しています。どうか連絡を。ミリアリア
マリューミリアリアさん?
ラクス:赤のナイト?
カガリ:ぁ…
アスラン
バルトフェルド:んー…
マリュー:ターミナルから回されてきたものなんでしょ?
チャンドラ二世:はい。
マリュー:ダーダネルスで天使を見たって…じゃあミリアリアさんもあそこに?
ノイマン:彼女、今はフリーの報道カメラマンですからね。来ていたとしても不思議はありませんが。
カガリアスランだ、アスランが戻ってきているんだキラ!
バルトフェルド:プラントからということか?さあてどうするキラ?
カガリ:ぇ?
バルトフェルド:だれかに仕掛けられたにしちゃあ、なかなか洒落た電文だがな。
マリュー:でも、ミリアリアさんの存在なんて。
ノイマン:確か、彼女自身は知っているはずですがね。この艦(ふね)への連絡方法は。
カガリ:あ…
ラクス:キラ?
キラ:会いましょう。
カガリ:ぁ…
キラ:アスランが戻ったのならプラントのこともいろいろと分かるでしょう。
バルトフェルド:んー…
キラ:でもアークエンジェルは動かないでください。僕が一人で行きます。
ラクス:え?
キラ:大丈夫、心配しないで。
カガリ:私は一緒に行くぞ。
キラ:え?
カガリ:いや、あの…でも…
キラ:いいよ。じゃあ僕とカガリで。
カガリ:あは。
レイ:では行くぞ!
シン:りょーかい。
ミリアリア:キラ!
キラ:ミリアリア
ミリアリア:あーもうほんとに信じられなかったわよー。フリーダムを見た時は。花嫁をさらってオーブを飛び出したっていうのは聞いてたけど。
カガリ:いやあ、その話は…ぁあの…
それよりアスランは?
ミリアリア:ぁ…ごめん。用心して通信には書けなかったんだけど、彼ザフトに戻ってるわよ?
キラ:ザフトに!?
カガリアスランが!?
キラ:あの機体…
アスラン:キラ。カガリ
キラ:アスラン
カガリ:どういうことだ!アスラン!お前…
アスラン:…
カガリ:ずっと…ずっと心配していたんだぞ!あんなことになっちゃって連絡も取れなかったけど。でも…なんで!なんでまたザフトに戻ったりなんかしたんだ!
アスラン:その方がいいと思ったからだ。あの時は。自分の為にも、オーブの為にも。
カガリ:そんな…何がオーブの!
キラ:カガリ
カガリ:ぁぅ…キラ……ぁ…
キラ:あれは君の機体?
アスラン:ああ。
キラ:じゃあこの間の戦闘…
アスラン:ああ、俺もいた。今ミネルバに乗ってるからな。
カガリ&キラ:ぁ…
アスラン:お前を見て話そうとした。でも通じなくて…。
だが何故あんなことをした!あんな馬鹿なことを。
カガリ&キラ:ぁ…
アスラン:おかげで戦場は混乱し、お前のせいで要らぬ犠牲も出た。
キラ:…
カガリ:馬鹿なこと…?あれは、あの時ザフトが戦おうとしていたのはオーブ軍だったんだぞ!私達はそれを…!
アスラン:あそこで君が出て素直にオーブが撤退するとでも思ったか!
カガリ:ぅぅ…
アスラン:君がしなけりゃいけなかったのはそんなことじゃないだろ!戦場に出てあんなことを言う前に、オーブを同盟になんか参加させるべきじゃなかったんだ!
カガリ:それは…
アスラン:ぁ…
シン:ん?
レイ:あれだ。
キラ:でもそれで…
アスラン:ん?
キラ:君が、今はまたザフト軍だっていうならこれからどうするの?僕たちを探してたのは何故?
カガリ:キラそれは…
アスラン:やめさせたいと思ったからだ。もうあんなことは。ユニウス7のことは解ってはいるが、その後の混乱はどう見たって連合が悪い。それでもプラントはこんな馬鹿なことは一日でも早く終わらせようと頑張っているんだぞ!なのにお前達は、ただ状況を混乱させているだけじゃないか!
キラ:本当にそう?
アスラン:え?
キラ:プラントは本当にそう思ってるの?あのデュランダル議長って人…
アスラン:…
キラ:戦争を早く終わらせて、平和な世界にしたいって。
ミリアリア:ぁ…
アスラン:お前だって議長のしていることは見てるだろ!?言葉だって聞いたろ!議長は本当に…
キラ:じゃあ、あのラクス・クラインは?
アスラン:ぁ…
キラ:今プラントにいる、あのラクスは何なの?
アスラン:ぁぁあれは…
ミリアリア:ぁ…
キラ:そして何で本物の彼女はコーディネイターに殺されそうになるの?
アスラン:え!?
ルナマリア:え!?
アスラン:殺されそうにって…なんだそれは!
キラ:オーブで。僕等はコーディネーターの特殊部隊とモビルスーツに襲撃された。
アスラン:ぅ…
キラ:狙いはラクスだった。だから僕またはフリーダムに乗ったんだ。
アスラン:そんな……
キラ:彼女もみんなのも、もう誰も死なせたくなかったから。
ルナマリア:……
キラ:彼女は誰に、何で狙われなきゃならないんだ?
アスラン:ぅ…
キラ:それがはっきりしないうちは、僕にはプラントも信じられない。
アスラン:キラ!
レイ:はッ!
ぁぁ…
シン:何だ?ここは?
レイ:ぁ…ぁ…
シン:ん?レイ!
レイ:ぅぅ…
シン:レイ!
レイ:ハァハァ…
シン:レイ!どうしたんだよレイ!
レイ:ハァハァハァハァ…
シン:レイ!

 


次回予告
事象は一つ、事実は揺るがぬもの。だがその行為の意味は。言葉の裏は。
知る由もないそれは常に胸の闇の中か。
語らぬ者と語れぬ者の真実は何処に?
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「罪の在処」
ぶつかり合う今を撃て!ガイア!