アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE第15話「その涙、宇宙に落ちて」

機動戦士ガンダムAGE第15話「その涙、宇宙に落ちて」

機動戦士ガンダムAGE第15話「その涙、宇宙に落ちて」

 

機動戦士ガンダムAGE第15話「その涙、宇宙に落ちて」


フリット・アスノ:UE…許さない!
ミレース・アロイ:ガンダム、当初の予定通り、アンバット動力部へ移動中
陸戦隊員A:うわあっ
アダムス・ティネル:ああっ…
ギーラ・ゾイ:X領域の力を引き出すサイコネット、ミュンセル
これで本物のXラウンダーにどこまで立ち向かえるか
フリット・アスノ:こちらガンダム、ルートF48より要塞中心へ移動中
フリット・アスノ:目標は近いと思われます
グルーデック・エイノア:そうか、ではあらためて作戦の確認をする
グルーデック・エイノア:こちらが司令室を占拠し、要塞動炉のゲートを開ける
フリット・アスノ:開いたところで、ガンダムで動力炉を破壊する
グルーデック・エイノア:そうだ
フリット・アスノ:うわっ!?
フリット・アスノ:こいつは…!?
ギーラ・ゾイ:見つけたぞガンダムゥッ!
フリット・アスノ:クッ!
ギーラ・ゾイ:デシルを倒すとはたいしたものだな…
フリット・アスノ:!
ギーラ・ゾイ:しかし!
ギーラ・ゾイ:籠の中に入り込んでしまったのがお前の過ちだ
フリット・アスノ:お前が親玉か!?
ギーラ・ゾイ:フ、まあそんなところだ!
フリット・アスノ:そこおっ!
ギーラ・ゾイ:何っ!?
ギーラ・ゾイ:チッ!やるなXラウンダー!
フリット・アスノ:逃がすもんか!
ギーラ・ゾイ:フフフ……
ラーガン・ドレイス:クッ、俺の運もここまでか!
ラーガン・ドレイス:ちくしょおおおっ!!
ラーガン・ドレイス:助かったよ
ラクト・エルファメリ:騎士たる者、友を見捨てはしない!
ラーガン・ドレイス:!
ウルフ・エニアクル:ラーガン、あとは頼んだぞ
待ってろフリットぉっ!
クレド・マッドーナ:損傷レベルの低いものを有線させろお!
敵はもう残り少ないぞお!
ララパーリ・マッドーナ:もう、あんたが興奮しても変わんないだろぉ?
クレド・マッドーナ:こういうときはな、気合が大事なんだ、気合が!
ララパーリ・マッドーナ:フゥ
フリット・アスノ:ッ!
ギーラ・ゾイ:かかった…!
フリット・アスノ:!
ここは!?
フリット・アスノ:このくらい!
ギーラ・ゾイ:何!?
フリット・アスノ:なぜだ?なぜユリンを巻き込んだ!?
ギーラ・ゾイ:クッ、たった1人の犠牲などで騒ぐな!
フリット・アスノ:ただの1人じゃない!!
フリット・アスノ:ユリンなんだぞ!戦争なんかに出てくる人じゃなかったんだ!
ギーラ・ゾイ:しったことか!
わたしたちの故郷では、もっとたやすく命が失われているのだ!
フリット・アスノ:だからって、ユリンを巻き込んでいい理由になるかよ!
ユリンを…
フリット・アスノ(Xラウンダー):ユリンを返せぇぇっ!!
フリット・アスノ:……
フリット・アスノ:ユリン!
フリット・アスノ:ユリン!
ユリン・ルシェル(ほほえみ):フリット
フリット・アスノ:ユリン!
ユリン・ルシェル:フリット…!
フリット・アスノ:!?
フリット・アスノ:うわああぁぁっ!!
エミリー・アモンド:!
バルガス・ダイソン:もたもたするなぁっ!!
弾薬充填作業急げぇっ!!
ディケ・ガンヘイル:修理用のパーツがもう残り少ないよっ!?
バルガス・ダイソン:損傷の大きな機体の部品を流用しろ!
ディケ・ガンヘイル:そんなぁ
エミリー・アモンド:フリット…無事でいるの…?
バルガス・ダイソン:そんなもこんなもないっ!何とかするんじゃ!
フリット・アスノ:こんのおおっ!
ギーラ・ゾイ:何のおっ!
ギーラ・ゾイ:ここまでだ、未熟なXラウンダー!
うわっ!
ウルフ・エニアクル:フリットぉっ!
ギーラ・ゾイ:クソッ
!?
フリット・アスノ:うおおおおっ!
フリット・アスノ:あれは、UE!
フリット・アスノ:逃がさない
ウルフ・エニアクル(外部音声):追い待て!フリット
ウルフ・エニアクル:まいったな、白兵戦かよ
グルーデック・エイノア:この先が、要塞司令室だ
行くぞ
陸戦隊員:うわあっ
グルーデック・エイノア:!
ミレース・アロイ:あっ!
アダムス・ティネル:!
アダムス・ティネル:どうします…?!これじゃ向こうに着く前にハチの巣ですよ…!?
グルーデック・エイノア:クッ
ミレース・アロイ:どうにかやれそうです
グルーデック・エイノア:頼む…!
フリット・アスノ:フゥッ!フゥッ!
フリット・アスノ:あっ!
ギーラ・ゾイ:子どもだと…!?
ミレース・アロイ:解除、完了…!
グルーデック・エイノア:よし、行くぞ!
ミレース・アロイ:はい…!
アダムス・ティネル:はい…!
グルーデック・エイノア:動くな…!武器を捨て、全員投降しろ…!
UE兵:……
グルーデック・エイノア:動力炉のゲートを開けろ!
UE兵:……
アダムス・ティネル:こいつら…?!
グルーデック・エイノア:聞こえないのか!?
動力炉のゲートを開けるんだ!!
グルーデック・エイノア:!
ギーラ・ゾイ:無駄だよ
この者たちは、死など恐れてはいない
ミレース・アロイ:フリット
アダムス・ティネル:何でお前がここに?
フリット・アスノ:…ッ!
ミレース・アロイ:!
アダムス・ティネル:あっ
ミレース・アロイ:人間…!?
ギーラ・ゾイ:そうだ
我々がバケモノのようなエイリアンとでも思っていたか?
フリット・アスノ:思ってたさ!
ミレース・アロイ:!
フリット・アスノ:…お前たちは人間じゃない!
どんな姿をしてようと人間なんかじゃない!
罪のない人たちを巻き込んで!
母さんだって…!
ユリンだって…!
お前たちが殺したんだ!!
ミレース・アロイ:フリット落ち着いて、銃を下ろしなさい!
フリット・アスノ:嫌です…!
ギーラ・ゾイ:武器を与えれば殺し合う、やはり地球の民は愚かだなぁ
グルーデック・エイノア:黙れ、ヤーク・ドレ
ミレース・アロイ:えっ?
アダムス・ティネル:ヤーク・ドレって…あの?
ギーラ・ゾイ:少しは私のことを知っているヤツがいるようだな
グルーデック・エイノア:お前は闇の商人、ヤーク・ドレとして地球圏全域に兵器の情報を流し、内乱を誘発したのだ
しかも、それだけではなかった
わたしは、お前たちUEの調査を進める中で、ヤーク・ドレという男のもう1つの記録を発見した
14年前、『天使の落日』が起きた日
破壊されたコロニー・エンジェル付近で、漂流していた1人の男が救助された
それがお前だ…!
ギーラ・ゾイ:……
グルーデック・エイノア:お前は、味方のモビルスーツをコロニー・エンジェル内に誘導し、襲撃させた…!
連邦軍の基地もない、平和なコロニーだったというのにな…!
ギーラ・ゾイ:ほぉ…
グルーデック・エイノア:コロニー・エンジェルにはわたしの家があった、家族がいた
グルーデック・エイノア:わたしは全てを奪われたんだ!
グルーデック・エイノア:わたしは復讐のためにここへ来た
お前たちを、この手で殺すために…!
ギーラ・ゾイ:復讐…そんなつまらない感情のためにか?
悲しい男だな
グルーデック・エイノア:ならば!お前たちの戦う理由は何だ!?
ギーラ・ゾイ:わたしたちの戦う理由…?
フフフ、フフフッ
教えてやろう、貴様たちがUEと呼ぶ我々の正体を!
呪われた人類の歴史を!
フリット・アスノ:……
クッ…!
CM
ウルフ・エニアクル:ったく、フリットのヤツ、どこいったんだ?
ウルフ・エニアクル:!?
コイツは…?!
UE兵(流血):うう…
ウルフ・エニアクル:人間じゃねぇか…!
フリット・アスノ:……
ギーラ・ゾイ:150年前、人類は増えすぎた人口を地球圏に抱えきれなくなった
そこで打ち立てられたのが火星移住計画『マーズ・バースデー』
アダムス・ティネル:火星、移住計画?
ギーラ・ゾイ:地球連邦は実験的に16基のコロニーを火星圏に建造し、そこに人を移住させた
当初、火星圏は資源も豊富で広々とした新天地だと思われていた
しかし、それは間違いだった
火星の磁気嵐が引き起こすマーズ・レイ?によって、人口の20%が死病に侵される…!
それが火星圏の現実だ…!計画は失敗だったのだ!
ミレース・アロイ:結局、病気の蔓延を食い止められず、移住民たちは全員死亡した…
ギーラ・ゾイ:いいや!
火星には多くの人間が取り残されていた!
地球連邦は、自分たちの調査不足の過失を隠蔽し…!火星圏に残された人々を切り捨てたんだ!
その者たちは、蔓延する死病の恐怖と戦いながら、地球への帰還という悲願を現実にするために、火星圏に新たな国家をつくりあげた
それが我々『ヴェイガン』なのだ
アダムス・ティネル:ヴェイガン…?
ミレース・アロイ:それが…UEの本当の名…
ギーラ・ゾイ:地球圏でぬくぬくと暮らすお前たちに、わたしたちの叫びが聞こえるか…?!
故郷へ帰りたいと願い続ける魂の叫びが…!
グルーデック・エイノア:だからお前たちは、コロニーを破壊して、多くの人間の命を奪ったというのか!?
グルーデック・エイノア:お前たちがやったことは報復戦争、つまりただの復讐だ!
ギーラ・ゾイ:いや違う!!
イゼル・カント様の志は、そんな低次元のものではない
ギーラ・ゾイ:イゼルカント様の計画は、お前たちになど理解できない!
理解できるはずがない!!
フリット・アスノ:だから…
だから何なんだよっ!!
フリット・アスノ:たとえどんな理由があろうと
フリット・アスノ:僕はお前たちを認めないっ!!
ミレース・アロイ(あせり):フリット
ギーラ・ゾイ:貴様に撃てるのか?
人間を…!!
フリット・アスノ:撃てる!!
お前たちは、人間なんかじゃない!!
フリット・アスノ:!
ギーラ・ゾイ:ならば撃ってみろ
ギーラ・ゾイ:貴様にそれだけの覚悟があるのなら…!
フリット・アスノ(戸惑い):…!
フリット・アスノ:!
ギーラ・ゾイ:!
クッ!
フリット・アスノ:ああっ
ギーラ・ゾイ:イゼル・カント様に、お前たちごときが、はむかうことなどできないっ…!
我々の目的は、必ず果たされる…!
いや!果たされねばならんのだ!!
フリット・アスノ:うわっ
フリット・アスノ:うっ
グルーデック・エイノア:!
ギーラ・ゾイ:どけっ!
ギーラ・ゾイ:ぐふっ
ギーラ・ゾイ:・・・ッ
我々も…魂になれば地球に帰れる…
イゼル・カント様、そうですよねぇ…?
わたしもこれで、地球に……
ウルフ・エニアクル:おいおい、冗談だろっ!?
ミレース・アロイ:!
アダムス・ティネル:何だっ!?
アラベル・ゾイ:父さん、この警報はまさか
あっ、お前ら…

父さん?
アラベル・ゾイ:父さん!
…そんな、返事をしてくれよ
父さん…ううっ
グルーデック・エイノア:……
アラベル・ゾイ:父さんっ!
ミレース・アロイ:あっ
アラベル・ゾイ:う、ううっ
この地球種め!
アラベル・ゾイ:うっ
グルーデック・エイノア:わたしの名は、グルーデック・エイノア
アラベル・ゾイ:ううっ
グルーデック・エイノア:お前の父親を殺したのは、このわたしだ
お前はわたしと同じだ
復讐という亡霊にとりつかれて、悲劇的な人生を歩め
ミレース・アロイ:グルーデック艦長!
グルーデック・エイノア:総員撤退、ここもまもなく爆発する
アラベル・ゾイ:……
フリット・アスノ(笑顔):あっ、ウルフさん!
ウルフ・エニアクル(外部音声):フリット、急げ!
フリット・アスノ:はいっ!
イーノ・レジン:艦長!
グルーデック・エイノア:準備は?
ウォルト・ベット:いつでもOKです!
グルーデック・エイノア:よし!
ディーヴァ、離脱する!
フリット・アスノ:UEの要塞が沈んでいく
ララパーリ・マッドーナ:あんた…!
クレド・マッドーナ:ああ、アイツらついにやりやがった
ララパーリ・マッドーナ:あの坊や、頑張ったんだね
バルガス・ダイソン:勝ったっ!!
ディケ・ガンヘイル:うん…!
俺たち、生きてる…!
エミリー・アモンド:ああっ…!フリット…!
ミレース・アロイ:結局、人間同士で戦っていたなんて…
アダムス・ティネル:戦争は、まだ続くのでしょうか…?
ウルフ・エニアクル:多分…な
イーノ・レジン:……
オネット・コーリー:……
アダムス・ティネル:艦長
グルーデック・エイノア:みんな……
グルーデック・エイノア:ありがとう
ミレース・アロイ:艦長…
グルーデック・エイノア(素顔):アイリーン、サラ、少し休んでいいか?
グルーデック・エイノア(素顔):ああっ
アイリーン(ほほえみ):……
サラ(ほほえみ):……
グルーデック・エイノア(素顔):…ただいま
サラ:パパお帰りなさい
アイリーン:お疲れ様、あなた
エミリー・アモンド:……
エミリー・アモンド:フリッ……

フリット・アスノ:ユリン…
フリット・アスノ:クッ
フリット・アスノ:結局、何もできなかった…
ユリンのことも守れなかった…
エミリー・アモンド:……
フリット・アスノ:救世主になって、みんなを守るって誓ったのに……!
ッ…!
フリット・アスノ:なるんだ…!
UEを倒して…僕が救世主になる!
ミレース・アロイ(語り):UEの隠れ家であった宇宙要塞アンバットを叩いたこの戦いは、のちに『コウモリ退治戦役』と呼ばれ
地球圏に大きな波紋を投げかけることになりました
グルーデック・エイノア:わたしはディーヴァのクルーを脅し、無理やりに作戦を実行させました
これは、わたし1人の責任です
ミレース・アロイ(語り):そして、グルーデック艦長は、軍法違反の罪をかぶり、反逆者として服役することになったのです
彼の行動によってUEの正体が暴かれ、大きな戦果を挙げることになったというのに
ミレース・アロイ(語り):彼は反逆者なのか?
…それとも英雄なのか?
その後、地球連邦政府は、作戦遂行は、連邦軍総司令部の決断であると発表しました
真実は隠蔽されたのです
150年前、火星移住計画の失敗をやみに葬り去ったときと同じように…
ミレース・アロイ:その愚かな行為が、全ての始まりだというのに
UE兵:地球圏への航路へ入ります
ヴェイガン参謀:アンバットは予想外でしたな
メデル・ザント:フッフ…気に病むことはない
イゼル・カント様の計画は、まだ始まったばかりだ
フッフ…


ナレーション:時代は移り変わり、新たな世代へとガンダムは受け継がれていく
次回、機動戦士ガンダムAGE
「馬小屋のガンダム
3つの運命が歴史になる


フリット・アスノ:ついにUEの正体がわかった
UEの正体は、火星移住計画の失敗によって、火星圏に取り残された人類だった
彼らはヴェイガンと名乗る独立国家を組織し、地球圏に戦闘行為を仕掛けていたんだ