アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第31話「明けない夜」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第31話「明けない夜」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第31話「明けない夜」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第31話「明けない夜」

 

シン・アスカ:そうやって偉そうな顔したって何も出来なきゃ同じです!
アスラン・ザラ:なんだと。
ナース:うッ!
シン:俺は約束は守るさ。ステラを守る。
警備兵A:貴様!そこで何をしている!
警備兵B:どうした!
シン:くッ…
警備兵A:動くな!
警備兵B:うわぁ…
警備兵A:?
警備兵C:うわ…
警備兵D:ぅ…
レイ・ザ・バレル:返すのか?なら急げ。ゲートは俺が開けてやる。
シン:え?
レイ:どんな命でも生きられるのなら生きたいだろう。
タリア・グラディス:どうしたの?何事なの?
シン:行くよ!
メイリン・ホーク:艦長!インパルスが!
タリア:え!?
シン:死なせたくないから返すんだ!だから絶対に約束してくれ!決して戦争とかモビルスーツとか、そんな死ぬようなこととは絶対遠い、優しくて温かい世界へ彼女を返すって!
ネオ:…約束…するよ。
ステラ。
ステラ・ルーシェ:…ネオ。
シン:ぅ…
ネオ・ロアノーク:ありがとうと言っておこうかな。
シン:別にそんなのはどうでもいい!でもさっき言ったことは…
ネオ:分かってるよ。
シン:待って!
ネオ:ん?
シン:ステラがくれたんだ。ステラ、これが好きで。だから…
ステラ:…シン。
シン:忘れないでステラ。俺、忘れないで。
ステラ:…シン。

警備兵:シン・アスカ!軍法第三条G項他の違反により君を逮捕する。
ルナマリア・ホーク:あ!
警備兵:失礼します。シン・アスカを逮捕、連行しました。
ルナマリア:…
タリア:覚悟は出来ている、とでも言いたげな顔ね。レイは信じていたけれど、よく戻ってきたわ。でも戻ればどうなるかは無論解っていたでしょ?ふぅ…。勝手な捕虜の解放、クルーへの暴行、モビルスーツの無許可発進、敵軍との接触。こんな馬鹿げた軍規違反聞いたこともないわ!何故こんなことをしたの?あの子が可哀想だった?でもあれは…
シン:死にそうでした。
アーサー・トライン:ん?
シン:艦長もそれは御存じだったと思いますが?
アーサー:シン!
シン:いくら連合のエクステンデッドだからって、ステラだって人間です!それをあんな風に…。解剖したときにデータが取りにくくなるとか!あんなのとか!あの子が死ぬってこと誰も気にもしない。地球軍だって酷いけど艦長達だって同じですそれじゃあ!
アーサー:シン!口を…
タリア:だからって、貴方のやったことが認めれるわけではないわ。事実彼女は連合のエクステンデッドで、私達は彼女をジブラルタルへ連れて行くようにと司令部から命令を受けていたのよ?個人の勝手な思惑でそれに背くことは許されません!
シン:くッ…
タリア:この件は司令部に報告せざるを得ないわ。処分は追って通達します。それまでの間、シン・アスカにもレイ・ザ・バレル同様営倉入りを命じます。
ルナマリア:シン…
アスラン:くッ…
ルナマリア:ぁ…
タリア:んっもう!
アーサー:ぁ…
タリア:はぁ…
アーサー:ぁ…
シン:ぁ…
ごめん。
レイ:何がだ。
シン:え?いやだって…
レイ:お前に詫びてもらう理由などない。
シン:?
レイ:俺は俺で勝手にやったことだ。
シン:…
レイ:無事に返せたのか?
シン:うん。
レイ:なら良かったな。
シン:ぁぁ、ありがとう。ん?
アスラン:シン。
シン:…なんですか?
アスラン:いや、すまなかったと思って。
シン:?
アスラン:彼女のこと、君がそんなに思い詰めてたとは思わなくて。
シン:あー、別にそんな思い詰めてたってわけじゃありませんけど。ただ嫌だと思っただけですよ。ステラだって被害者なのに。なのにみんなそのことを忘れて、ただ連合のエクステンデッドだって…。死んでもしょうがないみたいに。
アスラン:だがそれも事実ではある。
シン:!?
アスラン:彼女は連合のパイロットであり、彼女に討たれたザフト兵も沢山いるということも事実だ。君はそれを…
シン:それは!でも…でもステラは望んでああなったわけじゃない!解ってて軍に入った俺達とは違います!
アスラン:ならば尚のこと、彼女は返すべきじゃなかったのかもしれない。自分の意志で戦場を去ることも出来ないのなら、下手をすればまた…
シン:じゃあ!あのまま死なせれば良かったって言うんですか!?
アスラン:そうじゃない!だがこれでは何の解決にも…
シン:あんなに苦しんで怖がってたステラを!
アスラン:シン!
シン:それにあの人は約束してくれた!ステラをちゃんと戦争とは遠い優しい世界に返すって!
アスラン:だから自分のやったことは間違っていないとでも言う気か君は!
シン:俺だって!
レイ:シン!もうやめろ。
シン&アスラン:!?
レイ:アスランももういいでしょう。今そんな話をしたって何もならない。
アスラン:レイ…
レイ:終わったことは終わったことで先のことは分からない。どちらも無意味です。ただ祈って明日を待つだけだ。俺達は皆。
シン:…
ネオ:こちら第八十一独立機動軍、ネオ・ロアノーク大佐だ。ボナパルト聞こえるか?識別コードを送る。着艦を許可されたし。
ボナパルトオペレータ:こちらボナパルト。了解。識別コードを確認。ようこそ大佐。アプローチどうぞ。
ステラ:うぅ…
スティング・オークレー:けッ!またえらく辺鄙なところへ連れてきてくれちゃって。だいたいなんだよこりゃ。なんだってこんな死に損ないみたいなのまでわざわざ。
ネオ:いいんだ。君等は知らないことが多すぎるんだから。今更、それも知らなくていいことさ。/td>
ロード・ジブリール(回想):ま、何にでも見込み違いということはある。つまりはミネルバは君の手には余ると、そういうことだったんだな。ではどうしたものかと考えたんだが、幸いデストロイが完成してね。君にはそちらを任せることにした。君達がミネルバ討ってくれていればこんな作戦は必要なかったのだが、仕方ない。腐った部分は早く取り除かないとどんどん広がるからね。あれを使ってユーラシア西側を早く静かにさせてくれてたまえ。今度こそ。それなら出来るだろう?ネオ。
ネオ:…
アーノルド・ノイマン:浮上完了。推力移行します。
ダリダ・ローラハ・チャンドラ二世:周辺に異常なし。目標点まで約90です。
ミリアリア・ハウ:でも寒そう。
ノイマン:実際寒いぞ、フィヨルドのドックは。
チャンドラ二世:だから温泉があるんだよ、アークエンジェルには。
ミリアリア:えー、うそ!?
アマギ:しかし、スカンジナビア王国に匿われてらしたとは。
カガリ・ユラ・アスハ:国王陛下と極身近な方々しか知らぬことだがな。だが本当にありがたいことだと思っている。お父様のこと今でも惜しんでくださって。
アマギ:地球軍の攻撃を受けたおりも真っ先に救援くださいましたな、あの国は。
ゴウ:ああ。
カガリ:私はまだそういったものに守られているだけだ。あなた方のことにしても。
ニシザワ:カガリ様…。
カガリ:だが、ならば今はそれに甘えさせてもらいいつの日かきっとその恩を返す。まだ間に合うというのなら、お父様のように常に諦めぬ良き為政者となることで。
オーブ将兵一同:カガリ様…
イケヤ:オーブ国内にはセイランのやり方に反対し、カガリ様が戻られるのを心待ちにしている者も多くおります。
ニシザワ:自分には政治向きのことは分かりませんがこの戦争、どうみても連合側に非があるように思えてなりません。
ゴウ:となれば、今やその一陣営であるオーブもこのままでは…
ニシザワ:そうです、セイランは馬鹿だ…
カガリ:分かっている。分かっているから少し待ってくれ。私もなるべく早くオーブに戻りたいと思っている。あなた方やクレタで死んでいった者達のためにも。だから今少し、今少し待って欲しい。そして時が来たら、その時は私に力を。オーブのために。頼む。
オーブ将兵一同:無論ですカガリ様!オーブのために!

トリィ:トリィ!
マリュー・ラミアス:お邪魔してもいい?
キラ・ヤマト:すみません。こんなところでサボってて。
マリュー:いいわよ。貴方一人でほんとによく頑張ってるもの、また。
キラ:え?
マリュー:大丈夫?
キラ:…なんか、何でこんなことになっちゃったのかなって思って。何でまたアスランと戦うようなことに。
僕たちが間違ってるんですか?ほんとにアスランの言うとおり、議長はいい人でラクスが狙われたことも何かの間違いで…。
トリィ:トリィ!
キラ:僕たちのやってることの方がなんか馬鹿げた、間違ったことだとしたら…。
マリュー:キラ君…。でも、大切な誰かを守ろうとすることは決して馬鹿げたことでも間違ったことでもないと思うわ。
キラ:え?
マリュー:世界のことは確かに分からないけど。でもね、大切な人がいるから世界も愛せるんじゃないかって、私は思うの。
キラ:マリューさん…
マリュー:きっとみんなそうなのよ。だから頑張るの。戦うんでしょ。ただちょっとやり方が、というか思うことが違っちゃうこともあるわ。その誰かがいてこその世界なのにね。
キラ:…
マリューアスラン君もきっと守りたいと思った気持ちは一緒のはずよ。だから余計難しいんだと思うけど、いつかきっと、また手を取り合える時が来るわ。あなた達は。だから諦めないで。貴方は貴方で頑張って。
キラ:はい。
マリュー:ね。うふふ。
ネオ:君の新しい機体だよ。
ステラ:ぁ…ステラの、新しい?
ネオ:ああ、ステラもこれでまた戦わないとな。でないと怖いものが来て私達を殺す。
ステラ:殺す…ステラも?
ネオ:…うん。
ステラ:ネオも?
ネオ:…そうだ。
ステラ:いや!そんなの…死ぬのはいや!
ネオ:ならやらないとな。ステラなら出来るだろ?怖いものはみ~んななくしてしまわなくちゃ。
ステラ:怖いもの……なくす…うん。
ネオ:…
メイリン:艦長に司令部から特一暗号電文です。
タリア&アーサー:!
アーサー:どうなるんでしょうか?シンは…。
タリア:分からないわね。普通に考えれば銃殺だけど。シンのこれまで功績を考慮してくれれば、それだけは…
ステラ:あは。
ボナパルトオペレータ:生体CPUリンケージ良好。
タリア:防げなかった私達も責任は問われるわよ。
アーサー:ぁぁ…ぁ!
タリア:え!?
アーサー:え?
ボナパルトオペレータ:非常要員待機。X-1デストロイ、プラットホーム、ゲート開放。
ネオ:よし!こちらも出るぞ!
スティング:けど何で俺にはあれくれねぇんだよ。
ネオ:ん?
スティング:あんなわけの分かんねぇ病み上がりより、俺の方がよっぽど…
ネオ:適正なんだ。
スティング:あ?
ネオ:ステラの方が効率がいいと…データ上でな!
スティング:チッ!
警備兵:出ろ。
アーサー:拘束中のエクステンデッドが逃亡の末死亡したことは遺憾であるが、貴艦のこれまでの功績と現在の戦況を鑑み、本件については不問に付す。ええ!?一体これはどういうことですか!?
タリア:はぁ…
警備兵:失礼します。
アーサー:お?
シン:…
タリア&アーサー:…
ステラ:はあぁぁぁッ!!
ザフト兵達:うわぁ!
スティング:ぅ…
ミネルバクルーA:不問だって?
ミネルバクルーB:え!うそ!あれで?司令部が?
ミネルバクルーC:やっぱスーパーエースだもんなぁ。
ヴィーノ・デュプレ:あ!シン!良かったよなぁお前!ああもう心配したぁ!
ルナマリア:ぁ、ん。
ヴィーノ:あ?
シン:ご心配をおかけしました。
アスラン:ん?
シン:もう大丈夫です。いろいろとありがとうございました。
アスラン:いや…。
ルナマリア:…
ステラ:でやあぁぁぁッ!
一般市民達:キャー!
マリュー:あの時はほんと慌てたわよ。
チャンドラ二世:艦長、ターミナルからエマージェンシーです。
マリュー:え?
ステラ:くッ!
一般市民達:キャー!
メイリン:司令部より緊急通達です。
タリア&アーサー:え?
メイリン:ユーラシア中央より地球軍が侵攻。既に3都市が壊滅。ザフト全軍は非常態勢を取れとのこと。
タリア:何ですって!?
キラ:ぁ…
マリュー&キラ:ぁぁ…
マリュー:これは…
カガリ:ぁ…
キラ:こんな…
シン:司令部にも俺のこと分かってくれる人はいるみたいです。
アスラン:…
シン:貴方の言う正しさが全てじゃないってことですよ。
アスラン:…
キラ:行きます!マリューさん!
マリュー:分かったわ。
シン:では。
レイ:失礼します。
アスラン:…
ステラ:やっつけやきゃ…怖いものは全部!

 


次回予告
炎に浮かぶ巨大な影。圧倒的な力。
優しき腕を忘れた瞳に映るのは、ただ恐怖の世界か。
求めて振り下ろすそれぞれの剣が救えたものは。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「ステラ」
暗黒の空、切り裂け!フリーダム!