アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第37話「ヴェイガンの世界」

機動戦士ガンダムAGE 第37話「ヴェイガンの世界」

機動戦士ガンダムAGE 第37話「ヴェイガンの世界」

 

機動戦士ガンダムAGE 第37話「ヴェイガンの世界」


キオ:ここが、ヴェイガンの基地…
ザナルド:違う
キオ:!
ザナルド:ここはヴェイガンそのものだ
キオ:……
キオ:ん?
キオ:! お前は…!
イゼルカント:ようこそ
イゼルカント:ヴェイガンへ

第37話 ヴェイガンの世界

イゼルカント:……
キオ:!
イゼルカント:物珍しいかな?
キオ:……
イゼルカント:敵とは会話できんというわけか…まあよい
キオ:……
イゼルカント:見るがいい。ここが火星圏最大のコロニー、セカンドムーンだ。取り残された者たちの強い想いがが造り出したヴェイガンの象徴……
キオ:……
イゼルカント:わたしは地球を取り戻すために最強の軍隊をつくり上げた。技術力、兵の士気、組織としての結束力、どれを取っても最高ランクと言える
キオ:……
イゼルカント:不思議に思うか?火星に取り残されただけの民がなぜ、これほどの軍事力を持つことができたのか…
キオ:……
キオ:うわ…
ヴェイガン兵:準備が整いました。捕虜の身柄はこちらでお引き受けします
キオ:!
イゼルカント:いや、その必要はない。わたしが預かる
キオ:え?
イゼルカント:この者は特別な存在だからな
ヴェイガン兵:はっ
キオ:……
ザナルド:どうだ?
技術士官:分析中です。現在、EXA-DBに内蔵された情報から、ガンダムの新型を生み出す可能性のあるデータを検索しています
ザナルド:新型だと?
技術士官:聞いておられませんか?ヴェイガンの技術を加えた新たなるガンダムを生み出せと、イゼルカント様のご指示です
ザナルド:ガンダムですらも生み出せるものなのか…
ザナルド:EXA-DB、すごいものだな
技術士官:旧国家戦争の大いなる遺産、禁断のテクノロジーです
ザナルド:戦争はそれ自体愚行であったが、皮肉にもそれによって科学技術は極限まで高められたということか
技術士官:その時代は、モビルスーツ1つを取ってもみても、今とは比べ物にならなかったと聞いています
技術士官:パイロット1人が、数百機のユニットをコントロールできたと。それ以上の大量破壊兵器。戦争のためのあらゆる技術が収められていたといいます
ザナルド:発見されたのは膨大な情報の中のほんの一部なのだな
技術士官:はい。それが、今のヴェイガンの技術を形成したのです
ザナルド:だとすれば、もし全てを手に入れることができたらどうなる?
技術士官:おそらく、この戦争…
ザナルド:終わるというのか…!
ザナルド:それほどまでのものとは…!呪われし秘宝、EXA-DB…!
イゼルカント:警護はここまででいい。下がれ
ヴェイガン上級士官:はっ!
キオ:……
イゼルカント:……
キオ:……
キオ:ん?
ドレーネ:その子なのですね?地球圏で捕らえたという少年は
ドレーネ:あっ
ドレーネ:こ、この子…
イゼルカント:気がついたか?
キオ:!
イゼルカント:にらんでも事態は何も変わらんよ?わたしが指示すれば、数秒後には君の命はなくなる
キオ:僕をこんな所まで連れてきてどうする気!?
イゼルカント:やっと口をきいたな
キオ:あっ
イゼルカント:君には地球圏の代表として見届けてもらう
イゼルカント:ヴェイガンの世界をな
キオ:…
イゼルカント:しかし今日は着いたばかりだ。部屋を用意させた。ゆっくり休むがいい
キオ:……
おばさん:こっちよ
キオ:…!
おばさん:お世話係のマリーよ
マリー:よろしくね
キオ:お世話係…?
マリー:さあ、着いたわよ
マリー:ここよ
キオ:ああ…
マリー:あれ、あなた…
キオ:ん?
マリー:…あ~だから子の部屋を使っていいわけね
キオ:えっ?何が?
マリー:そっくりなのよっあなたの顔
キオ:顔?
マリー:うん
キオ:?
マリー:……
キオ:これ…
マリー:それはイゼルカント様のお坊ちゃん。ずっと前に亡くなったたらしいのよ。あなたを特別扱いするわけだわ
キオ:え?
マリー:あら、そうでなきゃ、普通、捕虜をこんな部屋には泊めないわよねぇ
マリー:さあ!その服脱いで 着替えた着替えた
キオ:……
イゼルカント:……
キオ:僕をどこへ連れて行くの?
イゼルカント:君はなぜ我々が地球連邦に戦争を仕掛けたか、その理由がわかるか?
キオ:地球を奪うつもりなんでしょ…!?
イゼルカント:地球を奪う?奪うのではない、取り戻すのだ。我々はどんなことをしてもふるさとである地球に帰ると誓った。人としての尊厳を取り戻すために
キオ:でも多くの人たちを殺した…!どんな理由があったって、そんなことをしていいはずがない…!
イゼルカント:お前にわかるか…?!
キオ:えっ?
イゼルカント:死の宣告を受けてそれでも生きていく
イゼルカント:人々の苦悩が
キオ:!
キオ:……
イゼルカント:火星圏、夢の新天地。だがそれは幻想だった。テラフォーミングの失敗と磁気嵐が生み出したマーズレイにより、死の病が蔓延する場所となった地で
イゼルカント:火星圏の民は、死の恐怖と戦いながら、子をつくり、人の歴史をつないでいる。いつか地球に帰りたい…その願いを胸に抱きながら生きている。だから我々は戦うことにした…!地球というふるさとを取り戻すために
イゼルカント:それが我々が戦う理由だ理解できるかお前に?
キオ:……でも、それでもヴェイガンは…!
上級士官:これを持っていけ
キオ:何?
上級士官:IDカードと連絡用端末が入っている。それさえあれば街の施設を利用したり、必要な物を購入できる
イゼルカント:お前にはここで降りてもらう
キオ:えっ?
イゼルカント:心配するな。あとで迎えに行く
キオ:?
イゼルカント:キオ、ここでヴェイガンを知るのだ…!お前たちが憎んでいる敵の本当の姿をな
上級士官:それと言っておくが、お前は監視されている。逃げようとしても無駄だぞ
キオ:……
キオ:……
少年:……ヘッ
キオ:……
キオ:うわっ!
少年:ヘヘッ
キオ:あっ、待て!
キオ:うわっ!
キオ:ううっ
少年:うわ!
少年:……
赤毛の少年:こういうことはやめろって言ってるだろ!
少年:へっへっへ…
キオ:痛てて…
赤毛の少年:ほらよ
キオ:あ、ありがとう…
赤毛の少年:お前、よそ者だよな?

キオ:痛っ!
赤毛の少年:チッ、だらしねぇな。こんなのかすり傷だろ
赤毛の少年:これでいいぜ
キオ:ここは?
赤毛の少年:俺んちだよ。遠慮はいらない
キオ:うん…
赤毛の少年:危なかったな。この辺もいろいろ大変なんだ。みんな必死で生きてる
赤毛の少年:悪く思わないでくれ
少女:どうしたの?
キオ:!
赤毛の少年:寝てろルウ…!
ルウ:誰?
キオ:あっ 僕はキオ。キオ・アスノ
ルウ:キオか わたしはルウ。けがしたの?
キオ:うん。でもたいしたことない
赤毛の少年:大丈夫そうだな
キオ:いろいろありがとう。君は…?
赤毛の少年:俺はディーン、よろしくな
キオ:何?
ルウ:ウフフ、なかなかいいかも
ルウ:ねえキオ、一緒にご飯食べていかない?お話しよっ
ディーン:ルウ!
ルウ:お兄ちゃんお願い、外の話が聞きたいの。いいでしょう?
ディーン:……
キオ:僕ならいいけど
ディーン/ルウ:!
ディーン:……
キオ:……
ルウ:……
ルウ:えっと~あのさ、キオってどこから来たの?
キオ:えっと、ちょっと遠いとこ
ルウ:ふ~ん、学校とか行ってるの?
キオ:うん…
ルウ:どんな学校?何を教えてくれるの?
ルウ:キオってどんなスポーツが得意?
キオ:えっと…
ルウ:いいなぁ
ルウ:わたしも行きたいなぁ
ルウ:みんなと話したり、けんかしたり、そんなの楽しいだろうなぁ
ディーン:……
キオ:君は学校行ってないの?
ルウ:それは…
ディーン:お前!
キオ:?
ルウ:お兄ちゃん!
ディーン:……
ルウ:知ってるでしょ?この病気は寝てないとだめだから…
キオ:病気って?
ディーン:マーズレイのせいさ
ザナルド:イゼルカント様!あの少年はガンダムパイロットです!情報収集のためにも尋問すべきなのでは…!?
イゼルカント:……
イゼルカント:まだその時ではない
ザナルド:しかし!急がねば…!
イゼルカント:わたしに任せておけと言ってる…
ザナルド:! はっ…!
ザナルド:むう……
ディーン:で、そっちはどうなんだ?
キオ:そっちって?
ディーン:だから、お前のコロニーではマーズレイの影響はどうなんだ?
キオ:あっ、と…
ディーン:言いたくないか…まあいいさ
キオ:……
ディーン:あいつ、もう長くないんだ…
キオ:えっ…!?
ディーン:もってあと3カ月
キオ:……
ディーン:不公平だよな、何も悪くないのに死ななきゃならないなんて……!
キオ:病気、そんなに重いの?
ディーン:うっ…
キオ:何とかしてあげられないの?
ディーン:何とか?薬があっても俺たちには回ってこない。それに完全に治るわけじゃない、少しだけ長く生きられるだけだ
キオ:そんな…
ディーン:地球のヤツラはぬくぬくと安全なところで暮らしている
キオ:……
ディーン:俺たちをこんな目に遭わせて、自分たちだけ…そんなのあるかよ…!でも、信じている。イゼルカント様が、俺たちを地球に帰してくれる日が来るって。行ってみたいよなぁ、地球
キオ:……
キオ:! 僕そろそろ行かなきゃ
ディーン:お、そっか
ディーン:ありがとな
キオ:え?
ディーン:妹のあんな楽しそうな顔、久しぶりに見たよ
キオ:……
ディーン:だけどさ…これ以上、俺たちに関わらないんでほしいんだ
キオ:! えっ?
ディーン:友達とかできるとさ…あいつ自身、つらくなるだけだから…
キオ:でも…
ルウ:お兄ちゃん!
ルウ:なんでもう来ちゃいけないの?わたしだって、もうすぐ死ぬことぐらいわかってる!
ディーン:ルウ!
ルウ:だけど、だけどもっといろんな人に会いたい。いろんな場所に行きたい…!それがいけないことなの?
ディーン:まだわからないのか…!?楽しい場所に行っても、誰かと知り合っても、それはすぐに終わるんだ!別れがつらくなって…
ディーン:死ぬのが怖くなるだけなんだ
キオ:!
ルウ:それもいいんだ……それでもいいから、少しだけでもちゃんと生きたいんだよ…
ルウ:ちゃんと生きてみたい……
ルウ:う、うう…またキオと話したいよ…もっといろんなこと話したいんだ…うっうう……
キオ:……!
キオ:……
マリー:……
ドレーネ:……
イゼルカント:……
イゼルカント:この火星圏がどんな所かわかったか?
キオ:……
イゼルカント:人は愛するものを思い、家族に温もりを求める。ここではそんな純粋な気持ちですらも踏みにじられる。ヴェイガンの民は、失うことの恐れから、愛するという感情を押し殺して生きている。
キオ:でも、ディーンたちは……!
イゼルカント:お前が出会った少年たちのことか?確かに子どもの頃は皆、人間的な感情を持っている。しかし、成長するにつれ、人を愛さなくなる。家族にも恋人にも執着しなくなる。人を心から愛することを恐れるようになるのだ
イゼルカント:聞こえるか?人としての感情を奪われてしまった民の叫びが?我々は死ぬことが悲しいのではない、人として生きられないことが悲しいのだ
キオ:……
イゼルカント:お前には伝えておこう。
キオ:?
イゼルカント:わたしの真意を
キオ:! …?
イゼルカント:これはただの戦争ではない。わたしはこれまでの攻撃全てにおいて、生き延びるチャンスを与えてきた。生きることの意味も知らずにすごす地球種に、わたしは問うてきたのだ
キオ:……
イゼルカント:生きる意志を、生きる価値があるかどうかを
キオ:…!
ザナルド:納得できん!
ザナルド:イゼルカント様は、あの少年に心を許し過ぎておられる…!
側近:確かに。いくら子どもとはいえ、敵のパイロットですからね。うっ!?
ザナルド:監視を怠るな。いざとなればあの少年の命…我々の手で…!
側近:はっ!
ドレーネ:あなた…私はあの子がロミに見えて…
イゼルカント:わかっている
イゼルカント:運命のいたずらというものか…
イゼルカント:……
ドレーネ:どうなのです?
イゼルカント:ドクターに言われた。残り時間はあと6カ月だそうだ
ドレーネ:そうですか……
イゼルカント:何としても持ちこたえねばな。エデンの扉をこの手で開かねばならんのだ
ドレーネ:ええ…そのために私たちは生きてきたのですから。ロミを亡くしたあの日から……
キオ:……
ディーン:すぐに別れが来るんだ!死ぬのが怖くなるだけなんだ…
ルウ:それでもいいんだ…!それでもいいから、少しでもちゃんと生きたいんだよ…ちゃんと生きてみたい…!
イゼルカント:わかるかキオ?我々は死ぬことが悲しいのではない、人として生きられないのが悲しいのだ
キオ:……
ゼハート:ガンダムの鹵獲(ろかく)によって、連邦軍の戦力増強計画を阻止することができました。プロジェクトエデンは、ファイナルフェーズに移行します
イゼルカント:時は満ちた…!
ゼハート:はっ!
イゼルカント:わたしは全てをかけてきた。覚えているかゼハート?お前にこの計画を話した日のことを
ゼハート:一度たりとも忘れたことはありません。人のあるべき姿を取り戻す。その高き志こそ、わたしが戦う理由です
イゼルカント:そうか、頼んだぞ。お前の力、あてにしている
ゼハート:はい、イゼルカント様…!
ザナルド:状況は?
技術士官:はっ、まもなくパーツの高速成型に入ります
ザナルド:ヴェイガンが造り出す、新たなガンダムか…


ナレーション:キオの前に現れた父の姿
脱出を試みる中、キオは悲しい別れに涙する
次回、機動戦士ガンダムAGE
「逃亡者キオ」
3つの運命が歴史になる