アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」

 

シン・アスカ:く…
ステラ・ルーシェ(回想):ぁ…ここ…ゴホゴホ…
シン(回想):ぁぁ…
ステラ(回想):守るって…
シン(回想):?
ステラ(回想):シン…ステラ…守るって…
シン:ぅぅ…
シン(回想):ステラ!ステラ!
ステラ(回想):シン…好き…
シン(回想):ぁ…ステラ!!
シン:ぅぅ…大丈夫だよステラ…
何も怖いことなんかない…苦しいこともない…ぅぅ…だから…ぅぅ…
もう何も…君を怖がらせるものはないから…誰も…君をいじめに来たりしないから…
だから…安心して…静かにここで……おやすみ……ぅぅ……
守るって言ったのに…俺守るって言ったのに!…ステラごめん!…ぅぅ…

ザフト兵A:新しい穴を掘ってくれ!
ザフト兵B:身元が分からない死体は焼却だ!
ザフト兵C:*1が届きました!
戦災孤児:ぅぅ…
ザフト兵D:もう大丈夫だぞ。
ザフト兵E:さ、おいで。怖かったな。
戦災孤児:ぅぅ…
ザフト兵F:消毒薬を撒かないと大変なことになるぞ。
ザフト兵G:重機は駄目だ!壁が崩れる!
被災者の男:誰か!この子の親を知りませんか!
ザフト兵H:まだ息がある!手を貸してくれ!
タリア・グラディス:しかし、酷いものだわ。無茶苦茶よ!地球軍は…
アーサー・トライン:そうですね。
タリア:ディオキアにいらした時、議長も我々は何をやっているのかとおっしゃってたけど、ほんとね。
アーサー:正直、こんな戦闘ばかりを繰り返して、どうなるのかという思いはありますね。先の大戦の轍は踏むまい、ナチュラルとはあくまで融和をとする議長のお考えは良いですが…。でも、討つべきものはさっさと討ってしまった方がいいのではないでしょうか?でないといつになっても終わらないと思います。この戦争。
タリア:はぁ…かもしれないわね。
アスラン・ザラ:シン、いいか?
レイ・ザ・バレル:ん?
アスラン:何をやってるんだ?
レイ:シン、アスランだ。
シン:え?ああ…
アスラン:ん?フリーダム!
シン:くっそ!何でこんな!
レイ:カメラが向いてからの反応が恐ろしく早いな。スラスターの操作も見事だ。思い通りに機体を振り回している。
アスラン:ぅ…
シン:フリーダムのパワーはインパルスより上なんだ。それをここまで操るなんて…
アスラン:シン!レイも何をやってるんだ!
シン:えい!
アスラン:ぁ…
シン:何をって…ご覧の通りフリーダムとの戦闘シミュレーションですよ。一体なんです?
アスラン:何故そんなことをしているんだ!
シン:強いからです。
アスラン:!
シン:俺の知る限り、今モビルスーツで一番強いのはこいつです。
あのデストロイさえ倒したんだ。なら、それを相手に訓練するのはいいことだと思いますが。
アスラン:ぅ…
シン:何かあった時、あれを討てる奴がザフトにいなきゃ困るでしょ?まるっきりわけの分かんない奴なんだから。
アスラン:シン!
シン:何ですか!
アスラン:く…
シン:く…
レイ:アスラン!シンも控えろ。
アスラン、シンの言っていることは間違っていないと思います。
アスラン:ぇぇ?
レイ:フリーダムは強い。そしてどんな思惑があるかは知りませんが、我が軍ではないのです。シンの言うようなことは想定されます。
アスラン:…
レイ:いくら貴方がかつて共に戦った者だとしても…
アスラン:だがキラは敵じゃない!
シン:ああん!!
レイ:何故ですか!
アスラン:ぅ…
レイ:ダーダネルスでは本艦を撃ち、ハイネもあれのせいで討たれたのです。貴方だってあれに墜とされたのでしょう。
アスラン:く…
レイ:戦闘の判断は上のすることですがあれは敵ではないとは言い切れません。ならば私達はやはりそれに備えておくべきだと思います。
アスラン:ぅ…
シン:ふん!
レイ:よろしければアスランにもそのご経験からアドバイスをいただければと思いますが。
アスラン:ぇぇ!
シン:いいよレイ。負けの経験なんか参考にならない。
アスラン:なにぃッ!
レイ:すみませんアスラン
アスラン:!
レイ:シンには私から言っておきますから。
アスラン:く…
アスラン:く…
メイリン・ホーク:ん?
シン:フリーダムは…
レイ:ん?
シン:俺が倒す。
キラ・ヤマト:まだ眠ってるんですか?
マリュー・ラミアス:ええ。手当の時に一度目を開けて、自分は地球連合軍第八十八独立機動軍所属ネオ・ロアノーク大佐だと名乗ったそうだけど…。
でも検査で出たフィジカルデータはこの艦(ふね)のデータベースにあったものと100%一致したわ。この人は、ムウ・ラ・フラガよ。いわば…肉体的には…。
キラ:…
コジロー・マードック:だからどういうことだよ!つまり少佐なんだろこれは!
キラ:ええ、それは間違いないんですが…
ネオ・ロアノーク:やれやれ、いつ少佐になったんだ、俺は。
キラ&マードック:!!
マリュー:ぁ!
ネオ:大佐だと言ったろうがちゃんと。捕虜だからって勝手に降格するなよ。
マリュー:ぁ…
キラ:ぁ…
ネオ:ん?
マリュー:ぅぅ…
ネオ:な、なんだよ。一目惚れでもした?美人さん。
マリュー:ぅうう…
ネオ:あ?
キラ:ぁ…ムウさん!
ネオ:ぁ?何だよムウって。
キラ:ぅぅ…
マリュー:うぅ……
マードック:記憶がねえのか。
キラ:ないっていうか、違ってるみたいですね。確かにそうじゃなきゃ地球軍にいるはずなんかないでしょうけど。
マードック:んー…
キラ:でも、あれはムウさんなんです。
マードック:ああ。
キラ:だから僕は…
マードック:まあな…けど記憶がないんじゃあ、かえって酷かもしんねえぜ。艦長もよ。
キラ:…

整備員A:修理って言うよりレストアだって…
整備員B:新品持ってきた方が手っ取り早いよぉ。
整備員A:でもザクは兎も角、セイバーはなぁ…/td>
ヴィーノ・デュプレ:なにぃ!?まだあんの?
ヨウラン・ケント:ん、でもこれで最後かな。もうごちゃごちゃで大変だよ。
シン(回想):俺の知る限り、今モビルスーツで一番強いのはこいつです。何かあった時、あれを討てる奴がザフトにいなきゃ困るでしょ?
ルナマリア・ホークアスラン
アスラン:ぁ…
ルナマリア:どうしたんですか?こんなところで。
アスラン:あぁいや…
ルナマリア:シン、またお咎め無しですね。
アスラン:え?
ルナマリア:まあ、この間の件でも不問だったんだから、そんなもんと言えばそんなもんなんでしょうけど。なんかねえ…あんまりスーパーエースだから何やってもオッケーみたいになると、不満が出ますよね。
アスラン:君は不満そうだな。
ルナマリア:え?
アスラン:だから俺が艦長に掛け合えと、何とかしろと言いたいのか?だが…
ルナマリア:違いますよ!
アスラン:ん?
ルナマリア:私は、アスランにもっと頑張ってもらいたいだけです。
アスラン:え?
ルナマリア:もっと力を見せてくださいよ。
アスラン:え?
ルナマリア:そうすればシンだってもう少し大人しく言うこと聞くとも思うんですよね。
アスランルナマリア
ルナマリアアスランは優しすぎますよ!そういうところも好きですけど……損ですよ?
アスラン:損?
ルナマリア:…ええ、せっかく権限も力もお持ちなんだからもっと自分の思ったとおりにやればいいのにって。
アスラン:ぁ!…権限、力…
ルナマリア:ええ、そうでしょ?
ぁ…
テレビ局員:では議長、よろしいですか?
ギルバート・デュランダル:ああ頼む。始めよう。
テレビ局員:3,2…
デュランダル:皆さん、私はプラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルです。我等プラントと地球の方々との戦争状態が解決しておらぬ中、突然このようなメッセージをお送りすることをお許しください。ですがお願いです。どうか聞いていただきたいのです。
メイリン:艦長!デュランダル議長がプラントから緊急メッセージを!
タリア&アーサー:え?
メイリン:あらゆるメディアを通し、全世界へ向けられています。
アーサー:ええ!?
デュランダル:私は今こそ皆さんに知っていただきたい。
マリュー:何?どういうことなの?
ダリダ・ローラハ・チャンドラ二世:ぁ…
キラ:デュランダル議長…
タリア:艦内に流して。各員可能な限り聞くようにと。
アーサー:はい。
ルナマリアアスラン
アスラン:あぁいやすまない。
デュランダル:こうして未だ戦火の収まらぬわけ。そもそも、またもこのような戦争状態に陥ってしまった本当のわけを。
ヴィーノ:なにこれ?
ヨウラン:議長の緊急メッセージだと。
ルナマリア&アスラン:え?
デュランダル:各国の政策に基づく情報の有無により、未だご存知ない方も多くいらっしゃるでしょう。
女子学生:うそー!?
蕎麦屋の客:なんだこりゃあ…
母親:まあ…
息子:怪獣。
デュランダル:これは過日、ユーラシア中央から西側地域の都市へ向け、連合の新型巨大兵器が侵攻したときの様子です。
ロード・ジブリール:なんだこれは!?
止めろ!放送を遮断するんだ!早くしろ!
デュランダル:この巨大破壊兵器は何の勧告もなしに突如攻撃を始め、逃げる間もない住民ごと3都市を焼き払い尚も侵攻しました。我々はすぐさまこれの阻止と防衛戦を行いましたが、残念ながら多くの犠牲を出す結果となりました。侵攻したのは地球軍、されたのは地球の都市です。何故こんなことになったのか。連合側の目的はザフトの支配からの地域の解放ということですが、これが解放なのでしょうか?こうして住民を都市ごと焼き払うことが!確かに我々の軍は連合のやり方に異を唱え、その同盟国であるユーラシアからの分離、独立を果たそうとする人々を人道的な立場からも支援してきました。こんな得るもののないただ戦うばかりの日々に終わりを告げ自分たちの平和な暮らしを取り戻したいと。
ネオ:ステラ…
デュランダル:戦場になど行かず、ただ愛する者達とありたいと。そう願う人々を我々は支援しました。
被災地の子供:ママー!ママは!?
被災地の女:あの連合の化け物が何もかも焼き払っていったのよ!
被災地の男:敵は連合だ!ザフトは助けてくれた!嘘だと思うなら見に来てくれ!
デュランダル:なのに和平を望む我々の手をはねのけ、我々と手を取り合い、憎しみで討ち合う世界よりも対話による平和への道を選ぼうとしたユーラシア西側の人々を連合は裏切りとして有無を言わさず焼き払ったのです!子供まで!
ジブリール:止めろ!何をやってる!早くやめさせるんだ!あれを!!
ロゴスA:ジブリール!どういうことだねこれは!
ロゴスB:これは君の責任問題だな!
ロゴスC:何をしようというのかねデュランダルは。
ジブリール:うぅぅ…
アスラン:フリーダムが…いない!?
シン:く…
デュランダル:何故ですか?何故こんなことをするのです!平和など許さぬと!戦わねばならないと!誰が!何故言うのです!何故我々は手を取り合ってはいけないのですか!?
キラ&マリュー&カガリ・ユラ・アスハ:あ!
チャンドラ二世:あ!
ミーア・キャンベル:このたびの戦争は確かにわたくしどもコーディネイターの一部の者達が起こした、大きな惨劇から始まりました。
ミネルバクルーA:ラクス様だ!
ミネルバクルーB:ラクス様!
ミーア:それを止め得なかったこと、それによって生まれてしまった数多の悲劇を、わたくしどもも忘れはしません。被災された方々の悲しみ、苦しみは今も尚、深く果てないことでしょう。それもまた新たなる戦いへの引き金を引いてしまったの、仕方のないことだったのかもしれません。
ラクス・クライン:ん…
ミーア:ですが!このままではいけません!こんな討ち合うばかりの世界に、安らぎはないのです!果てしなく続く憎しみの連鎖も苦しさを、わたくし達はもう十分に知ったはずではありませんか?どうか目を覆う涙を拭ったら前を見てください!その悲しみを叫んだら今度は相手の言葉を聞いてください!そうしてわたく達は優しさと光の溢れる世界へ帰ろうではありませんか!
アーサー:ああ…
タリア:はぁ…
ミーア:それがわたくし達全ての人の、真の願いでもあるはずです!
デュランダル:なのにどうあってもそれを邪魔しようとする者がいるのです。それも古の昔から。
自分たちの利益のために戦えと、戦えと!戦わない者は臆病だ、従わない者は裏切りだ、そう叫んで常に我等に武器を持たせ敵を創り上げて、討てと指し示してきた者達。平和な世界にだけはさせまいとする者達。このユーラシア西側の惨劇も彼等の仕業であることは明らかです!
ジブリール:ん!?
タリア:あぁ…
アスラン&ルナマリア:あ!
シン:あ!
マリュー:ぁ…
キラ&カガリ:あ!
ロゴスA:ジブリール
ジブリール:やめさせろ!今すぐあれをやめさせるんだ!何故出来ない!!
デュランダル:間違った危険な存在とコーディネイター忌み嫌うあのブルーコスモスも、彼等の創り上げたものに過ぎないことを皆さんは御存じでしょうか?
ジブリール:ううッ…
黒猫:ニャー
デュランダル:その背後にいる彼等、そうして常に敵を創り上げ、常に世界に戦争をもたらそうとする軍需産業複合体、死の商人、ロゴス!彼等こそが平和を望む私達全ての、真の敵です!
ジブリール:うぅッ!
タリア:ぁぁ…
街の女:ロゴスって?
街の人達:ロゴス?
ルナマリア&アスラン:ぁ…
シン:議長…
デュランダル:私が心から願うのはもう二度と戦争など起きない平和な世界です。よってそれを阻害せんとする者、世界の真の敵、ロゴスこそを滅ぼさんと戦うことを私はここに宣言します!
カガリ:あぁ…これは大変なことになる!艦長!キラ!
メッセージを聞いていた人々:おー!!議長!
メッセージを聞いていた人々:デュランダルデュランダルデュランダルデュランダル

 


次回予告
ロゴスを討つ。新たな夢に熱狂する世界。
その狂乱の中、たった一文、届けられた命令。
二人が討ち合わねばならないそのわけは。
爆炎はやがて勝者を決める。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「悪夢」
自由の海へ、駆け抜けろ!アークエンジェル

 

*1:?