アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第24話「Xラウンダー」

機動戦士ガンダムAGE 第24話「Xラウンダー」

機動戦士ガンダムAGE 第24話「Xラウンダー」

 

機動戦士ガンダムAGE第24話「Xラウンダー」


フリット:グルーデックさん…
グルーデック:フ、久しぶりだな。フリット
フリット:お久しぶりです、艦長
グルーデック:…艦長か、懐かしい響きだな
フリット:真の英雄に
グルーデック:よせ、地球連邦軍将官がわたしを英雄などと わたしは反逆者として連邦軍を追われた人間だ
グルーデック:我々は、今こそ反撃を開始する!
フリット:27年前、あなたはヴェイガンの正体をつきとめ、拠点への反撃を指揮された。わたしたちが敵に大打撃を与えることができたのは、まぎれもなくあなたの功績です。わたしたちが、命じられていない戦闘を行って、軍法に違反した罪、それをあなたが1人で背負わなければ、全員が刑に処せられたでしょう。今、我々がこうしてヴェイガンと戦えているのは、あなたのおかげです
グルーデック:…あの時、わたしは、殺された妻と子の復讐を遂げ、長い旅の終着点にたどり着いた
アラベル:父さん!う、ううっ、この地球種め!うっ!
グルーデック:お前はわたしと同じだ。復讐という亡霊にとりつかれて、悲劇的な人生を歩め…!
アラベル:ううっ
グルーデック:あれで、わたしにとっての戦争は終わった
フリット:フ…
グルーデック:そう思っていたのだがな
フリット:ん?
グルーデック:軍刑務所にいる間、収監されているさまざまな人間たちから、重大な情報を得ることができた。お前を呼んだのはこの話のためだ
フリット:……
グルーデック:地球連邦軍の内部に、ヴェイガンとつながっている者がいる
フリット:えっ?
グルーデック:……
グルーデック:今日は人が多いな
グルーデック:明日の夜、もう一度ここで会おう。明日は雨だ、都合がいい
グルーデック:これから手に入れる証拠データを、直接お前に渡す
グルーデック:(情報が確かなら、戦争はとんでもない展開を見せることになるかもしれんぞ)
ナレーション:ヴェイガン…それは、移住計画の失敗によって、火星圏に取り残された人々がつくり出した新たなる国家だった・・・。苛酷な環境で生きることを強いられた者たちは、地球という楽園を取り戻すため、大いなる計画を企てたのだ
字幕:第24話 Xラウンダー
アリーサ:そぉ~っと よーし、誰もいない
セム:……
アリーサ:アセム
セム:?
アリーサ:ウフフ
セム:アリーサ?どうしてこんな所に?
アリーサ:差し入れだよ、さ・し・い・れ
セム:うっ
アリーサ:ほらぁ、早くしないと人来ちゃうよお
アリーサ:ほら、あーんしろ、あ~ん
セム:ううっ…
アリーサ:ゲッ!
ウルフ:何してんだ?
アリーサ:えっ?
ウルフ:……
アリーサ:ウルフ隊長…!?
アリーサ:いや、あのっ
アリーサ:……
ウルフ:来たのが俺でよかったな
アリーサ:え?
ウルフ:アセム、出ていいとさ
セム:……はい
アリーサ:もう!
セム:うっ、って!?
アリーサ:しゃきっとしな!
セム:……
アリーサ:何なら気分転換に外にでも行ってきたらどうだ?ディーヴァはしばらくここにいるっつーからさ
セム:外か…行ってこようかな
アリーサ:お、よかったらあたしもついってってやろうかあ?
セム:……
アリーサ:あ…っぃゃぁ、わかったよ。じゃあ1人で行ってきな
セム:ありがとう、アリーサ
アリーサ:別に、気にすんな
ダズ・ローデン:まもなく、ソロンシティの防衛圏です
デシル:ソロンシティに来たのは
ゼハート:!
ダズ・ローデン:!
デシル:お友達に会うためか?
デシル:まあいいさ、その間にクロノスの改造が終わる
ダズ・ローデン:改造?
デシル:今、技術官を総動員して、極限まで性能を上げさせている。この前フリットに押されたのは、クロノスが俺についてこれらなかったせいだ
ダズ・ローデン:いつの間にそんなことを…?!
ゼハート:整備規定を勝手に無視するなど、認められません
デシル:何だと?
ゼハート:全ては綿密な計画のもとに動いています。命令に従ってください
デシル:ハッ!どうかな?
ゼハート:クッ……!
少年1:お待たせぇ!
セム:!
少年2:待った?
少年3:おせえよ!何やってたんだよっ
少年1:やめろって
少年2:アハハハ
ロマリー:うわぁ、こんなの造れるってすごいよお
マシル/シャーウィー:!
シャーウィー:モビルスーツは、俺たちの専門分野なんだっ!
セム:フッ
セム:大会まであまり時間がないんだ。よろしくな
ゼハート:ああ。こちらこそ
シャーウィー:うあぁあぁ~!
セム:ふぅ…
ウルフ:(越えなければならないのは、父親でも誰でもない、おまえ自身なんだ)
セム:わかってる…わかってるけど……!
ゼハート:アセム
セム:えっ!?
セム:ゼハート!?どうしてここに…!?
ゼハート:伝えるために来た。お前が理解すべきことをな
セム:俺が、理解すべきこと?
ゼハート:わたしは、闘いに生きるべき宿命を背負っている。しかし、お前は違う。闘わない道を選択できる
セム:はぁっ!?それを選んだら、俺はどうなるって言うんだ?!
ゼハート:お前は、お前のままでいられる
セム:俺が、俺のままで?
ゼハート:ああ、優しい、わたしが好きだった友達のアセムのまま
セム:そんなの、無理だ
ゼハート:なぜ
セム:俺には、何もないんだよ…!
ゼハート:?
セム:戦って…!戦って結果を出さなきゃ、誰も俺を認めてくれないんだ
セム:俺はお前がうらやましい、力を持ったお前が…!
ゼハート:……
ダズ・ローデン:(本当に行かれるのですか?)
ダズ・ローデン:アセム・アスノのもとへ
ゼハート:ああ
ダズ・ローデン:彼のことは、もう諦めたはずでは…?!
ゼハート:行かせてくれ、アセムさえいなければ、わたしは戦士に戻れる
ゼハート:もしあいつが戦いを離れないなら…
セム:なっ!?
ゼハート:お前が戦場にいたら、わたしがわたしでいられなくなる!目的の妨げになる…!
セム:ゼハート?!
ゼハート:わたしは、ヴェイガンだ…!
セム:!
ロマリー:やめてぇっ!
セム:ロマリー
ロマリー:ハァッ、ハァッ、ゼハート、どうして?
セム:ぇぇっ…!
ロマリー:ゼハート、わたし、ずっと、ずっと会いたかった!
ゼハート:……
ロマリー:ゼハート…
セム:……!
ロマリー:ゼハート…!
セム:っ!
ゼハート:!
セム:うわあああぁぁっ!
ロマリー:きゃっ
ゼハート:うわあっ
ロマリー:アセム!?
セム:動くなよゼハート!ロマリー!ディーヴァに知らせるんだ。ヴェイガンの兵士を捕らえたと!
ロマリー:!?
セム:早く!
ゼハート:アセム……
セム:もう、戻れないんだ…!
ゼハート:……
セム:待ってください!ヴェイガンなわけないでしょう?!ずっと俺たち、一緒にやってきたんだ…!
ゼハート:アセム……
セム:!?
ロマリー:アセムお願い、銃を下ろして…!
セム:何だよ…それ?
ロマリー:……
セム:何でそんなことするんだよ…?!
ロマリー:……!
ロマリー:ああっ!
セム:ゼハート! あっ!
ロマリー:ああっ
セム:!
ゼイドラ:……
ゼハート:……
ロマリー:ああーっ!
セム:ぐ、ええっ!
セム:クッ、ゼハートぉぉっ!

イリシャ:敵モビルスーツ、コロニー外に出ました
ウィルナ:ウルフ隊、包囲します
マックス/オブライト/アリーサ:……
ウルフ:3倍のスピードだって、これなら籠の中の鳥だぁっ!
マックス:えぇっ、あんな鳥、いませんよ…
アリーサ:数じゃこっちが上!
ウルフ:アセム
セム:ゼハート、俺だってお前を撃てる!
セム:クゥッ!
セム:やってやる!
ゼハート:お前は何もわかっていない…!
セム:うおおおおぉぉおぉぉっ!
ゼハート:!
セム:クッ あっ!
セム:うわああぁあっ!
ゼハート:力だけではわたしには勝てないっ!
セム:うわあぁぁっ!
セム:やれるんだ!
ゼハート:わたしがわたしであるために!
セム/ゼハート:お前を、落とす!
ウルフ:そこまでだ!
セム:!
ウルフ:そこの赤、相手はガンダムだけじゃねぇ!
セム:ウルフ隊長…!
ウルフ:!何っ!?
ゼル・ブラント:ヘッ、1人1機か、軽過ぎるぜっ
ミンク・レイデン:とっとと終わらせるよ。戻ったらポーカーの続きだ!
グリン・ライズ:これならカードの方が遊びがいがありそうですね
ドール・フロスト:ご安心くださいゼハート司令
ゼハート:お前たち…!?
ドール・フロスト:散れ
ゼル・ブラント/ミンク・レイデン/グリン・ライズ:了解
マックス:あいつら、この前のXラウンダーですよね?
ウルフ:まずいな…
ゼハート:……
ゼハート:フリット・アスノ
フリット:……
グリン・ライズ:この距離で当ててくるとは!
ゼル・ブラント:この!やるなら体でぶつかりやがれ!
フリット:アセム、状況が変わった
フリット:お前は仲間の援護に回れ!
セム:でも!
フリット:行け!!
セム:クッ!
フリット:ううっ…!
ゼハート:クッ、ええぃ…!
セム:AGE-1の性能は、AGE-2より劣るはずなのに…父さん
ゼハート:フリット・アスノ、さすがだな。しかし、わたしも進化しているのだ!
フリット:う、わっ
フリット:うわああっ
ゼハート:グッ!えぇぃ!
イリシャ:索敵システムに新たな反応!機体数4、ヴェイガンの可能性大!
ウルフ:まだ来るのか!
フリットこれほどまでの、能力だとは…!
セム:このままじゃ…!
ディケ:アセム
セム:!ディケさん!
ディケ:AGE-2の新しいウエアが完成してるぞお!
ディケ:AGE-2、ダブルバレットだ!
ゼハート:新たな武器か?!
ゼハート:ドール!
ドール・フロスト:わかっています
ウルフ:フッ、ハッ!
ウルフ:行かせはしない!
ドール・フロスト:グッ!
ディケ:それなら、一度で多くの敵とでも戦える!
セム:よおし!
アリーサ:アセム
セム:俺が倒す…!ゼハートだって俺が!
ミンク・レイデン:グリン!ゼル!2人でカタをつけな!
グリン・ライズ:ゼル!行くぜ!
ゼル・ブラント:ああ、2対1ってのは好きじゃねぇが
ゼル・ブラント:おらあぁっ!
グリン・ライズ:うわあぁっ!
セム:っ、えええい!うおおおおおっ!!
ゼル・ブラント:何っ!?
グリン・ライズ:うあああっ!
ミンク・レイデン:グリン!ゼル!
ミンク・レイデン:よくもおおおっ!
セム:…!
ミンク・レイデン:なっ!?
ミンク・レイデン:うっ!あっ!?
ミンク・レイデン:…ゼ、ゼハート司令…
ゼハート:さがれミンク…!
ミンク・レイデン:しかし、アイツは!
ゼハート:これ以上、わたしの部下を死なすわけにはいかん!
ミンク・レイデン:! …了解
セム:逃げるのかっ!?ゼハート!
ゼハート:アセムガンダムの性能に助けられたな
マックス:やった!
マックス:えっ?
セム:クッ!
セム:ゼハートが父さんをしのぐほどのXラウンダーなら、俺はどうすればいいんだ…?! ん?
ロマリー:アセム……
ロマリー:あっ…
セム:……
ロマリ:……
ディケ:よくも自爆ユニットを作動させずに、頭部だけを入手できたものだ
フリット:自爆装置のきっかけとなる微弱電流の喪失をAGE-1の接触で回避しただけだ
ディケ:さすがだな。あとの分析は任せてくれ
フリット:頼む
フリット:ん?
ディケ:おぉ?何だ、それ?
男:この時を…!この時をずっと待っていたぁっ!
グルーデック:う、うう・・・
男:貴様が父を殺したあの時からなぁっ
グルーデック:お、お前は…
アラベル:あれ以来俺は、復讐だけを考えてきた…!ずっとなぁ…!
グルーデック:……そうか、重い荷物を背負い続けて、お前も疲れただろう…
アラベル:えっ?
グルーデック:全て、今日で終わりにしろ…これで、お前は自由になれる……
アラベル:……ヒッ
アラベル:うわあああっ!
グルーデック:う、うう…
グルーデック:これでいい、フリット、すまんな……
黒服の男:お前は用済みだ
黒服の男:恨みが晴らせて何よりだったな
アラベル:う、うう…
黒服の男:予定通り完了しました。ええ、あなたへつながる痕跡は何も
フリット:ふぅ…
フリット:ああ……!
フリット:グルーデックさん!
フリット:!…グルーデックさん、なぜこんな…!
フリット:グルーデックさぁぁん!


ナレーション:力をもたらす禁断のテクノロジーが、
敵を前にしたアセムの心を揺らす
次回、機動戦士ガンダムAGE
「恐怖のミューセル」
3つの運命が歴史になる


アセム・アスノ:AGE-2ダブルバレットは、同時に多くの敵と戦うため、AGEシステムが生み出したウエアだ。複数の目標を同時に捕捉し、攻撃を行う。たった1機で敵の大部隊に対抗できるようになるんだ。