アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第29話「FATES」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第29話「FATES」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第29話「FATES」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第29話「FATES」

 

ラクス・クライン:ですからわたくし、見て参りますわ。
キラ・ヤマト:ん?
ラクス:プラントの様子を。
キラ:ええ!?
ラクス:道を探すにも手がかりは必要ですわ。
キラ:それは駄目だ!君はプラントには…
ラクス:大丈夫です、キラ。
キラ:ぁぁ…
ラクス:わたくしももう、大丈夫ですから。
アンドリュー・バルトフェルド:くっそー!上がれー!
ラクス:…
バビパイロット:何だ?あぁ!
キラ:ラクス!
ラクス:キラ!
キラ:やっぱり心配だ、ラクス。僕も一緒に…
ラクス:いえ、それはいけません、キラ。貴方はアークエンジェルにいてくださなければ。マリューさんやカガリさんはどうなります?
キラ:でも…
ラクス:わたくしなら大丈夫ですわ。必ず帰ってきます。貴方の元へ。だから!
キラ:ほんとに気を付けて!ラクス!絶対……
ラクス:キラ!
ギルバート・デュランダル:そうか…。それでそのシャトルを奪った者達のその後の足取りは?
将校:現在、グラスゴー隊が専任で捜索を行っておりますが、未だ…
デュランダル:ん…。しかしよりにもよってラクス・クラインを騙ってシャトルを奪うとは。大胆なことをするものだ。
兎も角早く見つけ出してくれたまえ。連合の仕業かどうかまだ判らんが、どこの誰だろうがそんなことをする理由は一つだろう。彼女の姿を使ってのプラント国内の混乱だ。
将校:はっ!
デュランダル:連中が行動を起こす前、変な騒ぎになる前に取り押さえたい。頼むぞ。
将校:はっ!心得ました!
デュランダル:(だが、奴等が離れたというのは幸いか。ラクス・クライン。そして、キラ・ヤマト。)

デュランダル:彼等がいつどこで何故出会ってしまったのかは、私は知らない。
キラ:救命…ポット…
ハロ:ハロ、ハロー、ハロ、ラクス、ハロ。
AAクルー一同:はぁ??
ラクス:ありがとう。御苦労様です。
AAクルー一同:はぁ??
フレイ・アルスター:ちょっとやだ!止めてよ!
ラクス:…?
フレイ:冗談じゃないわ、なんで私があんたなんかと握手しなきゃなんないのよ!
ラクス:…?
フレイ:コーディネイターのくせに!馴れ馴れしくしないで!
キラ:!!
ラクス:またここに居なくてはいけませんの?
ハロ:マイド、マイドー。
キラ:ええ、そうですよ。
ハロ:テヤンデー。
ラクス:詰まりませんわー…ずーっと一人で。わたくしも向こうで皆さんとお話しながら頂きたいのに…
キラ:これはー地球軍の船ですから…コーディネイターのこと…その……あまり好きじゃないって人も居るし……てか、今は敵同士だし……
ハロ:ラクスー。
ラクス:残念ですわねぇ。
ハロ:オマエモナー。
ラクス:でも!貴方は優しいんですのね!ありがとう。
キラ:…!
ラクス:ふふ。
キラ:僕は!…僕も…コーディネイターですから…
ラクス:…
ハロ:オマエモナー!
ラクス:そうですか。でも貴方が優しいのは、貴方だからでしょう?
キラ:…え?
ラクス:お名前を教えていただけます?
キラ:…キ、キラです…キラ・ヤマト
ラクス:…そう。ありがとう。キラ様。
デュランダルラクス・クラインは当時の最高評議会議長、シーゲル・クラインの娘にしてパトリック・ザラの息子、アスラン・ザラの定められた相手だった。
ラウ・ル・クルーゼ:そう言えば彼女が君の婚約者だったな。
アスラン・ザラ:は、はあ。
クルーゼ:ザラ委員長とクライン議長の血を継ぐ君らの結びつき、次の世代にはまたとない光になるだろう。期待している。
アスラン:ありがとうございます。
デュランダル:それが何故、彼と出会ってしまったのか…
ニュースキャスター:繰り返してお伝えします。追悼慰霊団派遣の準備のため、ユニウス7へ向かっていた視察船シルバーウインドが昨夜消息を絶ちました。
アスランラクス!?
キラ&アスラン:くッ!
フレイ:いやぁぁーーーーぁ…ぁ…
サイ・アーガイル:くッ…
ナタル・バジルールザフト軍に告ぐ!こちらは地球連合軍所属艦、アークエンジェル
クルーゼ:ん?
ナタル:当艦は現在、プラント最高評議会議長、シーゲル・クラインの令嬢、ラクス・クラインを保護している。
アスラン:何っ!?
キラ:え!?
アスラン:卑怯なっ!
キラ:…ああぁ…
アスラン:救助した民間人を人質に取る……そんな卑怯者と共に戦うのが!お前の正義かっ!?キラ!
キラ:…アスラン
フレイ:嘘つきっ!
キラ:…!
フレイ:大丈夫って言ったじゃない!僕達も行くから大丈夫だって!…
キラ:……
フレイ:なんでパパの艦(ふね)を守ってくれなかったの!?
キラ:……
フレイ:なんであいつらをやっつけてくれなかったのよぉっっ!!
ミリアリア・ハウ:…フレイ!…キラだって必死に…
フレイ:あんた…自分もコーディネイターだからって、本気で戦ってないんでしょう!!
キラ:…はっ!
フレイ:うぅ…パパ…パパを返してよ…うぅ…
サイ:…フレイ…
キラ:…ぅぅっ…
ミリアリア:…!キラ!
キラ:うあ゛ぁああ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ…
ラクス:どうなさいましたの?
キラ:…っ!
ハロ:テヤンデイ。
ラクス:?
キラ:…ぁ…
……僕は…僕は、本当は戦いたくなんてないんです。僕だって…コーディネイターなんだし……アスランは…とても仲の良かった友達なんだ…
ラクス:アスラン
キラ:アスランを…知ってるんですか?
ラクス:アスラン・ザラは、わたくしがいずれ結婚する方ですわ。
キラ:…!
キラ:…やっぱり駄目だよ…こんなの!
ハロ:ハロ。マイド、マイド!
キラ:しーっ、ハロ。
ラクス:…ん…
ハロ:テヤンデイ!
ラクス:あら~!キラ様!…どうなさいましたの?
キラ:…黙って、一緒に来て下さい。…静かに…
ラクス:…ぁ…
キラ:アスラン…ザラか…?
アスラン:…そうだ。
キラ:コックピットを開け!
さぁ…
デュランダル:それでも魂が引き合う…定められた者達。定められた物事。
ラクス:ぁ!
アスラン:…
デュランダル:全てをそう言ってしまうなら、では我等が足掻きながらも生きるその意味は…。
クルーゼ:全ての者は生まれ、やがて死んでいく。ただそれだけのことだ。ふ。
デュランダル:だから何を望もうが、願おうが無意味だと?
クルーゼ:いやいやそうではない。ただそれが我等の愛しきこの世界、そして人という生き物だということさ。どれだけどう生きようと、誰もが知っていることだが忘れていること。だが私だけは忘れない。決してそれを忘れない。こんな私の生に価値があるとしたら、知ったときから片時もそれを忘れたことがないということだけだろうがな。ふふふ、はっはっはっ…
デュランダル:だが、君とて望んで生きたのだ。まるで何かに抗うかのように。求めるかのように。
願いは叶わぬものと知った時、我等はどうすればいい?それが定めと知った時に…。
アスラン:ぁ!
キラ:ん?
ぁ!
アスラン:君…の?
キラ:…うん。ありが…とう…。
ぁ!昔…!友達に!
アスラン:!
キラ:大事な友達に貰った、大事な物なんだ…
アスラン:…そう。
ニコル・アマルフィ:うわ゛あ゛あ゛ぁぁぁ!!
アスラン:ニコル!!
キラ:トール!!
ア゛ア゛ズラア゛ア゛ン!!!!
アスラン:キラッ!!!
クルーゼ:そんなことは私は知らない。私は私のことしか知りはなしない。
レイ・ザ・バレル:ぁ…
クルーゼ:迷路の中を行くようなものさ。
レイ:あは。
クルーゼ:道は常に幾つも前にあり、我等は選びただ辿る。君達はその先に願ったものがあると信じて。そして私は……やはりないのだとまた知るために。
タリア・グラディス:仕方がないの。もう決めてしまったの!私は子供が欲しいの。だからプラントのルールに従うわ。だからもう…貴方とは一緒にいられない…。
デュランダル:……そうか。
デュランダル:誰が決めたというのだろう。何を!

キラ:はぁぁ…
ラクス:キラ?
キラ:ぁぁ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…うっ!…ぅ…ハァ…
ラクス:キラ…
キラ:僕は…行くよ。
ラクス:どちらへ行かれますの?
キラ:地球へ。戻らなきゃ。
ラクス:何故?貴方お一人戻ったところで、戦いは終わりませんわ。
キラ:でも、ここでただ見ていることも、もう出来ない。
何も出来ないって言って、何もしなかったら、もっと何も出来ない。
何も変わらない。何も終わらないから。
キラ:あぁ!ガンダム
ラクス:想いだけでも…力だけでも駄目なのです。だから…
タリア:ぁ…
デュランダル:仕方がなかった。では、それは本当に選んだことか?
レイ:うぅ…うぅ…
デュランダル:選んだの本当に自分か?
アスランラクス!
ラクス:はい?
スパイの手引きなどしてはおりません。
アスラン:ぇぇ?
ラクス:キラにお渡ししただけですわ。新しい剣を。
アスラン:ぅ!?
ラクス:今のキラに必要で、キラが持つのが相応しいものだから。
アスラン:キラ…?何を言ってるんです!キラは…あいつは…
ラクス:貴方が殺しましたか?
アスラン:こ…!
ラクス:大丈夫です。キラは生きていますわ。
アスラン:うぅ嘘だ!
ラクス:言葉は信じませんか?
ではご自分で御覧になったものは?敵だと言うのならわたくしを撃ちますか?ザフトアスラン・ザラ
アスラン:俺…俺は…
デュランダル:選び得なかった道の先にこそ本当に望んだものがあったのではないか?
クルーゼ:そうして考えている間に時はなくなるぞ。
デュランダル:く…
クルーゼ:選ばなかった道などなかったと同じ。
キラ:やあ、アスラン
アスラン:キ…ラ…
クルーゼ:もしもあの時…もしもあの時…
マリュー・ラミアス:てぇ!
カガリ・ユラ・アスハ:お父様!お父様ぁぁ!!
アスラン:本気で仰ってるんですか?ナチュラルを全て滅ぼすと!
パトリック・ザラ:これはその為の戦争だ!
アスラン:ぅ…
パトリック:我等は、その為に戦っているんだぞ!それすら忘れたか!お前は!
アスラン:うぅ!
ぅぅ…うおぉぉぉ!!
クルーゼ:いくら振り返ってみても、もう戻れはしない。何も変えることなど出来ない。
ラクス:エターナル、発進してください!
ラクス:キラ!
キラ:ラクス…
ラクス:はい!
カガリ:いいのか?お前の婚約者だろ?
アスラン:…元ね。
カガリ:え?
ラクス:うぅ…
クルーゼ:我等は常に見えぬ未来へと進むしかないのだ。
レイ:ぁぁ…
キラ:ムウさん!
ムウ・ラ・フラガ:キラ!
クルーゼ:さぁ遠慮せず来たまえ。始まりの場所へ!キラ君、君にとってもここは生まれ故郷だろ?
フラガ:親父!?
キラ:え!?
ヴィア・ヒビキ:嘘つき!返して!あの子を返して!もう一人の…!
ユーレン・ヒビキ:私の子だ!最高の技術で、最高のコーディネイターとするんだ!
ヴィア:それは誰の為?貴方の為?
最高のコーディネイター…それがこの子の幸せなの!?
ユーレン:より良きものをと、人は常に進んできたんだ!それは、そこにこそ幸せがあるからだ!
ユーレン:クローンは違法です!
アル・ダ・フラガ:法など変わる。所詮は人の定めたものだ。
ユーレン:しかし…
アル・ダ・フラガ:苦労の末手にした技術、使わんでどうする。欲しいのだろ?研究資金が。
クルーゼ:今ではないいつか。ここではないどこか。
フラガ:これが望みか!?貴様の!
クルーゼ:私のではない!これが人の夢!人の望み!人の業!他者より強く!他者より先へ!他者より上へ!競い、妬み、憎んで、その身を食い合う!
フラガ:貴様の理屈だ!思い通りになど!
クルーゼ:私は結果だよ!だから知る!自ら育てた闇に喰われて人は滅ぶとな!
フラガ:!!
クルーゼ:きっとそこにはあるもの。素晴らしいもの。
カガリ:駄目だ!お前!逃げるな!生きる方が戦いだ!
キラ:それでも!守りたい世界があるんだ!
クルーゼ:ふふふ…
クルーゼ:それを求めて永劫に血の道を彷徨うのだろ?君達は。
不幸なことだな。
レイ:ぁ?
挿入歌(水の証)
デュランダル:救いはないと?
クルーゼ:救いとは何だ?望むものが全て、願ったことが全て叶うことか?
こんなはずではなかったと、だから時よ戻れと祈りが届くことか?ならば次は間違えぬと確かに言えるのか?君は。
誰が決めたというのだ。何を?
デュランダル:ならば私が変える!全てを!戻れぬというのなら始めから正しい道を。アデニン、グアニン、シトシン、チミン。
己の出来ること、己のすべきこと。
それは自身が一番よく知っているのだから。

 


次回予告
守れなかったもの。守りたいもの。守れないもの。
掴み得ぬのは未だ小さきこの手のせいか。
苦しむ少女にただ一つと望むシンの約束の時は。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「刹那の夢」
闇夜を越えて、翔へ!インパルス!