アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第32話「裏切り者」

機動戦士ガンダムAGE 第32話「裏切り者」

機動戦士ガンダムAGE 第32話「裏切り者」

 

機動戦士ガンダムAGE 第32話「裏切り者」


ナトーラ:このまま本艦は、新たな総司令部となったロスト・ロウランへと向かいます
ウォン:ファントム3…砂漠の亡霊か
アビス:まさか砂の中から攻撃してくるとは
ゴドム:さあ始めるぞ!狩の時間だあっ!
ウットビット:これが戦闘……
キオ:うおおおっ!
デモン:!
ゴドム/グラット:デモン!
フリット:キオ、やはり見込んだ通りだ!
キオ:シャナルアさん!やりましたよ!ファントム3の1機を倒しました!
シャナルア:敵にだって家族はあるんだ!
アビス:シャナルアはあまり自分のことは語らないが、戦争で親を亡くし、妹も難病に苦しんでいるらしい
キオ:そうなんですか…すみません、それなのに僕…
ナレーション:火星移住計画…その失敗によって火星圏に取り残された人々は、独立国家「ヴェイガン」を名乗り、地球連邦政府に戦争をしかけてきた
その戦いが始まってから、すでに70年という時がすぎようとしていた…

第32話 裏切り者

ザナルド:これが地球…何と青く、美しいことか
ヴェイガン兵:コードネーム「マリア」より通信、『我、密林ニ楼閣ヲ発見セリ』、以上!
ザナルド:これでようやく艦隊を動かすことができる
副官:座標の特定までずいぶんと時間がかかったことです。ゼハート隊の工作員の質も落ちましたな
:ヤツらにはイゼルカント様直属部隊の名に恥じぬ働きを期待したいものだがな
ザナルド:全艦に通達!これより降下作戦を実行する。目標は、南米連邦基地「ロスト・ロウラン」だ
メカマン:よ~し、休憩にしよう
メカマンたち:うぃ~
ウェンディ:お疲れさまで~す!お弁当どうぞ!
ルッカ:どうぞ~
メカマン:お~ありがとうなぁ
ユウ:タク!
タク:ん~?
ユウ:お前はさっき食べただろう!?
キオ:お疲れ、ウットビット
ウットビット:お~、サンキュ~
キオ:単座式って、AGE-3が1人乗りになるってこと?僕だけでうまくやれるのかな?
ウットビット:大丈夫だよ、自身持て。今回の改修を指示したのはアスノ元指令なんだぜ?
キオ:じいちゃんが?
ウットビット:お前はもう1人で大丈夫って認められたのさ
キオ:…
ウットビット:それより忙しぃんだよぉ、お前も手伝ってくれ
キオ:そうしたいんだけど、僕に手伝えることあるのかなぁって
ウットビット:アスノ家の人間が何言ってんだよぉ
キオ:メンテナンス関係のことは全然教わらなかったから
ウットビット:へえ~ガンダムを造ったあのフリット・アスノの孫なのに
ウットビット:もったいない
ウットビット:うちのじいちゃんはいろいろ教えてくれたけど、でも俺んちにあったのって工作機械ばっかでさぁ モビルスーツいじるのなんて、夢のまた夢だったんだ
キオ:へぇ
ウットビット:母ちゃんはモビルスーツに乗ってたくせに『機械いじりなんかより本を読め~!』ってスゲェ怒るし ディーヴァに乗るの最後まで反対したの母ちゃんだったんだぜぇ?
キオ:僕の母さんはいつも笑って見てるだけで…そういえば怒ったことないかも
ウットビット:ハァ~お前んちがうらやましいよ ん?
ユウ:タク、いいかげんにしろよお!
タク:だっておいしそうなんだもぉ~ん
ウットビット:! ダメダメ!これは俺のだから!
キオ:……
タク:あ~
ウェンディ:タク、邪魔しちゃダメなのよ
ルッカ:なのよお
キオ:ウェンディ、大変そうだね
ウェンディ:基地に着くまでは、みんな乗ったままなんだし、誰かが付いてあげないと
ユノア:キオ~
ウェンディ:ん?
ウェンディ:あなたメディカルチェックがまだでしょお?ちゃんと受けないとガンダムに乗せてもらえなくなるわよ?
キオ:は~い
ユノア:来なかったらロマリーさんに言いつけちゃうからね~
ウェンディ:キオ、ちゃんとお母さんに連絡したの?
キオ:あとでするよ
ウェンディ:……きっと心配してるよ
キオ:うん…わかってるんだけどさ
シャナルア:キオ、家族は大事にしとくもんだよ
キオ:シャ、シャナルアさん!?
シャナルア:あとでとか言ってないで、今すぐ連絡しておきなさいっ
キオ:あっ、はいっ!
シャナルア:良い返事だ
シャナルア:話せるうちにちゃんと話しておくもんだよ
キオ:……
ウェンディ:ンン…!
ルッカ:……
アリー:操舵、異常なし。進路このまま、速度維持します
カール:予定通り、半日もすれば、ロスト・ロウランだな
オトロ:艦長は?
エイラ:元司令と会議中
イーサン:…やれやれ、またお説教ですかぁ
フリット:決断力のない艦長など、もってのほかだ
フリット:指示が遅れれば、その分被害は拡大する
ナトーラ:はい…
フリット:艦を任されたからには自信を持て、少なくともわたしは、少佐には艦長の素養があると考えているのだ
ナトーラ:えっ?
ナトーラ:…ですが、自分の判断が兵たちの生死を分けると思うとどうしても…
フリット:フゥ…しばらくはわたしが助言をしていくことにしよう。まずは、その優柔不断な態度から改めていくことだ
ナトーラ:申し訳ありません…
ウォン:失礼します
ナトーラ:あ
ナトーラ:ウォン曹長
ウォン:艦長にご報告したいことがあります
ナトーラ:続けて
シャナルア:……
ナトーラ:情報が漏れている?
ウォン:はい。総司令部から届いた通信文の調査結果だと、偽装された圧縮データが定期的に乗組員のネットワーク経由で送られているとあります
ウォン:通信内容は家族宛に偽装されていますが、自動的にほかのある場所にも転送されるようです
ナトーラ:ある場所?
ウォン:ヴェイガンと関係が疑われる施設です
ナトーラ:ええっ?
フリット:……
ナトーラ:発信者はわかってるんですか?
ウォン:はい…
ウォン:シャナルア・マレン中尉です
シャナルア:……
ナトーラ:どうしたの?
カール:ヴェイガンによる大規模な降下作戦が!
カール:ロスト・ロウランは、現在、大規模な交戦状態に入ったもよう!
ナトーラ:そんな……!この間のヴェイガンの一斉蜂起の時にも見つからなかったのに ! まさか…
フリット:場所が特定されたのだ
フリット:スパイによってな…!
ヴェイガン兵:全艦降下完了を確認。モビルスーツ隊の展開状況を報告
ヴェイガン兵:各降下部隊、作戦計画に従い、攻撃を開始せよ
ザナルド:……
ヴェイガン兵:敵防衛線の状況を共有データベースに
ザナルド:モビルスーツの展開遅いぞ!先手を取った意味をなくすつもりか!?
ヴェイガン兵:はっ!
ザナルド:さて、お膳立てはしたぞ。直属隊の実力を見せてもらおうではないか、ゼハート
ヴェイガン兵:プラズマ粒子爆弾、モビルスーツへの積載、完了しました
ゼハート:よし
ウロッゾ:……
ゼハート:降下後、我々は先行部隊と合流する
ゼハート:ダレスト隊は外周のエネルギープラントを。レイル隊はわたしに続け
ダレスト/レイル・:了解
ゼハート:ゼハート・ガレット、ウロッゾ、出る
メカマン:はぁ?シャナルア機を調べろ?それってどういうことだ…
カール:説明している暇はないんです!
ウットビット:ロスト・ロウランの周辺は湿地帯だから、フォートレスのままがいい。操縦は基本的に、砂漠の時と同じだから
キオ:わかった
ウットビット:やれるって、お前なら
キオ:うん。ありがとう、ウットビット
アビス:どうしたシャナルア?発進はまだだぞ…?!
キオ:!
デレク:クランシェを行かせるな!拘束しろおっ!
アビス:どういうことだデレク?
デレク:シャナルアは…!スパイだったんだよ!
アビス:!
キオ:! シャナルアさん?どういうこと…?!
シャナルア:……
キオ:スパイだなんてうそだよね?
キオ:シャナルアさん!!
シャナルア:……

ウロッゾ:……
連邦兵:第23戦隊は、2次防衛拠点まで後退。敵は地上用の新型兵器を大量に投入しているもよう!
アルグレアス:地上の敵は、モビルスーツ隊で食い止めろ。地対空部隊は、敵艦への攻撃を最優先!
連邦兵:ディーヴァ、北西より戦闘空域に入りました!モビルスーツ隊も、いつでも出撃できます!
アルグレアス:さすがですアスノ司令…相変わらず自分の出番を心得ている。ディーヴァには、このまま戦列に加わってもらう!西岸エリアは任せると伝えろ!
アビス:セリック・アビス、クランシェカスタム、出る!
デレク:デレク・ジャックロウ!クランシェ!出る!
キオ:僕はシャナルアさんを追いかけます
フリット:今はスパイなどより、ロスト・ロウラン防衛の方先だ!
キオ:どうして!?スパイって決まったわけじゃないんでしょ?
フリット:シャナルア・マレンは制止を聞かず発進した。それがスパイだったという動かぬ証拠だ!
キオ:!
フリット:裏切り者は放っておけ、基地の防衛が優先だ!
一同:……
キオ:裏切り者…
キオ:……!
キオ:キオ・アスノガンダムAGE-3フォートレス、出ます
アビス:キオ!どこへ行く!?
キオ:ごめんじいちゃん、僕はやっぱり放っておくなんてできない
キオ:本当のことを知りたいんだ
ナトーラ:……
フリット:……むう
ゼハート:ん?
シャナルア:うっ
シャナルア:どこへ逃げるっていうんだ…私は…!
シャナルア:……
シャナルア:ああっ…
シャナルア:!
キオ:……
ウロッゾ:……
キオ:シャナルアさん…
キオ:! 敵…!?
キオ:クッ!
キオ:!
キオ:ハァッ!ハァッ!ハァッ!
キオ:ん?友軍マーカー?
キオ:!
キオ:シャナルアさん…?
シャナルア:クッ
シャナルア:ウッ!
シャナルア:!
シャナルア:あっ!
キオ:シャナルアさん!
シャナルア:!
キオ:シャナルアさん
シャナルア:……
キオ:どうしてなんですかシャナルアさん?
キオ:どうしてヴェイガンのスパイなんか?
シャナルア:妹に…ちゃんとした治療を受けさせてやりたかった。お金が必要だった……!
ダレスト:フ…
シャナルア:妹は重い病気で
シャナルア:治療を続けないと、死んでしまうかもしれないんだ
シャナルア:仕方ないじゃない!!たった1人の家族を失いたくなかった
キオ:…!
キオ:……
キオ:戻ろうよ…僕はシャナルアさんを姉さんのように思ってたんだ。もう会えないなんて嫌だよ
シャナルア:戻ってどうなるのさ?わたしは敵のスパイなんだよ?
キオ:!
ダレスト:! ガンダム?!
ダレスト:フ
ダレスト:お前たちは先に予定ポイントへ、わたしはガンダムを仕留める
ヴェイガン兵たち:はっ!
キオ:僕にできることだったら何だってする。だから…!
シャナルア:キオ、戦争はそんなに甘くないんだよ。あんたもそんなもんに乗ってるんなら
シャナルア:いいかげんに
シャナルア:覚悟を決めな
キオ:覚悟?
キオ:シャナルアさん……!
シャナルア:あんたと一緒にディーヴァに戻れば、スパイ罪で死刑になる。わたしは今、死ぬわけにはいかない。妹のためにも、わたしは生きなくちゃいけないの!絶対に…!
キオ:…! じいちゃんに事情を話して、頼めばきっと許して…
シャナルア:子どもが駄々をこねないで!
キオ:……
シャナルア:……
キオ:ううっ!
シャナルア:キオ!
ダレスト:死ね!ガンダムゥッ!
キオ:あっ!
シャナルア:しっかりしなさい!死にたいの!?
キオ:シャナルアさん!
ダレスト:ザコは引っ込んでろ!わたしは
ダレスト:ガンダムに用があるのだっ!
シャナルア:うっ!
ダレスト:くたばれ!地球種ぅぅっ!!
シャナルア:うぅあああぁぁっ!!
ダレスト:うわあぁっ!
キオ:シャナルアさん……!
シャナルア:うっ…
キオ:!
シャナルア:はぁっ…
キオ:シャナルアさん……
シャナルア:キオ…死んじゃだめだよ……
シャナルア:どんなことがあっても……歯ぁ食いしばって
シャナルア:必ず…生き残るんだ……
シャナルア:あんたならやれる
キオ:ああっ…
シャナルア:強く…なるんだよ……
キオ:……
キオ:シャナルアさん?
キオ:シャナルアさん…!
キオ:シャナルアさん…!
キオ:うっ、ううっ…
アビス:シャナルアが……クッ
アビス:う……
連邦兵:はあっ…
連邦兵:急げ!第3ゲートも突破されたぞ!
連邦兵:了解!
ヴェイガン兵:成功しました。敵はあのウロッゾをただの残がいだと認識したようです
ゼハート:よし


ナレーション:仲間の死を背負い戦う者たち
その時、キオの叫びが大地を震わす
次回、機動戦士ガンダムAGE
「大地に吠える」
3つの運命が歴史になる


キオ:ヴェイガンによって、宇宙基地ビッグリングが破壊されたため、連邦軍は新たなる本部を南米のロストロウランにすることにした。ロストロウランは連邦軍基地の中でも、最大級のものなんだ