アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動戦士ガンダムAGE 第44話「別れゆく道」

機動戦士ガンダムAGE 第44話「別れゆく道」

機動戦士ガンダムAGE 第44話「別れゆく道」

 

機動戦士ガンダムAGE 第44話「別れゆく道」


ドレーネ:これが地球…
イゼルカント:美しいな…
ドレーネ:はい…
イゼルカント:ドレーネ、わたしはゼハートにすべてを託すつもりだ
ドレーネ:……
ドレーネ:そうですか
フラム:ゼハート様、ラグラミスに向かいますか?
ゼハート:いや、この艦はセカンドムーンと合流する
フラム:はっ!
キオ:これが、エデン…
イゼルカント:ヴェイガンも連邦もない、優れた種のみが生きる理想の楽園をわたしは造り出す
ゼハート:……
ゼハート:……
キャプテン・アッシュ:いい加減に理解しろ!イゼルカンとは、ヴェイガンの人間を救おうなんて思っちゃいない!
ゼハート:……

アルグレアス:……
ナレーション:壮絶な攻防戦となった月面基地ルナベース奪還作戦は、連邦軍の勝利でその幕を閉じた…
アルグレアス:先ほどのデータをモニターに
連邦兵:了解
アルグレアス:アスノ指令、これを見てください
フリット:これは
アルグレアス:敵モビルスーツの製造工程管理システムの記録です
フリット:ここで地球に送り込んでたモビルスーツを開発したというのか?
アルグレアス:はい。しかもこの基地内での兵器製造工程には、奇妙な点がいくつも発見されました
フリット:奇妙な点とは?
アルグレアス:はい。銀の杯条約によって、廃棄されたはずの技術が使われているのです
フリット:…EXA-DBか
アルグレアス:そうです
フリット:だからヴェイガンは地球連邦を超える軍事力を持つことができたのだ
アルグレアス:しかし、彼らが入手したのはごく一部であったはずです。その価値を知る彼らは、残りのデータを血眼になって探していると思われます
フリット:戦争の行方を左右するロストテクノロジー・・・
フリット:我々も全力で探すべきだろう
アルグレアス:はい。既に情報部に探索を命じましたが、情報が散逸していて、手がかりすら見つからないようです
フリット:むう…不甲斐ないものだな
イゼルカント:いよいよ我々は地球圏へやって来た
イゼルカント:この地球圏で我々は勝利し、母なる地球を取り戻す…!ヴェイガンの民よ、今こそ悲願をかなえるときだ
イゼルカント:エデンをこの手に!
市民たち:エデンをこの手に!エデンをこの手に!
市民たち:エデンをこの手に!エデンをこの手に!
ゼハート:イゼルカント様
イゼルカント:来たかゼハート。お前に話しておきたいことがある
ゼハート:その前にイゼルカント様、お聞きしたいことがあります
イゼルカント:…何か?
ゼハート:イゼルカント様、プロジェクトエデンとは何なのですか?
イゼルカント:……
ナトーラ:ああっ!
アビス:艦長…?!大丈夫か?
ナトーラ:だっ、大丈夫です!
アビス:何事だ?
ナトーラ:は、はい
ナトーラ:敵から押収したデータを、書類で提出しろって。ギリギリになってしまったんです
ナトーラ:ああっ、急がないと…
アビス:あわてても始まらん。落ち着けって
ナトーラ:急がないと。艦長のわたしがこんなことじゃ…
アビス:落ち着けって
ナトーラ:あ…
アビス:艦長は艦長らしく、どっしりと構えていろ。そうでないと皆、不安になる
ナトーラ:セリックさん?
ナトーラ:……
イゼルカント:どうやら知ってしまったようだな
ゼハート:ええ。ヴェイガンの過去の作戦計画、遂行記録の全てを調べました
イゼルカント:ふぅ…
ゼハート:地球を奪い、ヴェイガンの民たちが穏やかに暮らせるエデンを造る。そこは戦争も死病もない、人が人でいられる理想郷。わたしは、全てを捧げてきた。その理想郷にたどり着くために!しかしあなたの計画は、ヴェイガンの民を救うためのものではなかった…!あなたはわたしを騙していたのですか?!あなたを信じてここまでやってきた、このわたしを!
イゼルカント:……
ゼハート:イゼルカント様、真実をお聞かせください…!
イゼルカント:ゼハート
イゼルカント:わたしは地球という始まりの地に、再び人が人らしく生きる理想郷、エデンを造りたいと考えた。そのためにエデンの住人になり得る優れた種を選別してきたのだ
ゼハート:…選別?
イゼルカント:未来につなぐ価値を持った種の選別、人が人であるために。それが新世界への扉を開くプロジェクトエデンだったのだ。それはすなわち、新しい人類の創造である…!
ゼハート:あなたは神にでもなったおつもりかっ?!!
イゼルカント:理解できぬかゼハート?
ゼハート:人類の選別など、理解できるはずがない…!
イゼルカント:ヴェイガンが地球を取り戻したとしても、同じことが繰り返されるだけだ
イゼルカント:獣がナワバリを争って勝っただけのこと。本能で戦う獣と同等の行為だ
ゼハート:……
イゼルカント:人を高い次元に導き、より良き世界を造るために誰かが選択をせねばならん…!その選択をわたしは行ってきたのだ
ゼハート:あなたの言うより良き世界とは、あなたという支配者に都合よくつくられた独裁国家にすぎない。地球の歴史に新しい支配者が誕生するだけだ!
ゼハート:違う!わたしがつくりたいのは独裁国家などではない!人の未来だ…!
ロミ:地球ってどんな所かな?あのね父さん…僕、生まれ変わる所は地球がいいな。そのときは、父さんも母さんも、一緒だよ……
イゼルカント:死ぬ間際に言った息子のその言葉がきっかけだった。
イゼルカント:わたしは地球連邦と戦う力を得るため、EXA-DBの中に記された戦いの歴史を見た
イゼルカント:人類が宇宙に移住し、暮らすようになってからの長い戦いの歴史だ…
イゼルカント:そこに記された地球は、理想郷などには程遠い、実に愚かな星だった…
ゼハート:……
イゼルカント:人は、母なる大地から離れ、歴史を重ねていくうちに、何かを奪い合い、殺し合うことを平気で行える
ゼハート:あっ
イゼルカント:怪物に変貌してしまった
ゼハート:……
イゼルカント:長い歴史の中で、人類は人であることを忘れかけている。わたしは、新たなる人類をつくらねば、真の理想郷は実現しないと悟ったのだ!
ゼハート:……
イゼルカント:ぬ…
ゼハート:イゼルカント様!
イゼルカント:はぁ、はぁ、驚くことはない…皆と同じマーズレイによる病だよ。コールドスリープを繰り返し、時間を稼いできたが、そろそろ限界のようだ…
ゼハート:そんな…
イゼルカント:よいか?ゼハート、過去を破壊して前進せねば未来など造れん!
イゼルカント:わたしは支配者になりたいのではない。人類を進化させたいのだ。愚かな歴史を繰り返さぬように…!それがわたしの、最後望みだ……!
ゼハート:イゼルカント様……
イゼルカント:ゼハートよ、プロジェクトエデンの全権をお前に託す。お前がヴェイガンの全てを率いるのだ
ゼハート:えっ…?!
イゼルカント:ゼハート、もしわたしが狂気だと言うならそれでもいい。その全てをわかったうえで付き合ってはくれぬか?わたしの狂気に
ゼハート:イゼルカント様…わたしに新たなる人類を創造する神になれと?
イゼルカント:神ではない!お前は…人の未来を照らす光になるのだ…
ゼハート:光に…?
イゼルカント:よいな?ゼハート
ゼハート:イゼルカント様…
イゼルカント:……
ゼハート:……
ゼハート:……
ゼハート:……
ゼハート:イゼルカント様の御意志、このゼハート・ガレットが引き継ぎます!
イゼルカント:フ…
技官:さあ、お目覚めの時間だ。わかるか?お前の名前はゼラ・ギンス。ヴェイガン最強のパイロットだ
ゼラ・ギンス:……
ゼラ・ギンス:……
アルグレアス:押収したデータより、部分的ではあるが敵要塞のデータを入手できた
アルグレアス:地球を襲ったヴェイガンの宇宙要塞、ラ・グラミスと呼称されている。多くの球状ブロックによって構成されており、状況に応じて形態を変化させることが可能である
ナトーラ:ラ・グラミス…
アルグレアス:我々の次の目標は、このラ・グラミスの攻略。今回の全艦隊の指揮は、フリット・アスノ元総司令に執ってもらう
ナトーラ:!
アルグレアス:司令は予備役から既に現役復帰されている。手続き上は問題ない
フリット:……

キャプテン・アッシュ:父さん
フリット:何だ?
キャプテン・アッシュ:敵要塞ラ・グラミスの攻略戦に、我々も加えさせてもらう
フリット:好きにしろ
キャプテン・アッシュ:ああ
フリット:ん、アルグレアスか?何だ?
アルグレアス:報告いたします。基地内の捕虜は地球へと移送することになりました
フリット:移送だと…?!ヴェイガンの捕虜など全員処刑すればよいのだ…!
キャプテン・アッシュ:!
アルグレアス:司令……お気持ちはわかりますがそういうわけにはいきません。正規の手続きに従って尋問後、移送いたします
フリット:フン、勝手にしろ!!
アルグレアス:ああ……
キャプテン・アッシュ:父さん…なぜそこまで…?
フリット:ヤツらは残虐な敵だ…!それならば、それ相応に対処するだけだ!
キャプテン・アッシュ:あなたは今回の戦いでプラズマダイバーミサイルを使おうとした。あの兵器は開発段階で威力も未知数。味方部隊まで被害が及ぶ可能性があった…!
フリット:これはただの戦争ではない!地球を脅かす悪魔の討伐だ!敵は1人残さず抹殺する!
キャプテン・アッシュ:そんなことは許されない!
キャプテン・アッシュ:あなたは自分の感情で戦争をしている!そんなことでは!
キオ:ん?父さん?
フリット:言っておくぞアセム!海賊のお前に正義を説く資格などない!!
キャプテン・アッシュ:!
フリット:お前ごときが何を言おうと、わたしはヴェイガンをこの手で抹殺すると決めている!
キオ:なんでだよ、じいちゃん?!
キャプテン・アッシュ:ん?
フリット:キオ…?!
キオ:なんでそんなこと言うんだよ?!
フリット:……
キオ:もうやめようよじいちゃん、ここで戦争を終わらせるんだよ。じいちゃんだって父さんだって、ずっと戦ってきた。何のために戦ってきたの?戦わなくてもいい方法を見つけるんだよ!道はあるはずだよ…!絶対にあるはずなんだ!
フリット:…ヤツらは家族を殺した。わたしから大切なものを奪った…!
キオ:……
フリット:ヤツらにどんな事情があろうとわたしにとっては悪だ!戦わねば、同じように悲しむ人々を生む!
キオ:でも…それでも、僕は分かり合える日が来ると信じてる…!
フリット:分かり合えるだと…!?
キャプテン・アッシュ:キオ、もういい
キャプテン・アッシュ:お前は向こうへ行け
キオ:じいちゃんが何と言おうと…!
キオ:僕は考えを変えない!
フリット:キオ!わたしはヴェイガンを倒すと決めた。ヤツらを倒して救世主となるのだ。守ってやれなかった多くの者たちのためにも…!
キオ:じいちゃんは憎しみに駆られているだけじゃないか!そんなの救世主じゃない
フリット:何だと!?
キオ:そんなの絶対に違う!
フリット:……
キャプテン・アッシュ:父さん、キオのこと、よく考えてくれ。俺だって、戦いから逃れようのない状態だということは理解している。しかしキオは、気の言葉は、誰もが願いながら口にすることができなかった言葉だ
フリット:……
キャプテン・アッシュ:あなたの決断には地球の、人類の運命がかかっている
フリット:フン!
フリット:(わたしには、守れなかった者がいる)
フリット:(守れなかった者が……)
フリット:(わたしは誓ったのだ)
フリット:(敵を打ち倒し、皆を救う救世主になると)
フリット:(どんな手段を使っても…!)
ナトーラ:作戦の命が下りました。我が艦は、敵要塞ラ・グラミスに向けて出港します
キャプテン・アッシュ:バラノーク、宇宙要塞ラ・グラミスに向けて出港する
キオ:……
キャプテン・アッシュ:……
フリット:……
ゼハート:ファ・ザード発進。ラ・グラミスに進路をとる!
ヴェイガン士官:オクラムド司令
ファルク・オクラムド:ん?
ヴェイガン士官:ゼハート様の艦隊がこちらへ向かわれているようです
ファルク・オクラムド:ああ、聞いている。連邦軍がいよいよこのラ・グラミス攻略に動き始めたとの情報が入っている
ヴェイガン士官:連邦はこのラ・グラミスを正面から攻略するつもりなのでしょうか?
ファルク・オクラムド:そのようだな。知らないとは幸せなことよ。連邦の愚かな者どもに、ラ・グラミスの本当の恐ろしさ、見せてくれよう…
レイル:敵は来ますかね?
ゼハート:必ず来る。ラ・グラミスを落とさなければ、地球連邦に勝利はないのだからな。そして、これがこの戦争を決着付ける重要な一戦となるだろう
フラム:(この戦いに勝てれば、ゼハート様の悲願がかなう…!)
ゼハート:ところでレイル。EXA-DBの調査はどうなっている?
レイル:はっ、EXA-DBは地球圏の小惑星帯の中に隠されている可能性が高いようです。徐々にポイントを絞れています
ゼハート:そうか
レイル:しかし
フラム:ん?
レイル:1つ、気になる報告がありました
ゼハート:何だ?
レイル:EXA-DBを追っていた部隊が、正体不明のモビルスーツに遭遇したというのです
ゼハート:正体不明?どういうことだ?
レイル:ヴェイガンにも連邦にも所属しないタイプのモビルスーツです。全長は通常のモビルスーツの5~6倍はあったとか。うわさでは、自らを守護するためにEXA-DBが生み出した殺戮モンスターだと
ゼハート:EXA-DBが生み出した?
レイル:フ、ところが、すぐ見失ったとのことです。おそらく戦艦か何かの残骸を見間違えたのでしょう
ゼハート:その小惑星帯は、ここから近いか?
レイル:確か、そのはずですが
ゼハート:レイル、ラ・グラミスに到着するまでに、ガンダムレギルスをテストしておきたい。準備を頼む
レイル:はっ!
フラム:わたしもお供します
ゼハート:いや、わたし1人でよい
フラム:しかし…
ゼハート:ただのうわさだ。だが、もし本当にいるのなら、そのEXA-DBが生み出した殺戮モンスターに、ガンダムレギルスの相手をしてもらいたいものだ
フラム:……
ウェンディ:キオ
キオ:ウェンディ
ウェンディ:元気ないね
ウェンディ:どうしたの?キオらしくないじゃない
キオ:僕にはじいちゃんがわからない。前はあんなに優しかったのに…今はじいちゃんが考えてることが理解できないんだ。僕にはじいちゃんがやろうとしていることが正しいとは思えない。ヴェイガンだって人間なんだ。死んだら悲しむ人がいる。僕たちと同じ人間なんだよ……
ウェンディ:キオ
ウェンディ:そんなに悩まないで。いつか分かり合えると思うよ
ウェンディ:だってさ、家族なんだもん
キオ:それでも、今のじいちゃんと僕は……違う
技官:この機体に制御マスクは必要ありません
ゼハート:ん?
技官:ガンダムレギルスは、Xラウンダーとの相互感応性能がけた違いです。ゼハート様の力をガンダムレギルスにぶつけてみてはいかがでしょう?
ゼハート:わたしの力をガンダムに…
技官:ただしその分、体に与える影響も大きくなります。決してご無理をなさらぬように
ゼハート:わかった、気をつけよう
ゼハート:これがガンダム
技官:どうですか?ゼハート様
ゼハート:いえるカント様より預かった機体だ、何としても乗りこなしてみせるさ
技官:そうですね
フラム:ゼハート様、お気をつけて
ゼハート:ああ
ヴェイガン兵:ガンダムレギルス、発進ポートセット
ヴェイガン兵:Xトランスミッター始動。レベル4で起動します
ゼハート:ゼハート・ガレット、ガンダムレギルス、出る!
ゼハート:これは…!
ゼハート:!
ゼハート:これがガンダム
シド:……
ゼハート:何だ?
ゼハート:!
ゼハート:行け!ビット
ゼハート:!
ゼハート:何という動きだ、あの大きさで?!まさか、あれが?
ゼハート:いいだろう、ならばちょうどよい
ゼハート:EXA-DBによって生み出されたのなら、ヤツは人類の過ちの象徴。神が与えたわたしへの試練だ!
イゼルカント:お前は、人の未来を照らす、光になるのだ…!
ゼハート:わたしはヤツを倒し、イゼルカント様の意志を継ぐ!


ナレーション:ゼハートの前に現れた謎の巨大モビルスーツ
それが導くものは、希望か?絶望か?
次回、機動戦士ガンダムAGE
「破壊者シド」
3つの運命が歴史になる