アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第8話「仇は討つ!復讐の宇宙刑事」

機動武闘伝Gガンダム 第8話「仇は討つ!復讐の宇宙刑事」

機動武闘伝Gガンダム 第8話「仇は討つ!復讐の宇宙刑事

 

機動武闘伝Gガンダム 第8話「仇は討つ!復讐の宇宙刑事

 


グラハム:エリアろくさんご、チェックOK!タイムごーぜろぜろより発生の磁場嵐。あと3日で消滅の予想。エネルギーシールド、エリアにーさんへ移動。全方位オールクリーン。マークシステム、チェック。

ノーマ:お疲れ様。今日も無事に終わりそうね。

グラハム:うむ。こんな所まで来る奴は滅多にいないからな。楽といえば楽な仕事さ。

ノーマ:でもそれもあと一週間だわ…

グラハム:ああ…やっとこの退屈な警備ステーションともおさらばだ。お前にもずいぶん寂しい思いをさせてしまったな。でもコロニー勤務に戻ったら次はベビィだぞ。

ノーマ:もうアンディったら。

ノーマ&グラハム:ふっふっふっふっふっ

グラハム:なんだぁ!?

コンピュータ:物体接近中。ステーションとの衝突コースを取っています。

グラハム:か…海賊船!

ノーマ:あああ!

グラハム:うああああ!

ストーカー:さて…今日のガンダムファイトは、5年前のこの事件が始まりのようです。ですが、これがドモン・カッシュとどのように結びついていくのか。また、デビルガンダムと共に地球に落ちた兄。キョウジの手がかりをつかむ事ができるのか。それは今日の対戦相手、ネオカナダのランバーガンダムとの結果次第。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!

 

仇は討つ!復讐の宇宙刑事

 

レイン:どうしてよ!せっかくナイアガラに来たんだから、少しぐらい、空気を楽しんだっていいじゃない。

ドモン:冗談じゃない!俺の目的はネオカナダのガンダムだけだ!観光に来たんじゃないぞ!

レイン:なによ!その言い方。あなたは疲れてるんだから、たまには気分転換をって…

ドモン:大きなお世話だ。

レイン:いいわよ。もう。口なんか聞いてあげないんだから。

ドモン:ふん…絶交か。いいな!お前はそれですむんだから。だけど、おれんとっちゃなぁ…

レイン:ごめんなさい。でも私だって気を使って…

ドモン:うるさいな!お前とはここまでだ!これからは俺一人でやる!

レイン:いいわよ!やれるもんならやってみなさいよ!私だって好きでパートナーになったんじゃないんだから!

ドモン:ん…ああっ!

グラハム:お前がネオジャパンのドモン・カッシュか!私の名はアンドリュー・グラハム!ネオカナダのガンダムファイターだ。

ドモン:ん…

レイン:なぁーによドモンったら…あんな言い方ないじゃない。ふっん?ドモン…何してるの?

ドモン:なんだって!アルゴがここに来るのか!

グラハム:そうだ。ネオロシアのチームは君に敗れた後、作戦を変更したのだ。うって出てひとつでも多くの敵を叩くという方針にな。その最初の標的が、我がネオカナダだ。

ドモン:で?俺とつるんでネオロシアを倒そうとでもいうのか?

グラハム:その通りだ。君の持っている、ボルトガンダムの情報が欲しい。

ドモン:なんだと!じゃあお前を探してやってきた俺たちは無視って事か!

グラハム:そうだ。私の狙いはネオロシアだけだ。闘いが終わったら私のガンダムの首をやろう。それなら納得してくれるか?

ドモン:気に入らねぇ…

グラハム:ならばどうする。

ドモン:ふんっ!こうするさっ!シャイニングガンダァァァム!!うぉぉぉ…ぬぅぅぅ…ふんっ!

レイン:どうしたのよガンダムなんか出しちゃって!はあ!

グラハム:行くぞ!ランバーガンダム

レイン:あれがネオカナダのガンダム!でも…

ドモン:さあ俺と闘え!話はそれからだ!ガンダムファイト!レディィィィ…

グラハム:断る。

ドモン:なに!

グラハム:さっきも言った通り、君と正式なファイトをするつもりはない!頼む、ボルトガンダムの情報を教えてくれ!

ドモン:ふざけるなっ!とぉぉぉ…りゃぁぁぁ!!なにっ!消えたっ!どこだ!そこかぁ!しまった!ぐぅおおおお…!な、なんてパワーだ。

レイン:ドモン!

グラハム:キング・オブ・ハートドモン・カッシュが、この程度で死ぬこともあるまい。

レイン:うああ!うっ!

グラハム:ドモンのパートナーだな!

レイン:私をどうしようっての!

グラハム:こんな事はしたくないんだがやむをえない。ドモン・カッシュ!ボルトガンダムの情報を教える気になったらロッキー山脈まで着てもらおう。それまでこの女性はあずかるぞっ!

ドモン:くぅ…う…レイン…

レイン:ドモォォン!

ドモン:レ…レイン!

ナスターシャ:なんだ?ネオジャパンのドモン・カッシュが来ている?

部下:はっ昨日ナイアガラにて、ネオカナダとの非公式ファイトを行っております。

ナスターシャ:ふむ。何をしでかすかわからん。第1級警戒態勢をしけ!

部下:は?それは少々行き過ぎでは?ぬうあっ!うおおお!

ナスターシャ:ドモン・カッシュ

ドモン:軽く驚かすつもりだったんだが…ちょっとやりすぎたかな…

ナスターシャ:アルゴ!あの男を捕らえなさい!

アルゴ:ぬぅぅぅぅ…!!

ドモン:よぉ元気そうだな。

アルゴ:うぉぉー!うぇい!えい!おう!おう!ぐぅおおお

ドモン:どうしたアルゴォ!収容所で体がなまっちまったのか?

アルゴ:うっぬうおおお!!

ナスターシャ:うまい!

ドモン:そうこなくっちゃな…

アルゴ:うおおおお!!

ドモン:今だ!

ナスターシャ:なに!?

アルゴ:あ…ああっ…

ナスターシャ:アンドリュー・グラハム?それが相手の名か。

ドモン:ああ、なんだか知らないが、あんたらにえらくご執心のようだったぜ?

ナスターシャ:で、もう一度彼と戦う時のためにアルゴで技を試したというわけか。

ドモン:残念ながら、グラハム並の怪力を持ってる奴はそういないんでねぇ。

ナスターシャ:それにパートナーのレイン・ミカムラもとらわれている。

ドモン:あいつとは別れたよ。

ナスターシャ:なるほどね。いいわ。協力してあげる。

ドモン:だぁ?

グラハム:手荒なマネをしてすまない。だが、もう少しあんたには付き合ってもらいたい。

レイン:冗談じゃ無いわ…あなた…一体なにが目的なのよ。

グラハム:目的か。それはただひとつ。アルゴ・ガルスキーをこの手で殺す事だ。

レイン:こ…殺すって!でもファイトの国際条約じゃ…

グラハム:これは試合ではない!裁きだ!!

レイン:裁き?

グラハム:そうだ。妻を殺した者へのな!!

 

 

ドモン:あいつが刑事だった?

ナスターシャ:でもある事件をきっかけに、宇宙刑事を退職したの。生涯を懸けて、ある男を追い詰めるため。それが元宇宙海賊、アルゴ・ガルスキー。彼の宿敵なのよ。そうもう随分前になるわ。グラハムは妻ノーマと二人だけで、警備ステーションに勤務してたの。それもあと1週間で終わろうとしてた時よ。アルゴの海賊船が二人のステーションを襲ったの。

ノーマ:あああ…ああああ!!

グラハム:ノーマ!

ノーマ:アンディ!

グラハム:ノーマ!がんばれ!手を離すな!

ノーマ:あーなたー!

グラハム:ノーマ!

ナスターシャ:なんとかして助かろうとしていた二人。

(★は同時。)

★ノーマ:あーなーた!

★グラハム:ノーマ!

ナスターシャ:でもその時、一人の男が二人のあいだに割って入ったの。

グラハム:ノーマー!うう…その後、私は運良くパトロールでやってきた警備艦隊に助けられていた。しかし気が付いた私の目の前にあったステーションは、焼け崩れたただの岩の塊にしか過ぎず、そこには」もう、誰もいなかった。はぁ…だが!私の目には妻の姿が焼きついて離れない。

ノーマ:はぁぁー!!ああああ!!

グラハム:そして、妻を殺したあの男、アルゴ・ガルスキー。私は誓った。必ず奴を追い詰め、妻の仇を討つと!そして奴が捕まりネオロシアのガンダムファイターになった時、私は思った。チャンスがようやくやってきたんだ。この手で裁きをくだす時だと。

レイン:でもガンダムファイターになってまで…

グラハム:何がおかしい!奴がファイターになった以上、他に手段はあるまい!

レイン:でも!

グラハム:来たか!君にはもう用は無い!好きに帰りたまえ!

レイン:ちょっと待ってあなた本気でアルゴを殺す気なの?どんな理由であろうと、相手のファイターを直接攻撃するのはルール違反よ!いえ!立派な殺人罪になるのよ!そんな事したら奥さんは…はっ!

グラハム:ほおっておいてもらおう。君には関係の無い事だ。

レイン:そんなっ私を人質にまでしておいて!勝手すぎるわよ!

ドモン:復讐鬼のお出ましか。

グラハム:ほう…ドモン・カッシュも律儀な男だ。だが!二人がかりでもこちらはかまわん!

ドモン:さぁぁて…ここまで連れてきてくれた礼に、約束通り奴とは俺が先に闘おう。その後生き残った方とファイトする。あんたらしい効率のいい戦い方だ。

ナスターシャ:1つ気になる事がある。アルゴは海賊時代、人の命は奪わなかった。ましてや、なんの抵抗もしない女を…

ドモン:どういう意味だ?

ナスターシャ:アルゴ!

アルゴ:邪魔は止めてもらおう!これは俺の闘いだ。

ナスターシャ:なにを言う!命令違反だ!ガンダムを止めなさい!うっ…アルゴ!

ドモン:楽できるのは俺だった見たいだな。

ナスターシャ:くっ…

グラハム:やっと会えたな…アルゴ・ガルスキー!私はこの日をどれほど待った事か…!

アルゴ:ふん!

グラハム:やる気は充分らしいな…だが妻の仇はとらせてもらうぞ!

レイン:やめてー!!

グラハム:お前どういうつもりだっ!

レイン:どうもこうもないわよ!目の前で人殺しをしようって人をほっとける?お願い考え直して!これじゃただの殺し合いよ!

ドモン:何!レインがあの中に!

レイン:こんな事してあんたの奥さんが喜ぶわけないわ!そうよ!なんの解決にもならない!

グラハム:妻も君のように優しい女性だった。すまない行くぞ!アルゴ!ぬうあああ!

アルゴ:ううおおお…

ナスターシャ:始まってしまったわ。

ドモン:ちいっ!レインの奴!ガンダァァァム!

グラハム:ぬお!

ドモン:その闘い、待てぇー!

アルゴ:邪魔をするな!ぐぅああああ!

グラハム:でいぃやー!今こそノーマの仇をとってやる!喰らえー!

ドモン:まぁーてー!

グラハム:なにぃ!?でえい!アルゴ・ガルスキーをかばうなら、貴様も私の敵だ!

ドモン:くぅ…勝手な事ばかり言うな!こっちだって新しい技を用意してきたんだ。付き合うのが礼儀ってもんだぜぇー!

グラハム:こい!

ドモン:はぁぁぁ…ぐぅぅぅ…

グラハム:なに!ぐう!!

ドモン:俺のこの手が光って唸る!お前を倒せと輝き叫ぶ!ひっさぁつ!シャァイニング!フィンガァァァ!!

部下:やつはルールをおかして、コックピットを攻撃しています。

ナスターシャ:いや、これは正式なファイトではない!それよりも…

ドモン:レイン!レイン!生きているか!

 レイン:う…ドモン…

ドモン:待ってろ!今助けてやるからな。

レイン:ドモォン!うわぁぁぁ…

ドモン:どわぁぁぁ…

ナスターシャ:相打ちか!

ドモン:うわっ…レイン!ああっ

レイン:ああああ…

グラハム:すまん。こんな事になってしまった。本当にすまない。私もあの時のアルゴと同じ事をあんたたちにしてしまったようだ。このままではどちらが勝っても後に残るのは怒りと悲しみだけだ!

ドモン:レイン!

グラハム:すまない…私が悪かった…ん!?

レイン:は!?

ドモン:アルゴォ!やめろ!やめてくれぇ!!中にはレインが乗ったままだ!もう勝負はついた!そこまでだ!頼む!グラハムだけで気がすまないんだったら、俺のシャイニングガンダムの首をやる!だから…レインを、レインを助けてくれぇぇ…!!

レイン:ドモン…

グラハム:ぐ…うう…アルゴよ…あの時と同じだな。だがこれでお前を追い回す者はいなくなる。そうだ。これからは安心して眠れるというわけだ。さあ殺せ!私を殺せ!どぅお…!な、なぜだ…なぜ助ける、アルゴ・ガルスキー!!

ナスターシャ:そういう事か…

グラハム:なぜだ!アルゴ!俺を生かしておけば、どこまでも貴様の命を狙うだけだぞ!

ナスターシャ:よくて?本国から今届いた当時の報告書を読むとね、あの日、あなたのステーションへアルゴの船を追いやったのは連合警察だったの。その結果、あの事故を起こしたのよ。

グラハム:あれが事故だって!?

ナスターシャ:そうよ…それにアルゴはあの時、あなたの奥さんを殺そうとしたのではなく…

グラハム:ばかな…アルゴはノーマを助けようとしたっていうのか…

アルゴ:俺もあの日の事を、忘れはしない。事実はどうあれ、あんたの奥さんを死なせた事にかわりはない。そう仇を討ちたければ来い!俺もこのファイトで優勝して、囚われている仲間を救うまで、闘い続ける。それまで俺は、逃げも隠れもせん!

レイン:あの人…決勝リングまでアルゴを追い続けるのかしら。

ドモン:わからん…それは奴自身が復讐にピリオドをうてるかどうかにかかっている。だが過ぎ去った幸せは2度と戻らない。それは誰しも同じ事だ。

 

次回予告
みなさんおまちかねーっ!ドモンの次なる相手は、ガンダムファイト連続優勝の記録を持つ、ベテランファイター、チャップマン。彼のすさまじい戦法はジョルジュを倒し、ドモンに戦士の運命を見せるのです。機動武闘伝Gガンダム!「強敵!英雄チャップマンの挑戦」にぃー!レディィィ…ゴー!