アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第43話「壮絶 トリプルガンダム」

機動戦士ガンダムAGE 第43話「壮絶 トリプルガンダム」

機動戦士ガンダムAGE 第43話「壮絶 トリプルガンダム

 

機動戦士ガンダムAGE 第43話「壮絶 トリプルガンダム


アビス:まさか、あれは…!
スプリガン:わたしは…ジラード・スプリガン
ナトーラ:レイナ・スプリガン、それが、彼女の本当の名前
レイナ:ううっ!能力がコントロールできない!
ジラード:うっ!こっちもだ!ぐっ!うわあああっ!
レイナ:そんな……!
レイナ:ジラード…ジラードぉぉっ!ああっ!
スプリガン:わたしは、彼と共にここにいる…!
ジラード:わたしは…ジラード・スプリガン…!

キオ:クッ!
フラム:ああっ
フラム:あっ!
スプリガン:フフフ、そんな攻撃が当たるとでも思って…
スプリガン:!
スプリガン:ううっ、何なの?この痛み
ゼハート:ジラード
スプリガン:!
ゼハート:さがれ、今すぐ戦闘宙域から離脱するのだ
スプリガン:ハァ?いきなり何?!わたしがコイツらにかなわないとでもいうつもり!?
ゼハート:違う、このまま戦えばお前は…! うっ
スプリガン:余計なことは言っていられなくなったようね
ゼハート:クッ!
スプリガンガンダム3機が相手だなんて、楽しくてゾクゾクしてくるじゃない…
キオ:ジラードさん…
アビス:クッ、さすがに近づくに連れて手強くなってくるな ッ!
オペレーター:グリーン中隊、敵反撃により突入点に到達できず!
オペレーター:支援砲撃の要請多数!対応しきれません!
オペレーター:月面への降下部隊、いずれも甚大な被害です!このままでは…!
アルグレアス:……
アルグレアス:元司令
フリット:アルグレアスか
アルグレアス:降下部隊は、いずれも戦線の維持をできません
アルグレアス:いかがいたしますか?
フリット:戦線が崩壊した時点でプラズマダイバーミサイルを使用しろ。ルナベースを破壊する
アルグレアス:よろしいのですか…?
フリット:わたしは、絶対に負けたくないのだ……!
アルグレアス:……
フリット:最後の決断は、まかせる
アルグレアス:わかりました…
アルグレアス:……
ブリッジクルー一同:……
アルグレアス:…心配するな。元司令は常に正しい判断をするお方だ。各艦に通達!砲撃をルナベース上の防御施設に集中し、降下部隊を最大限に支援せよ!今はそれしかない
ブリッジクルー一同:りょ、了解!
アルグレアス:……
アルグレアス:難しい局面だ……!
フラム:はっ!
キャプテン・アッシュ:いいかげんに理解しろ!イゼルカントは、ヴェイガンの人間を救おうなんて思っちゃいない!
ゼハート:まだ言うか!
フラム:お前を倒す!
フラム:ゼハート様の悲願のためにも!
フリット:若いな。気合に実力が伴っていないぞ…!
キオ:ジラードさん…もうやめてください!僕たちの力は戦うことじゃなくて、戦争を止めることにだって使えるはずなんです!
キオ:だから!
スプリガン:何を言っているの…?わたしは連邦軍を叩き潰すために
スプリガン:寝返ったのよ!
アビス:ここを越えればルナベースまですぐなんだが…そう簡単に行かせてくれそうもないな
デレク:ですが、基地司令部へダイレクトにつながっていないはずのルートに、これだけの戦力を集中させているってことは…
アビス:ああ、読み通り、敵は基地内部の構造に手を加えている
アビス:フッ
アビス:あと一息だ、ひるむなよ!
アビス隊:了解!
オペレーター:月面の第二降下師団本部より連絡!敵の反撃が激しく、戦線、維持できず!以上です!
アルグレアス:……
アビス:何?!プラズマダイバーミサイルを使う?!
ナトーラ:は、はい…アルグレアス総司令の命令で、20分後に発射すると…ですが、変なんです
アビス:ん?
ナトーラ:一緒に、フォトンブラスターを最小出力で撃てるように準備しておけって
アビス:…… はっ!
アビス:そうか…そういうことか
ナトーラ:……
アビス:フォトンブラスターは撃てるか?
ナトーラ:えっ?
アビス:ルナベースではなく、その手前の第6搬入口を狙ってくれ
アビス:総司令は俺たちに言っているのさ、プラズマダイバーを使うまでの20分間で何とかしろってね
アビス:敵とはいえ、犠牲者は少ない方がいいだろう。つまり、今のうちに制圧しろってことさ
ナトーラ:ああっ…撃てますか?
エイラ:いつでも!
ナトーラ:では、フォトンブラスター発射!
アビス:これより突入する!行くぞお!
アビス:今だ!突入!
アローン:何!?内部への侵入を許しただと!?
ヴェイガン将校:はい。基地内で戦闘が始まっております
アローン:ここは大丈夫ではなかったのか?
ヴェイガン将校:侵入路は1カ所だけです
アローン:……
ヴェイガン将校:現在、N32通路で…
ヴェイガン将校:司令、どちらへ?
アローン:しばらくここを頼む
ヴェイガン将校:ですが…
アローン:っ、すぐに戻る!
アローン:……!
キオ:やめてくださいジラードさん!
キオ:僕は、あなたと戦いたくなんかないのに…!
スプリガン:もううんざりっなのよ!あなたの言う青臭い奇麗事なんて…!そんなもの、何の意味も持たないわ!
キオ:!
キオ:ううっ
キオ:それでも僕は、言い続けるしかないんだ…!
キオ:話し合えば、分かり合えるんだってことを!
スプリガン:そろそろ気づきなさい!分かり合いたくない人間もいるって!
スプリガン:!
ゼハート:ジラード!
キオ:ジラードさん?
スプリガン:ううっ
スプリガン:ああーっ!あぁあっ!

アビス:ちっ、やはり隔壁を強化していたか。まあいい、予備管制センターは確保できた
アビス:どうだ?ウォン
ウォン:大半は壊されちゃいましたけど…何とか生きている回線を見つけられました。ここからルナベース内のシステムにアクセスできれば…!
アビス:頼むぞ、俺たちに残されている時間はあまりない
スプリガン:うう…!う、う…うっ!あぁっ、ああっ、あ、ああっ!
スプリガン:ああ、あぁぁっ!ああっ、ああ!ああっ、ああ!
キオ:ジラードさん?
フラム:ん?
フリット:!
ゼハート:クッ!やはりか!
キャプテン・アッシュ:待て!ゼハート!
スプリガン:ううっ…!うう!
キオ:ジラードさん!どうしたんですか?ジラードさん!
スプリガン:うう…!
スプリガン:あああっ!
スプリガン:あぁぁああ!
キオ:うわあっ!
フリット:うぉっ!
フラム:ううっ!
ゼハート:うっ!くっ!遅かったか
キャプテン・アッシュ:な、何だ?
キャプテン・アッシュ:一体、何が起きている?
スプリガン:うわああぁぁっ!
スプリガン:!
スプリガン:ふん!
ゼハート:うっ!
スプリガン:はぁっ!
フラム:ああっ
スプリガン:!
キオ:何で…!?
スプリガン:うふっ、うふふふ!あーははははははっ!
ゼハート:クッ!
ゼハート:なっ?
フラム:う、く、ううっ
フリット:ぬおっ…!
キオ:ううっ
キャプテン・アッシュ:どうなっているんだこれは?
フリット:暴走だ
キャプテン・アッシュ:何っ!?
フリット:ジラードのXラウンダー能力が暴走し、我々の能力に干渉しているのだ…!
フリット:うっ!
ゼハート:原因は、過去に事故で受けた傷…Xラウダー能力を使い過ぎたのだ…!
キオ:ジラードさん?!ジラードさん!
スプリガン:はぁっ、はぁっ…ウフッフフ…
アローン:……
ヴェイガン兵:司令?
アローン:!
ヴェイガン兵:どこへ行かれるのですか?ここには緊急時の脱出艇が置かれているだけで…
アローン:…!
アローン(にらみ):!
アローン:はぁっ、はぁっ、冗談ではない。こんな所で死んでたまるか
アローン:あの事故を全てフォーネルのせいにして隠蔽したのも、はぁっ、傷心のジラードを連邦に復讐できるとそそのかし、彼女を手土産にヴェイガンに寝返ったのも、はぁっ、はぁっ、はぁっ
アローン:全ては、わたしが生き残るためなのだ…!それなのにこんな所で死んで…
アローン:!?
アビス:あ、あー、テス、テス
アビス:テス
ウォン:大丈夫です
アビス:こちらは連邦軍所属、セリック・アビス少佐だ。ルナベース内にいる全ヴェイガン兵に告ぐ
アビス:直ちに戦闘行為を停止し、投降せよ。繰り返す、直ちに戦闘行為を停止し、投降せよ
ヴェイガン将校:うろたえるな!我々はまだ負けたわけではないっ!
アビス:だが、この基地は現在、プラズマダイバーミサイルが狙っている
ヴェイガン将校:!
アビス:一瞬で基地の全てを消滅させる威力だ
ヴェイガン将校:ぬぅ
アビス:発射まで残り10分、諸君らの賢明な判断に期待する
ヴェイガン将校:馬鹿な!そんなものが信じられるか!本当であれば、基地内にいる連邦軍の兵士までも…!
アビス:この作戦で俺たちは死んでこいと言われている…!
ウォン:ええっ?!
アビス:この基地は、ヴェイガンにとって地球侵攻の重要な拠点かもしれないが、連邦軍にとっては最悪の場合、破壊してしまっても構わないものだからな
ヴェイガン将校:ええぃ…!
アビス:早く決めてくれ
アビス:さもないと、俺たちも巻き添えで死んでしまう…
アローン:!
アローン:ふ、ふざけるな!わたしは必ず生き延びて…!
ヴェガン兵(瀕死):このお!
アローン:!
ゼハート:ジラード、やめろ!そのままでは、お前は!
ゼハート:グッ!
フラム:ゼハート様!あっ!
フラム:ああっ!
スプリガン:フフフ…ウフフフゥッ
スプリガン:アハハハ!ウフ、アーハハハッ!
キャプテン・アッシュ:キオ!父さん!ええい、アイツが!
キャプテン・アッシュ:そこだっ!
スプリガン:ウフ…!
ゼハート:グゥッ!
キャプテン・アッシュ:ゼハート?!
スプリガン:アーハハハハハハッ!
キャプテン・アッシュ:うっ!
ゼハート:うわぁっ!
フリット:うおおぉおっ
フラム:きゃーぁあぁっ!
キオ:もう止めてくださいジラードさん!
キオ:僕たちが…!
キオ:うわあぁっ!
キオ:僕たちが…戦う理由なんて…本当は何も…
キオ:うわああぁっ!
フリット:離れろキオ!
フリット:そいつの力に飲み込まれるぞおっ!
フリット:うううっ!
キオ:うあぁっ!
スプリガン:やめてあげてもいいわよ
キオ:…?
スプリガン:その代わり、あの人を…わたしに返して…
キオ:!
キオ:ううっ!
スプリガン:アハハハ、ハハハッ!
キオ:ううっ
フリット:はあっ、はぁっ…!
キオ:ジラードさん!
スプリガン:フッ、無様な最期…連邦のことも彼のことも
スプリガン:結局、わたしは何もできなかった…
ゼハート:いや
スプリガン:!
ゼハート:そんなことはない。お前は自分が信じた正義に殉じて戦い抜いた。わたしはお前のことを戦士として認めている
スプリガン:ゼハート……
スプリガン:ありがとう……
キオ:ジラードさぁぁん!!
アビス:残り5分、そろそろ答えを聞かせてもらう
ヴェイガン将校:…いいだろう。我が部隊は武装を解除し、この基地から撤退する
ヴェイガン将校:ただし条件がある!
ヴェイガン将校:将校は全て捕虜となろう、だが、それ以外の兵の脱出は認めてもらいたい
ヴェイガン将校:それが受け入れられない場合は、全員がこの基地と運命を共にするっ!
アビス:わかった。その条件を飲もう
アビス:艦隊司令部に報告しろ。戦闘を中止し、ヴェイガンの脱出を邪魔するなと
ウォン:はい
フラム:ゼハート様、ゼハート様
ゼハート:ジラード・スプリガン…悲しい女だ。ん?
ゼハート:あれは?
フラム:ゼハート様、ルナベースはもう…
ゼハート:フラム、撤退するぞ。…我々は負けたのだ
フラム:……はい
フリット:逃がすか…!
フリット:キオ?!
キオ:もうやめて……
キオ:もうやめてよじいちゃん……
キャプテン・アッシュ:ゼハート…
アビス:ん?
ヴェイガン将校:……
アビス:やれやれ、やっとこれで一息つける…
オペレーター:降下部隊より報告!敵司令部を制圧!ルナベースを完全に掌握!
アルグレアス:よし!プラズマダイバーミサイル発射中止!各艦は警戒しつつ、負傷者の救助!
一同:はっ!
アルグレアス:(これもきっとあなたの想定通りだったのでしょうね)
アルグレアス:(アスノ司令・・・)
フラム:収容を急いで!負傷している兵は医務室へ!収容が完了次第、この宙域を離脱する!
アローン:待て!
アローン:なぜわたしを先に収容しない!?わたしはルナベースの司令官だぞ!?
フラム:フン…
アローン:それに、この通り負傷している
フラム:司令官ならば兵たちの安全を最優先させるのが当然のこと
アローン:貴様…!?
フラム:その腕、どこで負傷されましたか?
アローン:!
フラム:既に報告を受けています。ルナベース内で、兵士が1名、敵のいないエリアで、何者かに撃たれて死亡したと
アローン:!ああ…
フラム:あなたのような汚らわしい者をゼハート様の艦(ふね)に乗せるわけにはいかない
アローン:わたしは!わ、わたしは!
フラム:……
ゼハート:フラム
フラム:はっ
ゼハート:戻るぞ。セカンドムーンが地球圏に達した
フラム:ええっ…?!


ナレーション:大いなる戦いを前にして、
戦士たちはそれぞれの道を選択する
次回、機動戦士ガンダムAGE
「別れゆく道」
3つの運命が歴史になる