アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第36話「アスラン脱走」

 

シン・アスカ:仇は取りましたよ。貴方のもね。
アスラン・ザラ:くっ!
シン:何するんですか!
ルナマリア・ホークアスラン!シン!
ギルバート・デュランダル:私だって名を挙げた方々に軍を送るような馬鹿な真似をするつもりはありません。ロゴスを討つというのはそういうことではない。ただ、彼等の創るこの歪んだ戦争のシステムは、今度こそもう本当に終わりにしたい。歩み寄り話し合い、今度こそ彼等の創った戦う世界から共に抜け出そうではありませんか!
暴徒A:ロード・ジブリール
暴徒B:ブルーコスモスの親玉だ!引きずり出せ!
ロード・ジブリール:こんな…こんな馬鹿なことが!くっそー!デュランダルめ!
レイ・ザ・バレル:シンは気が乗らないか?対ロゴスは。
シン:いや、そんなこと…
議長の言葉聞いて俺凄く感動したよ。難しいって言ってたのに、議長やるんだ。諦めないんだって。だったら俺だって、どんな敵とでも戦ってやるさ!
デュランダル:また話したいこともいろいろあるが、まずは見てくれたまえ。もう先ほどから目もそちらにばかり行ってしまっているだろう?
シン:ぁぁ…
アスラン:ぁぁ…
デュランダル:君達の新しい機体だよ。

デュランダル:デスティニーは火力、防御力、機動力、信頼性、その全ての点においてインパルスを凌ぐ最強のモビルスーツだ。
シン:ぁぁ…
デュランダル:一方のレジェンドは量子インターフェイスの改良により、誰でも操作出来るようになった新世代のドラグーンシステムを搭載する実に野心的な機体でね。どちらも工廠が不休で作り上げた自信作だよ。どうかな?気に入ったかね?
シン:はい!凄いです!
アスラン:…
ミーア・キャンベル:?
デュランダル:デスティニーには特に君を想定した調整を加えてある。
シン:え?俺をですか?
デュランダル:最新のインパルスの戦闘データを参考にしてね。
シン:はぁ。
デュランダル:君の操作の癖、特にスピードはどうやら通常を遙かに越えて来始めているようだね。
シン:えぇ…
デュランダル:いや凄いものだな君の力は。このところますます。
シン:いえ、そんな。
デュランダル:インパルスでは機体の限界にイラつくことも多かったと思うが、これならそんなことはない。私が保証するよ。
シン:はい!ありがとうございます!
デュランダル:君の機体はこのレジェンドということになるが、どうかなアスラン。ドラグーンシステムは。
アスラン:え…
デュランダル:私は君なら十分に使いこなせると思うな。
アスラン:…
シン:ん?
ミーア:ん?
デュランダル:ん?どうしたね、アスラン
アスラン:…これはこれからロゴスと戦っていくために…ということですか?
シン&ミーア:ぁ?
アスラン:戦争をなくすためにロゴスと戦うと、議長は仰いました。
デュランダル:ああ。戦いを終わらせるために戦うというのも矛盾した困った話だが。だが仕方ないだろ?彼等は言葉を聞かないのだから。
アスラン:…
デュランダル:それでは戦うしかなくなる。
アスラン:でも何故彼等を…
デュランダル:ん?
アスランアークエンジェルとフリーダムを討てと命じられたのですか?
シン:あんたまだ!
デュランダルアスラン
アスラン:あの艦(ふね)は確かに不用意に戦局を混乱させたかもしれません。でもその意志は私達と同じでした。戦争を終わらせたいと、こんなことはもう嫌だと。デストロイに立ち向かっていったのだって彼等の方が先だ!
シン:むぅ…
アスラン:なのに何故!?話し合う機会すらないままあんな命令を!
デュランダルアスラン…。では私も聞くが、ならば何故彼等は私達の所へ来なかった?
アスラン:ぅ…
デュランダル:想いが同じと言うのなら彼等がこちらへ来てくれてもよかったはずだ。私の声は届いていただろう?なのに何故彼等は来ようともせず戦ったのだ。
アスラン:ぅぅ…
デュランダル:機会がなかったわけでもあるまい。グラディス艦長も戦闘前には投降を呼び掛けたと聞いている。
アスラン:それは…!
ミーア:ぅ…
デュランダル:ん?ふ、ラクスだってこうして共に戦おうとしてくれているのに。
アスラン:ぇぇ…くっ…議長!
シン:アスラン
アスラン:ぅぅ…
デュランダル:君の憤りは分かる。
アスラン:ええ?
デュランダル:何故こんなことに、何故世界は願ったように動かないのかと。実に腹立たしい想いだろう。だが言ってみれば、それが今のこの世界、と言うことだ。
アスラン&シン:え?
デュランダル:今のこの世界では、我等は誰もが本当の自分を知らず、その力も役割も知らず、ただ時々に翻弄されて生きている。
アスラン:議長!
デュランダルアークエンジェル、いや君の友人のキラ・ヤマト君に限って言っても、そうだな、私は実に彼は不幸だったと思う。気の毒に思っているよ。
アスラン:不幸?
デュランダル:あれだけの資質、力だ。彼は本来戦士なのだ。モビルスーツで戦わせたら当代彼に敵う者はないと言うほどの腕の。
シン:むぅ…。
デュランダル:なのに誰一人、彼自身それを知らず、知らぬが故にそう育たず、そう生きず、ただ時代に翻弄されて生きてしまった。
アスラン:ぅ…
デュランダル:あれほどの力、正しく使えばどれだけのことが出来たか分からないというのにね。
ミーア:ぁ…
デュランダルラクスと離れ何を思ったのかは知らないが、オーブの国家元首を攫い、ただ戦闘になると現れて好き勝手に敵を討つ。
アスラン:ぅぅ…
ミーア:ぁ!
デュランダル:そんなことのどこに意味があるというのかね。
アスラン:しかしキラは!
デュランダル:以前、強すぎる力は争いを呼ぶと言ったのは、攫われた当のオーブの姫だ。
アスラン:ぁ…
デュランダルザフト軍最高責任者として私はあんなわけの分からない強大な力を、ただ野放しにしておくことは出来ない。だから討てと命じたのだ。それは仕方のないことだろう。
アスラン:うぅ…
デュランダル:本当に不幸だった。彼は。彼がもっと早く自分を知っていたら、君達のようにその力と役割を知り、それを活かせる場所で生きられたら。
アスラン:は!
ミーア:?
デュランダル:彼自身も悩み苦しむこともなく、その力は称えられて幸福に生きられただろうに。
シン:幸福…
デュランダル:うん。
シン:あぁ、でありますか?
デュランダル:そうだよ。人は自分を知り、精一杯出来ることをして役立ち、満ち足りて生きるのが一番幸せだろ?
シン:ぁぁはい。
デュランダル:この戦争が終わったら私は、是非ともそんな世界を創り上げたいと思っているのだよ。誰もが皆幸福に生きられる世界になれば、もう二度と戦争など起きはしないだろう。夢のような話だがね。だが必ずや実現してみせる。だからその日のためにも、君達にも今を頑張ってもらいたいのだ。
シン:はい!
アスラン:…
ミーア:ぁ…
ポートアナウンスA:ディビジョンパールドアボユニット*1は第三パドックへ移送してください。
ポートアナウンスB:補給隊ドビシティーエル班、エロ班は至急三番デッポウ*2に出頭せよ。
ポートアナウンスC:機体の熱紋登録は第八から第十四エプロンで行っています。IFFのセットアップはシーハンガーです。
ポート管制官:ポートコントロールより通達。接近中の地球軍艦艇オブジェクト729は東アジア共和国より合流した友軍である。ステータスブルー。警戒態勢は解除。繰り返す…
アーサー・トライン:しかし凄いものですねえ。こんなに連合側の軍が参集してくるとは。
タリア・グラディス:ええ。でもなんかこう…落ち着かないわね。
マリク・ヤードバーズ:そうですね。もうあれは敵と刷り込まれている感じで…確かに。
アーサー:ほんと、これで一斉に裏切られたらジブラルタルはお終いですね。はっはっはっ…あ…あれ?
タリア:もう馬鹿なこと言わないの!アーサー!そうでなくとも作戦前でみんなピリピリしてるのに。
アーサー:すすすみません!
タリア:でも、これでヘブンズベースを討ち、逃げ込んだロゴスを討っても問題はそのあとね。本当にこれでロゴスを滅ぼすことが出来るのかしら…。
レイ:ミネルバ所属レイ・ザ・バレル、出頭いたしました。
デュランダル:レイ!元気だったかね?大丈夫か?体の方は。
レイ:はい。
デュランダル:ロドニアのラボでは辛い目に遭ってしまったな。いや私も迂闊だった。
レイ:いえ、ギルのせいではありません。大丈夫です。私も自分があんな風になるとは思っていませんでしたので、驚きましたが。
デュランダル:何か飲み物は?またいろいろと細かい話を聞かせてもらいたいものだな。
レイ:はい、ありがとうございます。
ミーア:ぁぁ…

キラ・ヤマト(回想):本当にそう?プラントは本当にそう思ってるの?あのデュランダル議長って人。じゃああのラクス・クラインは?今プラントにいるあのラクスは何なの?
デュランダル(回想):私が心から願うのはもう二度と戦争など起きない平和な世界です。
キラ(回想):それでも僕たちはオーブを討たせたくないんだ。
デュランダル(回想):ならば何故彼等は私達の所へ来なかった?
キラ(回想):討ちたくない…討たせないで。
アスラン:(キラ…)
ミーア:アスランアスラン
アスラン:ぁ…ぁぁ…
ミーア:ぁぁやっぱりいた。駄目よこんなことしてちゃ。
アスラン:え?
ミーア:貴方、さっきも格納庫で議長にちゃんとお返事しなかったし。こんなことしてたらほんとに疑われちゃう。
アスラン:はあ?
ミーア:あのシンて子はもうずっと新型機のところにいるのよ?貴方も早く!
アスラン:疑うって何をだ。
ミーア:貴方は駄目だって。
アスラン:はあ?
ミーア:ほらこれ。
アスラン:は!
ミーア:議長、あのレイって子と話してて、それで…
アスラン:…
デュランダル(回想):そうか、やはり駄目かなアスランは。
レイ(回想):思われた以上に彼のアークエンジェルとフリーダムに対する想いは強かったようです。
デュランダル(回想):んー…彼もまた戦士でしかないのにな。余計なことを考えすぎるんだ。それがせっかくの力を殺してしまっている。キラ・ヤマトのせいかな?彼と出会ってしまったのは不幸ということか。アスランもまた。
レイ(回想):かもしれません。
デュランダル(回想):だが彼はもういない。ならば…
レイ(回想):いえ。生きています。
デュランダル(回想):ん?
レイ(回想):彼が殺さない限り。胸の中では。
デュランダル(回想):は、それは厄介だね。罪状はある。あとは任せていいか?
レイ(回想):はい。
ミーア:ね?だからまずいの!やばいの!
アスラン:ぅぅ…
ミーア:早くそんなことありませんて見せないと、このままじゃ議長貴方を…
アスラン&ミーア:?
保安部員:ミネルバ所属特務隊アスラン・ザラ。保安部の者です。ちょっとお話をお聞きしたいことがあるのですが。
アスラン:流石議長は頭がいいな。
ミーア:え?
アスラン:俺のこともよく分かってる。
ミーア:ぁ…
保安部員:アスラン・ザラ!開けてください!
アスラン:確かに俺は、彼の言うとおりの戦う人形になんかはなれない!いくら彼の言うことが正しく聞こえても!
ミーア:え…
保安部員A&B&C:ぁ!
保安部員A:ふん!
ミーア:あぁ…
保安部員A:ったく!悪あがきを!
保安部員B:探せ!
保安部員C:うわっ!
ミーア:ぁ…
保安部員B:どわっ!
ミーア:ぁぁ…
保安部員A:うわっ!
ミーア:ぁ…
アスラン:早く!
ミーア:あー!
ミーア:ぁぁアスラン
アスラン:ん?
ミーア:アスランどうして!?
アスラン:議長は自分の認めた役割を果たす者にしか用はない。
ミーア:え?
アスラン:彼に都合にいいラクス、そしてモビルスーツパイロットとしての俺。
ミーア:ぁ…
アスラン:だが君だってずっとそんなことをしていられるわけないだろ!
ミーア:え…
アスラン:そうなればいづれ君だって殺される!だから一緒に!
ミーア:ええ!?
あ、あたしは!あたしはラクスよ!
アスラン:ミーア!
ミーア:違う!
アスラン:ぁ?
ミーア:あたしはラクス!ラクスなの!ラクスがいい!!
アスラン:君…
ミーア:役割だっていいじゃない!ちゃんと…ちゃんとやれば!そうやって生きたっていいじゃない!!
だから…アスランも…ね?大丈夫よ…。
アスラン:ぅ…ミーア!
ミーア:ぅぅ…ぁぁ…
アスラン:くっ!
ミーア:ぅぅ…ぅぅ…
保安部員A:ドアは固めたんだな?では各部屋と周辺を探せ!
保安部員B:は!
保安部員A:出来れば拘束したいところだが万一の場合は射殺もやむを得ん。
メイリン・ホーク:いったい何?何が…ぁ?
アスラン:ぁ…
メイリン:あぁ!アスランさ…
アスラン:ごめん!外に出たいだけなんだ。頼む、静かにしてくれ。
メイリン:ぅ、うん。追われてるの貴方?でもどうして?
アスラン:そんなことはあとでレイにでも聞いてくれ。
メイリン:え?
アスラン&メイリン:ぁ!
保安部員:保安部だ。室内を検分したい。ドアを開けろ。
アスラン:俺が出たら声を上げろ。銃で脅されていたと言え。
メイリン:ぇ…ぁ…ん!こっち!
アスラン:ぁ…
保安部員:おい!いないのか!
メイリン:あ、はい!
アスラン:馬鹿!無理だ!
メイリン:大丈夫です。
アスラン:ぁ…ぁぁ…
保安部員:おああ!
保安部員A&B:ぁ…
ルナマリア:ちょっとメイリン!やだなんて格好よあんた!
メイリン:ぁ、お姉ちゃん。だってシャワー浴びてたらドンドンドア叩くんだもん。
ルナマリア:むぅ。いいからあんたはさっさと服を着なさいみっともない。だいたいなーに?これは何の騒ぎなの?
保安部員:ぁぁいえ…
アスラン:はぁ…
メイリン:ぁ…ぁぁ…ぅぅ…ぅぅ…
アスラン:ありがとう。でも何故…
メイリン:ぅぅ…分からない…ぅぅ…
アスラン:…でも助かった。すまない。
メイリン:ぁ
アスラン:うわ…
メイリン:か、格納庫!ちょっと待って!
基地のホストに侵入してどこかで警報を出せれば!
デュランダル:ん?
保安部員:くっそー港か!いつの間に!
シン:ん?
メイリン:車まわします!見えたら出てください!
アスラン:あ、ああ。
タリア:なーに?何事なの?
デュランダル:タリア。
タリア:はい!
デュランダル:子細はまだ分からんが、アスランが突然こちらの保安要員を打ち倒して逃走した。
タリア:ええ!?
デュランダルミネルバに行くことはないと思うが一応知らせておく。ことによったらレイやシンを借りるかもしれん。
タリア:逃走って…何故です!?
デュランダル:だからまだ分からんと言ったろ。また後で連絡するよ。
タリア:…
シン:何なんですかあの警報。
保安部員:分からんがスパイみたいだ。
シン:え?
保安部員:連合も混じってごちゃごちゃだからなあ今は、まったく。
メイリン:追っ手はほとんどが港です。今なら……行ってください!
アスラン:でも君…
メイリン:殺されるくらいなら…行った方がいいです!
アスラン:は!
メイリン:きゃあ!
アスラン:うっ!
レイ:やっぱり逃げるんですか!また!
アスラン:レイ!
レイ:俺は許しませんよ!ギルを裏切るなんてこと!
メイリン:きゃあ!
アスラン:やめろレイ!メイリンは!
メイリン:きゃぁ…
アスラン:くっ…
レイ:うっ!
アスラン:ぅ…
メイリン:ぁ…
アスラン:ごめん!でもこのままじゃ君が…
メイリン:ぅぅ…
レイ:シン!デスティニーとレジェンドの発進準備をさせろ!
シン:え?何で?
レイ:逃走犯にモビルスーツを奪取された!追撃に出る!
シン:ええ!?
ルナマリア:え!?
タリア:え!?
デュランダル:ん!?
ミーア:ぁぁ…
メイリン:で、でも、どうする?
アスランアークエンジェルを探す!
メイリン:え!?だってあの艦(ふね)は…
アスラン:沈んじゃいない。きっとキラも!
レイ:議長。
デュランダル:ああ、分かっている。頼むよ、レイ。
シン:レイ!
レイ:いいか!?
シン:ああ、けど何でまたスパイになんか…
レイ:油断するなよ、追うのはアスラン・ザラだ。
シン:ええ!?
アスランって…そんな…何で!

 


次回予告
追うのはアスラン。それは不可解な事実。
では今まで見ていたものは。知っていたつもりのことは。
ぶつかり合う言葉は悪夢の海へ消え、時はただシンに決断を迫る。
次回、機動戦士ガンダムSEED DESTINY、「雷鳴の闇」
その運命(さだめ)、導けレジェンド!

 

【フィギュア検索ならここから】

 

 

ガンプラ検索ならここから】

 

 

*1:?

*2:?