アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第27話「届かぬ想い」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第27話「届かぬ想い」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第27話「届かぬ想い」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第27話「届かぬ想い」

 

ジンパイロット:こちらパープルワン。イエロー22ベータに発光信号を確認。これより向かう。
ザフト兵:ブラボー了解。おそらくそれだろう。ハイジャックされたと連絡のあったシャトルは。
ジンパイロット:ここで乗り捨てか。やってくれるな。船内を確認する。
ジンパイロット:あ!おい!大丈夫か!?
ギルバート・デュランダル:そうか…。それでそのシャトルを奪った者達のその後の足取りは?
将校:現在、グラスゴー隊が専任で捜索を行っておりますが、未だ…
デュランダル:ん…。しかしよりにもよってラクス・クラインを騙ってシャトルを奪うとは。大胆なことをするものだ。
将校:はっ!救出したシャトルパイロット達も、基地の者等も本当にそっくりだったと。お声まで。
デュランダル:兎も角早く見つけ出してくれたまえ。連合の仕業かどうかまだ判らんが、どこの誰だろうがそんなことをする理由は一つだろう。彼女の姿を使ってのプラント国内の混乱だ。
将校:はっ!
デュランダル:そんなふうに利用されては、あの優しいラクスがどれほど悲しむことか。
将校:はい。
デュランダル:連中が行動を起こす前、変な騒ぎになる前に取り押さえたい。頼むぞ。
将校:はっ!心得ました!
デュランダル:(だが、奴等が離れたというのは幸いか。ラクス・クライン。そして、キラ・ヤマト。)

アウル・ニーダ:へっへーん。そらッ!
スティング・オークレー:なんの!
アウル:はあ!もーらい!
ロード・ジブリール:私は過ぎたことをいつまでもネチネチと言う男ではないが。だが失敗にそういつまでも寛大なわけでもない。
ネオ・ロアノーク:は。
ジブリール:今回のエクステンデッドの損失ももう仕方がないさ。戦闘となれば敵も必死だ。そうそう君の思ったとおりにはいかんだろう。それも解ってはいる。だが、目的は達せられなければならないのだよ。全ての命令は必要だから出ているのだ。遊びでやっているわけではない。
ネオ:ええ、そのことは十分に。
ジブリール:解っているというのなら、さっさとやり遂げてくれないかね?言われたとおりのことを。でないと、こちらの計画もみな狂う。あのミネルバは今や正義の味方のザフト軍だなどと反連合勢力に祭り上げられ、ヒーローのようになってしまっているじゃないか。まったく!コーディネイター共の艦(ふね)だというのに。それもこれも奴等が勝ち続けるからだろう?
ネオ:そうですかね…。
ジブリール:民衆は愚かなのさ。先のことなどまるで考えもせずに、今自分たちに都合の良いものばかりを歓迎する。
ネオ:そりゃまあ確かに…
ジブリール:何故ああも簡単に騙されるのか。あのコーディネイター共が我等ナチュラルに本気で手を差し伸べることなどあるはずもないだろう!どうせまたすぐに手を返される。だからあの艦(ふね)は困るんだよ。危険なのだ!これ以上のさばられては。今度こそ討てよネオ。そのためのお前達だということを忘れるな。
ネオ:ええ、肝に銘じて…。
ルナマリア・ホーク:指示されたものです。ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。
タリア・グラディス:いいのよ。騒ぎばかりあって、私もとてもそんな状況じゃなかったもの。悪かったわね、スパイみたいな真似をさせて。
ルナマリア:いえ、艦長もフェイスというお立場ですので。その辺りのことは理解しているつもりです。
タリア:ふふ。
ルナマリア:でもあの…
タリア:え?
ルナマリア:できましたら少し質問をお許しいただけますでしょうか?
タリア:当然の思いよね。いいわよ、答えられるものには答えましょう。
ルナマリア:ありがとうございます。
アスラン・ザラが先の戦争終盤ではザフトを脱走し、やはり地球軍を脱走したアークエンジェルと共に両軍と戦ったというのは既に知られている話しです。
タリア:ええそうね。本人もそのことを隠そうとはしないわ。
ルナマリア:しかし、そのことも承知の上でデュランダル議長自らが復隊を認め、フェイスとされたということも聞いています。
タリア:ええ。
ルナマリア:ですが、今回のことは…あの…そんな彼に未だ何かの嫌疑がある、ということなのでしょうか?
私達はフェイスであること、また議長にも特に信任されている方ということでその指示にも従っています。ですがそれがもし…
タリア:そういうことではないわ、ルナマリア
ルナマリア:ぇ…
タリア:貴方がそう思ってしまうのも無理はないけど、今回に関しては目的はおそらくアークエンジェルのことだけよ。
ルナマリア:ぁ…
タリア:彼が実に真面目で正義感溢れる良い人間だということは私も疑ってないわ。スパイであるとか裏切るとかそういうことはないでしょう。そんなふうには誰も思ってないでしょうし。
ルナマリア:ぁぁ…
タリア:でも今のあの、アークエンジェルの方はどうかしらね。
ルナマリア:ぁ…
タリア:確かに前の大戦の時にはラクス・クラインと共に暴走する両軍と戦って戦争を止めた艦(ふね)だけど。でも今は?オーブが連合の陣営に入ろうとしたら突然現れて国家元首を攫い、そして先日のあれでしょ?
ルナマリア:はい。
タリア:何を考えて何をしようとしているのか全く解らない。どうしたって今知りたいのはそれでしょう。
ルナマリア:はい。
タリア:アスランもそう言って艦を離れたのだけれど。でも彼はまだあの艦(ふね)のクルーのことを信じているわ。オーブのことも。ほんとは戦いたくはないんでしょう。
ルナマリア:ぁぁ…
タリア:だからそういうことだと思っておいてもらいたいんだけど。いい?
ルナマリア:ぁはい。でしたら私もあの…
タリア:兎に角ご苦労様。この件はこれで終了よ。いいわね?
ルナマリア:はい。
タリア:モニターしていた内容もこの部屋を出たら忘れてしまってちょうだい。
ルナマリア:ぁ…
キラ・ヤマト(回想):じゃああのラクス・クラインは?
タリア:なに?まだ何か?
キラ(回想):今プラントにいるあのラクスは何なの?そして何で本物の彼女がコーディネイターに殺されそうになるの?
ルナマリア:…
タリア:ルナマリア
ルナマリア:ぁ!
タリア:どうしたの?
ルナマリア:ぁいえ!何でもありません…。ご指示通りに致します。すみませんでした。

デュランダル:んー…
ステラ・ルーシェ:うぅ…うぅ…
ミネルバの軍医:生化学の再チェックのデータは?
ナース:待ってください今!
軍医:駄目だ、酸素マスクを。
シン・アスカ:ぁ!ステラ!どうしたんですか!一体!
軍医:下がっていなさい。
シン:ん…
軍医:どうもこうも私にだって分からんよ。
シン:ええ…
ステラ:ハァ…ネオ…
軍医:薬で様々な影響を受けていてまるで分からん体だと言ったろう?
シン:ええ!でも…
軍医:一定期間内に何か特殊な措置を施さないと、身体機能を維持できないようでもある。
シン:ええ!
軍医:それが何なのか、何故急にこうなるのか、現状ではまるで分からんさ。
シン:そんな…
ステラ:ハァ…シン?
シン:ステラ。
ステラ:怖い…シン…守る…
シン:ぁぁ…
軍医:こういった薬の研究に関しちゃ、我々よりナチュラルの方が遙かに進んでるからなあ。まったく。
シン:ステラ…
アーサー・トライン:ええ!?あの子もこのまま乗せて行くんですかッ!?
タリア:ええ、あの研究所のデータと一緒に運んで来いって。
アーサー:…しかし、なんだか具合が良くないとも医師の方から聞いてますし…
タリア:それも報告したけど、ならば尚のこと設備の良い貴艦がと言われてしまったの。
アーサー:あぁ…はい…。

ネオ:というように、まあ策としては至ってシンプルです。
トダカ:しかしそれで本当に上手くいきますか?
ユウナ・ロマ・セイラン:ん~。
トダカ:そもそもその情報の信頼度はどれくらいなのです?網を張るのはよいのですがミネルバがもしも…
ユウナ:おいおいおい!ここまで来てそんなことを言い出されても困るんなあ。/td>
トダカ:ぁ…
ユウナ:当てずっぽうで軍を動かすような真似を誰がするか。ミネルバは間違いなくこのルートを通ってジブラルタルに向かうさ。出港ももう間もなくだ。
トダカ&アマギ:ぁぁ…
ネオ:ふ。
ユウナ:そういうことは大佐と僕でもうちゃんと確認済みなんだから。君達はこっから先のことを考えてくれればいいんだよぉ。
ネオ:ユウナ様は的確ですなぁ。決断もお早い。オーブはこのような指導者を持たれて、いや実に幸いだ。
ユウナ:いえいえいこのくらいのこと。
ネオ:厳しい作戦ではありますが、だがやらねばならない!
アマギ:ぁ…
ユウナ:そして我がオーブ軍ならできる!
アマギ:しかし!これでは我が軍は…
ユウナ:これでミネルバを討てれば我が国の力もしっかりと世界中に示せるだろうね~。
アマギ&トダカ:…
ユウナ:出来るだろ?
トダカ:ご命令とあらばやるのが我々の仕事です。
アマギ:くッ…
ユウナ:では頼む!
トダカ&アマギ:はッ…
ネオ:今度はあの奇妙な艦(ふね)は現れないと思いますが。
ユウナ:ッ…!
トダカ&アマギ:ぁ…
ネオ:万が一そのようなことになっても大丈夫ですね?あれは敵だと、あの代表と名乗る人物も偽物と仰いましたな。ユウナ様は。
ユウナ:くくッ…そ、そうだ!
アマギ:ユウナ様!
ユウナ:あんなものまで担ぎ出し、我が軍を混乱させようとする艦(ふね)など…我等にとっても敵でしかない!そうだな、トダカ一佐!だから貴様も撃った!
トダカ:……はい。
アマギ:トダカ一佐…
ネオ:ではそういうことで。
ユウナ:ふん!
トダカ&アマギ:……
ミリアリア・ハウ:あは。
キラ:ふふ。
ミリアリアマードックさーん!
コジロー・マードック:よお!嬢ちゃん!なんだなんだ?こんなとこ来てちゃあ、嫁の貰い手なくなっちまうぞ?
ミリアリア:な~によ、失礼ね。いいのよ、あたしのやることのあーだこーだ文句言う男なんてこっちからふってやるんだから。
マードック:うっへ~。
キラ:ミリアリア
ミリアリア:あ、兎も角またよろしくね。
マードック:おーよ、嬉しいぜ嬢ちゃん。
カガリ・ユラ・アスハ:オーブ軍がクレタに展開!?
マリュー・ラミアス:ということはやはりまたミネルバを?
ダリダ・ローラハ・チャンドラ二世:ええ、確証はないですがターミナルもそう考えるのが妥当だろうと。
アーノルド・ノイマンミネルバジブラルタルへ向かうと読んでの布石か。連合も躍起になってますね。
キラ:どうしたんです?
マリューミリアリアさん!
ミリアリア:お久しぶりです。
チャンドラ二世:元気?エルスマンとは?
ミリアリア:ふっちゃった。
チャンドラ二世:うっは。
カガリ:あぁ…
ミリアリア:ぁ…
カガリ:ぁ…
ミリアリア:暗号電文です。ミネルバマルマラ海を発進。
キラ:ぇ!
ミリアリア:南下。
ノイマン&マリュー:ぇ!
カガリ:ぇぇ!
マリュー:これで決まりね。オーブ軍はクレタでもう一度ミネルバとぶつかるわ。
カガリ:うッ…
ルナマリア:あッ!
オーブ軍オペレータ:艦影捕捉!
トダカ&アマギ:ん…
オーブ軍オペレータ:距離60、11時の方向です!
オーブ軍艦内アナウンス:総員合戦用意。繰り返す、総員合戦用意。
ネオ:さあて始まるぞ!
アウル:ん?
スティング:どうした?
アウル:ぁいや…ん…何かここ…
スティング:あん?
バート・ハイム:前方に艦影。
タリア:え?
アーサー:なんだとッ!
メイリン・ホーク:ぁ…
バート:空母1、護衛艦3!
タリア:例の地球軍空母は?
バート:確認できません。
タリア:索敵厳に、急いで。オーブ艦だけなんてことはないはずよ。
バート:はい!
タリア:ブリッジ遮蔽、コンディションレッド発令。
メイリン:はい!コンディションレッド発令!コンディションレッド発令!パイロットは搭乗機にて待機せよ。繰り替えず、パイロットは搭乗機にて待機せよ。
アスラン。ザラ:ぁ!
ルナマリア:ぁ…
アウル:な~んか大事なこと、忘れてる気がするんだよなぁ。
スティング:ふん、な~んだよ大事なことって。
アウル:それがわかんねーっつってんの!
オーブ軍オペレータA:第二、第四小隊発進待機位置へ。
オーブ軍オペレータB:第一、第三、第五小隊発進完了。
タリア:インパルスとセイバーを出して。
メイリン:はい!
タリア:面舵30。東に針路を取る。
メイリン:インパルス、セイバー、発進願います。
オーブ軍オペレータ:目標、主砲射程まであと40!
トダカミネルバからのモビルスーツの発進は?
オーブ軍オペレータ:まだです!
ユウナ:よーし勝った!八式弾のシャワーをたっぷりとお見舞いしてやれ!
トダカ:砲術!八式弾一斉射!てぇ!
バート:砲撃、来ます!
アーサー:ええッ!
タリア:モビルスーツ発進停止!回避しつつ迎撃!
ミネルバブリッジ一同:うわぁぁ!
ミネルバパイロット一同:うぅ!
バート:表面装甲、第二層まで貫通されました!
アーサー:くっそー!自己鍛造弾のシャワーだ!
タリア:ダメージコントロール、面舵更に10!
バート:9時の方向に更にオーブ艦!数3!
タリア&アーサー:えッ!?
ムラサメパイロット:よーし、行くぞ!
メイリン:2時方向上空にオーブ軍ムラサメ9!
タリア:シンとアスランを出して。トリスタンイゾルデ照準左舷敵艦群!
アーサー:はい!
タリア:まだあの空母がいるはずよ。索敵急げ!
バート:ばい!
ネオ:(弔い合戦…にもならんがな…ステラ…。だが今日こそはあの艦(ふね)を討つ!)
スティング:スティング・オークレー、カオス、発進する!
アウル:アウル・ニーダ、アビス、出るよ!
シン:シン・アスカ、コアスプレンダー、行きます!
はぁぁぁッ!
アスランアスラン・ザラ、セイバー、発進する!
アスラン(回想):あそこで君が出て素直にオーブが撤退するとでも思ったか!?
君がしなけりゃいかなかったのはそんなことじゃないだろ?
カガリ:うぅ…
アスラン(回想):あんなことはもうやめてオーブへ戻れ。いいな!
カガリ:くっそー!
キラ:行きましょう!
アークエンジェルブリッジ一同:え?
キラ:ラクスも言ってただろ?まず決める。
ラクス・クライン(回想):そしてやり通す。
カガリ(回想):え?
ラクス(回想):それが何かを成す時の唯一の方法ですわ。きっと。
カガリ:キラ…
キラ:だから君は行かなくちゃ。そうだろ?
カガリ:うぅぅ…
マリュー:うん。
ノイマン:ぁ…アークエンジェル、発進準備を開始します!
カガリ:ぁ!
ミリアリア:どいて。
カガリ:ぇぇ…
ミリアリア:貴方には他にやることがあるでしょ?ここには私が座る。
カガリミリアリア
マリュー:貴方がそこに座ってくれるのは心強いけど、でもいいの?せっかく…
ミリアリア:ええ。世界もみんなも好きだから写真を撮りたいと思ったんだけど。今はそれが全部危ないんだもの。だから守るの。あたしも。
キラ:ぇ…
ノイマン:ふ。
マリュー:そう。ありがと。
アウル:そおらぁぁッ!
アスラン:くッ!
スティング:チィッ!
カガリカガリ・ユラ・アスハストライクルージュ、出るぞ!
キラ:キラ・ヤマト、フリーダム、行きます!

 


次回予告
譲れぬ想いは色を分け、時は結末へと向けてただ針を刻む。
次回、「残る命散る命」
混迷の空を裂け!ムラサメ!