アニメの全セリフ -ガンダム、ジブリ、鬼滅の刃など-

アニメの全セリフ、名言、名セリフ、書き起こし

機動武闘伝Gガンダム 第12話「その名は東方不敗!マスター・アジア見参」

機動武闘伝Gガンダム 第12話「その名は東方不敗!マスター・アジア見参」

機動武闘伝Gガンダム 第12話「その名は東方不敗!マスター・アジア見参」

 

 

機動武闘伝Gガンダム 第12話「その名は東方不敗!マスター・アジア見参」

 


カラト:なんだね…コロニーも今は夜時間だぞ?少しは考えて…なに!デビルガンダム

ウルベ:そうです。ここ最近、地上に配置した諜報員たちが、次々と連絡を絶っているのです。それもみな決まって、悪魔のようなガンダムが出た。という言葉を残して。

ミカムラ:そして今入ったSOSの場所が…

カラト:ん?これは…新宿ではないか!

ウルベ:そうです。いくら地上の事とはいえ、わが国の都市をほおっておくわけにもいかないのでは?

カラト:当たり前だ!

ウルベ:ですから、またドモン・カッシュ君をお借りしたのです。

カラト:わかった。やつをすぐ新宿に向かわせる。

ミカムラ:うんっ…

ストーカー:さて、今お聞きになった通り、今回は我々のよく知るここ新宿シティが舞台。ですが、この荒れ果てた町で、ドモンは思いもよらぬ人物と出会い、ますますその運命から逃れる事ができなくなるのです。そして、今日からは謎に包まれたモビルスーツ軍団、デスアーミーとのデスマッチ。それでは!ガンダムファイト!レディーゴー!!


その名は東方不敗!マスター・アジア見参


ドモン:どうやら今度は、ウルベの情報もあてずっぽうじゃ無さそうだな…

レイン:じゃあやっぱりここにデビルガンダムが?

ドモン:わからん。だが少なくとも、この荒れようは普通じゃない。はっ!

ドモン&レイン:はぁっ!

ドモン:伏せろっ!

レイン:きゃっ!だめだわ…気を失ってる!

ドモン:気をつけろ!レイン!

防衛隊員:う…ああ…あんた…外から来たのか…なら、頼む…偵察…ここに…奴らの数…情報…仲間に…

ドモン:だめかぁ…

レイン:見て、ドモン。あそこだけあかりがついてるわ。でもどうして…

ドモン:静かに!囲まれたらしい…いいか、合図でランダーを出すんだ!

レイン:えっ!

ドモン:今だ!くぅ…抜けたぞ!

レイン:でもドモン!追ってくるわ!

ドモン:こうなったら…ガンダァァァァムッ!!

マスター・アジア:待ていっ!

ドモン:えっ?

マスター・アジア:ここではやたらにガンダムを動かすでない!

ドモン:なに!?

マスター・アジア:先にゆけぇ!ドモン・カッシュ

ドモン:俺の名前を!?

マスター・アジア:借りるぞぉぉ!!

ドモン:ええっ!?はぁっ!

マスター・アジア:うああああ…うあ!ほおっ!うああっ!

レイン:すごい…

ドモン:あの技は!

マスター・アジア:うおおお…ふんふんふん!うぅぅぅああああ!!

ドモン:おお…!!

マスター・アジア:ここだぁ!うおおおおおおっはっ!はぁぁぁ…

ドモン:やはり!あのお方は!と…東方不敗…マスター・アジア!

レイン:ええっ!それって確か、ドモンの武術の先生で、前のキング・オブ・ハート

ドモン:でも、どうしてこんな所に…ああっ!後ろです!

レイン:はあっ!ど、どういう事?モビルスーツ同士で…

ドモン:はっ!それよりも!

マスター・アジア:どこを見ておる。ワシはここだ。ここにおる。

ドモン:師匠!

マスター・アジア:くぅあーつ!!答えろドモン!!流派!東方不敗は!! ドモン:王者の風よ!!

マスター・アジア:全新!

ドモン:系裂!

ドモン&マスター・アジア:天破侠乱!!見よ!東方は赤く燃えているっ!!

マスター・アジア:ふっ久しぶりだなドモン。いや、ワシが認めたキング・オブ・ハート。んっ?

ドモン:ししょお…おあいしとうございましたぁ!!

マスター・アジア:どうした…男児たるもの何を泣き出す。

ドモン:ううう…うう…

レイン:ああ…

マスター・アジア:母上は亡くなり、父上は冷凍刑…そうか…ワシがお前の元から姿を消したあと、そんな事になっておったのか…

ドモン:恥ずかしい事ですが、そのせいで俺はファイターになり、ガンダムで兄を追う事になったのです。

マスター・アジア:なあドモン。やはり我らは師弟の縁というもので結ばれているらしいな。

ドモン:え?

マスター・アジア:なぜなら、ワシがここにいる理由も、お前の言うデビルガンダムと関係があるからだ…

ドモン&レイン:ええ!?

マスター・アジア:見ろぉっ!この東京を!かつて経済大国の中枢と言われたこの町が、ここを残して廃墟と化してしまった。人々が助けを求め合うように、唯一残った、この都庁エリアに集まり、ふるえるだけの毎日…なにもかも奴らのせいだ!あの沸きいでるデスアーミーども!そしてそいつらを操る謎の巨大ガンダム。恐らくはお前の言うデビルガンダムだろう。お前も知っての通り、前回のガンダムファイトに優勝したネオホンコンから、ワシは再びファイターとして参加し、この新宿で、対戦相手に呼び出された…だがそれはワナだった。そして奴はワシを襲う だけでなく、この町を無差別破壊し始めた。やがて奴は姿を消し、残された我々は防衛用モビルスーツを武器に、ここを砦として守り、戦っているのだ…たてこもるための食料やエネルギーは運良く確保されていた。だが問題は人々がこの状況に耐える事ができるかだ!

防衛隊員:マスタァー!

マスター・アジア:どうした?

防衛隊員:味方のモビルスーツが、無断で発進します!

マスター・アジア:なんだと!何をする気だ!

パイロット:もう我慢できねぇんだよ!このままじゃやられるだけだ!俺は生き延びるぜ!

マスター・アジア:待てっ!ぬぅぅ…馬鹿者が!

レイン:はぁっ!

マスター・アジア:見ての通りだ…防衛隊の者でさえ、この始末。みな恐怖に耐え切れなくなっている…ドモン!今は一人でも味方が欲しい!共に戦ってはくれんか…

ドモン:ぁぁ…

マスター・アジア:そう、この東方不敗、マスター・アジアが頼む。

 

 

レイン:本当に、どうしてこんな事になってしまったのかしら…

ドモン:はい師匠。ぜひ。

マスター・アジア:こっちだ。

レイン:ドモン?

ドモン:これは師匠の!

マスター:そうだ…ワシが前回のガンダムファイトで使っていたクーロンガンダムだ。どうだ。古い物だがまだまだ使えるぞ。

ドモン:でも、俺のシャイニングガンダムも強いですよ?

マスター・アジア:ん?こいつぅ…大きな口を叩くようになりおって!

ドモン&マスター・アジア:はっはっはっはっはっはっはっはっはっ…

レイン:ドモン…あんなに楽しそうなの初めて…はっ

オペレーター:緊急事態。緊急事態発生!防衛隊各班は、防災センターへ集合!緊急事態!

市長:この光が全部敵だって!

防衛隊員:いよいよここへ、集中攻撃をかけるつもりではないでしょうか!

マスター・アジア:大丈夫。私にまかせていただきましょう。これは、我々の同志が命を懸けて届けてくれた、奴らのデータです。これによると、敵はこちらの1点を狙って集中攻撃。まっすぐこちらへ向かってくるでしょう。

市長:それじゃ守りきれんじゃないか!

マスター・アジア:いえ、ここは奴らの習性を利用するのです。まず念のため、防衛モビルスーツを都庁エリアの前方に配置。ここで重要なのは、そばをうろつくデスアーミーどもを相手にしない事。なぜなら、奴らは自分への敵意に対して異常に敏感です。そこで、私の一隊が攻撃をしつつ奴らを逆の方向に誘い出し、海へと沈めてしまう。つまりは!ハメルンの笛吹き!!

防衛隊員:待てよ!俺たちはあんたみたいな命知らずのファイターじゃないんだ!そんな危険なマネでき…

マスター・アジア:ばかものぉ!!このまま行けば座して死を待つのみ!事態は一刻を争う!戦う意志のあるものだけがついて来い!

防衛隊員:全機マスターに続け!ここにいる者は、ここの防衛に回る!

マスター・アジア:急げドモン。遅れるでないぞ!

ドモン:シャイニングガンダム。お供させていただきます。

マスター・アジア:うむ。全機!出撃準備よいかぁ!作戦開始ぃ!ええーい…うるさい奴らめ!つああ!! とうああああ!!下には構うな!増援部隊を叩けばいい!攻撃開始ぃ! ドモン:はい、師匠!どぅぉぉぉ…りゃああああ!!とぅぁぁぁ…!!ええい…なんて数だ!

マスター・アジア:ドモン!一機一機に構っていてもしょうがない!んん…あれをやるかぁ!!

ドモン:はいっ!超級!

マスター・アジア:覇王!!

ドモン&マスター・アジア:電えぇいだぁん!!

マスター・アジア:撃て!ドモォン!

ドモン:はぃぃぃぃぃぃ…!!

マスター・アジア:いやぁぁぁぁぁぁ!!ばぁぁくはつっ!!

オペレーター:敵軍団は進行方向を変えました!作戦は成功のきざしを見せています!

レイン:がんばってるわね…ドモン…あっ!あれはっ!

市民:うわああああ…うおおおおおお…あ…あああ…

防衛隊員:デスアーミーがここまで入り込んだだと!

市長:ううん…

市民:おおおお…

市長:こんな所まで…よりによってマスター・アジアのいない時にぃ!

レイン:市長!今はそんな事言ってる場合じゃないでしょう!もおう…早く市民を非難させなくっちゃ!

防衛隊員:それが今、町の防衛隊員の一人が!

レイン:えっ!?

防衛隊員:たかが一機!仕留めてやる!

レイン:撃たないで!ダメよ!こちらが戦意を見せれば仲間を呼ぶわ!

防衛隊員:ならその前に破壊してやる!どうだ!な…なんだ!?

レイン:はぁっ…この音はまさか!

マスター・アジア:よし、このまま連中を誘導するんだ。

ドモン:どうしたんだ?

マスター・アジア:どうやら奴らを呼ぶ者がいるらしい。

ドモン:えっ…まさか都庁が!

マスター・アジア:ドモン!ここはワシに任せろ!お前は町へ戻って、奴らを引き寄せるあの音を絶てぇー!!

ドモン:わかりました!

マスター・アジア:さて…

防衛隊員:み…見ろ!奴らがくるぞ!

防衛隊員:う…うおお…なにぃ!!うおおおお…

レイン:はっ!ドモン!

ドモン:これ以上、仲間を、近づけさせるかっ!ひぃっさつ!シャァァイニング!!フィンガァァ!!俺の勝ちだ!

オペレーター:報告!敵軍団は下がっていきます!作戦は成功です!

市長:た、たすかったのかぁ!?

ドモン:こいつらは一体…

マスター・アジア:ドモォォン!さすがは我が弟子、こちらも敵の軍団を追い払えたぞ!

ドモン:いえ、すべて師匠の作戦のおかげです。

マスター・アジア:ぬっはっはっはっはっはっはっ!!なにをいう!お前がいて始めて成功した…ん?ドモン!!後ろだぁ!!

ドモン:え?こいつはぁ…

ゾンビ兵:はぁぁぁ…はああああ…

レイン:あれは!DG細胞

ドモン:やはりデビルガンダムの…

マスター・アジア:ぬぅぅ…へあああっ!!

ゾンビ兵:ぬぅああああ…

ドモン:同じだ…ダハールやセイットの時と…するとやはり!はっ!!

レイン:あっ!

ドモン:間違いない…デビルガンダムはこの近くにいる!俺はついに、奴を追い詰めたぞ!

 

次回予告
みなさんおどろきです!チボデー、サイ・サイシー、ジョルジュ、アルゴ。恐るべきパワーを身に付けたライバルたち。なんと!彼らは正体不明のガンダムと共に、ドモンを攻撃してきたではありませんか!機動武闘伝Gガンダム!「大ピンチ!敵は5大ガンダム」にぃー!レディィィ…ゴー!