アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン」

機動戦士ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン」

機動戦士ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン

 

機動戦士ガンダムAGE 第42話「ジラード・スプリガン


アルグレアス:ルナベースの司令官、アローン・シモンズはヴェイガンに寝返り、相当数の工作員を基地内に浸透させていた。我々はルナベースの奪還作戦を敢行する!
キオ:戦いをやめて、これからのことを話し合うんだ。同じ人間同士…うわぁっ!
フラム:話し合いなんて、もはや不可能なのよ!
キャプテン・アッシュ:ゼハート、お前はイゼルカントの本当の目的を知っているのか?
ゼハート:わたしはイゼルカント様のために戦う…もはやお前の言葉に耳を貸すことはなぁいっ!
キオ:攻撃!?ルナベースから?!
スプリガン:どうやらわたしの出番のようだね。ジラード・スプリガン、参る!

第42話 ジラード・スプリガン

スプリガン:いくわよ、連邦!
アビス:ううっ
アビス:クッ ん?!
アビス:新たな部隊か!?
スプリガン:フッ
スプリガン:……
スプリガン:……
スプリガン:腕が鈍ったかしら?
デレク:レベルが違う…!何もんだ!?
アビス:まさか、あれは…!
ゼハート:来たか…ジラード・スプリガン
スプリガン:フ、約束通り好きにやらせてもらうわよ
ゼハート:わかっているな?目的は、基地の防衛だ
スプリガン:…あいにくだけど
ゼハート:?
スプリガン:わたしはガンダムと戦えればそれでいいの
ゼハート:ここはお前の復讐の舞台ではない。それを忘れるな
スプリガン:御忠告、感謝するわ
フラム:1機ならやれる…!あっ?!
キオ:?あっ
フラム:なっ?!何のつもり、ジラード・スプリガン!?
キオ:!
キオ:うっ!
スプリガンガンダムは、わたしがやらせてもらう!
フラム:はあっ?! 邪魔をしないで!もう一息だったのに!
スプリガン:そんなにゼハートに褒められたい?
フラム:何を言ってるの?
スプリガン:図星でしょ?
フラム:わたしは上官の命令を実行しているだけ
スプリガン:だったら、さっさとしとめれば、よかったのに!
スプリガン:あなたの出番はないわ!
フラム:ふざけないで!
フラム:うっ!
アビス:キオ!こっちは任せろ!
キオ:セリックさん!
フラム:うっ!
スプリガン:いくわよ…! フン!
スプリガン:(ガンダム!連邦を見限ったわたしの覚悟、見せてあげるわ!)
キオ:(えっ?あなたは誰?)
スプリガン:わたしは…ジラード・スプリガン
キオ:ジラード・スプリガン
イーサン:AGE-FXと交戦中の機体は、連邦の物です。パイロットデータ、出ます
カール:ジラード・スプリガン大佐…ルナベースに配属されていたエースパイロットです!
ナトーラ:ジラードって、本来は男性の名前ですよね
フリット:…! キオ!そいつは敵だ!
キオ:うっ!
フリット:手加減など無用だ!
キオじいちゃん…!
キオ:…僕は、僕のやり方で戦う!
キャプテン・アッシュ:ゼハート、聞いてくれ!イゼルカントはヴェイガンを救おうとしているんじゃない!
ゼハート:言っただろ!お前の戯言など聞くつもりはなぁいっ!
キャプテン・アッシュ:だとしても俺は言う!
キャプテン・アッシュ:イゼルカントは、優れた人間だけを残そうとしている!
キャプテン・アッシュ:自らの手で連邦とヴェイガンから、種を選別しようとしているんだ!
ゼハート:……
キャプテン・アッシュ:そんなヤツにお前は、ついていくのか…?!
キャプテン・アッシュ:目を覚ませ!ゼハート!
ゼハート:黙れ!
キャプテン・アッシュ:ここまで言ってもわからないのか…?!
ゼハート:黙れと言っている!
キャプテン・アッシュ:ゼハートォっ!
スプリガン:この程度なの?ガンダム
キオ:クッ!待ってください!あなたは連邦のパイロットだったんですね?
スプリガン:だったら…何かしら?!
キオ:それなら!ヴェイガンと連邦、両方の事情がわかるはずです!
キオ:この戦争を、やめさせたいんです!お願いします!僕と一緒に…!
キオ:うっ!
スプリガン:わたしは連邦にうんざりしただけよ!…保身しか頭にない、薄汚れた軍人たちにね……!
スプリガン:!
キオ:うっ!一体何があったんですか?
カール:……あっ、ありました。ジラード・スプリガン大佐の身上調査のデータです。送ります
ナトーラ:……こんな過去があったなんで
フリット:過去に何があろうが今はヴェイガン。我々の敵であることに変わりはないっ!
ナトーラ:アスノ元司令、どちらへ?
フリット:わたしも出る!
フリット:AGE-1の強化改修がまもなく完了するからな!
フリット:プラズマダイバーミサイルの準備は、進めておけ
ナトーラ:……
フリット:いいな!この戦いに負けることなどありえない!
ナトーラ:……
エイラ:古い機体でよくやんなぁ~
エイラ:で、ジラードの過去って何なんです?
ナトーラ:レイナ・スプリガン
スプリガン:……
ナトーラ:それが、彼女の本当の名前

スプリガン:……
ナトーラ:レイナ・スプリガンは、開発中のモビルスーツの性能を評価するテストパイロットだった…
ナトーラ:でもある時、事故が起きたんです
エイラ:事故?
キオ:うっ!
キオ:教えてください!あなたに何があったんですか?!
スプリガン:連邦に話すことなんてない!あなたになんか、わかるわけないわ!
スプリガン:わかるわけが……
レイナ:……
技官:評価テスト、お疲れ様でした!レイナ・スプリガン少佐
レイナ:お疲れ様
レイナ:スラスターの点火機構、もう少し調整が必要ね
技官:はい
レイナ:あとでレポート上げるわ
技官:お願いします
声:レイナ、お疲れ
レイナ:!
レイナ:今日はまあまあだったじゃない?
フォーネル:言ってくれるじゃないか?
レイナ:わたしたちは、同期のパイロットとして出会い、互いに切磋琢磨しながら2人の時を重ねた
フォーネル:ごめん、待った?
レイナ:うーん、かなりね
フォーネル:……
フォーネル:テストパイロッテのも悪くないな
レイナ:そう?
フォーネル:こんな今があるのは、テストパイロットになったからだと思わないか?
レイナ:……
フォーネル:……
フォーネル:……
フォーネル:レイナとなら、昔からの夢をかなえられる気がするんだ。あったかい家庭を持つっていうね
レイナ:……
レイナ:フ……
フォーネル:……
レイナ:わたしたちは、将来を誓い合った…。そんなある日
レイナ:これは?
技官2:君たちXラウンダーの能力を増幅するための新たなシステムだ
フォーネル:もう完成したのか
技官2:あとは運用テストのデータから、最終的な調整を行う
技官2:軍規定の安全基準はクリアしている。思う存分暴れてくれ
フォーネル:任せてください…!
レイナ:うん
レイナ:?
レイナ:こうしてあの日…わたしたちはテスト飛行に向かった
レイナ:……
技官2:では、新システムを起動する
レイナ:……
フォーネル:では行こう、レイナ
レイナ:ええ…!
レイナ:…!
技官2:順調だな。では、出力を上げるぞ
レイナ:了解っ
レイナ:うっ!
フォーネル:ううっ!
フォーネル:こちらフォーネル!体の自由が利かない…!システム停止を要請する!
レイナ:こちらスプリガン、止めてください!
レイナ:システムの暴走?!
レイナ:うっ!ううっ!
レイナ:ううっ!
レイナ:能力をコントロールできない!
フォーネル:こっちもだ!
フォーネル:うっ?!
フォーネル:うわあぁぁっ!
レイナ:うっ、ううっ!あっ!
フォーネル:うわあぁぁっ!
レイナ:クッ、止まりなさい!ううっ!
レイナ:うっ!ああ……
レイナ:……
フォーネル:うわあぁぁっ!
レイナ:!
レイナ:う、ううっ
レイナ:ああっ…
看護師:いけません!まだ動いては!
看護師:さあ、戻りましょう
レイナ:彼は?フォーネル少佐は、どこ…?!
看護師:あっ……
レイナ:!!
レイナ:助かったのは、わたし1人だった
レイナ:……
レイナ:……
技官:……
レイナ:そしてわたしは、事故の真相を知った
技官:これ以上は危険です!
技官2:構わん!出力を上げろ
レイナ:!
技官:しかし!!
技官2:これは上からの指示だ!
レイナ:ええっ…!?
技官:システム、制御不能
技官:……
技官:早く結果を出したいと、焦るあまり…
レイナ:!
レイナ:そんな……!
レイナ:あれは、彼のミスじゃありません!証拠があるんです!
上官:…彼の死は残念だが、システムが暴走したのは彼が指示に従わなかったためだと報告が上がっている
レイナ:何ですって?!
上官:レイナ・スプリガン、君は今日付けで2階級特進…大佐に任命する
レイナ:!?口止めのつもりですか?!
上官:これ以上騒げば、君にも火の粉が降りかかる。そうなれば…!わたしにもかばいきれん!
レイナ:新システムのプロジェクトを守るため、彼に全ての罪を被せる形で、真相は隠蔽された
レイナ:……!
レイナ:彼との未来は、連邦への憎しみで塗り替えられた
レイナ:……
レイナ:わたしは復讐のために連邦を見限り、ヴェイガンの誘いに乗った…
アローン:……
スプリガン:……
キオ:ジラードさん!
スプリガン:!
キオ:こんなふうに戦ったって何にもなりません!
キオ:あなたや僕が持っている力は、こんなことに使っちゃいけないんだ!
スプリガン:坊や、何を甘いこと言ってるの?!この力は戦うためのもの!復讐を遂げるためのもの!
キオ:そんなの違う!
スプリガン:クッ!
キオ:この力を使って、戦争を止めたいんです!
スプリガン:笑わせないで!
キオ:……
アビス:キオ!
キオ:!
アビス:先ほどの機体を逃がした!そっちへ行くぞ!
キオ:あっ
スプリガン:助けなんて頼んでいないわ
フラム:ゼハート様の指示よ。あの方は、どんな部下だって見捨てはしない
スプリガン:へぇ、アイツ、そんなにいい男なのね
フラム:司令官として、尊敬できる方だって言ってるの…!
キオ:うっ!
スプリガン:尊敬ぇ?それだけ?
フラム:わたしは、ゼハート様の力になりたいだけ!ヴァイガンの未来を切り拓く手助けをしたいだけよ!
スプリガン:夢は見ない方がいいわよ
フラム:夢なんかじゃない!
スプリガン:人生なんて、思い通りにはならないから!
キオ:うわああっ!
フラム:ああっ
フラム:!
フリット:キオーーっ!
キオ:じいちゃん…?!
フリット:ヴェイガンは殲滅する!
フラム:うっ
スプリガン:うっ!
キオ:じいちゃん待って!ジラードさんにはきっと、連邦を離れた理由があるんだよ!
フリット:理由など関係ないっ!ヤツはもう連邦の人間ではないのだっ!
キオ:でも!!
フリット:連邦にいたレイナ・スプリガンという女はもうどこにも存在しない!
キオ:!!
スプリガン:!
スプリガン:そうよ、わたしはレイナじゃない
字幕:来週は午後5時30分からお送りします
レイナ:ああっ…
看護師:いけません!まだ動いては!
看護師:さあ、戻りましょう
レイナ:彼は?フォーネル少佐は、どこ…?!
看護師:あっ……
看護師:少佐は…ジラード・フォーネル少佐は、亡くなられました…
レイナ:!
レイナ:そんな…!ジラード……!
レイナ:ジラードぉぉぉぉっ!
スプリガン:わたしは、彼と共にここにいる!わたしの名はジラード…ジラード・スプリガン
スプリガン:ううっ!?
キオ:うっ?!
フリット:おおっ?!
フラム:クッ?!
ゼハート:! これは!?
スプリガン:うっ!今のは、何っ!?
キャプテン・アッシュ:何だ?
スプリガン:……わたしは、ジラード・スプリガン…!


ナレーション:3つのガンダムが宇宙を駆ける時、
1つの戦いに終止符が打たれる
次回、機動戦士ガンダムAGE
「壮絶 トリプルガンダム
3つの運命が歴史になる


キオ:ティエルヴァは、マッドーナ工房から連邦軍に提供されたXラウンダー専用の強力な機体だ。だけど、パイロットのジラード・スプリガンと共に、ヴェイガンの機体となってしまったんだ