アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

 

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

 

アスラン・ザラ:要はやはりこの一次中継ステーションか。まずこれを落とさなければまたいつどこが撃たれるか分からない。
キラ・ヤマト:うん。
メイリン・ホーク:目標まで180。
ネオ・ロアノーク:足の速い二隻が先行して中継ステーションを落とし、オーブ麾下の主力はレクイエム本体を破壊、か。近くにはザフト月機動艦隊もいるってのに。やれやれだな。
マリュー・ラミアス:でもやるしかないわ。彼等に負けたくなければ。
ラクス・クライン:勝敗を決めるのはスピードです。敵の増援に包囲される前に中継ステーションを落とします。
ダリダ・ロー・ラパ・チャンドラ二世:目標まで150。
メイリンザフト軍防衛戦、光学映像出ます。
ザフト将校A:議長、アークエンジェルとエターナルがステーション1に接近中。
ザフト将校B:ダイダロスにもオーブ艦隊を中心としたナスカ、ローラシア級、並びに地球軍艦隊が。
ギルバート・デュランダル:分かっている。ミネルバゴンドワナ、月艦隊の半分をステーション1へ回せ。残りはダイダロスのローランの下に。
ザフト将校A&B:は!
デュランダル:ステーション2はどうなっているか?
ステーション1オペレータ:接近する艦影あり。数2、レッド22、チャーリー、距離120。
デュランダル:(問題は数でも装備でもないのだ。)
ステーション1守備隊司令:コンディションレッド発令。守備隊は直ちに発進せよ!
デュランダル:問題は…
キラ:ラクス、発進する。いいね?
ラクス:はい。
キラ:アスラン
アスラン:ああ、行こう!
アンドリュー・バルトフェルドミーティア起動。総員、第一戦闘配備。
マリュー:エターナルの前に出る。ゴットフリート、バリアント起動。ミサイル発射管、全門コリントス装填。
キラ:キラ・ヤマト、フリーダム、行きます!
アスランアスラン・ザラジャスティス、出る!
ラクス:通信回線をわたくしに。
メイリン:はい。
バルトフェルドミーティアリフトオフ。
ラクス:こちらはエターナル。ラクス・クラインです。中継ステーションを護衛するザフト軍兵士に通告いたします。わたくし達はこれより、その無用な大量破壊兵器の排除を開始します。
ザクパイロット:ラクス様!
パイロット:いやだが、どっちの…
ステーション1守備隊司令:なに?
ラクス:それは人が守らねばならないものでも、戦うのために必要なものでもありません。平和のためにとその軍服を纏った誇りがまだその身にあるのなら、道を空けなさい!
レイ・ザ・バレル:議長。
デュランダル:やあレイ。シンも。よく来てくれたね。

ザフトパイロット:ぁぁ…
ステーション1守備隊司令:チィ!何をしているか!
ブリッジ一同:ぁぁ…
ステーション1守備隊司令:あれはロゴスの残党!議長の言葉を聞かず、自らの古巣と利権を頑なに守らんとする奴等の残存勢力だぞ!撃て!撃ち落とすんだ!ザフトの為に!これは命令だ!
アビー・ウィンザー:艦隊司令部から入電です。
タリア・グラディス:ん?
アビー:現在ステーション1にて守備隊とアークエンジェル、エターナルが交戦中。月機動艦隊、並びにミネルバはこれの支援に向かわれたし。
アーサー・トライン:あ、アークエンジェル
タリア:…
イザーク・ジュール:あいつらぁ…
ディアッカ・エルスマン:でも連絡ないのは当たり前だぜ?俺達はザフト軍なんだからなぁ、やっぱり。
イザーク:分かっている!兎も角発進だ!とっとと艦(ふね)を出せ!
副長:は、はい!
デュランダル:どうしたね?なんだかあまり元気がないようだが。
シン・アスカ:ぁ…いえ。
デュランダル:まただいぶいろいろとあって戸惑ってしまったかな?
シン:…はい。
デュランダル:確かにアーモリーワンでの強奪に始まってユニウスセブンの落下、そして開戦からこんな事態にまでなってしまったんだ。誰だって戸惑うだろう。だが、そんなやりきれないことばかり続いたこの戦うばかりの世界も、もう間もなく終わる。
レイ:はい。
シン:…
デュランダル:いや、どうか終わらせてくれ、と言うべきかな。君達の力で。
レイ:はい。
ミリアリア・ハウ:右舷よりミサイル4!
マリュー:回避!ヘルダート!てぇ!
ラクス:戦闘をやめ、道を空けなさい!
バルトフェルド:うぅ…
ラクス:このようなものをもうどこに向けてであれ、人は撃ってはならないのです。下がりなさい!
ゲイツRパイロット:ぁ…
グフパイロット:馬鹿!何をやっている!
ゲイツRパイロット:ぅ…
デュランダル:今、レクイエムのステーション1がアークエンジェルとエターナルに攻撃されている。
シン:ええ!?
デュランダル:私があれで尚も反抗の兆しを見せた連合のアルザッヘル基地を討ったので、それを口実に出てきたようだが。いや、全く困ったものだよ。我々はもうこれ以上戦いたくないというのにね。これでは本当にいつになっても終わらない。
レイ:はい。でも仕方ありません。彼等は言葉を聞かないのですから。今ここで万が一、彼等の前に我々が屈するようなことになれば、世界は再び混沌と闇の中へ逆戻りです。嘆きながらも争い、戦い続ける歴史は終わらない。変わりません。そうなれば人々が平和と幸福を求め続けるその裏で、世界はまたも必ずや新たなロゴスを生むでしょう。誰が悪いわけでもない。それが今の人ですから。俺は思う。絶対に世界をそんなものにはしたくありません。ようやくここまで来たんです。
シン:レイ…
レイ:デスティニープランは絶対に実行されなければなりません。
デュランダル:そうだな。
アスラン:ええい!
ナスカ級ブリッジ一同:うわぁ!
キラ:アスラン
アスラン:ああ!
キラ:ぁ!
アスラン:ん?
バルトフェルド:ん?
マリュー:ぁ!
ラクス:ぁ!
キラ:ミネルバ
アスラン:くぅ…
デュランダル:君はどうかな?シン。
シン:ぇ…
デュランダル:やはり君も同じ思いか?
シン:ぁ…
俺は…
レイ(回想):実際、俺にはもうあまり未来はない。テロメアが短いんだ。生まれつき。俺は、クローンだからな。
シン:…
レイ(回想):キラ・ヤマトという夢のたった一人を作る資金のために俺達は作られた。
シン(回想):ぇぇ?
レイ(回想):おそらくはただ出来るという理由だけで。だがその結果の俺は、ふ、どうすればいいんだ?父も母もない。俺は俺を作った奴の夢など知らない。人より早く老化しもうそう遠くなく死に至るこの身が、科学の進歩の素晴らしい結果だとも思えない。
シン(回想):レイ…
レイ(回想):もう一人の俺はこの運命(さだめ)を呪い、全てを壊そうと戦って死んだ。だが誰が悪い?誰が悪かったんだ?
俺達は誰もが皆、この世界の欠陥の子だ。
だからもう、全てを終わらせて還る。俺達のような子供がもう二度と生まれないように。
シン:くっ…
レイ(回想):だからその未来は、お前が守れ。
シン:…はい。俺も、レイと同じ想いです。

アークエンジェルブリッジ一同:うっ!
マリュー:うぅ!
ミリアリア:オレンジ12に新たにモビルスーツ4!
マリュー:取り舵10!コリントス、てぇ!
ネオ:ネオ・ロアノーク、アカツキ、行くぜ!
ヒルダ・ハーケンラクス様の艦(ふね)を討とうなんて、巫山戯た根性してんじゃないか!ええ!
イザーク:ああ?なんだあのモビルスーツは!
ディアッカ:そんなことよりどうすんだよ隊長。俺達は?
イザーク:あん?
ディアッカ:一応出てって瞬殺されてくる?
イザーク:馬鹿者!そんな根性なら最初から出るな!
ディアッカ:いや、だってなぁ…
イザーク:俺が出る!
ディアッカ:はぁ?
副長:隊長!
イザークボルテールは後ろから支援だけしていろ!いいな!前に出るなよ!死ぬぞ!
副長:ぁ、はい…
アーサー:あの、艦長?
タリア:分かってるわ。
マリュー(回想):でも同じですわ。やっぱり先のことは分かりませんので、私達も今は今思って信じたことをするしかないですから。
タリア:(私も同感よ。だから今は戦うしかないわ。終わらせるために!)
アーサー:あのぉ…
タリア:これより本艦は戦闘を開始する。インパルス発進!全砲門開け。照準、アークエンジェル
アーサー:は、はい!
タリア:ザフトの誇りに賭けて、今日こそあの艦(ふね)を討つ!
マリュー:(グラディス艦長…)
ミリアリアミネルバ、来ます!
マリュー:取り舵10、下げ舵15。ゴットフリート照準ミネルバ
ネオ:ええい!
ディアッカ:けどどうするんだよイザーク。お前まさか…
イザーク:今俺が殴りたいのはあいつだけだ!
ディアッカ:あん?
キラ&アスラン:くっ…
イザーク:よくもまたおめおめと!あんなところに!!
ディアッカ:はぁ…
ルナマリア・ホークルナマリア・ホーク、コアスプレンダー、行くわよ!
くっ!
タリア&マリュー:てぇ!
デュランダル:ステーション1はもう間もなく落ちるだろう。だがまあいい。換えはまだある。そのあと彼等はおそらくそのままこちらへ来るだろう。なんといっても数が少ないからな。
レイ:はい。
ルナマリア:くっ!
メイリン:(ぁ!インパルス!お姉ちゃん!)
ルナマリア:(これでいいのよね?これでいいのよね?シン!)
メイリン:お姉ちゃんやめて!
ルナマリア:ぁ!メイリン!?エターナルに?
メイリン:何で戦うの?何で戦うのよ!どのラクス様が本物か何で分かんないの!
ルナマリア:ぁ…
デュランダルミネルバや守備隊がだいぶ消耗させてくれるとは思うが。だが分かっているな?彼等は強い。それで討てねば全ては終わるぞ。
レイ:分かっています。
ヒルダ:マーズ!ヘルベルト!あいつをやるよ!いいかい!
ヘルベルト・フォン・ラインハルト:あいよ。
マーズ・シメオン:おう!
ルナマリア:あ!ああぁぁ!!
メイリン:あ!
ラクス:…
バルトフェルド:キラ達はまだ取り付けないのか!
タリア:左30°回頭。タンホイザー起動!
チャンドラ二世:ミネルバ陽電子砲発射態勢!
マリュー:ぇ!しまった!(本艦が動けばエターナルに!)
タリア:てぇ!
マリュー:あ…ああ…
ネオ:アークエンジェルはやらせん!
あ!(マリュー…俺は…)
ミネルバブリッジ一同:うわぁ!
ネオ:大丈夫だ。
マリュー:ぇ?
ネオ:もう俺はどこへも行かない!
マリュー:ぁ!
チャンドラ二世&ミリアリア:ぁ…
ネオ:終わらせて帰ろう。マリュー
マリュー:ムウ…
アスラン:うっ!
イザーク:貴様!またこんなところで何をやっている!
アスランイザーク
ディアッカ:何をって、こいつを落とそうとしてんじゃんかよ。
アスランディアッカ
イザーク:俺が言ってるのはそういうことじゃない!
ディアッカ:もういいだろそんなことは。それより早くやることやっちまおうぜ。
アスラン:ぇ?
イザークディアッカ貴様!
ディアッカ:こいつを落とすんだろ?
マユ・アスカ携帯:はい、マユで~す。でもごめんなさい。今マユはお話できません。
キラ:アスラン
アスラン:ああ!
レイ:少しは休めたか?
シン:ぁ…
レイ:俺達もそろそろ出撃だぞ。
シン:ああ、大丈夫だ。状況は、ミネルバは?
レイ:ミネルバも奮戦したようだがステーション1は落とされた。今はこちらへ向かっているアークエンジェルらを追撃している。
ルナマリアミネルバ!デュートリオンビーム!このまま行きます!
レイ:心配しなくとも、ルナマリアは無事だ。
シン:ぇ?
レイ:もっと信じてやれ。彼女は強い。
奴等はこのままダイダロスへ向かう主力隊と合流しレクイエムを破壊してオーブのその力を世界中に見せつける気だ。
シン:ぁ…
レイ:そうなればまた、世界は割れる。
シン:オーブは…
レイ:お前が救ってやるんだ。あの国を。そういうことだ。
オーブ艦オペレータ:目標、距離8000。
ソガ:ローエングリン照準!てぇ!
ソガ&アマギ:ん?
メサイヤオペレータA:これよりメサイヤは戦闘態勢に入る。コンディションレッド。繰り返す、これよりメサイヤは戦闘態勢に入る。コンディションレッド。
メサイヤオペレータB:全ての攻撃オプションを起動。
メサイヤオペレータC:ネオ・ジェネシス、スタンバイ。
キラ:ん!
アスラン:これは!
ミリアリア:艦長!オレンジ186より進行する巨大構造物!
マリュー:要塞!?
アマギ:ぁ…
メサイヤオペレータa:目標、射程まであと20。
メサイヤオペレータB:ニュートロンジャマー・キャンセラー起動。ニュークリアカートリッジ、激発位置へ。
ミリアリア:高エネルギー体収束!
キラ:艦隊を!
アスラン:くっそー!
メサイヤオペレータ:目標、射程内に入ります。
デュランダル:撃て。
マリュー:あ!
ラクス:あ!
バルトフェルド:あ!
ソガ:機関最大!回避ーっ!
アスラン&キラ:ぁ…
ラクス&バルトフェルド&マリュー:ぁ…
タリア&アーサー:ぁ…
ディアッカ&イザーク:ぁ…
デュランダル:次発のチャージ急げ。デスティニー、レジェンド、発進!
メサイヤオペレータ:デスティニー、レジェンド、発進。
レイ:レイ・ザ・バレル、レジェンド、発進する!
シン:シン・アスカ、デスティニー、行きます!
バルトフェルド:くっそー!あんなものを伏せてあったとは…。
チャンドラ二世:後方よりミネルバ接近!距離22!
マリュー:くっ!
ラクス:ぅ…
シン:くぅ…
アスラン&キラ:ぁ!
デュランダル:さあ、今度こそ消えていただこう。ラクス・クライン
キラ:アスラン
アスラン:ああ、行くぞキラ!
レイ:(キラ・ヤマト、お前の存在だけは、許さない!)

 


次回予告
今を知る者達が本当に戦わねばならないものとは。
次回、「最後の力」
明日を信じて、飛べ、フリーダム!!

 

【フィギュア検索ならここから】

 

 

ガンプラ検索ならここから】