アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第23話「疑惑のコロニー」

機動戦士ガンダムAGE 第23話「疑惑のコロニー」

機動戦士ガンダムAGE 第23話「疑惑のコロニー」

 

機動戦士ガンダムAGE 第23話「疑惑のコロニー」


グルーデック:…世話になったな
所長:グルーデック・エイノア!
所長:栄冠なき真の英雄のために!
グルーデック:……
ナレーション:ヴェイガン…それは、移住計画の失敗によって、火星圏に取り残された人々がつくり出した新たなる国家だった・・・。苛酷な環境で生きることを強いられた者たちは、地球という楽園を取り戻すため、大いなる計画を企てたのだ
字幕:第23話 疑惑のコロニー
グリン・ライズ:ゼハート司令、我々の敗退は無能極まりないあなたのお粗末な指揮によるものです
Xラウンダー:……
グリン・ライズ:マジシャンズ・エイトの名誉は大いに損なわれた
ミンク・レイデン:パイロットしては凄腕みたいだけど…指揮官としてはどうなのかねぇ?
メデル・ザント:クッ!
メデル・ザント:!
グリン・ライズ :このようなことは二度とあってはならない…!
ゼハート:肝に銘じよう
グリン・ライズ :我々はあなたに期待している。同じXラウンダーなのだから
ミンク・レイデン:仲良くやっていきたいもんだね
メデル・ザント:申し訳ない、わたしの指揮が至らなかったばかりに
ゼハート:全ては指揮官であるわたしの責任です。次こそは彼らの期待にこたえて見せましょう。それより…
ゼハート:ディーヴァが動いたとの報告を受けたのですが
メデル・ザント:ああ、単独でソロンシティに向かっているらしい
ゼハート:ソロンシティ?
メデル・ザント:少し、厄介なことになるかもしれん
ゼハート:……
イリシャ:ソロンシティ港湾局からの入港データ、確認
アラン:ディーヴァ、コロニー入港航行に移行!
ミレース:入港後もコロニー側の指示には全面的に協力すること、いらぬ警戒心を抱かせぬよう細心の注意を払って
イリシャ:了解
ミレース:よろしいですね?
フリット:この艦の艦長はあなただ
ミレース:……
フリット:前回の戦闘の際、我が軍は、ヴェイガン側のモビルスーツの一部を入手することに成功した
フリット:徹底した分析の結果、使用されている部品の中に地球圏のテクノソロン社でしか作り得ない素材が見つかった
ミレース:地球圏の企業が、ヴェイガンに手を貸しているんですか!?
フリット:そうだ
ミレース:それでテクノソロンがあるテクノシティへ、本艦を派遣するのですか?
フリット:下手に警戒されないためにも、信頼できる人員だけで調査を行うことが適切だと判断した。今回はわたしも同行する
ミレース:司令がディーヴァに?
フリット:必要なら攻撃もじさないつもりだ。がん細胞は取り除かなければならない…!
ミレース:しかし、一般の市民にも被害が及ぶ可能性があります!
フリット:あなたなら、反対すると思っていました
ミレース:……フリット
フリット:しかし
ミレース:!
フリット:だからこそ、わたしが行くのだ。ヴェイガンに甘さを見せてはならない。ヤツらはその隙を突いて、かけがいのないものを奪い去っていく…!
ミレース:!
ミレース:…了解しました
フリット:……
ミレース:(フリット…ヴェイガンに対するあなたの憎しみは、まだ少しも薄れていないのね)
テクノソロン事業部長:まさか戦艦が乗り込んでくるとは
イゴールエバンス:びくつくな、これまでもあんたらはうまくやってきたんだろうが
テクノソロン事業部長:しかし、今度は軍が相手だ、金や脅しでごまかせるとは思えん
イゴールエバンス:調査で来るということは、まだ確実な証拠はつかんではいないはずだ。堂々としていろ!
テクノソロン事業部長:……
ミレース:では手はず通りに、わたしはテクノソロンの担当者に会って、時間を稼ぎます
ウルフ:艦長さんってのも大変だねぇ
ミレース:交渉ごとが一番得意なのは、わたしですから
ウルフ:余裕ってわけか?
ミレース:そんなことありません。緊張してますよ
ウルフ:ま、万が一の時には俺がいる。アンタは安心して任務に専念してくれ
ミレース:フ、あてにしています
レミ:……
レミ:フフ
オブライト:レミ・ルース曹長
レミ:!
レミ:オブライト中尉
オブライト:アスノ司令のAGE-1か
レミ:はい、伝説の機体をこんな間近で見られるなんて!
オブライト:ん?掃除かい?
レミ:ええ、カタパルトをちょっと
オブライト:そこは自動洗浄なんじゃ…
レミ:だめですよお!家の玄関はちゃんと人の手できれいにしないと!
オブライト:玄関?
レミ:はい
レミ:ディーヴァを家としたら、ここは玄関ですよね?
オブライト:そ、そう…なのか?
レミ:変でしょうか?わたし…
オブライト:んー
レミ:でもディーヴァって、本当に自分の家みたいな気がするんです
オブライト:……
レミ:クルーの人たちといると、ああ、家族ってこんな感じなのかなって
オブライト:家族か…
オブライト:じゃあ俺は、レミの兄貴ってところかな
オブライト:ん?
レミ:そうですね!ディーヴァの中でも中尉が一番です。一番なんでも話せる気がします!
オブライト:一番…
レミ:うわぁっ!し、失礼しました!
レミ:上官に向かってなんてことを!
オブライト:ああ、いや…
レミ:本当に申し訳ありません!
レミ:はあ、バカだわたし…もういつもこうなんだから
オブライト:……
オブライト:一番…か
ロマリー:ん?
ロマリー:あっ
ロマリー:アセム
フリット:……
ロマリー:どうしたの?
セム:いやあ、少し話せるかと思って
フリット:警戒待機中は自由時間ではないぞ、すぐに待機室に戻れ
セム:わかっています!すぐに戻ります…
フリット:そうか、ならいい
セム:……
ロマリー:……
ミレース:この度は、調査へのご協力、感謝いたします
テクノソロン事業部長:いええ、こちらとしてもあらぬ疑いをかけられたままでは、業務に支障をきたしますので
テクノソロン事業部長:今回はお1人で?
ミレース:ええ、調査といっても便宜的なもので、お話をうかがうだけですから
テクノソロン事業部長:そぉですか…
警備員:うおっ!?
ウルフ:苦手なんだよなあ、本当は
ウルフ:(この辺はダミーってわけか…)
ウルフ:ウッ! …!
ウルフ:ヴェイガン!
声:まさかここがかぎつけられるとはなぁ
イゴールエバンス:しかし、だからといって退くわけにはいかん!ここは、ヴェイガン地球圏制圧のための重要な拠点なのだからなあ
ウルフ:クッ!
イゴールエバンス:フハハハハハッ、ここは我らの計画のため、失ってはならない場所なのだよ!フハハハハハ!フハハハハハハハハッ!
ドラド:……

ウルフ:クッ!ええぃ…!
イゴールエバンス:フッ! 撃てぇ!
ウルフ:クッ!
警備員:ウッ!
ウルフ:イ~ヤッホゥォッ!
ウルフ:見つかるのが早過ぎだなあ
ウルフ:無事でいろよミレース…!
ウィルナ:あっ!ウルフ少佐のシグナルを確認!証拠発見の合図です!
一同:!
セム:!
フリット:イリシャ・ムライ中尉
イリシャ:はっ!我々はこれより、フリット・アスノ中将のもと、作戦行動を開始する!艦長不在につき、本艦の指揮はわたしが執ります
フリット連邦軍の権限に基づき、当該施設の制圧作戦を行う。待機中のモビルスーツ隊、出撃準備!
一同:!
イリシャ:モビルスーツを出すんですか?
フリット:ヴェイガンとの協力関係が確認されたのなら、ヤツらは敵だ
セム:そんな…!
ロマリ:あっ
セム:こんなに民間の施設が密集した中で戦闘を行えば、市民にも被害が出ます!モビルスーツを出すより、まだほかにやれることがあるはずです!
フリット:お前の意見など聞いていない。早く行け
セム:でも!
フリット:敵をせん滅できなければ、被害はさらに拡大する
セム:犠牲をゼロにする手段を考えるべきじゃないんですか!?
ロマリー:……
フリット:決断するのはお前ではなく、指揮官であるこのわたしだ
セム:!
フリット:一瞬のちゅうちょが、最悪の結果を招くこともあるのだ
セム:市民を犠牲にしても構わないなんて!俺は従えない!!
フリット:……
フリットモビルスーツ隊の指揮はオブライト中尉に アデルは、タイタス装備で出撃 急がせろ!
イリシャ:了解!
フリット(瞑目):……
セム:クッ!
ロマリー:アセム
ウィルナ:行きなさい
ロマリー:!
ウィルナ:彼はガンダムパイロットよ
ロマリー:はいっ!
ウィルナ:フ…
フリット:……
アリーサ:アセムのヤツ…どうしたんだ?
マックス:アリーサ君
アリーサ:あっ!
マックス:行くよ
アリーサ:はいっ!
ミレース:あれは?
ドラド:……
ミレース:ヴェイガン!
事業部長:…うぁはははは~ん
事業部長:仕方なかったんだ。我々はヴェイガンに脅迫され、やむを得ず協力を!ソロンシティを守るためには、これしか方法がなかったっ!
ミレース:……
ウルフ:ミレース!乗れ!早く!
ウルフ:アンタも早く!
事業部長:いえ、わたしは残された従業員の避難誘導があります!
ミレース:しかし!
事業部長:どうか、最後の勤めぐらいは!
ウルフ:…わかった
事業部長:……フン
ウルフ:はなっから、おとなしく降伏する機なんかなかったみたいだなぁ
ミレース:ええ!
ウルフ:クッ!
ウルフ:来たか!
イゴールエバンス:フン!
オブライト:クッ!
イゴールエバンス:……
イゴールエバンス:ん?
マックス/アリーサ:おおおおっ!
セム:もうこんな所まで…
セム:! はっ、ロマリー?!
ロマリー:アセム…!あっ
セム:クッ ああっ…!
セム:この光景を見ても、父さんはおんなじことが言えるのか…?!ヴェイガンを倒すためなら仕方がないって
ロマリー:…アセム、あなたの言っていることは正しいと思う……でも、今は戦争なのよ…?!
セム:そんなのわかってるさ…!
ロマリー:みんな悲しいのに耐えている。司令だってそう、わたしだってそうなの…きっと、あなたと戦うことになったゼハートだって
セム:! ゼハートは違うよ……
ゼハート:わたしはもう迷ってなどいない、お前を倒す!…アセム
セム:あいつは悲しんでなんかいない…
ロマリー:えっ?
セム:君がどう思っていようと、アイツは敵…!なんだよ、やっぱり
ロマリー:……
セム:アイツはヴェイガンなんだ!!
セム:……
セム:…!
ロマリー:……
セム:……
セム:! ロマリー
セム:……
ロマリー:……
ディケ:アセム!アリーサたちがおされてている!今どこだ?
フリット:敵をせん滅できなければ、被害はさらに拡大する。一瞬のちゅうちょが、最悪の結果を招くこともあるのだ
ディケ:どうした?おいっ!
セム:こちらの位置情報を送ります!AGE-2を自動制御で出してくださいっ!
ディケ:おおっ?おお!
ロマリー:アセム
セム:ロマリー…傷つけるつもりはなかったんだ。ごめん……
セム:今は、君を守るよ
ロマリー:……
アリーサ:うわああああっ!
オブライト:ぐううぅっ!
マックス/アリーサ/オブライト:アセム
バクト:……
イゴールエバンス:新手か、だがここを明け渡すわけにはいかんのだぁっ!!
イゴールエバンス:ウッ!
セム:うおおおおっ!
ウルフ/ミレース/オブライト/マックス/アリーサ:ああっ!
イゴールエバンス:うぅぅあぁああああっ!!
アリーサ:ずいぶんもったいぶった登場だったじゃないか、ええ?アセム?…?おい、何だよ!?
セム:ハッ、ハッ、ハッ…
アリーサ:返事くらいしろよ!おい!
セム:ハッ…
セム:!?
ミレース:!
ウルフ:自爆かよ……!
フリット:情報は渡せんということか
事業部長:はい、処理は問題なく終了しました
事業部長:ヴェイガンの男の死亡も確認しています…はい、物的証拠も全て消えました。予定通りです
イリシャ:ロマリー
ロマリー:ご心配をおかけしました
ウィルナ:フ…
ロマリー:フフッ…
ロマリー:アスノ司令は?
イリシャ:ああ、先ほど、出かけられたわ
ロマリー:……
アリーサ:アセムは?
ハロ:ドウシタ?ドウシタ?
ディケ:しばらく拘束室だ
アリーサ:そうか……
ディケ:見せてやりたいものがあったんだが…
アリーサ:えっ?
ウルフ:逃げ出して何かこたえは出たか?
セム:……逃げたんじゃありません、俺は、あの命令に従えないと思ったから
ウルフ:軍人失格だな。男としても褒められたもんじゃない、でもお前はまたガンダムに乗った。…結局、俺たちみたいなヤツってのは、戦って答えを見つけ出すしかねんだ
ロマリー:(今は戦争なのよ!?)
セム:……
ウルフ:迷って立ち止まってる暇なんかねぇんだよっ!越えなければいけないのは父親でも誰でもない、おまえ自身なんだ
ウルフ:フッ…
フリット:グルーデックさん…
グルーデック:フ、久しぶりだな。フリット


ナレーション:友との再会
互いを思い合い、引かれあう命は、激しい戦争の渦にほんろうされていく
次回、機動戦士ガンダムAGE
「Xラウンダー」
3つの運命が歴史になる


アセム・アスノ:アデルは、ガンダムをベースに設計された量産型モビルスーツだ。ジェノアスに代わって連邦軍の主戦力になっている。ガンダムをベースにしているため、タイタスなどの換装パーツが使えるぞ